スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎駿「永遠の0」を嘘八百と批判!? 百田尚樹も「おこ」で零戦戦争勃発か…「永遠の0」は『零戦で誇りを持とう』『零戦神話』『戦争賛美』なのか?原作者が左派系ならマスコミにもてはやされ右派・保守系なら叩かれる…「ビジネスジャーナル」の記者も宮崎駿氏も「永遠の0」を読んだ事があるのだろうか?


よかったら応援クリックお願いします。

ランキング用





 皆さんは百田尚樹氏の「永遠の0」という本を読んだことがあるだろうか。

永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る

内容紹介
「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、1つの謎が浮かんでくるーー。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。

著者からのコメント
この小説のテーマは「約束」です。
言葉も愛も、現代(いま)よりずっと重たかった時代の物語です。



自分はもう読破済みですが、この「永遠の0」について「風立ちぬ」でおなじみの宮崎駿氏がかみついた?というのですが・・・

<以下参照>
宮崎駿「永遠の0」を嘘八百と批判!? 百田尚樹も「おこ」で零戦戦争勃発か
2013/9/26 19:30 J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/2013/09/26184772.html?p=all

「風立ちぬ」大ヒット中の宮崎駿監督が、零戦パイロットを主人公にした人気作「永遠の0」猛批判した――そんなニュースが飛び込んできた。

「今、零戦の映画企画があるらしいですけど、それは嘘八百を書いた架空戦記をもとにして、零戦の物語を作ろうとしているんです。神話の捏造をまだ続けようとしている。『零戦で誇りを持とう』とかね。それには僕は頭にきてたんです。子どものころからずーっと!」
「相変わらずバカがいっぱい出てきて、零戦がどうのこうのって幻影を撒き散らしたりね。戦艦大和もそうです。負けた戦争なのに」


「戦争肯定」百田氏と一緒にされたくない…ホント?

「永遠の0」との間にドッグファイト勃発?の「風立ちぬ」 (C)2013 二馬力・GNDHDDTK
「永遠の0」との間にドッグファイト勃発?の「風立ちぬ」 (C)2013 二馬力・GNDHDDTK

2013年8月19日発売された映画雑誌「CUT」(ロッキング・オン)9月号掲載のインタビューで、宮崎監督は3万字にわたって「風立ちぬ」について語っている。その中から、上記の部分を9月25日、ネットメディア「ビジネスジャーナル」が引用、宮崎監督が名前を挙げていない「零戦の映画」が「永遠の0」だと断定し、「宮崎監督が『永遠の0』酷評」と報じた。

「永遠の0」は百田尚樹さんによる、特攻で戦死した零戦パイロットの生涯を描いた小説だ。文庫本は歴代1位となる累計250万部超のベストセラーとなっており、12月には映画版も公開される。ちなみに配給はともに東宝で、劇場によっては「風立ちぬ」上映前に「永遠の0」予告編が流れている。

そんな話題作を、宮崎監督はなぜ「酷評」したのか。ビジネスジャーナルは、原作者の百田さんが宮崎監督とは正反対の思想の持ち主だからだとして、こう推測する。

「宮崎があえてインタビューで『永遠の0』批判を繰り出したのは、戦争を肯定する百田と一緒にされるのが耐えられなかったのかもしれない」

確かに百田さんは安倍晋三首相と対談するなどしばしば保守的な政治見解を披歴しており護憲、反戦を強く打ち出す宮崎監督とは主張がかなり違う。また、「右翼エンタメ」と論評した朝日新聞を始め、「永遠の0」を「戦争賛美」だと批判する声も存在する。

「戦争賛美」の百田さんVS「反戦」宮崎監督、なるほどわかりやすい構図ではある。

百田尚樹「『永遠の0』は可哀相な作品だ」

ビジネスジャーナルの記事は大きな話題になり、百田さんの耳にも届いた。百田さんはツイッターで、

「悪意に満ちた記事」

とつぶやくなど不快感を露わにし、ぼやきつつもがっくりうなだれる。

「『永遠の0』はつくづく可哀想な作品と思う。文学好きからはラノベとバカにされ、軍事オタクからはパクリと言われ、右翼からは軍の上層部批判を怒られ、左翼からは戦争賛美と非難され、宮崎駿監督からは捏造となじられ、自虐思想の人たちからは、作者がネトウヨ認定される。まさに全方向から集中砲火」
「宮崎駿監督が『永遠の0』を批判したという記事がネットに載って、Twitterの中のアンチ百田たちがおおはしゃぎ。リツィートの嵐。そこまで嬉しいか(^-^;」


百田さんは、「風立ちぬ」に対して週刊文春で「ものすごくきれいな映画」「零戦ファンの私は泣きました」と絶賛している。それもあって今回の批判はショックだったようだ。

宮崎駿「『風立ちぬ』は幸運な作品だ」

ところで、元の宮崎監督インタビューを読めば、「戦争賛美」を理由に酷評、というのは少し解釈に無理がある

そもそも問題の発言は、戦後に刊行された元パイロットによる証言への懐疑を語る部分で出ている。当事者の回想にはどうしても誤りが含まれており正確な「航空戦史」を作るには客観的な調査が必要だが、不十分なまま主観に基づく「零戦神話」がひとり歩きしている――という、「軍事オタク」宮崎監督らしい見解だ。

「永遠の0」に言及しているように見える部分は、同作を直接批判しているというよりは、同作に代表される「零戦神話」の再生産へのいらだちというニュアンスが強い。「永遠の0」というタイトルも出してなければ、内容にも踏み込んでおらずあくまで一般論としての触れ方だ。他の箇所では零戦のフォルムについてインタビュアーを置いてけぼりにして喋り倒す場面もあり、「オタクゆえの愚痴」という印象を受ける。

なお偶然と見られるが、百田さんが自作を「可哀相な作品」と評したのに対し宮崎監督は「風立ちぬ」を「幸運な映画」と述べている。また「風立ちぬ」では宮崎監督が試写を見ながら涙を流したことが話題になったが、百田さんも映画版「永遠の0」の試写会で何度も泣いたそうだ。


<参照終わり>


原作者が左派系ならマスコミにもてはやされ
原作者が右派・保守系ならマスコミに叩かれる…


ちなみに以下が問題の記事だが

宮崎駿、『風立ちぬ』と同じ百田尚樹の零戦映画を酷評「嘘八百」「神話捏造」
ビジネスジャーナル 2013.09.25
http://biz-journal.jp/2013/09/post_2979.html
※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい

 9月6日、引退会見を行ったアニメ界の巨匠・宮崎駿監督。引退作となった『風立ちぬ』(東宝)は興行収入100億円を超え、「最後の作品はスクリーンで」という人も多く、観客動員数は1000万人を突破すると見られている。

 そんな映画人生の有終の美を飾ろうとしている宮崎だが、ここにきて『風立ちぬ』と同じ“零戦”をテーマにした“あの作品”を猛批判しているのをご存じだろうか。

 宮崎が“あの作品”の批判を展開しているのは、「CUT」(ロッキング・オン/9月号)のロングインタビューでのこと。その箇所を引用しよう。

  今、零戦の映画企画があるらしいですけど、それは嘘八百を書いた架空戦記を基にして、零戦の物語をつくろうとしてるんです。神話の捏造をまだ続けようとしている。『零戦で誇りを持とう』とかね。それが僕は頭にきてたんです。子供の頃からずーっと!

 「相変わらずバカがいっぱい出てきて、零戦がどうのこうのって幻影を撒き散らしたりね。戦艦大和もそうです。負けた戦争なのに


●戦争を美化する作品を糾弾する構えの宮崎

 宮崎がここで挙げている「零戦の物語」というのは、どう考えても人気作家・百田尚樹の原作で、12月に映画が公開される『永遠の0』(東宝)のこと。よほど腹に据えかねているのか、このインタビューで宮崎は“零戦神話”を徹底的に糾弾。

 「戦後アメリカの議会で、零戦が話題に出たっていうことが漏れきこえてきて、コンプレックスの塊だった連中の一部が、『零戦はすごかったんだ』って話をしはじめたんです。そして、いろんな人間が戦記ものを書くようになるんですけど、これはほとんどが嘘の塊です」と、『永遠の0』をはじめとする零戦を賛美する作品をこき下ろしている。

 もちろん、自身が『風立ちぬ』で基にした零戦設計者・堀越二郎の戦争責任についても言及。堀越の著書である『零戦』は共著であり、もう一人の執筆者が太平洋戦争で航空参謀だった奥宮正武だったことから「堀越さんは、自分ではそういうものを書くつもりはなかったけど、説得されて、歴史的な資料として残しておいたほうがいいんじゃないかっていうことで、書いたんだと思うんですけど」と前置きし、「堀越さんの書いた文章っていうのは、いろんなとこに配慮しなきゃいけないから、本当のことは書かないんだけど、戦争責任はあるようだけれども自分にはないと思うって書いています。面白いでしょう? 僕はこの人は本当にそういうふうに思った人だと思います」と弁護。

 さらに、「僕は思春期の頃、親父と戦争協力者じゃないかってもめた経験があるんですけど。そうやって断罪していくと、ほとんどの人が戦争協力者だと言わざるをえない。隣の韓国とか北朝鮮とか中国とかフィリピンとかインドネシアとかね、そういう側から考えると、それは加害者であるという」と話し、「職業をもつということは、どうしても加担するという側面を持っている。それはもうモダニズムそのものの中に入ってるんだと思ってるんです」と、到底美談では語れない戦争の加害性について論及している。

●対照的な立場の宮崎と百田

 確かに同じ零戦をテーマとして扱っているとはいえ、宮崎と百田とはその政治的スタンスもまったく真逆だ。宮崎は憲法改正反対論者で、かたや百田はほとんど“右派論客”といってもいい活躍を見せている。

 百田は今年6月、朝日新聞で自身の作品が「右傾エンタメ」「愛国エンタメ」と評されたことに激怒し、苛烈に反論していたが、一方で首相再任前の安倍晋三との対談では「もう一度、自民党総裁選に出馬して総理を目指してもらいたい」と背中を押し、保守系論壇人である渡部昇一との対談でも「安倍政権では、もっとも大きな政策課題として憲法改正に取り組み、軍隊創設への道筋をつくっていかねばなりません」と語るなど、政治的発言を連発。朝日批判の際も「自虐史観とは大東亜戦争にまつわるすべてを『とにかく日本が悪かった』とする歴史観です」とネトウヨ(ネット右翼)が大喜びしそうなツイートをしていた。

 宮崎があえてインタビューで『永遠の0』批判を繰り出したのは、戦争を肯定する百田と一緒にされるのが耐えられなかったのかもしれない。

 しかし、一方の百田は、「先日、アニメ『風立ちぬ』の試写を観た。ラストで零戦が現れたとき、思わず声が出てしまった。そのあとの主人公のセリフに涙が出た。素晴らしいアニメだった」と同作を大絶賛。反戦主義の宮崎が零戦映画の製作をしたことで、方向転換したと勘違いして思わずはしゃいでしまったのかもしれないが、今回の宮崎の発言で見事にはね返された格好だ。

 歯に衣着せぬ言動や論争好きで知られる百田だが、果たして世界の巨匠・宮崎にはどのように反論するのか。大いに見ものである。
(文=エンジョウトオル)




まあ読む限り確かに百田氏の言うように悪意を感じると思える
特に、百田氏の原作「永遠の0」を読んだ方や
上記のJ-CASTニュースを読んだ後なら尚更。


特に上記「ビジネスジャーナル」記事のこの部分

  今、零戦の映画企画があるらしいですけど、それは嘘八百を書いた架空戦記を基にして、零戦の物語をつくろうとしてるんです。神話の捏造をまだ続けようとしている。『零戦で誇りを持とう』とかね。それが僕は頭にきてたんです。子供の頃からずーっと!

 「相変わらずバカがいっぱい出てきて、零戦がどうのこうのって幻影を撒き散らしたりね。戦艦大和もそうです。負けた戦争なのに



ここだけ読んで判断する限り、これは明らかに「永遠の0」を読んでいないのが丸わかり。
まず、「永遠の0」は確かに零戦は出てくるけれど、物語の主軸は零戦パイロットの半生
何を守る為にどのように戦い、そしていかにして特攻に赴いたのか・・・
そのパイロットとその周囲の登場人物、そしてその子孫(主人公)らが自らの祖父がいかなる人物だったのか、そのルーツをたどり何を思い、何を考えるか・・と言うようなストーリ

特に、『零戦で誇りを持とう』なんて部分は自分の記憶している限りなかったはずだ。
むしろ逆に零戦の欠点について、また設計者について物語の登場人物に以下のように語らせている。



 そこで宮部小隊長はちらと周囲を見ました。誰もいないのを確かめてから、言いました。
「今、その類い稀なる能力が自分たちを苦しめている五百六十浬を飛んで、そこで戦い、また五百六十浬を飛んで帰る。こんな恐ろしい作戦が立てられるのも、零戦にそれほどの能力があるからだ
 小隊長の言いたい事がわかりました。
八時間も飛べる飛行機は素晴らしいものだと思う。しかしそこにはそれを操る搭乗員のことが考えられていない。八時間もの間、搭乗員は一時も油断はできない。我々は民間航空の操縦士ではない。いつ敵が襲いかかってくるか分からない戦場で八時間の飛行は体力の限界を超えている。自分たちは機械じゃない。生身の人間だ。八時間も飛べる飛行機を作った人は、この飛行機に人間が乗ることを想定していたんだろうか
(永遠の0 第五章 ガダルカナル P242~243より)



これが果たして「ビジネスジャーナル」記事でとりあげ批判するところの『零戦で誇りを持とう』『零戦神話』なるものだろうか?

さらに・・・

一方の百田は、「先日、アニメ『風立ちぬ』の試写を観た。ラストで零戦が現れたとき、思わず声が出てしまった。そのあとの主人公のセリフに涙が出た。素晴らしいアニメだった」と同作を大絶賛。反戦主義の宮崎が零戦映画の製作をしたことで、方向転換したと勘違いして思わずはしゃいでしまったのかもしれないが、今回の宮崎の発言で見事にはね返された格好だ。



この解釈は普通考えてないだろう
自分はこの『風立ちぬ』そのものを見てないし、真意は百田氏に聞かねばわららないところだが
『風立ちぬ』の映画を見て、映画の中の登場人物の堀越氏が試作機から96式艦戦、そして零戦へと開発の段階でのストーリ、苦難を見、そしていよいよ画面に零戦が出た事、そしてその時の主人公のセリフに感動しただけであって。
映画の感想にわざわざ『風立ちぬ』の宮崎監督が方向転換したからとはしゃいだりするものだろうか?
というかこの百田氏のコメント?なるものからそんな「方向転換をはしゃぐ?」ような印象は全く受けないのだが
むしろこの「ビジネスジャーナル」の記者からの悪意しか感じないのは自分だけだろうか?
要は宮崎駿氏のコメントを元にして「永遠の0」を叩きたかった・・そんな風に思えてならないのだが。


自分的にはむしろ「J-CASTニュース」の「「戦争賛美」を理由に酷評、というのは少し解釈に無理がある。」という解釈の方がまだすんなり入る。

自分が「永遠の0」を読んで、特に印象に残っている部分のうちいくつかを引用紹介する。

「永遠の0」に出てくる高山なる新聞記者の発言

私は特攻はテロだと思っています。あえて言うなら、特攻隊員は一種のテロリストだったのです。それは彼らの残した遺書を読めばわかります。彼らは国のために命を捨てることを嘆くよりも、むしろ誇りに思っていたのです。国のために尽くし、国のために散ることを。そこには一種のヒロイズムさえ読みとれました。
(永遠の0 第九章カミカゼアタック P420より)



↑に対する「永遠の0」登場人物の元特攻隊搭乗員の答え。

「空母は恐ろしい殺戮兵器だった。我々が攻撃したのは、そんな最強の殺戮兵器だ。
しかも特攻隊員達は性能の劣る航空機に重い爆弾をくくりつけ、少ない護衛戦闘機しか付けてもらえずに出撃したのだ。何倍もの敵戦闘機に攻撃され、それをくぐり抜けた後は凄まじい対空砲火を浴びたのだ。無防備の貿易センタービルに突っ込んだ奴らとは断じて同じではない!

(永遠の0 第九章カミカゼアタック P423より)



「永遠の0」登場人物の元特攻隊搭乗員

戦後多くの新聞が、国民に愛国心を捨てさせるような論陣を張った。まるで国を愛することが罪であるかのように。一見、戦前の逆のことを行っているように見えるが、自らを正義と信じ、愚かな国民に教えてやろうという姿勢は全く同じだ。その結果はどうだ。今日、この国ほど、自らの国を軽蔑し、近隣諸国におもねる売国奴的な政治家や文化人を生み出した国はない。
(永遠の0 第九章カミカゼアタック P425より)




これが果たして『零戦で誇りを持とう』『零戦神話』『戦争賛美』なのだろうか?
特攻の現実についてと現在と過去の日本のマスコミの無責任ぶりを露わにした部分ではないだろうか?
特に最後のマスコミ批判についてはまさに「永遠の0」を批判的に書いた朝日新聞なんかとくに当てはまりそうだし
今回取り上げた「ビジネスジャーナル」もその一端に触れるんじゃないのかと自分は思ったりするのですが。
自らの主観・・戦後史観を信じ込み、戦前、戦中の日本を批判してなければ正義だと思い込んだマスコミ・・まさにそれではないだろうか?
作者が保守的な思想の人物だから、零戦がでてくるから・・題名が「零戦」を連想させるから・・
それだけでその書かれた内容にも触れずに『零戦神話』『戦争賛美』と批判されたんじゃ百田氏もたまったもんじゃあないだろう。



零戦52型爆      
  零戦52型 飛行
大和 航行

 太平洋戦争に負けた日本人は、勝った側の理屈を押し付けられその正しさを理解することを強いられた。こちらが主張した正義は『帝国主義』『侵略』というフィルターを被せられて、そのことごとくが悪であると否定された。もちろん帝国主義や侵略が今の価値観に照らし合わせて非道であることは述べるまでもないことだ。だが、それによって他のことまで全て、ありとあらゆることの全てが非の色によって染められたのだ。
(ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり -4総撃編- P404より)




映画『永遠の0』2013年12月21日(土)公開 予告
映画『永遠の0』2013年12月21日(土)公開 予告
http://youtu.be/RBv3ED-HBzE
司法試験に落ちて進路に迷う佐伯健太郎は、祖母・松乃の葬儀の日に驚くべき事実を知ら-される。実は自分と祖父・賢一郎には血のつながりが無く、"血縁上の祖父"が別にいる-というのだ。本当の祖父の名は、宮部久蔵。60年前の太平洋戦争で零戦パイロットとし-て戦い、終戦直前に特攻出撃により帰らぬ人となっていた。宮部の事を調べるために、か-つての戦友のもとを訪ね歩く健太郎。しかし、そこで耳にした宮部の人物評は「海軍一の-臆病者」などの酷い内容だった。宮部は天才的な操縦技術を持ちながら、敵を撃破するこ-とよりも「生きて還る」ことに執着し、乱戦になると真っ先に離脱したという。「家族の-もとへ、必ず還ってくる」...それは宮部が妻・松乃に誓った、たったひとつの約束だ-った。そんな男がなぜ特攻を選んだのか。やがて宮部の最期を知る人物に辿りついた健太-郎は、衝撃の真実を知ることに...。宮部が命がけで遺したメッセージとは何か。そし-て現代に生きる健太郎は、その思いを受け取ることができるのか。



(公式サイト)
映画『永遠の0』12月21日(土)公開
http://www.eienno-zero.jp/




■ 追 記

J-CASTニュースの記事の最後の方に書かれていた宮崎駿氏の発言について触れた以下の一文

そもそも問題の発言は、戦後に刊行された元パイロットによる証言への懐疑を語る部分で出ている。当事者の回想にはどうしても誤りが含まれており正確な「航空戦史」を作るには客観的な調査が必要だが、不十分なまま主観に基づく「零戦神話」がひとり歩きしている―― という、「軍事オタク」宮崎監督らしい見解だ。



特に

当事者の回想にはどうしても誤りが含まれており正確な「航空戦史」を作るには客観的な調査が必要だが、不十分なまま主観に基づく「零戦神話」がひとり歩きしている――

宮崎駿氏が小冊子「熱風」

慰安婦の問題も、それぞれの民族の誇りの問題だから、きちんと謝罪してちゃんと賠償すべきです。
(「熱風」より)



と述べていたが
その慰安婦問題における証言(回想)にも同じ事

2013年5月29日 日テレミヤネ屋 34 (1人当たり)2、3時間ずつ裏付け調査なし日本政府は米国立公文書館などからも約100点の公文書を集めたが証拠を確認できず
あいまい表現 「河野談話」強制連行の誤解広げる
2013-05.27 TV TACKLE  04

『回想にはどうしても誤りが・・』
『客観的な調査が必要』
『不十分なまま主観に基づく「○○神話」がひとり歩き』


が言えるんじゃないのか?

ついでにもう一つ。
民族の誇りの問題・・と言う言葉もあるけれど



謂れなき言いがかりを言われ続ける日本の民族の誇りはどう考えているのか宮崎駿氏には是非問いたい。

歴史奴隷 History slave 日本の現状・敗戦国と戦後史観の楔 3b



★:注意とお願い★

 最近コメントをしていただけるのはありがたいのですが、コメントに名前を入れずに空欄でコメントされる方が多いです(ホストを確認すれば8割方は同一なのですが)
過去に何度かコメントしましたがコメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を(他人の振りをするのも含む)名乗る等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)




※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

コメント欄・トラックバックをご利用される方は左のプロフィール下の【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】をご一読下さい。

<注意事項>

特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、口調が喧嘩腰、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもや
営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿など
宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど
管理人が不適切と判断した場合は基本的に削除します。
コメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を名乗る(他人の振りをするのも含む)等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)
悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。
違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。



尚、コメントは全て拝読させて頂いておりますが、当方の仕事の都合等でお返事出来ない時がありますので平にご容赦下さい。

※:書き起こしについては誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので引用される場合はご注意を。


宇宙戦艦ヤマト2199
宇宙戦艦ヤマト BBY-01 宇宙戦艦ヤマト2199  470
http://yamato2199.net/index.html

『宇宙戦艦ヤマ-ト2199 第七章 そして艦は行く』 プロモーション・ビデオ
『宇宙戦艦ヤマ-ト2199 第七章 そして艦は行く』 プロモーション・ビデオ
http://youtu.be/51utm_LNX8E

見ての感想は人それぞれだろうけれど自分はなかなか良かったと思います。
今後の続きに期待したいです。



アルファポリスWeb漫画セレクション(毎月30日更新)
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
長編 連載中 漫画:竿尾悟/原作:柳内たくみ
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第18回 2
いよいよ国会での参考人招致編~
自分は幸原議員(女性)は某党党首を想像していましたがこう(右と左端のコマ)きましたか・・
http://www.alphapolis.co.jp/manga/view_manga_opening.php?manga_sele_id=138000030

ゲート 3―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS)ゲート 3―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS)
(2013/07/18)
柳内 たくみ

商品詳細を見る
「門」をくぐり、舞台は日本へ!
参考人招致・工作員の襲撃・温泉!温泉!
各国の思惑に、伊丹たちが翻弄される!
(帯より)





ランキング用

さくや 気長足姫尊衣装 破魔矢 弓射

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 全く同意ですね。この作品をちゃんと読みもせず「右傾」だの「特攻賛美」だのと的外れな批判をする人が多くて驚いています。
 この間、yahoo知恵袋やその他様々な場所でも「明らかに周りの情報鵜呑みにしてるだけで原作読んだことねーだろ・・・」って感じの連中が的外れな作品批判をしてはしゃいでいるのを見かけました。呆れるのを通り越して怒りすら感じましたね・・・。そういう連中と同レベルなことをしていた宮崎さんには正直、失望してます。

No title

 連投失礼!先日、作品が的外れな批判にさらされていることに怒りを感じて勢いで書き込んじゃいましたが、本文の方も改めて読ませていただきました。どうも宮崎さんは「間接的に作品を貶めるためのダシに利用された」というのが実情みたいですね・・・失礼しました。そもそも、映画では原作にあった日本の害悪とも言えるマスコミへの批判や腐敗官僚的システムへの批判も丸々カットされいたはず。原作を読んでない人間の発言をダシに、あたかも本当に『永遠の0』が「零戦賛美(笑)」「右傾(←アホ丸出し)」の作品だったかのように書いているビジネスジャーナルの記事は絶対おかしいですね。引用文の最後辺りの「百田氏がどう反論するのか見物である」などの言い回しに悪意があからさまに感じられます。今度はこのエンジョウとかいう記者に怒りが湧いてきました(笑)・・・長文すみません!

No title

私が宮崎駿の「風立ちぬ」を見ない理由はある種、堀越次郎やしいては当時を生きた人々を冒涜していると感じるからです。

柳田邦男氏の「零式戦闘機」の中の実像としての堀越次郎とはかけ離れた宮崎監督らしいファンタジーな堀越次郎。

戦闘機の設計者としてできる事をただひたすら精魂込めて全うしようとした男たち。中には過労死した方もいた。

未熟な工業力しかない日本で戦闘機の設計を己の戦場とし戦った男たち。

自分たちが設計製造した戦闘機に乗るパイロットたちへの強い責任感や彼らパイロットたちからの期待に応えようという気概。

我々には人が乗り、生き死にをかけ、また国家の存亡に関わるそんな戦闘機の設計者としての重大な責任がある。

大空への夢やロマンではなく、強い責任感が彼等の根底にあったと思います。

夢やロマンを追う人間は大学で研究に没頭し実験機の製作の道を歩んでいたでしょう。

実像の戦闘機設計者は宮崎としては許容できない人間だから実像は追えないでしょうし、追えないからこそ、ダシに使うだけで夢やロマンに燃える像にせざるを得なかったとも言えるかもしれません。

自分のファンタジーのためにダシに使い人の人生を否定し歪めた像で描かれた「堀越次郎」のものがたりなんて吐き気すら覚えます。
国 旗
japa001m.gif
鎮守府訪問者数
閲覧者数: 現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
気象:天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

銀時

Author:銀時
リアルにおいて陸上自衛隊に入り現在予備自であるのになぜか
某ゲームにおいて某鎮守府提督に就任
自慢は現在のところ自艦隊から一隻も轟沈が出ていないこと。
日本とアニメと漫画をこよなく愛する
マダオ(まるでダメなオッサン)

基本政治関係を書いてますがたまにアニメや漫画
の絵?(最近はGIF)なんか書いたりしてます。

基本ぐだぐだなので
まったりと?いきたいので
宜しくお願いします!

好きなアニメ・漫画は

『銀魂』「信長協奏曲」「宇宙戦艦ヤマト2199」等…

旧「銀色の侍魂」管理人
ブログ名称変更に「艦これ」と「アルペジオ」のコラボイベントに感化されたとかされないとか・・・

※※※ ※※※ ※※※ 【twitter】
秘書官(さくや)
さくや(冬)
今日の運勢
鎮守府神社掲示板
鎮守府掲示板(リンク集)
Amazon 検索

民主党 外国人参政権 人権擁護法案 小沢 竹島 鳩山 夫婦別姓 長崎 拉致問題 人権侵害救済法案 主権 チベット 国連 人種差別撤廃委員会 青山繁晴 櫻井よしこ すぎやまこういち メディアパトロールジャパン 朝鮮学校 川上 恫喝 脱税 検察 日教組 個所付け 麻生 安倍 韓国 西村幸祐 子供手当 特捜部 石平 そらのおとしもの イカロス エリザベス 桂小太郎 志村新八 定春 ニンフ アストレア 戦艦 大和 御坂美琴 インデックス とある魔術の禁書目録 上条当麻 神楽 坂田銀時 張景子 三宅久之 TVタックル 参政権  MPJ 長島昭久 高市早苗 外国人住民基本法 銀魂 穀田恵二 小川敏夫 山際澄夫 自衛隊 

コメント欄等の注意事項
コメント欄・トラックバックをご利用される方はご一読下さい。 【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】 (1)特定の個人を誹謗中傷する投稿とそれに類する投稿。 (2)特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもの。 (3)営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿 (4)営利目的等でなくとも単なる広告や宣伝に終始する投稿   (集会や署名のお知らせ等はOKですが、複数スレに渡ってのマルチ等、目に余るものは削除対象です) (5)その他、管理人や特定の個人にとって不利益となる投稿   (自分または他人の住所、電話番号、家族構成等、個人情報に類する投稿) (6)宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど。 但し、日本神道や仏教等日本古来の文化伝統に息づくものは除外。 (これらの名を語る管理人が怪しいと感じたものは削除対象) (7)その他、管理人が不適切と判断する投稿 上記投稿と管理人が判断した場合は基本的に削除します。 悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。 違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。
ランキング
アンケート
鎮守府司令部前掲示板
竹島も尖閣諸島も対馬も北方領土も日本列島とその他の島々も日本領!
軍艦旗
japa002m.gif
河野談話作成過程検証報告書
平成26年 官房長官記者会見 記者会見 首相官邸HP http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201406/20_p.html  首相官邸HP 河野談話の作成過程検証報告書(PDF) http://www.kantei.go.jp/jp/kakugikettei/2014/__icsFiles/afieldfile/2014/06/20/20140620houkokusho_2.pdf 外務省HP【英語版】 河野談話の作成過程検証報告書(PDF) http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000042169.pdf
竹島プロジェクト2016
竹島は間違いなく、日本の領土だ! 竹島プロジェクト2016 C2 「島根県 Web竹島問題研究所 かえれ島と海」へリンク。
< 参 考 > ぼやきくっくり 竹島プロジェクト2016 ブログ参加概要(推 奨): ブログやホームページに竹島の画像、イラスト、文字等を配置し、互いにリンクする。 島根県Web竹島問題研究所へのリンクをはり、2/22竹島の日のアピールに勤めます。
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
Amazon商品一覧
くまみこ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)  
くまみこ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)



ぎんぎつね 10 (ヤングジャンプコミックス) 
ぎんぎつね 10 (ヤングジャンプコミックス)



艦隊これくしょん ‐艦これ‐ side:金剛 (1) 限定版 (カドカワコミックス・エース) 
艦隊これくしょん ‐艦これ‐ side:金剛 (1) 限定版 (カドカワコミックス・エース)



銀魂―ぎんたま― 54 (ジャンプコミックス) 
銀魂―ぎんたま― 54 (ジャンプコミックス)



風雲児たち 幕末編 23 (SPコミックス) 
風雲児たち 幕末編 23 (SPコミックス)



Amazon商品一覧(2)
Amazon商品一覧(3)
ねんどろいどぷち 艦隊これくしょん -艦これ- 6個入りBOX 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいどぷち 艦これ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済みトレーディング可動フィギュア 6個入りBOX) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 赤城 (ノンスケール ABSPVC 塗装済み可動フィギュア)02 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 赤城 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 加賀 (ノンスケール ABSPVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 加賀 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 金剛 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 金剛 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 比叡 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 比叡 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 榛名 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 榛名 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 霧島 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 霧島 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 熊野 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 熊野 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 鈴谷 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 鈴谷 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 北上 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 北上 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 大井 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 大井 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん ~艦これ~ ねんどろいど 島風 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん ~艦これ~ ねんどろいど 島風 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 天津風 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 天津風 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 伊401 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 伊401 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

日本を守ろう

民主党 外国人参政権 人権擁護法案 小沢 竹島 鳩山 夫婦別姓 長崎 拉致問題 人権侵害救済法案 主権 チベット 国連 人種差別撤廃委員会 青山繁晴 櫻井よしこ すぎやまこういち メディアパトロールジャパン 朝鮮学校 川上 恫喝 脱税 検察 日教組 個所付け 麻生 安倍 韓国 西村幸祐 子供手当 特捜部 石平 そらのおとしもの イカロス エリザベス 桂小太郎 志村新八 定春 ニンフ アストレア 戦艦 大和 御坂美琴 インデックス とある魔術の禁書目録 上条当麻 神楽 坂田銀時 張景子 三宅久之 TVタックル 参政権  MPJ 長島昭久 高市早苗 外国人住民基本法 銀魂 穀田恵二 小川敏夫 山際澄夫 自衛隊 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。