スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小林よしのり氏のフジデモ批判「韓流ドラマがいっぱい」とまたもやフジデモでの「韓ドラの多い」と言う主張だけ取り上げて批判。小林よしのり氏「もう国家論やめたくなった。わしだってもっといろんな表現をしたいよ」。「年収200万円以下の下層」「30、40(代)」「結婚もできない人々」ネット上での保守派、いわゆる「ネットウヨク」と呼ばれる人々に対して思い込み、決めつけが酷い


小林よしのり氏のフジデモ批判「韓流ドラマがいっぱい」とまたもやフジデモでの「韓ドラの多い」と言う主張だけ取り上げて批判
小林よしのり氏「もう国家論やめたくなった。わしだってもっといろんな表現をしたいよ」
「年収200万円以下の下層」「30、40(代)」「結婚もできない人々」ネット上での保守派、いわゆる「ネットウヨク」と呼ばれる人々に対して思い込み、決めつけが酷い



よかったら応援クリックお願いします。

ランキング用



 被災地の皆様には心よりお見舞い申し上げます。
この災害で亡くなられた多くの方々のご冥福を心よりお祈りするとともに
被災地の皆様の一日も早い復興を心より願います。





戦争論
「戦争論」

「新ゴーマニズム宣言」


といえば小林よしのり氏の名が出てくるでしょう。
特に「戦争論」については多くの保守派と言われる人々に影響を与えたのではないでしょうか?
自分も、小林氏の「戦争論」にはかなり影響を受けたと思います。
(但し、保守的?な考えはもとからでしたが)

その小林よしのり氏が以下のような取材を受けているのですが
やはりというかなんというか、多くの、それこそ「たかじんのそこまで言って委員会」などと同様に
フジテレビ抗議デモ等についてろくに深く取材し、何が言いたいか理解していないのに

ただ、韓流ドラマが多いからだけで批判しているのだと勘違いしている。
しかもそのデモ参加者(ネトウヨ系?)を年収200万円以下の下層・結婚もできない30、40(代)と明確な根拠もないのにレッテル貼りをしている


http://news.livedoor.com/article/detail/5902626/?p=7

『韓流ドラマがいっぱいあるっていったって、いや、どうせ商売でやってるんだからとしか思わない。今不況だからなとか、広告が取れないんだろうなとか、安いからねとか。わかっちゃってるわけじゃない。怒る気もしない。まあ見なきゃいいんじゃないとしか思えなくなってくるんだよね。絶対見ないんもんっていうくらいの感覚にこっちはなってしまう。よく暇あるなっていう感じになっちゃうから。なんかこう、もっと有効に怒ったほうがいいんじゃないかなっていう気がするね。』

『そういうネトウヨ系のヤツは、強硬なことを言っときさえすれば保守なんだ、愛国者なんだ、と思ってるから、「原発推進だ!」とか簡単に言うけれども、だったらもう、お前たち経団連の思うままに操られるだけだよっていうことであって。左翼と一緒になって「原発反対!」って言ったほうが、世の中それこそすっかり変わるんじゃない?と思いますけどね。

しかも、君たち年収200万円以下の下層でしょ?っていう。それでいいわけ?と。自分が選んでるんだよそれをって。お前らもう30、40(代)になってるだろ、ほんとはよっていう。匿名でやってるけども若くはねんだぞっていう。結婚もできないっていうような身分に置かれてそれで満足してるわけ?って。全然何に対して怒ってるのか全くわからない。怒らなければいけないのは、違うところにあるんじゃないかっていう。自分の立場に対して満足してないって、そこをちゃんと怒れよって言いたくなるよね。』




正直、人間だから意見の相違はあるし
自分も影響をうけた「戦争論」を書いた小林よしのり氏であっても細かいところでは意見の相違は出てくるのは理解できる。
だが、この2点に関して言えば看過できないものがあるように思う。
まず第1点、何度も書くがフジテレビ抗議デモ参加者は韓流ドラマが多すぎるという事だけを訴えているのではない。
それは訴えていることの一部分でしかなく

小林氏自身以下の記事で


『マスメディアの役割は、本当はものすごく重要でしょう。まず正確に情報を与えてくれなければ国民は何も判断のしようがないわけだから。だけどマスメディアそのものが、基本的にはスポンサーに左右される。経団連とかの気に入らないような論調で書けば、そりゃスポンサーが付かないから、やっていけなくなっちゃうわけでしょう。そうなると、「公」のためのというか、公正・公平な情報を国民に渡す、という役割を果たせないということになるよね。かなりねじ曲がっちゃってる。一部の利権のために、情報を操作してる可能性がある、ということになってしまうよね。それがマスメディアの今の問題ではある。』



と言っているにもかかわらず以下の問題

フジの外国人株主比率や韓流コンテンツをフジ子会社が持っていること
Anti Korean wave in Japan(日本語字幕from nicovideo) 099
Anti Korean wave in Japan(日本語字幕from nicovideo) 100

浅田真央選手への侮辱
Anti Korean wave in Japan(日本語字幕from nicovideo) 013

日の丸君が代シーンカット
Anti Korean wave in Japan(日本語字幕from nicovideo) 032

番組での韓国ごり押し
Anti Korean wave in Japan(日本語字幕from nicovideo) 060
Anti Korean wave in Japan(日本語字幕from nicovideo) 061
Anti Korean wave in Japan(日本語字幕from nicovideo) 062
Anti Korean wave in Japan(日本語字幕from nicovideo) 063
Anti Korean wave in Japan(日本語字幕from nicovideo) 065
Anti Korean wave in Japan(日本語字幕from nicovideo) 066

ドラマやニュースなどでの侮日
(日韓戦とするところを韓日戦と表記)
Anti Korean wave in Japan(日本語字幕from nicovideo) 064

(JAP18侮日)
フジテレビで放送されているドラマ『それでも、生きていく』

(広島原爆投下翌日放送のドラマにてリトルボーイ(広島に投下された原子爆弾のコードネーム)Tシャツ問題)
フジ系ドラマ「イケメンパラダイス」

ステルスマーケティングとサブリミナル的な放送
357836800_20110911082500.jpg



など一切論じてない!


年収云々に至っては何を根拠に

「年収200万円以下の下層・30、40(代)になってるだろ・結婚もできないっていうような身分に置かれて」



などと言えるのか?

実際の画像などを見てみれば


【デモ速報】8.21フジテレビ韓流ゴリ押し・偏向報道抗議デモ 現地リポート速報【公式発表6000人】
ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/136715


(ライブ更新中:本記事はガジェ通スタッフによる速報体制を組んでお送りしております。追加の情報などがあればコメント欄でお願いします)
(ライブ更新中:本記事はガジェ通スタッフによる速報体制を組んでお送りしております。追加の情報などがあればコメント欄でお願いします)

本日13時から開催されたお台場フジテレビ韓流ゴリ押し反対デモ。8月7日に続き2回目のデモとなり、今回も大勢の人が集まった。あいにくの雨天だがそんな天候ももろともせずデモに参加した大勢の方々。『ガジェット通信』編集者も現地に行き取材を行っているのだが、速報として写真を掲載したいと思う。皆が集合している模様などが写されている。雨の中活気づいておりデモの注意事項を呼びかける者もいた。


【現在の状況】
14:30時点の公式発表によれば参加者6000人。現地のガジェット通信記者によれば6000~8000名はいるだろうとのこと。1グループ350名から400名のグループが全部で20組デモをおこなっている。現地には街宣車などが集まり騒然としています。また、デモへの取材や騒ぎを見ている人達の数をあわせると相当数の人がお台場のフジテレビに集まっています。さらにネット中継にも多くの視聴者が集まっており、ニコニコ生放送ではミラーも含めると20万人、USTREAMでも概算10万人ほどの視聴者がおり、総計30万人ほどの生中継視聴者がライブでこの模様を視聴していました。ネット生放送としてもデモ中継としても「前代未聞の規模の視聴者数」となりました。



以下写真と記事を随時追加していきます。すべての記事と写真をご覧になりたい方はガジェット通信サーバー上の記事をご覧ください。
(上の方が新しい写真となります)


1430頃 公式発表:デモ参加者6000人1

1430頃 公式発表:デモ参加者6000人2

1430頃 公式発表:デモ参加者6000人3

1430頃 公式発表:デモ参加者6000人4
14:30頃 公式発表:デモ参加者6000人
14:30時点のガジェット通信記者の取材によると、公式発表参加者6000人。また現地には街宣車などが集まりだしているとのこと。

1330頃 デモがスタートした模様
13:30頃 デモがスタートした模様

拡声器を挟んで左右の黒い服の男女が主催者。SBS、KBS(韓国放送公社)など海外テレビ局の取材も入っているようだ。日本のテレビ局は今のところ見当たらない。ここでも偏向報道がおこなわれるのだろうか。
拡声器を挟んで左右の黒い服の男女が主催者。SBS、KBS(韓国放送公社)など海外テレビ局の取材も入っているようだ。日本のテレビ局は今のところ見当たらない。ここでも偏向報道がおこなわれるのだろうか。


親子連れの参加者もいるとの情報1

親子連れの参加者もいるとの情報2

親子連れの参加者もいるとの情報3

親子連れの参加者もいるとの情報4

親子連れの参加者もいるとの情報5
親子連れの参加者もいるとの情報


1300 デモの開始を待つ人達
13:00 デモの開始を待つ人達


1255 集合場所にはすでに多くの人達が集まっている。
12:55 集合場所にはすでに多くの人達が集まっている。



確かに「韓流いらない」のプラカードもあるが
「日本を侮辱するテレビもういらない」
「フジテレビのねつ造・偏向報道反対」
「電波は国民の財産マスコミを正そう」

のプラカードもある。
これが小林氏の言う「韓流ドラマ多いから」だけでフジテレビを抗議しているデモだろうか?
「年収200万円以下の下層・30、40(代)・結婚もできない」人々に見えるのか?
あまりにも認識がお粗末すぎる。



小林よしのり氏「もう国家論やめたくなった。わしだってもっといろんな表現をしたいよ」
2011年10月03日11時15分 BLOGOS(ブロゴス)
http://news.livedoor.com/article/detail/5902626/?p=1

小林よしのり氏。(撮影:弘田充)…

中国が海軍力を強化し、ロシアも極東方面での活動を活発化させている。竹島・尖閣諸島・北方領土を巡る近隣諸国とのトラブルも頻発しており、あらためて国防の問題がクローズアップされている。そんな中、BLOGOS編集部では、「国防」について真正面から論じた「ゴーマニズム宣言SPECIAL 国防論」を9月に上梓したばかりの小林よしのり氏に話を伺った。話は、震災の被災地取材時のエピソードから、フジテレビ・お台場デモ事件にまで及んだ。取材当日は最悪の体調だったという小林氏だが、我々の質問にもひとつひとつ丁寧に答えてくれた。(取材:BLOGOS編集部 田野幸伸、大谷広太)

漫画でしかやれない、記録できないものをやっておこうと思った

―わたしたち編集部のメンバーも30歳前後ですので、小学生の頃は「おぼっちゃまくん」、中学生では「ゴーマニズム宣言」を読んで育った世代なんです。

小林よしのり氏(以下、小林):へえーそうでしたか。よろしくお願いします。

―今回の小林先生の新著「国防論」ですが、外交・防衛の話ではなくて、東日本大震災の描写からスタートしていますね。あくまでもイラストなのですが、悲惨で生々しい描写もあったので、緊張感をもってページをめくりました。
先生は漫画家ですから、映像や写真、文章ではなくて、絵で表現なさるわけですよね。漫画というメディアを通じて表現する上で、苦労された点などはありますか?

小林:もともとは自衛隊に対する偏見みたいなものを和らげようと思って、外国との軍事衝突を前提とする国防論として始めていた仕事なのですが、3月11日の震災以降、国民の偏見を取り除く、というのは(被災地での活動を通して)自衛隊が自力でやっちゃったから。
そうすると、わしがやらなくてもいい仕事になってしまった。

ただ、オウム事件の時にもそういう感覚はあったんですけど、3.11以降に起こった現象というのは、原発事故への反応も含め、かなり歴史的なものだと感じたわけですよね。3.11以降の現象を全部俯瞰して、記録したものを作りたいという感覚が生まれてしまいましたよね。

漫画というジャンルの中から、ひとつくらいそういうものを残せていてもいいんじゃないかな、ということで、地震の発生時点から連続して描きました。その中で自衛隊の活躍もあるということで。

やっぱり漫画だとカメラアングルを自在に変えられるわけですから、津波の発生時点から、それが東北に押し寄せて、どのように住宅を飲み込み、人々の背後に迫ったかというのも、漫画でならば描けるわけです。誰かの手によって撮影されたものではなくて、漫画でしかやれない、記録できないものをやっておこうと。

そうなると、一応現地にも行っておかなければならないから、嫌だったんだけど、行った。自分の想像力だけで描いてもいいんじゃないというのもあったんだけど、行かないわけにはいかないから。そこで見た光景は独特のものだったな。

漫画の中にも描いたけれど、”ソフトな無法状態”というものが(被災地には)あった。家の中は丸見え。誰も見張っていないから、家宅侵入も簡単にできるし、泥棒しようと思えばできる。外国ならば、結構取っちゃいますよね。非常事態に家宅侵入したり。日本人はそういうところ、何らかの後ろめたさを感じる。

一方では、自動販売機とか金庫が田んぼのなかに転がっちゃって、誰かがこじ開けたんだろうというものもあるわけです。他所から入ってきた悪いやつがやったのか、地元の人間が必要性に駆られてやったのか。わからないですよね。

あんな空間は、SF的なものでしか見られない世界でしたよね。現実感がないような。こんなことっていいのかなと思った。制御するのは自分の倫理観しか無いんですよね。普通、街中で暮らしていたら、明文化されたルールにしばられているところがありますが、あそこへ行くと、誰も見てないから何をしてもいいぞ、というのがあって。

実際の取材を行なってみて、こういうことが起こるんだなという、非常に難しい、ルールの想定外のことが起こっているということを体感したというのが、ものを表現する人間としては、ある種の好奇心をかられる出来事でした。



左にも右にも嫌われる

小林:そして、自衛隊の車両があれほどまでに被災地を行き交っていて、だからこそ安心するという感覚ね。
「軍靴の足音が聞こえる」とか「こんなに野放しで自衛隊が活動していいのか、軍国主義国家になったんじゃないか」、みたいにちょっと前ならすぐ言われてた。あそこにおいては、そんな陳腐な言葉はもう通用しなかった。自衛隊の車両を見るとほっとするという、そういう心理状態になるわけですからね。

―これまで自衛隊については、議論を始めようとしただけで、保守だとか、右寄りだとか、いわばタブーのような扱いをうけることも多かったと思います。
今回震災があって、国民の中で、自衛隊に対する「頼もしさ」のような認識も出てきたようにも思うのですが、小林先生の中では必要性を再認識された、ということでしょうか。

小林:というよりも今度は逆に心配になったけどね。つまり、単なるレスキュー隊と間違われていないかということだよね。国民にとって自衛隊の本来の姿が認識されているのか。ボランティアの延長線上のレスキュー隊として認知されちゃったんではないのか。保守派の人間たちも、「暴力装置じゃない、暴力装置じゃない」と言っているわけだから、非常に安全で無難な団体、組織として認知されようとしているということが、逆に危険だな、という感覚も持ちましたよね。

ー「世界で最も多くの命を救った軍隊」という言い方に端的に表されているかもしれませんね。

小林:そうですね。でも、軍隊ならば、具体的な軍事衝突の局面では命を取らなければならないという面、敵の命まで救うわけではないという面もあるわけだから、その辺を勘違いしちゃいけないんじゃないかなと思ってそこを危惧するようになった。でもそれを表明してしまうことが、保守派の人たちには気に入らない、”暴力装置”と書くことも気に入らないっていうことになっちゃうし。だから左にも右にも嫌われる、ということに結局はなりますよね。

―13年前に「戦争論」を出版されましたが、あの頃から比べると、ワールドカップでの盛り上がりなど、若者におけるナショナリズムや愛国心という話もクローズアップされるようになったと思います。先生の作品に対する読者や社会の反応は変わってきたと思いますか?

小林:昔はみんな若者は左翼だったんだけど、今は保守か、なんか”ネトウヨ”みたいな感じになっちゃって、切り替わっちゃったかなという感覚はしますよ、「戦争論」以降。
でも、今度はある意味、国家というものを持ち出しさえすれば自分自身の自意識を底上げできる、という人間が随分増えたなと。

自衛官のような”現場”を持たなくて、プロフェッショナルでもなくて、自分の全く未熟な”個”に対して、”国家”っていうものを出しさえすれば、人を”左翼”だとか”売国奴”とか色んな言葉で非難しつつ、自分だけは尊大に振る舞える。そういうことのために、国歌や日の丸がだんだん利用されてきている。そういう状況に対して、わし自身は嫌悪感を覚えることがあるので批判的になってしまう。そうすると"アンチ小林よしのり"みたいなのが出てくる。ネットの中からは特に。知ったことかという感じだけどね。どっちみち右からも左からも、全てから嫌われるということは前提ですから。何も誰かに気に入られたくて何かを発言しているわけじゃないので、できるだけ人の耳障りなことを言おうと、自然とそうなっちゃう。耳障りだけど言っちゃえとなってしまう。わしはそういうものじゃないと表現する意味はないと思っているので。

最大多数の言葉を全部代弁しちゃって、「そうだそうだ!」って言う同意をもらえるようには描いていないということですよね。



少年たちに影響与えた責任も感じる

―今回の「国防論」では、少年工科学校の生徒さんや、幹部候補生の若い自衛官との交流も描かれていますね。その中で、小林先生の作品を読んだことがきっかけで自衛隊を志したという方も出てきます。それを告白されて、作中の小林先生が複雑な心境になるというか、戸惑うような描写がありますね。

小林:そうですね。

―メディアの中でも漫画はわかりやすい、とっつきやすいので、若者に対して与える影響ももしかしたら小さくはないと思います。それについては、どういうお考えをお持ちですか。

たとえば「東大一直線」を昔描いていた頃に、少年が金属バットで父親を殴り殺してしまった事件がありました。東大一直線のファンだったということが新聞に書かれて、ちょっと悪い影響を与える人のように思われてしまったこともありました。

でも、表現するときに、人に何の影響もないものを表現しても仕方がないと思う。もちろん影響はあるだろうし、それによってどういう影響を及ぼすかというのはもう個々ばらばらになってくるわけで。

わしのものを読んで自衛隊に入ったという人がいるのは、嬉しいのは嬉しい。嬉しいんだけれども、万が一有事の時があったら、その人はそれで死ぬかも知れない、ということを考えると、責任も感じるな、ということになる。だから、もし憲法を改正して、専守防衛の立場を捨てた場合、米軍のようにアフガンに自衛隊が入っていくというようなことがあっても構わないのか、というのを本人たちに聞いておきたかった、というのがあるよね。

すると、意外にも、「自分は行く」というから、ああそうかと。そこまでの覚悟があるわけか、ということが確認できたことは良かったよね。それは、作品に影響受けたことで、自分の肥大化した自意識を担保するために”国家”というものを持ちだす若者とは違うからね。

自衛官は少年工科学校や防衛大学などの教育機関の中で、プライドなんかズタズタにされただろうし。とにかくプライドを崩す、ということが教育の前提としてあるわけじゃないですか。でも、ネット空間の中で、匿名で良いように言っている人間は、プライドが崩されないですからね。そこの差はありますよね。現場を持っている人間は、日々社会の中でプライドが崩れますから。そうなると、自分の等身大の実力とか、器量を客観的に見なければ仕方がない。
だから偉そうに言っていても、自分がどれだけのものなのかというのがたちまち跳ね返ってくるのが社会ですから。

やっぱり、わしの作品を読んで、そういう人たちが生まれる、そういう人達になってくれる、ということが一番うれしいこと。そういう人たちはもう社会の中に入っていて、自分の現場で闘ってるし、働いてるし、国家を形成する一人になっているし、そういう人はあまり匿名でなんか偉そうなことを言ったりとかしません。日曜日だって、とくにデモなんかに行く暇もないですし、家庭を大切にしなきゃならんし、子どもを日曜日くらいは遊んであげないといけないし。そういうもんだし。

そういうところに、戦争論を読んで、育ったひとたちがいっぱいいると思いますよ。




匿名の空間では本当の戦いはない

―「戦争論」以降、 「"個"と"公"」というキーワードが出てくると思うんですけども、「ネトウヨ」と先生がおっしゃる人たちというのは、「"個"と"公"」を議論しているようでも、実は"公"のためではなく、"個"のために国家を持ち出している、ということでしょうか。

小林:そうだね。私利私欲とか、私のプライドみたいなものを守り通せる匿名の空間というものでは本当の戦いはないから。

―私にも自衛官の友人がいますが、「アイロンがけが甘い!全員腕立て伏せ10回!」みたいな理不尽な状況から始まるそうですからね。

小林:それが"割礼"の儀式のようなものだからね、本来必要なものですよね。

なにも、わしだって好き勝手に大きな事を言ってるわけじゃなくて、人気投票や本の売れ行きですぐ結果が出てくることだし、そうなればたちまち自分のスタッフが雇えるかどうかとか、自分自身が食っていけるどうかということに反映していってしまうことだから。

そこにはそれなりの技術、客観性というものが必要だし、その上で自分の名前を出して、攻撃しても責任を取るというのがあって初めて表現に緊張感が宿るわけですから、匿名で好き勝手で無責任にやるのとは違うわけだよね。

―震災をきっかけに、若い人のなかで、ボランティアやチャリティに取り組むひとも多いようです。また、予備自衛官補の応募が増えているという報道もありました。

小林:何か世の中になることをしたい、国のためになることをしたい、人のためになることをしたい、という気持ちのある人が沢山出てきているという事自体はいいことじゃないかな。それはすごくいいことだし、私から踏み越えて、公のためにという感覚があるんだろうから、そのこと自体をわしは否定しないし、立派なことだと思いますね。

―一方で、学校で自衛隊や国防については教わりませんし、税金や公的サービスについて学習する機会もありません。大人になっても真剣に考える機会はほとんどないと思います。前作では「修身論」をお描きになっていますが、どうお考えですか。

小林:そうだね。まあ教えられていれば、わしが描く必要はないからね。そもそもね。



わしは別に防衛省の宣伝の人間ではないから

小林:わしがこの国防論で書いてるのは、必ずしも軍事衝突のことだけじゃなくて、経済のことも含めての国防を書いてるわけですし、国防の礎になる人間教育についても含めて書いてるわけです。軍事衝突において、この戦車とこの戦闘機が必要だ、という兵器マニアのひとたちのようなことは書いてないわけで。そういうところに国防の問題があるのではくて、やっぱり政治の延長線上が”戦争”なわけだから、今の政治の段階が国防であり、戦争である、とう感覚でいなければならないんだけどね。

―その観点から、自衛隊の用語や在り方も、あくまでも”戦時”を想定したものであるべきだとおしゃっていますね。ひとつひとつ単語が言い換えられた現状はあまり良い事ではないと。

小林:まずい言葉を全部封印していく、というようなところがあるよね。自衛隊の階級の名前も全部そうだから。一体何がなんだかわからないやっていうところがあるからね。
自衛隊の中においては、(軍事上の概念では)被災地の女川を「占領」している、それが前提の見解なわけだけど、そういうことはたぶんテレビなどのマスコミでは伝えてないと思う。ボランティア団体のように伝えているから。
でも、わしは、「”占領”しているんだ、これは」と描いてしまう。ちゃんと自衛隊としても「占領」という用語を使っているということを描いてしまっている。これはもしかしたら自衛隊からすると、あまり嬉しいことではないのかもしれないが(笑)、そうじゃないと困るよなということがあるから。

―それでは逆に自衛隊からの説明やPRをもっと実施しても良いようにも思いますが、国民の目から見ると、控えめで、積極的にアピールはしていないように見えますが、その点はどう思いますか?

それは難しいね。でも防衛省からは、今日もわしのところにブリーフィングに来たよ。今年の防衛白書はこうだから、このようにやってますという説明には来るよ。わしはその時に質問したりもするし。影響力のありそうな著名人にそうやって広報活動してるんだろうね。
防衛省のひとたちもどちらかと言うと非常に控えめに説明しようとするから、絶対こうだ、というような発言、政治的に問題のあるような発言はしない。それはしょうがないよね。やっぱり政治家の部下なわけだから自由には言えないよね。自衛隊員も政治的な発言はできないし、防衛省の職員も同様に、自由に自分たちの主張をしていいわけじゃない。
そして、時の政権によっても変わっちゃうわけだから。「じゃあ普天間基地どうするのか」って言ったって、鳩山政権のときと今じゃ全然違うだろうし。
プロパガンダでどうこうしようという感覚は、自衛隊や防衛省の中にはないわけでしょう。それはある意味では非常に健全な感覚ではあるよね。

何かって言えばすぐ「文民統制のはずじゃないか」、「シビリアン・コントロールが崩れてる」と左翼に批判されてきたわけだから、それは慎重になってるでしょうからね。

こっちも説明されても、わしは別に防衛省の宣伝の人間ではないから、例えば日米同盟についての説明をされても「米軍嫌いだし」とか、なっちゃうわけですよ(笑)。書いてるものと防衛省の説明してることとは違うものを書いちゃうわけであって。「何がトモダチ作戦だ!」とか(笑)。

中国だったらそうはいかんでしょう。中国共産党から漫画家が呼ばれて、「ここはこうだからな」、とかって言われたら、その通り書かないと逮捕されちゃうよ。



近隣諸国の危険を隠そうとしているマスコミ

―自衛隊は予算が削減されている一方で、むしろ役割は大きくなっていると思います。尖閣諸島では中国、竹島では韓国、北方領土は長年ロシアとの問題もあります。先日、尖閣諸島事件の中国人船長の釈放は、やはり”政治判断”だったということが報道されました。結局振り回されるのは海上保安庁や自衛隊のみなさんだろうと思うんです。

小林:そうですね。

―こういう状況をあまり意識しない国民、また情報も伝わってこない現状をどう思いますか?

小林:実際に中国の人民解放軍がどれだけ拡大を続けていて、潜水艦がどこを通って何を狙ってるのか、とか、ロシア軍機が日本列島一周している、などの話を、知っている人間は知ってるんだけど、どの新聞にも載っているわけではないし、テレビでもしきりにそれを報じてはいないよね。

それを報じると、日本のナショナリズムが刺激されて、中国何するものぞみたいな感覚が芽生えて、防衛費の拡大とか、自衛隊が軍隊になっていくという世論を作ってしまうだろうな、という風に考えるわけでしょう?マスコミの人間も。そこを隠そうとしているというのはひとつありますよね。

ナショナリズムを刺激するということがやっぱり左翼の学者というのはものすごく嫌うよね。それこそオリンピックとかで、日本を応援してたって、あれはナショナリズムじゃない、プチ・ナショナリズムだとかって言う言い方で、なんとかして過小評価しようとする感覚がものすごく働くのがありますよね。その延長線上に朝日新聞とかそういうのもあるのだろうし。日本人をどこかで信用していない。日本人は沸騰すると、たちまち攻撃欲むき出しにする、という風に思っているんでしょうね。一方で中国人は優しい人達だから、そういうことはないという風に思ってるのか、見ようともしないのかもしれない。

その辺のおばさんだろうと誰だろうと、中国がどこまで出張ってきているかとか、何企んでいるのか、とか、こういう危険性があると知っているような状態になっちゃったときに、日本人は一体どうするんだろうか?自衛隊を軍隊にしようと言うのかどうか?今のこの状態ではそれがわからないわけよね。知られないように操作されてるから。

でも、それがだんだん、知られるようになってきてるわけだけどね。昔のようには封印できない状況が出てきた。そういうところにおいては、YouTubeだとか、ネットの活躍があるわけだな。



http://news.livedoor.com/article/detail/5902626/?p=7

フジテレビ批判、よく暇あるな

―マスメディアとネット、それぞれの問題点と、今後の役割ってどういうところだと思いますか?

小林:マスメディアの役割は、本当はものすごく重要でしょう。まず正確に情報を与えてくれなければ国民は何も判断のしようがないわけだから。だけどマスメディアそのものが、基本的にはスポンサーに左右される。経団連とかの気に入らないような論調で書けば、そりゃスポンサーが付かないから、やっていけなくなっちゃうわけでしょう。そうなると、「公」のためのというか、公正・公平な情報を国民に渡す、という役割を果たせないということになるよね。かなりねじ曲がっちゃってる。一部の利権のために、情報を操作してる可能性がある、ということになってしまうよね。それがマスメディアの今の問題ではある。

けど今度はネットの方で、テレビや新聞などのメディアは、ウソをいっていると、必ずその論調になりはじめるんだけど、そこはそこで、果たしてどこまで本当なのかなっていう(笑)。

―どうしてもネット対マスメディアという構図になってしまいますね。最近ではフジテレビ批判や、お台場デモの問題もありましたね。

小林:ある意味大したことないからね。韓流ドラマがいっぱいあるっていったって、いや、どうせ商売でやってるんだからとしか思わない。今不況だからなとか、広告が取れないんだろうなとか、安いからねとか。わかっちゃってるわけじゃない。怒る気もしない。まあ見なきゃいいんじゃないとしか思えなくなってくるんだよね。絶対見ないんもんっていうくらいの感覚にこっちはなってしまう。よく暇あるなっていう感じになっちゃうから。なんかこう、もっと有効に怒ったほうがいいんじゃないかなっていう気がするね。

―有効に怒る、とい言いますと?

小林:そういうネトウヨ系のヤツは、強硬なことを言っときさえすれば保守なんだ、愛国者なんだ、と思ってるから、「原発推進だ!」とか簡単に言うけれども、だったらもう、お前たち経団連の思うままに操られるだけだよっていうことであって。左翼と一緒になって「原発反対!」って言ったほうが、世の中それこそすっかり変わるんじゃない?と思いますけどね。

しかも、君たち年収200万円以下の下層でしょ?っていう。それでいいわけ?と。自分が選んでるんだよそれをって。お前らもう30、40(代)になってるだろ、ほんとはよっていう。匿名でやってるけども若くはねんだぞっていう。結婚もできないっていうような身分に置かれてそれで満足してるわけ?って。全然何に対して怒ってるのか全くわからない。怒らなければいけないのは、違うところにあるんじゃないかっていう。自分の立場に対して満足してないって、そこをちゃんと怒れよって言いたくなるよね。

―メディア批判が不満のはけ口というか、すっきりするためだけになってしまっていると。

小林:長いこと君たちは階層の下におかれるんだよ、あんたたちどんどんオッサンになるよ、醜くなるよ、っていう話でね。デモなんかに出かけられないよ醜くって、ということになるよね。




自己欺瞞に耽って、何も決断しない日本人

―最近、"将来にツケを残さず増税"、という話もあります。そうなると、当然我々20代や30代も責任を引き受けなければなりません。

小林:結局、民主主義は多数決だから。多数決だとこれからは高齢者が多数になっちゃう。政治家はそっちの顔色見なきゃならんからね。若者の顔色見たって票にならんと。それが民主主義そのものの欠陥でもあるわけだし。だからこそ、「公」という感覚があるのならば、本当は年寄り連中が、「もう自分たちはいいじゃないか、若い人達のためにどうすればいいか考えようや、自分たちばっかり金貯めこんでたってもしょうがねーよ。これどんどん処理しまようよ」と言い始めたりしないのかな。

若い人達がずっと収入が少ないままで結婚もできないと少子化にもなるし、全然日本のためにならない。今の経済政策そのものがおかしいんじゃない?とか、若者も年配の人もみんな気づいて欲しい、というのがあるよね。

―将来のツケ、という意味では脱原発の議論もあります。小林先生は、自前で核を持つとして、その上で原発を撤廃するなら賛成だとお書きになっています。
原発を持つということは、核兵器を製造する潜在的能力を示す効果もあると言われます。その反面、現在、日本は原発を海外に輸出しようとしていますが・・・

小林:まず、原発があったら核兵器製造の潜在能力を持っている、ということが完全に破綻しているということをいい加減、認めなければならない。
ちゃんと原発には軍事転用できないように(IAEAの)査察が入っている。だから原発を持っている限りは、むしろ核兵器を持てないと言っていいくらいの状態になっている。それなのに、潜在的な核兵器だという、自分一人で幻想に浸っている。持てないんですよ。

原発を持ったまま、核兵器を持とうとした場合、そこからどうしたって4、5年はかかる、1年じゃ無理。向こうが核使うぞ、って言い始めて、4、5年かけていたら間に合わない。持つんだったら持つというコンセンサスを取るしかもう無い。それは原発を持っていようと持ってなかろうと、関係がない話で。

原発をいくら持っていても、核兵器を持つっていう風にどこかで国民の80%くらいが賛成して決めない限りは、原発は核兵器には化けない。80%の国民が賛成すれば、どこかに核兵器を作る基地をつくろう、ということになる。ただしそれは、当然どこの場所かというのは明確にはできないから、ダミーをいくつか作ってそのうちのどこかでつくるとか、北朝鮮のようにだまくらかさないと、爆撃されちゃうし、なおかつ原子力潜水艦も作らなければならない、となってくるわけだから。それは、決断次第でしょう。原発を持ってようと持ってなかろうと。

むしろ原発を持ってることの方が、「あぁ、これで核兵器持ってるんだ」って勝手に思い込んでるだけで、いつまでたっても核兵器の開発には結びつかないでしょう、ということだよね。

いずれにしても、自分たちの覚悟だから。憲法改正して自衛隊を軍隊にするっていうコンセンサスをどこで取るんですかと。これは全部どこかで覚悟しなければならない話で、そういう感覚が芽生えない限り、国防なんて絶対完璧にはならないわけだよね。

結局、自分で自己欺瞞を犯してるわけだよね。「原発さえ持っていれば、核兵器を持っているということになる、将来的にはこれが核兵器に化けちゃうのである」、「自衛隊さえ持っていれば、軍隊を持っているのと、やや等しいぞ。いつかはこれが軍隊になるのである」と、いつもいつもずっとそのような自己欺瞞に耽って、何も決断しないという状態が長く長く続いている。

本当は原発を持つときにしろ、あるいは自衛隊を作った直後にしろ、当時の日本人には覚悟があったはず。憲法制定時もそう。当時の社会党や左翼までもが、こんなの憲法押し付け憲法であって、自分たちで憲法作らなければダメだということは言っていた。それは日本人の常識だった。核兵器にしても日本も持たなければならないというのは政治家が常識として言っていたこと。そういう日本人がどんどんどんどんいなくなってしまっている、ということが問題なのであって、どうやってそれを本気で思える日本人を作るかということが一番の国防なわけですよね。




なんかもう国家論やめたくなったなみたいな(笑)。

―さきほど、批判を覚悟でやってらっしゃるとのことでしたが、小林先生は、メディアが取り上げない、タブーのようなテーマにも取り組んで、常に戦っているなというイメージがあります。次に取り組んでみたいテーマはなんでしょうか?

小林:なんかもう国家論やめたくなったなみたいな(笑)。効果がないな、みたいな。なんかもうちょっと別のことやれんかなとか、こればっかりやってもしょうがないなとか。難しいんだよそこは。

―「国家論」に取り組みはじめたのは98年の「戦争論」からですよね。「靖國論」、「天皇論」、「修身論」、国防論と。

小林:ずっとやってきたけど、これで変えられるかなっていうのが。なんか難しくなってきたなと。
わしだってやっぱりもっといろんな表現をしたいよ(笑)。もうちょっと違う漫画も書きたいなとか。

―また「おぼっちゃまくん」を?

小林:そうだね。おぼっちゃまくんに戻るかどうかはわからんけど、フィクションも含めて、違う漫画も描きたいなという欲望もあるよね。

―ただ、我々の世代だと、やはり他のメディアが取り上げないテーマに関しては、小林先生の漫画から知識を吸収した、という人も多いと思いますが。

小林:そっかあ。伝わってるひともいると思うんですけどね。とてつもない読者もいるなっていう風に思うような手紙が来たり、Amazonのレビューで散見することもある。
読者アンケートが来るでしょう?あれを見ていると、すごいな、よくここまで行間を読んだなという人もいるからね。あとはそういう人達に期待するかな、という感覚もありますよね(笑)。

―今日はありがとうございました。

(9月29日、東京・渋谷にて)


プロフィール

小林よしのり(こばやし よしのり)
1953年生まれ。福岡大学在学中の1976年に漫画家デビュー。代表作に、「東大一直線」「おぼっちゃまくん」など。最新作「国防論」を含む「ゴーマニズム宣言」シリーズは1992年から続く。



<参照終わり>

この記事、特に小林よしのり氏に対する意見(コメント)には以下のようなものがありました。


ところであのデモの参加者は低収入だというソースは? 主催者でさえ参加者の年収なんて把握してないと思うが。組織や団体ではなく、ネットで見た人が適当に集まっただけのデモだから。写真とか動画を見た範囲ではアカ系デモとは違って比較的に若い印象ではあったが。 一方の反原発デモは確かに若者を生贄にして暴利を貪って生きている卑劣な労組らの老人アカ貴族がメインだから、たしかに高収入な人達がメインかもしれないが。




あっそれと、よしりん事、小林よしのりの文面から「サラリーマン風情の匿名野郎が何をいうか( ´,_ゝ`)プッ」という傲慢が見えるよなあ。メディア業界人によくありがちな勘違いって奴だ。なにも知識人文化人って奴はお前だけでは無いのだよと言いたいね(^_^メ)世間を舐めんなよと。お前の代わりは幾らでも居るってね




共感できる部分だけ共感すればいい。みんなが同じ考えというのは不可能だし不自然。小林よしのりは、自分が一番世の中分かってるって思いたいんだよ。戦争論を出版した功績は認めるが、もう過去の人かもしれないね。分断させたいメディアの戦略に乗ってはいけない。





 あと、よく批判される小林よしのり氏のパチンコ問題について同じくBLOGOS(ブロゴス)に記事があったので紹介します。
正直この佐藤優氏を自分はあまり知りませんし必ずしも意見の一致をみるわけでも無いと思いますが
このパチンコ問題の件に関して言えばなるほどなと思いました。


<以下参照>

【佐藤優の眼光紙背】小林よしのり氏とパチンコ問題
2009年06月05日11時00分 BLOGOS(ブロゴス)
http://news.livedoor.com/article/detail/4185973/


佐藤優の眼光紙背:第52回
政治漫画家の小林よしのり氏のキャラクター『おぼっちゃまくん』がパチンコになったことが問題になっている。6月3日発売の『SAPIO』(小学館)で、小林氏が以下の釈明をしている。この釈明を読んで、筆者ははじめて小林氏の台所事情がわかった。

<作品は6人がかりで一日12~13時間描き続けても、一日2枚しか上がらない。だが原稿料の作画にかかる経費のことは一切考えられていないので、ものすごく安い! 毎月、累積する赤字を単行本の印税で補填するしかない! 単行本が年30万部以上売れなければ大赤字が出る。この出版不況でそれだけ売るのは、益々、困難になってきた。

わしが30年以上やってこれたのは、子供を諦めて働き、貯蓄し、ヒットが出ない時は、貯金を切り崩してピンチをしのぐようにしてきたからだ。

こんな不況の中で、一般誌に連載していない『卑怯者の島』を2~3か月、原稿料なしで描ける余裕などない。だがパチンコがヒットすればそれも可能になる。これはありがたい!>

実に正直な告白だと思う。ちなみに小林氏はこの釈明の中で、筆者についてこう言及している。
<佐藤優と鈴木宗男とその腰ぎんちゃくや金魚のフンどもが奇妙なことを言った。小林よしのりは金儲けのために描いている!>

確かに私はそのような認識をもっている。しかし、筆者はそれを「悪い」とはひとことも言っていない。筆者を含む職業作家は、誰もが「金儲け」のために仕事をしているからだ。問題は、どのような言説で金儲けをするかである。筆者は、小林氏のいくつかの言説に強い異論をもっている。そのことで筆者と小林氏の間に諍いが生じた。この点については他の媒体で詳しく論じているので、ここでは繰り返さない。この諍いの過程で、筆者は小林氏が、北方領土が千島列島に含まれるか否かという、領土問題の基本認識ができていないのではないかという疑念をもつようになった。これは些細な問題ではない。1951年のサンフランシスコ平和条約2条c項で日本は千島列島を放棄している。「北方四島は千島列島ではない」ということは、領土問題の基本中の基本だ。筆者は、現役外交官時代を含め、北方領土問題には真剣に取り組んできたつもりだ。沖縄問題、アイヌ問題についても小林氏の言説には違和感があったが、北方領土問題をめぐる小林氏の態度を見て、この人の思想に対する基本姿勢が筆者とは根本的に異なるという認識が決定的になった。

小林氏が、子供を諦めて働き、貯蓄し、ヒットが出ない時は、貯金を切り崩してピンチをしのぎ、パチンコであてて何を表現したいのだろうか? 筆者にはそれがまったく見えない。

小林氏は、<身を持ち崩すような毒もパチンコにはあるかもしれないが、それこそ自己責任だ>と自己責任論を展開する。また、小林氏は批判に対して、<ネット右翼は、商売を汚いことだと見なす社会主義的な体質がある。>、<パチンコひとつでガタガタ言っているような匿名のカスなど眼中にない!>と言い切る。ほんとうに小林氏はそう思っているのだろうか? ネットで本件について書き込みをしている人々の多くは、小林氏の愛読者で、小林氏のことを心配しているのだと思う。小林氏の釈明を読んで、何とも形容しがたい悲しみを覚えた。(2009年6月3日脱稿)


プロフィール:
佐藤優(さとう・まさる)…1960年、東京都生まれ。作家・起訴休職外務事務官。日本の政治・外交問題について、講演・著作活動を通じ、幅広く提言を行っている。
近著に「外務省ハレンチ物語」、「獄中記 (岩波現代文庫)」、「インテリジェンス人生相談 [個人編]」、「インテリジェンス人生相談 [社会編]」など。


眼光紙背[がんこうしはい]とは:
「眼光紙背に徹する」で、行間にひそむ深い意味までよく理解すること。
本コラムは、livedoor ニュースが選んだ気鋭の寄稿者が、ユーザが生活や仕事の中で直面する様々な課題に対し、「気付き」となるような情報を提供し、世の中に溢れるニュースの行間を読んで行くシリーズ。バックナンバー一覧 



「年収200万円以下の下層」「30、40(代)」「結婚もできない人々」
自分は小林氏からすればいわゆるネットウヨクになるのかもしれないが少なくとも年収200万以下ではない、ちゃんとした会社の正社員だし、200万以上は軽くある。
自分にはどうにも小林氏はネットに
ネット上での保守派、いわゆる「ネットウヨク」と呼ばれる人々に対して思い込み、決めつけが酷いように思う。
 




解説に挑戦!~スイス民間防衛に学ぶ~
http://youtu.be/tUuxd4ESpsc

[Pick up] スイス民間防衛に学ぶ~日本の現状と対策
http://youtu.be/eT1my43BGpU


■ 追 記

日本のメディアも政治も

「日本のものにお金をもっとつぎ込人材育成などをするべきだ!」


Anti Korean wave in Japan(日本語字幕from nicovideo)

http://www.youtube.com/watch?v=uPk2TQR15AE&feature=player_embedded


【フジテレビ】抗議デモまとめwiki
http://fijidemo87.wiki.fc2.com/

<参 考>

身近な人が韓流偏向報道を受け入れず困っている奥様
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/ms/1317007809/





■全国のリアルタイム放射線量マップ(速報版)

 ツイッターで知ったのですが以下のサイトに全国のリアルタイム放射線量マップ(速報版)があります。
参考になると思いますので紹介します。


全国のリアルタイム放射線量マップ(速報版)
http://atmc.jp/realtime/
全国のリアルタイム放射線量マップ(速報版)  20110322 1900
(全国のリアルタイム放射線量マップ(速報版) 20110322 1900 画像)


全国の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/
全国の放射能濃度一覧 最終更新日  2011 0917 0000
(2011年03月15日(火)~2011年09月16日(金) 
このページの最終更新日:11/09/17 00:00 )


原子力安全・保安院 東日本大震災の影響について
http://www.nisa.meti.go.jp/earthquake_index.html

原子力安全・保安院 東日本大震災の影響について 緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の計算結果について
http://www.nisa.meti.go.jp/earthquake/speedi/speedi_index.html



※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

コメント欄・トラックバックをご利用される方は左のプロフィール下の【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】をご一読下さい。

<注意事項>

特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、口調が喧嘩腰、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもや
営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿など
宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど
管理人が不適切と判断した場合は基本的に削除します。
悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。
違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。



尚、コメントは全て拝読させて頂いておりますが、当方の仕事の都合等でお返事出来ない時がありますので平にご容赦下さい。

※:書き起こしについては誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので引用される場合はご注意を。

■ 追 記

民主党の深い闇


勢いで作った。印刷用PDFはこちら
拡散!菅直人・鳩山由紀夫 拉致容疑者親族周辺団体へ献金
菅首相と鳩山元首相、その他民主党議員と民主党の北朝鮮の拉致容疑者親族周辺団体への献金とつながり。



「頑張ろう東北!」

「頑張ろう東日本!」

「頑張ろう日本!」


みんな繋がっているみんな応援している!
日本中が皆さんを応援しています!
被災者の皆さん一人じゃないんです!


みんなで立ち上がりましょう!

頑張れ日本人アストレアB-S 頑張れー

CH-47J JSDF
CH-47J JGSDF
ランキング用


スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小林よしのり「ネトウヨは韓国ドラマ見なければいい。フジTV批判よく暇あるな。お前らは未婚で低所得者の下層の醜いオッサン」、「原発を持っている限りは、むしろ核兵器を持てない」・頓珍漢なレッテル貼りなど劣

↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 小林よしのり氏「もう国家論やめたくなった。わしだってもっといろんな表現をしたいよ」 今回のブログ記事では、長文インタビューの中から小林...

ネトウヨ「ネトウヨって単語使うな!! ネトウヨなんて存在しないのに!」 ←じゃあ何で怒ってるの?

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/06/14(木) 18:01:54.60 ID:HVsBZpqL0● ?2BP(1001)精神障害者の雇用義務化へ 厚労省方針、社会進出促す厚生労働省は、新たに精神障害者の採用を企...

コメントの投稿

非公開コメント

これで司法と警察をとられたら、、悪の縮手はもう動いてるんだろう、先に先に動いている、いつも、、

カリスマある小泉父さんの復活はないのだろうか
 

No title

こんにちは。
かつて小林よしのり氏は『新・ゴーマニズム宣言』を始めとする著作において、「ブッシュはビンラディンの爪の垢でも煎じて飲め」といった調子でアルカイダを賛美し、フセインのクルド人虐殺に触れることなく、フセインはクルド人にも自由な自治権を与えていたとの趣旨で彼を擁護し、バーミヤンの遺跡破壊は過去にとらわれぬ立派な姿勢といった具合いにタリバンを擁護していました。アメリカを絶対視する気はありませんが、小林氏の作品におけるこうした主張はまるでテロ支援国家ならぬテロ支援漫画家と呼ぶに相応しいような行いであり、自分の作品を目立たせ話題性を作ろうとするプロならではの行為であると感心したものです。また、小林氏は自ら敵を作って自分を正当化するいった手法を取ってきました。こうした手法は彼が嫌っていた小泉元首相の手法と共通するものであり、堂々とダブル・スタンダードを使っているのに気がつかないのか、一般人は簡単に騙されてしまうようです。
さて、小林氏は過去に「冬のソナタ」を始めとする韓流を『新・ゴーマニズム宣言』などで批判していた経緯がりますが、同時に『嫌韓流』にも厳しい態度を示していました。そうしたことから今回の小林氏の発言はさもありなんといったところでしょうか。参考までに『新・ゴー宣』の欄外で、KARAと少女時代に夢中であることを吐露していたことを記しておきます。やしきたかじん氏と同様、くれぐれも小林氏には騙されないようにしたいものです。

ゴーマニズム宣言の女系天皇論はまちがえだ、との記事を初めて読み、びっくりしました。これは大きな問題なので大変ですね。

一連の流れを見ていてわかる事は、そうとうフジテレビデモを阻止したいんだな、ということです

酷過ぎる

パチンコ屋に魂売って、女系天皇論を主張し、仙谷の「自衛隊は暴力装置」を擁護し、今度は「ネトウヨ」の脳内妄想による誹謗中傷…
かなり狂っています。

No title

私めのコメントも掲載されてますね。
事後承諾しますが'`,、(´∀`) '`,、

小林よしのりは終わったなと思いました┐(´д`)┌ヤレヤレ
こやつが今後何を言おうとも保守など「右派」を自認する
人々の間では全く信用されず「コヴァは左翼だからね。」
と切り捨てる事でしょう(^_^メ)

読者を舐め切った代償は高く付くぞと(ー_ーメ)

No title

まぁ、意味ワカラン物差しで誰かれ構わず喧嘩売るのが彼の性質ですからね、それが原因で結構裁判沙汰やら色々揉めてますし。
まぁ、用が済んだし、物書きとしても終わった人だから無視でいいんじゃないですかねw

No title

佐藤優についてよくご存知ないようなので適当に説明しますが、
この人は自称右翼ですが、サヨクに近く、北方領土についても2島返還でかまわないといっていた人です。管理人様とは意見が合わないことの方が多いでしょうね。

>六角蛸錦さん
小林よしのりがKARAに夢中になっていた時期はかなり短く、
今はもう全く興味がなくなったらしいんですけどね。
AKBにはいまだにハマってますが。
「韓国のアイドルは顔の区別がつきにくくてわけがわからない」「KARAならまだいい方で、少女時代には個性もなく、みんな同じに見える」「それに比べてAKB48はみんな個性があるからいい」だそうです。
国 旗
japa001m.gif
鎮守府訪問者数
閲覧者数: 現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
気象:天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

銀時

Author:銀時
リアルにおいて陸上自衛隊に入り現在予備自であるのになぜか
某ゲームにおいて某鎮守府提督に就任
自慢は現在のところ自艦隊から一隻も轟沈が出ていないこと。
日本とアニメと漫画をこよなく愛する
マダオ(まるでダメなオッサン)

基本政治関係を書いてますがたまにアニメや漫画
の絵?(最近はGIF)なんか書いたりしてます。

基本ぐだぐだなので
まったりと?いきたいので
宜しくお願いします!

好きなアニメ・漫画は

『銀魂』「信長協奏曲」「宇宙戦艦ヤマト2199」等…

旧「銀色の侍魂」管理人
ブログ名称変更に「艦これ」と「アルペジオ」のコラボイベントに感化されたとかされないとか・・・

※※※ ※※※ ※※※ 【twitter】
秘書官(さくや)
さくや(冬)
今日の運勢
鎮守府神社掲示板
鎮守府掲示板(リンク集)
Amazon 検索

民主党 外国人参政権 人権擁護法案 小沢 竹島 鳩山 夫婦別姓 長崎 拉致問題 人権侵害救済法案 主権 チベット 国連 人種差別撤廃委員会 青山繁晴 櫻井よしこ すぎやまこういち メディアパトロールジャパン 朝鮮学校 川上 恫喝 脱税 検察 日教組 個所付け 麻生 安倍 韓国 西村幸祐 子供手当 特捜部 石平 そらのおとしもの イカロス エリザベス 桂小太郎 志村新八 定春 ニンフ アストレア 戦艦 大和 御坂美琴 インデックス とある魔術の禁書目録 上条当麻 神楽 坂田銀時 張景子 三宅久之 TVタックル 参政権  MPJ 長島昭久 高市早苗 外国人住民基本法 銀魂 穀田恵二 小川敏夫 山際澄夫 自衛隊 

コメント欄等の注意事項
コメント欄・トラックバックをご利用される方はご一読下さい。 【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】 (1)特定の個人を誹謗中傷する投稿とそれに類する投稿。 (2)特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもの。 (3)営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿 (4)営利目的等でなくとも単なる広告や宣伝に終始する投稿   (集会や署名のお知らせ等はOKですが、複数スレに渡ってのマルチ等、目に余るものは削除対象です) (5)その他、管理人や特定の個人にとって不利益となる投稿   (自分または他人の住所、電話番号、家族構成等、個人情報に類する投稿) (6)宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど。 但し、日本神道や仏教等日本古来の文化伝統に息づくものは除外。 (これらの名を語る管理人が怪しいと感じたものは削除対象) (7)その他、管理人が不適切と判断する投稿 上記投稿と管理人が判断した場合は基本的に削除します。 悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。 違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。
ランキング
アンケート
鎮守府司令部前掲示板
竹島も尖閣諸島も対馬も北方領土も日本列島とその他の島々も日本領!
軍艦旗
japa002m.gif
河野談話作成過程検証報告書
平成26年 官房長官記者会見 記者会見 首相官邸HP http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201406/20_p.html  首相官邸HP 河野談話の作成過程検証報告書(PDF) http://www.kantei.go.jp/jp/kakugikettei/2014/__icsFiles/afieldfile/2014/06/20/20140620houkokusho_2.pdf 外務省HP【英語版】 河野談話の作成過程検証報告書(PDF) http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000042169.pdf
竹島プロジェクト2016
竹島は間違いなく、日本の領土だ! 竹島プロジェクト2016 C2 「島根県 Web竹島問題研究所 かえれ島と海」へリンク。
< 参 考 > ぼやきくっくり 竹島プロジェクト2016 ブログ参加概要(推 奨): ブログやホームページに竹島の画像、イラスト、文字等を配置し、互いにリンクする。 島根県Web竹島問題研究所へのリンクをはり、2/22竹島の日のアピールに勤めます。
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
Amazon商品一覧
くまみこ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)  
くまみこ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)



ぎんぎつね 10 (ヤングジャンプコミックス) 
ぎんぎつね 10 (ヤングジャンプコミックス)



艦隊これくしょん ‐艦これ‐ side:金剛 (1) 限定版 (カドカワコミックス・エース) 
艦隊これくしょん ‐艦これ‐ side:金剛 (1) 限定版 (カドカワコミックス・エース)



銀魂―ぎんたま― 54 (ジャンプコミックス) 
銀魂―ぎんたま― 54 (ジャンプコミックス)



風雲児たち 幕末編 23 (SPコミックス) 
風雲児たち 幕末編 23 (SPコミックス)



Amazon商品一覧(2)
Amazon商品一覧(3)
ねんどろいどぷち 艦隊これくしょん -艦これ- 6個入りBOX 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいどぷち 艦これ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済みトレーディング可動フィギュア 6個入りBOX) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 赤城 (ノンスケール ABSPVC 塗装済み可動フィギュア)02 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 赤城 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 加賀 (ノンスケール ABSPVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 加賀 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 金剛 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 金剛 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 比叡 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 比叡 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 榛名 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 榛名 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 霧島 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 霧島 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 熊野 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 熊野 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 鈴谷 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 鈴谷 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 北上 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 北上 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 大井 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 大井 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん ~艦これ~ ねんどろいど 島風 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん ~艦これ~ ねんどろいど 島風 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 天津風 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 天津風 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 伊401 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 伊401 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

日本を守ろう

民主党 外国人参政権 人権擁護法案 小沢 竹島 鳩山 夫婦別姓 長崎 拉致問題 人権侵害救済法案 主権 チベット 国連 人種差別撤廃委員会 青山繁晴 櫻井よしこ すぎやまこういち メディアパトロールジャパン 朝鮮学校 川上 恫喝 脱税 検察 日教組 個所付け 麻生 安倍 韓国 西村幸祐 子供手当 特捜部 石平 そらのおとしもの イカロス エリザベス 桂小太郎 志村新八 定春 ニンフ アストレア 戦艦 大和 御坂美琴 インデックス とある魔術の禁書目録 上条当麻 神楽 坂田銀時 張景子 三宅久之 TVタックル 参政権  MPJ 長島昭久 高市早苗 外国人住民基本法 銀魂 穀田恵二 小川敏夫 山際澄夫 自衛隊 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。