スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「永遠の0」を痛烈批判した井筒監督 「見た後で自分の記憶から消したくなった」…「特攻隊を美化している」に原作者の百田尚樹氏も「記憶ゼロにして何も喋るな」。繰り返される左派系からの「戦争賛美」のレッテル…彼らに読解力・現状認識能力はないのか?


よかったら応援クリックお願いします。

ランキング用








映画「永遠の0」の原作者である百田尚樹氏が上記のような反応になるのも無理もない
また一方的な決めつけのような「戦争賛美」などと批判を浴びせられれば誰しもが百田氏に近い反応を示すのではないだろうか?


<以下参照>
映画「永遠の0」を痛烈批判した井筒監督 「見た後で自分の記憶から消したくなった」
2014/1/21 18:03 J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/2014/01/21194669.html?p=all

上映中の映画「永遠の0」の勢いが止まらない。観客動員数は370万人を突破し、封切後4週連続でランキング首位と好調をキープしている。

この作品に対して「見たことを記憶から消したくなった」と痛烈批判したのが、映画監督の井筒和幸氏だ。何とも辛口のコメントに、原作者の百田尚樹氏もすぐさま反発してみせた。

「特攻隊を美化している」「記憶ゼロにして何も喋るな」



映画「永遠の0」公式サイトより
映画「永遠の0」公式サイトより

「井筒節」がさく裂したのは、2014年1月16日深夜に放送されたラジオ番組でのこと。共にパーソナリティーを務めるマツコ・デラックスさんらとの映画談議の際に、「見たことを記憶から消したくなる映画」として名指ししたのが「永遠の0」だったのだ。

「特攻隊を美談にしている」と主張。加えて、岡田准一さんが演じる主人公は「生きたい」と考えていたのに特攻隊に志願して戦闘機に乗り込む筋書きを不自然と感じ、「そんなわけない」と語気を強めた。さらに「(実際に特攻隊に)行かない人は何人もいた。それでも『どうしても行かなきゃしょうがなかった』という空気があったという証言はよく語られる……そういう証言に基づく本当の話なら別やけど」と続けた。これに対して「永遠の0」はつくられたストーリーで「ありえない設定」、しかも特攻隊を美化していると監督の目には映ったようだ。

この発言を複数のインターネットニュースが報じると、原作者の百田氏は1月20日にツイッターで、記事を引用しながら「なら、そのまま記憶をゼロにして、何も喋るなよ」と井筒監督に反撃している。「戦争賛美」という批判は以前にも寄せられていて、2013年8月17日付のツイッターではこう断言していた。

「私は『永遠の0』で特攻を断固否定した。多くの特攻隊員に慕われていると言われている大西瀧治郎中将さえも批判した。それなのに一部の粘着する連中から『百田尚樹は特攻を賛美して肯定する軍国主義者とだ(注:原文ママ)』と執拗に非難される。多くは本を読んでない人だが中には読んだと言う者もいるから唖然とする

また2013年12月20日付の日本経済新聞電子版のインタビュー記事では、「主人公にあえて『臆病者』『海軍の恥さらし』と言われる人物を選んだのは、小説で『生きる』ということを描きたかったからです」と説明していた。当時の航空兵は戦死率が高く、そこで「とにかく生きて帰る」というキャラクターを据えることで「生きる」ことを問えるのではと考えたそうだ。

俳優から「アホだと思う」と言われたことも

もっとも井筒監督の映画作品に対する「辛らつコメント」は、今回だけではない。2007年5月、当時東京都知事だった石原慎太郎氏が製作総指揮した映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」が公開された。これも特攻隊員を描いた作品だったが、井筒監督は「戦争の美化」と批判していた。これに怒った主演俳優の窪塚洋介さんが、「この映画を見て戦争賛美だというヤツはアホだと思う」と猛反発している。

「永遠の0」原作、映画ともこれまで繰り返し非難を浴びてきた。2013年6月18日付の朝日新聞では、作家の石田衣良氏の言葉を借りて「右傾エンタメ」と評し、「骨太な愛国エンタメ」と位置付けた。アニメーション映画監督の宮崎駿氏からは、固有名詞こそ出していないが「嘘八百を書いた架空戦記をもとにして、零戦の物語を作ろうとしているんです。神話の捏造をまだ続けようとしている」と指摘された。

井筒監督の場合は、「永遠の0」に限らず他の映画もバッサリ切っており、辛口トークは「持ち芸」とすら思えるが、何度否定しても繰り返される「戦争賛美」のレッテルをまた張られたことに百田氏もうんざりしつつ、見過ごせなかったのだろう。


<参照終わり>


12月21日より公開、映画 『永遠の0』

零戦52型爆
それぞれ感じるものは違えども・・

映画 『永遠の0』 予告編 90秒
映画 『永遠の0』 予告編 90秒
http://youtu.be/6G1OHLyMY7U永遠の0
http://www.eienno-zero.jp/

アミューズ オフィシャルウェブサイト
http://www.amuse.co.jp/




まあこの「永遠の0」に対する自分の感想についていえば
原作からいくつか端折っている部分はあったけれど
映画の訴えかける内容、ストーリーは基本的同じな部分が多くよかったと思う
ましてや上記の井筒某とかいう監督のいう「戦争賛美」などというものは自分はまるで感じなかった。

まあただ残念なところを一つだけ挙げると
原作でのマスコミ批判の部分がカットされていたところぐらいだろうか…


<参考過去記事>

映画:永遠の0視聴…マスコミ・メディア批判の部分がすっぽり抜けていたのは何故?【防衛力強化…軍備は悪か?】海自最大の護衛艦「いずも」、どう見ても空母なのでは…(朝日新聞)【台湾の慰霊の心…日本軍艦】台湾・高雄に日本の「軍艦」祭る新堂完成 日本統治時代の軍港、今も追悼供養。【都知事選…神に近い新聞】北國新聞…「脱原発」都知事の仕事とは直接関係のない争点、都知事選を事実上の国政選挙にしてしまう手法は歓迎できない。
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-2332.html





自分としては、もし映画を見て、原作を見ていないと言う方がおられたら是非原作を読むことをお勧めする。

永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る

内容紹介
「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、1つの謎が浮かんでくるーー。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。

著者からのコメント
この小説のテーマは「約束」です。
言葉も愛も、現代(いま)よりずっと重たかった時代の物語です。



活字が苦手と言うのならコミック版もあるのでそちらも・・・

※↓コミック第2巻

永遠の0(2) (アクションコミックス)永遠の0(2) (アクションコミックス)
(2010/11/27)
画:須本 壮一・作:百田 尚樹

商品詳細を見る



まあ、映画もそうだが
原作を読めば、「永遠の0」が彼ら左寄り著名人?らのいう「戦争賛美」や「零戦神話」の作品でないのは明らかなのだが…


<一部抜粋>

 そこで宮部小隊長はちらと周囲を見ました。誰もいないのを確かめてから、言いました。
「今、その類い稀なる能力が自分たちを苦しめている五百六十浬を飛んで、そこで戦い、また五百六十浬を飛んで帰る。こんな恐ろしい作戦が立てられるのも、零戦にそれほどの能力があるからだ
 小隊長の言いたい事がわかりました。
八時間も飛べる飛行機は素晴らしいものだと思う。しかしそこにはそれを操る搭乗員のことが考えられていない。八時間もの間、搭乗員は一時も油断はできない。我々は民間航空の操縦士ではない。いつ敵が襲いかかってくるか分からない戦場で八時間の飛行は体力の限界を超えている。自分たちは機械じゃない。生身の人間だ。八時間も飛べる飛行機を作った人は、この飛行機に人間が乗ることを想定していたんだろうか
(永遠の0 第五章 ガダルカナル P242~243より)



「永遠の0」に出てくる高山なる新聞記者の発言

私は特攻はテロだと思っています。あえて言うなら、特攻隊員は一種のテロリストだったのです。それは彼らの残した遺書を読めばわかります。彼らは国のために命を捨てることを嘆くよりも、むしろ誇りに思っていたのです。国のために尽くし、国のために散ることを。そこには一種のヒロイズムさえ読みとれました。
(永遠の0 第九章カミカゼアタック P420より)



「永遠の0」登場人物の元特攻隊搭乗員

「空母は恐ろしい殺戮兵器だった。我々が攻撃したのは、そんな最強の殺戮兵器だ。
しかも特攻隊員達は性能の劣る航空機に重い爆弾をくくりつけ、少ない護衛戦闘機しか付けてもらえずに出撃したのだ。何倍もの敵戦闘機に攻撃され、それをくぐり抜けた後は凄まじい対空砲火を浴びたのだ。無防備の貿易センタービルに突っ込んだ奴らとは断じて同じではない!

(永遠の0 第九章カミカゼアタック P423より)



「永遠の0」登場人物の元特攻隊搭乗員

戦後多くの新聞が、国民に愛国心を捨てさせるような論陣を張った。まるで国を愛することが罪であるかのように。一見、戦前の逆のことを行っているように見えるが、自らを正義と信じ、愚かな国民に教えてやろうという姿勢は全く同じだ。その結果はどうだ。今日、この国ほど、自らの国を軽蔑し、近隣諸国におもねる売国奴的な政治家や文化人を生み出した国はない。
(永遠の0 第九章カミカゼアタック P425より)


<抜粋終わり>

それにしてもこの「永遠の0」を批判する著名人?映画関係の人間やらでてくるが
どうしてこうも左に寄った思想の方々ばかりなのだろうか?



<参考過去記事>

宮崎駿「永遠の0」を嘘八百と批判!? 百田尚樹も「おこ」で零戦戦争勃発か…「永遠の0」は『零戦で誇りを持とう』『零戦神話』『戦争賛美』なのか?原作者が左派系ならマスコミにもてはやされ右派・保守系なら叩かれる…「ビジネスジャーナル」の記者も宮崎駿氏も「永遠の0」を読んだ事があるのだろうか?
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-2196.html





「左翼にあらずんば映画人にあらずと言った時代に
左翼映画人によって娯楽映画は衰退した」


津川雅彦氏がこう・・映画人に左翼が多いと言っていたけど


2013年11月10日そこまで言って委員会 2
2013年11月10日そこまで言って委員会 2
http://www.dailymotion.com/video/x170skf_2013%E5%・・



今回「永遠の0」を「戦争賛美」と決めつけて批判する井筒和幸氏…
まさにこの方もその典型なんだろうな・・・
井筒氏の作品もそうだが、特に政治的な主張などを見ると…



井筒和幸 - Wikipedia
井筒和幸 - Wikipedia 政治・歴史的主張
井筒和幸 - Wikipedia 映画批評における発言・出来事等



上記の政治的な主張の中の在日韓国・朝鮮人の強制連行云々
強制連行されてきた者の子孫云々
については殆どが虚実であることが…
大半が自由意思で日本にいる事が明らかなのに上記のような主張である。



■強制連行の嘘と特別永住者


<以下参考>
強制連行は 嘘だった!! 民主党が隠したい真実 【日本再生】

http://youtu.be/Z2Iio0bhtdI

3、すなわち現在登録されている在日朝鮮人の総数は約61万であるが、最近、関係省の当局において、外国人登録票について、いちいち渡来の事情を調査した結果、右のうち戦時中に徴用労務者としてきたものは245人にすぎないことが明らかとなつた。
 そして、前述のとおり、終戦後、日本政府としては帰国を希望する朝鮮人には常時帰国の途を開き、現に帰国した者が多数ある次第であつて、現在日本に居住している者は、前記245人を含みみな自分の自由意志によつて日本に留まつた者また日本生れのものである。
 したがつて現在日本政府が本人の意志に反して日本に留めているような朝鮮人は犯罪者を除き1名もない。


※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい


「在日朝鮮人の渡来および引揚げに関する経緯、とくに戦時中の徴用労務者について」という外務省資料 -
早苗コラム 衆議院議員 高市早苗(たかいちさなえ)
http://sanae.gr.jp/column_details415.html

2010年04月02日

「在日朝鮮人の渡来および引揚げに関する経緯、とくに戦時中の徴用労務者について」という外務省資料

 3月10日の衆議院外務委員会で質疑に立った私が席上配布した資料について、翌日の産経新聞朝刊で報道されたことから、「全文を読みたい」というお問い合わせを多く戴きました。

 ご希望の方には郵送でお届けしておりましたが、このコーナーを活用して資料の全文を掲載することと致します。

 その資料とは、「在日朝鮮人の渡来および引揚げに関する経緯、とくに、戦時中の徴用労務者について」(記事資料 昭和34年7月11日:昭和35年2月外務省発表集第10号より抜粋)というもので、昭和34年に外務省が作成し、発表したものです。

 過去にネット上で話題になったことがありましたが、私自身は存在を確認したことがありませんでしたので、以前から外務省に「資料が存在するのならば、全文を読みたいので探して欲しい」とお願いしてありました。
 3月に入ってから外務省の方が「古い資料ですから埃をかぶっていましたが、やっと発見しました」と言って、届けて下さいました。


 鳩山内閣には、「日韓併合条約によって戦時徴用された朝鮮人が、戦後も日本に残ったものの、サンフランシスコ講話条約によって日本国籍を失った(当然、選挙権も喪失した)」という理由をもって、外国人への参政権付与が必要だと主張しておられる閣僚が複数おられます。
 鳩山総理大臣も、「今年が日韓併合100年のタイミング」であることをもって、外国人参政権実現を期する旨の発言をされています。

 そうなると、外国人への参政権付与の是非を議論する際には、「歴史的経緯の有無を参政権付与対象者の決定要件とするのかどうか」が論点となり、仮に歴史的経緯を有する外国人に限定して参政権を付与する場合には、戦時徴用された朝鮮人の正確な数や戦後も日本に残った事情などが、重要な判断材料となります。

 私が外務省にお願いして古い政府資料を探していただいた理由は、ここにありました。

 以下、全文を掲載します。

(注1)原文は縦書きですので、実際の数字表記は漢数字です(このコーナーは横書きですので、算用数字に変換しました)。
(注2)「あった」は「あつた」というように、当時の仮名使いのまま掲載しました。
(注3)句読点と送り仮名は、原文のままです。



「在日朝鮮人の渡来および引揚げに関する経緯、とくに、戦時中の徴用労務者について」(記事資料 昭和34年7月11日/ 昭和35年2月外務省発表集第10号より抜粋)

1、第二次大戦中内地に渡来した朝鮮人、したがつてまた、現在日本に居住している朝鮮人の大部分は、日本政府が強制的に労働させるためにつれてきたものであるというような誤解や中傷が世間の一部に行われているが、右は事実に反する。
  実情は次のとおりである。


 1939年末現在日本内地に居住していた朝鮮人の総数は約100万人であつたが、1945年終戦直前にはその数は約200万人に達していた。

 そして、この間に増加した約100万人のうち、約70万人は自から内地に職を求めてきた個別渡航と出生による自然増加によるのであり、残りの30万人の大部分は工鉱業、土木事業等による募集に応じて自由契約にもとづき内地に渡来したものであり、国民徴用令により導入されたいわゆる徴用労務者の数はごく少部分である。
 しかしてかれらに対しては、当時、所定の賃金等が支払われている。

 
 元来国民徴用令は朝鮮人(当時はもちろん日本国民であつた)のみに限らず、日本国民全般を対象としたものであり、日本内地ではすでに1939年7月に施行されたが、朝鮮への適用は、できる限り差し控え、ようやく1944年9月に至つて、はじめて、朝鮮から内地へ送り出される労務者について実施された。

 かくていわゆる朝鮮人徴用労務者が導入されたのは1944年9月から1945年3月(1945年3月以後は関釜間の通常運航が杜絶したためその導入は事実上困難となつた)までの短期間であつた。

2、終戦後、在日朝鮮人の約75%が朝鮮に引揚げたが、その帰還状況を段階的にみると次のとおりである。

(1)まず1945年8月から1946年3月までの間に、帰国を希望する朝鮮人は、日本政府の配船によつて、約90万人、個別的引揚げで約50万人合計約140万人が朝鮮へ引揚げた。
右引揚げにあたつては、復員軍人、軍属および動員労務者等は特に優先的便宜が与えられた。

(2)ついで日本政府は連合国最高司令官の指令に基づき1946年3月には残留朝鮮人全員約65万人について帰還希望者の有無を調査し、その結果、帰還希望者は約50万人ということであつたが、実際に朝鮮へ引揚げたものはその約16%、約8万人にすぎず、残余のものは自から日本に残る途をえらんだ。

(3)なお、1946年3月の米ソ協定に基づき、1947年3月連合国最高司令官の指令により、北鮮引揚計画がたてられ、約1万人が申し込んだが、実際に北鮮へ帰還したものは350人にすぎなかつた。

(4)朝鮮戦争中は朝鮮の南北いずれの地域への帰還も行わなかつたが、休戦成立後南鮮へは常時便船があるようになつたので、1958年末までに数千人が南鮮へ引揚げた。 
 北鮮へは直接の便船は依然としてないが、香港経由等で数十人が、自からの費用で、便船を見つけて、北鮮へ引揚げたのではないかと思われる。
 こうして朝鮮へ引揚げずに、自からの意思で日本に残つたものの大部分は早くから日本に来住して生活基盤を築いていた者であつた。戦時中に渡来した労務者や復員軍人、軍属などは日本内地になじみが少ないだけに、終戦後日本に残つたものは極めて少数である。

3、すなわち現在登録されている在日朝鮮人の総数は約61万であるが、最近、関係省の当局において、外国人登録票について、いちいち渡来の事情を調査した結果、右のうち戦時中に徴用労務者としてきたものは245人にすぎないことが明らかとなつた。
 そして、前述のとおり、終戦後、日本政府としては帰国を希望する朝鮮人には常時帰国の途を開き、現に帰国した者が多数ある次第であつて、現在日本に居住している者は、前記245人を含みみな自分の自由意志によつて日本に留まつた者また日本生れのものである。
 したがつて現在日本政府が本人の意志に反して日本に留めているような朝鮮人は犯罪者を除き1名もない。



 【在日朝鮮人の来住特別内訳表】

登録在日朝鮮人数

611,085人

《内訳》

(1) 所在不明のもの

13,898人

(1956年8月1日以降登録未切替)

(2) 居住地の明らかなもの

597,187人(100%)


・・・(2)の内訳・・・

(A) 終戦前からの在留者

388,359人(65・0%)

  うちわけ

(イ)1939年8月以前に来住したもの

107,996人(18・1%)

(ロ)1838年9月1日から1945年8月15日までの間に来住したもの

35,016人(5・8%)

(ハ)来住時不明のもの

72,036人(12・1%)

(ニ)終戦前の日本生れ

173,311人(29・0%)

(B) 終戦後の日本生れおよび入国者

208,828人(35・0%)



 最後に、「この資料の位置付け」について、書いておきたいと思います。
 外務省および国立国会図書館に確認をしたところ、次のような回答でした。

 この「外務省発表集」は、昭和35年の上半期からは「外務省公表資料集」と合併して「外務省公表集」と呼ばれるようになりました。
 当時の発行元は、外務省情報文化局でした。

 昭和59年からは、発行元が外務省大臣官房報道課に移り、現在は「プレスリリース」と呼ばれています。

 この資料の表題横には「記事資料」と書いてありますが、これは、外務省としての正式発表のうち、「外務報道官としての公式見解等を表明する場合」及び「外務省より正式発表を行うもの」という位置付けだそうです。

 もしも、この外務省発表資料の記載が正しければ、いわゆる「強制連行」なる事実はなく、「同じ日本国民としての戦時徴用」と呼ぶべきだということになります。
 日本政府が、特に戦時徴用者を優先して、韓国への帰還支援を行っていたということも示されています。

 また、「戦時中に徴用労務者として日本内地に来られて、戦後も日本に残留された在日韓国人数」は昭和34年時点で245人のみとなっており、「強制連行」を根拠に、現在では46万9415人も居られる在日永住韓国人に参政権を付与しようとする原口総務大臣などの主張は筋が通らないということにもなります。




特別永住者 - Wikipedia 

特別永住者(とくべつえいじゅうしゃ)とは、平成3年(1991年)11月1日に施行された日本の法律「日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法」により定められた在留の資格のこと、または当該資格を有する者をいう。あくまで認定された資格であり、永住権との呼称は完全な錯誤である。

米国戦艦ミズーリ艦上での日本の降伏文書調印日(昭和20年(1945年)9月2日)以前から引き続き日本内地に居住している平和条約国籍離脱者(朝鮮人及び台湾人)とその子孫を対象としているが、実際には朝鮮、韓国系の特別永住者には戦後の密航者も多く含まれる特別永住者の実際参照)。
特別永住者 - Wikipedia 特別永住者の実際




【朝鮮進駐軍】~あの団体の正体
【朝鮮進駐軍】~あの団体の正体
http://youtu.be/bAjM7fw1Ais

過去の生活保護受給を求め争乱

長田区役所襲撃事件
1950年、長田区役所襲撃事件(主に在日朝鮮人を中心とした外国人による生活保護費受給を求める騒乱事件)

1951年、下里村役場集団恐喝事件(主に在日朝鮮人を中心とした外国人による生活保護費受給を求める騒乱事件)

1952年、万来町事件(主に在日朝鮮人を中心とした外国人による生活保護費の増額を求める騒乱事件)



※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい

<参考過去記事>

NHKスペシャルの止まらない在日韓国・朝鮮人擁護の在日史観、反日史観のみの反日放送
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-599.html


阪神教育闘争

阪神教育事件 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%AA%E7%A5%9E%E6%95%99%E8%82%B2%E4%BA%8B%E4%BB%B6

阪神教育事件(はんしんきょういくじけん)は、昭和23年(1948年)4月14日から同年4月26日にかけて大阪府と兵庫県で発生した在日朝鮮人と日本共産党による民族教育闘争、騒乱事件。阪神教育闘争とも呼ばれる。GHQは、戦後唯一の非常事態宣言を布告した。



詳しい内容は上記に譲るとして、どうも日本共産党が深く関わり、尚かつ天皇制廃止など訴える日本の、日本人にとり大切な天皇陛下に関わる危険な思想のもと動いていたようで。
またその手段はデモと言うよりは暴動と言った方が正しいと思えるぐらいムチャクチャしています。
つまりGHQや武装警察が出てきて鎮圧するにはちゃんと理由があったし、不幸にして犠牲者が出てしまったが、それは仕方がない、自業自得としか言いようがない。
在日が好き勝手やった歴史、朝鮮進駐軍などの横暴はここまで一切スルーというまさに在日史観で続きます。

-中略-

2010/07/25 21:00~21:55 の放送内容 NHK総合
NHKスペシャル プロジェクトJAPAN シリーズ日本と朝鮮半島 第4回
RIMG1084.jpg
「日本政府は朝鮮人の植民地支配への反発を恐れ警戒していました。
治安を担当していた司法省刑事局の部外秘資料です」

RIMG1085.jpg

RIMG1087.jpg

「終戦を契機として 戦勝意識 治外法権的錯覚を持って
従来の被圧迫感に対する反動なるがごとく」


RIMG1088.jpg
各種の不法行為にい出足る。」

<引用終わり>


RIMG1091.jpg

RIMG1092.jpg
また、アイケルバーカー曰く「危険なコリアンは56万人」・・・
56万人と言うことは殆どの在日が危険だったと言うこと・・・
GHQも危険だと認識していた証左 です。


RIMG1093.jpg

RIMG1094.jpg
そもそも暴動する、破壊活動をするコリアンが悪いのでは? そもそもそれがなければこんな問題は起こらない。
それを無視して朝鮮人の被害者だけ取り上げて暴徒鎮圧(結果一人射殺とはいえ)を非難するのはおかしいと思う。

RIMG1096.jpg
RIMG1097.jpg

RIMG1098.jpg

RIMG1099.jpg
「在日を朝鮮半島へ返す」今の民主党や公明・共産・社民党などよりGHQの方が在日対する認識が正しいと思うのは自分だけでは無いはず。吉田茂首相(当時)も「在日の本国送還」もそう、この時完全実施されていれば今の様な事には・・・。それにしてもNHK酷い放送だ・・


RIMG1100.jpg

-後略-





● 吉田書簡
吉田書簡 2
http://farm9.staticflickr.com/8311/8013385205_15e1add6ce_k.jpg





まあそんな井筒氏の政治的主張(上記)の中の一つに以下のものがあるが

「日本の政治家はコスタリカを見習えよ。軍を廃止して、丸裸の国ですよ」と日本の防衛体制として非武装中立を主張している(コスタリカは常設軍の廃止をしているが、軍隊に匹敵する警察力を持ち、非常時には軍隊を組織し徴兵制を敷く事を憲法で定めている 。)。




最後に・・・
これにあえて過去に「たかじんのそこまで言って委員会」において
百田尚樹氏非武装中立国がどのような歴史を辿ったのか分かりやすく説明している部分を紹介したいと思う。
まあ映画では自分自身、百田尚樹氏の作品しか見ていないので井筒氏の作品との見た感じの対照ができないのだが
少なくともこの政治的な考えにおいて、井筒氏よりも百田尚樹氏の方が断然真っ当な事を言っているという事は分かる。



2013年2月3日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」

たかじんのそこまで言って委員会 2013年2月3日 (11)

たかじんのそこまで言って委員会 2013年2月3日 (12)
たかじんのそこまで言って委員会 2013年2月3日 (13)
百田尚樹氏
「でも世界の常識をまず僕は知ることが大事だと思います
で、例えばですね、今ヨーロッパですけど、あの・・スイスの例を見ていただきたいんですが

たかじんのそこまで言って委員会 2013年2月3日 (14)
百田尚樹氏
「はい、これがスイスです
え・・スイスは、永世中立国として200年間戦争してません
全く・・だから第一次世界大戦も第二次世界大戦も戦火に全くあってないと・・
そのスイスはこれほどの軍事費(GDPの8%)かけて・・軍隊を持ってるんです。
で、国民は徴兵制です。
で、この兵役を終わった後は・・六十幾つぐらいまでですかね?予備役として、あの・・引退しても、普通のサラリーマンになっても、あるいは八百屋のおじさんになっても、そのままず~っと予備役として残ります。
で、そして予備役兵は全員、一家に一台(丁)小銃が与えられます・・自動小銃です。

たかじんのそこまで言って委員会 2013年2月3日 (16)
宮崎哲弥氏
スイスっていうのは国防ハンドブックっていうのを各個に配るんです
そうするとそれを見るとね、蹂躙・・他国に蹂躙されるとゲリラ戦をどうやって・・ゲリラ組織をどうやって組織して、ゲリラ戦をどう戦うかってところまで書いてある。


※感想:これについては・・・おそらく「民間防衛 スイス政府編 P273~ レジスタンス」の事だと思われる。
民間防衛 スイス政府編 P273~ レジスタンス
P273以降に目次に沿って書いてある




たかじんのそこまで言って委員会 2013年2月3日 (15)
百田尚樹氏
「そうです、だから国民一人一人が国防に対する意識が凄く高い

辛坊治郎氏
「国民皆兵で皆が自動小銃持っていると思うと、なかなか周辺国もここの国は・・やめとこかと思いますわね。


たかじんのそこまで言って委員会 2013年2月3日 (17)
百田尚樹氏
「そうですね、はい。
で・・まあその、実は兵力21万人
人口わずか787万人で21万人ですから

え・・だから、それを考えるといかに強大な・・・
(辛抱氏「なるほど。」)
はい、まあ、さらに言いますと、国内の岩山にですね、もういくつも岩盤を掘り抜いて強大な軍事基地を作ってるんです。
で、もし実際に戦争が起こった場合に・・他国軍が侵略できないように大きな橋、あるいはトンネル、これにいつでも爆薬を仕掛けられるような準備が出来てるんです。

で、一旦戦争が起こった時は、全員が国土を焦土化してでも戦う・・・
で、これ実は、200年間も戦争してない国なんです。

これがすごいです、つまりえ・・・」

桂ざこば氏
“備え有れば憂いなし”やな」

百田尚樹氏
「ああええことおっしゃいますね。」

(会場笑い)

たかじんのそこまで言って委員会 2013年2月3日 (26)
辛抱氏
「大ベストセラー作家だかから・・・」

たかじんのそこまで言って委員会 2013年2月3日 (27)
勝谷誠彦氏
「日本もね、日本も何で黒船って言うか皆びびったかと言ったら
全員があんなすごい刃物を腰さして斬りかかってくるからですよ
あれは抑止力だったんですよ


たかじんのそこまで言って委員会 2013年2月3日 (28)
百田尚樹氏
「そうですね、実は、え・・・ここで言いたいことはですね戦争を抑止する一番の力は軍隊なんです。
軍隊を持ってるからこそ戦争が起こらない
、それをヨーロッパの国々は全部知ってるわけですね。

で、ひとつだけまた言いたい
あの・・実は日本のように、同じように非武装中立を訴えた国があるんです、ヨーロッパの中で。
つまりあの、スイスは軍隊を持った上で・・(発言者不明「武装中立です」)武装中立ですけど
え・・実はルクセンブルグがそう(非武装中立)で
つまり軍隊を全く持ってないで永世中立を宣言してたんです。

さあ、その国はどうなったか?
第一次世界大戦でドイツに蹂躙されました。
で、戦争終わったんですが、それでも尚且つまだ・・武装しないで永世中立を宣言してたんです
第二次世界大戦が起こった時、またもやドイツにやられました・・はい。
そして今どうなったか、しっかりした軍隊を持っています・・はい。



辛抱氏
「ルクセンブルグは小さな国ですけど今はルクセンブルグ軍が有ります。」


たかじんのそこまで言って委員会 2013年2月3日 (29)百田尚樹氏
「で、NATOを設立する時には、もう真っ先に声を上げて設立メンバーに入ってるんです。はい、それほど・・平和というのはどうやって努力して維持していくもんかということを、ホント国民も知ってるんですね。




護憲派の方々には是非とも彼ら(中国・韓国・北朝鮮など)に言ってやってほしいものだ
あなた達の国(中国・韓国・北朝鮮など)が9条と同じ条文のもの(戦争放棄・交戦権否定・軍隊を持たない)を憲法に入れ、それに即した行動を実践するなら日本も改憲について“慎重に考えよう”と。
(慎重にと言うだけで改憲しないと言わないところがミソ)


民間防衛 スイス政府編

P13より一部引用


引用開始。

 我が国の安全保障は、われわれ軍民の国防努力いかんによって左右されるということである。

 きのう考えたことと別のことを、きょう考えるわけには、どうしてもいかないのだ。

われわれが個人的に集団的に今日決意したことによって、明日が左右されるのである。

 親たちがわれわれのことを心配してくれたように、子供たちのことを考えよう。

 自由と独立は、われわれの財産の中で最も尊いものである。-

-自由と独立は、断じて、与えられるものではない。

 自由と独立は、絶えず守らねばならない権利であり、ことばや抗議だけでは決して守り得ないものである。手に武器を持って要求して、初めて得られるものである。



 『民間防衛』
民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる (新書)
民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる
※↑をクリックするとamazonに飛びます。






★:注意とお願い★

 最近コメントをしていただけるのはありがたいのですが、コメントに名前を入れずに空欄でコメントされる方が多いです(ホストを確認すれば8割方は同一なのですが)
過去に何度かコメントしましたがコメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を(他人の振りをするのも含む)名乗る等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)




※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

コメント欄・トラックバックをご利用される方は左のプロフィール下の【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】をご一読下さい。

<注意事項>

特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、口調が喧嘩腰、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもや
営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿など
宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど
管理人が不適切と判断した場合は基本的に削除します。
コメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を名乗る(他人の振りをするのも含む)等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)
悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。
違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。



尚、コメントは全て拝読させて頂いておりますが、当方の仕事の都合等でお返事出来ない時がありますので平にご容赦下さい。
※:書き起こしについては誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので引用される場合はご注意を。
※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※



アルファポリスWeb漫画セレクション(毎月30日更新)
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
長編 連載中 漫画:竿尾悟/原作:柳内たくみ
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第29話 P-9
炎龍編~
伊丹達は炎龍・・特地甲種害獣、通称『ドラゴン』にどう立ち向かうのか
テュカ、ヤオの運命は・・・
http://www.alphapolis.co.jp/manga/view_manga_opening.php?manga_sele_id=138000030

ゲート 3―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS)ゲート 3―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS)
(2013/07/18)
柳内 たくみ

商品詳細を見る
「門」をくぐり、舞台は日本へ!
参考人招致・工作員の襲撃・温泉!温泉!
各国の思惑に、伊丹たちが翻弄される!
(帯より)



1/700 艦隊これくしょんプラモデルNo.06 艦娘 航空母艦 赤城
1/700 艦隊これくしょんプラモデルNo.06 艦娘 航空母艦 赤城
*この商品はキットです。組立には別途、接着剤や工具等が必要です。*本製品にフィギュアは同梱されておりません。予めご了承下さい。


艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 赤城 (ノンスケール ABSPVC 塗装済み可動フィギュア)02
艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 赤城
(ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)





ランキング用


さくや 20140120 敬礼 応援


スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

特攻隊は日本海軍の国民の魂だ。自衛隊の礎になっている。大和の武士思想です。在日は母港のない艦船だ、日本人は母港があり風光明媚な故郷だ。

No title

反日マスゴミは相も変わらず朝鮮人の崔や井筒を重宝してコメンテーターに利用している。チョン共も日本での最後の抵抗であろう。しかし、チョンの実態が徐々に明らかになるにつれてきた。お人好しな日本人が変化してきた事を最も恐れてきた証拠だろう。誇れる歴史も偉人もいない哀れな朝鮮人共に、日本人は今まで寛容し過ぎだ。もう許すことはないだろう。
国 旗
japa001m.gif
鎮守府訪問者数
閲覧者数: 現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
気象:天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

銀時

Author:銀時
リアルにおいて陸上自衛隊に入り現在予備自であるのになぜか
某ゲームにおいて某鎮守府提督に就任
自慢は現在のところ自艦隊から一隻も轟沈が出ていないこと。
日本とアニメと漫画をこよなく愛する
マダオ(まるでダメなオッサン)

基本政治関係を書いてますがたまにアニメや漫画
の絵?(最近はGIF)なんか書いたりしてます。

基本ぐだぐだなので
まったりと?いきたいので
宜しくお願いします!

好きなアニメ・漫画は

『銀魂』「信長協奏曲」「宇宙戦艦ヤマト2199」等…

旧「銀色の侍魂」管理人
ブログ名称変更に「艦これ」と「アルペジオ」のコラボイベントに感化されたとかされないとか・・・

※※※ ※※※ ※※※ 【twitter】
秘書官(さくや)
さくや(冬)
今日の運勢
鎮守府神社掲示板
鎮守府掲示板(リンク集)
Amazon 検索

民主党 外国人参政権 人権擁護法案 小沢 竹島 鳩山 夫婦別姓 長崎 拉致問題 人権侵害救済法案 主権 チベット 国連 人種差別撤廃委員会 青山繁晴 櫻井よしこ すぎやまこういち メディアパトロールジャパン 朝鮮学校 川上 恫喝 脱税 検察 日教組 個所付け 麻生 安倍 韓国 西村幸祐 子供手当 特捜部 石平 そらのおとしもの イカロス エリザベス 桂小太郎 志村新八 定春 ニンフ アストレア 戦艦 大和 御坂美琴 インデックス とある魔術の禁書目録 上条当麻 神楽 坂田銀時 張景子 三宅久之 TVタックル 参政権  MPJ 長島昭久 高市早苗 外国人住民基本法 銀魂 穀田恵二 小川敏夫 山際澄夫 自衛隊 

コメント欄等の注意事項
コメント欄・トラックバックをご利用される方はご一読下さい。 【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】 (1)特定の個人を誹謗中傷する投稿とそれに類する投稿。 (2)特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもの。 (3)営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿 (4)営利目的等でなくとも単なる広告や宣伝に終始する投稿   (集会や署名のお知らせ等はOKですが、複数スレに渡ってのマルチ等、目に余るものは削除対象です) (5)その他、管理人や特定の個人にとって不利益となる投稿   (自分または他人の住所、電話番号、家族構成等、個人情報に類する投稿) (6)宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど。 但し、日本神道や仏教等日本古来の文化伝統に息づくものは除外。 (これらの名を語る管理人が怪しいと感じたものは削除対象) (7)その他、管理人が不適切と判断する投稿 上記投稿と管理人が判断した場合は基本的に削除します。 悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。 違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。
ランキング
アンケート
鎮守府司令部前掲示板
竹島も尖閣諸島も対馬も北方領土も日本列島とその他の島々も日本領!
軍艦旗
japa002m.gif
河野談話作成過程検証報告書
平成26年 官房長官記者会見 記者会見 首相官邸HP http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201406/20_p.html  首相官邸HP 河野談話の作成過程検証報告書(PDF) http://www.kantei.go.jp/jp/kakugikettei/2014/__icsFiles/afieldfile/2014/06/20/20140620houkokusho_2.pdf 外務省HP【英語版】 河野談話の作成過程検証報告書(PDF) http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000042169.pdf
竹島プロジェクト2016
竹島は間違いなく、日本の領土だ! 竹島プロジェクト2016 C2 「島根県 Web竹島問題研究所 かえれ島と海」へリンク。
< 参 考 > ぼやきくっくり 竹島プロジェクト2016 ブログ参加概要(推 奨): ブログやホームページに竹島の画像、イラスト、文字等を配置し、互いにリンクする。 島根県Web竹島問題研究所へのリンクをはり、2/22竹島の日のアピールに勤めます。
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
Amazon商品一覧
くまみこ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)  
くまみこ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)



ぎんぎつね 10 (ヤングジャンプコミックス) 
ぎんぎつね 10 (ヤングジャンプコミックス)



艦隊これくしょん ‐艦これ‐ side:金剛 (1) 限定版 (カドカワコミックス・エース) 
艦隊これくしょん ‐艦これ‐ side:金剛 (1) 限定版 (カドカワコミックス・エース)



銀魂―ぎんたま― 54 (ジャンプコミックス) 
銀魂―ぎんたま― 54 (ジャンプコミックス)



風雲児たち 幕末編 23 (SPコミックス) 
風雲児たち 幕末編 23 (SPコミックス)



Amazon商品一覧(2)
Amazon商品一覧(3)
ねんどろいどぷち 艦隊これくしょん -艦これ- 6個入りBOX 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいどぷち 艦これ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済みトレーディング可動フィギュア 6個入りBOX) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 赤城 (ノンスケール ABSPVC 塗装済み可動フィギュア)02 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 赤城 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 加賀 (ノンスケール ABSPVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 加賀 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 金剛 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 金剛 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 比叡 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 比叡 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 榛名 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 榛名 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 霧島 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 霧島 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 熊野 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 熊野 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 鈴谷 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 鈴谷 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 北上 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 北上 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 大井 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 大井 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん ~艦これ~ ねんどろいど 島風 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん ~艦これ~ ねんどろいど 島風 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 天津風 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 天津風 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 伊401 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 伊401 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

日本を守ろう

民主党 外国人参政権 人権擁護法案 小沢 竹島 鳩山 夫婦別姓 長崎 拉致問題 人権侵害救済法案 主権 チベット 国連 人種差別撤廃委員会 青山繁晴 櫻井よしこ すぎやまこういち メディアパトロールジャパン 朝鮮学校 川上 恫喝 脱税 検察 日教組 個所付け 麻生 安倍 韓国 西村幸祐 子供手当 特捜部 石平 そらのおとしもの イカロス エリザベス 桂小太郎 志村新八 定春 ニンフ アストレア 戦艦 大和 御坂美琴 インデックス とある魔術の禁書目録 上条当麻 神楽 坂田銀時 張景子 三宅久之 TVタックル 参政権  MPJ 長島昭久 高市早苗 外国人住民基本法 銀魂 穀田恵二 小川敏夫 山際澄夫 自衛隊 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。