スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【安保法施行】野党幹部集結、SEALDsと共演 奥田氏、首相を「あんた」と呼び「最高責任者じゃない」意味不明な独自の見解も!? 現実を見ない反対派をよそに…日本に自主防衛促す=核保有「時間の問題」-トランプ氏…激動する予感の安全保障環境…自分の国は自分で守る覚悟を!…他


よかったら応援クリックお願いします。

ランキング用



護衛艦「こんごう」 弾道弾迎撃SM-3発射



SEALDs…まあ過去にこういう指摘もなされてはいるのだが…

ニュース女子~総集編第2弾~
ニュース女子~総集編第2弾~
https://youtu.be/LS103oeSu7w
27分頃~若者デモ…
だがそこには共産党の影!?
ニュース女子~総集編第2弾~ 01



果たして彼らを本当に普通の学生グループだと断じていいのかかなり疑問なんだが…

<以下参照>
【安保法施行】
野党幹部集結、SEALDsと共演 「安倍はやめろ」の呼び捨てコール復活 奥田氏、首相を「あんた」と呼び「最高責任者じゃない」と独自の見解も 
2016.3.30 07:29更新 産経ニュース
http://www.sankei.com/politics/news/160329/plt1603290073-n1.html

(1/3ページ)

安保関連法が施行されたことを受け、国会前で抗議する人たち=29日夜
安保関連法が施行されたことを受け、国会前で抗議する人たち=29日夜

 29日に安全保障関連法が施行されたことを受け、国会の正門前で同日夜、同法に反対する学生らのグループ「 SEALDs(シールズ)」らによる抗議集会が開かれ、安倍晋三首相を呼び捨てにして「安倍はやめろ」と叫んだ。民進、共産、社民、生活の野党4党の幹部も集結し、夏の参院選に向けて「背中を押して」と支援を依頼した。

 集会は、「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」シールズが主催した。首相が平成28年度予算成立を受けて行った記者会見とほぼ同じ時間帯にスタート。だが、集会場所は首相が会見をしていた官邸前ではなく、国会正門前だった。主催者は約3万7千人が参加したと発表したが、約300メートル離れた官邸前は静寂に包まれていた

 国会正門前に駆け付けた民進党の枝野幸男幹事長は「領土、領海を守ることは集団的自衛権とは関係ない」と主張。27日に民進党として始動したことを紹介し、「一番大事な立憲主義と民主主義を守る。その最後の1点で結果を出せばいい。この1点でできる限りのことをやる」と述べ、安倍政権に対抗するため野党の連携に意欲を示した。


(2/3ページ)
http://www.sankei.com/politics/news/160329/plt1603290073-n2.html

 共産党の山下芳生書記局長は「今日は歴史的な日だ」と切り出し、「立憲主義が倒されたまま暴走が続いたら、独裁政治ではないか」と訴えた。定期的に会合を開いている枝野氏ら野党4党の幹事長・書記局長の関係について「随分仲良くなった」とアピールした。共産党との衆院選の協力に否定的な枝野氏とは異なり、「衆院選でも野党の選挙協力を進めたい」と強調した。

 社民党の吉田忠智党首は、参院選や衆院選の野党協力について「皆さんがどう背中を押してくれるかにかかっている」と述べ、「調整は難しいが、やらなければ安倍の暴走は止められない」と訴えた。生活の党と山本太郎となかまたちの玉城デニー幹事長「どうして国民を再び多大な犠牲に、取り返しのつかない悔恨の渦に巻き込んでしまおうとするのか。絶対にさせてはいけない」と訴え、安倍政権の退陣を求めた。

 民進党の結党大会で来賓として呼ばれたシールズの奥田愛基氏「憲法を守りますか、日本の総理大臣を守りますか。憲法を守るでしょ。この国の歴史をバカにしないでください。この国に生きる人々をバカにしないでください」と絶叫した。首相に対し「国民ていうのは、あんたのおもちゃじゃないし、あんたのものでもない」と訴えた後、「この国の最高責任者はあなたじゃない」と、意味不明な独自の見解を披露した。


(3/3ページ)
http://www.sankei.com/politics/news/160329/plt1603290073-n3.html

 奥田氏はその後、「安倍はやめろ」と首相を呼び捨てにしたコールを連発した。13日に東京・新宿で行った街頭集会では「呼び捨てにするのはよくないといわれた」として、「安倍さん、やめて」とコールしていたが、わずか2週間程度で前言を翻し、復活させた。

 シールズのメンバーらは、ほかにも「憲法を守れ」「自衛隊を守れ」「安倍晋三から日本を守れ」「安倍晋三から平和を守れ」「安倍晋三から憲法守れ」「言うこときかせる番だ、国民が」「だれも殺したくなくてふるえる」などと訴えた。


<参照終わり>


なんかいろいろとツッコミどころの多い安保法制反対派の主張なんだが
端的に紹介すればまず民進党(旧民主党)の枝野氏

枝野氏

「領土、領海を守ることは集団的自衛権とは関係ない」



↑本気で言ってるのだろうか?
この広い領土、領海を守る上で本当に他の友好国との連携関係ないと思っているだろうか?
それに領土領海のみならずシーレーンの問題もある
海外の邦人救出や国際支援等日本だけで全てこなせると(しかも9条で足枷状態で)出来ると思っているのだろうか?

枝野氏

「一番大事な立憲主義と民主主義を守る。その最後の1点で結果を出せばいい。この1点でできる限りのことをやる」



↑いや、そりゃ結果はでないでしょ
なんせ政権取ってた時に
憲法違反の外国人参政権国民に信を問うことなく通そうとした

1998年からの外国人参政権法案の提出回数
RIMG7163.jpg
(2009年12月21日放送「ビートたけしのTVタックル」より)



RIMG9129_2016033016221352d.jpg
RIMG9133_20160330162212f99.jpg



一番立憲主義、民主主義を蔑にしてたようにしか見えない民主党にそれ言われても…
続いて共産党山下芳生書記局長

山下氏

「立憲主義が倒されたまま暴走が続いたら、独裁政治ではないか」



いや、暴走してんのはあなた達野党でしょ
独裁政治?
本当の意味で独裁…北朝鮮や中国のようになって初めて独裁って言えるのではないのか?

独裁政治 - Wikipedia 
デモクラシー・インデックスによる地域別の政治判断。青色が濃い地域ほど独裁傾向が強い
デモクラシー・インデックスによる地域別の政治判断。青色が濃い地域ほど独裁傾向が強い



というか、共産党という名の付く政党が政権取ってる国ほど独裁傾向が強いように見えるのだが?
まあ、元から共産党は信用してないけど

<参考過去記事>

そこまで言って委員会「緊急特別企画 共産党大会」【動画と概要】…日本共産党、今は護憲で皇室を認めてるけども、将来は無くす!?自衛隊も?現実と理想、当面と目標の乖離!?消費増税反対・TPP反対だけで共産党に投票すると大変な事に!
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-2212.html



<参考動画>

2013-10.06 そこまで言って委員会 1
2013-10.06 そこまで言って委員会 1
http://www.dailymotion.com/video/x15m94i_2013-10-06-%E3%・・

2013-10.06 そこまで言って委員会 2
2013-10.06 そこまで言って委員会 2
http://www.dailymotion.com/video/x15m95b_2013-10-06-%E3%・・




2013-10.06 そこまで言って委員会 1 003

党の綱領を全面改訂し、自衛隊容認、象徴天皇制の容認などソフト路線を強めてきた?



実際討論したら本音が・・・。

※:一部書き起こし
<上記動画「そこまで言って委員会 1」31分50秒頃~>
※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい

2013-10.06 そこまで言って委員会 1 01
「共産党全体として信用できないのはね
自衛隊は・・あの長期的には無くしていく方向だけれども当面は無くすことができない。
つまりね当面の政策目標っつうのが・・と
本当に考えている事っていうのに乖離があるわけ。
で、どっちがホントなのかわからない。」


穀田氏?
「違う違う・・」


竹田恒泰氏
「だって・・皇室もそうですよね?」

宮崎哲弥氏
天皇制の・・制度もそうですよね?」

2013-10.06 そこまで言って委員会 1 02
竹田恒泰氏
「だから護憲ですから当然あの皇室を認めるんでしょうけど、将来は無くすつもりですよね?

2013-10.06 そこまで言って委員会 1 03
小池晃氏
「竹田さんね、私たちは・・・」

山下芳生氏
「それは国民の合意でですよ」

2013-10.06 そこまで言って委員会 1 04
竹田恒泰氏
「いやしかし、あなた達の意思を聞いてるんです。
(宮崎哲弥氏「そう、どうしたいの?」
国民の将来の合意じゃなくて
あなた達が何を目指しているからですから、今は護憲で皇室を認めてるけども、将来は無くすつもりなんですよね。


2013-10.06 そこまで言って委員会 1 05
山下芳生氏
「いや、私達は一人の家族、一人の個人、一人のファミリーが国民を代表するっていう・・今の制度はですね、民主主義と(合致?←聞き取れず)してないと・・。

竹田恒泰氏
「どっちですか?」

山下芳生氏
「天皇制については」

竹田恒泰氏
「無くすつもりなんですよね?」

2013-10.06 そこまで言って委員会 1 06
山下芳生氏
私達はそう思ってます。
だけどこれは・・・関わって」


2013-10.06 そこまで言って委員会 1 07
宮崎哲弥氏
「そういう事は厳密に言えば護憲ではないですよね

竹田恒泰氏
「護憲じゃないじゃないですか。」


小池晃氏
「違います違います・・あのね」

加藤清隆氏
「護憲の党じゃないもん・・・」

2013-10.06 そこまで言って委員会 1 08
小池晃氏
憲法も・・あの共産党の綱領にちゃんと書いてあるんです
憲法を、全面・・全条項を実現すると言ってるんです。
という事は象徴天皇制も含めてこれはしっかり守るんです。


2013-10.06 そこまで言って委員会 1 09
竹田恒泰氏
「でもその先には無くすつもりなんでしょう?

2013-10.06 そこまで言って委員会 1 10
小池晃氏
「それは、永遠にそいう国でいいんですかと?
これは当面の政治課題じゃないですよ。」


2013-10.06 そこまで言って委員会 1 11
竹田恒泰氏
現実的な発想なのはわかるんですけども・・
だからさっき宮崎さんが言ったように
(小池晃氏「当面は・・・」)
当面はこうだけど、でも目標するところはこうだっていう・・その違いが信じられない。


小池晃氏
「それはだって・・それはだってさあ・・」

金美齢さん
「いやだからね、それでね・・いやいやいや今ねえ聞いてるとね・・」

山下芳生氏?
日本を変えようっていうんですから変えるのはいっきなり変えられませんよ。
段階的に変える話。


2013-10.06 そこまで言って委員会 1 12
金美齢さん
「あの物凄く今ご都合主義って話が出たけど全くご都合主義でね
なんかね、最終的にね、これは国民の総意でと・・国民のね意思を聞いて・・っていうふうに逃げるんですよね。




社民党吉田忠智党首

「調整は難しいが、やらなければ安倍の暴走は止められない」



生活の党と山本太郎となかまたち
玉城デニー幹事長

「どうして国民を再び多大な犠牲に、取り返しのつかない悔恨の渦に巻き込んでしまおうとするのか。絶対にさせてはいけない」



基本期には上記他の野党と同じなんだが
とりあえず…
「国民」という言葉をつかってるけど、せめて支持率1%…いや2ケタにならないと何言ってもただの遠吠え、説得力まるでない。

政治意識月例調査|NHK放送文化研究所
NHK放送文化研究所 政治意識月例調査 2016年



そしてSEALDs(シールズ)奥田愛基氏

「憲法を守りますか、日本の総理大臣を守りますか。憲法を守るでしょ。この国の歴史をバカにしないでください。この国に生きる人々をバカにしないでください」
「国民ていうのは、あんたのおもちゃじゃないし、あんたのものでもない」
「この国の最高責任者はあなたじゃない」



もう呆れて何からツッコめばいいのか…
そもそもこの安保法制にしても、そして憲法改正(主に前文と9条)問題にしても
首相を守る為にでてるんじゃなくて我が国と国民の生命、財産を守る上で激動する安全保障環境の中、今のままでいいのかというところから始まっているのに
いきなり奥田氏曰く
「日本の総理大臣を守りますか。憲法を守るでしょ。」
論点ずれまくり…
そもそも憲法守って国民守れず一番ダメなのであって何言ってんだか
奥田氏の…

「この国の歴史をバカにしないでください。この国に生きる人々をバカにしないでください」


完全にこれが奥田氏に対するブーメランになっている
後の「この国の最高責任者はあなたじゃない」に至っては内閣総理大臣に対して何言ってのか…
そりゃ産経新聞
『意味不明な独自の見解を披露した。』
と書かざるを得ないだろう。
また、その後の奥田氏の「安倍はやめろ」コール

 13日に東京・新宿で行った街頭集会では「呼び捨てにするのはよくないといわれた」として、「安倍さん、やめて」とコールしていたが、わずか2週間程度で前言を翻し、復活させた。



彼らに(最低限の)礼儀を求めても無駄だったという事
そして…

 シールズのメンバーらは、ほかにも「憲法を守れ」「自衛隊を守れ」「安倍晋三から日本を守れ」「安倍晋三から平和を守れ」「安倍晋三から憲法守れ」「言うこときかせる番だ、国民が」「だれも殺したくなくてふるえる」などと訴えた。



「自衛隊を守れ」については特にシールズと連携しようとしている共産党などの安保反対派野党にこそ言うべきじゃないのだろうか?

戦後ずっと自衛官の人格を否定し精神を追い詰めてきた筆頭が日本共産党だろうが 


本当に自衛隊員の命が大事だというなら
いたずらに自衛隊を縛り行動を制約する現在の
自衛隊の法律を『ポジティブリスト』(やってもいいことだけが書かれている)ではなく
他国と同じように『ネガティブリスト』(やってはいけないことだけが書いている。)にする事を議論しろと言うべきではないのか?
”本気で”自衛隊員の命が大事というなら、これに反対しないはずだと思うが?


※参考:

RIMG1358.jpg
軍隊の法律『ネガティブリスト』
(やってはいけないことだけが書いている。)


自衛隊の法律『ポジティブリスト』
(やってもいいことだけが書かれている)




そして、「自衛隊を守れ」と本気で思うならその場にいる反対派野党に
野党の質問の仕方にも注文を付けるべきだ
何せ、野党がこの事態はどうする、あの事態はどうすると政府に問いただすたびに




そしてこれ…


シールズのメンバーら曰く

「だれも殺したくなくてふるえる」



これツイッターでも書いたのですが…
反対派の行動を中共は喜んでるだろう

毛沢東語録1s

言うまでも無いけれど
国民を守るのは9条でも彼ら安保法制反対派でも、それを持ち上げるマスコミでも野党でもなく
現場で命を懸けて守っている自衛隊

国を守るは自衛隊
第9航空団 那覇基地
   (第9航空団 那覇基地

【2016年2月3日(水)虎ノ門ニュース 8時入り!】
20160203(水)_ケント・ギルバート・井上和彦・居島一平_【虎ノ門ニュース 8時入り!】 02a
井上和彦氏
「(前略)…あの後ろのね、ちょっと見て頂きますと
この『9』って書いてますね。
これあの…記念塗装のマーキング…です。
で、あの…
(居島一平氏「沖縄・エア・ウイングって書いてます。」
エア・ウイングけど…南西航空混成団の、第9航空団と、いう事でね。」

20160203(水)_ケント・ギルバート・井上和彦・居島一平_【虎ノ門ニュース 8時入り!】 02b
井上和彦氏
「ま…ねえ、まとにかく憲法の9条は国を守れませんけどね
この、航空団の第9航空団の、『9』はこの国を守れる。」


居島一平氏
同じ『9』でも意味が違うぞと

ケント・ギルバート氏
9…救済の集団ですよね。」

20160203(水)_ケント・ギルバート・井上和彦・居島一平_【虎ノ門ニュース 8時入り!】 03
井上和彦氏
「ねえ…ねえ、ホントに救国の9でもありますしね
その意味では僕はホントこの第9航空団の皆さんにはホントに頑張って頂きたい。…(以下略)」





だが自称市民団体等が安保法制・憲法改正反対デモをし



それを持ち上げる野党、一部マスコミ、メディア、この安保法制を「戦争法案」と言って反対する
彼らはおそらく自らを「平和の為」「平和主義者」と思っているのかもしれないが
自分からすれば綺麗事を並べて現実を見ていない


【銀色の艦隊】  そこまで言って委員会NP(後半)▽爆笑川柳!お題は「憲法」…日本が外で戦争するしないに固執する野党、だが今考えるべきは相手からの戦争(攻めてきた時)…抑止と備え。 安保法制国会…昨日の審議を見て思った事…他【ツイッター・動画】
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-2773.html



※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい


そこまで言って委員会NPB 019
橋本マナミさん
「あの…第9条で戦争が無くこの70年…来たという事で
その9条を無くしてしまうと…なると
あの…戦争にこう…自衛隊が行って、自衛隊の方達が亡くなったりですとか
日本までもが、そのテロの標的になったりすると…

(竹田恒泰氏「もうなってるから」)
国民も亡くなってしまう、たくさんの人が…」

竹田恒泰氏
「もう既に死んでるでしょう」

須田慎一郎氏
「うるさい」

(会場笑い)

そこまで言って委員会NPB 020
竹田恒泰氏
「だから芸能界は駄目なんだよ…」

そこまで言って委員会NPB 021
金美齢さん
あのね、一番おかしいのはね
9条があればずっと平和でいられるっていうふうに信じ込んでいる

(竹田恒泰氏「そう」)
また刷り込まれているそういうメンタリティ
(竹田恒泰氏「それがおかしい」)
それが一番おかしいの
(竹田恒泰氏「おかしいよ」)
ね…ねえ。」

そこまで言って委員会NPB 022
竹田恒泰氏
「でもね、彼女がいけないんじゃなくて多分ね教育がいけないんですよね。
教科書とか先生とかね
。」


金美齢さん
「いや、だからそういう刷り込みね」

竹田恒泰氏
「そう」

そこまで言って委員会NPB 023
金美齢さん
だからそういうふうに(9条があればずっと平和でいられると)また本当に信じ込んでるね…善良な日本人が多すぎます。」



-中略-

※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい

そこまで言って委員会NPB 024
長谷川幸洋氏
小池さんのような方を…イメージして作ったんですよ。
9条は(ね)
さしあげましょう
あの国に


そこまで言って委員会NPB 025
小池晃氏(日本共産党)
「なんで?」

そこまで言って委員会NPB 026
長谷川幸洋氏
だって、憲法9条があれば平和なんでしょ?
(小池晃氏「そうは言ってないです」)
憲法9条あれば平和が守られるんだから
そんな素晴らしい憲法9条だったら
(小池晃氏「おまじないみたいなものではありませんよ」)
(9条を)差し上げましょうと。
(小池晃氏「9条信仰みたいなこと言ってません」)
中国とか、北朝鮮とか…そう言う国が憲法9条になったら平和な国になるって
そう言う感じでしょう?

そこまで言って委員会NPB 027
小池晃氏(日本共産党)
「違います、9条があるから…それは自衛権はあるけども
海外での戦争までは出来ないという事を戦後の自民党がやってきたんですよ」

そこまで言って委員会NPB 028
長谷川幸洋氏
いやいやだから…
(小池晃氏「自民党がやったんです」)
そう言う考え方で世界の平和が、まあ保たれるのであれば
(小池晃氏「それで戦死者がでなかったんだよ」)
中国、北朝鮮も…是非そういう考え方になってもらえばいいってことを言ってるわけですよ。



小池晃氏(日本共産党)
「だから…」

そこまで言って委員会NPB 029
桂ざこば氏
「小池さんね、9条言うけど
こんなもんあっても無(の)うても日本は戦争しないですよ
絶対してないですよ日本は!

(小池晃氏「いや、それは…」)
ようわかってる、日本のつらさは
せやから戦争なんかせえへん!



-中略-
そしてこの宮家氏の発言が一番この9条問題…
護憲派が意図的にとしか言いようのないぐらいあえてその主張からすっぽり抜かしている
あえて「9条で平和が云々論」の主張していない最も重要な問題点を指摘しているように思う。

そこまで言って委員会NPB 030
宮家邦彦氏
「小池さんの話ちょっと聞かせて下さい
さっきの話はね、日本が、外に出て行ってきてって…戦争しなかったからよかった…
それはね、日本が戦争するかしないかの話です。

しかし戦争ってのはそうやって起こるわけじゃないんです必ずしも。
私、バクダットにもいたし、イラクにいたし、中東にいたから分かるけども
とんでもない奴が戦争を始める場合がある。
攻めてくるヤツが…人殺しする奴がいるんです

それを、どうやって防ぐかっていう事を考えなきゃいけない
その時には当然、抑止をしなきゃいけないんです。
ですから、憲法の9条があるから日本が平和だったんじゃありません。
私は正しい…同盟国を見つけて
そして最も安上がりな形で、潜在的な脅威を抑止したからこそ…平和が保たれた
。」




彼ら安保法制反対派・9条護憲派は過去の歴史を見ていない方々だ…という印象しか受けない。
平和主義が悪いとは言わないが何事も行き過ぎは却って過ちを犯す…

以下2ちゃんより

【2ちゃん アニメ「戦争のつくりかた」ネットで注目 再生23万回 ★2より】

20 :名無しさん@1周年:2016/03/05(土) 20:34:12.01 ID:UzC3oQQq0

戦争の作り方

第一次大戦の悲惨な結果、ヨーロッパには平和運動が盛んだった。

そんな時、ヒトラードイツが不況から脱して復興に成功し、
民族自決を掲げて、戦後処理で分割されたドイツ人の居住地の統一を主張した。

そこで、関係各国首脳が集まり、
ミュンヘン会談で英国首相チェンバレンが民族自決を認めて、
ヒトラーに譲歩して、条約が締結された。


チェンバレンは英国に戻り「平和が持ち帰られました」と国民に説明した。
英国民だけでなく、ヨーロッパ各国の平和運動は、これを喜んだ。

チェンバレンは平和の使徒となった。

ここからヒトラーの暴走が始まり、第二次世界大戦が起こる。

平和主義者が戦争を作り出す。



過去に取り上げた「たかじんのそこまで言って委員会」での中国=ヒットラーのところで触れた英国などの対独融和政策から第二次世界大戦へ…の流れのごとく

2014年3月2日放送「たかじんのそこまで言って委員会」
たかじんのそこまで言って委員会20140302 040
長谷川幸洋氏
「いやだから…あのまずフィリピンの話をするとね、こないだアキノ大統領がニューヨークタイムズのインタビューに答えたんだけど
「中国は、ヒットラーだと」
何故かと言うと
「要するに南沙諸島にどんどん島をさっき言ったように、あの…事実上島を実効支配し始めていると
で、そういう事をその認めて、容認してしまうと、ヒットラーが、要するにチェコのズデーテン地方を併合した時イギリスのチェンバレンが認めてしまったわけね…融和政策っていうんですけど。
そしたら翌年、ヒットラーはポーランドに侵攻したわけ。
で、その事をとらえて、アキノ大統領はいまこのヒットラーのような中国が出てくる事を世界は認めちゃうんですかと…言って凄く警告を発してるわけですよ。
だからここは凄く大事なところで、アメリカがもしも中国に対して融和的な政策になると、それは中国はこれ増長すると。


<参考>

2010/08/13 NHK総合 色つきの悪夢「カラーでよみがえる第二次世界大戦」
第二次世界大戦 ヒトラーの野望  (1/4)
第二次世界大戦 ヒトラーの野望  (1-4)
http://youtu.be/FfeEHcqIRe0?t=4m12s


※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい

RIMG1241.jpg
「1938年9月
イギリス、フランス、ドイツ、イタリアの首脳による会談が行われました。」

RIMG1242.jpg

RIMG1243.jpg
「領土拡大の野望に燃えるヒットラーをイギリスとフランスが説得しようとしたのです。」

RIMG1244.jpg
「ヒットラーは隣国チェコスロバキアの領土の内、ドイツ人が多く住むズデーテン地方を譲るよう要求。
受け入れられなければ戦争を開始すると伝えました。」

RIMG1245.jpg
「結局、イギリス、フランスはヒットラーの要求を受け入れ」

RIMG1246.jpg
「その代わりに他の領土を要求しないと約束させました。」

RIMG1247.jpg
「チェコを犠牲にすることでヨーロッパでの戦争を回避しようとしたのです。」

RIMG1248.jpg

RIMG1249.jpg

RIMG1250.jpg

RIMG1251.jpg
「しかし、約束はあっけなく破られました。」

RIMG1252.jpg
「1939年9月1日ヒットラーは突然ポーランドに侵攻しました」

RIMG1253.jpg

RIMG1254.jpg
「これが第2次世界大戦の幕開けです」

RIMG1255.jpg

RIMG1256.jpg
「ポーランドの首都ワルシャワは無差別攻撃を受け壊滅的な打撃を受けました。」

RIMG1257.jpg
「イギリスとフランスはドイツに対して宣戦を布告しました。」

RIMG1258.jpg
「パリ東駅、大勢の男達がここから戦場へと送られて行きます。」

RIMG1259.jpg

RIMG1260.jpg

RIMG1261.jpg
「ワルシャワへの爆撃を知ったフランス市民は空襲に備え訓練を行いました。」

RIMG1262.jpg
「毒ガス攻撃に備えガスマスクも配られました。」

RIMG1263.jpg
「1940年5月10日夜明け」

RIMG1264.jpg
「ドイツ軍の空軍機が一斉に飛び立ちました」

RIMG1265.jpg
「オランダ、ベルギーへの空爆を行ったのです。」

RIMG1266.jpg

RIMG1267.jpg
「オランダでは港湾都市ロッテルダムが無惨に破壊されました。」

RIMG1268.jpg
「市民を巻き添えにした無差別爆撃でした。」

RIMG1269.jpg
「フランス、イギリスの連合軍はこれに対抗するため兵力をベルギーに送りました」

RIMG1270.jpg
「それを見てヒトラーは喜びました。
実はオランダベルギーへの攻撃はおとり作戦だったのです。」

RIMG1271.jpg
「ドイツの戦車部隊はフランス、イギリスの裏をかきアルデンヌの森を進みました」

RIMG1272.jpg
「アルデンヌの森は深く起伏が激しいためそこを戦車部隊が通り抜けるとは誰も予測していませんでした。」

RIMG1273.jpg
「しかしドイツ軍はわずか3日でフランス領内に入り込んだのです。」

RIMG1274.jpg
「不意をつかれたフランス軍は残った部隊で反撃を開始」

RIMG1275.jpg
「しかしドイツ軍は戦術でフランス軍に勝っていました。」

RIMG1276.jpg
「戦車部隊の上空を空軍が常に守っていたのです。」

RIMG1277.jpg

RIMG1278.jpg
「戦車と爆撃機の連携、これがドイツ軍の電撃作戦を成功に導きました。」

RIMG1279.jpg
「1940年6月10日フランス政府はパリを無抵抗でドイツ軍に明け渡すことにしました。」

RIMG1280.jpg
「政府に見捨てられた形のパリ市民は着の身着のまま逃亡を始めました」

RIMG1281.jpg

RIMG1282.jpg
「ドイツ軍はそんな市民達にも容赦なく襲いかかりました。」

RIMG1283.jpg
「1940年6月14日の夜明け
ドイツ軍はパリに無血入城
フランスの首都を占領しました。」

RIMG1284.jpg
「ヒトラーもパリに到着、第一次世界大戦の屈辱を晴らした瞬間でした。」

RIMG1285.jpg
「ドイツはオーストリア、チェコスロバキア、ポーランド、オランダベルギーに続いてフランス北部も占領。
瞬く間にヨーロッパを制圧しました。」

<引用終わり>

イギリス、フランスは当初、チェコを犠牲にしてまでヨーロッパでの戦争を回避しようと甘い顔をしたが結果はドイツの伸張をみすみす見逃しフランスに至っては最終的に自国を(一時的とは言え)占領される悲劇に見舞われる。
いくらこちらが戦争は嫌だ、戦争はしたくない、話し合いで解決といって外交をしても結果は無駄にドイツの伸張を見逃し、第2次世界大戦の勃発!
独裁国家には甘い顔や平和主義は全く通用しないどころか戦争、侵略の呼び水にしかならない。

また、パリのように無血開城をすれば都市は確かに被害は少ないかもしれないがそこから逃げる市民には容赦なく攻撃を受けるところを見ても市民(国民)を守る者がいない、軍がない、弱いとどういう悲劇がもたらされるかという歴史的証拠だとは思うのだが(これだけではなくあとドイツのソ連侵攻もあるが)これを見てのNHKの解説委員とゲストの会話をみているとそう言う考えは全くなく、ただ相変わらずの戦争はいけない、怖いとか、酷いとか(そんなことは当たり前なのだが)そこで思考停止している。
とにかく戦争の恐怖を植え付けようとしているかのようにさえ感じられる。


【引用過去記事】

NHK、色つきの悪夢「カラーでよみがえる第二次世界大戦」戦争は悲惨、怖い、嫌だで思考停止させ、敗北主義を押しつけ戦争を防ぐにはどうするのか?戦争になったらどう守るのか?が欠如
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-619.html





憲法守って国民守らずでは駄目!


2016年1月1日放送「虎ノ門ニュース8 時入り!元旦SP 」
1/1(金) 虎ノ門ニュース8 時入り!元旦SP 04
青山繁晴氏
「で、だからず…っとこれが拉致事件を引き起こしたし
拉致被害者が救出されない原因はここの憲法にあるんですよ

ねえ、それ同時にもっ回言っとくと
もっ回言っとくとって言うかですね…改めて言いますと
話あまり長くならないようにしたいんですけど…この憲法長いんですよ
第1条から…補則まで含めると103条まであってですよ
(居島一平氏「はい」)
その間…国民の安全と生命をどうやって守りますかってのはここ一か所しかないんです…ね。
ところがここに書いてあんのは…
全部国際法で認められた
(居島一平氏「はい」)
主権国家に認められた国民を守る権限全否定してるわけですよ。
(居島一平氏「ええ」)
これ…ようするにね、「国際紛争を解決する手段としては」って書いてあるから云々と言ってるけどホントはですね
誰が読んでも
、小学生の時に、8時(虎の門ニュース8時入り?)にも言った時に…。」

1/1(金) 虎ノ門ニュース8 時入り!元旦SP 05
青山繁晴氏
「前項の目的を達するため」ってのはここじゃ無くて
(居島一平氏「はい」)
戦争しないっていう事が目的だからって読めるでしょう?
(居島一平氏「ええ」)
番組でも言いましたよね。
(居島一平氏「はい、そうとしか読めません」)
で、「陸海軍その他の戦力」ってのは国際法で断固認められてるもんですけど
これを…陸海空軍だけじゃなくてその他の…って書いてあるんだから
とにかく国民を守る手段というのは全否定なんですよ。
そして主権国家の一番大事な交戦権も…これ全否定なんですよ。

否定したらですよ…じゃあどうやって守るのかを一字一句でも書いて貰わなきゃいけないんだけど
『一字もないんですよこれ』
(居島一平氏「はい…はい」)
これが憲法って言えるのかと。」

1/1(金) 虎ノ門ニュース8 時入り!元旦SP 03
※:参考
同じような事を「そこまで言って委員会」で宮崎哲弥氏も指摘している。

2014年8月3日放送「たかじんのそこまで言って委員会」
たかじん 20140803 059
宮崎哲弥氏
「なので、そもそもこの憲法には矛盾があって
憲法13条には
「国民の生命、自由、及び幸福の…幸福に対する、幸福の追求に対する権利は
国はこれを最大…最大の尊重をすると」

いうふうに書いてあります…13条には。
これ、まとめて幸福追求権って言います。
幸福追求権が、国が最大のこの…尊重しなければいけないのだとすれば
もし外敵が攻めて来て…
この国の統治機構を蹂躙してしまった場合
そしてあらゆる人権というものを認めなくなった場合には
これは…13条全うできないわけですよね。

これに当然対処する体制というものを作っていなければならないにも関わらず
9条は、文言通り読めば…
「戦力は保持しない」
「交戦権は認めない」
「戦争は永久に放棄すると」

…いうような事が書かれていて
まるで個別的自衛権までをも、否定しているかのように
外敵が、急迫性の侵害があった場合でも何もしないのがいいんだと…
いうふうに読める
、明らかに矛盾しています。」






 安保法施行はされたとは言え、何の問題も無いわけではない。
まだまだやるべきことは多い。

<以下参照>
【外交・安保取材の現場から】
3・29安保法施行 でも駆け付け警護や米艦防護など重要任務は先送り…ホントにこれでよいのか?
2016.3.29 01:00更新 産経ニュース
http://www.sankei.com/premium/news/160329/prm1603290003-n1.html

(1/3ページ)

 安全保障関連法が3月29日午前0時に施行された。これにより日米同盟の抑止力は強化され、日本の防衛体制はより盤石となる。自衛隊が国際社会の平和と安定に貢献できる余地も格段に広がる。ただ、それは安保関連法が適切に機能した場合に限る。政府は、新たな任務を遂行するために必要な訓練や米国との調整を進めていないのが実情だ。北朝鮮による弾道ミサイル発射など日本を取り巻く安保環境が厳しさを増す中、施行されても実態が伴わなければ、法成立を急いだ意味はない。

 安保関連法の施行により、日本と密接な関係にある米国などの他国が攻撃され、日本の「存立危機事態」が認定されれば、「集団的自衛権」を行使できるようになった。日本に直接の攻撃がない段階でも武力行使ができる。また、日本への直接の武力攻撃に至るおそれがある「重要影響事態」のときも、弾薬の提供や給油をはじめとした米軍への後方支援が可能になった。

 ただ、それ以上に自衛隊の現場が待ち望んでいた任務がある。その一つが、南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)派遣部隊が行えるようになった新たな任務だ。武装勢力に襲われた非政府組織(NGO)を救助する「駆け付け警護」や、他国軍との「宿営地の共同防衛」などが該当する。


(2/3ページ)
http://www.sankei.com/premium/news/160329/prm1603290003-n2.html


 さらに、自衛隊が平時から米艦を守る「武器等防護」も、日米同盟の抑止力を高めるための新任務だ。北朝鮮の弾道ミサイルへの警戒監視や、南シナ海での情報収集での米国との関係強化が期待される

 幹部自衛官は「これらの新任務が必要となる事態はいつ起きても不思議はない。喫緊の課題だ」と指摘する。

 当初、一連の任務は安保関連法の施行と同時に自衛隊部隊に付与されるとみられていた。ところが、中谷元・防衛相は3月22日の記者会見で、当面は先送りすることを表明した。その理由について「(駆け付け警護などを行うための)国内での準備訓練を十分に実施するには時間が不足している」と説明。米軍の武器等防護については「適切な運用を図るために米軍に十分な理解を得る必要がある」と述べた。

 しかし、昨年9月の安保関連法成立から施行までの間、政府は新任務の実施に必要な訓練や米軍との調整に着手してこなかった。新任務の付与を施行に間に合わせる気がなかったのは明白だ。幹部自衛官は「政府は『切れ目のない』安全保障体制を目指したはずだが、施行後も切れ目は残ったままだ」と漏らす。

 政府が訓練実施や任務付与を控える背景には、7月の参院選の存在があるようだ。「安保関連法に対する世論の理解はまだまだ十分ではない」(官邸筋)とされ、いらぬ反発を招きかねない訓練などは先送りさせたいというのが本音だ。


(3/3ページ)
http://www.sankei.com/premium/news/160329/prm1603290003-n3.html

 このため、本格的な任務付与は早くても参院選後の秋以降になるとされる。参院選が終わっても衆院選が年内に実施されれば、新任務付与はさらに後ろ倒しされる可能性もある。

 ただ、こうした政府の姿勢は、安保関連法をめぐる安倍晋三首相の言動と矛盾する。首相は昨年の通常国会で「日本を取り巻く安全保障環境は厳しさを増している」と安保関連法の必要性を繰り返し訴え野党が激しく反対する中で法成立にこぎつけた経緯がある

 それだけに、たとえ批判や逆風にさらされても、自衛隊が新たな任務を円滑に実施できるように準備を急ぎ、安保関連法の実効性を確保する努力が不可欠なはずだ。政局と安保政策を絡めれば、困惑するのは最前線の自衛官だ。選挙戦を優先させる腰の定まらない態度を取り続ければ、日米同盟の信頼関係を傷つける結果にもつながりかねない。

(政治部 石鍋圭)


<参照終わり>

【月刊正論】門田隆将 国民の命を守ることが憲法違反なのか? 「内なる敵」のため迷走し続ける邦人救出問題
<一部抜粋>-前略-

 国家が「自国民の命を守る」という当たり前のことが、日本では「許されないこと」なのである。

 倒錯した法理

 それは、一体、なぜだろうか。

 自衛隊機が邦人救出のために海外に派遣されることに対して、日本では大きな反対論がある。

 「海外での武力行使に繋がる」

 「それは、憲法違反だ」


 そんな信じがたい主張をおこなう政治勢力やジャーナリズムが日本には存在しているからである。いや、むしろ、その方が優勢だといってもいいだろう。

-中略-

 邦人救出のために奔走した秋山進・イエメン大使はこれに対して、外務省の内部文書で以下のような意見を提出している。

 〈先の内戦の際、独、伊、仏及びジョルダンの協力を得て約100名の邦人を無事国外に脱出させることが出来た。イエメン内戦を契機として改正された「自衛隊法第100条」は「当該輸送の安全について、これが確保されていると認めるときは」航空機による輸送を行うことが出来るとしているところ、他の先進諸国が実施している様に、「危険があれば、それを排除してでも邦人を救出する」ことの出来る制度が早急に確立されることが望まれる

 それは国際紛争の実態をはじめ、「現場」を知る外交官として、当然の提言だっただろう。

-中略-

 前年暮れに起こったチュニジアでのジャスミン革命が、独裁者カダフィが支配する隣国リビアにも波及。首都トリポリをはじめ、リビア全土が大混乱に陥った。しかし、この時も日本からは邦人救出のための航空機は飛ばなかった。

 邦人は、各国の民間機、軍用機、あるいは軍艦……等々でかろうじてリビアからの脱出を果たしている。

 つまり、この時も、危機一髪の事態で、他国に救出を“委ねて”切り抜けている。それは、いくら政府専用機ができようと、課せられたさまざまな条件のために、他国のように「なにを置いても自国民を救出する」という行動が取り得ない日本の実情が露呈されたことになる。

 そして、残念なことに紆余曲折の末に2015年9月に成立した一連の安全保障関連法(安保法制)でも、その実態は変わらない

-中略-

 青木氏は、のちにケニア大使も務め、外務省での外交官生活は40年近くに及んだ。その間、多くの紛争や事件に遭遇しており、邦人救出問題にも詳しい。その青木氏に邦人救出問題について、意見を求めたのだ。

 「国として邦人救出のために法整備を行い、そのためにさまざまな選択肢を持つことについては賛成しますが、これは、五年や十年でできる話じゃありません」

 青木氏はそう語った上で、こんな意見を披瀝した。

 「そういうものを選択肢として持っていない国は、主要国としては日本だけでしょう。しかし、ほかの国と同じように、自国民を救出できるような法案は、また“戦争法案”と言われてしまいます。要は、国民の意識が変わらないと、とても無理でしょうね」




以下↓全文

<以下参照>
【月刊正論】
門田隆将 国民の命を守ることが憲法違反なのか? 「内なる敵」のため迷走し続ける邦人救出問題
2016.1.11 01:00更新 産経ニュース
http://www.sankei.com/premium/news/160111/prm1601110001-n1.html

※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい

(1/17ページ)

※この記事は月刊正論2月号から転載しました。ご購入はこちらへ

 2015年12月5日、映画『海難1890』が封切られた。

 私は土曜日朝の8時40分からの最初の回を観に行った。それは、私にとって、「待ちに待った公開」だったからだ。

 日本とトルコの友好125周年を記念して、両国の合作で制作された『海難1890』は、1890(明治23)年に起こったトルコ軍艦「エルトゥールル号」の遭難事件と、その95年後のイラン・イラク戦争におけるテヘランからの邦人救出劇を描いたものである。

 私は“邦人救出”をテーマに、2015年11月、この二つの事件と、さらに「湾岸戦争(1990年)」「イエメン内戦(1994年)」「リビア動乱(2011年)」を取り上げたノンフィクション『日本、遥かなり』(PHP)を上梓している。

 これらの出来事の中で、窮地に陥り、日本という国から見捨てられ、かろうじて「生」を保った在留邦人たちの姿と怒りを実名証言で描かせてもらった。私は自分自身が取材した出来事を、映画が「どう表現しているのか」を知りたくて、早朝から映画館に出かけていったのである。


(2/17ページ)
http://www.sankei.com/premium/news/160111/prm1601110001-n2.html

 私は映画を観ながら、日本とトルコの友好125周年を記念した作品に相応しいものだと思った。

 目頭が熱くなるシーンが何度もあり、観客の心を見事に捉えていた。人間の真心や友情、国と国との友好の本当の意味というものを観るものに考えさせてくれる映画だった。

 拙著『日本、遥かなり』と映画は、伝えたいことが、根柢の部分で共通していたのではないかと思う。

 人が人を助けるということはいかなることか。そして、国家にとって自国民の救出が持つ意味は何か、そのことが十分表現されていた。

 「どうして、日本が日本人を助けられないんですか!」

 映画の中で、テヘラン在住の日本人教師を演じる忽那汐里(くつな・しおり=二役=)が、日本から救援機がやって来ないことについて、そう叫ぶシーンがある。まさに、この映画の“核”である。

 どこの先進主要国でも行う「自国民の救出」日本だけがなぜできないのか。それは、そのことに対する痛烈なメッセージだったと思う。

 エルトゥールルの奇跡

 1890年9月、和歌山県串本の紀伊大島沖でトルコ軍艦エルトゥールル号が台風で難破し、587名の乗組員が死亡、または行方不明となった。しかし、同島の樫野地区の村民たちが懸命に救助活動をおこない、「69名」のトルコ人の命が救われた。


(3/17ページ)
http://www.sankei.com/premium/news/160111/prm1601110001-n3.html

 海岸にうち上げられた瀕死の乗組員を背負って崖をよじ登り、近くの寺に運んで懸命に救命措置を施した村民は、それぞれの家からわずかに蓄えていた食糧を持ち寄り、乗組員に食べさせた。必死の介抱が69名のトルコ人を大惨事から「生還させた」のである。

 この遭難事故に心を痛めた明治天皇が、犠牲者を手厚く葬り、生還者をトルコに送り届けることを指示したことで、国民から一挙に多額の義援金が集まることになる。日本の軍艦「金剛」と「比叡」によって、無事、本国に送り届けられた生還者たちは、日本人が自分たちにやってくれたことを伝えた。それがトルコの人々の胸を打ったのである。

 その後、日露戦争で日本が勝利し、露土戦争で長くロシアに苦しめられてきたトルコの人々は、日本への尊敬を増していく。そんな日本人へのトルコ人による感謝が具体的なかたちとなったのは、実にそれから「95年後」のことだった。

 1985年3月、イラン・イラク戦争が激化し、イランの首都テヘランに連日のように空襲がおこなわれる事態となった。

 さらに3月17日に、イラクのサダム・フセイン大統領が、イラン上空を「戦争空域」に指定し、「48時間経過後、イラン領空を飛ぶものは、軍用・民間を問わず、すべて撃墜する」と宣言。テヘランに駐在していた外国人はパニックに陥るのである。


(4/17ページ)
http://www.sankei.com/premium/news/160111/prm1601110001-n4.html

 欧米各国は次々と救援機を派遣し、自国民の救出にあたった。だが、日本から救援機は来なかった。

 この時、伊藤忠の森永堯・イスタンブール事務所長が長く親交を結んでいたトルコのオザル首相に頼み込み、トルコ航空の救援機派遣を実現する。それは、トルコ航空のパイロットやスチュワーデスが戦下のテヘランに「志願」して飛ぶという「時を超えた恩返し」に繋がっていく。

 テヘラン在住のトルコ人と、200名以上の邦人が待つメヘラバード空港に2機のトルコ航空機が派遣され、邦人が救出されるのである。

 拙著では、妊娠していたスチュワーデスが、エルトゥールル号遭難事の時の恩義を日本人に返すために妊娠の事実を誰にも告げずに飛んだエピソードも紹介させてもらった。

 このエルトゥールル号遭難事件とテヘランからの邦人救出劇は、日本とトルコの歳月を超えた友情として、今も語り継がれているのである。

 ノー・ジャパニーズ

 しかし、その美談の陰には、自国民が窮地に陥っても、これを救出しようとしない日本の姿がある。それは、自国民の命をいかに蔑ろにしているかを示すものにほかならない。


(5/17ページ)
http://www.sankei.com/premium/news/160111/prm1601110001-n5.html

 先進主要国は、この時、自国民をどう救出したか。

 事態が切迫してきた時、各国の航空会社の通常便はキャンセルされ、「特別便」となった。もともとの通常便のチケットは解約され、すべての座席が自国民救出のために使われたのだ。では、自国民を収容して、それでも空いた席はどうなったか。

 ヨーロッパの航空便ならば、それは、「ヨーロッパ人優先」となった。

 もともとその通常便のチケットを持っていた邦人は、空港のカウンターで、「ノー・ジャパニーズ」というひと言で搭乗を断られている。非常事態の際の現実を、邦人はその時、目の当たりにしたのである。

 テヘラン日本人会は、テヘランの日本大使館を通じて、日本航空に救援便派遣の要請をおこなうが、日本航空は救援便を出すにあたって、

 「イラン・イラク双方から“安全保証の確約”をとること」

 という条件を提示した。

 戦争の当事者である両国に「フライトの安全保証」を要求するという、誰も考えつかなかった条件提示によって、事実上、日本航空は救援機派遣を拒否したのである。

 それは、ナショナルフラッグと呼ばれる英国航空、フランス航空、アエロフロート航空、ルフトハンザ航空……等々、各国の特別便が飛来する中テヘラン在住の邦人にとって、「絶望」と、世界の「現実」との遭遇だったに違いない。


(6/17ページ)
http://www.sankei.com/premium/news/160111/prm1601110001-n6.html

 それとともに、「自国民の命を守る」という国家としての責務を放棄する日本の情けない姿を、テヘラン在住の邦人たちは、突きつけられたのである

 フセインによる撃墜宣言のタイムリミットぎりぎりで邦人救出に成功したトルコ航空のオルハン・スヨルジュ機長(当時59歳)は、イラン領空を出てトルコの領空に入った時、

 「ウェルカム・トゥ・ターキー(ようこそ、トルコへ)」

 と機内にアナウンスする。その時、機内を揺るがす大歓声が湧き起こった。それは、トルコとの長い友情の末に実現した“奇跡の救出劇”にほかならなかった。

 しかし、国家にとって、最も大切な自国民の「命」は、信じがたいことに、これ以降も日本では「見捨てられ」つづけるのである

 迷走する自国民の救出

 トルコ航空によるテヘランからの邦人救出劇の2年後1987年5月、政府は、政府専用機2機を360億円で導入することを決定する。これによって、いざという時の「邦人救出」が可能になったかと思われた。しかし、実際には、日本から邦人救出のために政府専用機が飛来することはなかった。

 そのことが如実に示されたのは、1994年5月に勃発したイエメン内戦である。


(7/17ページ)
http://www.sankei.com/premium/news/160111/prm1601110001-n7.html

 イエメンは、中東のアラビア半島の突端に位置する人口およそ2350万人を擁する国だ。1990年に北イエメンと南イエメンが合併し、「イエメン共和国」が誕生したが、旧勢力間の溝は埋めがたく、内戦が勃発したのだ。

 航空攻撃やスカッドミサイルが飛び交う戦闘は、首都サナアにも及んだ。ただちに各国からは自国民救出のために、救援便が飛んで来る。

 軍用機も次々と飛来し、自国民救出という国家の責務が果たされていった。だが、この時も、日本からは救援機は来なかった。

 当時の秋山進・イエメン大使は在留邦人を各国の救援便や軍用機に乗せてもらうために奔走する。

 首都サナアだけで駐在の邦人は100人を超えておりその救出を他国に“委ねた”のである。懸命の説得で、戦下のイエメンから、ドイツ、フランス、イタリア、アメリカの軍用機が邦人を救出していった。

 青年海外協力隊(JOCV)のイエメン調整員事務所の伊東一郎所長(当時43歳)は、この時、自国民の命を軽んじる日本の現実に直面した。

 「私は、この問題は、“自衛”ということの意味をどう解釈するかという問題だと思っています」

 と前置きして、こう語ってくれた。


(8/17ページ)
http://www.sankei.com/premium/news/160111/prm1601110001-n8.html

 「あの時、私たちは救出に来てくれた他国の軍用機に乗せてもらって、在留邦人に犠牲者は出ませんでした。しかし、それは、たまたま運がよかっただけのことです。救出を待っている時、ほかの国のボランティア団体の人たちから“なんで日本はお金があるのに、救援機が来ないのか。もっと貧乏な国だって来ているじゃないか”と言われました。それが他国の人たちの率直な感想です。安全保障問題で、よく普通の国になる、ということを言いますが、しかし、普通の国というのがどういうものか、ということを、日本の国民のほとんどが知らないと思います。私はむしろ、そっちの方が問題じゃないかと思っています」

 国家が「自国民の命を守る」という当たり前のことが、日本では「許されないこと」なのである。

 倒錯した法理

 それは、一体、なぜだろうか。

 自衛隊機が邦人救出のために海外に派遣されることに対して、日本では大きな反対論がある。

 「海外での武力行使に繋がる」

 「それは、憲法違反だ」


 そんな信じがたい主張をおこなう政治勢力やジャーナリズムが日本には存在しているからである。いや、むしろ、その方が優勢だといってもいいだろう。


(9/17ページ)
http://www.sankei.com/premium/news/160111/prm1601110001-n9.html

 国民の「命」を守ることは、言うまでもないが、「究極の自衛」である。そのことが、「憲法違反になる」という倒錯した法理を説く政治勢力や学者、ジャーナリストが、日本では驚くほど多い。

 どこの国でも、腹を抱えて笑われるようなそんな空虚な言論が大手を振り、実際にマスコミでは、その意見が大勢を占めている

 「自国民を助けに行くことは不自然でもなんでもなくて、“自衛”なんです。なにも戦争を仕掛けに行くわけでもないし、当たり前の話だというふうに、世界の誰もが考えている。でも、その国際常識がないのが、日本なんですよ

 伊東氏もそう語る。

 戦争は嫌だ、という人が多いですが、戦争なんか誰だって嫌なんですよ。誰も戦争なんかやりたくない。だから、それとこれとは次元の違う話だ、ということがわからないんです日本のようにボケるほど平和な国というのは幸せなんだろうけれども、あまりに考え方が現実離れしています

 イエメンで自分たちが救出されたことを伊東氏は、こう捉えている。


(10/17ページ)
http://www.sankei.com/premium/news/160111/prm1601110001-n10.html

 「私たちが助けてもらったケースなどは、自国民の救出を日本が“他国に委ねた”ことになります。それは、逆の場合もなければ、少なくとも対等なつき合いとは言えないですよね。しかし、では、東アジアで同じようなことが起こり、今度は他国から救出を頼まれた時、日本はどうするんでしょうか自国民の救出すらできない日本が一体、どんなことができるのか。イエメン内戦の場合、国際社会が、力を合わせて私たちの命を守ってくれました。しかし、日本はどうするのか、私はどうしてもそのことを考えてしまいます

 そこには、世界の常識から逸脱した日本の姿がある。そして、残念なことに、自国民の命を助けることを「憲法違反」などと言う“内なる敵”への配慮から、日本はいまだに有効な法改正ができないままなのである

 イエメンでの出来事が教訓となって1994年11月、自衛隊法が一部改正され、第百条に〈在外邦人等の輸送〉という項目が加わった。

 〈輸送の安全が確保されていると認める時〉は、航空機による当該邦人の〈輸送を行うことができる〉とし、輸送は政府専用機で行い、困難な時は、〈その他の自衛隊輸送機で行う〉ことができるようになったのだ。


(11/17ページ)
http://www.sankei.com/premium/news/160111/prm1601110001-n11.html

 しかし、その要件の中には、〈安全の確保〉がなによりも優先されたため、紛争国への派遣は、認められなかった。つまり、イエメンのような紛争地帯には飛んでいくことが「できない」のである。

 邦人救出のために奔走した秋山進・イエメン大使はこれに対して、外務省の内部文書で以下のような意見を提出している。

 〈先の内戦の際、独、伊、仏及びジョルダンの協力を得て約100名の邦人を無事国外に脱出させることが出来た。イエメン内戦を契機として改正された「自衛隊法第100条」は「当該輸送の安全について、これが確保されていると認めるときは」航空機による輸送を行うことが出来るとしているところ、他の先進諸国が実施している様に、「危険があれば、それを排除してでも邦人を救出する」ことの出来る制度が早急に確立されることが望まれる

 それは国際紛争の実態をはじめ、「現場」を知る外交官として、当然の提言だっただろう。

 それでも救えない日本

 『日本、遥かなり』では、2011年2月のリビア動乱の際の邦人救出問題も詳細に描かせてもらった。


(12/17ページ)
http://www.sankei.com/premium/news/160111/prm1601110001-n12.html

 前年暮れに起こったチュニジアでのジャスミン革命が、独裁者カダフィが支配する隣国リビアにも波及。首都トリポリをはじめ、リビア全土が大混乱に陥った。しかし、この時も日本からは邦人救出のための航空機は飛ばなかった。

 邦人は、各国の民間機、軍用機、あるいは軍艦……等々でかろうじてリビアからの脱出を果たしている。

 つまり、この時も、危機一髪の事態で、他国に救出を“委ねて”切り抜けている。それは、いくら政府専用機ができようと、課せられたさまざまな条件のために、他国のように「なにを置いても自国民を救出する」という行動が取り得ない日本の実情が露呈されたことになる。

 そして、残念なことに紆余曲折の末に2015年9月に成立した一連の安全保障関連法(安保法制)でも、その実態は変わらない

 それは、2014年5月15日、内閣総理大臣の諮問機関である安保法制懇(安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会)が出した報告書の中の重要部分安保法制には「採用されていない」からである。

 邦人救出問題について、報告書には、こう書かれていた。


(13/17ページ)
http://www.sankei.com/premium/news/160111/prm1601110001-n13.html

 〈国際法上、在外自国民の保護・救出は、領域国の同意がある場合には、領域国の同意に基づく活動として許容される。(略)なお、領域国の同意がない場合にも、在外自国民の保護・救出は、国際法上、所在地国が外国人に対する侵害を排除する意思又は能力を持たず、かつ当該外国人の身体、生命に対する重大かつ急迫な侵害があり、ほかに救済の手段がない場合には、自衛権の行使として許容される場合がある

 そして、報告書は、「国家の責務」という言葉まで用いて、こう提言している。

 〈多くの日本人が海外で活躍し、2013年1月のアルジェリアでのテロ事件のような事態が生じる可能性がある中で、憲法が在外自国民の生命、身体、財産等の保護を制限していると解することは適切でなく、国際法上許容される範囲の在外自国民の保護・救出を可能とすべきである。国民の生命・身体を保護することは国家の責務でもある

 この提言の一部は、安保法制によって実現した。自衛隊法の改正によって、<在外邦人等の保護措置>という項目が新設され(第八十四条の三)、在外邦人がなんらかの危機に陥った時、これまでの「輸送」だけでなく、「救出・保護」を自衛隊が行えるようになったのだ。


(14/17ページ)
http://www.sankei.com/premium/news/160111/prm1601110001-n14.html

 防衛大臣は、外国における緊急事態に際して生命又は身体に危害が加えられるおそれがある邦人の〈警護、救出その他の当該邦人の生命又は身体の保護のための措置〉を内閣総理大臣の承認を得て、これを行わせることが可能になったのである。

 しかし、その要件として、領域国が公共の安全と秩序を「維持」しており、領域国の「同意」があり、さらには領域国の関連当局との「連携・協力」の確保が見込まれる場合にのみ、自衛隊は、在外邦人の「救出・保護」を行える、とした。

 これは、逆にいえば、この三要件が満たされなければ、自衛隊は在外邦人の「救出・保護」にはあたれないという意味である。

 つまり、「邦人救出」には、いまだに、手枷足枷が嵌められており、そのため、自衛隊は海外で窮地に陥った在留邦人を救い出すことは極めて難しいのである安全の確保を絶対条件とする「邦人輸送」に続き、国会審議と反対勢力への配慮から、懸案の在外邦人救出問題は解決を「阻止」されたのである。

 「大きな犠牲が必要」

 私は『日本、遥かなり』の取材の過程で、かつて駐ペルー特命全権大使を務めた青木盛久氏(76)に話を伺った。


(15/17ページ)
http://www.sankei.com/premium/news/160111/prm1601110001-n15.html

 青木氏は、1996年にペルー日本大使館公邸占拠事件に遭遇し、ペルー政府の要人やペルーで活動する日本企業の駐在員らと共に127日間もの人質生活を体験している。

 青木氏は、のちにケニア大使も務め、外務省での外交官生活は40年近くに及んだ。その間、多くの紛争や事件に遭遇しており、邦人救出問題にも詳しい。その青木氏に邦人救出問題について、意見を求めたのだ。

 「国として邦人救出のために法整備を行い、そのためにさまざまな選択肢を持つことについては賛成しますが、これは、五年や十年でできる話じゃありません」

 青木氏はそう語った上で、こんな意見を披瀝した。

 「そういうものを選択肢として持っていない国は、主要国としては日本だけでしょう。しかし、ほかの国と同じように、自国民を救出できるような法案は、また“戦争法案”と言われてしまいます。要は、国民の意識が変わらないと、とても無理でしょうね」

 これを実現するためには、「大きな犠牲」が必要だと、青木氏は指摘する。

 「日本は、“大きな犠牲”が生まれるまでは、そういう選択肢をたぶん持たないだろうと思うんですね。つまり、その選択肢を持っていなかったために、多くの邦人が海外で命を失うことにならなければ、国民の意識は変わらないと思います。残念ですが、日本人の意識が変わるには、それが必要なのでしょうね」


(16/17ページ)
http://www.sankei.com/premium/news/160111/prm1601110001-n16.html

 在留邦人の生命を救うという「究極の自衛」阻止しようとする人々と、そのことによって生まれるに違いない犠牲者-私は、憲法が存在している「真の意味」さえ理解できない人々の罪の大きさを、どうしても考えてしまうのである。

   
×   ×   ×

【門田隆将】 昭和33(1958)年、高知県生まれ。中央大学法学部卒。ノンフィクション作家。『なぜ君は絶望と闘えたのか』(新潮文庫)、『太平洋戦争 最後の証言』(角川文庫)、『死の淵を見た男-吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』(PHP)など著書多数。『この命、義に捧ぐ台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(角川文庫)で山本七平賞受賞。

※この記事は月刊正論2月号から転載しました。ご購入はこちらへ。

■ ■ ■月刊正論2月号好評発売中■ ■ ■

★「坂の上の雲」ふたたび~日露戦争に勝利した魂の継承

 前衆議院議員 西村眞悟

★座談会~人気漫画「空母いぶき」で考える決断と覚悟

 前防衛大臣・衆議院議員 小野寺五典

 元海将 伊藤俊幸

 評論家・拓殖大学客員教授 潮匡人

★遙かなる国家 “内なる敵”のため迷走を続ける「邦人救  出」問題 

 ジャーナリスト 門田隆将


(17/17ページ)
http://www.sankei.com/premium/news/160111/prm1601110001-n17.html

★あの戦争の闇を暴け! 新連載インテリジェンス・軍事マン ガ PROMETHUS~プロメテウスVOL.0(予告  編)

 原作 プロジェクトAKIRA(暫定名)/作画 松田七

★ソ連崩壊25年・ロシア革命99年…共産主義の罪を忘れる な 新資料続々 日本と世界を戦争に巻き込んだ「もう一つ の冷戦」

 京都大学名誉教授 中西輝政

★「南京大虐殺」論争の最新焦点

 拓殖大学客員教授 藤岡信勝

★毛沢東が種を蒔いた沖縄の危機

 ジャーナリスト 仲村覚

★膠着する拉致問題、突破口は朝鮮総連の解散だ

 東京基督教大学教授 西岡力

★【対談】韓国・沖縄・メディア…反日の皆さん、かかってき なさい!

 弁護士・タレント ケント・ギルバート

 ジャーナリスト 井上和彦

★【対談】ISテロ、中国、ドイツ、反知性主義批判… 近代 の廃墟に立ちし我らは

 筑波大学教授 古田博司

 文芸評論家 富岡幸一郎

★【新連載】よしなしこと 歌は世につれ世は歌につれ…か?

 サンミュージック社長 相澤正久

★昭和史の謎「天皇退位工作」の証人 酒井美意子さんとの思 い出

 ジャーナリスト 渡邉みどり 

■新年ワイド やっべぇぞ!■

★悪者を殺さない映画やドラマは、やっべぇぞ!

 評論家・拓殖大学客員教授 潮匡人

★中国製“空飛ぶ棺桶”、やっべぇぞ!

 ノンフィクション作家 河添恵子

★ギネス級! 電子本15万冊購入で端末表示不能の俺、やっ べぇぞ! 

 サヨクウッチャー 中宮崇

★ISの「味方」は世界の「敵」…パリ同時テロ報道はやっべ ぇぞ!

 国際政治学者 三浦瑠麗

★ウヨクもサヨクも「正論」も、やっべえぞ!

 評論家 小浜逸郎

★朝日新聞解体新書 Vol.12 報道の魂を北京に売り渡 した 文革美化報道の数々

 近現代史研究家 阿羅健一

※ほかにも西尾幹二氏、西部邁氏、福井義高氏の好評連載など が多数掲載されています。


<参照終わり>



アイオワ SD 2016022

「同盟は運命までは共にしてくれない…」
確かそこまで言って委員会で恵龍之介氏?の発言だったような気がするが
まさにこれを今の日本人は認識しておく必要があると思う。
日米同盟は必要であるけれど、だからと言って日米同盟だけに固執すると
もし、米国に何かあった時
自衛隊だけで守らねばならなくなったとき、その時に
「戦力が足りません」
「法整備が出来ていません」
「米国以外の国との安全保障条約がありません」
ではお話にならない
そのために必要なのが集団的自衛権であり憲法改正であると自分は思っている。

※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい
2016年1月1日放送「虎ノ門ニュース8 時入り!元旦SP 」

1/1(金) 虎ノ門ニュース8 時入り!元旦SP 06
青山繁晴氏
そしてそれを補うつもりかなんか知らないけれども憲法前文
(居島一平氏「はい」)」
条文じゃない憲法前文に、あの…
「諸国民の公正と信義に信頼し、我らの安全と生存を」…ね
(百田尚樹氏「委ねると」)
「保持すると」いう事が書いてあってですね
それは…ここですよね
(居島一平氏「憲法…はい」)
「諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存…」
これ英文はね、生存なんて書いてあるかというと existence
「security and existence」
存在そのもの…をどうやってあの保持するのかというと
諸国民にお願いして、諸国民は公正と信義でいて下さると
それでこれをですね「平和主義だ」って事で、なんとか無理に見つめようとしてもその上でお聞きしたいのは
『諸国民って誰ですか?』

居島一平氏
「はい」

1/1(金) 虎ノ門ニュース8 時入り!元旦SP 07
百田尚樹氏
「これは出来た時にはあの…(前文の諸国民とは)白人やったんですよ
(青山繁晴氏「はいそうですよね…ホントは」)
アメリカやったんですよ、ホントはね
要するにこの…黄色いサルの日本人が、二度と偉大なる白人様に戦えない、刃向えないようにするという憲法を作ったんですよね
(青山繁晴氏「おっしゃる通り」)
え…これが70年前です
ところが、70年経って国際状況が大きく変わりました
え…日本を脅かす諸国民はアメリカではなくて、中国・北朝鮮・韓国という時代になりましたね
え…ですから本当にもう大変な事になりました。」

2014-06.22 たかじんのそこまで言って委員会
20140622 たかじん 009
20140622 たかじん 010
20140622 たかじん 012



1/1(金) 虎ノ門ニュース8 時入り!元旦SP 08
居島一平氏
「公正と信義に…という日本語もおかしいって百田さんもうねえ…ご指摘されてますけど」

1/1(金) 虎ノ門ニュース8 時入り!元旦SP 09
青山繁晴氏
「あの…やっぱねえこの番組を通じてねえ、皆さんと一緒にホントに考えたいのは
あの…例えば去年ですねえ、あの…去年の12月に東京の三鷹市に呼ばれて
三鷹市の清原慶子さんっていう…(居島一平氏「はい市長」)市長さんに呼ばれて
で…憲法を考える市民の集まりってところで、あの…話したんですけど
僕はまず、三鷹はやっぱり憲法を変えるなっていう人が大変多いから…意外ですって話をしたんですよね。
それで会場に明らかに、「この右翼の野郎」って顔されてる…
僕は右翼も左翼も一切その立場に立ってませんけど
(居島一平氏「あ…はあはあ」)
最初にレジュメの話をした時なんかも
なんかあの…私達を叱りに来たみたいな…だってねその女性の方から
かなり高齢の女性の…高齢っちゃ失礼ですね、綺麗なホントに、気品ある女性から言われたりね。

で、だから、僕が申したのは
いや今日は、あの僕はもちろん改憲派っていうか…憲法改正どころか自分達…百田さんも同じかもしれないけど
自分達の日本語で書きましょうと…いう立場
だけど。

話に来たのは、そうじゃなくて
その改憲派・護憲派区別なく、誰が考えても客観的な事を一緒に考えに来ただけであって
(前文の)『じゃあ諸国民は誰ですかと』…ねえ
で、これその百田さんがおっしゃった通り本当はアメリカの事言ってんだけども
それを一応この見かけ上は…全世界だと考えると
例えば、ウガンダでも何処でも…ねえ
みんな…自分の国を守る為に必死で
それなのに日本の事は守るとするのかと…ね
奇妙な話になるじゃないですか

(居島一平氏「そうです」)
だから今年はですね、あの…去年みたいな安保法制巡ってその…憲法も含めて
こう別れ別れ心の分断を進めるんじゃなくて
一致点を探すべきだと思うんですよ。
-後略-」



<以下参照>
日本に自主防衛促す=核保有「時間の問題」-トランプ氏
時事通信ニュース:2016/03/30
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201603/2016033000400&g=pol

 【ワシントン時事】米大統領選の共和党指名争いの首位を走る実業家ドナルド・トランプ氏(69)は29日、CNNテレビの番組で、日本は米国の軍事力に依拠するのではなく、核兵器の保有も含めて自衛隊の機能を強化し、自主防衛にかじを切ることが望ましいとの考えを示した。

29日、米ウィスコンシン州ミルウォーキーで、CNNテレビの番組で自説を述べるドナルド・トランプ氏(左)(EPA=時事)
29日、米ウィスコンシン州ミルウォーキーで、CNNテレビの番組で自説を述べるドナルド・トランプ氏(左)(EPA=時事)

 トランプ氏は、大統領に就任した場合に在日米軍を撤退させるかは日本が駐留経費の負担を大幅に増額するかどうかに懸かっていると改めて強調した。一方で「私たちは引き金を引きたくない。私はむしろ日本が北朝鮮に対する防衛力、攻撃力を持つところを見たいと語った。
 司会者から「欧州やアジアの安定は米国にとっても利益があるのではないか」とただされると、「(巨額の負担により)米国を破産させる。これに値するほど大きな利益ではない」と反論。「日本と韓国が自力で自国を防衛するようになれば、私たちはより裕福になれる」と強調した。
 日韓両国の核武装に関しては「(保有させないのが)米国の政策だったかもしれないが、変えなければならない時がくるだろう」と主張。「(両国は)いずれにせよ(核兵器を)保有し始める。時間の問題にすぎない。彼らは北朝鮮におびえている」と独自の主張を展開した。 (2016/03/30-13:26)


<参照終わり>

これ↑…もしトランプ氏が大統領になり
発言通りの政策を進めるなら
日本が憲法改正も防衛力増強も、米国やその他の国々との連携強化(集団的自衛権等)等な~んもしなかったら
南沙を奪われたフィリピンの二の舞である。

9条…戦争放棄は侵略には無力
 フィリピンでは猛烈な反米運動を受けて、1991年に米軍基地が撤退した。この直後、中国軍はフィリピンが領有権を主張していた南シナ海・ミスチーフ礁などを軍事占拠した。フィリピンでの反米運動は中国に近い華僑が中心になっていたという話もある。こうした歴史的事実を忘れてはならない。



米国は米国の国益を考えて行動している
その政治・世界情勢によってどう動くか…
その時、日米同盟だけに胡坐をかいていていいのだろうか?

同盟は永遠ではないし、運命まで共にしてくれない
イザという時にはやはり自分で自分の国を守ると言う覚悟を持って対処しなければならない時が来る…
もういい加減他者(他国)に自らの生命線と安全を丸投げして安穏と暮らすという愚行から脱し

2012年2月12日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」
自ら守れるものはしっかりと守り、そのために他国と協力できる事はする…

この当たり前の行動ができる普通の国になるべきではないのだろうか?


今回のトランプ氏の

日本は米国の軍事力に依拠するのではなく、核兵器の保有も含めて自衛隊の機能を強化し、自主防衛にかじを切ることが望ましい



は、自衛隊と米軍に守られつつ9条平和教に浸ってきた日本人に変わりゆく安全保障環境と9条の乖離を十分なインパクトを持つものではないだろうか?

似非平和主義では日本が滅びる・・・
2012年12月3日放送「ビートたけしのTVタックル」
ビートたけしのTVタックル 2012.12.03  40b
ビートたけしのTVタックル 2012.12.03  41
ビートたけしのTVタックル 2012.12.03  42
ビートたけしのTVタックル 2012.12.03  43
ビートたけしのTVタックル 2012.12.03  44




2013-03.17 そこまで言って委員会
3・17委員会⑧の1 25
加藤清隆氏
「この前のですね、北朝鮮の弾道ミサイルの発射実験と、その直後の核実験のことをよく思い出していただきたい。
あのミサイルは、太平洋を超えてアメリカの西海岸まで届く能力が証明された。
あるいはその後の核実験ではですね、小型化した、核弾頭を載せられるという・・能力が殆ど証明されたと、言われております。

ということはどういうことかというと、アメリカの核の傘の庇護の下だった日本のですね・・安全保障に大きな欠陥がこれでできるということですよ。
今まで日本自身では核武装していなかった・・それは米軍が守っててくれたの
しかし、米軍は核を持った国とは絶対に敵対しない、戦争はしませんから絶対に日本を守ろうとしませんし・・・
日本はとりうる選択しはおそらく二つ・・三つしかない。
一つは通常兵器で対抗できるところまで武装を強化する。
二つ目が、自前の核を持つこと。
三番目が、残念ですが中国の軍門に降ることですよ。

選択肢はそれほど多くないということです。
それが、割と近い将来に起こりうるだろうということは、真面目に一度議論する必要が・・私はあると思う。



【核武装について】東京都・男性会社員(53)「なぜ(核武装)議論自体が許されないのか教えてほしい。もしも、ことが起こったらどうするのか。議論を封殺した人間は、引き起こした結末にかなうだけの責任をとってくれるのか」
(2013年8月の記事)


2010年07月25日 すぎやまこういち×青山繁晴 ニッポンふっかつのじゅもん
2010年07月25日 すぎやまこういち×青山繁晴 ニッポンふっかつのじゅもん
http://www.dailymotion.com/video/x1g7zm3_2010%E5%B9%B407%E6%・・
まだ見たことこのない方と、福島瑞穂と堀江貴文さん、是非みてみて!(^^) 
それから福島瑞穂さん、日本に向けて100以上の核弾道ミサイルを配備している中国へ行って、全て撤去せよって言って言って!(^O^)



<参考過去記事>

2013-03.17 そこまで言って委員会
3・17委員会⑧の1 01
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-1913.html



<2013年3月17日放送「たかじんのそこまで言って委員会」>
3・17委員会⑧の1 26
井上和彦氏
「これもあの・・本当はあの・・私は実は賛成・・って入れてるんですけど、実は微妙な部分があるんです。
核兵器を持つか持たないかというのが実は結論ではなくて・・・
3発目(先の大戦で1発目広島・2発目長崎)の核攻撃を日本が受けないためにはどうするか・・ってことが所謂核議論の一番重要なコア(核)な部分になります。
だから・・結局そのドイツとかベルギーなんかが核兵器を持ってない国がなにをやってるかというとニュークリア・シェアリングというね
アメリカ軍の核爆弾・・核兵器をいざという時に使えるように・・シェアをしますよと・・これを宣言するだけでいいところなんです。

で、特にそのイスラエルなんかもっと面白いんです。
イスラエルっていうのは「ノーコメント」というこの兵器を持ってます。
「ノーコメント」っていうのは、「イスラエル核兵器持っているだろう?」
「さあ・・」
「まさか・・もってないよね?」
「さあ・・」ってやるだけで、もうそれだけで「あっコイツ持ってるかもしれない」とすごいこれ抑止力になるんで
石破さんが「核兵器は持たない」と言ってしまうと、その段階で日本の抑止力の限界っていうのが出てくるわけですから
その限界に対して、相手は核の脅威で対抗してこようとすると、もう日本はそれでお手上げって形になりますから
でもってサヨクの人間というのは核兵器って考えるだけで核戦争が起こるとかって完全に妄想になってしまっているんで・・もう無茶苦茶なんです。
もうだからそういう意味では、多分抑止力持つと・・・」

<参考>

日米共同核保有論
詳細は「ニュークリア・シェアリング」を参照

最近、田母神俊雄などは核兵器シェアリング(Nuclear Sharing)の導入を提言している。アメリカがNATO加盟国(ドイツ、オランダ、イタリア、ベルギー)に提供する核武装オプションである。平時はアメリカ軍が核兵器を保持・管理しつつ相手国と核兵器の使用と管理の訓練を行なう。戦時になったとき、アメリカ軍が相手国に核兵器を提供し、相手国は核武装する。


日本の核武装論 - Wikipediaより




核からの脅威に対抗した防衛体制の完備

防空体制の完備
全国での核シェルター設置
核攻撃を想定した国民レベルの訓練等


これに反対する人間はよほど思想信条的にねじ曲がってない限りいないはずだ。
だが現実には憲法9条、専守防衛を謳う我が国においてこの守りについての体制もまともにできていないように思う。
憲法を変えようが変えまいが、この核の脅威に備えるという事は今からでもできるのではないだろうか。



民間防衛 スイス政府編
(P232~233より一部引用)

外国の宣伝の力

 国民をして戦うことをあきらめさせれば、その抵抗を打ち破ることが出来る。
 軍は、飛行機、装甲車、訓練された軍隊を持っているが、こんなものはすべて役に立たないということを、一国の国民に納得させることができれば、火器の訓練を経ることなくして打ち破ることができる・・・。
 このことは、巧妙な宣伝の結果、可能となるのである。

 敗北主義-それは猫なで声で最も崇高な感情に訴える。-諸民族の間の協力、世界平和への献身、愛のある秩序の確立、相互扶助-
戦争、破壊、殺戮の恐怖・・・。

 そしてその結論は、時代遅れの軍事防衛は放棄しよう、ということになる。
 新聞は、崇高な人道的感情によって勇気づけられた記事を書き立てる。
 学校は、諸民族との間の友情を重んずべきことを教える。
 教会は、福音書の慈愛を説く。

 この宣伝は、最も尊ぶべき心の動きを利用して、最も陰険な意図のため役立たせる。

不意を打たれぬようにしよう

 このような敵の欺瞞行為をあばく必用がある。
 スイスは、征服の野心をいささかも抱いていない。何国をも攻撃しようとは思っていない。望んでいるのは平和である。
 しかしながら、世界の現状では、平和を守り続けるためには、また、他国に対する奉仕をしながら現在の状態を維持するためには、軍隊によって自国の安全を確保するほかないと、スイスは信ずる。

 近代兵器を備えた大国に立ち向かうことはわれわれにはできないという人々にたいしてわれわれは、こう答えよう。-経験は、その逆を証明している、と。



 『民間防衛』-スイス政府編
民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる (新書)
民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる




艦これ 赤城(ご飯:飛行甲板付)3空母資材等

大国だからと戦いを好めば必ず国を滅ぼします。平和だからと軍備を忘れれば危険にさらされます。天下を平定しても天子は春に兵を集めて秋に演習を行ない、諸侯も春は軍備を整え秋は演習を行なうのは戦いを忘れないからです。

※自国他国問わず人民を愛する姿勢を示す。戦争を好めば自ら滅ぶが軍備を忘れたらいずれ滅ぼされる。
兵法書 武経七書 司馬法 仁本篇






■その他ニュースツイッター

さくや(お祓い)
ツイッターで気になったものをいくつか紹介


中国が狙う、日本近海の海底資源


自衛隊…物心両面での支え


日本のメディアは報じない


日本も正規空母は持っておくべきだと思う


ホントこの通り


ホントこの通りその2


どこまでいっても民主党…現民進党





最近目に付く「人権」や「ヘイトスピーチ」という言葉を持ち出す政治的活動にろくなものが無い
しかも問題点は似たようなものだし…こうした部分、テレビは報じているのだろうか?



そもそも問題視するほどのものとも思えないのだが



さくら(冬2015)
   さくら
「ここからは政治とは関係なく気楽に紹介」

防人の艦


心が癒される


何か(エリ…)が見ている


これはすごいと思った


真田丸の汎用性?はすごい


滋賀県はどこへ向かうのか?




悲しすぎる…


御召艦!


朝雲…対潜哨戒?



戦艦大和 1945
★:注意とお願い★

 最近コメントをしていただけるのはありがたいのですが、コメントに名前を入れずに空欄でコメントされる方が多いです(ホストを確認すれば8割方は同一なのですが)
過去に何度かコメントしましたがコメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を(他人の振りをするのも含む)名乗る等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)
後、最近一言の感想、断りもなく、当ブログ、記事とは関係ない他のブログのコピペとURL貼り付けなど、非常に失礼な行為をされる方がいます。
しかも同一ホストで名前を変えて…

そうした行為はいかなる主張、内容であろうともお断りします。
見つけ次第削除等断固とした処置を取らせて頂きます。




※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

コメント欄・トラックバックをご利用される方は左のプロフィール下の【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】をご一読下さい。

<注意事項>

特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、口調が喧嘩腰、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもや
営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿など
宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど
管理人が不適切と判断した場合は基本的に削除します。
コメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を名乗る(他人の振りをするのも含む)等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)
悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。
違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。



尚、コメントは全て拝読させて頂いておりますが、当方の仕事の都合等でお返事出来ない時がありますので平にご容赦下さい。
※:書き起こしについては誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので引用される場合はご注意を。
※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※



アルファポリスWeb漫画セレクション(毎月30日更新)
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
長編 連載中 漫画:竿尾悟/原作:柳内たくみ
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第29話 P-9
炎龍編~
伊丹達は炎龍・・特地甲種害獣、通称『ドラゴン』にどう立ち向かうのか
テュカ、ヤオの運命は・・・
http://www.alphapolis.co.jp/manga/view_manga_opening.php?manga_sele_id=138000030


ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり(4) (アルファポリスCOMICS)ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり(4) (アルファポリスCOMICS)
(2014/04/20)
竿尾 悟、柳内たくみ 他

商品詳細を見る
新たな波乱?
帝国との講和交渉開始!
だが水面下で主戦派が動き出す!





提督SD
「仕事等の都合により毎日更新できない場合があります。
その時は平にご容赦を(涙)」


ランキング用



さくやSDou
次回のエントリーもよろしくお願いします!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

国 旗
japa001m.gif
鎮守府訪問者数
閲覧者数: 現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
気象:天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

銀時

Author:銀時
リアルにおいて陸上自衛隊に入り現在予備自であるのになぜか
某ゲームにおいて某鎮守府提督に就任
自慢は現在のところ自艦隊から一隻も轟沈が出ていないこと。
日本とアニメと漫画をこよなく愛する
マダオ(まるでダメなオッサン)

基本政治関係を書いてますがたまにアニメや漫画
の絵?(最近はGIF)なんか書いたりしてます。

基本ぐだぐだなので
まったりと?いきたいので
宜しくお願いします!

好きなアニメ・漫画は

『銀魂』「信長協奏曲」「宇宙戦艦ヤマト2199」等…

旧「銀色の侍魂」管理人
ブログ名称変更に「艦これ」と「アルペジオ」のコラボイベントに感化されたとかされないとか・・・

※※※ ※※※ ※※※ 【twitter】
秘書官(さくや)
さくや(冬)
今日の運勢
鎮守府神社掲示板
鎮守府掲示板(リンク集)
Amazon 検索

民主党 外国人参政権 人権擁護法案 小沢 竹島 鳩山 夫婦別姓 長崎 拉致問題 人権侵害救済法案 主権 チベット 国連 人種差別撤廃委員会 青山繁晴 櫻井よしこ すぎやまこういち メディアパトロールジャパン 朝鮮学校 川上 恫喝 脱税 検察 日教組 個所付け 麻生 安倍 韓国 西村幸祐 子供手当 特捜部 石平 そらのおとしもの イカロス エリザベス 桂小太郎 志村新八 定春 ニンフ アストレア 戦艦 大和 御坂美琴 インデックス とある魔術の禁書目録 上条当麻 神楽 坂田銀時 張景子 三宅久之 TVタックル 参政権  MPJ 長島昭久 高市早苗 外国人住民基本法 銀魂 穀田恵二 小川敏夫 山際澄夫 自衛隊 

コメント欄等の注意事項
コメント欄・トラックバックをご利用される方はご一読下さい。 【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】 (1)特定の個人を誹謗中傷する投稿とそれに類する投稿。 (2)特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもの。 (3)営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿 (4)営利目的等でなくとも単なる広告や宣伝に終始する投稿   (集会や署名のお知らせ等はOKですが、複数スレに渡ってのマルチ等、目に余るものは削除対象です) (5)その他、管理人や特定の個人にとって不利益となる投稿   (自分または他人の住所、電話番号、家族構成等、個人情報に類する投稿) (6)宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど。 但し、日本神道や仏教等日本古来の文化伝統に息づくものは除外。 (これらの名を語る管理人が怪しいと感じたものは削除対象) (7)その他、管理人が不適切と判断する投稿 上記投稿と管理人が判断した場合は基本的に削除します。 悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。 違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。
ランキング
アンケート
鎮守府司令部前掲示板
竹島も尖閣諸島も対馬も北方領土も日本列島とその他の島々も日本領!
軍艦旗
japa002m.gif
河野談話作成過程検証報告書
平成26年 官房長官記者会見 記者会見 首相官邸HP http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201406/20_p.html  首相官邸HP 河野談話の作成過程検証報告書(PDF) http://www.kantei.go.jp/jp/kakugikettei/2014/__icsFiles/afieldfile/2014/06/20/20140620houkokusho_2.pdf 外務省HP【英語版】 河野談話の作成過程検証報告書(PDF) http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000042169.pdf
竹島プロジェクト2016
竹島は間違いなく、日本の領土だ! 竹島プロジェクト2016 C2 「島根県 Web竹島問題研究所 かえれ島と海」へリンク。
< 参 考 > ぼやきくっくり 竹島プロジェクト2016 ブログ参加概要(推 奨): ブログやホームページに竹島の画像、イラスト、文字等を配置し、互いにリンクする。 島根県Web竹島問題研究所へのリンクをはり、2/22竹島の日のアピールに勤めます。
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
Amazon商品一覧
くまみこ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)  
くまみこ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)



ぎんぎつね 10 (ヤングジャンプコミックス) 
ぎんぎつね 10 (ヤングジャンプコミックス)



艦隊これくしょん ‐艦これ‐ side:金剛 (1) 限定版 (カドカワコミックス・エース) 
艦隊これくしょん ‐艦これ‐ side:金剛 (1) 限定版 (カドカワコミックス・エース)



銀魂―ぎんたま― 54 (ジャンプコミックス) 
銀魂―ぎんたま― 54 (ジャンプコミックス)



風雲児たち 幕末編 23 (SPコミックス) 
風雲児たち 幕末編 23 (SPコミックス)



Amazon商品一覧(2)
Amazon商品一覧(3)
ねんどろいどぷち 艦隊これくしょん -艦これ- 6個入りBOX 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいどぷち 艦これ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済みトレーディング可動フィギュア 6個入りBOX) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 赤城 (ノンスケール ABSPVC 塗装済み可動フィギュア)02 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 赤城 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 加賀 (ノンスケール ABSPVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 加賀 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 金剛 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 金剛 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 比叡 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 比叡 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 榛名 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 榛名 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 霧島 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 霧島 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 熊野 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 熊野 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 鈴谷 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 鈴谷 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 北上 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 北上 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 大井 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 大井 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん ~艦これ~ ねんどろいど 島風 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん ~艦これ~ ねんどろいど 島風 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 天津風 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 天津風 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 伊401 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 伊401 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

日本を守ろう

民主党 外国人参政権 人権擁護法案 小沢 竹島 鳩山 夫婦別姓 長崎 拉致問題 人権侵害救済法案 主権 チベット 国連 人種差別撤廃委員会 青山繁晴 櫻井よしこ すぎやまこういち メディアパトロールジャパン 朝鮮学校 川上 恫喝 脱税 検察 日教組 個所付け 麻生 安倍 韓国 西村幸祐 子供手当 特捜部 石平 そらのおとしもの イカロス エリザベス 桂小太郎 志村新八 定春 ニンフ アストレア 戦艦 大和 御坂美琴 インデックス とある魔術の禁書目録 上条当麻 神楽 坂田銀時 張景子 三宅久之 TVタックル 参政権  MPJ 長島昭久 高市早苗 外国人住民基本法 銀魂 穀田恵二 小川敏夫 山際澄夫 自衛隊 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。