スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍首相、生出演 「戦争法案、徴兵制、全部間違ってます」…どこまで反対派のレッテル貼りによる誤解を解けるかが課題、そして説明では仮想脅威国として中国を論ずべきでは!?【ツイッター他】


よかったら応援クリックお願いします。

ランキング用



こんごう



 昨日、安倍総理が出演して安保関連法案について国民の疑問点について答える番組がありました。
今まで安保法制について何かと説明不足だと言われ続けた安倍政権…安倍首相
そうした声に少しは答えたのではないだろうか
無論、今まで説明で出来なかった一部には安保法制の問題とは直接関係ない「徴兵制」などの議論や
一部マスコミも反対派と一緒になって騒いでいる「戦争法案」というレッテル貼りで本質的な議論・説明の妨げをしてきたからという部分もあるから一概に安倍政権側の説明不足というのには問題があるのかもしれないけれど。


<以下参照>
安倍首相、生出演 「戦争法案、徴兵制、全部間違ってます」
FNNニュース 2015/07/20 20:27
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00297929.html

安倍首相が20日の「みんなのニュース」に生出演。さまざまな疑問について直撃した。

安倍首相、生出演 「戦争法案、徴兵制、全部間違ってます」(2150720)

(衆議院を通過した安全保障関連法案。最大のポイントは国民の理解が広がっていないという点だと思うが?)
よく、「戦争をしたいんですか?」と言われるんですね。
戦争法案ともいわれています。
これ全く逆でしてね
むしろ、戦争を未然に防ぐための法制なんです。
言ってみれば、戸締まりをしっかりやりましょうねと。

町内みんなで協力して戸締まりをしていきましょうという法案であって、誰か特定の泥棒をやっつけようということではなく、しっかりと戸締まりをしていこうという法制を今、進めているということで、そのこともよく理解していただけるように、説明していきたいと思ってるんです。


(まだ理解は広がっていないという認識?)
いわば、ある種のイメージを張りつけられてしまったなと。
随分、それから誤解もあって、今、最初に申し上げたように、戦争法案とか徴兵制とか、これ、全部間違ってます。
間違っているということを、次の参議院の審議を通じて、わかりやすく説明していきたい。

ただ、国会の議論はどうしても、法律論、憲法論に偏りがちですので、なかなか一般の皆さんにはわかりにくい議論に、残念ながらなってしまっているのかなと思いますので、そういう意味できょう番組にも出させていただいて、できる限りわかりやすく説明させていただきたいと思います。


(視聴者からは、「アメリカから言われたから?」、「メリット、デメリットをはっきり知りたい」、「何でそんなに急ぐんですか?」など、さまざまな疑問の声があがっているが?)
なんで、そんなに急ぐのと、こう言われるんですね。
それは、先ほども申し上げましたように、戸締まりをしっかりしていこうということなんです。
かつては、雨戸だけ閉めておけばよかったんです。
雨戸だけ閉めておけば、泥棒を防いで、自分の財産を家に置いておいても守ることができたんですね。
でも、今はどうでしょう。
例えば、振り込め詐欺だとか、電話がかかってきますね。
それへの対応もありますし、口座が電子的にとられてしまうという事態にもなっています。
そういう事態に、やっぱり備えていなければいけない。
たまたま今、何も起こっていないかもしれませんけど、備えていなければ、そういう事態が起こるかもしれない
まさに、そうした戸締まり。
国民の命や自由や幸福を守るためには、今からしっかりと備えをしておくことによって、何か、よこしまな考えを持っている人は、日本を侵略するのをやめておこうということになっていくんですね。
つまり未然に防ぐための法律は、もう随分、安全保障環境厳しくなっていますから、わたしは、政治家の責任というのは、国民の命や幸せな平和な暮らしを守ることですから、その責任を果たさなければならないと思っております。


<参照終わり>




安倍首相、みんなのニュース生出演 国民のギモンSP
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00297924.html




まあ徴兵制云々というなら…
(安倍総理も今回の放送でチラッとスイスに絡めて触れていたけど)
それはむしろ集団的自衛権を認めず、個別的自衛権に拘った方が必要性を迫られる気がするが

2015年4月26日放送「そこまで言って委員会NP」

そこまで言って委員会NP 20150426 034c
長谷川幸洋氏
「ちょっとね、真面目な話も…
スイスの話はね、今日本でこれからGWあけね、大問題になる
集団的自衛権の話と直結してるんですよ。
何故かというとVTRあったでしょう…徴兵制
あれは、スイスは、NATOに入ってない、EUにも入ってない
全く個別的自衛権だけで戦う、そういう覚悟してるから徴兵制にならざるを得ないんですよ。

で、最後の最後は、彼らは焦土作戦で闘うと言ってるわけ。
つまり国を焼き尽くして敵に戦利品を与えないって言ってるわけですよ。
でよくね、スイスのような国に…って日本も…ってこういう議論があるけれども
日本がもし集団的自衛権NOだと言って個別的自衛権でやる…
それだけで日本は単独でやるんだと言ったらスイスのようになるわけだけど
それはすなわち、徴兵制までやるのか?
京都、奈良を焼き尽くしても戦うのか?

こういう覚悟の問題が問われるということですよ。」





今回の番組や安保法制に関連したツイートを集めてみました














総理自身がこうしてテレビに出て説明した事はよかったのではないかと思うけれど…
視聴率低迷が叫ばれるフジテレビよりはNHKなどの方がよかたのではないかとも思うし
(無論公平さに欠ける報道をされる可能性も無きにしもあらずだが)
あえて説明部分について一つだけ感じた点を言えば
火事に例えるのではなく、やはりより具体的に中国を念頭に置いた法制であるという事を述べた方がよかったのではないのか?
その方がより国民にこの法案を何故急ぐのか…その必要性等がイメージしやすく、説明しやすかったのではないのかと自分は感じたのだが。
以下は過去にも紹介した…ちょうど先週1週間前に放送されたザ・ボイスそこまで言うかでの宮崎哲弥氏の安保法制についての解説部分なのだが
まさしくこの通りではないのか…そう思えてならない。


2015年7月14日(火) ザ・ボイス そこまで言うか 宮崎哲弥
2015年7月14日(火) ザ・ボイス そこまで言うか 宮崎哲弥
https://youtu.be/OQkQFzmIqXo




飯田浩司氏
「安保法案の採決、与党単独も視野に…
安全保障関連法案を審議している衆院の特別委員会は今日午前
民主党と共産党が欠席する中、自民公明両党と維新の党が出席して審議が行われました。
え…午後にはですね、2回目の修正協議を行いまして
衆院段階での結論を見送って、参議院での審議までこの協議を継続する事で一致したということであります。
で、え…政府与党側としてはこの安保法案について明日(7月15日)の特別委員会で採決し
明後日(7月16日)にも衆議院を通過させる構えですが
民主・維新両党など野党が今週中の採決に反発を強めていて
与党単独での採決になる可能性もあると…いうことであります。
最短だと明日と…。」


宮崎哲弥氏
「これ予定通り…
(飯田浩司氏「まあ…そうっすねえ…」)
え…っと、まあホントはね、60日ルールを…
何度も言ってますが、何故私は60日ルールに拘らなければならないのかさっぱり分かりませんが
60日ルールに、会期内で間に合わせるために確か24日…あたりまでのスケジュール、カレンダー上のスケジュールで大丈夫なはずですが1週間バッファ(緩衝)を取ったと。
(飯田浩司氏「う…ん」)
ほぼ1週間ぐらいバッファを取ったということになります。
で15日委員会採決…まあおそらく翌日かその次ぐらい…今週内に本会議、衆議院本会議内で、衆院本会議で可決と…で通過と…いう形になると思うんですけれども
まあ仮にですよ、え…1週間、翌週に延びたとしても…先ほど言ったように24日が一応のリミットになっていますから間に合います。
(飯田浩司氏「う…ん」)
という事で、え…あの何日かしか、その3日とか4日とかその程度の話ですから
まあ与党は、何と言っても…多数ですからね。
え…特に衆議院は3分の2に至らんとするほどの多数ですからこれは可決されます。
え…それだけの話…なんですけどね。」

飯田浩司氏
「まあ結局後はそこでこう…」

宮崎哲弥氏
「民主党さんとかがさなんか欠席するとかなんとかと言ってるけども…ほとんどノイズみたいなもんです。
(飯田浩司氏「う…ん」)
え…あの…え…そんなことよりも
私は、この国会をあえても…参議院でもね修正協議をやると
維新と与党が言ってるみたいですが
まあそこは、一応注目点であるけれども
え…これを通過して、衆議院通過すればこの議論ってだいたい国会論戦で終わったようなものです。
まあ7割ぐらい終わったと言ってもいい。
まあ別これは参院を…参院を軽視しているというものでは無くて
どうせ同じ議論しかなされないだろうと…
え…唯一違ってる点は、この修正に関して、継続的にやるという事が決まったとこで、ここは注目できますが
それ以外の部分というのは同じ事の繰り返しです。
(飯田浩司氏「う…ん」)
で、そこでで、やや総括的な事を言ってしまうならば
(飯田浩司氏「はい」)
まあ、今まで言った事の繰り返しになるけれども
底の浅い議論だった。
これは与党の責任でもあるし
野党…特に野党第一党の民主党の責任が
自公と、与党である自公と
野党第一党の民主党の責任があって
両方とも何か…あえて言うならば
本当の肝心の部分
国民の心に“どうすべきか”というのを突きつけるような
そういうこの…リアリティのある議論というのはならなかった
(飯田浩司氏「う…ん」)
…と思う。
(飯田浩司氏「はい」)
で国民はね、一般国民は各種の世論調査…世界的な世論調査を見ても分かるように
例えば戦争になった場合に…
(飯田浩司氏「はい」)
え…この国を守る為に闘うか?っていうのを聞かれて
「闘わない…」という人…
戦わないっていう人は日本は一番多いんですよ。」


※:参考
そこまで言って委員会NP 20150405
※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい

そこまで言って委員会NP 4月5日 01
橋本五郎
「ある政府首脳がね、言ってたのは
要するに今度の…安保の法制論議見ててつくづく思うのは
要するに『日本は安全保障に対して如何に臆病か』
もう2度と嫌…っと言う感じね。
要するに『戦争に巻き込まれるのは嫌』
嫌だろ、だったらね、この…米軍については二つ意見があって
あの…アメリカ軍出て行ってもらって自分達(日本)でやろうと…というのと
それから、ともかく米軍はあれだからできるだけ非武装中立に近いところに行こうと
しかしね、これはどちらも…現実的じゃないですよ。
ある意味では、米軍を…使ってですね、出来るだけお金を使わないで…やってもらって
只、志は『自分の国は守る』という気持ちだけはちゃんとね。」


そこまで言って委員会NP 4月5日 02
末延吉正氏
「だから橋本さんが言われるように、圧倒的に軍事費と、覚悟を持ってやれればいいけど
戦後は羹に懲りて膾を吹いて…(あつものにこりてなますをふいて)
そういう事をしゃべる事がタブーの教育ですよ。
それが突然できるわけないんで。」


金美齢さん
「それにね…」

そこまで言って委員会NP 4月5日 03
末延吉正氏
「で、しかもフィリピン…
(金美齢さんに)ごめんなさい
フィリピンを見れば分かる…ケーススタディで
クラーク(空軍基地)スービック(海軍基地) 返したらいいって言って
返した後
今また新たな…協定で(米軍に)帰ってきてくれて…
そうしないと中国に取られてしまうじゃないかって
、この事が…。」

宮崎哲弥氏
「力の空白が出来たから」


末延吉正氏
力の空白が出来た
それはやっぱり作ってはならないんですよ
沖縄が危ないですよ…それは」


そこまで言って委員会NP 4月5日 04
宮崎哲弥氏
「ただね…ただね、一方でアメリカの事情
とりわけオバマ政権の事情というのがあって。
まずまあ自分達が出ていくの嫌なんです基本的に
だから沖合戦略…ってこう沖合からこうじーっと見ていて
まあ要するに最前線には日本とか、あの台湾とか、その他東南アジア諸国がやってくれて
あの、最後に自分達(米軍)が出ていくか出て行かないかを決めるみたいなね、そういう方向に、あの…を基礎にするオバマ政権の戦略ですよ。

で…」

そこまで言って委員会NP 4月5日 05
金美齢さん
「だからですね、宮崎さんが不在だった、何週間か常に言ってたのが
もうアメリカはね、世界の警察をやめた…だっていう話になってくるんだけど
(宮崎哲弥氏「その通り」)
今はね、日本自体のね、日本人自体の日本の国のね、自分が自立するかどうかっていうね…
その事を考えないことにはね
、どうしようもないわけでしょ?
それで、私が一番滑稽だなと思うのは
全国津々浦々行くわけよ、講演で
でその時に色んなところに建ってんのよ句碑…
『平和宣言都市』とかね
平和宣言なんとか…ってのが建ってるわけ
それでそれをしたらもうねえ、これは平和です…って言うような事
一種の信仰に近いわけ日本人の
。」


竹田恒泰氏
「幻想ですね。」

金美齢さん
「え?」

竹田恒泰氏
「幻想です。」

金美齢さん
「幻想なの。」

そこまで言って委員会NP 4月5日 06
宮崎哲弥氏
「念力主義です。」

金美齢さん
「ね」

そこまで言って委員会NP 4月5日 07
宮崎哲弥氏
「みんなこう…
(金美齢さん「そうそうそうそうそう」)
平和を念…ずっと念力がこう伝わっていう…」

そこまで言って委員会NP 4月5日 08
金美齢さん
「そう、それでね句碑を建てる事でね、もう安心しているわけ、だから言うんですよ
日本人の大半は闘う能力も、意思もない…」


そこまで言って委員会NP 4月5日 09
辛坊次郎氏
「(読売テレビの)新入社員に聞いてみましょうか?
(末延吉正氏?「ええ聞いてみましょう」)
面白いから…。
あの、日本に今、某国が…ね、某国が攻めて沖縄を取ろうとしてます
さああの…志願兵を募りました

え…一緒に戦うっていう人?

渡辺真理さん
「志願する人」

そこまで言って委員会NP 4月5日 10
辛坊次郎氏
「あれ!?一人もいないの?」

そこまで言って委員会NP 4月5日 11
辛坊次郎氏
「とりあえず、とりあえず、行かないっていう人?

そこまで言って委員会NP 4月5日 12
金美齢さん
「全員だよ」

そこまで言って委員会NP 4月5日 13
竹田恒泰氏
これ全国平均以下よ
世論だと18%」


辛坊次郎氏氏
「お前等全員クビじゃあ」

(会場笑い)



-中略-


そこまで言って委員会NP 4月5日 14
橋本五郎氏
「…この問題は同時に、一番最初にあの、このテーマで出た
自分達が自分達をどう守るか
そこだと思うんです。
その究極のところを…」

そこまで言って委員会NP 4月5日 15
井上和彦氏
「ええ、その防衛力を高めて、米軍に「よし、いてやってもいいぞ」というぐらいの立場になれば
初めて対等な立場になる。」


-以下略-




宮崎哲弥氏
「戦わないって言うかな、あの…(この国を守る為に闘うか?に)Yesと答える人が…少ないです。
(飯田浩司氏「戦いに行く人が少ない」)
少ないの、ごめんなさい
戦いに行く人は少ないって言って
戦わないというふうに確信を持ってる人ってそんなに多くなくて
(飯田浩司氏「はい」)
「わからない」っていう人が凄く多い…実は。
(飯田浩司氏「はい」)
例えば、(この国を守る為に闘うのが)「絶対嫌だと」…もう絶対確信的な自分は…あの…戦争には参加しないって言う人は余所の国の方が多かったりするわけ。
(飯田浩司氏「はい」)
でも、ということは
あの戦うと言う人も、戦わないと言う人も少ないということは
「分からない…」っていう人多いって事だと分かりますよね。
(飯田浩司氏「そうですね。」)
つまり何を言いたいかと言うと。
戦争のリアリティが戦うにしても、戦わないにしても無いんです…日本の国には。
(飯田浩司氏「はい」)
あの…戦後日本人には。
そういう時にこういう議論をして、ホルムズ海峡の掃海とかって話をしても…
ポカン…として
え…一体それがどういうこの意味があるのかっていうのを…わかんないじゃないですか。
(飯田浩司氏「はい」)
これはあの先々先週ぐらいに…産経新聞の枝野幸雄氏の…」


※参考

<以下参照>
【夜の政論】
「私こそ日本流保守!」吠える民主・枝野氏、自分を必要とする時代が…「いや応なく東京五輪は民主政権」
(3-8ページ)- 産経ニュース2015.6.25 11:00
http://www.sankei.com/politics/news/150625/plt1506250001-n3.html

-前略-
 「日本の安保政策でリアリズムを持つのは、北朝鮮と台湾海峡、ぎりぎりで南シナ海だと思うんですよ。そこに政府が中東・ホルムズ海峡などという日本の存立危機と関係ない案件を絡ませたのが諸悪の根源。仮に『日本を守るためだけに、どうしても国際法上の集団的自衛権の一部を認めざるをえない』などと、まともに提案されていたら世論にどう説明するか、正直民主党はきつかったと思うんです。ホルムズ海峡のような案件が忍び込んだのは、この期に乗じて外交的ポジションを高めたい外務省の悪ノリですよ。罪深いと思いますね」
-後略-


<参照終わり>


宮崎哲弥氏
「枝野幹事長のインタビューにはまあ…言ってたか
いみじくもその話はでてたけども…
日本人にとって、リアリティのある、あの…危機というのは
戦争につながるかもしれない
あるいは紛争に…あの武力紛争につながるかもしれない危機というのは
朝鮮半島でしょう、台湾でしょう…台湾海峡でしょう
尖閣でしょう、南シナ海です…
(飯田浩司氏「はい」)
この話が、出てこないわけじゃないけれど中心課題になっていない
(飯田浩司氏「はい」)
これは一体何故なんだと。
(飯田浩司氏「う…ん」)
で片方ではホルムズ海峡の掃海の話してて
片方では徴兵制が…とかって話をしていると。
(飯田浩司氏「ええ」)
これではねえ…なんか。」

※感想:リアリティがない…よく分からない
よく分からないことは取り合えうず反対しておこう…
多聞反対派にはそんな人が多いのではないのか?


安保闘争の時のように法案の中身もよく知らない…とは今の安保法制反対派は違う見ないな意見をどっか(ネットで)見た気がするけど
仮に百歩譲って今度の場合は法案の中身は知ってても
(知ってんのは反対扇動してる者達だけじゃないのか?)
日本周辺の安全保障環境の変化、特に中国や北朝鮮の脅威度が憲法9条が出来た時とは明らかに違い
9条護憲や今のままの安全保障体制では対応しきれない…集団的自衛権の必要性も差し迫っている事には気が付いていない…
そう思えてならない。



飯田浩司氏
「これは…最初のその政府与党の法案を出した時の設定が間違っていたのか?」

「集団的自衛権」憲法解釈見直し 3つの要件は・・・(14/07/01)
「集団的自衛権」憲法解釈見直し 3つの要件は・・・(20140701)
http://youtu.be/kz7AkOWnNm0

「集団的自衛権」憲法解釈見直し 3つの要件は・・・ANN 2(20140701)




宮崎哲弥氏
「ま一つには、あの…特に南シナ海や尖閣の話するあるいは台湾海峡の話をすれば
いわばこう…この法案の何を、どういう状況を仮定しているのかというのが…露骨に分かってしまう。
(飯田浩司氏「う…ん」)
まあ事実上その…仮想脅威国というのは中国であると名指しするようなもんだよね。
(飯田浩司氏「ええ」)
それをおそらくは避けたかったのかもしれないと…おもいますが。
私は過剰な配慮。
これはもう(中国は)別に仮想脅威国で間違いないんだから…」


※参考
<以下参照>
中国の深刻な軍事的脅威を明言するときだ 尋常でないスクランブル回数 屋山太郎氏 (1/2ページ)
ZAKZAK 2015.07.15
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150715/plt1507151545006-n1.htm
※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい


 安全保障関連法案は15日昼、衆院平和安全法制特別委員会で自民、公明両党の賛成により可決。法案に対する国民の理解は進んでいるとは言いがたいが、この背景として、1990年代以降、国防費を毎年10%前後増加させている中国の深刻な軍事的脅威について、真正面から論じられていないことを指摘する声がある。


沖縄本島と宮古島の間の公海上空を飛行する中国軍のH6爆撃機 (防衛省統合幕僚監部提供)
沖縄本島と宮古島の間の公海上空を飛行する中国軍のH6爆撃機 (防衛省統合幕僚監部提供)

 「あの数字を見て、理解が進んできたと言い切る自信はあまりない。国民理解が進んでいるとは言えない」「(法案が)極めて抽象的でリアルに考えにくい」

 石破茂地方創生担当相は14日の記者会見で、安保法案に関する世論調査結果に触れ、こんな弱気な感想を漏らした。

 無理もない。朝日新聞が同日報じた調査結果では、安倍晋三首相による法案の説明が「丁寧ではない」と答えた人は67%で、「丁寧だ」の15%を大きく上回った。他社の調査でも、軒並み同じような結果が出ている。

 法案への理解が進まない現状について、評論家の屋山太郎氏は「政府は『中国の軍事的脅威が深刻だ』『沖縄県・尖閣諸島が狙われている』と、はっきり言うべきだ」と指摘する。

 「日本は昔からそうだ。戦前の帝国議会でも、ロシアを『北の某大国』と呼んでいた。他国を口汚く罵(ののし)ることを潔しとしない、日本の国民性が背景にあるのかもしれないが、実にくだらない配慮だ。冷静に中国による軍事的脅威を訴えれば、納得する国民も少なくないはずだ」


(2/2ページ)
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150715/plt1507151545006-n2.htm

 「国会答弁で『中国の進出を許さない』と明言することは、対外的にもプラスになる。日本がモノを言わないのをいいことに、中国はいい気になっているからだ。『事を大きくしないように』という思いからの配慮が、逆に中国の軍事的脅威を拡大させている」

 実際、日本領空に接近した中国軍機に対する航空自衛隊機の緊急発進(スクランブル)回数は年を追うごとに増えており、2014年度は過去最多の464回になった=別表。1日1・2回以上という尋常ならざる数字だ。

中国機に対する緊急発進回数
中国機に対する緊急発進回数

 中国は東シナ海の日中中間線付近でも、ガス田開発の海洋プラットホームの増設を進めており、この1年間で2倍の12カ所に急増した。中谷元(げん)防衛相が「レーダーを配備する可能性がある」と語るなど、軍事拠点化される恐れもある。レーダー網が日本列島に向けてせり出せば、南西諸島などの防衛体制は丸裸になるのだ。

 石破氏は前述の会見で「有事となってからでは遅い。極めて厳しい状況の中でバタバタと法改正をする方がよほど危ない」とも述べ、早期の法整備の必要性を唱えた。

 戦後70年、日中関係改善に向けた外交的計算もありそうだが、政府・与党は「今そこにある危機」を堂々と訴えるべきではないか。


<参照終わり>

飯田浩司氏
「まあ事実既にねえ、南シナだけじゃなくて東シナにも…」

宮崎哲弥氏
「また戻ってきて東シナ海で…このガス田開発初めているでしょ?
これあれ軍事拠点を作るというような話まで…出始めてるじゃないですか?
これなんかあの…紛争にならないわけない。
あの完全に仮想的な脅威国なんですよ、中国は。
(飯田浩司氏「はい」)
それに対してどう対処するかと…
そういう国際情勢の変化の中で
今までのこの憲法解釈とは違った解釈は必要なのかどうなのかというところを…議論しなきゃいけない…国会じゃなかったかのこれは?」


<以下参照>
中国 東シナ海のガス田に新施設 軍事拠点化の可能性 中谷防衛相が衆院特別委で言及
2015.7.11 10:09 産経ニュース(1/2ページ)
http://www.sankei.com/politics/news/150711/plt1507110013-n1.html
※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい


 中谷元(げん)防衛相は10日の衆院平和安全法制特別委員会で、中国が東シナ海に建設している新たな海洋プラットホームが軍事拠点化される可能性に言及し、日本の安全保障にとって新たな脅威になるとの認識を示した。東シナ海のガス田開発をめぐり、中国が平成25年6月以降、日中中間線の中国側海域でプラットホームの建設を拡大しており、中谷氏は「(中国が)安全保障の観点から利用する可能性は考えられる」と述べた。

中国が開発を進めているとされるガス田

 中谷氏は軍事転用されるケースとして「プラットホームにレーダーを配備する可能性がある」と指摘。その上で「東シナ海における中国の監視、警戒能力が向上し、自衛隊の活動がこれまでより把握される可能性があると考えている」と説明した。

 安倍晋三首相は特別委で「一方的な開発を進めていることについて中国に強く抗議している」と強調。菅義偉(すが・よしひで)官房長官も記者会見で「中国側の動きを注視し、引き続き警戒監視をしっかり行っていきたい」と牽制(けんせい)した。


(2/2ページ)
http://www.sankei.com/politics/news/150711/plt1507110013-n2.html

 一方、防衛省は10日、平成27年版防衛白書の内容を差し替え、東シナ海のガス田開発をめぐる中国の動きを新たに盛り込む方針を固めた。急速に進む中国の海洋プラットホーム建設を指摘し、政府による厳重抗議や作業の中止要請などの動きを明記する。

 防衛省はすでに約5千部の白書の印刷をほぼ済ませていたが、7日の自民党国防部会で「中国のガス田開発の記述がほとんどない」と指摘され、了承が見送られた。自民党関係者によると、防衛省が示した白書にはガス田開発について「施設建設や探査を行っている」という趣旨の記述があるだけだった。防衛省は来週中にも自民党の了承を求め、閣議への報告を目指す。


<参照終わり>


飯田浩司氏
「まあ現状として、あの…憲法をすぐに改正するってのは難しいからまずはこれでと…」

宮崎哲弥氏
「というか本来だったら憲法改正するのが筋だと思うけども…
(飯田浩司氏「筋ですねえ…」)
それはほら96条改正論の時にもさんざんやったように
そんなのはねえ…この…
この安保法制の議論の成り行きを見ていても分かるけれど
あの不可能ではないけれど、極めてこんなんだという事分かるでしょう
(飯田浩司氏「うんうん」)
だって、「徴兵制が」…とかっていう反対派がいっぱいいるわけですよ。
(飯田浩司氏「う…ん」)
この情勢の中で。
(飯田浩司氏「はい」)
もっと大規模な反対運動になってしまうでしょう。
ならそれを考えると、う…んとりあえずこのような形で論戦の座組みが構成され
与党側は集団的自衛権のえ…この行使容認というものを出している
野党はそうじゃないと、それでなくても対処できるんだと
あの…今いったようなね、事態に対して、日本のこの安全、この存立基盤というのが揺るがすような事態に対して
本当に集団的自衛権の、う…ん行使容認しなくてもできるのかどうなの?
っていうような議論をさあ…聞きたかったわけよ。」

飯田浩司氏
「う…ん、じゃあ個別でやるんだったらどうするんだと。
軍事費増やすのかと?」


※:参考

2015年4月26日放送「そこまで言って委員会NP」
※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい

そこまで言って委員会NP 20150426 034c
長谷川幸洋氏
「ちょっとね、真面目な話も…
スイスの話はね、今日本でこれからGWあけね、大問題になる
集団的自衛権の話と直結してるんですよ。
何故かというとVTRあったでしょう…徴兵制
あれは、スイスは、NATOに入ってない、EUにも入ってない
全く個別的自衛権だけで戦う、そういう覚悟してるから徴兵制にならざるを得ないんですよ。

で、最後の最後は、彼らは焦土作戦で闘うと言ってるわけ。
つまり国を焼き尽くして敵に戦利品を与えないって言ってるわけですよ。
でよくね、スイスのような国に…って日本も…ってこういう議論があるけれども
日本がもし集団的自衛権NOだと言って個別的自衛権でやる…
それだけで日本は単独でやるんだと言ったらスイスのようになるわけだけど
それはすなわち、徴兵制までやるのか?
京都、奈良を焼き尽くしても戦うのか?

こういう覚悟の問題が問われるということですよ。」

※感想:1
まあ徴兵制の必要性云々については議論の分かれるところだが

2014-07.16 青山繁晴 水曜アンカー 提供:別寅かまぼこ
2014-07.16 青山繁晴 水曜アンカー 提供:別寅かまぼこ
http://www.dailymotion.com/video/x21kuuq_2014-07-16-%E9%9D%92%・・


<参考過去記事>

青山繁晴 水曜アンカー 提供:別寅かまぼこ【動画と概要】「安倍総理の深刻な心境」「日中の秘密交渉」赤紙がきた、徴兵制へは悪質なデマゴーグ。【】【主張】白票水増し事件 こんな不正が起きるとは
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-2523.html



昨今…特にオバマ政権になって退潮の兆しのある米軍…日本周辺から東南アジアなど周辺国の安全保障を考える上でもはや今までのような米軍に任せきりというわけにはいかなくなってきている現状を考えると
集団的自衛権は当然考えるべき事…


そこまで言って委員会NP 20150426 035
宮家邦彦氏
「その通りでね
結局…平和主義、それから中立って言うけど
実は武装中立なわけですよ
非武装じゃないわけなんですよ。
しかも強烈な武装をして、そして国民が皆兵ですよねあそこは
そういった事を知らないで…小さくてかわいい国なんだけれども、飯はマズイけど
しかし、本当の裏の…闇の部分というのを理解した上で
あの国の生き様を見てあげないと

やっぱり美しい湖と山だけじゃない…」

そこまで言って委員会NP 20150426 036
竹田恒泰氏
「あの、スイス人の家に行くとライフル銃みたいなのが何丁も置いてあって
地下はあのシェルターになっています。

機関銃です、機関銃置いてあります。」

そこまで言って委員会NP 20150426 037
手嶋龍一氏
徴兵期間だけではなくて、何日間ていうふうにして軍隊で訓練を受ける義務もあって
よく真冬になると、大変寒いところを、隊でこう歩いてるんですよね、山岳スキーを
あれは、一般の徴兵を受けてさらにトレーニングを受ける人達の武装の部隊…いうことになります
それはやっぱり、スイスの覚悟の度が伝わってきますよね。」

そこまで言って委員会NP 20150426 038
宮家邦彦氏
「それやんなかったらあの国は分解されてますよ。
だって、南はイタリアで、北はドイツで、西はフランスなんですからね。」

<参考>
そこまで言って委員会NP 20150426 038b




宮崎哲弥氏
「で与党内…与党内にだって、個別で行ける…っという人もいれば
民主党の中にも、やっぱり集団的自衛権ってもっと踏み込んで認めなきゃダメだと…
いう人も出て来て…
え…こう聞きごたえのある論戦が成された末に、採決という事だったら納得でるんだけれど…」

飯田浩司氏
「そうはならなかった。」

宮崎哲弥氏
「ならなかったという事で。
やっぱりな…っと、思った通りのオチでした。」











20150703 UPLAN SEALDs 戦争法案に反対する国会前抗議行動
https://youtu.be/zx2s1ifyX0o?t=22m15s



ぶっちゃけ…60年安保、70年安保の時の反対運動…そしてその後の動きと今の反対運動…何が違うんだろうか?

「そこまで言って委員会NP」シリーズ戦後70年(3)あの時日本は熱かった!社会を変えたあの“闘争"▽安保反対!学生運動とは何だった?…今の反対運動も結局本質的に何も変わらない。【】ツイッター他
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-2794.html


そこまで言って委員会NP20150719 069
筆坂秀世氏
「でもね、60年安保もね、70年安保も…で今もそうだけどね
だいたいみんな法律なんか読んでないんですよ。
あの…条約をね。
(長谷川幸洋氏「読んでない。」)
…読んでないんです。
であの…例えば西部邁さんが…あの全学連の執行委員だって
安保なんか読んだことない…って言ってますからね。
でも…デモやってたわけですよ。
だからね…」

そこまで言って委員会NP20150719 070
辛坊治郎氏
「そんな事言ったら今でも安保法制で反対している人達でデモやっている人に
「あんた条文読んだことあるのか」って…(以後同時に喋り聞き取れず)」

そこまで言って委員会NP20150719 071
筆坂秀世氏
「…読むわけがない
だからね、60年安保がねあんなに盛り上がったのはね
安保ってこともあったんだけどね
もう、だって5月に調印されてるんですよ
批准を6月に…19日にあのやってるだけの話でね
もう条約そのものは出来てるんだから…
もうあんなところで運動やったって遅いんですよ。

だからね、安保じゃないんですよ
反基地とね、そしてねこれは民主政治が危ないと…民主主義が危ないっていうね
ここにみんな同意していったんですよ。


そこまで言って委員会NP20150719 072
辛坊治郎氏
「その当時はあれですか…右も左も本気だったんですか?
本気で左翼革命が起きると思ったし…」

鈴木邦男氏
「思ってましたね」

筆坂秀世氏
「思ってましたね」

そこまで言って委員会NP20150719 073
辛坊治郎氏
「思ってた…そう、ああそう」

そこまで言って委員会NP20150719 074
長谷川幸洋氏
「いや…いやね今のね、最近のあの安保法制反対?の人達のねあの主張を見てると
ホントに変わらないなと思うのは

今…要するにその議会でのあの…要するに否決?はもう絶望的な状況だから…
国会を30万人で包囲しようと…これで変えようと…言ってるんですよ。

これね殆どね、60年、70年安保と
(筆坂秀世氏「一緒ですよね。」)
全く一緒。」

そこまで言って委員会NP20150719 075
筆坂秀世氏
全く変わらない
だって60年安保の後ね、岸さん退陣して池田さんなるんだけれど…自民党は大勝利ですからね
あれだけね、30万人を超える人が国会を包囲して
もう自民党にもう…当然ねしっぺ返しが来るだろうと…
思いや
しっぺ返しは全くこなかったの
自民党は大躍進してるんですよ。

ですからね、あの…あれを民意というふうにね…簡単にやっぱり評価するのは間違ってますね。」

そこまで言って委員会NP20150719 076
辛坊治郎氏
「当時のね、あそこで騒いでた学生の人達って…
日本の中ではいわゆるエリート、…集団就職でまだいっぱい来てるのに
お前等学生のくせに…親から金貰って飯食ってて…なにやってんだ?
っていうのが実は…殆どのマジョリティの気持ちだったと思いますよ。」


須田慎一郎氏
「全員エリートで富裕層です」

加藤清隆氏
「超エリートですよ…あの当時の大学生は」

辛坊治郎氏
「たぶん、ざこばさんなんかはそういう目で見てはったんじゃないかなと…どうです?」

そこまで言って委員会NP20150719 077
桂ざこば氏
「僕らもう…弟子入りしてたかな?
だから…
なんちゅう無茶するやっちゃ…
こいつらアホか…
何をワッショイ、ワッショイって…
なめとんか…と思てましたわ
ホンマに言うて。」

辛坊治郎氏
「そうだと思います。」

そこまで言って委員会NP20150719 078
筆坂秀世氏
「反対派の人にね、言いたいのはね。
あの…だって、日米安保条約というのはね、軍事同盟ですよ
当然もう条約にも個別的自衛権、集団的自衛権持ってると…いう事が明記してある
それ(集団的自衛権)に反対だったら…
僕はね、反対派は日米安保条約廃棄
と…
(加藤清隆氏?「そう」)
(長谷川幸洋氏「全くそう」)
…これを掲げるべきだと
だって、日米安保条約無くなれば集団的自衛権の行使なんて…そもそも問題無くなるんだから
だから…それは言わないの
なんでかって言ったら
そんな事言えば国民の支持を受けるわけないから。」


鈴木邦男氏
「筆坂さんも随分変わりましたよね。」

(会場笑い)

竹田恒泰氏
「鈴木さんもだいぶ変わってます」

そこまで言って委員会NP20150719 079
筆坂秀世氏
「これが正しい理解なんです。」






護衛艦 むらさめ型 いなづま いかづち… 
何度か紹介していますが、この安全保障の問題については過去に紹介したザ・ボイスにおける有本香さんの解説が一番本質をついているような気がするので
改めて以下に参照します。
「泥棒が来てから縄を綯ったってしょうがない」
安全保障環境の整備は待ったなし

2015年6月10日(水) ザ・ボイス そこまで言うか 有本香 スペシャルウィーク:徹底分析!安倍政権の通信簿
2015年6月10日(水) ザ・ボイス そこまで言うか 有本香 スペシャルウィーク:徹底分析!安倍政権の通信簿
https://youtu.be/Sw7rE3gA7H8



※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい

飯田浩司氏
政府、集団的自衛権は合憲のとの見解示す。
昨日政府は武力行使の新三要件の元で集団的自衛権の限定行使を認めた安全保障関連法案について
集団的自衛権行使は合憲だとする見解を野党側に示しました。
これを受けて横畠裕介内閣法制局長官も、今日の衆議院平和安全法制特別委員会で合憲という認識を強調しております。

 ま、先週末にあの…憲法学者3人が衆議院の憲法審査会で「こりゃ違憲」だと言う…3人とも言ったということでもめてますねえ…。」

「集団的自衛権」憲法解釈見直し 3つの要件は・・・(14/07/01)
「集団的自衛権」憲法解釈見直し 3つの要件は・・・(20140701)
http://youtu.be/kz7AkOWnNm0

「集団的自衛権」憲法解釈見直し 3つの要件は・・・ANN 2(20140701)




有本香さん
「まあ自民党のそもそもこの…人選というのはどういう意味合いがあったのかっていう感じがしますねえ
というのは、その自民党に有利なねえ…あの人を呼べばよかったっていう意味ではなくて
やっぱりもっと違う…明らかに違う立場というかな、違う見解を示すであろう学者さんを呼べばよかったんですね
参考にするのであればなおさら。
(飯田浩司氏「うんうんうん…そうですよね。」)
だって、お3方とももう違憲だって言うだろうって事は火を見るよりも明らかな人を…なんでわざわざ呼んだの?というのがまあありますよね。
(飯田浩司氏「う…ん」)
というのが一つとね、あの…この問題は去年も随分、その…閣議決定云々の時にも確かこの番組でも一度私…触れさせて頂いたことがあると思うんです…が。
(飯田浩司氏「はい」)
え…そもそも集団的自衛権というか、自衛権の中で個別であろうが集団であろうが…
それは国家であれば自然に持っている権利なわけですね。

(飯田浩司氏「はい」)
国際法国連憲章51条においてもこれは保証されていると…いうことであれば
まあ日本国憲法というその…日本国の法律、まあ憲法に対して「どうかこうかと…」言うよりも上にあるもんじゃないかなあと
(飯田浩司氏「ええ…うん、うん」)
思います、というのが一つ。
(飯田浩司氏「はい」)
しかし、日本国憲法というものによって日本はその集団的自衛“権”というね
あの…まあ国家であればどこでも自然に持っているであろうものを行使できないというまあ非常に変わった国なわけですよねえ。
(飯田浩司氏「持ってるけど行使できないってのが…見解でしたね」)
…っていう変わった国なわけですね。
(飯田浩司氏「う…ん」)
だけどこれを行使やっぱりできるんだというふうに…解釈しなおそうという流れ
それは何故かと言えば、憲法改正が容易でないからという話なわけですね
(飯田浩司氏「う…ん」)
で今回のこの違憲だっていう事を総合すれば…
「あっやっぱり憲法を改正するしかないんだな」
という話になると思います…。

(飯田浩司氏「はい」)
何故ならば、やっぱり日本を取り巻く安全保障環境というのはもう大きく変わっているし
日本がまさしくそのターゲットとなりうるようなね、危機的状況というのは迫っているわけですよね

(飯田浩司氏「う…ん」)
であの…ちょっとね私数日前だったかビックリしたんですけれども
野党のね、あの党首が…その
「いや、支持者とも話をしてるんだけれども、あの…日本にそんな危機が迫ってるとも思えないのに今なんでこれを議論しなきゃいけないんだって…思ってるんです」よと…」

※参考動画:
維新・松野『本当に危機が迫ってるのか?』 安倍総理『松野のように自信を持って危機が無いと言えるならこんな法律は作らない』 平成27年5月27日
維新・松野『本当に危機が迫ってるのか?』 安倍総理『松野のように自信を持って危機が無いと言えるならこんな法律は作らない』 平成27年5月27日
https://youtu.be/WGUX-FxJdzY



有本香さん
「いやあの日本国民全員がね「いやもう危機が迫ってます…目の前に」っと思ったときじゃあもう遅いんですよね
(飯田浩司氏「はい、う…ん」)
安全保障っていうのはそういうものでは無くて
(飯田浩司氏「ええ」)
不測の事態が起きた時どうするかっていう事の為に…まあ議論をしたり、あの…まあ整備をしたりするものなのですからねえ。
(飯田浩司氏「はい」)
泥棒が来てから縄を綯(な)ったってしょうがない話わけなんで…
(※参考:泥棒を捕らえて縄を綯う:準備を怠り、事が起こってからあわてて用意をするたとえ。

(飯田浩司氏「う…ん、ええ」)
今、まさにこの事は話し合うべきなんですけれども
あの…とにかくね、ちょっとこの話になっていつも一番…ちょっとうんざりするのは
本来日本の安全保障どうあるべきかという話には全く行かず
(飯田浩司氏「う…ん、そうですね。」)
う…ん、もちろんその合憲であるか、違憲であるかって大事な問題ですよ…大事な問題なんですけれども
日本がその自衛していくために何が必要なのか…っという事をまず議論するという事が中々できない

(飯田浩司氏「はい」)
でもしその違憲か合憲かという事にあくまで物凄く拘るのであれば…
普通に例えば日本国憲法を、というものをまあ読んだ場合にですねえ
じゃあ自衛隊だって違憲なんじゃないですかと…
いう話にまで…戻るっていう事だってあり得る
わけじゃないですか?」



飯田浩司氏
「まあ憲法9条第2項を普通に読めば…
陸海空その他の戦力はこれを保持しない
国の交戦権は認めない
…と」


※参考

2014-07.06 そこまで言って委員会
2014-07.06 そこまで言って委員会 01 憲法9条と13条に矛盾あり 「交戦権が無いのにどうやって幸福を守る?」
宮崎哲弥氏
「私はね、あの根本的には、戦後ず~っと続けられてきた解釈改憲というのは反対です。
というのは何故かというと、そもそもこの憲法というのは矛盾があるんです。
どこが矛盾があるかと言うと、憲法13条で
「国民の生命、自由、及び幸福の追求権というのは、政府が最大の尊重をする」
というふうに書かれています。
この13条というのは、日本国憲法の中で最も重要な条項であるというふうに位置づけられています。
でもね、須田さんもおっしゃったように…
これ集団的というよりも個別的な話ですけど
他国が侵略してきて、日本の統治体制を蹂躙してしまってれば…
こんな幸福追求権なんていうのは、完全に蹂躙されてしまうわけですよね。

それに当然国は義務を持っているわけですから
それに対処するようなしかるべき自衛力、防衛力を持っていなければいけない

そういうこの蹂躙から憲法体制を守るようなものを持っていなきゃいけないにもかかわらず
9条には一切そういったものを持っちゃいけないと…銘文的には書かれているからず~っと解釈改憲を重ねてこざるを得なかった。


2013年4月28日 安倍首相「参院選争点に」 憲法96条改正の是非 新報道2001 01 9条



有本香さん
「ですよね」

飯田浩司氏
「いう事であれば…あれ?って事に当然…」

有本香さん
「なりますよねぇ…。
それから、集団的自衛権一切駄目よと言うんだったらば…
なんで日本にアメリカ軍基地があるんですかという話にもなりますでしょう?」


飯田浩司氏
日米安全保障条約
日本及び極東の安全の為
っていうふうに書いてあるから…

(有本香さん「そうなんですねえ」)
これ、個別的自衛権から実は踏み越えて…」

有本香さん
「踏み越えてますよ。
それから過去にだって、もうずいぶん昔にだって、日本の基地から飛び立って行ってねえ…
外の戦争に参加しているわけですよアメリカ軍は…。」


飯田浩司氏
ベトナム戦争の時なんて
(有本香さん「はい」)
飛び立つまではどこ行くか分からないから大丈夫なんだ…っていう凄い事言ってましたからね。

有本香さん
「う…ん、ねえ、だからそういうね、その矛盾に満ちた事をやって来たのが日本の戦後なわけですよね。」

※参考:

2014年8月3日放送「たかじんのそこまで言って委員会」
たかじん 20140803 081
宮崎哲弥氏
「だからこの番組で前にも言った事だけど
やっぱり湾岸戦争が、一つの日本の安全保障体制を考える上での転機で
実は私はあの…ずっと内閣法制局がとってきた、その…あの…
武力行使等の一体化論を取る限り
アフガニスタン戦争の時に、インド洋に補給艦を出しましたよね。
で、「不朽の自由作戦」に…あの参加する艦艇に対して給油を行ったでしょう?
あれって私は集団的自衛権の行使の疑いが極めて濃厚だと思いますよ。
(加藤清隆氏「そういうことでしょうね」)
でしょう?
あの、その内閣法制局の…」


たかじん 20140803 082
須田慎一郎氏
「…も、集団的自衛権の行使だから」

たかじん 20140803 083
宮崎哲弥氏
行使だと思いますよ。
そんな事を、あの…今までず~っとやってきた
ホントはもう行使してるのに行使していないと言いつのる
それはもう、朝鮮戦争の時この番組でも以前言ったけど
朝鮮戦争の時だって日本の海上保安庁は…
後、これはあの海上自衛隊に吸収する部門ですけど
これは、機雷…機雷戦に参加しています。

で、亡くなった方もいます
中谷坂太郎さんという方が亡くなっています。
で、これで実際そう言う方がいらっしゃるのに、それをず~っと隠ぺいしてきたわけ
私達の戦後って、平和主義をとるにしても、そうでない立場をとるにしても嘘だらけじゃないですか。」





有本香さん
「でいよいよここに来て…まあ日本自身が、あの…非常にね、こう危機的な状況に陥るかもしれないという事態になっているわけだから
(飯田浩司氏「はい」)
本来はここで、憲法そのものを見直す…っていうところに行くのが普通ですよね。
何故ならば、憲法というのは大事なものだし…
その…もちろんその権力者もね、それから一般国民も含めて憲法みんなで守るという事は大事な事だけれど…

(飯田浩司氏「はい」)
そもそも憲法というのは国を守る為にあるものでなくちゃいけないわけですよね。
(飯田浩司氏「う…ん」)
だけど憲法がある事によって国が…守れないという事になるんだったらば
その前提からして考えなおさなきゃいけない
というのが普通の考え方だと思いますし…」


※参考…今安保法制の国会での議論でも…
そして多くのテレビ報道でも一番ぬけているのはこの部分

2015年5月24日「そこまで言って委員会NP」

そこまで言って委員会NPB 030
宮家邦彦氏
「小池さんの話ちょっと聞かせて下さい
さっきの話はね、日本が、外に出て行ってきてって…戦争しなかったからよかった…
それはね、日本が戦争するかしないかの話です。

しかし戦争ってのはそうやって起こるわけじゃないんです必ずしも。
私、バクダットにもいたし、イラクにいたし、中東にいたから分かるけども
とんでもない奴が戦争を始める場合がある。
攻めてくるヤツが…人殺しする奴がいるんです

それを、どうやって防ぐかっていう事を考えなきゃいけない
その時には当然、抑止をしなきゃいけないんです。
ですから、憲法の9条があるから日本が平和だったんじゃありません。
私は正しい…同盟国を見つけて
そして最も安上がりな形で、潜在的な脅威を抑止したからこそ…平和が保たれた
。」



アイオワ b
戦争はこちらが望まなくとも相手の都合でも起こりうる

旧ソ連の満州・千島・樺太侵攻の悲劇

ソ連による日ソ中立条約を破棄しての侵攻

2010年11月15日放送「ビートたけしのTVタックル」

ソ連対日参戦 - Wikipedia
ソ連対日参戦

ソ連対日参戦(ソれんたいにちさんせん)とは、満州国において1945年8月9日未明に開始された、日本の関東軍と極東ソビエト連邦軍との間で行われた満州・北朝鮮における一連の作戦・戦闘と、日本の第五方面軍とソ連の極東ソビエト連邦軍との間で行われた南樺太・千島列島における一連の作戦・戦闘。

日本の防衛省防衛研究所戦史部ではこの一連の戦闘を「対ソ防衛戦」と呼んでいるが、ソ連では主戦場が満州であったこともあり、8月の嵐作戦、日ソ戦争または満洲の戦いと呼ばれることが多い[要出典]。ここでは日本の歴史教科書でも一般的に用いられている「ソ連対日参戦」を使用する。英語ではSoviet invasion of Manchuria、ロシア語ではМанчжурская стратегическая наступательная операцияと呼ばれている。



池上彰の戦争を考えるSP 第5弾 1_2 03

池上彰の戦争を考えるSP 第5弾 1_2 05 「九人の乙女の像」北海道稚内にある、樺太真岡郵便電信局事件で自決した9人の電話交換手の慰霊碑
九人の乙女の像 - Wikipedia
九人の乙女の像(くにんのおとめのぞう)は、北海道稚内市の稚内公園内にある、1945年8月20日樺太真岡郡真岡町で起きた真岡郵便電信局事件で自決した9人の電話交換手の慰霊碑である。



憲法はその国の国家権力を縛るものであって
日本国憲法は日本政府を縛る事はあっても
日本に侵略的意図を持つ他国を縛るものではない
そして戦争は先の大戦末期の旧ソ連の満州・千島樺太侵攻のように他国からもたらされる時がある
9条があれば守られる…平和だ…的な論は幻想に過ぎない




飯田浩司氏
「う…ん」

有本香さん
「それからもう一つその…この一連の議論の中で出てきたのはね
(飯田浩司氏「はい」)
自衛隊のリスクが増すという話があるじゃないですか?
(飯田浩司氏「ええ…」)
自衛隊のリスクを一番高める…やり方は何かと言ったら自衛隊員の手足を縛るって事ですよね。」

飯田浩司氏
「う…んん、まさに今やっている「あれはやっていいけど」「あれは駄目…」

自衛隊の現状…

自衛官に認められた武器使用規定
http://www.asagumo-news.com/techou-pc2014/bukishiyou/bukishiyou2013.html


※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい

自衛官に認められた武器使用規定 (朝雲新聞社)



有本香さん
これは駄目よみたいな…ね
それを…その敵に教えてどうするみたいな話なんで
(飯田浩司氏「はい」)
ま本来であればそのよく言われるんですけど
世界中の軍隊がそうであるようにネガティブリスト

(飯田浩司氏「う…ん」)
やっちゃいけない事だけを最低限決めて、後はまあフリーハンドにするという事がまあ軍隊の常識なんだけど
まあ自衛隊は軍じゃないって、またここで不思議なね…」

2013-07.29 TACKLE 09

2013-07.29 TACKLE 08


飯田浩司氏
そこに戻ってくるわけですよね…
(有本香さん「ねえ、そうなんですよ」)
憲法9条第2項に戻ってくるわけですよ。

有本香さん
今まで散々そうやって解釈でもって…あの矛盾に満ちた事でもまあやってきたっていう歴史があるんだけど
ここに来てまたその合憲か違憲かって事で延々やるんですかねえ…っていう
(飯田浩司氏「う…ん」)
なんとなくやりきれない思いがしますね…。

飯田浩司氏
「は…い」










今、集団的自衛権や憲法9条の改正に反対している人は一体どうやって日本を守っていく…守るべきなのかちゃんと考えているのだろうか?
憲法前文よろしく「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して…」なんて言ったり…

日本国憲法 前文一部抜粋 「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して…」

日本さえ軍を持たず戦争しなければ平和だ…なんて言ったり…

5月19日 たかじんのそこまで言って委員会 D 憲法9条
(憲法が縛るのは日本だけで侵略国は縛らない)

ましてや、集団的自衛権さえ認めなければ戦争起こらないと思っているんじゃないだろうか?

<以下参照>
韓国やフィリピンの憲法にも戦争放棄の規定がある!各国憲法との比較から「集団的自衛権」を考える
「ニュースの深層」 現代ビジネス [講談社]
2014年04月28日(月) 高橋 洋一(4/5)
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39129?page=4

日韓比の憲法・安全保障比較

日本、韓国、フィリピンともに似たような戦争放棄の規定になっている。そして、米国との安全保障条約も似ている。

日米安保条約の前文に「両国が国際連合憲章に定める個別的又は集団的自衛の固有の権利を有していることを確認」とあるように、いずれの国でも集団的自衛権があることを前提として書かれている。ただし、どの国でも、「自国の憲法上の手続」に従うことが明記されている。

日本、韓国、フィリピンのどの憲法にも、戦争放棄が書かれている。ただし、日本だけが、「憲法の制約によって集団的自衛権を有しているが行使することはできない」と国内で言い続けてきた。これは、とても国際社会では考えられないことだ。似たような憲法を持つ韓国やフィリピンではそうした議論はない。

「戦争巻き込まれ」に説得力はない

ドイツやイタリアなどにも戦争放棄の規定がある。しかし、集団的自衛権を行使できないという話は聞いたことがない。親密な関係の「他人」のために正当防衛を主張しないということになって、まともな人とは扱わないからだ。

なお、集団的自衛権に与すると、戦争に巻き込まれるという批判がある。しかし集団的自衛権を否定するような国家のほうが、どこからも見捨てられて、戦争に巻き込まれる可能性は高いだろう。少なくとも、戦後では「戦争巻き込まれ」の説得力は少ない。


<参照終わり>

20140504083316798s_20150517060501aa2.png
 フィリピンでは猛烈な反米運動を受けて、1991年に米軍基地が撤退した。この直後、中国軍はフィリピンが領有権を主張していた南シナ海・ミスチーフ礁などを軍事占拠した。フィリピンでの反米運動は中国に近い華僑が中心になっていたという話もある。こうした歴史的事実を忘れてはならない。



憲法9条の解釈にはいろいろあるけれど

「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない
国の交戦権はこれを認めない。」


この部分だけを似非平和主義者や日本を狙う他国が都合よく解釈すると


無抵抗・平和主義
(日本だけが武器を…軍隊を持たなければ平和)
になるのである。


そして中国の毛沢東語録を見て見よう

たかじんNoマネー 20130216 (1)
たかじんNoマネー 20130216 (2)

たかじんNoマネー 20130216 (3)
毛沢東語録
「無抵抗は
我々には命取りになる

我々の目標は
敵に抵抗させないことだ



ここで日本国憲法9条をもう一度見て見よう。

2014-02.26 青山繁晴 水曜アンカー 提供:別寅かまぼこ 「なぜ中国・韓国は反日なのか」… 23 日本国憲法第9条

そして護憲論者のバイブル?的絵本、【戦争のつくり方】の最後の一説を見て見よう。

わたしたちは、未来をつくりだすことができます。

戦争をしない方法を、えらびとることも。

page31 



勘のいい人ならピーンと来るだろう
まさに毛沢東語録でいう


<参考動画>
2013-02.16 【速報版】 NOマネー
2013-02.16 【速報版】 NOマネー
http://www.dailymotion.com/video/xxjmyv_2013-02-16-yyy-noyyy_news
「我々の目標は敵に抵抗させないことだ



これに等しい事をこの9条は理想に掲げて(日本に足かせをして)いないだろうか?
護憲派のバイブル【戦争のつくりかた】の内容(護憲)はそれこそ毛沢東語録の「敵(日本)に抵抗させないこと」になっていないだろうか?







さくや(呆れ)
まんまこれ…

2015年6月7日放送「そこまで言って委員会NP」
そこまで言って委員会NP 20150607 019
長谷川幸洋氏
僕らはね、嫌(イヤ)だとか好きじゃないの。
現実がこうなっているって事をまず見るって事なの。

(宮崎哲弥氏「そういう事」)
(末延吉正氏「そう」)
あなた達は嫌(イヤ)だっていうわけ。
これが…僕はやっぱり左の方達の…根本的な間違いだと思う。」




2015-02.22 そこまで言って委員会

たかじん 20150222 13
長谷川幸洋氏
「そういうのをね、僕もう一言でこの頃言ってんだけどねえ…講演なんかで
『ひきこもり平和論』って言うんですよ。
“私だけが平和ならいい”
ひきこもり平和論
(田嶋陽子「…でしょ、武器を使って」)
日本は、ひきこもりはもう生きられないの。
(田嶋陽子「そんなことない」)
何故なら日本自身がもうグローバルな存在だから
且つ、グローバルな存在として日本は通商その他で利益を受けているわけ。
ところが世界の困難からは目を閉じて、自分達がひきこもってるっていうのは
一言で言えば
卑怯な国なの

(田嶋陽子「そんなことないですよ。})
私は卑怯な国であってはならないと思う。」



国際関係というのは、学校の教室内に似ている。国連という名の教師は無能で無力だ。恨み辛みを記した遺書でも残して自殺しない限り警察は来てくれないのだ。来てくれない以上、無いも同じである。従って、子どもは有力な友達をつくって群れなければ、いじめや無法から身を守れない。
(ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり -1接触編- P414より)





2015年7月12日放送「そこまで言って委員会NP」より

そこまで言って委員会NP 150712_1 45
ケビン・メア氏
「質問していいですか?
何で日本で…民主主義の手段ですから強行採決という言葉を使うんですか?
過半数があるから、3分の2持ってるから
なんで強行採決という言葉を使うの?


そこまで言って委員会NP 150712_1 46
辛坊治郎氏
「えぇ…おっしゃる通りです。
(会場笑い)
おっしゃる通りだけど、それは、それは…
なんでそういう事を言うかと言うと
今回の採決に反対している、例えば…例えばある新聞などが
「これは非常に悪い事をしてるというイメージ付のために」
一部のマスコミが、わざと使う
どういうところが使うかというと、東京新聞が特に
…(以下聞き取れず)」

 (会場笑い)

辛坊治郎氏
「ねえ長谷川さん。」

そこまで言って委員会NP 150712_1 47
長谷川幸洋氏
「その通りです。」




 権力や社会の動向を監視し、警鐘を鳴らす木鐸の役目を果たすことがジャーナリズムの存在意義であるとマスコミ人は主張する。確かに徹頭徹尾、傍観者に徹し、自分達も含めてすべてを批判する報道姿勢を貫くならば、社会にとって有益であると認めることもできる。だが近年のマスコミは、何が良いことで何が悪いことかを自分勝手に判断してそれを大衆に押し付けようとしている。『批判』の範囲を超え、政治的な意図を含ませた偏向報道を行って、自分に都合が良いように国民の意識を誘導しようとする姿をあからさまにし始めたのだ。
 
 このことは自分の意に反する主張をする立候補予定者の出自や近親者について、差別的とも言える報道を平然と行ったことから証明されるだろう。

 総理となった者の権力行使の仕方ではなく、漢字の読み間違いや、余暇時間の過ごし方といった嗜好、人格の部分を批判したこともその証左となる。

 つまり、マスコミがしていることは報道ではなく自分達にとって都合の良いムードを作り上げるための宣伝で、そしてその行動は不思議な事に日本を敵視し、批判する海外勢力や機関の活動とベクトルを一致させているのである。

(ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり -5冥門編- P358より)



安保法案へのアジア太平洋諸国の反応 ウェークアップ+ 20150718
安保法案へのアジア太平洋諸国の反応 
ウェークアップ+2015年7月18日放送

安保法案への反応



民間防衛 スイス政府編
(P232~233より一部引用)

外国の宣伝の力

 国民をして戦うことをあきらめさせれば、その抵抗を打ち破ることが出来る。
 軍は、飛行機、装甲車、訓練された軍隊を持っているが、こんなものはすべて役に立たないということを、一国の国民に納得させることができれば、火器の訓練を経ることなくして打ち破ることができる・・・。
 このことは、巧妙な宣伝の結果、可能となるのである。

 敗北主義-それは猫なで声で最も崇高な感情に訴える。-諸民族の間の協力、世界平和への献身、愛のある秩序の確立、相互扶助-
戦争、破壊、殺戮の恐怖・・・。

 そしてその結論は、時代遅れの軍事防衛は放棄しよう、ということになる。
 新聞は、崇高な人道的感情によって勇気づけられた記事を書き立てる。
 学校は、諸民族との間の友情を重んずべきことを教える。
 教会は、福音書の慈愛を説く。

 この宣伝は、最も尊ぶべき心の動きを利用して、最も陰険な意図のため役立たせる。

不意を打たれぬようにしよう

 このような敵の欺瞞行為をあばく必用がある。
 スイスは、征服の野心をいささかも抱いていない。何国をも攻撃しようとは思っていない。望んでいるのは平和である。
 しかしながら、世界の現状では、平和を守り続けるためには、また、他国に対する奉仕をしながら現在の状態を維持するためには、軍隊によって自国の安全を確保するほかないと、スイスは信ずる。

 近代兵器を備えた大国に立ち向かうことはわれわれにはできないという人々にたいしてわれわれは、こう答えよう。-経験は、その逆を証明している、と。



 『民間防衛』-スイス政府編
民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる (新書)
民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる





艦これ 赤城(ご飯:飛行甲板付)3空母資材等

大国だからと戦いを好めば必ず国を滅ぼします。平和だからと軍備を忘れれば危険にさらされます。天下を平定しても天子は春に兵を集めて秋に演習を行ない、諸侯も春は軍備を整え秋は演習を行なうのは戦いを忘れないからです。

※自国他国問わず人民を愛する姿勢を示す。戦争を好めば自ら滅ぶが軍備を忘れたらいずれ滅ぼされる。
兵法書 武経七書 司馬法 仁本篇









ヘリコプター護衛艦 DDH181 ひゅうが
■その他ニュースツイッター

さくや 2014 巫女 弓お祓い?
ツイッターで気になったものをいくつか紹介


海の守りは日本の存立にかかわる重要案件



防人の艦



叢雲 20150609
   叢雲
「ここからは政治とは関係ない気楽な紹介。」

三連休?知らない子ですね


ありがとう天龍!?

そういや台風12号って復活しましたね…


飛揚×⇒飛鷹…絵では間違えてなかったけどツイートで間違えた…というかうち間違い




戦艦大和 1945
★:注意とお願い★

 最近コメントをしていただけるのはありがたいのですが、コメントに名前を入れずに空欄でコメントされる方が多いです(ホストを確認すれば8割方は同一なのですが)
過去に何度かコメントしましたがコメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を(他人の振りをするのも含む)名乗る等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)
後、最近一言の感想、断りもなく、当ブログ、記事とは関係ない他のブログのコピペとURL貼り付けなど、非常に失礼な行為をされる方がいます。
しかも同一ホストで名前を変えて…

そうした行為はいかなる主張、内容であろうともお断りします。
見つけ次第削除等断固とした処置を取らせて頂きます。




※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

コメント欄・トラックバックをご利用される方は左のプロフィール下の【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】をご一読下さい。

<注意事項>

特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、口調が喧嘩腰、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもや
営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿など
宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど
管理人が不適切と判断した場合は基本的に削除します。
コメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を名乗る(他人の振りをするのも含む)等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)
悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。
違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。



尚、コメントは全て拝読させて頂いておりますが、当方の仕事の都合等でお返事出来ない時がありますので平にご容赦下さい。
※:書き起こしについては誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので引用される場合はご注意を。
※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※



アルファポリスWeb漫画セレクション(毎月30日更新)
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
長編 連載中 漫画:竿尾悟/原作:柳内たくみ
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第29話 P-9
炎龍編~
伊丹達は炎龍・・特地甲種害獣、通称『ドラゴン』にどう立ち向かうのか
テュカ、ヤオの運命は・・・
http://www.alphapolis.co.jp/manga/view_manga_opening.php?manga_sele_id=138000030


ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり(4) (アルファポリスCOMICS)ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり(4) (アルファポリスCOMICS)
(2014/04/20)
竿尾 悟、柳内たくみ 他

商品詳細を見る
新たな波乱?
帝国との講和交渉開始!
だが水面下で主戦派が動き出す!





提督SD
「仕事等の都合により毎日更新できない場合があります。
その時は平にご容赦を(涙)」


ランキング用



さくや20150623
次回のエントリーもよろしくお願いします!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして

出来れば非公開でコメントしたいのですが
非公開コメントは受け付けていませんか?

Re: 初めまして

葵さんこんばんは。

> 出来れば非公開でコメントしたいのですが
> 非公開コメントは受け付けていませんか?

申し訳ありません。
原則的にコメント欄で現在は非公開コメントは受け付けていません。
どうしてもという場合は拍手の方のコメントにお願いします。
国 旗
japa001m.gif
鎮守府訪問者数
閲覧者数: 現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
気象:天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

銀時

Author:銀時
リアルにおいて陸上自衛隊に入り現在予備自であるのになぜか
某ゲームにおいて某鎮守府提督に就任
自慢は現在のところ自艦隊から一隻も轟沈が出ていないこと。
日本とアニメと漫画をこよなく愛する
マダオ(まるでダメなオッサン)

基本政治関係を書いてますがたまにアニメや漫画
の絵?(最近はGIF)なんか書いたりしてます。

基本ぐだぐだなので
まったりと?いきたいので
宜しくお願いします!

好きなアニメ・漫画は

『銀魂』「信長協奏曲」「宇宙戦艦ヤマト2199」等…

旧「銀色の侍魂」管理人
ブログ名称変更に「艦これ」と「アルペジオ」のコラボイベントに感化されたとかされないとか・・・

※※※ ※※※ ※※※ 【twitter】
秘書官(さくや)
さくや(冬)
今日の運勢
鎮守府神社掲示板
鎮守府掲示板(リンク集)
Amazon 検索

民主党 外国人参政権 人権擁護法案 小沢 竹島 鳩山 夫婦別姓 長崎 拉致問題 人権侵害救済法案 主権 チベット 国連 人種差別撤廃委員会 青山繁晴 櫻井よしこ すぎやまこういち メディアパトロールジャパン 朝鮮学校 川上 恫喝 脱税 検察 日教組 個所付け 麻生 安倍 韓国 西村幸祐 子供手当 特捜部 石平 そらのおとしもの イカロス エリザベス 桂小太郎 志村新八 定春 ニンフ アストレア 戦艦 大和 御坂美琴 インデックス とある魔術の禁書目録 上条当麻 神楽 坂田銀時 張景子 三宅久之 TVタックル 参政権  MPJ 長島昭久 高市早苗 外国人住民基本法 銀魂 穀田恵二 小川敏夫 山際澄夫 自衛隊 

コメント欄等の注意事項
コメント欄・トラックバックをご利用される方はご一読下さい。 【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】 (1)特定の個人を誹謗中傷する投稿とそれに類する投稿。 (2)特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもの。 (3)営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿 (4)営利目的等でなくとも単なる広告や宣伝に終始する投稿   (集会や署名のお知らせ等はOKですが、複数スレに渡ってのマルチ等、目に余るものは削除対象です) (5)その他、管理人や特定の個人にとって不利益となる投稿   (自分または他人の住所、電話番号、家族構成等、個人情報に類する投稿) (6)宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど。 但し、日本神道や仏教等日本古来の文化伝統に息づくものは除外。 (これらの名を語る管理人が怪しいと感じたものは削除対象) (7)その他、管理人が不適切と判断する投稿 上記投稿と管理人が判断した場合は基本的に削除します。 悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。 違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。
ランキング
アンケート
鎮守府司令部前掲示板
竹島も尖閣諸島も対馬も北方領土も日本列島とその他の島々も日本領!
軍艦旗
japa002m.gif
河野談話作成過程検証報告書
平成26年 官房長官記者会見 記者会見 首相官邸HP http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201406/20_p.html  首相官邸HP 河野談話の作成過程検証報告書(PDF) http://www.kantei.go.jp/jp/kakugikettei/2014/__icsFiles/afieldfile/2014/06/20/20140620houkokusho_2.pdf 外務省HP【英語版】 河野談話の作成過程検証報告書(PDF) http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000042169.pdf
竹島プロジェクト2016
竹島は間違いなく、日本の領土だ! 竹島プロジェクト2016 C2 「島根県 Web竹島問題研究所 かえれ島と海」へリンク。
< 参 考 > ぼやきくっくり 竹島プロジェクト2016 ブログ参加概要(推 奨): ブログやホームページに竹島の画像、イラスト、文字等を配置し、互いにリンクする。 島根県Web竹島問題研究所へのリンクをはり、2/22竹島の日のアピールに勤めます。
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
Amazon商品一覧
くまみこ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)  
くまみこ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)



ぎんぎつね 10 (ヤングジャンプコミックス) 
ぎんぎつね 10 (ヤングジャンプコミックス)



艦隊これくしょん ‐艦これ‐ side:金剛 (1) 限定版 (カドカワコミックス・エース) 
艦隊これくしょん ‐艦これ‐ side:金剛 (1) 限定版 (カドカワコミックス・エース)



銀魂―ぎんたま― 54 (ジャンプコミックス) 
銀魂―ぎんたま― 54 (ジャンプコミックス)



風雲児たち 幕末編 23 (SPコミックス) 
風雲児たち 幕末編 23 (SPコミックス)



Amazon商品一覧(2)
Amazon商品一覧(3)
ねんどろいどぷち 艦隊これくしょん -艦これ- 6個入りBOX 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいどぷち 艦これ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済みトレーディング可動フィギュア 6個入りBOX) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 赤城 (ノンスケール ABSPVC 塗装済み可動フィギュア)02 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 赤城 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 加賀 (ノンスケール ABSPVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 加賀 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 金剛 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 金剛 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 比叡 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 比叡 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 榛名 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 榛名 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 霧島 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 霧島 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 熊野 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 熊野 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 鈴谷 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 鈴谷 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 北上 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 北上 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 大井 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 大井 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん ~艦これ~ ねんどろいど 島風 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん ~艦これ~ ねんどろいど 島風 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 天津風 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 天津風 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 伊401 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 伊401 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

日本を守ろう

民主党 外国人参政権 人権擁護法案 小沢 竹島 鳩山 夫婦別姓 長崎 拉致問題 人権侵害救済法案 主権 チベット 国連 人種差別撤廃委員会 青山繁晴 櫻井よしこ すぎやまこういち メディアパトロールジャパン 朝鮮学校 川上 恫喝 脱税 検察 日教組 個所付け 麻生 安倍 韓国 西村幸祐 子供手当 特捜部 石平 そらのおとしもの イカロス エリザベス 桂小太郎 志村新八 定春 ニンフ アストレア 戦艦 大和 御坂美琴 インデックス とある魔術の禁書目録 上条当麻 神楽 坂田銀時 張景子 三宅久之 TVタックル 参政権  MPJ 長島昭久 高市早苗 外国人住民基本法 銀魂 穀田恵二 小川敏夫 山際澄夫 自衛隊 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。