スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍新首相会見 No1 「『危機突破内閣』を組織した」安倍新首相会見 No2 集団的自衛権「4類型でいいのか検討する」 敵は特亜三国に反日サヨク勢力にマスコミ等々…船で言えばまだ抜錨(出航)しただけ、航海(戦い)はこれから、その手腕が試される 。【お前が言うな&ブーメラン】政治大国を目指す日本が治すべき「三つの持病」―中国報道…【国民に認められなかった選挙結果は無視?】自公の政権合意 国民は認めないゾ-「構造改革」復活と改憲路線


よかったら応援クリックお願いします。

ランキング用



女性自衛官 敬礼 000G



 昨日、2012年12月26日大2次安部内閣が組閣されました
多くの国想う国民が待ち望んだ第2次安倍内閣のスタートです

2012年12月26日 記念撮影に応じる第2次安倍内閣認証式のあと記念撮影に応じる、第2次安倍内閣の閣僚 =26日、皇居宮殿(荻窪佳撮影)
2012年12月26日 記念撮影に応じる第2次安倍内閣認証式のあと記念撮影に応じる、第2次安倍内閣の閣僚 =26日、皇居宮殿(荻窪佳撮影)

<以下参照>

第2次安倍内閣 閣僚名簿
2012.12.26 16:11 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121226/plc12122616120018-n1.htm

 自民党の安倍晋三総裁(58)は26日午後、衆参両院の首相指名選挙で第96代の首相に選出された。これを受けて安倍氏は内閣の顔ぶれを決定。閣僚名簿を発表した。

第2次安倍内閣 閣僚名簿
■名簿の見方:【初】は初入閣。下段は略歴、所属派閥、選挙区、衆参と当選回数。太田昭宏氏のみ公明党。 ※スマホなどで表示されない際はPC版でご覧ください。



<参照終わり>

これは言わば民主党による3年3ヶ月に渡る暗黒政治から日本復活に向けてのスタートライン
船で言えばまだ抜錨(出航)しただけ


宇宙戦艦ヤマト2199 PV【高画質】Promotional video Space Battleship Yamato 2199
(画像はイメージです)

航海(戦い)はこれからといったところでしょうか?
安倍総理率いる自民党政権は我々日本国民を・・我が国日本をどこへ導いてくれるのか
そして中国・韓国・北朝鮮にロシアなど日本を虎視眈々と狙う諸外国にどう向き合い
そして日本国内に巣食う反日サヨク勢力・マスコミ(朝日・毎日・テレ朝・TBSbにNHKなど)どう立ち向かうのか


宇宙戦艦ヤマト2199 PV【高画質】Promotional video Space Battleship Yamato 2199 01
「宇宙戦艦ヤマト2199 第二章 太陽圏の死闘」 PV 120秒バージョン
(画像はイメージです)

「危機突破内閣」その手腕が試される

是非とも日本再生、戦後レジュームからの脱却を果たして欲しい。


昨日の記者会見の詳報がありましたので少々長いですが紹介します。
動画で見てもらったほうがわかり易いのですが

<参考動画>

安倍新首相会見 No1 「『危機突破内閣』を組織した」
安倍新首相会見 No1 「『危機突破内閣』を組織した」
http://youtu.be/TW1a2GQOvwc

安倍新首相会見 No2 集団的自衛権「4類型でいいのか検討する」
安倍新首相会見 No2 集団的自衛権「4類型でいいのか検討する」
http://youtu.be/_on1ROoNW3o



文字で見たほうがわかりやすいものもあるのではと思います。

<以下参照>

【安倍首相記者会見】
詳報(1)「成長を諦めた国に未来はない」
2012.12.26 22:54 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121226/plc12122622550033-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121226/plc12122622550033-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121226/plc12122622550033-n3.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121226/plc12122622550033-n4.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121226/plc12122622550033-n5.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121226/plc12122622550033-n6.htm

首相官邸で記者会見をする安倍晋三首相=26日午後、首相官邸(桐原正道撮影)
首相官邸で記者会見をする安倍晋三首相=26日午後、首相官邸(桐原正道撮影)

 「本日、第96代内閣総理大臣を拝命致しました。先般の総選挙の結果を受けて、自民党、公明党で連立政権を樹立致しました。今回の総選挙の中において全国を遊説で回りながら、国民からの期待として、この政治の混乱と停滞に一日も早く終止符を打ってもらいたいと、そういうひしひしとした期待を感じました。一方、まだまだわが党に対して完全に信頼が戻ってきているわけではない。政治全般に対する国民の厳しい目が、ついていることを実感を致しました」

 「その中で内閣を発足し、一日も早く結果を出していくことで信頼を重ねていきたい、信頼を得ていきたいという緊張感で今、いっぱいであります。この3年間、民主党政治の結果として、経済においても外交安全保障においても、あるいは教育、暮らしにおいてもさまざまな課題が山積しておりますが、過去を振り返っても、あるいは前政権を批判しても今、現在、私たちが直面している危機、課題が解決されるわけではありません。われわれは過去を振り切り、今から未来に向かって力強く第一歩を踏み出していきたい。こう考えています」

 「国家が国民のために目前の危機を打ち破っていく、という覚悟において本日、危機突破内閣を組織致しました。総裁や代表経験者、あるいは次世代を担うリーダー候補に入閣していただきました。人物重視、実力重視の人事を行いました。危機突破のために十分にその力を発揮していただきたいと思います。この危機突破内閣の発足にあたって、すべての閣僚に対しまして経済再生、復興、危機管理の3つに全力で取り組むよう指示致しました」

 「特に危機管理に対しましては現在も北日本の日本海側では劇的な大雪となっており、大きな被害の発生も懸念されます。先ほど、内閣危機管理監に対して人命保護を第一に、警戒対応に万全を尽くし、今後の大雪対策に万全をきすべく対策室の設置を指示いたしました。政権を担うことになった以上、その瞬間から油断することなく全力で危機管理にあたる責任があります。そのことを閣僚全員に徹底致しました」

 「東日本大震災の被災地は二度目の寒い冬を迎えています。いまだに32万人の方々が仮設住宅などで避難生活、困難な生活を強いられています。復興の加速化がなによりも重要であると認識しています。被災地、とりわけ福島の現場の声に精通した方に復興大臣になっていただきました。被災地の心に寄り添う現場主義で、復興庁職員の意識改革、復興の加速化に取り組んでいただきます」

 「特に福島については除染や生活再建など課題は山積だが、新設した福島原発事故からの再生総括担当大臣を中心に関係省庁の力を結集して、国が前面に立って、国の責任で再生に取り組んで参ります。閣僚全員が復興大臣であるという意識を共有し、あらゆる政策を総動員して参ります。これにより単なる最低限の生活再建にとどまらず、創造と可能性の地としての新しい東北を作り上げて参ります」

 「強い経済は日本の国力の源であります。強い経済の再建なくして財政再建も日本の将来もありません。長引くデフレで額に汗して働く人たちの手取りが減っています。歴史的な円高で国内で歯を食いしばって頑張っている輸出企業もだんだん空洞化しています。強い経済を取り戻す。これは正に喫緊の課題であります」

 「経済再生の司令塔として日本経済再生本部を創設致します。経済財政諮問会議も再起動致します。新たに経済再生担当大臣、デフレ脱却・円高対策担当大臣、産業競争力担当大臣を設けて、きめ細かな政策実施に向けた体制を整えました。内閣の総力をあげて大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略、この三本の矢で経済政策を力強く進めて結果を出して参ります。頑張った人が報われる日本経済。今日よりも明日の生活が良くなると実感できる日本経済を取り戻して参ります」

 「そして国益を守る、主張する外交を取り戻さなければなりません。日中関係、日韓関係、そして日本の外交安全保障の基盤である日米関係にたくさんの課題があります。アメリカ、ロシア、インド、ASEAN諸国など世界地図を俯瞰するような視点で戦略を考えていくことが必要であります。総合力としての外交を戦略的に展開して参ります。何よりも日米同盟の信頼関係を再構築しなければなりません。先日、オバマ大統領と電話会談を致しました。その際、長期に渡って関係を構築していくことで合意致しました。日本外交の基軸である日米同盟の絆を改めて強化していくことが日本の外交安全保障立て直しの第一歩であると認識しております」

 「首相として国民の生命、領土、美しい海を守り抜いていくという決意を示していきたいと思います。今この瞬間にも尖閣諸島沖では海上保安庁や自衛隊の諸君が日本の海や空を守っています。日本の安全保障はひとごとではなく今そこにある危機であります。新たに国家安全保障強化担当大臣を設けました。司令塔となる国家安全保障会議の設置など内閣をあげて外交安全保障体制の強化に取り組んで参ります」

 「現在、子供たちの命と未来が危機的な状況にあります。いじめや学力の低下などさまざまな問題に危機にひんしている教育の再生は政治の責任であります。先の安倍政権時代に教育基本法を改正しました。改正教育基本法の下で、公教育の最終責任者たる国が責任を果たしていく仕組み作りなど、より具体的な改革を進めて参ります。子供たちに世界トップレベルの学力と規範意識、歴史や文化を尊重する態度を育んでまいります」

 「一つ一つの国民の暮らしの不安を払拭していかなければなりません。安心社会を作り上げることも安倍内閣の重要課題であります。笹子トンネル事故は高度経済成長時代に作り上げられたインフラの老朽化に対する国民の皆様の不安を高めました。国民の命を守るため、また、日本の競争力を高めていくためにも国土強靱化対策を進めて参ります」

 「持続可能性な社会保障制度の確立も喫緊の課題であります。3党合意に基づきまして社会保障・税一体改革を継続して参ります。また女性活力子育て支援担当大臣を設置致しました。女性が活躍し、子供を産み、育てやすい国を作っていくことも安倍政権の使命であります。まず隗より始めろとの精神に基づいて、党の4役のうち二人を有能な女性にお願い致しました。今回の人事でも実力本位で積極的に女性を登用致しました」

 「最後に繰り返しになりますが、この政権に課せられた使命はまず強い経済を取り戻していくことであります。人口が減少していくから成長は難しい、確かに難しい条件ではありますが、成長を諦めた国、成長していこうという精神を失った国には未来はないと思います。われわれは決断し、そして正しい政策を実行することによって成長していく。明るい未来を目指して、国民一丸となって進んでいく国づくりを目指していきたいと考えております。私からは以上です」(「2」につづく)





【安倍首相記者会見】
詳報(2)6年前の安倍内閣人事「肩に力が入りすぎた結果、批判を受けたことは事実」
2012.12.26 22:59 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121226/plc12122623010034-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121226/plc12122623010034-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121226/plc12122623010034-n3.htm

首相官邸で記者会見をする安倍晋三首相=26日午後、首相官邸(大里直也撮影)
首相官邸で記者会見をする安倍晋三首相=26日午後、首相官邸(大里直也撮影)

 -6年前の安倍内閣ではお友達内閣との批判が出て内閣崩壊の原因といわれる。今回は反省を踏まえた人事ができたか。閣僚の顔ぶれに中韓から警戒する声も出ている

 「6年前、私はまだ52歳になったばかりでありまして、今よりも若く、そして理想に燃えておりましたが、肩に力が入りすぎていたのも事実であります。私と考えを同じくする、同じ方向を見つめている志を同じくする人々を集めようということで、力が入りすぎた結果ですね、そういう批判を受けたことは事実であります」

 「今回はそうした観点から、必ずしも私と完全に意見が一致する人ばかりではなくですね、広い見地から能力を重視をしながら幅広く安倍内閣に参加をしていただいたつもりであります。評価は皆様にお任せをしたいと思います」

 「外交においては国益が第1であります。国益を確保する上において、時には国益同士がぶつかる場合がある。その時には戦略的な外交を展開していくことは当然であろうと思います。民主党政権はどうだったでしょうか。民主党政権はまさに歓迎されたではないですか。結果はどうだったかということをよく見ていただきたいと思います」

 --補正予算の規模はどのくらいを想定しているか。民主党政権が採用した国債発行枠44兆円を見直すか。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)は交渉参加に前向きか。原発に関する新規建設を含めた今後の方針は

 「まずはじめに、TPPについてでありますけれども、TPPについてはですね、われわれ自由民主党の公約については、公約においてはですね、聖域なき関税撤廃を前提条件とする以上、交渉参加に反対するという考え方でありました。そして、今般、公明党との連立合意においては、国益にかなう最大の道を求めて。これは当然の、いわば合意であり、また公約であったと思います。いわば経済交渉においては結果がすべてであります。結果、国益が守れた、得るものが、得ることできたか。という観点からですね、国益を守ることができるかどうかということをいわば中心に置きながら、われわれはTPP、まだですね、十分な情報を今政権についたばかりでありますから、まずこの十分な状況を、あるいは情報を分析をしながら、これから総合的に検討していきたいと思っております」

 「続いて補正予算についてでありますけれども、補正予算についてはですね、これは大型の補正予算になります。その理由はですね、デフレ脱却、これがわれわれの政権に課せられた使命であります。そのデフレを脱却していく上において、まずデフレギャップを埋めていくということが重要であります。そしてもう1点は、残念ながら選挙の時期の関係によってですね、予算の成立が遅くなる可能性が高い中において、暫定予算を組んでいくことになる。それをカバーをしていく必要があるんだろうと思います。そういう意味において、大型の補正予算を組んでいくことになります。そして、それと同時にですね、この財源についての質問がございましたが、必要な財源。これは今の基本的な考え方の中において、もちろん中身についてもですね、しっかりと見極めを行っていくのが当然でありますが、将来につながる施策を見極めた上においてですね、それに必要な財源は確保していきたいと考えています」

 「同時にですね、もう1点は、原発でありますが、原発についてはですね、われわれ自由民主党の基本的な姿勢もございますし、また公明党との公約もあるわけでありますが、われわれは国民の生活、暮らしに責任を負う政権としてですね、当面の電力需要にどう対応していくか。これも直ちに検討していかなければならないわけであります。そして、経済の競争力についてもですね、これはしっかりと検討していかなければ国内の例えばものづくりの空洞化が進んでいくという危険性もあります。その中においてまずは半年間において、原子力規制委員会においてですね、厳しいルールをつくっていく。これは安全が第一でありますから、その精神のもとに厳しいルールをつくり、そして3年間において稼働すべきかどうかという判断を進めていく。と同時に再生可能エネルギーなど、そうした分野における開発またイノベーションを進めて参ります。そうした中において10年間でベストミックスを考えていくという基本的な考え方であります」(「3」につづく)




【安倍首相記者会見】
詳報(3=完)集団的自衛権「4類型でいいのか検討する」
2012.12.26 23:08 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121226/plc12122623100035-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121226/plc12122623100035-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121226/plc12122623100035-n3.htm

 --首相がコロコロ代わるのは根本的な理由が制度上にあるのか。違うところに問題があるのか。今回の安倍政権は長く存続できるのか。そうであればその理由について

 「まず、どうしてこんなにこの数年間で総理が代わったのか。私は96代の総理大臣でありますが、90代の総理でもありました。また、もう一度、最初に戻ってまた同じことがあっては決してならないと思います。ですから、私は1年間で終わらざるを得なかった政権の担当者として、大きな責任を感じています」

 「と同時に政権を担った経験、挫折をした経験を生かしていきたい。そうした不安を国民の皆様に二度と抱かせることがないような政権運営をしていきたい。まさに求められているのは、政治の混乱と停滞…混乱と停滞であります。この混乱と停滞に終止符を打つためにも、安定的な政権運営を行っていくことがわれわれの使命であろうと、このように思います」

 「制度的な問題点うんぬんの話についてはですね、この制度の中において小泉(純一郎)政権は長期政権であったのでありますから、必ずしも制度に帰する問題ではないんだろうと、このように思います。今後、この発足した政権が安定した政権になるように、これから結果を出していくことによってですね、国民の皆様の信頼を得て、そして安定的な政権としていきたいと思っております」

 --集団的自衛権の行使について来年夏の参院選までに実行する考えがあるか。その場合はこういった憲法解釈の変更に消極的な公明党との関係については

 「まずは自公関係になりますけど、自民党と公明党の連立政権はきょう発足しました。この連立政権によって政権基盤は安定し、政策を実行できるわけであります。つまりこの連立政権については、いわばさらに強固なものにしていきたいと基本的にそう考えているわけです。これが私の基本的な姿勢であります」

 「その上において、集団的自衛権の行使、解釈の変更についてでありますが、安倍政権において安保法制懇(第1次安倍政権の平成19年4月に設置した『安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会』)の結果が、報告は福田(康夫)政権において官房長官に対してなされたわけであります。あの類型でいいのかどうかということについて、もう一度、あの報告を安倍政権において有識者からいただくことによって、また検討を始めていきたいと思っている」

 --来年の参院選でインターネットを利用した選挙活動の解禁を目指すのか。目指すとすればその意義について

 「結論から言えば、来年の参院選挙までの解禁を目指していきたいと思う。意義についてはですね、いまの選挙法自体がポジティブリストになっているわけでありまして、これはずいぶん、この法律ができたのはずいぶん昔の話なんですね。そしていまインターネットを多くの人たちが活用しています。少数の人にとどまっているのであればですね、これは問題があるのだろうと思います」

 「相当多くの方々が活用しているわけでありますし、さらにですね、IT戦略会議を活性化させて、担当大臣を置いて、このITにおいても日本がIT国家としてさらに成長していくように努力をしていきたいと思います。そしてそれと同時にですね、この選挙においてインターネットを使わないということは私は不自然なんだろうと考えています」

 「むしろ、自分の考えを多くの方たちに知ってもらう上においては、予算もかからないわけでありますし、効果的でもあるわけでありますし、そして多くの人たちが同じ土俵で戦うことになれるわけでもありまして、特定の候補者がこれを使うことによって、他の候補者が不利にならないということにならなければいけない。ただ、同時にそのなかにおいて、ルールをどう設定していこうかということも当然考えていく必要はあるんだろうと思います」



<参照終わり>


■ 追 記

 安倍政権にはくれぐれも反日サヨクマスコミには気をつけて欲しい・・・

所謂ところの椿事件?
2012年12月15日 たかじんNOマネー 04 椿事件


おそらく安倍政権においてもしっかりと身辺調査をやってから大臣任命をしていると思うけれど
やれ秘書が・・選挙事務所が・・などとスキャンダルで政治以外の問題で政権が傾くことのないよう引き締めて頑張って欲しい
日本の反日マスコミは手ぐすね引いて待ち受けていると思う・・・

2012年12月15日 たかじんNOマネー 02

 権力や社会の動向を監視し、警鐘を鳴らす木鐸の役目を果たすことがジャーナリズムの存在意義であるとマスコミ人は主張する。確かに徹頭徹尾、傍観者に徹し、自分達も含めてすべてを批判する報道姿勢を貫くならば、社会にとって有益であると認めることもできる。だが近年のマスコミは、何が良いことで何が悪いことかを自分勝手に判断してそれを大衆に押し付けようとしている。『批判』の範囲を超え、政治的な意図を含ませた偏向報道を行って、自分に都合が良いように国民の意識を誘導しようとする姿をあからさまにし始めたのだ。
 
 このことは自分の意に反する主張をする立候補予定者の出自や近親者について、差別的とも言える報道を平然と行ったことから証明されるだろう。

 総理となった者の権力行使の仕方ではなく、漢字の読み間違いや、余暇時間の過ごし方といった嗜好、人格の部分を批判したこともその証左となる。

 つまり、マスコミがしていることは報道ではなく自分達にとって都合の良いムードを作り上げるための宣伝で、そしてその行動は不思議な事に日本を敵視し、批判する海外勢力や機関の活動とベクトルを一致させているのである。

(ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり -5冥門編- P358より)



テレビ関係図

もう先の2009年の衆議院選前のような悲劇を繰り返して欲しくない。

15分で振り返る政権交代後の2年3ヶ月
http://youtu.be/vMxl286K_8I






まあ早速というかなんというか、昨日の段階で「お前が言うな」と突っ込みたくなるニュースがいくつかありましたので紹介します。
まずは中国・・日本が治すべき「三つの持病」って

第1の持病・・侵略の歴史って中国はチベットウイグルを侵略し、ベトナムにちょっかい出して西沙諸島・南沙諸島を侵略、あまつさえ今、尖閣・沖縄を狙う

第2の持病・・アジアの国々に強行な態度・・て中国・韓国・北朝鮮などの反日国に強い態度で望むのは当然だろう、そもそもアジアの国々ってこの反日特亜三国だけじゃないし・・それ以上のベトナム・フィリピン・マレーシアやインドネシア・パラオそしてインドなどの国々とは友好な関係だし、むしろ日本に(他のアジア諸国に)強硬な姿勢で侵略しようとしている「他人を侵略する形で自国の発展をはかっている」のは中国自身では?

第3の持病・・中国は言わば「偏狭な大国心理」…「 世界では、平和を愛し、隣国との友好を深めていく島国が多くあるが」自国の領土を狙っている相手に隣国も友好もないだろうに・・そもそも中国が平和を愛する隣国とは到底思えないのだが

全部中国にブーメランとして跳ね返っているように思うのだが?


<以下参照>

政治大国を目指す日本が治すべき「三つの持病」―中国報道
新華社日本語経済ニュース-XINHUA.JP 2012年12月26日
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/politics_economics_society/328084/
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/politics_economics_society/328084/2/
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/politics_economics_society/328084/3/

政治大国を目指す日本が治すべき「三つの持病」―中国報道
【新華網】 経済力の向上に伴い、日本は1980年代中ごろから、政治大国になることを目指してきた。特にここ数年は、国連安保理の常任理事国になる期待が高まっている。だが、釣魚島(日本語名称:尖閣諸島)問題を通して、世界は日本の本当の姿をはっきりとみることができた。他国の領土を強奪し、歴史事実を顧みないにもかかわらず、筋が通っているように胸を張っているのだ。釣魚島問題におけるこの強硬さは、日本の三大持病を露呈させた。この三大持病が治らなければ、日本は政治大国の夢を実現できないと考える。

第1の持病:侵略の歴史を反省する誠意がない。敢えて誤りを認める人は勇敢な人だ。犯した罪についてお茶を濁し、ひいてはどうしても認めようとしないならば、深く反省し、再犯を避ける努力をしないだろう。第二次世界大戦中、日本が多くの国々を侵略し、重大な罪を犯したということに、歴史は公論を得ている。だが、日本はそれをいつも本心からではなく表面だけであしらい、アジアの隣国と国際社会に誠意と善意を見せていない。歴史教科書改訂から靖国神社の参拝、軍備強化まで、日本は往々にして中国を含むアジア人民の感情を刺激する。釣魚島は日本が侵略した「戦利品」であり、早期に中国に返還すべきで、その領有問題は問題にならないはずだ。日本が頑として釣魚島と周辺諸島に対するいわゆる「国有化」を主張する以上、どうやって世界の人々の信頼を得るのか。

第2の持病:対外政策における「ダブルスタンダード」。日本はアジアの国々に強硬な態度をとりながら、一部の国におべっかを使い、機嫌をとる。国際社会において、ある大国の顔色をうかがい、ある大国に歩調を合わせ、ある大国の考えに同調する見返りとして、守られ、褒美を与えられる。釣魚島問題が深刻になっていることで、日本政界からは、ある大国との協力強化を呼びかける声が出ており、後ろ盾を探し、歓心を買おうとする本心が明るみに出ている。このような国がどうやって責任感ある対話を実現できるのか。

第3の持病:偏狭な「島国心理」。世界では、平和を愛し、隣国との友好を深めていく島国が多くあるが、日本は極端、偏狭に向かっているばかりだ。国土が狭く、資源が乏しい島国である日本は、強烈な危機感を持っている。それは、奮い立って強大な国になるよう努力する動力、プラスのパワーの源泉になるはずだが、残念ながら、日本は他人を侵略する形で自国の発展をはかっている。1930年代、アジアの覇者を目指す日本は、「アジアを征服するにはまずシナを征服」とわめきたて、中国を侵略し、中日両国の人民に大変な災難をもたらし、最終的に惨敗を喫した。国際情勢、地域情勢に深刻な変化が出てきたことで、日本の偏狭なナショナリズムと「島国心理」はまた災いしてきた。日本は、中国をライバルと位置づけ、中国の発展によって心理的なバランスを失い、摩擦を創り出し、貴重な中日友好の局面を危うくしている。


日本が知るべきは、第二次世界大戦後につくられた国際秩序が侵略戦争に対する歴史的な清算を基礎にするものであり、国連の主旨と任務が「国際平和と安全を維持する」、「侵略行為を制止する」ことにあるということだ。戦争の歴史に懺悔せず、ひいては隣国の領土を占領している日本が、平和を維持し、正義を擁護できるのか。日本が政治大国になるためには、まずその持病を治すことが先決だろう。

(編集翻訳 伊藤亜美)



<参照終わり>




そして日本国内ではこの共産党・・
国民は認めないもなにもねえ・・・その主張で選挙やって国民に認められなかったのが共産党じゃないのか?
それが今の結果なんだが共産党は直近の民意を無視するのだろうか?
まあ“共産党”っていうぐらいだからこんなもんなんだろうか?

<以下参照>

自公の政権合意 国民は認めないゾ-「構造改革」復活と改憲路線
2012年12月26日(水) しんぶん赤旗
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-12-26/2012122602_01_1.html

 自民・公明両党の連立政権合意は、「決して驕(おご)ることなく、真摯(しんし)な政治を貫くことによって…国民の本当の信頼を取り戻さなくてはならない」としています。

 しかし、その内容は、貧困と格差を広げた「構造改革」を復活させたうえに、原発や環太平洋連携協定(TPP)、消費税、憲法など、どの分野でも国民要求に真っ向から逆らうもの。とても「国民の信頼を取り戻す」中身とはいえません。

 たとえば、小泉政権下で財界が主導した「経済財政諮問会議」を再び景気・経済対策の「司令塔」にすえ、「構造改革」路線の復活を狙っていることです。合意は、2%というインフレ目標を設定し、「大胆な金融緩和を断行」するといいますが、物価高だけが先行し賃金が上がらなければ国民生活はいっそう厳しい事態に追い込まれます。日本経団連は定期昇給の見直しにさえ踏み込む構えです。

 そのうえ、「構造改革」路線で社会保障はいっそう切り捨てられることになります。社会保障解体に向けた「国民会議」の議論を促進し、なかでも生活保護の「不正受給」を口実に切り下げを狙っています。

「原発ゼロ」排除
 原発・エネルギー政策では「可能な限り原発依存度を減らす」とし「原発ゼロ」の表現を排除。自民党の安倍晋三総裁は、原発の新増設さえ検討すると繰り返しています。

 総選挙で「原発ゼロ」を公約に掲げた公明党は「任期4年間で『原発ゼロ』はとても無理な話だ。『原発依存度を減らす』というのは自公とも共通」(石井啓一政調会長)と弁明してみせますが、まったく理屈がたちません。

TPP前のめり
 TPPでは「国益にかなう最善の道を求める」と、交渉参加へとより踏み込んだ表現を使っています。

 自民党は総選挙公約で、「『聖域なき関税撤廃』を前提とする限り反対」と主張。総選挙では「断固反対」「断固阻止」と公約する県連もありましたが、選挙後は「前提条件になんらかの変更が加えられるならば、国益にかなう道が開ける」(自民・甘利明政調会長)と参加に前のめりです。

改憲論議「促進」
 重大なのは、政権合意としてはじめて憲法論議の「促進」を明記したことです。改憲原案の審査権限をもつ衆参両院の憲法審査会の審議を「促進」と明記。改憲に向け「国民的な議論を深める」とするなど改憲姿勢を明確にしています。

 自公の政権合意は、経済でも、憲法でも、2007年の参院選と09年総選挙で有権者が一度全否定した自公の悪政をさらに「グレードアップ」して再起動させるものにほかなりません。

 自民党は、今回の総選挙で有権者全体に対する得票率でいえば、小選挙区で24・64%、比例代表で15・99%しか得ていません。民意をかけ離れた虚構の多数で、国民の願いにそむく悪政を断行することは許されません。(竹原東吾)


<参照終わり>

そうですか・・日本共産党は選挙結果は無視ですか・・・

衆院選2012特集 - 当選者一覧 - MSN産経ニュース(2012 年 12 月 17 日 6 時 21 分更新  残議席 0/480)比例

認められてないのはどう見ても共産党の方だと思うが?




中国の領土的挑発・侵略行為に対する防衛

2012年2月12日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」

日本空母(仮想)3g
自分の国は自分で守ると言う強い意志を中国に対して見せなければならない



日本の領土防衛s

尖閣防衛 領土防衛 2 j

防人たちの日本防衛の任務達成と無事なる帰還を祈りたい。


 『民間防衛』

民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる (新書)
民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる
※↑をクリックするとamazonに飛びます。



黄昏乙女 アムネジア  庚 夕子 デフォ 01s
★:注意とお願い★

 最近コメントをしていただけるのはありがたいのですが、コメントに名前を入れずに空欄でコメントされる方が多いです(ホストを確認すれば8割方は同一なのですが)
過去に何度かコメントしましたがコメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を(他人の振りをするのも含む)名乗る等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)




※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

コメント欄・トラックバックをご利用される方は左のプロフィール下の【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】をご一読下さい。

<注意事項>

特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、口調が喧嘩腰、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもや
営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿など
宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど
管理人が不適切と判断した場合は基本的に削除します。
コメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を名乗る(他人の振りをするのも含む)等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)
悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。
違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。



尚、コメントは全て拝読させて頂いておりますが、当方の仕事の都合等でお返事出来ない時がありますので平にご容赦下さい。

※:書き起こしについては誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので引用される場合はご注意を。



宇宙戦艦ヤマト2199
宇宙戦艦ヤマト BBY-01 宇宙戦艦ヤマト2199  470
http://yamato2199.net/index.html

見ての感想は人それぞれだろうけれど自分はなかなか良かったと思います。
今後の続きに期待したいです。


『宇宙戦艦ヤマト2199 第四章 銀河辺境の攻防』プロモーション・ビデオ
『宇宙戦艦ヤマト2199 第四章 銀河辺境の攻防』プロモーション・ビデオ
http://youtu.be/ctmO-z08LdM

第一章の映画館での上映が大和が沈んだ4月7日・・・
そしてこの第4巻(第四章)の発売が竹島の日の2月22日
偶然なのかそれとも意図したものか・・・スタッフの熱いモノが何かあるのではと思ってしまう。

宇宙戦艦ヤマト2199 4 [Blu-ray]宇宙戦艦ヤマト2199 4 [Blu-ray]
(2013/02/22)
菅生隆之、小野大輔 他

商品詳細を見る






アルファポリスWeb漫画セレクション(毎月30日更新)
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
長編 連載中 漫画:竿尾悟/原作:柳内たくみ
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第15回
原作を知っている方ならわかると思うけど太郎閣下のモデルは・・・
http://www.alphapolis.co.jp/manga/view_manga_opening.php?manga_sele_id=138000030

ゲート 1―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS)ゲート 1―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS)
(2012/06/15)
柳内 たくみ

商品詳細を見る



sakuya 2

ランキング用
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

変化がありますように。
国 旗
japa001m.gif
鎮守府訪問者数
閲覧者数: 現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
気象:天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

銀時

Author:銀時
リアルにおいて陸上自衛隊に入り現在予備自であるのになぜか
某ゲームにおいて某鎮守府提督に就任
自慢は現在のところ自艦隊から一隻も轟沈が出ていないこと。
日本とアニメと漫画をこよなく愛する
マダオ(まるでダメなオッサン)

基本政治関係を書いてますがたまにアニメや漫画
の絵?(最近はGIF)なんか書いたりしてます。

基本ぐだぐだなので
まったりと?いきたいので
宜しくお願いします!

好きなアニメ・漫画は

『銀魂』「信長協奏曲」「宇宙戦艦ヤマト2199」等…

旧「銀色の侍魂」管理人
ブログ名称変更に「艦これ」と「アルペジオ」のコラボイベントに感化されたとかされないとか・・・

※※※ ※※※ ※※※ 【twitter】
秘書官(さくや)
さくや(冬)
今日の運勢
鎮守府神社掲示板
鎮守府掲示板(リンク集)
Amazon 検索

民主党 外国人参政権 人権擁護法案 小沢 竹島 鳩山 夫婦別姓 長崎 拉致問題 人権侵害救済法案 主権 チベット 国連 人種差別撤廃委員会 青山繁晴 櫻井よしこ すぎやまこういち メディアパトロールジャパン 朝鮮学校 川上 恫喝 脱税 検察 日教組 個所付け 麻生 安倍 韓国 西村幸祐 子供手当 特捜部 石平 そらのおとしもの イカロス エリザベス 桂小太郎 志村新八 定春 ニンフ アストレア 戦艦 大和 御坂美琴 インデックス とある魔術の禁書目録 上条当麻 神楽 坂田銀時 張景子 三宅久之 TVタックル 参政権  MPJ 長島昭久 高市早苗 外国人住民基本法 銀魂 穀田恵二 小川敏夫 山際澄夫 自衛隊 

コメント欄等の注意事項
コメント欄・トラックバックをご利用される方はご一読下さい。 【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】 (1)特定の個人を誹謗中傷する投稿とそれに類する投稿。 (2)特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもの。 (3)営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿 (4)営利目的等でなくとも単なる広告や宣伝に終始する投稿   (集会や署名のお知らせ等はOKですが、複数スレに渡ってのマルチ等、目に余るものは削除対象です) (5)その他、管理人や特定の個人にとって不利益となる投稿   (自分または他人の住所、電話番号、家族構成等、個人情報に類する投稿) (6)宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど。 但し、日本神道や仏教等日本古来の文化伝統に息づくものは除外。 (これらの名を語る管理人が怪しいと感じたものは削除対象) (7)その他、管理人が不適切と判断する投稿 上記投稿と管理人が判断した場合は基本的に削除します。 悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。 違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。
ランキング
アンケート
鎮守府司令部前掲示板
竹島も尖閣諸島も対馬も北方領土も日本列島とその他の島々も日本領!
軍艦旗
japa002m.gif
河野談話作成過程検証報告書
平成26年 官房長官記者会見 記者会見 首相官邸HP http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201406/20_p.html  首相官邸HP 河野談話の作成過程検証報告書(PDF) http://www.kantei.go.jp/jp/kakugikettei/2014/__icsFiles/afieldfile/2014/06/20/20140620houkokusho_2.pdf 外務省HP【英語版】 河野談話の作成過程検証報告書(PDF) http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000042169.pdf
竹島プロジェクト2016
竹島は間違いなく、日本の領土だ! 竹島プロジェクト2016 C2 「島根県 Web竹島問題研究所 かえれ島と海」へリンク。
< 参 考 > ぼやきくっくり 竹島プロジェクト2016 ブログ参加概要(推 奨): ブログやホームページに竹島の画像、イラスト、文字等を配置し、互いにリンクする。 島根県Web竹島問題研究所へのリンクをはり、2/22竹島の日のアピールに勤めます。
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
Amazon商品一覧
くまみこ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)  
くまみこ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)



ぎんぎつね 10 (ヤングジャンプコミックス) 
ぎんぎつね 10 (ヤングジャンプコミックス)



艦隊これくしょん ‐艦これ‐ side:金剛 (1) 限定版 (カドカワコミックス・エース) 
艦隊これくしょん ‐艦これ‐ side:金剛 (1) 限定版 (カドカワコミックス・エース)



銀魂―ぎんたま― 54 (ジャンプコミックス) 
銀魂―ぎんたま― 54 (ジャンプコミックス)



風雲児たち 幕末編 23 (SPコミックス) 
風雲児たち 幕末編 23 (SPコミックス)



Amazon商品一覧(2)
Amazon商品一覧(3)
ねんどろいどぷち 艦隊これくしょん -艦これ- 6個入りBOX 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいどぷち 艦これ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済みトレーディング可動フィギュア 6個入りBOX) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 赤城 (ノンスケール ABSPVC 塗装済み可動フィギュア)02 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 赤城 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 加賀 (ノンスケール ABSPVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 加賀 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 金剛 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 金剛 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 比叡 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 比叡 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 榛名 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 榛名 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 霧島 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 霧島 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 熊野 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 熊野 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 鈴谷 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 鈴谷 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 北上 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 北上 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 大井 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 大井 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん ~艦これ~ ねんどろいど 島風 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん ~艦これ~ ねんどろいど 島風 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 天津風 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 天津風 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 伊401 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 伊401 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

日本を守ろう

民主党 外国人参政権 人権擁護法案 小沢 竹島 鳩山 夫婦別姓 長崎 拉致問題 人権侵害救済法案 主権 チベット 国連 人種差別撤廃委員会 青山繁晴 櫻井よしこ すぎやまこういち メディアパトロールジャパン 朝鮮学校 川上 恫喝 脱税 検察 日教組 個所付け 麻生 安倍 韓国 西村幸祐 子供手当 特捜部 石平 そらのおとしもの イカロス エリザベス 桂小太郎 志村新八 定春 ニンフ アストレア 戦艦 大和 御坂美琴 インデックス とある魔術の禁書目録 上条当麻 神楽 坂田銀時 張景子 三宅久之 TVタックル 参政権  MPJ 長島昭久 高市早苗 外国人住民基本法 銀魂 穀田恵二 小川敏夫 山際澄夫 自衛隊 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。