スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人の参政権 「容認」導く設問 昨年の公務員・行政書士試験 2010年センター試験に続いてまたもや誤った解釈での外国人参政権を扱った設問が出される!法的にも間違っていない外国人参政権は違憲の回答をすると不正解に?・・これほど理不尽なことはない!『外国人参政権は日本国憲法違反。』


よかったら応援クリックお願いします。

ランキング用




 もし、なんらかの採用試験を受けるに当たり
問題をだされ、法的にも間違っていない、事実通りの回答をしたにもかかわらず不正解にされ減点される・・・
こんなことがあれば理不尽と言わざるを得ないだろう・・・。
しかしそんな嘘みたいな話が2010年のセンター試験に続きまたもや明るみになった。
今回は公務員・行政書士試験で、しかも日本の主権にかかわる参政権に関しての問題で。

「(外国人に)選挙権を付与することは、憲法に違反する」という記述を「妥当でない」と判断しなければ、正答が導けなくなるようになっていた。




 これも一体何回説明しただろうか・・・
特に日本の似非平和主義者やサヨク達が大好きな日本国憲法・・・


<参考>

日本国憲法
http://www.houko.com/00/01/S21/000.HTM#s3

前 文

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動しわれらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。


第3章 国民の権利及び義務

第15条 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。

2 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。



以下の条文をみれば外国人への参政権は認められないのは分かるのだが・・・


<以下参照>

外国人の参政権 「容認」導く設問 昨年の公務員・行政書士試験
2012.1.8 08:26 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120108/crm12010808270000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120108/crm12010808270000-n2.htm

 人事院が昨年実施した国家公務員の採用試験で、最高裁が外国人参政権を憲法上問題ないと容認しているかのように判断させる出題があったことが7日、分かった。国家資格の行政書士試験でも同様の出題があった。参政権付与を推進する偏った解釈を広める可能性があり、識者から問題視する声が上がっている。

 問題は、平成23年6月に大卒者を主な対象にした国家公務員II種の採用試験で、専門試験の憲法に関する設問として出された。

 参政権について「妥当なもの」を5つの選択肢から選ばせ、「(外国人に)選挙権を付与することは、憲法に違反する」という記述を「妥当でない」と判断しなければ、正答が導けなくなるようになっていた。

 また行政書士試験での問題は、全国の都道府県知事から委託された「行政書士試験研究センター」(東京)が作成し、23年11月に実施された。参政権をめぐる5択から「妥当でないもの」を選ばせる設問で、「(外国人参政権の)実現は基本的に立法裁量の問題である」との記述について、「妥当である」との判断を要するものだった。

 いずれの設問も、2年に大阪で永住資格を持つ在日韓国人らが選挙権を求めて起こした訴訟について、最高裁が7年2月に出した判決を踏まえる形で出題されていた。

 判決では「参政権は国民主権に由来し、憲法上日本国籍を有する国民に限られる」とし、原告側の敗訴が確定した。


 ただ、拘束力を持たない判決の「傍論」で、在日外国人に地方参政権を付与することは「憲法上禁止されているものではないと解するのが相当」などと意見が盛り込まれ、傍論が参政権付与を推進する主張の根拠とされてきた経緯がある。

 人事院は「議論があることは承知していたが、参政権付与は憲法上禁止されていないとする教科書も多くある。それらの教科書に基づいて受験者が学習していると考え出題した」と説明している。行政書士試験研究センターは「傍論も判決の一部という前提に立ち、出題に問題はないと考えている」と話している。

 外国人参政権をめぐる傍論に基づいた設問は、22年の大学入試センター試験でも出題され、識者から問題視する声が上がっていた。

 百(もも)地(ち)章日大教授(憲法学)は「判決は外国人参政権が憲法に照らし認められないという立場。傍論の一節を判決の趣旨と捉える解釈は通説といえないにもかかわらず、広く普及した学説であるかのように出題することは不適切だ」と指摘している。





 ■最高裁判決の傍論 平成7年の判決は本論で参政権を否定しながら、本文と関係なく、法的拘束力もない傍論部分で「憲法上禁止されているものではない」とした。傍論を根拠に「最高裁が外国人参政権を容認」との趣旨で説明する教科書もある。傍論の盛り込みに関わった園部逸夫元最高裁判事は22年、産経新聞の取材に「(在日韓国人などへの)政治的配慮があった」などと語っている。



<参照終わり>

■参考記事

外国人参政権 付与許容説の学者が誤り認める 反対集会で日大教授が明かす 
2010年1月26日11時9分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100126-00000518-san-pol

 千代田区永田町の憲政記念館で25日に開かれた「永住外国人地方参政権付与に反対する国民集会」。国会議員、地方議員や識者らがげきを飛ばす中、日大の百地章教授(憲法学)が、国内で最初に付与許容説を唱えた学者が自説の誤りを認めたことを明らかにした。

 百地氏によると、外国人の参政権について「国政は無理でも地方レベルなら認めていこう」とする部分的許容説は昭和63年に中央大学の教授が初めて提唱。追随論が噴出し、平成7年の最高裁判決の傍論もこの説に影響を受けたとされている。

 昨年、百地氏が著書をこの教授に送ったところ、年賀状に「外国人参政権は、地方選でも違憲と考えます」と書かれた年賀状が送付されてきた。本人に電話で確認したところ、「修正する論文を発表する」と明言したという。

 百地氏は「外国人参政権が憲法違反であることが、とうとうわが国最初の提唱者にさえ否定されたことは極めて注目すべきこと」と強調。

 さらに「わざわざ憲法を持ち出すまでもなく、わが国の運命に責任を持たない外国人を政治に参加させることは危険すぎてできない」と述べた。

最終更新:1月26日11時9分




何故在日韓国人達は外国人参政権を求めるのか?
2ちゃんではあるがうまくまとめたものがあったので紹介します。


88 :名無しさん@12周年:2011/12/17(土) 21:27:04.56 ID:1IfHP3J00
【 外国人参政権問題とは? 】

Q.問題の発端は?
A.在日朝鮮・韓国人が「参政権をよこせ」と要求し、一部勢力がそれを応援しています。

Q.何で欲しがるの?
A.当然、「自分たち(在日朝鮮・韓国人)に都合の良い候補を選挙で当選させたいから」です。

Q.帰化すれば参政権もらえるんでしょ?
A.もらえます。でも彼等は「日本人になるなんて絶対嫌!」と帰化を拒否します。
 感情的に「日本が嫌い」ということもあるでしょうし、実利的にも、帰化しないうちは
 生活保護の審査が緩く、相続税も払う必要もない等、優遇措置がありますので。


Q.彼等の言い分って滅茶苦茶じゃないか?
A.はい、滅茶苦茶です。「日本の方が居心地がいいから母国には帰らない!日本が嫌いだし優遇措置を
 手放したくないから帰化もしない!けど日本人と同じ権利はよこせ!!」と正真正銘こういう要求なわけです。


Q.日本以外の国は外国人参政権を認めてるって言う人がいるけど?
A.「真っ赤な嘘」です。彼らの言う条件で外国人参政権を認めているのは「世界でオランダだけ」です。

Q.韓国は日本人永住者に選挙権与えてるらしいけど?
A.韓国で参政権のある日本人は「数十人」です。「韓国への巨額の投資・納税が条件」だからです。
 一方、在日韓国・朝鮮人は「数十万人に無条件で」、しかも「税制等の優遇を保ったまま」の選挙権要求です。


Q.数十万人で選挙に影響出る?
A.例えば大阪市の市議は数千票で当選可能です。市長には30万票台で当選可能です。
 そして現在、大阪市には10万人を越える在日朝鮮・韓国人がいます。影響どころか議会の過半数を狙えます。


Q.実際、日本と日本人にメリットあるの?
A.不思議なことに、付与に賛成する人から「日本・日本人にとっての実利」が挙げられた例は「皆無」です。
 そもそも「日本・日本人の利益をまず第一に考えてくれる前提がない人たち」に票を与えることは、
 「一部の人の人権意識の充足」になる以外は、日本人にとってメリットどころか危険、と言わざるを得ません。


(2ちゃんより)

このような在日韓国人達のねじ曲がった日本国憲法を無視した参政権要求は断固拒否すべきだし
また、試験問題の設問として出す場合は外国人参政権は違憲とすべきなのだが、一番最初に述べたように実は外国人参政権問題について今回と同様の間違った問題は2010年のセンター試験でもあった・・・



■センター試験で参政権反対だと減点?

 外国人参政権について問題を出す事自体は間違いではない、ただ、事実に反すること、法的に間違っていることを正解とし、それがセンター試験に出されていること自体が驚きです!
これでは外国人参政権に反対したら減点しますよ!
外国人参政権は認められているのですよと刷り込みをするかのような誤った問題です。


<以下参照>

センター試験「現代社会」設問に疑義 「外国人参政権容認」不適切の声
1月18日7時56分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100118-00000043-san-pol

「現代社会」で出題された問題(センター試験の問題から)③の設問が問題(写真:産経新聞)

 16日に実施された大学入試センター試験の現代社会の問題の中で、最高裁が外国人参政権をあたかも憲法上問題ないと容認する立場であるかのように判断させる記述があり、インターネットの掲示板などで批判の書き込みが相次いでいる。識者からも「不適切」との声があがっている。(安藤慶太)

 問題は、日本の参政権に関する記述として「適当でないもの」を4つの選択肢の中から選ばせるもので、憲法改正の国民投票の投票資格や被選挙権の年齢などをめぐる選択肢とともに、「最高裁判所は外国人のうちの永住者等に対して地方選挙の選挙権を法律で付与することは憲法上禁止されていないとしている」と書かれていた。

 問題の正答は、「衆議院議員選挙において、小選挙区で立候補した者が比例代表区で重複して立候補することは禁止されている」という明白な誤りの記述で、外国人参政権に関する選択肢は「誤りではない」ことになっている。

 選択肢で扱われた記述は平成2年に大阪で永住資格を持つ在日韓国人らが選挙権を求めて起こした訴訟の7年2月の最高裁判決を踏まえたものとみられる。

 判決では「参政権は国民主権に由来し、憲法上日本国籍を有する国民に限られる」とする従来の判例を維持。上告を棄却し、原告側の敗訴が確定していた。

 ただ、判決の傍論で「法律で、地方自治体の長、その議会の議員等に対する選挙権を付与する措置を講ずることは、憲法上禁止されているものではない」と記述。これまでも、この傍論が「最高裁は外国人の地方参政権の付与に対して違憲ではないと判断した」などと強調され、推進する立場の人たちによって外国人参政権付与の根拠として持ち出されてきた経緯がある。


 この選択肢の記述には出題終了後からネット上で出題内容が不適切だとする批判が起こっている。

 百地(ももち)章日大教授(憲法学)は「不適切な出題。外国人参政権付与に法的にも政治的にも多くの批判があり、まさに今重大な政治的争点になっている。判決自体はあくまで憲法に照らし認められないという立場なのに、傍論の一節のみを取り上げて、最高裁の立場とするのはアンフェアで一方に加担している」と話している。

 ◆「教科書基礎に出題」

 大学入試センターは「試験問題は教科書を基礎として出題している」とし、この設問については「多くの『現代社会』の教科書で言及されているこの最高裁判決を、選択肢の一つとして取り上げた」とコメントしている。



<参照終わり>

■参政権は国民主権に由来し、憲法上日本国籍を有する国民に限られる


以下が実際の問題についてなのですが・・・

2010年大学入試センター試験(本試験)現代社会問題
http://nyushi.yomiuri.co.jp/10/center/mondai/gendaishakai/mon1.html

「現代社会」で出題された問題(センター試験の問題から)③の設問が問題(写真:産経新聞)

問3
(3)
最高裁判所は、外国人の永住者等に対して、地方選挙の選挙権を法律で付与することは、憲法上禁止されていないとしている。



↑この設問は明らかに『適当でない』と判断されるはずが、
正答は別のものとなっている。
この問題の正答は(4)ということなのだが実際は(3)と(4)の2つという事になるはずなのだが・・・

念のため原点に返って最高裁の判決を見てみますが・・・。


<参考資料>

定住外国人地方選挙権控訴
上告審判決


選挙人名簿不登録処分に対する異議の申出却下決定取消請求事件
最高裁判所 平成5年(行ツ)第163号
平成7年2月28日 第3小法廷判決
http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~suga/hanrei/3-3.html#shubun

<以下参照>

-前略-

■ 主 文


本件上告を棄却する。
上告費用は上告人らの負担とする。


-中略-

主権が「日本国民」に存するものとする憲法前文及び1条の規定に照らせば、憲法の国民主権の原理における国民とは、日本国民すなわち我が国の国籍を有する者を意味することは明らかである。そうとすれば、公務員を選定罷免する権利を保障した憲法15条1項の規定は、権利の性質上日本国民のみをその対象とし、右規定による権利の保障は、我が国に在留する外国人には及ばないものと解するのが相当である。そして、地方自治について定める憲法第8章は、93条2項において、地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が直接これを選挙するものと規定しているのであるが、前記の国民主権の原理及びこれに基づく憲法15条1項の規定の趣旨に鑑み、地方公共団体が我が国の統治機構の不可欠の要素を成すものであることをも併せ考えると、憲法93条2項にいう「住民」とは、地方公共団体の区域内に住所を有する日本国民を意味するものと解するのが相当であり、右規定は、我が国に在留する外国人に対して、地方公共団体の長、その議会の議員等の選挙の権利を保障したものということはできない。以上のように解すべきことは、当裁判所大法廷判決(最高裁昭和35年(オ)第579号同年12月14日判決・民集14巻14号3037頁、最高裁昭和50年(行ツ)第120号同53年10月4日判決・民集32巻7号1223頁)の趣旨に徴して明らかである。

まぎらわしいのは以下の一文

 ↓  ↓  ↓

[2] “このように、憲法93条2項は、我が国に在留する外国人に対して地方公共団体における選挙の権利を保障したものとはいえないが”、憲法第8章の地方自治に関する規定は、民主主義社会における地方自治の重要性に鑑み、住民の日常生活に密接な関連を有する公共的事務は、その地方の住民の意思に基づきその区域の地方公共団体が処理するという政治形態を憲法上の制度として保障しようとする趣旨に出たものと解されるから、我が国に在留する外国人のうちでも永住者等であってその居住する区域の地方公共団体と特段に緊密な関係を持つに至ったと認められるものについて、その意思を日常生活に密接な関連を有する地方公共団体の公共的事務の処理に反映させるべく、法律をもって、地方公共団体の長、その議会の議員等に対する選挙権を付与する措置を講ずることは、憲法上禁止されているものではないと解するのが相当である。しかしながら、右のような措置を講ずるか否かは、専ら国の立法政策にかかわる事柄であって、このような措置を講じないからといって違憲の問題を生ずるものではない。

(※注:このように、憲法93条2項は・・・に“”は自分が入れました)

<参照終わり>

問題なのは[2] から以下の文。

憲法93条2項は、我が国に在留する外国人に対して地方公共団体における選挙の権利を保障したものとはいえないが

となっているのに最終的には

地方公共団体の公共的事務の処理に反映させるべく、法律をもって、地方公共団体の長、その議会の議員等に対する選挙権を付与する措置を講ずることは、憲法上禁止されているものではないと解するのが相当である。

おそらくこれが問題の傍論部分だと思うのですが明らかにおかしいです。
前半の“権利を保障したものとはいえないが”完全に反故にするかのような文章です。
さらに言えばその前の

憲法93条2項にいう「住民」とは、地方公共団体の区域内に住所を有する日本国民を意味するものと解するのが相当であり、右規定は、我が国に在留する外国人に対して、地方公共団体の長、その議会の議員等の選挙の権利を保障したものということはできない。以上のように解すべきことは、当裁判所大法廷判決(最高裁昭和35年(オ)第579号同年12月14日判決・民集14巻14号3037頁、最高裁昭和50年(行ツ)第120号同53年10月4日判決・民集32巻7号1223頁)の趣旨に徴して明らかである。

とは全く反対とも取れ

“我が国に在留する外国人に対して、地方公共団体の長、その議会の議員等の選挙の権利を保障したものということはできない。”

は何だったのかということになる。
明らかに問題をややこしくするために入れられたように自分には感じる。
しかも最終的には

[3] 以上検討したところによれば、地方公共団体の長及びその議会の議員の選挙の権利を日本国民たる住民に限るものとした地方自治法11条、18条、公職選挙法9条2項の各規定が憲法15条1項、93条2項に違反するものということはできず、その他本件各決定を維持すべきものとした原審の判断に憲法の右各規定の解釈の誤りがあるということもできない。所論は、地方自治法11条、18条、公職選挙法9条2項の各規定に憲法14条違反があり、そうでないとしても本件各決定を維持すべきものとした原審の判断に憲法14条及び右各法令の解釈の誤りがある旨の主張をもしているところ、右主張は、いずれも実質において憲法15条1項、93条2項の解釈の誤りをいうに帰するものであって、右主張に理由がないことは既に述べたとおりである。
[4] 以上によれば、所論の点に関する原審の判断は、正当として是認することができる。論旨は採用することができない。
[5] よって、行政事件訴訟法7条、民訴法401条、95条、89条、93条に従い、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり判決する。

(裁判長裁判官 可部恒雄  裁判官 園部逸夫  裁判官 大野正男  裁判官 千種秀夫  裁判官 尾崎行信)

となる・・・。
ちなみに第一審判決は以下の通り

<参考>

定住外国人地方選挙権控訴
第一審判決


選挙人名簿不登録処分に対する異議の申出却下決定取消請求事件
大阪地方裁判所 平成2年(行ウ)第69ないし第79号
平成5年6月29日 第7民事部判決
http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~suga/hanrei/3-1.html#shubun

-前略-

■ 主 文


一 原告らの請求をいずれも棄却する。
二 訴訟費用は、原告らの負担とする。


-中略-


(本案)
[8] 原告らは、地方公共団体に関する選挙について、選挙権を有するか。この点に関する双方の主張の要旨は次のとおりである。


-中略-

4 憲法上、地方公共団体についての選挙権を保障されている者
[30] 右2、3で述べたところからすると、日本国民、すなわち日本国籍を有する者については、憲法で、地方公共団体についての選挙権が保障されているということができるが、日本国籍を有しない定住外国人については、右権利を憲法が保障していると認めることはできない。
[31] 確かに、日本国民と同じようにその地域社会の重要な構成員として、これを維持発展させるのに大きな貢献をしてきたと自負している定住外国人にとって、国益を巡って諸外国と利害が対立する場合に、日本の国家意思を確定し、これに基づき諸外国との外交を直接担当しなければならない国政、すなわち政府レベルの政治への参加はともかくとして、その行政機能の内容も地域住民生活の福祉を図ることを直接の目的とするものが多く、また、国政のそれと比べると政治的色彩も薄い地方公共団体の政治・行政についてさえ、これに参加する機会が与えられていない現実は不当にすぎるとの意見が出てくるのも一面もっともなことと考えられないではない。しかし、すでに説示してきたとおり、少なくとも憲法上は右のような外国人に対しても右参政権は保障されていないといわざるを得ないし、また、仮に右の者に参政権を付与することが憲法に違反しないとの立場を採り得るとしても、これを付与するか否かは立法政策の問題にすぎないというべきである。

-中略-

7 原告らへの適用
[34] (書証番号略)、証人田駿の証言、原告金丁卯本人尋問の結果及び弁論の全趣旨を総合すると、(一)原告らの立場、生活実態は、前記第二の三(本案)1原告らの主張(一)「原告らの立場、生活実態」に記載のとおりであること、(二)原告ら在日韓国人は、地方自治体に対して要望書を提出するなどして、参政権を獲得する運動をしていることが認められる。しかし、右事実があるとしてもすでに述べたところから明らかなように、原告らは日本国籍を有しない以上、選挙権を有せず、原告らを選挙人名簿に登録しなかったことに違法な点はない。
(裁判長裁判官 福富昌昭 裁判官 森義之 裁判官 氏本厚司)

<参考終わり>

でもこの裁判もともとは“地方の選挙で選挙権があるかないかを争って”

定住外国人地方選挙権控訴
第一審判決

(本案)
[8] 原告らは、地方公共団体に関する選挙について、選挙権を有するか。


で・・・判決の主文が

■ 主 文

一 原告らの請求をいずれも棄却する。
二 訴訟費用は、原告らの負担とする。



理由が

原告らは日本国籍を有しない以上、選挙権を有せず、原告らを選挙人名簿に登録しなかったことに違法な点はない。

で・・・それを不服として原告(在日韓国人)が上告して最高裁判決が

定住外国人地方選挙権控訴
上告審判決

■ 主 文

本件上告を棄却する。
上告費用は上告人らの負担とする。



理由の最後に

以上によれば、所論の点に関する原審の判断は、正当として是認することができる。


と言うことは曖昧な理由を書いても結局は1審判決を否定してないのだから“地方の選挙での選挙権は認めていない”のでは?

そもそも最高裁が参政権を認めていたらこの裁判の判決は棄却にはならないでしょう!

争点が

定住外国人地方選挙権控訴
第一審判決

(本案)
[8] 原告らは、地方公共団体に関する選挙について、選挙権を有するか。


なのだから・・・。

それなのに、2010年のセンター試験と昨年の公務員試験・行政書士試験において
事実に反すること、法的に間違っていることを正解とする外国人の参政権「容認」と導く設問が出される。
どおりで公務員(自治労など労組)に外国人参政権容認のサヨク系が減らないわけです。

皆さんはどう思いますか?



これも何度も説明していますが・・・
自分は断固として『外国人参政権』に反対です!



■税金を納めているということに対する対価は行政サービス。

税金を納めてるんだから、だから地方参政権を認めるべきだ・・
これをよく聞きますがこれは間違いです。

税金を納めているということに対する対価は行政サービス。
道路や水道その他もろもろ公共交通機関や役所の業務、安全(警察や消防)などの行政サービス(公共サービス)。
こういう事に対する対価が“納税”です。

■“参政権”は“主権”!

国民が固有の権利として持つものであって感情論でやってはならない
外国人を自国民と分けて考えるのは差別ではなく区別。
日本だけでなく何処の国でも行っていること。

日本人と今殊更参政権を要求する彼ら韓国人や中国人、そして他の外国人は区別されます。
これは差別でも何でもありません。

主権とは国民固有の権利であり参政権は国籍を取得しないと得られません。
また、『長くそこに住んでいるから』と言う事も参政権付与の理由にはなりません。
これは多民族国家アメリカであっても
グリーンカード(永住権)は参政権がないが。
市民権(国籍)を取得すれば参政権が得られるのも同じです。



■外国人参政権は日本国憲法違反。

RIMG9129.jpg
日本国憲法15条1項は公務員の選定・罷免を「国民固有の権利」と明記しており。また、93条2項は「地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が、直接これを選挙する」と定めています。
この「住民」の解釈をめぐっては議論がありましたが、平成7年の最高裁判決は「日本国民を意味するもの」と結論を下しました。

RIMG9133.jpg

つまり、外国人への参政権付与は憲法違反ということです。

参政権推進派は傍論「参政権付与を講ずる措置は憲法上禁止されていない」を根拠に認められるとしているがそもそも傍論は法的拘束力がなく。
この傍論盛り込みを主導した園部逸夫元最高裁判事は後に「(傍論を)重視するのは法の世界から離れた俗論」(「自治体法務研究」)と指摘。今年2月の産経新聞のインタビューには、「本筋の意見ではない。付けなくてもよかった」と語っている。 
そして何よりこの傍論はやってはならない
RIMG9145.jpg
「(在日韓国・朝鮮人を)なだめる意味があった。政治的配慮があった」と園部逸夫元最高裁判事は明言しておりまったく本末転倒の物なのです。
また「傍論」部分にも影響を与えた長尾教授が“参政権は違憲である”とし自説「部分的許容説」を撤回した事でもその根拠は崩れています。
そもそもこの定住外国人地方選挙権控訴「平成7年の最高裁判決」『上告を棄却する。』となっており
理由の最後に『以上によれば、所論の点に関する原審の判断は、正当として是認することができる。』とあり上告を棄却しています。
ちなみに第一審の判決理由は「原告らは日本国籍を有しない以上、選挙権を有せず、原告らを選挙人名簿に登録しなかったことに違法な点はない。」となっています。
RIMG9180.jpg
RIMG9181[1]
最高裁が参政権を認めていたらこの裁判の判決は棄却にはならないでしょう。

菅政権では、『鳩山由紀夫内閣の本論部分の外国人参政権は違憲判断だけ引用から、判決ではなく裁判官の単なる意見の「傍論」部分を「最大限尊重しなければならない」へと見解変更』 という手のひら返し、2枚舌的なあってはならない国民への背信行為的閣議決定を出しました。
最早民主党に信義も何もありません。
日本国憲法も国民固有の権利である選挙権(主権)も守る気が無いのです!


■外国人参政権について国民に信を問うていない。

そもそもこの問題は国民投票かもしくは衆議院選挙や参議院選挙での最大の争点にならなければならないのに民主党はマニフェストから削り国民の目から隠した。
この外国人参政権について先の衆議院選挙前・選挙中に民主党、民主党議員から説明や是非について語られたことが無く、またマスコミにおいても殆ど語られておらず主権在民の日本国憲法違反の事やその危険性、またその是非について多くの国民が知らない状況であり。
これを要求している韓国民団が先の衆議院選において民主党への選挙協力をしていたことすら最近まであまり知られていないかった。

民主党の小沢幹事長や鳩山首相に至っては韓国を訪れた際「参政権推進」を半ば公約的に取れる発言をしている。
ましてや鳩山首相は“所信表明”においてもこの『外国人参政権』について語られておらずこれは重大な日本国民に対する背信行為です。

また、NHKなどによるテレビによる国会中継も何故か『外国人参政権』に関わる審議があるときに限ってテレビ中継されないことが多くこれもまた国民の知る権利を阻害し正常な判断が出来なくなる恐れがある。
国会中継はインターネット動画があるとは言えそれを全ての国民が見ているわけではないので比較的多くの人が見ている地上波放送で全てテレビ中継するべきである。
可能ならば平日ならば午後6時~8時頃が望ましい。


■地方参政権だけで国政に重大な影響を与える。

先の名護市長選で見れば当落の票差はわずか1600票ほど。この分の人数の外国人が移住して選挙権を行使すれば、日米安全保障条約を破棄にまで持っていく可能性もある。
住民のそれほど多くない地方都市、例えば対馬や沖縄など国境に面する島や安全保障上重要な都市はそこに大量の外国人が移住し選挙権を行使すれば間違いなく選挙のキャスティングボートを握りる。
そしてある日突然“対馬は韓国領だ”と勝手に離脱宣言すらしかねない。
事実韓国では“対馬は韓国領だ”と公然と言われている。
またその候補者も日本国民より外国人に目がいき外国人のみの顔色をうかがい1国2制度状態となり国家崩壊へと向かうことは容易に想像できます。
既に市川市議会においては韓国民団による「外国人参政権」反対意見書に対する圧力工作が産経新聞により報じられています。
韓国民団という“外国人勢力”が地方議会に参政権を求めて政治的圧力を加えているのに認めたらとんでもないことになる、事はいずれ国政へということになりかねない。
多くの日本国民はこの事実と危険性に気が付いていない。


■経済や少子化のため有能な外国人を集めるのに参政権は関係ない。

有能で良識ある外国人を集めたければ別に参政権を渡さなくてもアメリカのグリーンカードのような永住制度で十分である。
ちなみに多民族国家で有名なアメリカ「グリーンカード(永住権)」「市民権(国籍)」は別物です。
日本やその他多くの国と同様に「市民権(国籍)」を取得しないと参政権はありません。

参政権があろうが無かろうが、日本に投資すれば儲かると分かれば自然とみんなが投資する。
人が集まってくる。
そもそも日本の永住制度は非常に甘い。

“法律に触れず10年住めば永住権が取得できる。”

それなのに何故に憲法違反までして日本人にとり全くメリットも何もないむしろ治安悪化や安全保障上の危機を招いてまで日本国民固有の権利である主権を日本に対して何ら責任を取らなくていい外国人に渡さねばならないのか?
どうしても参政権が欲しければ

“日本に忠誠を誓い日本の法を尊守し帰化すればいいこと。”

※当然帰化に当たっては厳格な審査は必要
日本の法を尊守し日本に忠誠を誓うことは当然として
犯罪歴の有無、資産の保有(数千万円~億円単位)、これまでの反日活動の有無、その人物が日本に帰化することが日本にとり有益かどうか等々
そして猶予期間を最低5年置き、その間犯罪行為や反日的活動が認められれば即取り消し


それもいやだと言うならお国にお帰りいただくしかないだろう。


■外国人参政権を認めている国は少ない。

よく「外国人参政」権賛成派は「外国人参政権」を認めている国は多いと嘯きますが全くのデタラメです。
外国人参政権を(条件付等で)認めているのは世界約200カ国のうち40カ国
決して多くはないし多数派でもない。
(仮に多数派であったとしても日本の国情、近隣諸国の状況を見れば参政権など認められない。)
外国人参政権を認めているEUなどの場合は国家統合を目指している関係もありEU国民に限り認められている(その他の国の国民には参政権は認められていない)。
唯一の例外が韓国であるがその韓国の場合も永住外国人の地方参政権を認めているがその前提として韓国に200万ドル(2億円)以上の投資を行うなど厳しい条件が科せられている。
その為韓国で実際に参政権を持つものは“たった十数人”。

逆にもし日本が地方参政権を認めると約50万人の韓国人が参政権を持つことになり相互主義すら成立しない。
ましてや地方によってはイニシアチブを完全に握られ韓国により都合のいいように操られる危険性がある(特に対馬や竹島問題での島根県など)
さらに今危険なのは中国、年々永住者の増える中国人、中国の総人口の約1割が移住してきただけで約1億人以上・・・。

仮にさらにその半数でも地方がどうなるか容易にその危険性は想像できるはずです。
特に沖縄などが今危険です。




民主党の闇法案、「人権侵害救済法案」は「外国人参政権」とセットで危険であることも知っておいてください。

(2011年8月22日(月)放送「ビートたけしのTVタックル」)

【動画と書き起こし】今回必見ビートたけしのTVタックル 「外国人参政権」「人権侵害救済法案」。
日本のメディアが隠す事、報じられないフジテレビ抗議デモ、海外では報じられるのに何故日本のメディアはダンマリ?
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-1099.html
民主党闇法案 外国人参政権・夫婦別姓・人権侵害救済法案


RIMG5218_20110823113256.jpg
「基本方針では法務省の外局に人権委員会を設置
国家公安委員会クラスの権限を持たせるという」


RIMG5219_20110823113450.jpg
「人権侵害の訴えがあると人権委員会は独自で調査
関係者の事情聴取
注意・勧告などを行うことになるという」


RIMG5220_20110823113449.jpg
「中央の人権委員会の元には
各都道府県には人権擁護委員がおり地方参政権を有する者が選ばれる。
民主党の永住外国人の地方参政権が通れば
在日外国人が人権擁護委員に選ばれる可能性も出てくる




民主党議員にはこうした外国人参政権に賛成の議員は多数います。
一番有名な議員を上げても


鳩山由紀夫(当時)首相
RIMG9053.jpg

小沢一郎(当時)民主党幹事長
RIMG9055.jpg

赤松広隆(当時)農水大臣
RIMG9061.jpg

前原誠司(当時)民主党代表
民団新聞 前原 外国人参政権賛成

上記はほんの一例です。
民主党には日本国憲法違反たる「外国人参政権」を賛成・推進する議員は多数います。
このまま民主党政権が続けば外国人へ主権を売り渡す「外国人参政権」が通る可能性が常に付きまといます。
まさに国家・国民の危機です。



また、自分は一日本国民として『外国人参政権』名を変えた「外国人参政権」たる“外国人の投票も認めた”『自治基本条例・市民条例・住民投票条例案』に反対です!



<参考過去記事>

※ 民主党の闇法案「外国人参政権法案」「人権侵害救済法案」「選択的夫婦別姓法案」

そして民主党の闇法案、「人権侵害救済法案」は「外国人参政権」とセットで危険であることも知っておいてください。

(2011年8月22日(月)放送「ビートたけしのTVタックル」)

【動画と書き起こし】今回必見ビートたけしのTVタックル 「外国人参政権」「人権侵害救済法案」。
日本のメディアが隠す事、報じられないフジテレビ抗議デモ、海外では報じられるのに何故日本のメディアはダンマリ?
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-1099.html



【動画と書き起こし】今回必見ビートたけしのTVタックル 「外国人参政権」「人権侵害救済法案」。
日本のメディアが隠す事、報じられないフジテレビ抗議デモ、海外では報じられるのに何故日本のメディアはダンマリ?
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-1099.html




【再掲】TVタックル「外国人参政権問題」 張景子さん日本国憲法捏造?もう一度「外国人参政権問題」を考える、最高裁判所での違憲判決と「外国人参政権」を欲する勢力
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-1185.html




【再掲】たかじんより「参政権は欲しい、国籍取得は便宜主義、日本と韓国の国籍を積極的に持ちたいとは思わないが重国籍」そんな彼らに参政権は渡せない! 「外国人参政権問題」
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-1196.html




たかじんより「公明党の「外国人参政権」を追及する平沼氏」・参政権とは税金を納たら貰えるのではない!その国の国民、日本ならば日本国民だから持てる!
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-642.html




※「外国人住民基本法」の危険性

民主党代表選5氏乱戦確定“誰がなっても地獄”『馬・鹿・野・海・前』国民や日本の将来よりも票集めの内ゲバ模様の政争・・・
生徒の2ちゃんねる書き込みで発覚 日本史「ハングル授業」に賛否両論。
メディアで流れる表の韓流(偏重放送)もいらないが裏の永住外国人地方参政権」や「外国人住民基本法」要求や権利要求などいらない!
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-1105.html




請願付託!「外国人住民基本法」・悪法「外国人住民基本法」参議院法務委員会に請願付託!
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-459.html




TVタックルより「選択的夫婦別姓と国が社会が家族が溶解するニッポン」
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-650.html







■ 参 考


解説に挑戦!~スイス民間防衛に学ぶ~
http://youtu.be/tUuxd4ESpsc

[Pick up] スイス民間防衛に学ぶ~日本の現状と対策
http://youtu.be/eT1my43BGpU



危機に瀕する日本: 日韓紛争概説 文化略奪と歴史歪曲に関する一考察
http://youtu.be/sW4H2PGj6JU


<英語版:English version>
Endangered Japan: A Small Survey on the Conflict between Japan and Korea
http://youtu.be/FaOCQ9AQyP0




「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」さんより引用

【告知】

http://fujidemokyushu.blog.fc2.comhttp://yuh20112525.kagennotuki.com/
拉致被害者を即刻返せ!!金正恩よ日本国民の声を聞け in東京
日時:2012年1月8日(日)
【集合】1時半(13:30)
【出発】2時(14:00)
【集合場所】明治公園(渋谷区千駄ヶ谷一丁目)
● アクセス
JR「千駄ヶ谷」下車 徒歩3分
地下鉄大江戸線「国立競技場」(E25)下車 徒歩2分


http://fujidemokyushu.blog.fc2.com/
第2回 フジテレビ・花王抗議デモ in 福岡
日付:2012年 1月9日 (月) 成人の日
時間:13:00集合、14:00出発
場所:福岡市 中央区 天神 警固公園
※雨天決行
■告知動画■
[YouTube版]
http://www.youtube.com/watch?v=lQ4TAf_yrZQ
[ニコニコ動画版]
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16385007

http://kaodoff.blog.fc2.com/
第3期花王デモ【東京】
2012年1月20日(金) 12時00分 出発
集合場所:新宿 柏木公園(西新宿7-14)
集合時刻:ボランティア参加者 11時00分 一般参加者 11時30分  
※ボランティア募集についてはこちら
ルート:柏木公園→新宿駅周辺→柏木公園(左回り 2.5km前後)

vlomoshiro024102.jpg





★:注意とお願い★

 最近コメントをしていただけるのはありがたいのですが、コメントに名前を入れずに空欄でコメントされる方が多いです(ホストを確認すれば8割方は同一なのですが)
過去に何度かコメントしましたがコメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を(他人の振りをするのも含む)名乗る等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)




※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

コメント欄・トラックバックをご利用される方は左のプロフィール下の【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】をご一読下さい。

<注意事項>

特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、口調が喧嘩腰、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもや
営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿など
宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど
管理人が不適切と判断した場合は基本的に削除します。
コメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を名乗る(他人の振りをするのも含む)等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)
悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。
違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。



尚、コメントは全て拝読させて頂いておりますが、当方の仕事の都合等でお返事出来ない時がありますので平にご容赦下さい。

※:書き起こしについては誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので引用される場合はご注意を。

■ 追 記

民主党の深い闇


勢いで作った。印刷用PDFはこちら
拡散!菅直人・鳩山由紀夫 拉致容疑者親族周辺団体へ献金
菅首相と鳩山元首相、その他民主党議員と民主党の北朝鮮の拉致容疑者親族周辺団体への献金とつながり。
All sizes  被災地よりも韓国!野田氏、5.4兆円支援を韓国に約束!!  Flickr - Photo Sharing!
被災地よりも韓国!野田氏、5.4兆円支援を韓国に約束!!




頑張れ日本人アストレアB-S 頑張れー

ランキング用


スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

日本国憲法を憲法と認めている以上、外国人地方参政権はいずれ成立しますよ。その後に人権侵害救済法案が成立し、国政の選挙権も与えられるでしょう。


第九十八条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。

つまり、国連の人権委員が在日外国人の権利を保障せよと勧告を出しているのだから「確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする」とあるように、日本国政府は誠実に遵守しなければなりません。

GHQが作った占領憲法では日本の自主独立は守れないのです。
占領軍のために作った憲法ですから当然なんですけどね。

為すべきは日本国憲法の憲法としての無効と皇室弾圧法である法律の皇室典範の無効を確認して、大日本帝国憲法と正統な皇室典範の原状回復です。


憲法改正や自主憲法制定は日本国憲法を憲法として有効と認め、その改正条項によって改正するから根本的な問題解決は出来ないです。混乱や右派左派の運動に燃料投下するだけです。
国 旗
japa001m.gif
鎮守府訪問者数
閲覧者数: 現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
気象:天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

銀時

Author:銀時
リアルにおいて陸上自衛隊に入り現在予備自であるのになぜか
某ゲームにおいて某鎮守府提督に就任
自慢は現在のところ自艦隊から一隻も轟沈が出ていないこと。
日本とアニメと漫画をこよなく愛する
マダオ(まるでダメなオッサン)

基本政治関係を書いてますがたまにアニメや漫画
の絵?(最近はGIF)なんか書いたりしてます。

基本ぐだぐだなので
まったりと?いきたいので
宜しくお願いします!

好きなアニメ・漫画は

『銀魂』「信長協奏曲」「宇宙戦艦ヤマト2199」等…

旧「銀色の侍魂」管理人
ブログ名称変更に「艦これ」と「アルペジオ」のコラボイベントに感化されたとかされないとか・・・

※※※ ※※※ ※※※ 【twitter】
秘書官(さくや)
さくや(冬)
今日の運勢
鎮守府神社掲示板
鎮守府掲示板(リンク集)
Amazon 検索

民主党 外国人参政権 人権擁護法案 小沢 竹島 鳩山 夫婦別姓 長崎 拉致問題 人権侵害救済法案 主権 チベット 国連 人種差別撤廃委員会 青山繁晴 櫻井よしこ すぎやまこういち メディアパトロールジャパン 朝鮮学校 川上 恫喝 脱税 検察 日教組 個所付け 麻生 安倍 韓国 西村幸祐 子供手当 特捜部 石平 そらのおとしもの イカロス エリザベス 桂小太郎 志村新八 定春 ニンフ アストレア 戦艦 大和 御坂美琴 インデックス とある魔術の禁書目録 上条当麻 神楽 坂田銀時 張景子 三宅久之 TVタックル 参政権  MPJ 長島昭久 高市早苗 外国人住民基本法 銀魂 穀田恵二 小川敏夫 山際澄夫 自衛隊 

コメント欄等の注意事項
コメント欄・トラックバックをご利用される方はご一読下さい。 【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】 (1)特定の個人を誹謗中傷する投稿とそれに類する投稿。 (2)特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもの。 (3)営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿 (4)営利目的等でなくとも単なる広告や宣伝に終始する投稿   (集会や署名のお知らせ等はOKですが、複数スレに渡ってのマルチ等、目に余るものは削除対象です) (5)その他、管理人や特定の個人にとって不利益となる投稿   (自分または他人の住所、電話番号、家族構成等、個人情報に類する投稿) (6)宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど。 但し、日本神道や仏教等日本古来の文化伝統に息づくものは除外。 (これらの名を語る管理人が怪しいと感じたものは削除対象) (7)その他、管理人が不適切と判断する投稿 上記投稿と管理人が判断した場合は基本的に削除します。 悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。 違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。
ランキング
アンケート
鎮守府司令部前掲示板
竹島も尖閣諸島も対馬も北方領土も日本列島とその他の島々も日本領!
軍艦旗
japa002m.gif
河野談話作成過程検証報告書
平成26年 官房長官記者会見 記者会見 首相官邸HP http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201406/20_p.html  首相官邸HP 河野談話の作成過程検証報告書(PDF) http://www.kantei.go.jp/jp/kakugikettei/2014/__icsFiles/afieldfile/2014/06/20/20140620houkokusho_2.pdf 外務省HP【英語版】 河野談話の作成過程検証報告書(PDF) http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000042169.pdf
竹島プロジェクト2016
竹島は間違いなく、日本の領土だ! 竹島プロジェクト2016 C2 「島根県 Web竹島問題研究所 かえれ島と海」へリンク。
< 参 考 > ぼやきくっくり 竹島プロジェクト2016 ブログ参加概要(推 奨): ブログやホームページに竹島の画像、イラスト、文字等を配置し、互いにリンクする。 島根県Web竹島問題研究所へのリンクをはり、2/22竹島の日のアピールに勤めます。
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
Amazon商品一覧
くまみこ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)  
くまみこ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)



ぎんぎつね 10 (ヤングジャンプコミックス) 
ぎんぎつね 10 (ヤングジャンプコミックス)



艦隊これくしょん ‐艦これ‐ side:金剛 (1) 限定版 (カドカワコミックス・エース) 
艦隊これくしょん ‐艦これ‐ side:金剛 (1) 限定版 (カドカワコミックス・エース)



銀魂―ぎんたま― 54 (ジャンプコミックス) 
銀魂―ぎんたま― 54 (ジャンプコミックス)



風雲児たち 幕末編 23 (SPコミックス) 
風雲児たち 幕末編 23 (SPコミックス)



Amazon商品一覧(2)
Amazon商品一覧(3)
ねんどろいどぷち 艦隊これくしょん -艦これ- 6個入りBOX 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいどぷち 艦これ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済みトレーディング可動フィギュア 6個入りBOX) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 赤城 (ノンスケール ABSPVC 塗装済み可動フィギュア)02 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 赤城 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 加賀 (ノンスケール ABSPVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 加賀 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 金剛 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 金剛 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 比叡 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 比叡 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 榛名 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 榛名 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 霧島 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 霧島 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 熊野 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 熊野 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 鈴谷 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 鈴谷 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 北上 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 北上 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 大井 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 大井 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん ~艦これ~ ねんどろいど 島風 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん ~艦これ~ ねんどろいど 島風 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 天津風 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 天津風 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 伊401 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 伊401 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

日本を守ろう

民主党 外国人参政権 人権擁護法案 小沢 竹島 鳩山 夫婦別姓 長崎 拉致問題 人権侵害救済法案 主権 チベット 国連 人種差別撤廃委員会 青山繁晴 櫻井よしこ すぎやまこういち メディアパトロールジャパン 朝鮮学校 川上 恫喝 脱税 検察 日教組 個所付け 麻生 安倍 韓国 西村幸祐 子供手当 特捜部 石平 そらのおとしもの イカロス エリザベス 桂小太郎 志村新八 定春 ニンフ アストレア 戦艦 大和 御坂美琴 インデックス とある魔術の禁書目録 上条当麻 神楽 坂田銀時 張景子 三宅久之 TVタックル 参政権  MPJ 長島昭久 高市早苗 外国人住民基本法 銀魂 穀田恵二 小川敏夫 山際澄夫 自衛隊 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。