スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島根県主催の「竹島の日」出席を 自民・細田氏が党役員会で求める・小雪の出産で注目集める韓国の産後ケア……「安易に海外出産を促す」報道にフィフィ苦言・中国、メディアで連日の“戦争指示” 日本は宮古島市にF15常駐検討・尖閣めぐり集中議論 鳩山氏と唐・元国務委員 北京市内で会談・・等々気になるニュースをピックアプ。


よかったら応援クリックお願いします。

ランキング用



少女A




 今回は時間があまり取れないので気になったニュースを走りで紹介したいと思います。
まずはこれ、竹島に関するニュース

RIMG5184_20120222010915.jpg

<以下参照>
島根県主催の「竹島の日」出席を 自民・細田氏が党役員会で求める
2013.1.15 14:14 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130115/stt13011514160001-n1.htm

 自民党の細田博之幹事長代行(衆院島根1区選出)は15日午前の党役員会で、島根県が2月22日の「竹島の日」に開く式典について「昨年はわが党から多くの議員が参加した。政権党としてどう関与すべきか議論してほしい」と述べ、党関係者の出席を求めた

 同席した安倍晋三首相(党総裁)は具体的な方針を示さなかった。石破茂幹事長は役員会後の記者会見で、県主催の式典参加について「重要かつデリケートな問題」と述べ、慎重に判断する考えを示した。

 自民党は昨年の衆院選の総合政策集に「竹島の日」に政府主催の式典を開くと明記。しかし、竹島を不法占拠する韓国で2月25日に朴槿恵(パククネ)氏の大統領就任式が予定されていることから、政府は日韓関係の改善を優先し、開催を見送る方針を固めている。


<参照終わり>

島根県主催の「竹島の日」へ出席・・・

自分もこの意見には賛成
対中包囲網のため今年の国主催の式典を見送ったというのであれば

2013-01.12 NOマネー 森本元防衛大臣出演!青山繁晴 vs 金慶珠  自民党公約 2月22日「竹島の日」に政府主催による記念式典を行う
2013-01.12 NOマネー 森本元防衛大臣出演!青山繁晴 vs 金慶珠  2月25日朴新大統領就任式
2013-01.12 NOマネー 森本元防衛大臣出演!青山繁晴 vs 金慶珠  2013年2月25日の「竹島の日」政府主催の式典開催見送り

せめて議員(閣僚)による県主催の「竹島の日」への出席はすべきだと思う
何よりこれは日本国内の式典イベント、韓国にどうこう言われる筋合いはないし
尖閣の日の式典には参加しているのに竹島の日の式典には参加しないというのは筋が通らない。


おーりとーり 石垣市(石垣市役所公式ホームページ)
1/11 「尖閣諸島開拓の日」式典のお知らせを掲載しました。 (企画政策課)
「尖閣諸島開拓の日」式典のお知らせを掲載しました。 (企画政策課)
http://www.city.ishigaki.okinawa.jp/110000/110100/pdf/2013011101.pdf



韓国は長い中国の冊封体制下にあり、反日国是で自らの体制維持のため幾度となく反日活動を繰り返してきた
それはどの韓国の政権でもおおよそ見られてきた。
そして今でも反日で中国と連携を取ろうとしている・・・


2013-01.09 青山繁晴 水曜アンカー 提供:別寅かまぼこ 05

自分個人の意見としては「韓国って信用に値する国か?」という思いだ。


韓国ネタでもう一つ
ここ最近、多くの正論で話題となっているフィフィさん
今度は韓国の産後ケアに関するテレビにおける過剰な「安易に海外(ほとんど韓国)出産を促す」報道に苦言をしていますがその内容が正論すぎる。

<以下参照>
小雪の出産で注目集める韓国の産後ケア……「安易に海外出産を促す」報道にフィフィ苦言
2013年1月15日(火) 18時26分 RBB TODAY
http://www.rbbtoday.com/article/2013/01/15/101170.html

 女優の小雪が第2子女児を出産したことで韓国の「産後調理院」に注目が集まっている。10日に小雪の出産が明らかになると、テレビ各局のワイドショーなどでは同国の産後院を利用するメリットについて紹介したが、外国人タレントのフィフィは海外出産を行う上でのリスクなどが報じられていないことも指摘している。

 産後調理院とは、出産を終えた母親の体の回復をサポートする韓国の民間施設。小雪はかねてより韓国の産後院に興味があったとのことで、第2子出産の際に同施設を利用したことが報じられた。出産のニュースとともに、ワイドショーなどで韓国の産後院について受けられるサービスや費用などが紹介されると、「産後院」が11日付けYahoo!検索ランキングの急上昇ワードランキングに登場するなど注目を集めた。

 また、同じく同国で出産を経験した韓国人タレントのユンソナは自身のブログで、「違う国で出産するって言うのはすごく不安もあるし勇気もいるし、生まれた赤ちゃんとまた飛行機に乗って日本に帰る時などのこと考えるといろんな面で大変だと思うんですが、韓国の産後院システムをイイと思って下さって、韓国人の私としてはとっても嬉しかったです~」と小雪の出産を喜ぶとともに、同国の産後院について「私も実際自分が経験してみてホントに良かったし、産後院によって少しずつシステムも値段も違ったりするんですが、産後院はオススメしたいシステム」とアピールした。

 小雪の出産を機に、にわかにブームの兆しを見せ始めている海外の産後院だが、一方で、ワイドショーなどでは海外出産を行う上でのリスクなどマイナス面が報じられていないことについて指摘する声もある。

 外国人タレントのフィフィは自身のTwitter上で、「出産は死と隣り合わせのリスクも伴うわけで、特別な理由が無い限り、やはり家族がすぐに駆け付けられる距離で精神的にも安心して行うのが理想的だと思うんですよ」と持論を展開するとともに、一連の報道については「日本にある良質な産院も紹介すればいいのに、海外の産後院ばかり絶賛して、安易に海外出産を促す様な番組を見て無責任だなぁと思ったり…」「生まれたての赤ちゃんは慎重に扱うべきで通常は暫く外出を控える程なのに、海外出産をトレンドの様に紹介するだけで様々なリスクの説明が省かれてたね」と苦言。また、8年前に名古屋で出産したというフィフィは、その際にホテルのような個室に1週間滞在し「24時間助産師サポート」や「エステ」「育児指導」などの産後ケアを受けたことを明かすとともに、「なんかテレビで韓国の産後院が新しいものの様に紹介されてるけど随分前から日本にもあるよ?」と紹介している。

《花》


<参照終わり>







とある二人は上条美琴25-ドクター御坂

もうあの手この手で韓流?
もう何ていうのか・・・日本のメディアは一体いつまでこの不必要なまでの韓国上げ報道をするのか?
日本と韓国の現実を公平に見せずに過剰な報道で国民を煽るのはいい加減やめて欲しいのだが

もういい加減終わりにしない?

(2012年8月4日放送の「たかじんNOマネー タブー知恵袋」より)
2012 0804 NOマネー  26



362868937_20110818074009.jpg





 さて、続いては中国問題なんだが
相変わらず中国は煽ってます、
今こそ普段「9条を守れ」と言って抗議活動をしている似非平和主義者達の(中国に対しての抗議活動で)出番なのだが
彼ら似非平和主義者ときたら戦争をする気のない日本にばかり「戦うな」「戦争するな」という
戦争を煽り、戦争の準備をする中国に向かって抗議活動を一切しないのか不思議である・・・。



<以下参照>
中国、メディアで連日の“戦争指示” 日本は宮古島市にF15常駐検討
2013.01.15 ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130115/frn1301151142003-n1.htm

中国の習近平指導部は尖閣諸島強奪に向け、戦争準備を始めたのか
中国の習近平指導部は尖閣諸島強奪に向け、戦争準備を始めたのか

 中国人民解放軍を指揮する総参謀部が全軍に対し、2013年の任務について「戦争の準備をせよ」との指示を出していることが明らかになった。14日付の軍機関紙「解放軍報」などが伝えた。中国の主要メディアも、沖縄県・尖閣諸島をめぐる軍事衝突を想定した番組を連日放送しているという。一方、日本の防衛省は、中国機による尖閣周辺での領空侵犯に対処するため、同県宮古島市の下地島空港にF15戦闘機を常駐させる案の検討を始めた。

 解放軍報によれば、総参謀部が全軍に向けて出した13年の「軍事訓練に関する指示」の中で、「戦争準備をしっかりと行い、実戦に対応できるよう部隊の訓練の困難度を高め、厳しく行うこと」と記されている。総参謀部は昨年も訓練指示を出していたが、今年のような戦争を直接連想させる表現はなかった。

 同紙は今年の訓練目標について、昨年11月に就任した習近平・中央軍事委員会主席(総書記)の重要指示に基づいて作成したと解説している。

 国営中央テレビ(CCTV)など官製メディアも今年に入り、日本との戦争を想定した特集番組を連日放送し、軍事的緊張感をあおっている。

 対日強硬派として知られる中国軍事科学学会の副秘書長、羅援少将や、元海軍戦略研究所長の尹卓少将ら多くの軍関係者がメディアに出演し、主戦論を繰り広げる一方、日本と外交交渉を通じて尖閣問題の解決を主張する学者らはほとんど呼ばれなくなったという。

 こうしたなか、防衛省は尖閣諸島の警備態勢を強化するため、下地島空港にF15戦闘機を常駐させる案を検討している。

 現在の防空拠点となっている航空自衛隊那覇基地(那覇市)は尖閣までは約420キロあり、F15が緊急発進しても到着まで15~20分かかるとされる。下地島空港は尖閣まで約190キロと近いうえ、3000メートルの滑走路があり、防衛省は「利用価値は非常に高い」(幹部)と評価している。

 昨年12月に中国機が尖閣周辺の領空を侵犯した際、空自は那覇基地からF15戦闘機8機を緊急発進させたが、到着時には中国機は領空を出ていた。安倍晋三首相は今月5日、防衛省幹部らに領空・領海の警備態勢の徹底を指示。防衛省は具体策の検討に着手した。

 ただ、日本政府は下地島空港について、沖縄返還前で米軍統治下の1971年に当時の琉球政府の屋良朝苗主席と「民間航空以外の目的で使用しない」とする覚書を締結。沖縄の本土復帰後、西銘順治知事とも同様の確認書を交わした経緯があり、地元との調整が必要となる。

 中国は最近、「日本は琉球(=沖縄)を中国から強奪した」と主張し始めており、尖閣が奪われれば八重山列島や宮古列島だけでなく、沖縄本島まで覇権を広げてくる可能性がある。

 ある日本研究者によると、最近北京で行われた尖閣問題に関するシンポジウムで「論争の中心は対日戦争を小規模にとどめるか、全面戦争に突入するかが焦点になりつつある。小規模戦争を主張する人はハト派と呼ばれ、批判されるようになった」という。

 中国は、尖閣をきっかけに、日本を新たなチベットや新疆ウイグルのようにする気なのか。


<参照終わり>

それにしても最後の

ただ、日本政府は下地島空港について、沖縄返還前で米軍統治下の1971年に当時の琉球政府の屋良朝苗主席と「民間航空以外の目的で使用しない」とする覚書を締結。沖縄の本土復帰後、西銘順治知事とも同様の確認書を交わした経緯があり、地元との調整が必要となる。



どうせまたサヨク団体が本土から人員を動員して(勿論中国や半島系の工作もあるだろう)反対運動してごねるんだろうな・・・

そう言う意味においてもやはり海上であれば素早く移動し展開できる空母は必要だと思う。

日本で昨年10月に発売されたムック本(「別冊宝島1814 自衛隊・新世代兵器PERFECT BOOK 2035年兵器カタログ」)
日本で昨年10月に発売されたムック本(「別冊宝島1814 自衛隊・新世代兵器PERFECT BOOK 2035年兵器カタログ」)3

そしてこの中国の戦争準備報道・・・
昨日も書いたけれど3つの見方が(あくまで素人判断ですが)できると思う
一つは本当に戦争を準備し侵略の体制を整えているということ
二つ目は内部での権力争いの一環としてのブラフ
そして最後の三つ目が外交的戦略・謀略の類・・・


最後の三つ目について昨日の説明で少し話すと以下のようになる。

注意しなければならないのが中国の「戦争するぞ!」と見せかけて、ある日突然手のひら返しで「やっぱり仲良くしよう」と言ってくる時・・・
それは何故か・・・
理由は簡単である、その時に必ず何らかの利権を求めてくるのである
戦争するのと、日本の持つ利権(領土・主権も含まれる)を渡すのとどちらがいい・・と言ってくるのである
この時に中国の三戦戦略「世論戦」(情報戦)+「心理戦」+「法律戦」にやられていればコロッと乗ってしまうのかもしれないがそれは絶対にしてはならない。

一見戦争しなくていいじゃないかと安易に考えがちだが、これこそが中国の「戦わずして勝つ」外交戦略の一つなのである。


他人が、自分の欲しいものををっている時、強引に手を出して奪い損なえば、後で態度を改めて「分けてください」と頭を下げて頼んでも、貰えるはずがない。その常識をしっかりと理解させる。
そうすれば、これまでのことはあたかも無かったかのように、好意的な笑顔で友好ムードを演出しつつ握手の手を伸ばしてくるだろう。しかしこれに容易に乗ってはいけない。中国の対日外交の基本は、『握手をする時に、つま先を踏む』だ。外務省の官僚は、拳を振り上げてくる相手には断固として退かないが、握手する時につま先を踏まれると簡単に一歩退いてしまうという性格がある。
そこにつけ込まれているのだ、だから、中国は様々な形で喧嘩を仕掛けてくる。そして、必ず後で握手しようというサインを見せる。その時に飛びつかず、足を踏まれても痛いと言わずにじっと相手を睨みつける覚悟と根性が、対中政策上は必要なのである・・・・・。

(ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり -1接触編- P418より)



中国(朝鮮半島も)という国は信用ならない国である・・中国に利権を渡したり、共同管理何たらといったことをしても必ず反故にされ、そこを足がかりにさらに日本の主権を・・領土を・・利権を狙ってくる。
あの東シナ海のガス田がその端的な例



東シナ海ガス田問題 - Wikipedia 

東シナ海ガス田問題(ひがしシナかいガスでんもんだい)は、東シナ海での日本国と中華人民共和国(中国)のガス田開発に関わる問題。

ガス田の位置と日中中間線。日本名:春暁は「白樺」、断橋は「楠」、冷泉は「桔梗」、天外天は「樫」、龍井は「翌檜(あすなろ)」
問題となっている海域には中国側の調査で春暁(日本名:白樺)、断橋(日本名:楠)、天外天(日本名:樫)、平湖、冷泉(日本名:桔梗)、龍井(日本名:翌檜)の6ガス田が確認されているが、春暁(白樺)、断橋(楠)においてはその埋蔵地域が日中中間線の日本側海域に掛かっているため両国間の問題になっているほか、日本政府は天外天(樫)、龍井(翌檜)についても資源が中間線を越えて広がっている可能性を指摘している。

日本は経済産業省が中国に対抗し民間開発業者への試掘権付与手続きを行うなどしているが、この問題における出遅れや対応の遅さが指摘されている。



<以下参照>

中国軍高官、ガス田共同開発「認めぬ」
2012年3月7日8時0分 朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/politics/update/0307/TKY201203060865.html

 日中両国が2008年に共同開発で合意した東シナ海のガス田「白樺(しらかば)」(中国名・春暁)について、中国海軍の尹卓・少将が6日、朝日新聞記者らの取材に「中国が管轄する海域にあり、共同開発の対象ではない」と述べ、合意を認めないとの見解を示した。

 中国政府は「合意に対する立場は少しも変わりはない」(楊潔チー〈ヤン・チエチー、チーは竹かんむりに褫のつくり〉外相)としてきたが、共同開発に向けた両国の条約締結交渉は一昨年7月以来、開かれていない。中国が履行に動かないのは軍内に反対意見が強いためだとの見方がある中、軍高官自らがこうした主張を明言した形だ。

 尹氏は人民解放軍の海軍情報化専門委員会主任。領土問題や海軍の戦略策定に携わっている。国政助言機関、全国政治協商会議の委員でもある。


<参照終わり>

必ずなんだかんだと理由をつけてうやむやにしてすべてを奪おうとする・・・
それが中国という国である。



外交とは突き詰めればいかにして相手にこちら側の主張を押し付けるか
そして自国の国益と権益をどこまで確保できるか・・・

友好が目的ではなく、友好は国益確保の一手段でしかない・・
そのことを分かっているのかいないのか・・あえて無視しているのかはわからないけれど戦後日本の外交は


忖度外交(相手国の心を推し量って配慮すれば、国家関係が好転すると考える外交)で失敗してきた・・・

戦争をしろとは言わない・・・だがだからと言って泣き寝入り(相手におもねる外交)はするなとも言いたい。

言うべきことは言い、守るべきものは守る・・・
それなくして何が独立国家か・・



そして「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」(彼を知り己を知れば百戦して殆うからず:「孫子の兵法」謀攻篇)

中国の軍事力・・兵器の実際はいかなるものなのかちゃんと掌握しておく必要がある。

<以下参照>
中国兵器 外見は西側兵器似も中味劣るプラモデルと軍事通
2013.01.15 16:00 NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20130115_165319.html

 東アジアから米軍を追い出さんとする勢いの中国人民解放軍だが、その実力は本当に周辺諸国の脅威たるものなのか。軍事ジャーナリスト、清谷信一氏が人民解放軍の兵器技術力を分析する。

 * * *
 中国の2011年度の国防費は5836億元(約7兆2000億円)となった。過去5年で2倍、過去20年では約18倍だ。この公表された数字には研究開発費や一部の装備調達費は含まれておらず、本当の国防費は公表金額の2~3倍と見られている。

 中国は現在、核弾頭を搭載した弾道ミサイル24発の照準をわが国に合わせ、空母の建造にまで乗り出した。  

 これらの事実から中国の脅威を煽る傾向が強いが、その脅威がどれくらい脅威かは、冷静に分析すべきである。そのためにまず、中国の兵器開発の背景を知っておく必要がある。  第2次大戦後、中国は当時のソ連から技術を導入して、ソ連製兵器をコピーしていた。

 ところが、1960年代に入ると中ソ関係が悪化し、ソ連製兵器の導入ができなくなった。そこで中国は西側諸国に接近する。1970年代には米国との国交正常化、日本との国交回復によって、西側資本が中国に進出し、同時に軍事技術も移転し始めた。

 ヨーロッパ、とくにフランスは積極的に中国への兵器輸出を行なっていた。だが、1989年に天安門事件が発生。制裁として西側諸国は中国への技術移転や輸出を禁止した。ただし、軍民両用のデュアルユースは制裁措置の枠外として輸出可能だったため、1990年代もそれなりにヨーロッパの技術が入っていた。トウ小平の経済優先時代とシンクロして中国の工業全体のレベルが上がり、兵器の質も上がってきた。

 1990年代後半、中国の兵器技術力の上昇は徐々に欧米の脅威となった。2000年代にはアフリカや東南アジアの兵器市場で競合するようになってきたため、EU諸国は中国への軍事技術の供与を避けるようになった。

 ロシアはソ連時代から中国を警戒していたわけだが、関係悪化の中でソ連は崩壊し、背に腹は代えられず兵器を売り、中国はそれを許可もなくコピーした。

 中国はロシアのコピー兵器をよりによってパキスタンに作らせ、ロシアに支払っていないライセンスフィーをパキスタンから取った。パキスタンで作ったものはイスラム諸国に輸出されるため、ロシアにとって中国は「商売敵」になり、ロシアからの武器輸出や技術供与は再び絞られた。

 EUも兵器のコアとなるコンポーネント(部品)は渡さなかった。たとえば、装甲車のエンジンは売ってもトランスミッションの技術供与はしなかった。現在でも中国はオートマチックのトランスミッションを作る技術はない。

 したがって、外見だけ見れば西側の装甲車と見紛うほどのものを作るが、技術的にはまだまだ劣っている。各国の兵器見本市に行き、西側諸国の兵器を詳細に観察、トレンドを認識しながら西側的なものを取り入れ、外観だけ西側諸国の兵器を真似ているにすぎない。いわば“プラモデル”のようなものだ。

※SAPIO2013年2月号


<参照終わり>


次はこの人の話題・・・

この人の場合「友愛」だ「平和」だなんだといつも言っているが・・
彼の言うように「友好だ」「平和だ」「貿易だ」と安易にやるとやっぱりとんでもないことになる
中国の戦略・・つまり「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」(彼を知り己を知れば百戦して殆うからず:「孫子の兵法」謀攻篇)を理解しないと非常に危険なのだが
この方の場合敵どころか自分の立場、能力、迷惑度すらわかっちゃいないから質が悪い
もうパスポート取り上げて国外に出れなくするか、いっそのこと中国にのしつけて渡したい気分だ。

<以下参照>
尖閣めぐり集中議論 鳩山氏と唐・元国務委員 北京市内で会談
2013.1.16 01:04 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130116/chn13011601090000-n1.htm

対日交流団体「中日友好協会」会長の唐家●(=王へんに旋)元国務委員との会談に向かう鳩山由紀夫元首相(中央)=15日、北京市内(共同)
対日交流団体「中日友好協会」会長の唐家●(=王へんに旋)元国務委員との会談に向かう鳩山由紀夫元首相(中央)=15日、北京市内(共同)

 鳩山由紀夫元首相は15日、中国を訪問し、対日交流団体「中日友好協会」会長の唐家●(=王へんに旋)元国務委員と北京市内で会談、両国間で対立が深まる沖縄県・尖閣諸島をめぐり意見交換した。

 鳩山氏は会談の内容を明らかにしなかったが、同席者によると、尖閣問題が会談の3分の2を占めた。

 唐氏から16日には賈慶林全国政治協商会議主席が鳩山氏との会談に応じると伝えられたという。

 また、鳩山氏は16、17両日には南京市を訪れ、「南京大虐殺記念館」を見学する予定という。

 訪中は日中関係改善を模索するためだが、自身が掲げた「東アジア共同体構想」など、鳩山氏の対中姿勢が安倍晋三首相とは異なることを懸念する声も出ている。(共同)


<参照終わり>

我々日本国民は一体いつまでこの謎の鳥ならぬルーピーに翻弄されなければならないのか・・・

RIMG9925_20100420073404_20130111082111.jpg

たかじんNOマネー 2012.10 (11)
まさに民主党が作り出した冬のお化け・・・といったところか

誰か止めろよ・・そして二度と外交でもめている国に行かすな。
速やかに日本政府は鳩山元首相の発言は無効と世界に宣言すべき

もうルーピーに日本外交をむちゃくちゃにさせてはならない。

謎の鳥



最後はこの話題

日本人は和を重んじる。これは皆がまとまるためなら、少しのことなら我慢する、我慢させるという性格として表れる。そして身内には「事を荒立たせるな」という態度を取り、譲る態度を度量が深いともてはやす。だが、それは外交交渉においては、握手の時につま先を踏まれると、一歩でも二歩でも退いてしまうという弱点となってしまう。そしてその少しの譲歩が累積して最終的には大きな損を押しつけられるという事態になってしまうのである。」
(ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり -4総撃編- P391より)



<以下参照>
【風を読む】
論説副委員長・高畑昭男 中国がいやがる指針見直し
2013.1.15 07:40 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130115/plc13011507400007-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130115/plc13011507400007-n2.htm

 日米両政府は自衛隊と米軍の役割分担など日米安保体制下の協力のあり方を示す「日米防衛協力のための指針」(ガイドライン)の見直しに着手することになった。

 指針が作られたのは1978年だが、冷戦後の97年に現行の指針に改定された。今回はざっと16年ぶりの再改定作業にあたる。

 見直しの最大の要因は、21世紀の安保環境が激変したことだ。北朝鮮の核・ミサイル開発に加え、中国の力ずくの海洋進出が進んでいる。とりわけ尖閣諸島奪取を狙う実力行動は急速にエスカレートしてきた。

 いずれも現行指針で想定されていなかった事態であり、日本の安全は急を告げているといえる。安倍晋三新政権の下でしっかりと指針を見直してほしいのはもちろんだが、忘れてならないのは、中国にいらぬ遠慮は禁物だということだ。

 思い起こすのは、現行指針で周辺事態への対応が決まり、99年に周辺事態法を含む関連法が整備された当時の日本の状況だ。国会では「周辺地域には台湾を含むのか」といった神学論争が繰り返され、外務省の局長が更迭されたりした。

 その背景には、指針や周辺事態法などに中国が強く反発し、日本が無用の配慮を重ねたことがあった。その後の在日米軍再編や沖縄への新型輸送機オスプレイ導入問題などでも「対中配慮」が顔を出す。

 だが、中国が反応する理由は、日米の行動が軍事戦略的に中国に不利になるからだ。それを遠慮していたのでは、抑止の向上は望めないし、日本の平和も守れない。

 尖閣諸島を守る攻防は、外交・安保の両面で長期の消耗戦になる。無益な挑発に乗る必要はないが、相手は一線も二線も越えて攻勢を強めている。こちらも相手がいやがるからといって遠慮すべきではない。

 指針の見直しは日米の抑止力の実効性を高める上で欠かせない。同時に、中国の行動を牽制(けんせい)する外交的効果もある。そうした効果も含めて、しっかり踏み込んでいきたい。


<参照終わり>


過去に安倍氏と麻生氏が出演したTVタックルで以下のようなやりとりがありました

※以下動画
(宮崎氏発言)28分30秒頃~
(麻生氏発言)33分30秒頃~

タックル 2010年11月8日 安倍晋三&麻生太郎
タックル 2010年11月8日 安倍晋三麻生太郎
http://www.dailymotion.com/video/xoqbyn_yyyy-2010y11y8y-yyyy-yyyy_news

2010年11月8日放送の「ビートたけしのTVタックル」より
RIMG2377.jpg
宮崎氏
「これはもう自公政権の時から、あの同じなんだけど、外交問題でね、波風を立てるといけないというこう・・・
例えば経済界やメディアのこう・・暗黙の前提があるんですよ。

で、やみくもに・・あの・・波風を立てるのはよくないんだけど。
戦略的に波風を立てるということもあり得るわけで。
あの・・そういう意味では波風を立てる事をすごく嫌うっていうのは、これは・・これでは外交になりませんよね。


(※感想:宮崎氏の言う通り。
特に今の菅政権・その前の鳩山政権はとにかく中国と韓国に気を遣いすぎ。
不必要なぐらいに・・・。
これでは日本の国益も名誉も守る外交など出来るわけがない!)



RIMG2378.jpg
麻生元総理
「隣の国が嫌がることはしないなんて
それは・・そんな世の中みんな上手くいきません・・」


-CM-

ここからは気になったところだけ抜粋

※総理大臣をもう一度やってもいいの質問にて

RIMG2379.jpg
麻生元総理
「正直申し上げて、麻生とか安倍とかいうような性格の人達が日本の総理を期待される時代てのは、あんまり日本という国が平時じゃなくて有事ですな。
非常事態だと思いますよ。

そういうのに向いた性格なんじゃないかしらねえ、両方とも。
思想的な考え、対中関係で、物事はなるべく波風立てないようにしようなんていう性格じゃありませんから両方とも。
きっちり・・やるべき時はきっちりやるべきです。」



ぜひ毅然たる態度で中国にも韓国にも望んで欲しいところです。


おまけ記事・・ガンバレ自衛隊!


空挺団降下始め 離島防衛を初想定 - MSN産経フォト
http://photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/2013/01/14narashino/

空挺団降下始め 離島防衛を初想定
2013.01.14

撮影場所 陸上自衛隊第1空挺団(千葉県船橋市)
サブジャンル [ニュース] [防人] [イベント・祭典]

空挺団降下始め 離島防衛を初想定 - MSN産経フォト
陸上自衛隊第1空挺団の降下訓練始めでC-1輸送機から次々と降下する隊員 =13日午前、千葉県の習志野演習場(酒巻俊介撮影)

 国内で唯一の落下傘部隊の陸上自衛隊第1空挺団(千葉県船橋市)による毎年恒例の降下訓練始めが13日、習志野演習場(同市など)で行われた。今年は離島防衛を念頭に置いた訓練を初めて実施。小野寺五典防衛相やアメリカ軍関係者も視察に訪れた。


空挺団降下始め 離島防衛を初想定 - MSN産経フォト 1
空挺団降下始め 離島防衛を初想定 - MSN産経フォト 2
 演習場を敵が占領した島に見立てた。海岸近くの着水に備え、救命胴衣など最大80キロの装備を装着した隊員が次々と降下。想定のもと、海自や空自の支援を受けた隊員らが、海上輸送で到着した後続部隊とともに島を奪い返した。

空挺団降下始め 離島防衛を初想定 - MSN産経フォト 3
空挺団降下始め 離島防衛を初想定 - MSN産経フォト 4
 例年は、本土に侵入した敵部隊の背後に降下する想定。中国船の領海侵犯などで沖縄県近海で緊張が高まる中、現実的な脅威に備える狙いがある。

(写真撮影 酒巻俊介)





中国の領土的挑発・侵略行為に対する防衛

2012年2月12日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」

自分の国は自分で守ると言う強い意志を中国に対して見せなければならない



日本の領土防衛s

尖閣防衛 領土防衛 2 j

防人たちの日本防衛の任務達成と無事なる帰還を祈りたい。



★:「竹島プロジェクト2013」★

2月22日は「竹島の日」 竹島プロジェクト2013

さくらのみや日記 竹島プロジェクト2013
http://sakurasakurasakura3.blog53.fc2.com/blog-entry-908.html
ブログ参加概要(推奨):
ブログやホームページに竹島の画像、イラスト、文字等を配置し、互いにリンクする。
島根県Web竹島問題研究所へのリンクをはり、2/22竹島の日のアピールに勤めます。



ちなみに・・・

竹島 尖閣 北方領土の日2

1月14日は「尖閣の日」(石垣市)
尖閣諸島(中国が虎視眈々と狙っている)


2月7日は「北方領土の日」
(昭和56年1月6日閣議了解)
北方領土(ロシアが不法占拠)

2月22日は「竹島の日」(島根県)
竹島(韓国が不法占拠)

<参考>
日本の領海等概念図(海上保安庁JapanCoastGuard)
Conceptual Japan waters, etc.
日本の領海等概念図 海上保安庁
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/JODC/ryokai/ryokai_setsuzoku.html




★:注意とお願い★

 最近コメントをしていただけるのはありがたいのですが、コメントに名前を入れずに空欄でコメントされる方が多いです(ホストを確認すれば8割方は同一なのですが)
過去に何度かコメントしましたがコメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を(他人の振りをするのも含む)名乗る等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)




※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

コメント欄・トラックバックをご利用される方は左のプロフィール下の【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】をご一読下さい。

<注意事項>

特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、口調が喧嘩腰、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもや
営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿など
宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど
管理人が不適切と判断した場合は基本的に削除します。
コメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を名乗る(他人の振りをするのも含む)等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)
悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。
違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。



尚、コメントは全て拝読させて頂いておりますが、当方の仕事の都合等でお返事出来ない時がありますので平にご容赦下さい。

※:書き起こしについては誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので引用される場合はご注意を。



<銀魂>

今井信女 05
今年に入りいよいよ銀魂も再放送から「一国傾城篇」に入り面白くなってきました
気になるのは来期からの放送がどうなるのかということと映画・・何か春から夏になってましたが・・・

いずれにしても自分個人としては銀魂には頑張って欲しいところ



宇宙戦艦ヤマト2199
宇宙戦艦ヤマト BBY-01 宇宙戦艦ヤマト2199  470
http://yamato2199.net/index.html

見ての感想は人それぞれだろうけれど自分はなかなか良かったと思います。
今後の続きに期待したいです。


『宇宙戦艦ヤマト2199 第四章 銀河辺境の攻防』プロモーション・ビデオ
『宇宙戦艦ヤマト2199 第四章 銀河辺境の攻防』プロモーション・ビデオ
http://youtu.be/ctmO-z08LdM

第一章の映画館での上映が大和が沈んだ4月7日・・・
そしてこの第4巻(第四章)の発売が竹島の日の2月22日
偶然なのかそれとも意図したものか・・・スタッフの熱いモノが何かあるのではと思ってしまう。

宇宙戦艦ヤマト2199 4 [Blu-ray]宇宙戦艦ヤマト2199 4 [Blu-ray]
(2013/02/22)
菅生隆之、小野大輔 他

商品詳細を見る


宇宙戦艦ヤマト2199 (2) (カドカワコミックス・エース)宇宙戦艦ヤマト2199 (2) (カドカワコミックス・エース)
(2013/01/10)
むらかわ みちお

商品詳細を見る
ニュータイプエースで連載中、話題の宇宙戦艦ヤマト2199のコミックス版。初のワープテストに波動砲・・ヤマトとガミラスの戦い。




アルファポリスWeb漫画セレクション(毎月30日更新)
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
長編 連載中 漫画:竿尾悟/原作:柳内たくみ
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第15回
原作を知っている方ならわかると思うけど太郎閣下のモデルは・・・
http://www.alphapolis.co.jp/manga/view_manga_opening.php?manga_sele_id=138000030

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり(2) (アルファポリスCOMICS)ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり(2) (アルファポリスCOMICS)
(2013/01/25)
竿尾 悟、柳内たくみ 他

商品詳細を見る
待望のコミック第2巻、交易都市イタリカと伊丹達の運命は・・・。



sakuya 2

ランキング用
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>石破茂幹事長は役員会後の記者会見で、県主催の式典参加について「重要かつデリケートな問題」と述べ、慎重に判断する考えを示した。


こんなこと後出しで言うなら、なぜ衆院選の公約に「竹島の日の政府主催式典」なんて明記したのでしょうね。
政府主催どころか、韓国の大統領選に出るために延期。
韓国側から理由をつけ断られて、式典延期の理由も失せたのに
延期。これで安倍さん以下閣僚の出席すらないとなったら
公約は何だったのでしょう? そもそも大統領就任式なんか
はじめから分かっていたことじゃないですか、竹島の日と相前後する日になることなんか。
国 旗
japa001m.gif
鎮守府訪問者数
閲覧者数: 現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
気象:天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

銀時

Author:銀時
リアルにおいて陸上自衛隊に入り現在予備自であるのになぜか
某ゲームにおいて某鎮守府提督に就任
自慢は現在のところ自艦隊から一隻も轟沈が出ていないこと。
日本とアニメと漫画をこよなく愛する
マダオ(まるでダメなオッサン)

基本政治関係を書いてますがたまにアニメや漫画
の絵?(最近はGIF)なんか書いたりしてます。

基本ぐだぐだなので
まったりと?いきたいので
宜しくお願いします!

好きなアニメ・漫画は

『銀魂』「信長協奏曲」「宇宙戦艦ヤマト2199」等…

旧「銀色の侍魂」管理人
ブログ名称変更に「艦これ」と「アルペジオ」のコラボイベントに感化されたとかされないとか・・・

※※※ ※※※ ※※※ 【twitter】
秘書官(さくや)
さくや(冬)
今日の運勢
鎮守府神社掲示板
鎮守府掲示板(リンク集)
Amazon 検索

民主党 外国人参政権 人権擁護法案 小沢 竹島 鳩山 夫婦別姓 長崎 拉致問題 人権侵害救済法案 主権 チベット 国連 人種差別撤廃委員会 青山繁晴 櫻井よしこ すぎやまこういち メディアパトロールジャパン 朝鮮学校 川上 恫喝 脱税 検察 日教組 個所付け 麻生 安倍 韓国 西村幸祐 子供手当 特捜部 石平 そらのおとしもの イカロス エリザベス 桂小太郎 志村新八 定春 ニンフ アストレア 戦艦 大和 御坂美琴 インデックス とある魔術の禁書目録 上条当麻 神楽 坂田銀時 張景子 三宅久之 TVタックル 参政権  MPJ 長島昭久 高市早苗 外国人住民基本法 銀魂 穀田恵二 小川敏夫 山際澄夫 自衛隊 

コメント欄等の注意事項
コメント欄・トラックバックをご利用される方はご一読下さい。 【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】 (1)特定の個人を誹謗中傷する投稿とそれに類する投稿。 (2)特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもの。 (3)営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿 (4)営利目的等でなくとも単なる広告や宣伝に終始する投稿   (集会や署名のお知らせ等はOKですが、複数スレに渡ってのマルチ等、目に余るものは削除対象です) (5)その他、管理人や特定の個人にとって不利益となる投稿   (自分または他人の住所、電話番号、家族構成等、個人情報に類する投稿) (6)宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど。 但し、日本神道や仏教等日本古来の文化伝統に息づくものは除外。 (これらの名を語る管理人が怪しいと感じたものは削除対象) (7)その他、管理人が不適切と判断する投稿 上記投稿と管理人が判断した場合は基本的に削除します。 悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。 違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。
ランキング
アンケート
鎮守府司令部前掲示板
竹島も尖閣諸島も対馬も北方領土も日本列島とその他の島々も日本領!
軍艦旗
japa002m.gif
河野談話作成過程検証報告書
平成26年 官房長官記者会見 記者会見 首相官邸HP http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201406/20_p.html  首相官邸HP 河野談話の作成過程検証報告書(PDF) http://www.kantei.go.jp/jp/kakugikettei/2014/__icsFiles/afieldfile/2014/06/20/20140620houkokusho_2.pdf 外務省HP【英語版】 河野談話の作成過程検証報告書(PDF) http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000042169.pdf
竹島プロジェクト2016
竹島は間違いなく、日本の領土だ! 竹島プロジェクト2016 C2 「島根県 Web竹島問題研究所 かえれ島と海」へリンク。
< 参 考 > ぼやきくっくり 竹島プロジェクト2016 ブログ参加概要(推 奨): ブログやホームページに竹島の画像、イラスト、文字等を配置し、互いにリンクする。 島根県Web竹島問題研究所へのリンクをはり、2/22竹島の日のアピールに勤めます。
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
Amazon商品一覧
くまみこ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)  
くまみこ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)



ぎんぎつね 10 (ヤングジャンプコミックス) 
ぎんぎつね 10 (ヤングジャンプコミックス)



艦隊これくしょん ‐艦これ‐ side:金剛 (1) 限定版 (カドカワコミックス・エース) 
艦隊これくしょん ‐艦これ‐ side:金剛 (1) 限定版 (カドカワコミックス・エース)



銀魂―ぎんたま― 54 (ジャンプコミックス) 
銀魂―ぎんたま― 54 (ジャンプコミックス)



風雲児たち 幕末編 23 (SPコミックス) 
風雲児たち 幕末編 23 (SPコミックス)



Amazon商品一覧(2)
Amazon商品一覧(3)
ねんどろいどぷち 艦隊これくしょん -艦これ- 6個入りBOX 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいどぷち 艦これ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済みトレーディング可動フィギュア 6個入りBOX) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 赤城 (ノンスケール ABSPVC 塗装済み可動フィギュア)02 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 赤城 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 加賀 (ノンスケール ABSPVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 加賀 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 金剛 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 金剛 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 比叡 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 比叡 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 榛名 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 榛名 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 霧島 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 霧島 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 熊野 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 熊野 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 鈴谷 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 鈴谷 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 北上 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 北上 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 大井 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 大井 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん ~艦これ~ ねんどろいど 島風 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん ~艦これ~ ねんどろいど 島風 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 天津風 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 天津風 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 伊401 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 伊401 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

日本を守ろう

民主党 外国人参政権 人権擁護法案 小沢 竹島 鳩山 夫婦別姓 長崎 拉致問題 人権侵害救済法案 主権 チベット 国連 人種差別撤廃委員会 青山繁晴 櫻井よしこ すぎやまこういち メディアパトロールジャパン 朝鮮学校 川上 恫喝 脱税 検察 日教組 個所付け 麻生 安倍 韓国 西村幸祐 子供手当 特捜部 石平 そらのおとしもの イカロス エリザベス 桂小太郎 志村新八 定春 ニンフ アストレア 戦艦 大和 御坂美琴 インデックス とある魔術の禁書目録 上条当麻 神楽 坂田銀時 張景子 三宅久之 TVタックル 参政権  MPJ 長島昭久 高市早苗 外国人住民基本法 銀魂 穀田恵二 小川敏夫 山際澄夫 自衛隊 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。