スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜プレミアム・池上彰緊急スペシャル!「そもそも“領土"ってなんだ?…」何故か対中解説は多くの時間を使い対韓問題(竹島等)にはあまり使わない番組の本音は最後に…中国の横暴は発展途上の国ではどこでもやる?・・最後は冷静・友好・貿易で目先の利益をちらつかせて終わる。【反日日本人】“反日声明”韓国で大歓迎 大江健三郎氏ら、領土問題「日本が侵略、反省を」 …反日日本人が跳梁跋扈して日本の名誉や国益を損なう…国家侮辱罪かスパイ防止法が必要か。


よかったら応援クリックお願いします。

ランキング用



女性自衛官 敬礼 000G




 昨日2012年9月29日放送の「土曜プレミアム・池上彰緊急スペシャル!」

そもそも“領土"ってなんだ?▽尖閣…中国の矛盾が見えてきた!証拠はコレだ▽竹島…韓国が熱くなるホントの理由▽問題の原点が分かる!日中国交正常化の裏側
をご覧になった方も多いのではないだろうか?


たまたま見ていたのだが、本当は突っ込むつもりもなかったし時間もないので書き起こしも全然してないけれどやっぱり突っ込むべきところがあるのでちょっとだけ触れてみたいと思います。
はじめの解説はまあフジテレビの番組にしてはまともなことを言っていたように思う・・・
※画像のみ紹介

池上彰緊急スペシャル!「領土をめぐる問題」01
日本のマスコミは国連というけれど
正しくは国連ではなく第二次大戦の連合国


池上彰緊急スペシャル!「領土をめぐる問題」02
一体いつ支那共産党が日本の戦勝国になったのか?
確か大東亜戦争当時欧米が相手にしていたのは蒋介石の国民党政府だったはず

池上彰緊急スペシャル!「領土をめぐる問題」08

支那共産党ではなかったはずだが?



池上彰緊急スペシャル!「領土をめぐる問題」03

反日を煽る中国国歌・・・

池上彰緊急スペシャル!「領土をめぐる問題」04


それに比べて日本の国家君が代はなんと平和的な歌だろうか?
それを日本にいる日教組や反日左翼は軍国主義の象徴と罵倒して歌わない・歌わせないという横暴な行動に出ている。

君が代について大変よくまとめられているサイトがありましたので紹介させていただきます。


国歌「君が代」について
http://www5a.biglobe.ne.jp/~jisso/


  国歌「君が代」について

1、「君が代」の成り立ち


 今から千数十年ほど前、延喜五年に出た歌集「古今和歌集」の巻7、賀歌の初めに「題しらず」「読み人知らず」として載っているのが初めです。その後、新撰和歌集にも、和漢朗詠集にも、その他数々の歌集にも載せられました。
 また、神様のお祭りにも、仏様の供養にも、酒宴の席でも、そして、盲目の乙女の物乞いにも歌われました。
 これに曲がつけられたのは、明治2年10月ごろ、当時横浜の英国公使館を護衛するために、日本に来ていたイギリス歩兵隊の軍楽長、ジョン・ウィリアム・フェントンが言い出したからということです。彼は、
「儀礼音楽が必要だから、何かふさわしい曲を選んだらどうでしょうか。」
と、当時薩摩藩の大山巌に進言し、それに基づいて、大山が数人と相談して、平素自分が、愛唱している琵琶歌の「蓬莱山」に引用されている「君が代」を選び、その作曲をフェントンに頼んだということとなっています。
 しかし、その曲は、日本人の音感にふさわしくないということになりました。1880年(明治13年)、宮内省雅樂課に委嘱し、課員数名の中から奥好義の作品が選ばれ、一等伶人(雅楽を奏する人)の林広守が補作して、発表されたのがこの曲です。これに洋楽の和声をつけたのは、当時教師として日本に滞在していたドイツ人の音楽家フランツ・エッケルトです。
 この曲については、次のようなエピソードがあります。日本の代表的作曲家山田耕作氏は、若い頃ドイツに留学していました。その頃、ドイツの大学の音楽教授たちが、世界の主な国歌について品定めをしました。その結果第一位に選ばれたのが日本の「君が代」でした。

2、歌詞について

(1)「さざれ石の巌となりて」について

 「さざれ石というのは、細かい石のことです。さざれ石が固結した岩石を礫(れき)岩といいます。つまり、さざれ石は巌になるのです。その順序はこうです。
 日本列島やアルプスやヒマラヤ山脈などのできかたをみると、大陸の周辺に地向斜という細長い海ができる。そこに大陸から運ばれてきた小さな石(さざれ石)が堆積を続け何千万年という長い間に、圧力で固結して岩石となる。そこが、やがて地殻変動で、隆起して山脈となる。・・・という一連の現象が、地質学の造山論の骨子であります。地質学発達以前にできた「君が代」が科学的にみて、現代の地質学の理論にピタリと合っているのは不思議なくらいで、歌詞には非科学的なところは少しもないというのが地質学者の見解です。

(2)「君が代は、千代に八千代に」について

 これは、「天皇の御代がいついつまでも」と言うような意味です。現代は、民主主義の時代であるのに、天皇を讃える歌を歌うのは矛盾しているという考えもありますが、それは、表面的な解釈と申せましょう。
 現憲法の第一条には、
天皇は、日本国の象徴であり、日本国民統合の象徴である
とあります。象徴という言葉を考えてみましょう。「鳩は、平和の象徴である。」というように象徴とは、目に見えないもの表現しにくいものを、目に見えるような形に表したものです。
 天皇は、日本国民が一つに統合されるシンボルということになっています。したがって、
「君が代は、千代に八千代に・・・」の意味は、現憲法に照らしてみても、
日本及び日本国民が、いついつまでも平和で栄えますように
という意味になります。ですから、民主主義とは、少しも矛盾しないことになります。
 イギリスの国歌は、世界で最も古く有名なものですが、労働党内閣ができても、「神よ、守れ、女王を」と歌っています。それで、民主主義と少しも矛盾しないことを、イギリス人は知っているのです。

(3)「歌詞が小さい子供にはわからない」ということについて

 小学校の校歌でも、一年生や二年生にも全部意味が分かって歌えるような歌でなければならないということになると、ある意味では、非常に幼稚な歌にならざるを得ません。だから、必ずしも歌というものは、全員が意味を完全に理解してから歌わなくてはならないというものではなく、歌っていくうちに、だんだんその意味が分かってくるというものでよいのでありましょう。国歌は童謡ではないのですから、ただ分かりやすい歌詞というだけでは充分ではありません。
 日本を代表する歌の歌詞として、日本文化の中から生まれたもの、古くから人々に親しまれ、しかも、格調の高いものであることが望ましいのでしょう。その意味でも、この歌は、ふさわしいと言えるでしょう。

3,「君が代」と戦争について

 どこの国でも、戦争のときは国歌を歌い、その軍隊は、国旗を掲げて戦争をします。ですから、どこの国の国歌も国旗も、みな戦争につながることになり、特に日本の国だけ戦争の時、国歌を歌ったというわけではありません。戦争というものは、国の総力を尽くしてするものですから、どこの国でも国民の力を結集するために国歌を歌います。
 また、当然のことですが、「君が代」を歌えば、日本が再び軍国主義化するとか、戦争につながるという議論は成り立ちません。 
 日本以外の国でも戦争をしています。それどころか、日本は世界の中でも戦争の少ない国なのです。
 竹山道雄氏の「剣と十字架」によれば、1480年(文明12年-室町時代)から、1941年の(昭16年)までの戦争の回数は、次のようになっています。
  イギリス 78回、 フランス 71回、  ドイツ 23回、  日本 9回 
 これによっても、日本は平和の続いた国だということが分かると思います。
 戦前、日本が軍国主義になり戦争になった原因は、平和を祈っておられる天皇陛下の御心を思うことのできない一部の政治家や軍人、また、自分の利益のみを求める国民の一部に原因があったといえるでしょう。
 天皇陛下が、平和を願っておられたことは、陛下の御製を詠むとよく分かります。アメリカとの開戦前、陛下のお気持ち尋ねられた時、日露戦争前に明治天皇が詠まれた御製を繰り返し詠まれました。その御製とは、次のような和歌です。
 
 四方の海、みなはらから(同胞)と思う世に、など波風の立ちさわぐらむ

(海をへだてた我が国のまわりの国々は、皆兄弟だと思っているののに、どうして、互いに
敵として,憎み合い、戦争をしょうとさわぐのだろうか。)


4,国歌としての「君が代」について

 フランスの国歌は、初めから国歌として作られたものでも、定められたものでもないのです。だんだん多くの人に用いられていくうちに定まったものです。
 これは、一例にすぎませんが、我が国の「君が代」の場合は、一つの法令が発せられているから国歌であるとか、その法令が見当たらないから国歌でないなどと議論してことを決すべき性質のものではないでしょう。
 幾百年にわたって、広い地域で多くの先人に歌い継がれてきた「君が代」の和歌が、興るべき時に際会して、稀世のメロディを得、世界に認められる儀礼曲となったものです。一千年を越す歴史の所産なのです。洋楽となってからも90年用いられて、今日に至ったのです。

5,日本の国歌「君が代」と外国の国歌

 外国の国歌と比べてみましょう。外国の国歌は、戦争や血や敵などという戦闘的なイメージが多いのです。それに比べて、日本の国歌は、なんと平和な歌でしょう。
 初代の天皇陛下より、代々の天皇陛下は、日本国民を愛し、その幸せと日本国の発展とを祈って来られました。それに対し、国民は、天皇様を尊敬し、お慕い申し上げてきました。だからこそ、2千年以上もの間、この関係は続いてきたのです。


       日本国歌                                 

君が代は、千代に八千代に

さざれ石の巌となりて

    こけのむすまで
         


参考資料


アメリカ国歌


見よや 朝の薄明かりに
たそがれゆく 美空に浮かぶ
われらが旗 星条旗を

弾丸降る 戦いの庭に
頭上を高く ひるがえる
堂々たる星条旗よ

おお われらが旗のあるところ
自由と勇気共にあり   


中国国歌                 
                     

立て、奴隷となるな          
血と肉もて築かむ           
よき国 われらが危機せまりぬ    

今こそ 戦うときは来ぬ       
立て立て 心合わせ敵にあたらん 
進め進め 進めよや

 


日教組などの一部邪な反日思想のために子供達から日の丸・君が代について学ぶ機会を奪ってはならない



池上彰緊急スペシャル!「領土をめぐる問題」05
池上彰緊急スペシャル!「領土をめぐる問題」06
池上彰緊急スペシャル!「領土をめぐる問題」07
韓国の竹島問題についても解説はしているが時間が短すぎる
対中問題に多くの時間を費やし、韓国に対しては約20分程だろうか?

ここも所詮はフジテレビということか?


池上彰緊急スペシャル!「領土をめぐる問題」09
池上彰緊急スペシャル!「領土をめぐる問題」10
日中貿易優先、日中国交正常化の田中角栄持ち上げ・・・

で、結局この番組の本質はやっぱり最後に現れているというか平壌運転してました。


池上彰緊急スペシャル!「領土をめぐる問題」10b
船越英一郎氏
「そうですね、歴史的な背景も経済的な事情もこうやってしっかりと学んだ今、急務だなと思うのは、本当の意味で我々一人一人が冷静になって正常な国交化を各国と目指していく事なんじゃないかなと思いました。」


高島彩さん
「そして池上さん・・この番組で言いたかったことお願いします。」


池上彰緊急スペシャル!「領土をめぐる問題」11
池上彰氏
あの40年前の今日、あるひとりの男の決断で日中関係が改善され、日中貿易が拡大しました、と同時に日本企業も大きな利益を得てきたんですね
ところがそれまで貧しかった国が急激に大きくなると周辺の国とトラブルを起こすと・・いうことを歴史は繰り返してきたんですね
今、中国はまさにその段階に達したと言っていいと思います
ということは、今後も様々なトラブルが起きるだろうと・・いうことを私たちは覚悟しなければいけないんですね
実は、多くの国々がそういうトラブルを経験して今の国際関係があります
日本もそのトラブルを・・これから覚悟しなければいけない
しかし、その対処にあたっては船越さんがおっしゃった通り、常に冷静でなければならないと思うんですね。



結局、池上氏もこの番組も、中国とのトラブル・チャイナリスクを覚悟してまでも中国に付き合えと
日中友好、経済優先で仲良く・・・
という流れに持ってきたいらしい
結局本音はチベットウイグルへの侵略・人権弾圧の事実、先の尖閣国有化による反日暴動(テロ)に尖閣侵略、レアアース禁輸など、そして国防動員法、民事訴訟法第231条などのチャイナリスクを忘れろと・・・

「国防動員法」「民事訴訟法第231条」日本国民の知らない中国の脅威!

中国のような横暴は発展途上の国ではどこでもやると言いたいらしい・・

やっぱり最後は冷静・友好・貿易で目先の利益をちらつかせて終わる。
常に冷静なのは日本で暴れているのは中国なんだが・・・
今、日本に必要なのはもめることを恐れて主権を侵害され危害を加えられようとしているのに友好を建前に経済(金)優先で動くことでもなく
この間の反日デモという名の暴動、現在進行形の尖閣や沖縄への侵略の脅威のリスクを忘れることでもない。

「冷静」ではなくて「毅然たる態度」 じゃないのか?


しかも番組最後のコメントでは直接「韓国」について触れてなかったと思うが・・・所詮はフジテレビ。




日中友好という幻想に振り回される日本外交・・・
いい加減中国の現実に気がつくべきだ


<以下参照>

【正論】
国際教養大学理事長・学長 中嶋嶺雄 中国に翻弄され続けた国交40年
2012.9.28 03:09 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120928/plc12092803090003-n1.htm

 明日29日、日中国交樹立40周年を迎える。本来なら日中友好の節目を画す祝賀ムードに包まれるはずなのに、尖閣諸島問題に端を発した反日デモなどで、在留邦人は身の危険にもさらされている。進出した日本企業の工場や店舗も破壊された。中国は、10月にも予定される次期中国共産党大会の日程さえまだ発表されないという、内政上の異例の不確実性の中にあり、国民の間に潜在する様々(さまざま)な不満も鬱積している。反日デモが反体制の動きを引き起こしかねないことを恐れる中国当局は、デモを規制しつつ、国民の不満が全土の反日デモで燃え尽きてくれたなら、と期待している。

 ≪正しい歴史的選択だったか≫

 この40年、日本外交はほぼ一貫して中国との友好に努めてきたにもかかわらず、その結果がこのありさまである。となると、尖閣国有化といった個別の問題を超え、日中国交樹立そのものが正しい歴史的選択だったのかが、今こそ、原点に遡(さかのぼ)って問い直されるべきだと私は考えている。

 国交が正常化された1970年代初頭は、周知のように、中国をめぐる世界情勢が雪崩を打ったように動いた時期であった。当時は米ソが世界の超大国として対立、文化大革命に揺れていた中国は、同じ社会主義陣営のソ連を、「社会帝国主義」覇権国家と見なして激しく非難していた。そうした状況下で、中国は、多数派工作の先兵として、「東欧の孤児」アルバニアを最大限に利用した。71年秋の国連総会では、中国(中華人民共和国)を加盟国とし、台湾(中華民国)を国連から追放するというアルバニア決議案が、多数の賛成で可決されたのである。

 中華人民共和国が大陸を実効支配し、台湾は亡命政権のような形で「大陸反攻」を掲げていたとはいえ、国連の原加盟国で安全保障理事会常任理事国、第二次世界大戦の主役でもあった中華民国を、数の力で国連から葬り去ることは正しいのか、アルバニアに重要決議を提案する資質があるのかも検討されずじまいで、国連は急旋回したのであった。そこに、当時の国際社会が犯した大きな誤りがあったといわねばならない。

 ≪台湾との断交は戦後の過ち≫

 中国をめぐる国際社会の急激な流れは、ニクソン米政権下の71年7月のキッシンジャー大統領補佐官(国家安全保障担当)による北京隠密訪問、そして翌72年2月のニクソン訪中による米中接近につながり、世界を驚かせた。

 そこに登場したのが、日中国交を引っ提げて人気絶頂の田中角栄政権である。わが国政財界もマスメディアも、「バスに乗り遅れるな」と中国との国交樹立に動いていった。産経新聞を例外として、マスコミによる報道は過熱し、それに乗って田中首相と大平正芳外相の訪中が実現、北京での中国ペースの「日中復交三原則」に基づく日中共同声明で、一挙に国交が樹立されたのであった。

 同時に、北京で公表された大平外相の談話によって、わが国は中華民国との間の日華平和条約を一方的に破棄し、台湾との国交を断絶したのである。国際法上も日本と台湾との歴史的に極めて深い結びつきからしても、戦後日本が犯した大きな過ちであった。

 以来、わが国はひたすら中国に跪拝(きはい)し、中国を刺激しないように低姿勢を貫いてきたにもかかわらず、いや、それがゆえに、今日の事態に立ち至ったのである。この間、中国側は、靖国、教科書、歴史認識の諸問題で常に日本側に問題を突き付け、内政干渉まがいの立場を改めなかった。わが国が供与した多額の政府開発援助(ODA)資金や超低利の円借款、様々な経済協力も、結局は、中国の経済・軍事大国化に寄与してきただけだったように思われる。

 ≪尖閣で何もしなかったツケ≫

 尖閣問題はご無理ごもっとも外交の典型である。中国が領有を唱えだしたのは、68年に、国連アジア極東経済委員会(ECAFE)の海洋調査で尖閣海域の豊富な海底資源の存在が明らかになってからだ。中国は、国交樹立前年の71年12月30日付の「釣魚島(尖閣諸島)に関する中国外交部声明」で明確に領有を主張していた。にもかかわらず、日本政府・外務省は国交樹立への流れの中で、何ら文句を言うことなく、国交樹立時にも、尖閣問題はここでは避けようという周恩来首相の提案で一切論議しなかったのである。

 さらに、79年1月、副首相のトウ小平が来日し、「(尖閣問題は)次の世代、またその次の世代で解決すればよい」と語ったことに、日本側は安心してしまった。当時の中国は華国鋒政権だったが、その華国鋒が失脚して実権を握ったトウが改革・開放の「南巡講話」を発表した92年2月、中国は全国人民代表大会の常務委員会で「領海法」を制定、尖閣諸島を中国の領土に組み入れてしまった。


 事ここに至っても、日本政府・外務省は形式的な抗議にとどめている。秋の天皇、皇后両陛下ご訪中に賭けていたのだ。「日中友好」でいかに大きな代償を支払わされたか再確認すべき秋(とき)である。(なかじま みねお)



<参照終わり>


見せかけの冷静・友好による経済優先主義ではなく
日本の主権・国益を最優先にした現実的外交、今こそこの「脱亜論」(脱中国・韓国)の精神が必要なのではと思う。

(無論、それ以外のアジア、台湾やインド、フィリピン、ベトナムなどの親日国とは友好を育むべきだ。)

福沢諭吉 「脱亜論」 (1885年3月16日 時事新報)

日本の不幸は中国と朝鮮だ。 この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、
もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、 日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。

情報がこれほど早く行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、
過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。
国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。
もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。

「東アジア共同体」の一員として その繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。
日本は、大陸や半島との関係を絶ち、 欧米と共に進まなければならない。 
ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。
この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。

悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。
私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである。



こうして見ると、先人達は偉大なり・・・

そう思うのは自分だけだろうか?








ナポレオンは以下のような発言をしたと言われますが 

『真に恐れるべきは有能な敵ではなく無能な味方である』



反日日本人(日本人かどうかも怪しいが・・・)これほど厄介な存在は無い



<以下参照>

“反日声明”韓国で大歓迎 大江健三郎氏ら、領土問題「日本が侵略、反省を」 
2012.9.29 22:10 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120929/kor12092922120005-n1.htm

 【ソウル=黒田勝弘】中国や韓国との領土問題を「日本がまず侵略について反省すべき」とする日本の知識人の“反日声明”が韓国メディアで大々的に紹介されている。29日の各紙はほぼ全紙が社説でこれを取り上げ「自国の侵略主義を叱る日本の知性」(東亜日報)と大歓迎している。

 声明はノーべル賞作家の大江健三郎氏や元長崎市長の本島等氏、月刊誌「世界」の編集長を務めた岡本厚氏など、反日的な主張で知られる左派や進歩派の知識人、文化人らを含む約1300人が「『領土問題』の悪循環を止めよう」と題し28日、東京で発表した。

 日本ではさして注目されていないが、声明は尖閣諸島も竹島も過去の日本による侵略の歴史が背景にあるとして中韓の立場に理解を示している。領土紛争に伴う民族主義感情への批判や否定も主に日本に向けられていて、結果的に中国や韓国の反日民族主義を容認するものになっている。

 また国際的な人気作家、村上春樹氏が領土問題に関し日本の朝日新聞(28日付朝刊)に寄稿した文章も韓国紙は1面トップ記事などで大きく報道している。

 村上氏は、中国の反日暴動を機に日本人作家の作品など日本関係の書籍が規制され書店から消えたというニュースに「ショックを感じている」とし、「国境を越えて行き来するようになった多くの文化的成果」の往来を領土問題の「感情」でふさいではならない、と書いている。さらに「領土問題は実務的課題」として解決すべきで国民感情の領域に踏み込むのは危険だという。

 どちらかというと中国を対象にした印象が強いが、韓国では「急速に右傾化する日本国内に向けたもの」(中央日報)とされ、先の“反日声明”とまとめて、日本での反省、自己批判として歓迎されている。




【産経抄】
9月29日 「中国のみなさん申し訳ない」尖閣国有化を謝罪した親中派
2012.9.29 03:26 [尖閣諸島問題] MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120929/chn12092903270001-n1.htm

 いやはや恐れ入った。小欄も時折、「孫も読んでいるので下品な表現はやめてください」といったお叱りを頂戴するが、国連総会の場で他国を「盗っ人」呼ばわりする中国の外相にははだしで逃げ出さざるを得ない。

 ▼ビアスの「悪魔の辞典」によれば、外交とは「祖国のためにウソをつく愛国的行為」だそうだが、楊潔●外相は希代の愛国者だ。なにしろ、「尖閣諸島は中国領だ」というウソを論証しようと、次から次へと珍論を繰り出す力業は尋常でない。

 ▼珍論の白眉は、「第二次大戦後、カイロ宣言やポツダム宣言などに従い、これらの島々を含む占領された領土は中国に返還された」とのくだりだ。両宣言とも尖閣のセの字も書いていないばかりか、かの島々が中国や台湾に返還された事実はまったくない。

 ▼ただし、ウソも100回つけば真実になるのは人間社会の悲しい常で、日本側が即座に反論したのは良かった。外交の場では、沈黙は金どころか、黙っていては相手の言い分を認めたと宣伝されかねない。

 ▼日中国交正常化から40年の節目を迎えたが、偽りに満ちた「友好」の時代は終わった。河野洋平前衆院議長をはじめ、友好団体の長が雁首(がんくび)そろえて北京詣でをしても首相はおろか引退間際の幹部にしか会えなかった事実がすべてを物語っている。

 ▼反日暴動に文句も言えず、「非常にいい会談だった」と話す財界人にもあきれたが、「中国のみなさん申し訳ない」とテレビで尖閣国有化を謝罪した親中派もいる。「売国奴」という下品な表現は使わぬが、11年前の自民党総裁選に名乗りを上げようとした野中広務元官房長官の野望を、同じ派閥の幹部が潰してくれたことを小欄は今でも感謝している。


●=簾の广を厂に、兼を虎に



<参照終わり>


中国最新鋭空母ワリヤーグ 24bc  あたご 16s - コピー - コピー

C-ss01 24scg  原子力潜水艦 ssb jg

■日本の防衛

中国による工作活動には注意が必要。

<以下参照>

中国“スパイ作戦”で自衛隊急襲も!ハイテク兵器が“鉄くず”に
2012.09.29 ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120929/plt1209291442001-n1.htm

 イージス護衛艦「きりしま」を先頭に続く海自の護衛艦。イージス艦は防衛機密の固まりだ
沖縄県・尖閣諸島をめぐって緊張する日中関係。軍事力では日本優位といわれるが、ガチンコの武力衝突になる前に、日本が足元をすくわれてしまう深刻な問題がある。自衛隊内に侵入するスパイの工作だ。ハイテク兵器もコンピューターウイルスによって動かなくなれば単なる“鉄くず”。伝統的に「戦わずして勝つ」作戦を好む相手は、実は想像以上に手ごわい。

 日中国交回復からきょう29日でちょうど40年となった。しかし、尖閣諸島について中国の楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)(よう・けつち)外相は27日夜(日本時間28日午前)、国連総会一般討論で「日清戦争末期に日本が中国から釣魚島(尖閣諸島の中国名)を盗んだ歴史的事実は変えられない」と演説。これに対し、藤村修官房長官は28日午前の記者会見で、「中国独自の主張でまったく根拠がない」と述べるなど、事態は緊張感を増している。

 両国の軍事力は、総兵力こそ中国が日本の10倍となる約230万人を誇るものの、各種兵器の性能を含めた総合力では自衛隊が勝るとされる。ならば一戦交えるか-と、強硬論が高まっても不思議ではない。

 が、日本優位は兵器が能力をフルに発揮すれば、のこと。『国防の常識』(角川学芸出版)などの著書がある元航空自衛隊員の軍事ジャーナリスト、鍛冶俊樹氏は「中国のスパイが自衛隊に潜り込んでコンピューターウイルスを流せば、兵器が正常に動かない危険がある」と警告する。

 「(敵を正確に探知する)イージス艦のレーダーが作動不能、もしくは精度を落とされれば、もはや海に浮かぶ単なる“鉄くず”。自衛隊では定期的にウイルスチェックをしているが、いざ決戦という直前にやられたらひとたまりもない」


 映画『インディペンデンス・デイ』を連想させるシナリオだが、中国のスパイが自衛隊に入り込めるのか。

 「スパイが中国人とはかぎらない。中国人と結婚した隊員の夫がウイルスを運ぶこともあり得る。地方の飲食店で店員の中国人といい仲になり、結婚するケースもかなりあるといわれる。夫を抱き込まなくても、USBメモリやノートパソコンにウイルスを忍ばせれば、自衛隊のシステムが感染してしまう」(鍛冶氏)

 2007年には海上自衛隊で、不法滞在の中国籍女性を妻にする隊員がイージス艦の中枢情報を外部に持ち出す問題が発生。直後に海自が行った調査では、外国籍の妻がいる隊員が約100人もいたことが判明した。

 スパイ活動の中核となる情報収集は、自衛隊内部に潜入しなくても可能という。軍事評論家の神浦元彰氏は「定年退職した自衛官や研究員に焦点を絞り、技術の講師として中国に招く。元自衛官らは高級な食事やホテルで接待を受け、『先生、先生』とおだてられるうちに、つい機密情報までしゃべってしまう。こうした活動は日中の国交が回復した直後から続けられている」と指摘する。


 相手の工作になすすべはないのか。前出の鍛冶氏は「情報戦に有効な防御策はなく、お互いに攻撃し合うしかない。現在も多くの日本人が中国各地に住んでおり、中枢に入り込んで軍事の機密情報を得ることは可能。やろうとする意欲さえあれば情報戦で対抗できる」とみている。

 中国は「戦わずして勝つ」の哲学に貫かれた孫子の兵法の本家。挑発には乗らず、こちらも戦わずして勝つ戦略を練ることが重要だ。



<参照終わり>

やはりスパイ防止法は必要。


「(仮称)スパイ防止法の制定を求める会」さんより
http://mid.parfe.jp/kannyo/supaibousi/siryou/jiminnhouan/top.htm
国家秘密に係るスパイ行為等の防止に関する法律案 昭和60年自民党作成
国家秘密に係るスパイ行為等の防止に関する法律案
昭和60年自民党作成 

<参考資料>


国家秘密に係るスパイ行為等の防止に関する法律案 - Wikisource
http://ja.wikisource.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E7%A7%98%E5%AF%86%E3%81%AB%E4%BF%82%E3%82%8B%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%A4%E8%A1%8C%E7%82%BA%E7%AD%89%E3%81%AE%E9%98%B2%E6%AD%A2%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%B3%95%E5%BE%8B%E6%A1%88




反日日本人の存在は厄介だ・・・
こうした反日日本人が跳梁跋扈して日本の名誉や国益を損なう現状を見ると国家侮辱罪かスパイ防止法の必要性をひしひしと感じる。




自分の国は自分で守ると言う強い意志を中国に対して見せなければならない

尖閣防衛 2j

尖閣防衛 領土防衛 2 j

防人たちの日本防衛の任務達成と無事なる帰還を祈りたい。




自由と繁栄の弧
自由と繁栄の弧 オイルロード

中国の野望
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (3)



憲法改正or新憲法制定 平和憲法という名の非平和憲法の改正・破棄を

※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい



■憲法問題


 一応自分が考えた憲法改正案(2012年9月6日版)です
まだ全然出来上がってないし、素人考えなのですが、いろいろと現行憲法には不満や、現実に即してないところが有りつねづね憲法を変えなければと主張していた者としてどういうものがいいのかと、自分個人としてはこうしたものであったらいいなという思いで書いてみました。
現行憲法や自民党改憲案、スイス民間防衛などを参考にはしてますがそうしたものが微塵もないところもあったりします・・・。
おそらく9条教信者やサヨクなら卒倒の内容ですがこれぐらいはやらないといけないかなと思ったりもします、まあサヨクマスコミがこぞって反対してまずこのような憲法はできないでしょうけど・・・。
ちなみに第2章が○条となってないのは第1章がまだ完全に埋まってないからです。


憲法改正案 (2012年9月6日版)まだ途中~


(前文)

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首であるが、日本国の主権は天皇の名において日本国民に与えられる。
この憲法の制定にあたっては天皇より全件を与えられた日本国民の総意に基づく。


 日本国は長い歴史と伝統、文化を育み、偉大なる先人、偉人、英霊はもとより名も無き人々と、国家と国民の安寧と繁栄、五穀豊穣を日本の八百万の神々に祈ってきた天皇を中心とした国家として成り立ってきた
この日本国を守ることは今を生きる我々国民の総意であり、歴史を紡いできた先人たちとの約束である。この日本国を安定的かつ平和的に次の世代へこれを受け渡すのは今を生きるものとしての義務である。


 我々日本国民には日本国の主権者としての責任がある、時のあらゆる政の代表者、指導者を直接的にも間接的にも選ぶのは我々自身であり我が国の将来を決めるのはその時を生きる日本国民である、そのため我々日本国民は常に世界情勢、外交、安全保障、政治の流れに注意を払う努力を惜しむべきではない。

 日本国の独立・安全保障は、我々国民の国防意識と努力によって左右される、他国からの自由と独立は、我々の財産の中で最も尊いものであり、断じて、自ら努力することなく得られるものではない
自由と独立は、絶えず守らねばならない権利であり、事に望んでは言葉や文章だけの理想論ではなく、手に武器を持ち戦って、初めて得られるものである。我々日本国民はそれを認識し覚悟し、日本国に忠誠を誓い、我が国の自由と独立、国民の安全を脅かす者には断固戦うことを宣言する。



 日本国におけるあらゆる政は、国民の厳正な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の中から選ばれた国民の代表者が行使し、その福利は国民がこれを享受する。
日本国民より選ばれた国民の代表者は主権者たる国民のため、日本国の主権、国益、名誉、平和と繁栄、自由と安全を守ることを何よりも優先し、そのために責任をもって行動し、それに反すると国民が認めたときは速やかにこれを辞さなければならない、これは日本国民の代表者としての義務である。

 日本国民は歴史を紡いできた先人と、我らが子孫のために、歴史と文化を学び、常に人格を磨き、徳操をやしない、勉学に励み、心身を鍛え、社会秩序の維持を心がけ責任感を持って日本国民として世界に恥ずかしくない教養と行動力を身に付けなる努力を惜しむべきではない、そのためには教育の充実は重要でありこれに力を入れるのは日本国繁栄のため必要だが、そのためには他国または外国人、反社会的な勢力による教育への不当かつ反日的な、反社会的な介入は日本国民の総意としてこれを拒否する。

 日本国は日本国民により正当に選挙された国会における日本国民の代表者を通じて行動し、我々と我らの子孫のため、日本国と日本国民のため日本国の長い歴史と伝統、文化を守り、国内の安定、国防に励み、自由と繁栄、他国からの独立を保ち友好的な友邦との共存共栄を目指しこの憲法を制定する。



第1章 天皇

第1条

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首である。

 2:日本国民は天皇を尊重しこれを犯してはならない。

第2条

 皇位は世襲のものであって、皇室典範の定めるところにより男系男子がこれを継承する。

第3条

 宮内省を置き天皇及び皇室の諸業務の補佐及び庶務等に当たり、天皇及び皇室を守る。

 2:人事は皇族から選任し、その多くの職員は皇室関係者によって占められなければならない。

第4条

 国旗は日章旗とし、国歌は君が代とする。 

 2:日本国民は国旗及び国歌を尊重しなければならない。


第5条

 天皇はこの憲法に定める国事に関する行為を行い、国政に関する権能を有しない。

       ・
       ・
       ・
       ・
       ・


第2章 国防と安全保障

1:我が国の主権・領土・国益・国民の安全を保証するため陸・海・空その他の軍を設置する。

  附則1:我が国の陸・海・空その他の軍は軍法を制定し、刑法民法等の影響は受けない、軍に属する者は軍法に従いそれを犯したときは査問委員会及び軍法裁判所において審判を受ける。

  附則2:我が国の陸・海・空その他の軍は交戦規定を制定し交戦に際してはこれに従う。


2:日本国民は、祖国を防衛する権利及び義務を有する。

  附則1:国家のため、国民のため軍に属し戦争・紛争等により負傷せし者は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する、その命をもって国防等に寄与した者は靖国神社等における国家による慰霊の権利を有し、その遺族は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する。


3:日本の陸海空軍その他の戦力は、日本の領土・領海・領空その他日本の主権・国民・資源・権益を守る義務を有する。

  附則1:国家転覆・破壊活動・治安・秩序の破壊それに類する行為、他国による諜報・工作に加担すると司法が判断した者は守るべき国民から例外的に除外される。


4:日本国政府は外国及び国内の国家転覆・破壊勢力による諜報・工作などから我が国と国民を守るため情報防諜機関を設置し活用なければならない。

5:我が国及び国民に脅威をもたらすあらゆる戦争・紛争等における交戦権はこれを認める。

  附則1:国家間の戦争・紛争における政治的判断は内閣に委ねられ責任は内閣が負う、但し現場における緊急時の交戦権はこれを妨げない。

  附則2:我が国は世界諸国と平和と安定のため同盟国とともに、いかなる侵略行為、日本国とその友邦の自存・自衛を脅かす行為に対して戦う権利を有する。


6:領空・領海その他の侵犯及び、侵略行為、武力攻撃、テロ活動などのそれに類する緊急時における判断は交戦規定に従い各軍の現場の判断に委ねられる。

7:武力侵攻・国内紛争・テロ活動・大規模自然災害及び国会が緊急時と認めた場合、内閣は速やかに緊急事態宣言を発令し国家及び国民の安全を確保するため必要な最善の手段を取らねばならない。

8:この憲法に定められていない我が国の陸・海・空その他の軍の行動は交戦規定及び軍法に従い判断される。

  附則1:各軍の指揮は各軍の長が摂り、防衛相が統括し、最高指揮権は内閣総理大臣が有する。








戦争というとすぐにアレルギーを出す者が多いけど、自国を侵略者から守ることも戦争(祖国防衛戦争)
結局日本の防衛のためには憲法を変えて『交戦権を認めない限り』いくら軍備を増やしても根本的なところで足枷になる




★:注意とお願い★

 最近コメントをしていただけるのはありがたいのですが、コメントに名前を入れずに空欄でコメントされる方が多いです(ホストを確認すれば8割方は同一なのですが)
過去に何度かコメントしましたがコメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を(他人の振りをするのも含む)名乗る等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)




※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

コメント欄・トラックバックをご利用される方は左のプロフィール下の【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】をご一読下さい。

<注意事項>

特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、口調が喧嘩腰、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもや
営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿など
宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど
管理人が不適切と判断した場合は基本的に削除します。
コメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を名乗る(他人の振りをするのも含む)等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)
悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。
違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。



尚、コメントは全て拝読させて頂いておりますが、当方の仕事の都合等でお返事出来ない時がありますので平にご容赦下さい。

※:書き起こしについては誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので引用される場合はご注意を。




祝!アニメ「銀魂」10月復活!
10月の再開を待ちつつ・・・


アルファポリスWeb漫画セレクション
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
長編 連載中 漫画:竿尾悟/原作:柳内たくみ

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり  第12回
http://www.alphapolis.co.jp/manga/view_manga_opening.php?manga_sele_id=138000030






さくや 02 小さくや 02 せりふ 小

ランキング用


スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

安倍元首相の「腹痛」を揶揄  「とくダネ!」に疑問相次ぐ…一般人のいじめはダメだが、メディアによるいじめ(政策論以外での圧力・批判・誹謗中傷)はOKだとでも言うのだろうか?【どこの国の代弁者】大江健三郎氏ら識者 領土紛争に「反省」の声明。【尖閣国有化】「紅衛兵向け中国地図でも尖閣は日本」 返還時、米CIAが報告書。【憲法9条より頼りになる】米空母2隻が合流!中国をけん制か


よかったら応援クリックお願いします。

ランキング用



女性自衛官 敬礼 000G





 昨日も紹介しましたメディアによる安倍新総裁叩きの酷さ
一体何をどうすればそこまで批判することができるのか不思議でならないのだが

とくダネ!お腹が痛くて首相やめるな! 小倉キャスター「子供みたい」01
とくダネ!お腹が痛くて首相やめるな! 小倉キャスター「子供みたい」02

そこは安倍新総裁が潰れてくれたら誰が喜ぶのか見ればわかり易いのかもしれない。

日本の現状 阿部新総裁を取り巻く環境?

とくダネ!お腹が痛くて首相やめるな! 小倉キャスター「子供みたい」

http://youtu.be/Jg454XoqYHU



これが先の大津のいじめ事件の時に「いじめ批判」をしていたマスコミの姿である
一般人のいじめはダメだが、メディアによるいじめ(政策論以外での圧力・批判・誹謗中傷)はOKだとでも言うのだろうか?

<以下参照>

安倍元首相の「腹痛」を揶揄  「とくダネ!」に疑問相次ぐ
2012/9/28 20:01 J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/2012/09/28148223.html?p=all

自民党新総裁に選ばれた安倍晋三元首相について、フジテレビ「とくダネ!」の出演者が「お腹痛くなっちゃって辞めちゃった」という発言をしたことに、ネット上で疑問が相次いでいる。安倍元首相は、多くの患者がいる難病を患っていたからだ。

「投げ出し辞任5年…復帰へ不安の声」
「早くも内紛…党員票逆転勝利に地方の怒り」

「ちょっと子どもみたいだったと思うよ」



安倍氏はどう思う?
安倍氏はどう思う?

新聞の2012年9月27日付テレビ欄では、安倍晋三元首相の復帰劇をこううたう「とくダネ!」の番組内容が書かれていた。

実際の番組でも、司会の小倉智昭さんが「様々な方面から不安の声も上がっております」とスタートさせると、安倍氏が「政権を投げ出した」経緯や閣僚の不祥事などをたどる映像が次々に流された。

そして、経営コンサルティング会社の代表をしているコメンテーターの田中雅子さんに、話が振られた。すると、田中さんは、安倍氏について「お腹痛くなっちゃって辞めちゃったということで…」と話し始めた。これに司会の小倉さんが「ちょっと子どもみたいだったと思うよ」と口を挟み、田中さんも「そうなんですよ、そうなんですよ」と続けた

田中さんはさらに、日本は経済も政治も厳しい局面にあるとして、「だから、本当にね、本当にね、病気で辞めるなんて本当にもう2度と言ってほしくない」と訴えた。ただ、総裁選のことについては、素人なのでよく分からないとも話した。

安倍氏は、辞任理由の1つに病気を挙げたが、全国に10万人規模でいる厚労省指定の難病「潰瘍性大腸炎」を患っていることを後に明かした。腹痛に苦しんだのは、このためだ。それだけに、ネット上では、腹痛を巡る番組出演者らの発言に批判が相次いだ。

「難病だし、苦しんでる人がいるのに」

「好き好んで病気になる人がいますか?」「難病だし、苦しんでる人がいるのに」「同じ病気の私は複雑な気持ち」といった声だ。中には、「カツカレーを喰えるまで回復したってのは結構すごいこと」といった指摘もあった。

また、テレビ各局のワイドショーには、安倍晋三元首相のネガティブキャンペーンにしか思えないと批判が出ているが、この日の「とくダネ!」に対しても同様な声が出ていた。

もっとも、番組内では、安倍氏が総裁に選ばれ、党内融和で結果的によかったとする別のコメンテーターの解説はあった。また、安倍氏が首相時代に提唱した「再チャレンジ」を持ち出し、「まさに今回それを地で行く展開になっている」とも紹介した。しかし、「民主党への批判の時との温度差があまりにも違いすぎる」「安倍ちゃんがどれだけのことを成し遂げたかを報道しろや!」などとネット上の不満は強いようだ。

こうした不満は、NHK記者出身の徳島県議がツイッターでした同様な発言にも向けられた。自民党の来代正文県議(66)が2012年9月26日、「地方の声を無視された腹いせ」だとして、「何時投げ出すんですか!?今度の理由は下痢から便秘ですか?」とツイートすると、ネット上で物議になった。来代氏はその後謝罪して、ツイッターのアカウントを翌日に閉鎖する事態になっている。



<参照終わり>



フジテレビ偏向報道検証 ~麻生バッシング~
http://youtu.be/K5axd6YQyL4

安倍晋三政権に対するマスゴミの叩き方は異常
http://youtu.be/BFWbYJIznUA


フジテレビも酷いが、日テレのスッキリにおけるテリー伊藤氏もかなり酷い

20120927 日本テレビ スッキリ!!テリー伊藤の発言
20120927 日本テレビ スッキリ!!テリー伊藤の発言
http://youtu.be/8KWD5IHEnpQ
安倍さん、僕ね。握手した後にいろいろお話聞いてたんですけども、
なに言ってんだかわからないこと相変わらずいってるんですよね、一分で済むことを五分くらいグズグズしゃべってる。ちょっと皆さん誤解しているのは、あの人病気になってや­めたわけじゃなくて、一年かやってて成果がでなかったからやめたんですよ。病気のせいにするってのはちょっとどうかと。<以下略>
言ってることが若いんだよね、かっこいいことばっかいってるんですよ。
耳障りのいいこといってるのがものすごく気になるんでぇ、
なんかさ、もっと、あんな感じでほんと戦っていけるのかなと。
気の弱い人が武器持ったみたいで。まあ不安ですよ。
ずっと生きていていろんな大臣見てきましたが、今回一番不安ですね。
度胸据わってないと・・・やっていけるのかなぁ・・・
町の人ものんきですよ!二回目ならいいってのはどうかと。ほんと危機感持ったほうが良いですよ。



報道されなかった安倍晋三の功績 1/2
http://youtu.be/iSKUCcCDa1k

報道されなかった安倍晋三の功績 2/2
http://youtu.be/Ekk93r3fe0g



安倍新総裁が何を総裁選で主張し、そしてその主張通りに日本が進めばどうなるのか・・・

自民党総裁選 各候補主張(朝日新聞)

一体何を検証・見直し・破棄をしようとしているのか

2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99k

河野談話の嘘 【真実】軍や官憲による慰安婦の強制募集を直接示すような記述は見いだせなませんでした

安倍新総裁が潰れてくれて一番喜ぶのは何処の国なのか、どの団体なのかを考えれば自ずとマスコミのバックに何がいるのか見えてくるのではないだろうか?


テレビ関係図

日本の今後2j ?

 権力や社会の動向を監視し、警鐘を鳴らす木鐸の役目を果たすことがジャーナリズムの存在意義であるとマスコミ人は主張する。確かに徹頭徹尾、傍観者に徹し、自分達も含めてすべてを批判する報道姿勢を貫くならば、社会にとって有益であると認めることもできる。だが近年のマスコミは、何が良いことで何が悪いことかを自分勝手に判断してそれを大衆に押し付けようとしている。『批判』の範囲を超え、政治的な意図を含ませた偏向報道を行って、自分に都合が良いように国民の意識を誘導しようとする姿をあからさまにし始めたのだ。
 
 このことは自分の意に反する主張をする立候補予定者の出自や近親者について、差別的とも言える報道を平然と行ったことから証明されるだろう。

 総理となった者の権力行使の仕方ではなく、漢字の読み間違いや、余暇時間の過ごし方といった嗜好、人格の部分を批判したこともその証左となる。

 つまり、マスコミがしていることは報道ではなく自分達にとって都合の良いムードを作り上げるための宣伝で、そしてその行動は不思議な事に日本を敵視し、批判する海外勢力や機関の活動とベクトルを一致させているのである。

(ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり -5冥門編- P358より)



日本ではどういうわけか保守系で、中国・韓国に強気、もしくは都合の悪い発言・主張をする人物が首相や党の代表・総裁になると徹底して叩く風潮があるようで(特に朝日・毎日)
一体彼らメディアはどこの国のメディアなんだと毎度毎度思うのだが・・・

特に今回は韓国の李大統領の竹島不法上陸に天皇陛下侮辱等や根拠と証拠のない慰安婦問題蒸し返しに
中国の尖閣への挑発的行為に反日デモという名の暴動・略奪、そして歴史認識問題等への発言
が未だ国民の頭に残っているのでわかりやすいのではないだろうか




彼らは一体どこの国の人間なんだろうか?
今だったら大江氏らの主張がどこの国に最も利益をもたらしどこの勢力に与するものなのかわかりやすいのに・・・


<以下参照>

大江健三郎氏ら識者 領土紛争に「反省」の声明
2012年09月28日17時25分 [ⓒ聯合ニュース]
http://japanese.joins.com/article/443/160443.html?servcode=A00§code=A10

【東京聯合ニュース】日本の識者や市民団体関係者らは28日、独島と尖閣諸島の領有権をめぐり韓国、中国と対立を続ける日本政府を批判する声明を発表した。

 声明には作家の大江健三郎氏や本島等元長崎市長、市民団体「許すな!憲法改悪・市民連絡会」関係者らの約800人が賛同している。

 声明では日本の独島と尖閣諸島の領有権主張に関し、「韓国、中国が、もっとも弱く、外交的主張が不可能であった中で日本が領有した」と指摘。独島については、「韓国民にとっては、単なる『島』ではなく、侵略と植民地支配の起点であり、その象徴である。そのことを日本人は理解しなければならない」と反省を促した。

 また、日中関係に対し、「友好を紛争に転じた原因は、石原都知事の尖閣購入宣言とそれを契機とした日本政府の国有化方針にある」と説明した。その上で、「都知事の行動への日本国内の批判は弱かったといわざるを得ない」とし、反省を表明した。

 声明では「漁業を含む資源については共同で開発し管理し分配することができる」と主張したが、対象地域が独島か尖閣諸島かは明示しなかった。



<参照終わり>



■尖閣は日本領である!

それにしてもどうしてこうも調べればボロが出ることを中国も台湾(多分大陸からの人間)も主張するのか・・・

<以下参照>

【尖閣国有化】
「紅衛兵向け中国地図でも尖閣は日本」 返還時、米CIAが報告書
2012.9.28 21:56 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120928/chn12092821580008-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120928/chn12092821580008-n2.htm

尖閣諸島に関し、日本の主張を裏付ける内容を記した米CIA報告書
【ワシントン=佐々木類】米中央情報局(CIA)が、沖縄県の尖閣諸島をめぐり、「領土問題は存在しない」とする日本の主張を裏付ける内容の報告書を作成していたことが27日明らかになった。

 報告書は、日米両政府が沖縄返還協定を調印する直前の1971年5月に作成。当時の中華民国(台湾)が、米国の尖閣諸島を含む沖縄の施政権に注文をつけたのを受け、CIAが調査を行ったもので、米ジョージ・ワシントン大国家安全保障記録保管室に保管されていた。


66年に刊行


 報告書は、中国で文化大革命の担い手だった紅衛兵向けに66年に刊行された地図を例に挙げ、「尖閣諸島は中国の国境外に位置しており、琉球(沖縄)列島、すなわち日本に属していることを示している」と指摘。67年8月に北京で刊行された一般向け地図帳でも「尖閣諸島は琉球列島に含まれる」と表記されていると報告している。

 台湾でも「尖閣海域が中国側の境界内にあると表示する地図はなかった」とした上で、旧ソ連や無作為に抽出した欧州の地図にもそうした表記はないとした。

 報告書は、「尖閣海域に埋蔵資源の存在が明らかになった後、中華民国が領有権を主張し、これに中国共産党政権が続いて問題を複雑化させた」と指摘。歴史的にも国際法上も日本固有の領土であるとする日本の主張について「説得力があり、尖閣諸島の領有権の根拠を示す責任は中国側にある」とし、「尖閣諸島への中国のいかなる行動も、米国を日本防衛に向かわせるだろう」と結論付けた。

台湾は改竄


 これとは別に、都内の財団法人「沖縄協会」の調べによると、台湾当局は71年、中学2年生向け地理教科書「中華民国国民中学地理教科書」で、領土境界線を“改竄”し、尖閣諸島の呼称を「釣魚台列島」に改めていたことが判明している。

 70年の教科書では「琉球群島地形図」で、同諸島を「尖閣諸島」と明示し、台湾との間に領土境界線を示す破線を入れ日本領としていた。だが、71年に呼称を「釣魚台列島」に変更、破線を曲げて沖縄県与那国島北方で止め、領有権の所在を曖昧にしていた。



<参照終わり>


尖閣諸島が中国領ではない5つの理由

http://youtu.be/05x4iciT_z8
『尖閣諸島が中国領でない5つの理由』

1. 国際法は、1971年まで日本の尖閣諸島の領有に一度も抗議を行わなかった中国の権原を認めない。

2. 尖閣諸島を発見したのは中国人ではなく琉球人である。

3. 中国が尖閣諸島を実効支配した歴史的事実は存在しない。

4. 林子平の『琉球三省並三十六島之図』(1786)は、当時の日本が尖閣諸島を中国領と認めた根拠にはならない。

5. 尖閣諸島がかつて中国領であった歴史的事実が存在しない以上、カイロ宣言は尖閣諸島と無関係である。


結論:中国による尖閣諸島の領有権の主張は、中国の帝国主義以外の何ものでもない。

英語版/English Version
http://www.youtube.com/watch?v=gnlr_OBN2uw

参考文献・サイト
外務省
http://www.mofa.go.jp/region/asia-pac...

尖閣諸島の領有権問題
http://senkakujapan.nobody.jp/

制作: WJFプロジェクト
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/





日米同盟に頼り切るのもいけないが、やはりこういう時には憲法9条以上に頼りになるのは間違いない。

<以下参照>

米空母2隻が合流!中国をけん制か
2012.09.28 ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120928/plt1209281218007-n1.htm

米原子力空母ジョージ・ワシントン=7月26日、神奈川県横須賀市
 米空母「ジョン・C・ステニス」と「ジョージ・ワシントン」の2隻が、最近、西太平洋で合流していたことが分かった。沖縄県・尖閣諸島をめぐり、中国の海洋監視船や漁業監視船が連日のように日本の領海侵犯を繰り返すなか、中国側が暴発しないよう圧力をかけたとみられている。

 米海軍省のホームページに空母2隻が並走する写真が掲載されたのは先週20日のこと。訪中したパネッタ米国防長官が、中国の次期最高指導者に内定している習近平国家副主席と会談した翌日だった。

 この会談で、習氏は理不尽にも、日本政府による尖閣国有化を「茶番」と非難し、米国にも尖閣問題への不介入を強く要求した。写真掲載は米国の返答だったのか、「ジョン・C・ステニス」は「重要なアジア太平洋区域の、安定確保の任務についている」とコメントした。

 中国の政府系ニュースサイト「環球網」は25日、「米空母2隻が太平洋で合流、尖閣問題が衝突に発展しないよう中国に圧力をかけている」と報じた。米国は1996年春、台湾総統選をめぐって中国と台湾の関係が悪化し、中国軍が演習と称して台湾海峡にミサイルを撃ち込んだ際も、空母2隻を西太平洋に展開したことがある。

 佐藤守・元空将は「米国の要人が動く際は、米軍はひそかに警戒態勢に入る。今回は同時に、中国が暴発しないよう圧力をかけたのだろう。政治目的を達成するための、軍事的行動だ。海軍のHPに載せたのだから間違いない。軍事機密だけに、現在も空母2隻が合流しているかは分からないが、可能性はある」と語っている。



<参照終わり>


仮想 対中潜水艦増強警戒態勢?
(こんな感じで抑止すべき?)
※細かいところには突っ込まないでください(笑)

空母の建造・運用には時間がかかるけれど潜水艦の増強は今の日本でも出来ること中韓や日本のサヨクメディアの声に負けず
日本は防衛に力を入れるべきだ。




自分の国は自分で守ると言う強い意志を中国に対して見せなければならない

尖閣防衛 領土防衛 2 j

防人たちの日本防衛の任務達成と無事なる帰還を祈りたい。



「国防動員法」「民事訴訟法第231条」日本国民の知らない中国の脅威!


自由と繁栄の弧
自由と繁栄の弧 オイルロード

中国の野望
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (3)



憲法改正or新憲法制定 平和憲法という名の非平和憲法の改正・破棄を

※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい



■憲法問題


 一応自分が考えた憲法改正案(2012年9月6日版)です
まだ全然出来上がってないし、素人考えなのですが、いろいろと現行憲法には不満や、現実に即してないところが有りつねづね憲法を変えなければと主張していた者としてどういうものがいいのかと、自分個人としてはこうしたものであったらいいなという思いで書いてみました。
現行憲法や自民党改憲案、スイス民間防衛などを参考にはしてますがそうしたものが微塵もないところもあったりします・・・。
おそらく9条教信者やサヨクなら卒倒の内容ですがこれぐらいはやらないといけないかなと思ったりもします、まあサヨクマスコミがこぞって反対してまずこのような憲法はできないでしょうけど・・・。
ちなみに第2章が○条となってないのは第1章がまだ完全に埋まってないからです。


憲法改正案 (2012年9月6日版)まだ途中~


(前文)

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首であるが、日本国の主権は天皇の名において日本国民に与えられる。
この憲法の制定にあたっては天皇より全件を与えられた日本国民の総意に基づく。


 日本国は長い歴史と伝統、文化を育み、偉大なる先人、偉人、英霊はもとより名も無き人々と、国家と国民の安寧と繁栄、五穀豊穣を日本の八百万の神々に祈ってきた天皇を中心とした国家として成り立ってきた
この日本国を守ることは今を生きる我々国民の総意であり、歴史を紡いできた先人たちとの約束である。この日本国を安定的かつ平和的に次の世代へこれを受け渡すのは今を生きるものとしての義務である。


 我々日本国民には日本国の主権者としての責任がある、時のあらゆる政の代表者、指導者を直接的にも間接的にも選ぶのは我々自身であり我が国の将来を決めるのはその時を生きる日本国民である、そのため我々日本国民は常に世界情勢、外交、安全保障、政治の流れに注意を払う努力を惜しむべきではない。

 日本国の独立・安全保障は、我々国民の国防意識と努力によって左右される、他国からの自由と独立は、我々の財産の中で最も尊いものであり、断じて、自ら努力することなく得られるものではない
自由と独立は、絶えず守らねばならない権利であり、事に望んでは言葉や文章だけの理想論ではなく、手に武器を持ち戦って、初めて得られるものである。我々日本国民はそれを認識し覚悟し、日本国に忠誠を誓い、我が国の自由と独立、国民の安全を脅かす者には断固戦うことを宣言する。



 日本国におけるあらゆる政は、国民の厳正な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の中から選ばれた国民の代表者が行使し、その福利は国民がこれを享受する。
日本国民より選ばれた国民の代表者は主権者たる国民のため、日本国の主権、国益、名誉、平和と繁栄、自由と安全を守ることを何よりも優先し、そのために責任をもって行動し、それに反すると国民が認めたときは速やかにこれを辞さなければならない、これは日本国民の代表者としての義務である。

 日本国民は歴史を紡いできた先人と、我らが子孫のために、歴史と文化を学び、常に人格を磨き、徳操をやしない、勉学に励み、心身を鍛え、社会秩序の維持を心がけ責任感を持って日本国民として世界に恥ずかしくない教養と行動力を身に付けなる努力を惜しむべきではない、そのためには教育の充実は重要でありこれに力を入れるのは日本国繁栄のため必要だが、そのためには他国または外国人、反社会的な勢力による教育への不当かつ反日的な、反社会的な介入は日本国民の総意としてこれを拒否する。

 日本国は日本国民により正当に選挙された国会における日本国民の代表者を通じて行動し、我々と我らの子孫のため、日本国と日本国民のため日本国の長い歴史と伝統、文化を守り、国内の安定、国防に励み、自由と繁栄、他国からの独立を保ち友好的な友邦との共存共栄を目指しこの憲法を制定する。



第1章 天皇

第1条

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首である。

 2:日本国民は天皇を尊重しこれを犯してはならない。

第2条

 皇位は世襲のものであって、皇室典範の定めるところにより男系男子がこれを継承する。

第3条

 宮内省を置き天皇及び皇室の諸業務の補佐及び庶務等に当たり、天皇及び皇室を守る。

 2:人事は皇族から選任し、その多くの職員は皇室関係者によって占められなければならない。

第4条

 国旗は日章旗とし、国歌は君が代とする。 

 2:日本国民は国旗及び国歌を尊重しなければならない。


第5条

 天皇はこの憲法に定める国事に関する行為を行い、国政に関する権能を有しない。

       ・
       ・
       ・
       ・
       ・


第2章 国防と安全保障

1:我が国の主権・領土・国益・国民の安全を保証するため陸・海・空その他の軍を設置する。

  附則1:我が国の陸・海・空その他の軍は軍法を制定し、刑法民法等の影響は受けない、軍に属する者は軍法に従いそれを犯したときは査問委員会及び軍法裁判所において審判を受ける。

  附則2:我が国の陸・海・空その他の軍は交戦規定を制定し交戦に際してはこれに従う。


2:日本国民は、祖国を防衛する権利及び義務を有する。

  附則1:国家のため、国民のため軍に属し戦争・紛争等により負傷せし者は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する、その命をもって国防等に寄与した者は靖国神社等における国家による慰霊の権利を有し、その遺族は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する。


3:日本の陸海空軍その他の戦力は、日本の領土・領海・領空その他日本の主権・国民・資源・権益を守る義務を有する。

  附則1:国家転覆・破壊活動・治安・秩序の破壊それに類する行為、他国による諜報・工作に加担すると司法が判断した者は守るべき国民から例外的に除外される。


4:日本国政府は外国及び国内の国家転覆・破壊勢力による諜報・工作などから我が国と国民を守るため情報防諜機関を設置し活用なければならない。

5:我が国及び国民に脅威をもたらすあらゆる戦争・紛争等における交戦権はこれを認める。

  附則1:国家間の戦争・紛争における政治的判断は内閣に委ねられ責任は内閣が負う、但し現場における緊急時の交戦権はこれを妨げない。

  附則2:我が国は世界諸国と平和と安定のため同盟国とともに、いかなる侵略行為、日本国とその友邦の自存・自衛を脅かす行為に対して戦う権利を有する。


6:領空・領海その他の侵犯及び、侵略行為、武力攻撃、テロ活動などのそれに類する緊急時における判断は交戦規定に従い各軍の現場の判断に委ねられる。

7:武力侵攻・国内紛争・テロ活動・大規模自然災害及び国会が緊急時と認めた場合、内閣は速やかに緊急事態宣言を発令し国家及び国民の安全を確保するため必要な最善の手段を取らねばならない。

8:この憲法に定められていない我が国の陸・海・空その他の軍の行動は交戦規定及び軍法に従い判断される。

  附則1:各軍の指揮は各軍の長が摂り、防衛相が統括し、最高指揮権は内閣総理大臣が有する。








戦争というとすぐにアレルギーを出す者が多いけど、自国を侵略者から守ることも戦争(祖国防衛戦争)
結局日本の防衛のためには憲法を変えて『交戦権を認めない限り』いくら軍備を増やしても根本的なところで足枷になる




★:注意とお願い★

 最近コメントをしていただけるのはありがたいのですが、コメントに名前を入れずに空欄でコメントされる方が多いです(ホストを確認すれば8割方は同一なのですが)
過去に何度かコメントしましたがコメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を(他人の振りをするのも含む)名乗る等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)




※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

コメント欄・トラックバックをご利用される方は左のプロフィール下の【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】をご一読下さい。

<注意事項>

特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、口調が喧嘩腰、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもや
営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿など
宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど
管理人が不適切と判断した場合は基本的に削除します。
コメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を名乗る(他人の振りをするのも含む)等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)
悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。
違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。



尚、コメントは全て拝読させて頂いておりますが、当方の仕事の都合等でお返事出来ない時がありますので平にご容赦下さい。

※:書き起こしについては誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので引用される場合はご注意を。




祝!アニメ「銀魂」10月復活!
10月の再開を待ちつつ・・・


アルファポリスWeb漫画セレクション
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
長編 連載中 漫画:竿尾悟/原作:柳内たくみ

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり  第12回
http://www.alphapolis.co.jp/manga/view_manga_opening.php?manga_sele_id=138000030






さくや 02 小さくや 02 せりふ 小

ランキング用


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

フジテレビ『とくダネ!』で厚生省指定の難病を「お腹が痛くて」と表現し安倍総裁批判・日本テレビ スッキリ!!テリー伊藤の発言【メディアの安倍新総裁叩きが酷い!】 …自省なきマスコミ、民主党への政権交代をお合った反省もなく、過去の病歴や、何食ったかで批判できるほどマスコミは偉いのだろうか?安倍新総裁が潰れて喜ぶのは何処の国?【国防】日本が軍事費増やしても批判するのは中韓だけと櫻井よしこ氏


よかったら応援クリックお願いします。

ランキング用



女性自衛官 敬礼 000G



 前回のエントリーでメディアの安倍新総裁叩きが始まっていると書きましたが、まさかここまで酷いとは・・・
しかも出てくる批判がカツカレー3500円のを食べてるから庶民感覚がわからないなどという(どこかで聞いたようなフレーズ)政治には全く関係ないどうでもいいことで叩いたり
さらに酷いのは安倍新総裁が克服したという厚生省指定の難病“潰瘍性大腸炎”を「お腹が痛くて」と表現して批判したりとやりたい放題
こんなことはあの最低最悪と言われる鳩山由紀夫氏、菅直人氏、そして野田佳彦首相が民主党の代表に決まった時には全くと言っていいほど(少なくとも自分は知らない)なかった報道・批判だ。
ここまでの低劣な批判は同じく自民党政権下での麻生元総理に対するものが思い起こされる・・・
政策の中身で批判があるのならまだわからないではない(賛同できるかどうかは別にして)
だが、過去の病歴や、何食ったかで批判できるほどマスコミは偉いのだろうか?
今では当たり前の認識の最低最悪の鳩山元首相を持ち上げ、出来もしないマニフェストを持ち出して政権を奪取した民主党を持ち上げて国民を先導していたマスコミには反省するということはないのか?
日本のメディア(特にテレビ)・・一体何様なんだ?

<以下参照>

フジテレビ『とくダネ!』で厚生省指定の難病を「お腹が痛くて」と表現し安倍総裁批判
ガジェット通信 2012.09.28 16:45:31 記者 : srbn
http://getnews.jp/archives/256459

安倍晋三
9月26日、自民党総裁選挙が行われた。40年ぶりとなる決選投票にもつれ込む接戦の末、安倍晋三元首相が石破茂氏を破って自民党総裁に返り咲いた。安倍総裁といえば、2006年に小泉内閣を引き継ぐ形で戦後最年少の当時52歳で首相の座についた人物である。「美しい国づくり」「戦後レジームからの脱却」といったスローガンを記憶している方も多いだろう。総理大臣としては06年の9月から07年の9月という1年ほどの任期であった。そんな安倍元首相が退陣するきっかけとなったのは“潰瘍性大腸炎”という病気を患ってしまったからであった。

厚生省指定の難病“潰瘍性大腸炎”とは?

“潰瘍性大腸炎”は、日本で10万人を超える患者が発症している厚生労働省指定の特定疾患である。特定疾患とは、単に難病とも呼ばれる病気のことを指す。原因不明で治療方法が確立しておらず、後遺症を残す可能性のある病気や、症状によって患者や家族に経済的・精神的負担が大きくかかる疾病を難病と呼んでいる。

今回安倍総裁が苦しめられた“潰瘍性大腸炎”は、大腸に潰瘍ができる炎症性疾患である。発症する原因は不明とされているが、過度なストレスが原因なのではないかとも言われている。症状は、出血を伴うこともある下痢、頻繁に起こる腹痛など。結膜炎、虹彩炎など目の病気との合併症も多く報告され、重症の潰瘍性大腸炎になると肝炎や肝硬変といった内臓の病気を併発することもあるようだ。水や栄養を取り込むために必要な大腸に潰瘍ができてしまうので、栄養を取り込むことが難しくなる。ただでさえ体力が低下している時に食事による栄養補給が困難なため、点滴による栄養の投与も多い。食事制限も多く、おかゆや煮込みうどん、火を通した芋類や野菜類、赤みの多い肉、白身魚あたりはOK。逆に脂っぽいもの、乳製品、果物、お菓子類はNG。

話題の高額カツカレー問題だが、本当に3500円も出して脂たっぷりのカツが乗ったカレーを食べることができていたら、病気の完治を祝うべきであり叩く対象ではないことがわかるだろう。

新薬を投与の結果 安倍氏「もう大丈夫」

「2年前に画期的な新薬が登場し、すっかり難病を克服した」という安倍総裁。この新薬だが、ウワサではゼリヤ製薬のアサコールという薬なのではないかといわれている。日本では新薬という扱いだが、海外ではよく使われている薬だそうだ。ただし、潰瘍性大腸炎は原因がはっきりしていないため同じ薬で万人に効果が現れるかというとそうでもないらしく、やはり難病であることには変わりない。

この難病をフジテレビ『とくダネ!』のコメンテーター田中雅子氏が「1年でお腹が痛くてやめちゃった」と言うと、メインキャスターの小倉智昭氏もこれに合わせて「子どもみたいだったもんね」と発言するなど、病気の実情に対して認識の甘さが見受けられた。また田中氏は「病気でやめるなんて二度と言ってもらいたくない」と続けた。自分がいつ病気になるかもわからないのによくそのようなことが言えたものである。

日本に10万人以上もいる難病“潰瘍性大腸炎”。あなたはただの腹痛と呼べるだろうか。
(画像は衆議院議員 安倍晋三 公式サイトより引用)



<参照終わり>


フジテレビも酷いが、日テレのスッキリにおけるテリー伊藤氏もかなり酷い

20120927 日本テレビ スッキリ!!テリー伊藤の発言
20120927 日本テレビ スッキリ!!テリー伊藤の発言
http://youtu.be/8KWD5IHEnpQ
安倍さん、僕ね。握手した後にいろいろお話聞いてたんですけども、
なに言ってんだかわからないこと相変わらずいってるんですよね、一分で済むことを五分くらいグズグズしゃべってる。ちょっと皆さん誤解しているのは、あの人病気になってや­めたわけじゃなくて、一年かやってて成果がでなかったからやめたんですよ。病気のせいにするってのはちょっとどうかと。<以下略>
言ってることが若いんだよね、かっこいいことばっかいってるんですよ。
耳障りのいいこといってるのがものすごく気になるんでぇ、
なんかさ、もっと、あんな感じでほんと戦っていけるのかなと。
気の弱い人が武器持ったみたいで。まあ不安ですよ。
ずっと生きていていろんな大臣見てきましたが、今回一番不安ですね。
度胸据わってないと・・・やっていけるのかなぁ・・・
町の人ものんきですよ!二回目ならいいってのはどうかと。ほんと危機感持ったほうが良いですよ。



「あの人病気になってや­めたわけじゃなくて、一年かやってて成果がでなかったからやめたんですよ。病気のせいにするってのはちょっとどうかと。」



一体どんな証拠があって成果が出なかったから辞めたとここまで言い切れるのか?


報道されなかった安倍晋三の功績 1/2
http://youtu.be/iSKUCcCDa1k

報道されなかった安倍晋三の功績 2/2
http://youtu.be/Ekk93r3fe0g


TVタックルより「緊急出演!!安倍普三90代総理大臣麻生太郎92代総理大臣




安倍新総裁が何を総裁選で主張し、そしてその主張通りに日本が進めばどうなるのか・・・

自民党総裁選 各候補主張(朝日新聞)

一体何を検証・見直し・破棄をしようとしているのか

2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99k

河野談話の嘘 【真実】軍や官憲による慰安婦の強制募集を直接示すような記述は見いだせなませんでした

安倍新総裁が潰れてくれて一番喜ぶのは何処の国なのか、どの団体なのかを考えれば自ずとマスコミのバックに何がいるのか見えてくるのではないだろうか?


テレビ関係図

日本の今後2j ?

 権力や社会の動向を監視し、警鐘を鳴らす木鐸の役目を果たすことがジャーナリズムの存在意義であるとマスコミ人は主張する。確かに徹頭徹尾、傍観者に徹し、自分達も含めてすべてを批判する報道姿勢を貫くならば、社会にとって有益であると認めることもできる。だが近年のマスコミは、何が良いことで何が悪いことかを自分勝手に判断してそれを大衆に押し付けようとしている。『批判』の範囲を超え、政治的な意図を含ませた偏向報道を行って、自分に都合が良いように国民の意識を誘導しようとする姿をあからさまにし始めたのだ。
 
 このことは自分の意に反する主張をする立候補予定者の出自や近親者について、差別的とも言える報道を平然と行ったことから証明されるだろう。

 総理となった者の権力行使の仕方ではなく、漢字の読み間違いや、余暇時間の過ごし方といった嗜好、人格の部分を批判したこともその証左となる。

 つまり、マスコミがしていることは報道ではなく自分達にとって都合の良いムードを作り上げるための宣伝で、そしてその行動は不思議な事に日本を敵視し、批判する海外勢力や機関の活動とベクトルを一致させているのである。

(ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり -5冥門編- P358より)



日本ではどういうわけか保守系で、中国・韓国に強気、もしくは都合の悪い発言・主張をする人物が首相や党の代表・総裁になると徹底して叩く風潮があるようで(特に朝日・毎日)
一体彼らメディアはどこの国のメディアなんだと毎度毎度思うのだが・・・

特に今回は韓国の李大統領の竹島不法上陸に天皇陛下侮辱等や根拠と証拠のない慰安婦問題蒸し返しに
中国の尖閣への挑発的行為に反日デモという名の暴動・略奪、そして歴史認識問題等への発言
が未だ国民の頭に残っているのでわかりやすいのではないだろうか





最後に、安倍新総裁の言う(日本)国を守るとは・・・
そして国防について・・・


仮想 対中潜水艦増強警戒態勢?
(こんな感じで抑止すべきということか)
※細かいところには突っ込まないでください(笑)

空母の建造・運用には時間がかかるけれど潜水艦の増強は今の日本でも出来ること中韓や日本のサヨクメディアの声に負けず
日本は防衛に力を入れるべきだ。


<以下参照>

日本が軍事費増やしても批判するのは中韓だけと櫻井よしこ氏
2012.09.28 07:00 NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20120928_144678.html

 ジャーナリストの櫻井よしこ氏は、「東南アジア諸国は、次の時代を左右する重要なプレーヤーです」と指摘する。そして彼らもまた日本同様、中国の脅威に晒されている。日本は彼らとどう手を携え、どのように繁栄の道を進むべきなのか。櫻井氏が提言する。

 * * *
 日本は戦後自ら外国に出て行って貢献することを憚ってきましたが、もっともっと積極的に前に出るのがよいと思います。例えば昨年12月に野田政権が緩和した武器輸出三原則はアジアの国々に本当に感謝されています。

 海賊対処のための巡視艇や、US-2型飛行艇、それに対潜水艦技術などは、緊張の海となった南シナ海周辺諸国、インド洋で中国の脅威を日々感じているインドなどにとって、切実に必要な技術であり、装備です。武器輸出三原則の緩和を徹底して行なうこと、さらに、その中にインドを対象国として含むことが大事です。

 インドをはじめベトナムなどのアジア諸国は原子力の平和利用に関する技術協力も切望しています。日本の優れた技術を伝え、安全な原子力利用の基盤作りを助けることが日本の国益にもなります。

 経済協力にせよ外交にせよ国家として継続して関わっていくシステムをわが国は構築し、人材を育てる努力を続けたいものです。外務省の担当者などは、2~3年で交代してしまう。短期間でクルクル代われば専門家は育ちません。長年同一人物に同じ分野で働いてもらい、それぞれの分野や地域におけるエキスパートになってもらうこと、加えて国際社会で日本の立場を広報し続ける努力が必要です。

 東南アジアの経済成長率はヨーロッパや米国、日本をはるかに抜いて、これからも成長し続けます。日本企業もその将来性を見て、生産拠点を中国から東南アジア諸国に移しつつあります。東南アジアの高い経済成長率に加えて、人件費は中国よりもかなり割安です。おまけに、前述したように、日本に大変な親しみを抱いています。そうしたことから、中国から東南アジアへのシフトはもっと加速されてもよいと思います。

 日本に友好的で信頼関係が結べる東南アジアの国々との経済関係を強化し、それらの国々に技術移転していくほうが、長期的に見て企業の利益にも、日本の国益にもかなうはずです。

 安全保障面でも東南アジア諸国との連携が重要です。例えば、合同軍事訓練やコーストガードの合同訓練をより積極的に行ない、情報共有を含めて交流を深めることです。そしてなによりも今、東南アジア諸国が求めていること、それは日本自身の軍事力の強化です。日本に、今や共通の脅威となった中国の軍事力に対処する柱のひとつになってほしいと彼らは考えています。

 日本が得手とする潜水艦は中国海軍に対して強い牽制となります。中国が原子力潜水艦、攻撃型原子力ミサイル搭載潜水艦を含めて71隻の潜水艦を保有しているのに対して、日本は16隻しかありません。急いで潜水艦の数を増やし、原子力潜水艦も持つべきです。それが南シナ海、西太平洋、インド洋の安全を守り、東南アジア及びインドなどの安全につながります。

 これまで24年間、激しい軍拡を続けてきた中国の軍事予算は、公表ベースで2012年度には1064億ドルに達しました。実際にはその2~3倍だと言われます。中国に対抗するために東南アジア諸国も軍事予算を増やしている中で、予算を減らしているのは日本だけです。この異常な軍縮予算の壁を打ち破り、軍事力の不足を早急に埋めることこそ、東南アジア諸国を安心させる道です。

 軍事費を増やしても、日本の「軍事大国化」を批判するのは中国と北朝鮮、韓国だけです。繰り返し強調しますが、東南アジア諸国は日本の軍事力強化、とりわけ海軍力の増強を期待しており、大歓迎することは間違いありません。海洋大国である日本と、海洋資源に恵まれたASEANの国々とのパートナーシップこそ、21世紀の国際社会を動かす大きな力となるでしょう。

※SAPIO2012年10月3・10日号



<参照終わり>



2010年11月8日放送の「ビートたけしのTVタックル」より


RIMG2378.jpg
麻生元総理
「隣の国が嫌がることはしないなんて
それは・・そんな世の中みんな上手くいきません・・」


-中略-

RIMG2379.jpg
麻生元総理
「正直申し上げて、麻生とか安倍とかいうような性格の人達が日本の総理を期待される時代てのは、あんまり日本という国が平時じゃなくて有事ですな。
非常事態だと思いますよ。

そういうのに向いた性格なんじゃないかしらねえ、両方とも。
思想的な考え、対中関係で、物事はなるべく波風立てないようにしようなんていう性格じゃありませんから両方とも。
きっちり・・やるべき時はきっちりやるべきです。」





自分の国は自分で守ると言う強い意志を中国に対して見せなければならない

尖閣防衛 2j

尖閣防衛 領土防衛 2 j

防人たちの日本防衛の任務達成と無事なる帰還を祈りたい。



「国防動員法」「民事訴訟法第231条」日本国民の知らない中国の脅威!


自由と繁栄の弧
自由と繁栄の弧 オイルロード

中国の野望
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (3)



憲法改正or新憲法制定 平和憲法という名の非平和憲法の改正・破棄を

※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい



■憲法問題


 一応自分が考えた憲法改正案(2012年9月6日版)です
まだ全然出来上がってないし、素人考えなのですが、いろいろと現行憲法には不満や、現実に即してないところが有りつねづね憲法を変えなければと主張していた者としてどういうものがいいのかと、自分個人としてはこうしたものであったらいいなという思いで書いてみました。
現行憲法や自民党改憲案、スイス民間防衛などを参考にはしてますがそうしたものが微塵もないところもあったりします・・・。
おそらく9条教信者やサヨクなら卒倒の内容ですがこれぐらいはやらないといけないかなと思ったりもします、まあサヨクマスコミがこぞって反対してまずこのような憲法はできないでしょうけど・・・。
ちなみに第2章が○条となってないのは第1章がまだ完全に埋まってないからです。


憲法改正案 (2012年9月6日版)まだ途中~


(前文)

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首であるが、日本国の主権は天皇の名において日本国民に与えられる。
この憲法の制定にあたっては天皇より全件を与えられた日本国民の総意に基づく。


 日本国は長い歴史と伝統、文化を育み、偉大なる先人、偉人、英霊はもとより名も無き人々と、国家と国民の安寧と繁栄、五穀豊穣を日本の八百万の神々に祈ってきた天皇を中心とした国家として成り立ってきた
この日本国を守ることは今を生きる我々国民の総意であり、歴史を紡いできた先人たちとの約束である。この日本国を安定的かつ平和的に次の世代へこれを受け渡すのは今を生きるものとしての義務である。


 我々日本国民には日本国の主権者としての責任がある、時のあらゆる政の代表者、指導者を直接的にも間接的にも選ぶのは我々自身であり我が国の将来を決めるのはその時を生きる日本国民である、そのため我々日本国民は常に世界情勢、外交、安全保障、政治の流れに注意を払う努力を惜しむべきではない。

 日本国の独立・安全保障は、我々国民の国防意識と努力によって左右される、他国からの自由と独立は、我々の財産の中で最も尊いものであり、断じて、自ら努力することなく得られるものではない
自由と独立は、絶えず守らねばならない権利であり、事に望んでは言葉や文章だけの理想論ではなく、手に武器を持ち戦って、初めて得られるものである。我々日本国民はそれを認識し覚悟し、日本国に忠誠を誓い、我が国の自由と独立、国民の安全を脅かす者には断固戦うことを宣言する。



 日本国におけるあらゆる政は、国民の厳正な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の中から選ばれた国民の代表者が行使し、その福利は国民がこれを享受する。
日本国民より選ばれた国民の代表者は主権者たる国民のため、日本国の主権、国益、名誉、平和と繁栄、自由と安全を守ることを何よりも優先し、そのために責任をもって行動し、それに反すると国民が認めたときは速やかにこれを辞さなければならない、これは日本国民の代表者としての義務である。

 日本国民は歴史を紡いできた先人と、我らが子孫のために、歴史と文化を学び、常に人格を磨き、徳操をやしない、勉学に励み、心身を鍛え、社会秩序の維持を心がけ責任感を持って日本国民として世界に恥ずかしくない教養と行動力を身に付けなる努力を惜しむべきではない、そのためには教育の充実は重要でありこれに力を入れるのは日本国繁栄のため必要だが、そのためには他国または外国人、反社会的な勢力による教育への不当かつ反日的な、反社会的な介入は日本国民の総意としてこれを拒否する。

 日本国は日本国民により正当に選挙された国会における日本国民の代表者を通じて行動し、我々と我らの子孫のため、日本国と日本国民のため日本国の長い歴史と伝統、文化を守り、国内の安定、国防に励み、自由と繁栄、他国からの独立を保ち友好的な友邦との共存共栄を目指しこの憲法を制定する。



第1章 天皇

第1条

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首である。

 2:日本国民は天皇を尊重しこれを犯してはならない。

第2条

 皇位は世襲のものであって、皇室典範の定めるところにより男系男子がこれを継承する。

第3条

 宮内省を置き天皇及び皇室の諸業務の補佐及び庶務等に当たり、天皇及び皇室を守る。

 2:人事は皇族から選任し、その多くの職員は皇室関係者によって占められなければならない。

第4条

 国旗は日章旗とし、国歌は君が代とする。 

 2:日本国民は国旗及び国歌を尊重しなければならない。


第5条

 天皇はこの憲法に定める国事に関する行為を行い、国政に関する権能を有しない。

       ・
       ・
       ・
       ・
       ・


第2章 国防と安全保障

1:我が国の主権・領土・国益・国民の安全を保証するため陸・海・空その他の軍を設置する。

  附則1:我が国の陸・海・空その他の軍は軍法を制定し、刑法民法等の影響は受けない、軍に属する者は軍法に従いそれを犯したときは査問委員会及び軍法裁判所において審判を受ける。

  附則2:我が国の陸・海・空その他の軍は交戦規定を制定し交戦に際してはこれに従う。


2:日本国民は、祖国を防衛する権利及び義務を有する。

  附則1:国家のため、国民のため軍に属し戦争・紛争等により負傷せし者は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する、その命をもって国防等に寄与した者は靖国神社等における国家による慰霊の権利を有し、その遺族は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する。


3:日本の陸海空軍その他の戦力は、日本の領土・領海・領空その他日本の主権・国民・資源・権益を守る義務を有する。

  附則1:国家転覆・破壊活動・治安・秩序の破壊それに類する行為、他国による諜報・工作に加担すると司法が判断した者は守るべき国民から例外的に除外される。


4:日本国政府は外国及び国内の国家転覆・破壊勢力による諜報・工作などから我が国と国民を守るため情報防諜機関を設置し活用なければならない。

5:我が国及び国民に脅威をもたらすあらゆる戦争・紛争等における交戦権はこれを認める。

  附則1:国家間の戦争・紛争における政治的判断は内閣に委ねられ責任は内閣が負う、但し現場における緊急時の交戦権はこれを妨げない。

  附則2:我が国は世界諸国と平和と安定のため同盟国とともに、いかなる侵略行為、日本国とその友邦の自存・自衛を脅かす行為に対して戦う権利を有する。


6:領空・領海その他の侵犯及び、侵略行為、武力攻撃、テロ活動などのそれに類する緊急時における判断は交戦規定に従い各軍の現場の判断に委ねられる。

7:武力侵攻・国内紛争・テロ活動・大規模自然災害及び国会が緊急時と認めた場合、内閣は速やかに緊急事態宣言を発令し国家及び国民の安全を確保するため必要な最善の手段を取らねばならない。

8:この憲法に定められていない我が国の陸・海・空その他の軍の行動は交戦規定及び軍法に従い判断される。

  附則1:各軍の指揮は各軍の長が摂り、防衛相が統括し、最高指揮権は内閣総理大臣が有する。








戦争というとすぐにアレルギーを出す者が多いけど、自国を侵略者から守ることも戦争(祖国防衛戦争)
結局日本の防衛のためには憲法を変えて『交戦権を認めない限り』いくら軍備を増やしても根本的なところで足枷になる




★:注意とお願い★

 最近コメントをしていただけるのはありがたいのですが、コメントに名前を入れずに空欄でコメントされる方が多いです(ホストを確認すれば8割方は同一なのですが)
過去に何度かコメントしましたがコメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を(他人の振りをするのも含む)名乗る等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)




※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

コメント欄・トラックバックをご利用される方は左のプロフィール下の【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】をご一読下さい。

<注意事項>

特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、口調が喧嘩腰、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもや
営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿など
宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど
管理人が不適切と判断した場合は基本的に削除します。
コメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を名乗る(他人の振りをするのも含む)等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)
悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。
違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。



尚、コメントは全て拝読させて頂いておりますが、当方の仕事の都合等でお返事出来ない時がありますので平にご容赦下さい。

※:書き起こしについては誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので引用される場合はご注意を。




祝!アニメ「銀魂」10月復活!
10月の再開を待ちつつ・・・


アルファポリスWeb漫画セレクション
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
長編 連載中 漫画:竿尾悟/原作:柳内たくみ

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり  第12回
http://www.alphapolis.co.jp/manga/view_manga_opening.php?manga_sele_id=138000030






さくや 02 小さくや 02 せりふ 小

ランキング用


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

メディアによる安倍新総裁叩き?「3年で何が変わったか示せ」 「安倍自民」に新聞論説が「注文」 …日本を牛耳る第4の権力マスコミ…また保守つぶしが始まるのか?アグネス…反日教育はしてない!カスペ!・なかよしテレビSP (2012.09.25)中国人にとって反日は反日でないのか?でも実際は…【正論】国際教養大学理事長・学長 中嶋嶺雄 中国に翻弄され続けた国交40年 …「日中友好」でいかに大きな代償を支払わされたか再確認すべき秋(とき)である。


よかったら応援クリックお願いします。

ランキング用



女性自衛官 敬礼 000G



 日本を牛耳る第4の権力マスコミ(報道)・・・

日本を牛耳る第4の権力マスコミ(報道)j

先の衆議院選で散々民主党・鳩山由紀夫という政治家を持ち上げていわゆうる民主党の風なるものを吹かせ民主党への政権交代、その後の約3年以上も続く(現在進行形で)日本国民にとって暗黒と不幸の民主党政治をもたらしておきながら未だ反省することもなく今度は橋下だ維新だと国民を煽り続けているのだが
先の衆議院選といえば民主党と鳩山由紀夫氏を持ち上げる一方で一生懸命頑張っていた時の麻生総理や自民党政権を批判ばかりしていたのだが
日本ではどういうわけか保守系で、中国・韓国に強気、もしくは都合の悪い発言・主張をする人物が首相や党の代表・総裁になると徹底して叩く風潮があるようで(特に朝日・毎日)
一体彼らメディアはどこの国のメディアなんだと毎度毎度思うのだが
今回で言えば安倍新総裁の主張を見て安倍新総裁が潰れてくれて一番喜ぶのは何処の国なのか、どの団体なのかを考えれば自ずとマスコミのバックに何がいるのか見えてくるのではないだろうか?


自民党総裁選 各候補主張(朝日新聞)

日本の今後2j ?

 権力や社会の動向を監視し、警鐘を鳴らす木鐸の役目を果たすことがジャーナリズムの存在意義であるとマスコミ人は主張する。確かに徹頭徹尾、傍観者に徹し、自分達も含めてすべてを批判する報道姿勢を貫くならば、社会にとって有益であると認めることもできる。だが近年のマスコミは、何が良いことで何が悪いことかを自分勝手に判断してそれを大衆に押し付けようとしている。『批判』の範囲を超え、政治的な意図を含ませた偏向報道を行って、自分に都合が良いように国民の意識を誘導しようとする姿をあからさまにし始めたのだ。
 
 このことは自分の意に反する主張をする立候補予定者の出自や近親者について、差別的とも言える報道を平然と行ったことから証明されるだろう。

 総理となった者の権力行使の仕方ではなく、漢字の読み間違いや、余暇時間の過ごし方といった嗜好、人格の部分を批判したこともその証左となる。

 つまり、マスコミがしていることは報道ではなく自分達にとって都合の良いムードを作り上げるための宣伝で、そしてその行動は不思議な事に日本を敵視し、批判する海外勢力や機関の活動とベクトルを一致させているのである。

(ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり -5冥門編- P358より)



特に今回は韓国の李大統領の竹島不法上陸に天皇陛下侮辱等や根拠と証拠のない慰安婦問題蒸し返しに
中国の尖閣への挑発的行為に反日デモという名の暴動・略奪、そして歴史認識問題等への発言
が未だ国民の頭に残っているのでわかりやすいのでは?


<以下参照>


「3年で何が変わったか示せ」 「安倍自民」に新聞論説が「注文」
2012/9/27 19:15 J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/2012/09/27148000.html?p=all

安倍晋三元首相が40年ぶりの決選投票の末に総裁に返り咲いて一晩明けた2012年9月27日、新聞各紙の1面コラムや論説は、ほぼ全紙が自民党に対する「注文」だった。各紙とも、次期総選挙で自民党が与党に復帰することを念頭に置いている模様だが、その中にで、安倍氏に対する期待感を表明するものもあれば、「民主より『まし』なのか」などと冷ややかなものもあり、温度差がある。

「総裁が代わっても、党の体質を変えなければ、政権に返り咲く資格などない」


安倍総裁には、さっそく様々な注文がつけられた
安倍総裁には、さっそく様々な注文がつけられた

比較的多かったのが、09年の「下野以前」の自民党との差を示すように求める論調だ。例えば毎日新聞の社説では、「『古い自民』に引き返すな」と題して、

「野党3年、自民党は何を改め、どう変わったかを身をもって示すべきだ」


と主張。東京新聞も

「総裁が代わっても、党の体質を変えなければ、政権に返り咲く資格などない」


とした。

朝日新聞の社説は「不安ぬぐう外交論を」と外交に焦点を当て、

「首相就任直後に中韓両国を訪問し、小泉政権で冷え切った中韓との関係を改善したのは安倍政権の功績だった。その経験を生かすべきだ」


と、一定の評価をしている。

産業政策に力を入れるように求めたのが、日経新聞と読売新聞だ。社説の見出しは

「『決める政治』進めよ」(日経)
「政権奪還への政策力を高めよ」(読売)


といった具合で、「原発ゼロ」の見直しを求めた。読売は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加についても触れた。

産経コラムはメディアに「恨み節」

安倍氏の「再登板」を最も歓迎しているように見えるのが、産経新聞だ。社説にあたる「主張」では、「『強い日本』再生策を語れ 政権奪還に反省生かせるか」と期待感をにじませた。

産経新聞は、安倍氏の首相在任時には一貫して安倍氏を支持していたことで知られる。そのことも影響しているのか、1面の「挫折を糧に『宿題』果たせ」と題したコラムでは、

「安倍氏の在任中、メディアは『消えた年金問題』や『政治家の事務所費問題』について大々的に報じて責任を追及した。ところが、安倍氏が退陣すると、新たに同様の問題が発覚してもほとんど取り上げられなくなったのは記憶に新しい」

と、安倍氏を批判したメディアへの恨み節さえつづった。



<参照終わり>


さて、未だ緊張状態の続く尖閣・・・挑発的行為をやめない中国
尖閣は歴史的にも国際法上も日本の領土で間違いない
それなのに資源が出るとわかると食指を伸ばしてきた中国、しかも尖閣の国有化について中国全土で反日デモを煽るは、漁船をけしかけようとするは何でもアリ・・・


2012年9月21日 とくダネ! (2)
中国全土でデモを教唆した中国共産党政府は、テロに変わった事態に気づき慌てて中止した。ピタリと沈静化したところをみると、最初から政府の扇動であったことが明々白々だ。独裁政権は強権をもって人民をコントロールできる。怖い国だ。

2012年9月21日 とくダネ! (1)
中国漁船1000隻の尖閣突入は、中国共産党政府によるブラフだった。日本の反応を探るためのテストだと思う。一歩引けば二歩攻めてくるのが中国のやり方だ。



果たしてこんな国にあらゆる名目での支援が必要なんだろうか?

<以下参照>

“ならず者”中国に6兆円も貢ぐ日本…オマヌケ支援をストップせよ
2012.09.27 ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120927/plt1209271125004-n1.htm

 沖縄県・尖閣諸島の領有権を巡り、中国が日本への圧力を強めている。接続海域で挑発を繰り返すばかりか、日本企業から中国への物流に通関検査を強化するなど嫌がらせも目立つ。だが、中国の発展を支えてきたのも日本だ。いまも続くODA(政府開発援助)や膨大な融資の数々。専門家は「すべての支援をストップし、外交カードに使うべき」と対抗策を提言する。

 日本政府による尖閣国有化の発表以降、揺さぶりをかけ続ける中国。尖閣周辺の海域に監視船を出入りさせるほか、海軍のフリゲート艦を動員するなどの行動にも出た。

 過激な反日デモは沈静化したものの、北京や上海などでは日本企業の輸出品の通関検査が厳しくなっている。

 急速な経済成長と巨大な市場を武器にやりたい放題だが、その発展を支えたのも日本だ。

 『中国に喰い潰される日本』(PHP研究所)などの著者で、中国事情に詳しいジャーナリストの青木直人氏は「30年余り間断なく続いてきた対中ODAなどです。われわれ国民の税金が原資となった膨大なカネが中国に消えている」と話す。

 対中ODAは日中国交正常化後の1979年からスタート。経済成長を助ける制度だったが、中国のGDP(国内総生産)が目覚ましく延びた結果、是非論が噴出。2008年度に一部が終了するなど見直された。


 「ここでいうODAとは外務省が主導して日本単独で行う二国間援助のことで、これまでに3兆6000億円がつぎ込まれました。(批判を受けて)08年度に円借款(有償資金協力)は終わりましたが、『無償資金協力』と『技術協力』はいまも続いています」(青木氏)

 無償資金協力は文字通り返済義務がなく、技術協力は研修員の受け入れや専門家の派遣などを目的とする。

 外務省によると、10年度の「無償」は約14・7億円、「技術」が約34・7億円で、11年度はそれぞれ約7・2億円、約30・6億円。「累計にすると『無償資金協力』は約1565億円で、『技術協力』は1769億円」(同省職員)にのぼる。

 ODAのほか、国際機関を通じた「多国援助」もあり、日本が最大出資国(約16%)のアジア開発銀行(ADB)を介した融資では「対中援助は昨年末現在で累計259億ドル(現在のレートで約2兆202億円)」(ADB職員)。単純計算だが、日本の出資比率からすると、41億ドル(約3198億円)が渡ったとも言える。

 「環境省や文部科学省などの各省庁も中国と共同事業を行っており、『新たな援助の受け皿』になっている。これらすべてを合算すると、日本が中国に行った経済援助は6兆円を超えるでしょう」(青木氏)

 こうした背景もあり、日中の対立が深刻化した9月上旬以降、外務省には「『ODAを止めろ』という内容の抗議の電話が殺到している」(同省職員)という。

 恩をあだで返すような中国の姿勢。「すべてのODAを中止し、共同事業も見直す。それだけで中国は窮地に陥る。強力な外交カードの1つになるはずです」(青木氏)


 反撃材料にしない手はない。



<参照終わり>

そしてもう一つ、中国というか中国人のその気質というか・・・よくそんなこと言えるなと思えることについて
これは2ちゃんで知ったのですがアグネスがテレビで何か言ってたみたいです。



反日教育はしてない!
反日教育はしてない! カスペ!・なかよしテレビSP (2012.09.25)
カスペ!・なかよしテレビSP (2012.09.25)




やってるやん!


反日教育
反日教育



というか中国ってちゃんと歴史教えているのか?
天難問事件・文化大革命などの自国民への虐殺行為やチベットやウイグルで何をしているのかとか・・・


たかじんのそこまで言って委員会「「総力スペシャル!90分すべて中国問題」 中国人よ、目を覚ませ!“矛盾"だらけの反日行動&日本人よ、目を覚ませ!このまま黙っていていいのか?」中国の暗黒の近現代史と日本の政治家たちが行ってきた事なかれ主義・弱腰外交そしてマスコミの誤報に自虐教育等々【動画と一部書き起こし】
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-1684.html



たかじんNOマネー ~人生は金時なり~「中国迷ー1GPの後編!青山ーVS-周来友がさらにヒートアップ!食の安全では今中国政府が取り締まりを強化する地溝油の衝撃スクープ映像も!果たして迷惑第1位は?」(後編)【動画と一部書き起こし】
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-1472.html



【動画】たかじんNOマネー「中国迷-1グランプリ前編。迷惑なニュースが多い中国。日中友好のためにも徹底的に議論しよう!深刻度のランキングに日中の論客が大激論!青山繁晴がぶち切れ」。ちょっとだけ今日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」感想…デーブスペクター氏の「24時間ニュースチャンネルが日本にはない」に同感、ついでに国会中継ももっと放送すべき。
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-1459.html



RIMG0108_20120401185719.jpg
RIMG0109_20120401185718.jpg
RIMG0110_20120401185717.jpg
RIMG0111_20120401185717.jpg
RIMG0112_20120401185716.jpg
RIMG0113_20120401185716.jpg
RIMG0114_20120401185937.jpg


なんでこうも堂々とアグネスは「反日教育はしてない!」と言えるのか?
反日教育だとわからないぐらい歴史的事実について無頓着・無知なのか、それとも知ってた上でまるで支那共産党の宣伝マン(ウーマン)のごとく発言しているのか分からないが
どちらにしてもいえることは「よく言うよ」
これは中国だけでなく韓国もだが、中国は自国民に反日教育するだけでは飽き足らず、その歴史観を日本にまで押し付けようとする、本当にいいかげんにしろと言いたい
特亜の人間は日本に対してよく持ち出す歴史問題
確かに日本人は歴史を見直し検証し取り戻す必要があるだろう
中国や韓国の側に立った中韓の押し付けのような反日自虐史観は破棄し日本の側に立った、日本の史観による歴史認識を・・・。

特にこの日中国交正常化のプロセス・必要性の是非につて
日本の行なってきた事なかれ外交についても。


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99k


友好国益ではない、国益友好なのだ

明日で日中国交正常化40周年・・・
日中友好という幻想に振り回される日本外交・・・
いい加減中国の現実に気がつくべきだ


<以下参照>

【正論】
国際教養大学理事長・学長 中嶋嶺雄 中国に翻弄され続けた国交40年
2012.9.28 03:09 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120928/plc12092803090003-n1.htm

 明日29日、日中国交樹立40周年を迎える。本来なら日中友好の節目を画す祝賀ムードに包まれるはずなのに、尖閣諸島問題に端を発した反日デモなどで、在留邦人は身の危険にもさらされている。進出した日本企業の工場や店舗も破壊された。中国は、10月にも予定される次期中国共産党大会の日程さえまだ発表されないという、内政上の異例の不確実性の中にあり、国民の間に潜在する様々(さまざま)な不満も鬱積している。反日デモが反体制の動きを引き起こしかねないことを恐れる中国当局は、デモを規制しつつ、国民の不満が全土の反日デモで燃え尽きてくれたなら、と期待している。

 ≪正しい歴史的選択だったか≫

 この40年、日本外交はほぼ一貫して中国との友好に努めてきたにもかかわらず、その結果がこのありさまである。となると、尖閣国有化といった個別の問題を超え、日中国交樹立そのものが正しい歴史的選択だったのかが、今こそ、原点に遡(さかのぼ)って問い直されるべきだと私は考えている。

 国交が正常化された1970年代初頭は、周知のように、中国をめぐる世界情勢が雪崩を打ったように動いた時期であった。当時は米ソが世界の超大国として対立、文化大革命に揺れていた中国は、同じ社会主義陣営のソ連を、「社会帝国主義」覇権国家と見なして激しく非難していた。そうした状況下で、中国は、多数派工作の先兵として、「東欧の孤児」アルバニアを最大限に利用した。71年秋の国連総会では、中国(中華人民共和国)を加盟国とし、台湾(中華民国)を国連から追放するというアルバニア決議案が、多数の賛成で可決されたのである。

 中華人民共和国が大陸を実効支配し、台湾は亡命政権のような形で「大陸反攻」を掲げていたとはいえ、国連の原加盟国で安全保障理事会常任理事国、第二次世界大戦の主役でもあった中華民国を、数の力で国連から葬り去ることは正しいのか、アルバニアに重要決議を提案する資質があるのかも検討されずじまいで、国連は急旋回したのであった。そこに、当時の国際社会が犯した大きな誤りがあったといわねばならない。

 ≪台湾との断交は戦後の過ち≫

 中国をめぐる国際社会の急激な流れは、ニクソン米政権下の71年7月のキッシンジャー大統領補佐官(国家安全保障担当)による北京隠密訪問、そして翌72年2月のニクソン訪中による米中接近につながり、世界を驚かせた。

 そこに登場したのが、日中国交を引っ提げて人気絶頂の田中角栄政権である。わが国政財界もマスメディアも、「バスに乗り遅れるな」と中国との国交樹立に動いていった。産経新聞を例外として、マスコミによる報道は過熱し、それに乗って田中首相と大平正芳外相の訪中が実現、北京での中国ペースの「日中復交三原則」に基づく日中共同声明で、一挙に国交が樹立されたのであった。

 同時に、北京で公表された大平外相の談話によって、わが国は中華民国との間の日華平和条約を一方的に破棄し、台湾との国交を断絶したのである。国際法上も日本と台湾との歴史的に極めて深い結びつきからしても、戦後日本が犯した大きな過ちであった。

 以来、わが国はひたすら中国に跪拝(きはい)し、中国を刺激しないように低姿勢を貫いてきたにもかかわらず、いや、それがゆえに、今日の事態に立ち至ったのである。この間、中国側は、靖国、教科書、歴史認識の諸問題で常に日本側に問題を突き付け、内政干渉まがいの立場を改めなかった。わが国が供与した多額の政府開発援助(ODA)資金や超低利の円借款、様々な経済協力も、結局は、中国の経済・軍事大国化に寄与してきただけだったように思われる。

 ≪尖閣で何もしなかったツケ≫

 尖閣問題はご無理ごもっとも外交の典型である。中国が領有を唱えだしたのは、68年に、国連アジア極東経済委員会(ECAFE)の海洋調査で尖閣海域の豊富な海底資源の存在が明らかになってからだ。中国は、国交樹立前年の71年12月30日付の「釣魚島(尖閣諸島)に関する中国外交部声明」で明確に領有を主張していた。にもかかわらず、日本政府・外務省は国交樹立への流れの中で、何ら文句を言うことなく、国交樹立時にも、尖閣問題はここでは避けようという周恩来首相の提案で一切論議しなかったのである。

 さらに、79年1月、副首相のトウ小平が来日し、「(尖閣問題は)次の世代、またその次の世代で解決すればよい」と語ったことに、日本側は安心してしまった。当時の中国は華国鋒政権だったが、その華国鋒が失脚して実権を握ったトウが改革・開放の「南巡講話」を発表した92年2月、中国は全国人民代表大会の常務委員会で「領海法」を制定、尖閣諸島を中国の領土に組み入れてしまった。


 事ここに至っても、日本政府・外務省は形式的な抗議にとどめている。秋の天皇、皇后両陛下ご訪中に賭けていたのだ。「日中友好」でいかに大きな代償を支払わされたか再確認すべき秋(とき)である。(なかじま みねお)



<参照終わり>




自分の国は自分で守ると言う強い意志を中国に対して見せなければならない

尖閣防衛 2j

尖閣防衛 領土防衛 2 j

防人たちの日本防衛の任務達成と無事なる帰還を祈りたい。



「国防動員法」「民事訴訟法第231条」日本国民の知らない中国の脅威!


自由と繁栄の弧
自由と繁栄の弧 オイルロード

中国の野望
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (3)




最後に、今度は韓国というか韓国人について
自画自賛して嫌われる人間はたまに見る・・
しかし韓国人の嫌われる理由にはそれに日本人の悪口を言うというのが加わるらしい
自画自賛だけでも大概うっとおしいけれど、日本の悪口言ってモテようなどとどこまで低劣なんだか・・・。


<以下参照>

韓国人男 日本人の悪口言いながら自画自賛しモテようとする
2012.09.27 16:00 NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20120927_144663.html

 竹島問題や、天皇陛下への不敬発言以来、日本人の「嫌韓感情」に火がついている。しかし、嫌韓は日本だけではない。フィリピンのケースをジャーナリストの山村明義氏が紹介する。

 * * *
 フィリピンでは最近、物価や教育費の安さから、語学留学に来る若い韓国人が増え、現地の女性を相手に、大きな社会問題を起こしている。

 フィリピンの元駐在員が言う。

「フィリピンでも“コピノ”と呼ばれる韓国人男性とフィリピン人女性の混血2世が問題になっています。韓国から10代や20代の若者が語学研修に来て、カトリックで避妊を要求しないフィリピン人女性と関係をもって子供を生ませ、そのまま韓国に帰国してしまうからです。

 日本でも一時期、“じゃぱゆきさん”として問題になったが、韓国人と日本人が違う点は韓国人は日本人の悪口を言って回り、それに比べて自らがいかに素晴らしいか自画自賛することです。それだけに騙された時の怒りは大きい

 日本人の悪態をつきながら、自画自賛してモテようとする言動はいかにも韓国人らしい。韓国人は、他国の人間を低く見て、自分たちの価値観を外国人に押しつける傾向が強い。そのため、「韓国人に侮辱されている」と感じる東南アジアの人々に嫌韓感情が強まっているのだ。

※SAPIO2012年10月3・10日号




だから韓国人は世界中から嫌われる
しかもそのことに全くの無自覚なのか、それとも開き直っているのか


海外で韓国人の追放相次ぐ、日本では4年間で900人


何度も書いてきましたが、もう韓国とは経済でもスポーツでも縁を切るべきではないだろうか?

アジアの中にある国は韓国だけではないのだから






憲法改正or新憲法制定 平和憲法という名の非平和憲法の改正・破棄を

※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい



■憲法問題


 一応自分が考えた憲法改正案(2012年9月6日版)です
まだ全然出来上がってないし、素人考えなのですが、いろいろと現行憲法には不満や、現実に即してないところが有りつねづね憲法を変えなければと主張していた者としてどういうものがいいのかと、自分個人としてはこうしたものであったらいいなという思いで書いてみました。
現行憲法や自民党改憲案、スイス民間防衛などを参考にはしてますがそうしたものが微塵もないところもあったりします・・・。
おそらく9条教信者やサヨクなら卒倒の内容ですがこれぐらいはやらないといけないかなと思ったりもします、まあサヨクマスコミがこぞって反対してまずこのような憲法はできないでしょうけど・・・。
ちなみに第2章が○条となってないのは第1章がまだ完全に埋まってないからです。


憲法改正案 (2012年9月6日版)まだ途中~


(前文)

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首であるが、日本国の主権は天皇の名において日本国民に与えられる。
この憲法の制定にあたっては天皇より全件を与えられた日本国民の総意に基づく。


 日本国は長い歴史と伝統、文化を育み、偉大なる先人、偉人、英霊はもとより名も無き人々と、国家と国民の安寧と繁栄、五穀豊穣を日本の八百万の神々に祈ってきた天皇を中心とした国家として成り立ってきた
この日本国を守ることは今を生きる我々国民の総意であり、歴史を紡いできた先人たちとの約束である。この日本国を安定的かつ平和的に次の世代へこれを受け渡すのは今を生きるものとしての義務である。


 我々日本国民には日本国の主権者としての責任がある、時のあらゆる政の代表者、指導者を直接的にも間接的にも選ぶのは我々自身であり我が国の将来を決めるのはその時を生きる日本国民である、そのため我々日本国民は常に世界情勢、外交、安全保障、政治の流れに注意を払う努力を惜しむべきではない。

 日本国の独立・安全保障は、我々国民の国防意識と努力によって左右される、他国からの自由と独立は、我々の財産の中で最も尊いものであり、断じて、自ら努力することなく得られるものではない
自由と独立は、絶えず守らねばならない権利であり、事に望んでは言葉や文章だけの理想論ではなく、手に武器を持ち戦って、初めて得られるものである。我々日本国民はそれを認識し覚悟し、日本国に忠誠を誓い、我が国の自由と独立、国民の安全を脅かす者には断固戦うことを宣言する。



 日本国におけるあらゆる政は、国民の厳正な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の中から選ばれた国民の代表者が行使し、その福利は国民がこれを享受する。
日本国民より選ばれた国民の代表者は主権者たる国民のため、日本国の主権、国益、名誉、平和と繁栄、自由と安全を守ることを何よりも優先し、そのために責任をもって行動し、それに反すると国民が認めたときは速やかにこれを辞さなければならない、これは日本国民の代表者としての義務である。

 日本国民は歴史を紡いできた先人と、我らが子孫のために、歴史と文化を学び、常に人格を磨き、徳操をやしない、勉学に励み、心身を鍛え、社会秩序の維持を心がけ責任感を持って日本国民として世界に恥ずかしくない教養と行動力を身に付けなる努力を惜しむべきではない、そのためには教育の充実は重要でありこれに力を入れるのは日本国繁栄のため必要だが、そのためには他国または外国人、反社会的な勢力による教育への不当かつ反日的な、反社会的な介入は日本国民の総意としてこれを拒否する。

 日本国は日本国民により正当に選挙された国会における日本国民の代表者を通じて行動し、我々と我らの子孫のため、日本国と日本国民のため日本国の長い歴史と伝統、文化を守り、国内の安定、国防に励み、自由と繁栄、他国からの独立を保ち友好的な友邦との共存共栄を目指しこの憲法を制定する。



第1章 天皇

第1条

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首である。

 2:日本国民は天皇を尊重しこれを犯してはならない。

第2条

 皇位は世襲のものであって、皇室典範の定めるところにより男系男子がこれを継承する。

第3条

 宮内省を置き天皇及び皇室の諸業務の補佐及び庶務等に当たり、天皇及び皇室を守る。

 2:人事は皇族から選任し、その多くの職員は皇室関係者によって占められなければならない。

第4条

 国旗は日章旗とし、国歌は君が代とする。 

 2:日本国民は国旗及び国歌を尊重しなければならない。


第5条

 天皇はこの憲法に定める国事に関する行為を行い、国政に関する権能を有しない。

       ・
       ・
       ・
       ・
       ・


第2章 国防と安全保障

1:我が国の主権・領土・国益・国民の安全を保証するため陸・海・空その他の軍を設置する。

  附則1:我が国の陸・海・空その他の軍は軍法を制定し、刑法民法等の影響は受けない、軍に属する者は軍法に従いそれを犯したときは査問委員会及び軍法裁判所において審判を受ける。

  附則2:我が国の陸・海・空その他の軍は交戦規定を制定し交戦に際してはこれに従う。


2:日本国民は、祖国を防衛する権利及び義務を有する。

  附則1:国家のため、国民のため軍に属し戦争・紛争等により負傷せし者は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する、その命をもって国防等に寄与した者は靖国神社等における国家による慰霊の権利を有し、その遺族は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する。


3:日本の陸海空軍その他の戦力は、日本の領土・領海・領空その他日本の主権・国民・資源・権益を守る義務を有する。

  附則1:国家転覆・破壊活動・治安・秩序の破壊それに類する行為、他国による諜報・工作に加担すると司法が判断した者は守るべき国民から例外的に除外される。


4:日本国政府は外国及び国内の国家転覆・破壊勢力による諜報・工作などから我が国と国民を守るため情報防諜機関を設置し活用なければならない。

5:我が国及び国民に脅威をもたらすあらゆる戦争・紛争等における交戦権はこれを認める。

  附則1:国家間の戦争・紛争における政治的判断は内閣に委ねられ責任は内閣が負う、但し現場における緊急時の交戦権はこれを妨げない。

  附則2:我が国は世界諸国と平和と安定のため同盟国とともに、いかなる侵略行為、日本国とその友邦の自存・自衛を脅かす行為に対して戦う権利を有する。


6:領空・領海その他の侵犯及び、侵略行為、武力攻撃、テロ活動などのそれに類する緊急時における判断は交戦規定に従い各軍の現場の判断に委ねられる。

7:武力侵攻・国内紛争・テロ活動・大規模自然災害及び国会が緊急時と認めた場合、内閣は速やかに緊急事態宣言を発令し国家及び国民の安全を確保するため必要な最善の手段を取らねばならない。

8:この憲法に定められていない我が国の陸・海・空その他の軍の行動は交戦規定及び軍法に従い判断される。

  附則1:各軍の指揮は各軍の長が摂り、防衛相が統括し、最高指揮権は内閣総理大臣が有する。








戦争というとすぐにアレルギーを出す者が多いけど、自国を侵略者から守ることも戦争(祖国防衛戦争)
結局日本の防衛のためには憲法を変えて『交戦権を認めない限り』いくら軍備を増やしても根本的なところで足枷になる




★:注意とお願い★

 最近コメントをしていただけるのはありがたいのですが、コメントに名前を入れずに空欄でコメントされる方が多いです(ホストを確認すれば8割方は同一なのですが)
過去に何度かコメントしましたがコメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を(他人の振りをするのも含む)名乗る等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)




※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

コメント欄・トラックバックをご利用される方は左のプロフィール下の【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】をご一読下さい。

<注意事項>

特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、口調が喧嘩腰、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもや
営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿など
宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど
管理人が不適切と判断した場合は基本的に削除します。
コメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を名乗る(他人の振りをするのも含む)等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)
悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。
違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。



尚、コメントは全て拝読させて頂いておりますが、当方の仕事の都合等でお返事出来ない時がありますので平にご容赦下さい。

※:書き起こしについては誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので引用される場合はご注意を。




祝!アニメ「銀魂」10月復活!
10月の再開を待ちつつ・・・


アルファポリスWeb漫画セレクション
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
長編 連載中 漫画:竿尾悟/原作:柳内たくみ

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり  第12回
http://www.alphapolis.co.jp/manga/view_manga_opening.php?manga_sele_id=138000030






さくや 02 小さくや 02 せりふ 小

ランキング用


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

祝!安倍新総裁選出!…【主張】安倍新総裁 「強い日本」再生策を語れ 政権奪還に反省生かせるか これからの日本を任せられる適材適所をできるかどうかが鍵、強いブレーンがあってこそ国を守る政治ができるというもの。【自民総裁選】挫折経験を胸に、茨の道に切り込む新総裁 …戦後史感からの脱却、なれるか普通の国家。 【張子の虎?】中国初の空母は「遼寧」


よかったら応援クリックお願いします。

ランキング用



女性自衛官 敬礼 000G



 安倍元総理の自民党新総裁就任・・・

民主党へ政権交代して早3年・・・
鳩山・菅・野田と最低最悪の政治を見てきたけれど
日本の政治ニュースの中でこれほどの朗報があっただろうか?
しかし安倍新総裁はこれからが大変だ、党内人事
ここで昔の自民党のごとく派閥や論功行賞だけを優先した人材配置をしてはならない
これからの日本を任せられる適材適所をできるかどうかが鍵だろう
早期の民主党政権打倒・奪還後の政権をどうあるべきかの形作り(各大臣の候補者選び等)など
そして妨害工作をしてくるであろう中国・韓国よりのマスコミ等々・・・
強いブレーンがあってこそ国を守る政治ができるというもの。


日本の今後2j ?

インタビューに応じる中川昭一元財務・金融担当相=財務省・大臣室(大山実撮影)=2008年09月26日
返す返す中川昭一元財務・金融相が亡くなられているということが痛い・・・
※10月3日は故中川昭一先生の命日です


安倍新総裁が政権奪還後にまずもってやって欲しいのはやはり宮沢談話・河野談話・村山談話などの反日毀損談話の見直し・破棄です
多くの日本国民が中国・韓国の主張の異常性に気がついている今だからこそ出来る、今を置いてほかにない・・・自分はそう思う。


<以下参照>

【主張】
安倍新総裁 「強い日本」再生策を語れ 政権奪還に反省生かせるか
2012.9.27 03:29 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120927/stt12092703290010-n1.htm

 「強い日本」を掲げ、尖閣国有化後の統治強化策などを積極的に訴えた安倍晋三元首相が自民党の新しい総裁に選出された。

 5年前、病気を理由に首相を辞任した安倍氏は大きなハンディを抱えての再挑戦だった。しかし自民党は安倍氏に党の立て直しを託し、日本が抱える難局を打開する「切り札」に選んだ。

 この3年間の民主党政権の迷走が日本を弱体化させ、今日の国難を招いた。尖閣諸島をめぐる中国の攻勢や竹島、北方領土問題などで韓国、ロシアにどう対処するかが最大の課題となっている。

 ≪憲法改正で先頭に立て≫

 そのための「強い日本」を構築していくことこそが安倍氏の歴史的使命である。党の総力を挙げ、処方箋をまとめてほしい。

 安倍氏はこれまで、国のかたちを決める憲法改正や教育改革などを持論としてきた。領土・主権を守ることを最優先し、集団的自衛権の行使容認で日米同盟を深化させることを訴え続けた。今後は実行力が問われる。

 永住外国人への地方参政権付与や人権救済機関設置法案について、安倍氏がはっきりと反対姿勢を示した点も重要だ。民主党が日本の主権や言論の自由を侵害しかねない政策を実現しようとしていることへの危機感が、安倍氏を後押しした面もあろう。

 安倍氏は社会保障・税一体改革をめぐる民主、自民、公明の3党合意を「公党間の約束」として維持する考えを会見で述べた。だが、論戦においてはデフレが続いている限り、消費税率は引き上げるべきでないと主張していた。

 日本経済にとってデフレ脱却は最優先課題であり、日銀との政策協調を進めることも重要だ。

 しかし、日本の財政はデフレ脱却の遅れを理由に、いたずらに消費税増税を先延ばしすることが許される状況ではない。むしろ予定通り、平成26年4月に消費税率引き上げを実施すべく、そのためのデフレ克服の目標時期を定めることなどが求められる。

 少子高齢化に耐えうる社会保障制度の構築も、新総裁に課せられる最重要課題の一つだ。消費税増税が決まったとはいえ、高齢者を含め支払い能力に応じて負担する仕組みに改めなければ、制度は早晩、維持できなくなる。

 社会保障については政局と切り離して、超党派で議論すべきだ。安倍氏はまず、高齢化によって膨らむ年金や医療、介護費用をどう抑制するのか具体策を示し、「社会保障制度改革国民会議」の発足を急がせなくてはならない。

 野田佳彦政権は「2030年代に原発稼働ゼロ」の環境・エネルギー戦略を掲げたが、原発ゼロでは産業空洞化が加速し国力の低下を招く。安倍氏は野田政権に原発ゼロ政策の早期撤回を促し、安価で安定的な電力を確保するために着実な原発再稼働が不可欠との立場をはっきりさせるべきだ。

 ≪古い自民党には戻すな≫

 自民党は3年前に下野した。なぜそうなったかという「反省」を、今後に生かさなくてはならない。安倍新総裁の最初の仕事は、真に国や国民の利益を守る責任政党の姿を示し、かつての自民党ではないことを国民に理解してもらうことである。

 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を通じた自由貿易体制の拡大は日本経済の成長にもつながるが、自民党は慎重だ。その背景には、農業関係団体に対する配慮がうかがえる。選挙を考え特定業界と通じているとみられるようでは、「古い自民党」との印象が拭えないだろう。

 衆院解散問題への対応も難問だ。解散の先延ばしを図っているとしかいえない野田首相に対し、安倍氏は「近いうち」の解散という国民との約束の履行を強く求めていかねばならない。

 その一方で、国民の生活に影響が出かねない特例公債法案などにどう対処するかが問われる。双方の折り合いをつける「紳士協定」をどう整えるのか、安倍氏の手腕の見せどころだ。

 「脱派閥」を掲げた石破茂前政調会長が地方票で過半数を獲得し、1回目投票でトップに立った意味は小さくない。派閥の影響力の残る党体質の改革が急がれる。安倍氏は「石破氏と協力していくことで、自民党は強力な態勢をとっていける」と述べた。懸案を着実に解決できる党人事を行うことが重要だ。



<参照終わり>

安倍新総裁のこれからの道は茨の道となるだろう
先の首相時代同様あらゆる勢力(特にサヨク系メディア・新聞・テレビ)によるパッシングも強くなるだろう
だけどそうした勢力がパッシングや工作をかけてくることは逆に安倍晋総理の行うことが日本のためになるという証左

<以下参照>

【自民総裁選】
挫折経験を胸に、茨の道に切り込む新総裁
2012.9.27 00:57 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120927/stt12092701010007-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120927/stt12092701010007-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120927/stt12092701010007-n3.htm

政治 自民党総裁選 新総裁に決まった安倍晋三 =26日午後、永田町の自民党本部(大里直也撮影)
 事実上、次の首相を選ぶとされた自民党総裁選を制した安倍晋三新総裁だが、前途は必ずしも平(へい)坦(たん)ではなく、むしろ遠く険しいいばらの道だ。首相在任時にやり残した「宿題」を片付けるためには、まずは政権を奪還しなければならない。高い理想と保守的理念に反発し、足を引っ張ろうとする勢力も待ち受ける。首相辞任後の5年間、「挫折を含めさまざまなことを学んできた」という安倍氏の真価が問われる。

 「政権奪還は決して私たちのためでも自民党のためでもない。まさに日本を取り戻す。日本人が日本に生まれたことを幸せと感じ、子供たちが誇りを持てる日本を作っていくためだ」

 安倍氏は新総裁就任のあいさつでこう強調した。総裁選への出馬で、「政権をほうり出したひ弱な政治家」などと多方面から誹(ひ)謗(ぼう)中傷の矢が飛んでくるのは分かっていた。それでも、国難を迎えた時代には自身が先頭に立つしかないと覚悟を決めたのだろう。

 憲法改正、集団的自衛権の行使容認、教員組合活動の適正化、公務員制度を含む行政改革、道州制を前提とした地方分権の推進…など、安倍氏が総裁選で掲げた目標や政策の多くは首相時代に着手したものの未完成となったテーマだ。

 また、根拠もなく慰安婦募集の強制性を認めた「河野談話」の見直しや靖国神社への参拝など、総裁選の論戦の中で明らかにした方針も注目を集めている。

 どれも日本が戦後の占領体制から決別し、独立国として生存していくための当たり前の施策だが、首相時代には反対勢力のすさまじい攻撃を浴びた。その急先鋒(せんぽう)の朝日新聞は、総裁選告示前の7日付の社説で、早くも安倍氏の歴史認識に関して「首相再登板をねらう政治家として、思慮にかける」「一国の政治指導者として不適格だ」などと牽(けん)制(せい)球を投げている。

 安倍氏の在任中、メディアは「消えた年金問題」や「政治家の事務所費問題」について大々的に報じて責任を追及した。ところが、安倍氏が退陣すると、新たに同様の問題が発覚してもほとんど取り上げられなくなったのは記憶に新しい。

 教育基本法改正、防衛庁の「省」昇格、国民投票法成立など、安倍氏がリーダーシップを発揮して成し遂げた歴史的成果は少なくない。だが、それを正当に評価する声は、反対勢力による批判の大合唱の前にかき消されていった。

 「われわれは安倍さんを単騎駆けさせ、討ち死にさせてしまった」

 安倍氏が病を得て辞任した際、側近議員の一人はこんな反省の弁を述べた。霞が関の高官は「(当時)53歳の安倍さんは若さゆえに嫉妬の対象となり、支えるべき自民党側も『お手並み拝見』という態度だった」と語っていた。

 安倍氏は今後、過去の経験に学び脱皮した姿を見せる必要があるだろう。一方、党側は決選投票まで行って選んだ新総裁を、今度こそ「単騎駆け」させずにきちんと支えていくべきなのは言うまでもない。



<参照終わり>

安倍新総裁の言う「戦後レジュームからの脱却」・戦後日本にはびこるサヨク思想に似非平和主義から脱却し
中国・韓国などの反日国に対して毅然たる対応の取れる普通の国家になるためにも頑張って欲しい。

日本のサヨクメディアや中国・韓国などはしきりに日本の「右傾化」というけれど・・・
今までが左に傾きすぎていただけで、自分からすればまだ右に傾いてすらないと思うのだが。


<以下参照>

「右傾化」→「普通の国家並み」 米メディア、尖閣対立で日本側対応分析
2012.9.26 11:29 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120926/amr12092611290003-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120926/amr12092611290003-n2.htm

 【ワシントン=古森義久】米国メディアが日中の尖閣諸島をめぐる対立での日本側の対応の分析を頻繁に報じるようになった。中国への強固な態度を集団的自衛権の解禁や憲法改正への動きと結びつけ「右傾化」と単純に決めつける向きが一部にある一方、日本がついに他の国家並みになってきたとする見方が多い点で、解釈は客観的になったともいえそうだ。

 尖閣問題を機とする日本の変化については、ワシントン・ポスト(21日付)の「日本が右寄りのシフト」という見出しの東京発の長文記事が目立った。「(日本が)中国のために外交、軍事のスタンスが強硬にも」という副見出しをつけ、野田首相をタカ派と呼び中国への強い態度を「右寄り」と評しつつも「日本はこれまで世界一の消極平和主義の国だったのがやっと(他国並みの)中道地点へと向かうようになったのだ」と強調した。

 さらに、日本の憲法や集団的自衛権の禁止が世界でも異端であることを説明し「これまでは中国との対決や摩擦を避ける一方だったが、日本国民はその方法ではうまくいかないことがわかったのだ」とも論じた。

 同紙は22日付でも「アジアの好戦的愛国主義者たち=中国と日本の政治家はナショナリズムに迎合する」という見出しの一見、日本の動きにも批判的にみえる論文を載せた。だが内容はほとんどが中国政治指導層への非難で、「日本の政治家も中国の暴徒扇動には温和な対応をみせたが、なお政治的な計算は忘れなかった」とする程度だった。

 AP通信は24日、東京発の「日本の次期政権ではナショナリズムが高まり、中国との緊迫が強まる」という見出しで、自民党総裁候補の安倍晋三氏や石破茂氏が対中姿勢を強くしていることをやや批判的に伝え、日中関係がさらに悪化する見通しを強調。しかし、同時に「日本国民全体が特に民族主義的になっているわけではない」と付記した。

 ニューヨーク・タイムズ(23日付)は「中日両国のナショナリストたちがこの領土紛争を利用している」という見出しをつけた。しかし内容は、中国側が官民で民族主義を高め日本糾弾を強めているのに対し、日本側は「第二次大戦以来の平和主義傾向のため対決を避ける様子だったが、中国側の激しい野望がそれを変えてしまった」とし、日本の対中姿勢も自衛上、やむをえずとの見方を示した。



<参照終わり>

ただ、日本を今だ縛る似非平和主義憲法を日本に押し付けたのは米国であるということは忘れるわけには行かない。


中国最新鋭空母ワリヤーグ 24bc  あたご 16s - コピー - コピー

 中国期待?の航空母艦の名前が判明しました・・「遼寧」だそうです
ただ、自分個人の意見としてはこの空母は性能もそうなのだがまだ日本の脅威にはならないと思う
まあ訓練用?という用途も然ることながら、まず載せるべき艦載機とパイロットの育成が出来ていないし、簡単にできるものでもない
また、一部報道で指摘されている艦載機射出用のカタパルトや着艦用のワイヤーの問題等構造出来な問題もある、
そして空母1隻を常時稼動状態にするには最低3席の空母が必要と言われてるが

航空母艦 - Wikipedia 

空母の現況と将来

空母に限らず軍艦を運用する場合、整備や訓練などを行う必要もあるため、常時1隻以上を稼動状態にするには最低3隻程度は必要であり、その意味で空母を常時運用できる国は限定される。また、空母は軽空母サイズでも他の艦船に比べ運用には費用がかかるため、他の艦船の稼働率に影響を与える場合もある。



数が揃い有効に運用できるようになるまで(できるのか?)まだまだ時間はかかるだろう
日本はこの時間を有効に利用し、尖閣の自衛隊配置はもとより、日本も出来る限り早急に空母を配備し中国の侵略的野心を阻止できるよう防衛力増強を急ぐべきだ。


<以下参照>

中国初の空母は「遼寧」
MSN産経フォト 2012.09.26
http://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/data/2012/09/0926aircraftcarrier/

【北京共同】中国国防省は25日、ウクライナから購入し、中国遼寧省大連で改修してきた空母について「遼寧」と命名し、海軍部隊に配備したと発表した。これにより中国海軍は正式に空母を装備したことになる。配属先は明らかにしていないが、山東省青島を拠点とする北海艦隊ではないかとの観測が出ている。


25日、中国の大連港に停泊する「遼寧」で行われた記念式典(ロイター)
25日、中国の大連港に停泊する「遼寧」で行われた記念式典(ロイター)

 10月1日の国慶節(建国記念日)や近く開かれる共産党大会を控え、国威を揚する狙いがある。中国は沖縄県・尖閣諸島を国有化した日本に強く反発しており、対日圧力に利用する意図もありそうだ。

 新華社電によると、「遼寧」の停泊している大連港では25日、記念式典が開かれ、胡錦濤国家主席や温家宝首相が出席した。


24日、中国の大連港に停泊する「遼寧」(AP)
24日、中国の大連港に停泊する「遼寧」(AP)

 式典で温首相は祝辞を読み上げ「国防力と総合国力を増強し、民族精神や愛国の情熱を奮い立たせるのに大きな意義がある」と強調。空母保有国となった中国は遠洋戦力の増強を図る構えで、今後、アジア太平洋重視に転じた米国との摩擦が増える可能性がある。

 中国軍で「遼寧」は科学研究・試験と訓練用と位置付けられている。中国は現在、上海の造船所で2隻の国産空母の建造準備を本格化。「遼寧」は今後、国産空母建造や艦載機の開発に使うデータ収集のほか、乗組員の訓練に使われる見通しだ。


25日、中国の大連港に停泊する「遼寧」では記念式典の準備が進んていた(ロイター)
25日、中国の大連港に停泊する「遼寧」では記念式典の準備が進んていた(ロイター)

 「遼寧」は満載排水量約6万7千トン、全長約305メートルで、戦闘機は約40機搭載可能。ウクライナ時代から「ワリャク」と呼ばれ、マカオの企業がカジノに利用するとして購入し、中国側にわたった。2005年ごろ、人民解放軍系の大連船舶重工業が改修していることが判明し、昨年8月以降、大連港を拠点に試験航行を重ねていた。

 中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は、23日に大連の造船所から中国海軍に引き渡されたと伝えたが、新華社電は正式な引き渡しは25日とした。


今年5月に公開された試験航海する「遼寧」の写真(AP)
今年5月に公開された試験航海する「遼寧」の写真(AP)


22日、中国の大連港に停泊する「遼寧」(ロイター)
22日、中国の大連港に停泊する「遼寧」(ロイター)



<参照終わり>


自分の国は自分で守ると言う強い意志を中国に対して見せなければならない

尖閣防衛 2j

尖閣防衛 領土防衛 2 j

防人たちの日本防衛の任務達成と無事なる帰還を祈りたい。



「国防動員法」「民事訴訟法第231条」日本国民の知らない中国の脅威!


自由と繁栄の弧
自由と繁栄の弧 オイルロード

中国の野望
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (3)



憲法改正or新憲法制定 平和憲法という名の非平和憲法の改正・破棄を

※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい



■憲法問題


 一応自分が考えた憲法改正案(2012年9月6日版)です
まだ全然出来上がってないし、素人考えなのですが、いろいろと現行憲法には不満や、現実に即してないところが有りつねづね憲法を変えなければと主張していた者としてどういうものがいいのかと、自分個人としてはこうしたものであったらいいなという思いで書いてみました。
現行憲法や自民党改憲案、スイス民間防衛などを参考にはしてますがそうしたものが微塵もないところもあったりします・・・。
おそらく9条教信者やサヨクなら卒倒の内容ですがこれぐらいはやらないといけないかなと思ったりもします、まあサヨクマスコミがこぞって反対してまずこのような憲法はできないでしょうけど・・・。
ちなみに第2章が○条となってないのは第1章がまだ完全に埋まってないからです。


憲法改正案 (2012年9月6日版)まだ途中~


(前文)

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首であるが、日本国の主権は天皇の名において日本国民に与えられる。
この憲法の制定にあたっては天皇より全件を与えられた日本国民の総意に基づく。


 日本国は長い歴史と伝統、文化を育み、偉大なる先人、偉人、英霊はもとより名も無き人々と、国家と国民の安寧と繁栄、五穀豊穣を日本の八百万の神々に祈ってきた天皇を中心とした国家として成り立ってきた
この日本国を守ることは今を生きる我々国民の総意であり、歴史を紡いできた先人たちとの約束である。この日本国を安定的かつ平和的に次の世代へこれを受け渡すのは今を生きるものとしての義務である。


 我々日本国民には日本国の主権者としての責任がある、時のあらゆる政の代表者、指導者を直接的にも間接的にも選ぶのは我々自身であり我が国の将来を決めるのはその時を生きる日本国民である、そのため我々日本国民は常に世界情勢、外交、安全保障、政治の流れに注意を払う努力を惜しむべきではない。

 日本国の独立・安全保障は、我々国民の国防意識と努力によって左右される、他国からの自由と独立は、我々の財産の中で最も尊いものであり、断じて、自ら努力することなく得られるものではない
自由と独立は、絶えず守らねばならない権利であり、事に望んでは言葉や文章だけの理想論ではなく、手に武器を持ち戦って、初めて得られるものである。我々日本国民はそれを認識し覚悟し、日本国に忠誠を誓い、我が国の自由と独立、国民の安全を脅かす者には断固戦うことを宣言する。



 日本国におけるあらゆる政は、国民の厳正な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の中から選ばれた国民の代表者が行使し、その福利は国民がこれを享受する。
日本国民より選ばれた国民の代表者は主権者たる国民のため、日本国の主権、国益、名誉、平和と繁栄、自由と安全を守ることを何よりも優先し、そのために責任をもって行動し、それに反すると国民が認めたときは速やかにこれを辞さなければならない、これは日本国民の代表者としての義務である。

 日本国民は歴史を紡いできた先人と、我らが子孫のために、歴史と文化を学び、常に人格を磨き、徳操をやしない、勉学に励み、心身を鍛え、社会秩序の維持を心がけ責任感を持って日本国民として世界に恥ずかしくない教養と行動力を身に付けなる努力を惜しむべきではない、そのためには教育の充実は重要でありこれに力を入れるのは日本国繁栄のため必要だが、そのためには他国または外国人、反社会的な勢力による教育への不当かつ反日的な、反社会的な介入は日本国民の総意としてこれを拒否する。

 日本国は日本国民により正当に選挙された国会における日本国民の代表者を通じて行動し、我々と我らの子孫のため、日本国と日本国民のため日本国の長い歴史と伝統、文化を守り、国内の安定、国防に励み、自由と繁栄、他国からの独立を保ち友好的な友邦との共存共栄を目指しこの憲法を制定する。



第1章 天皇

第1条

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首である。

 2:日本国民は天皇を尊重しこれを犯してはならない。

第2条

 皇位は世襲のものであって、皇室典範の定めるところにより男系男子がこれを継承する。

第3条

 宮内省を置き天皇及び皇室の諸業務の補佐及び庶務等に当たり、天皇及び皇室を守る。

 2:人事は皇族から選任し、その多くの職員は皇室関係者によって占められなければならない。

第4条

 国旗は日章旗とし、国歌は君が代とする。 

 2:日本国民は国旗及び国歌を尊重しなければならない。


第5条

 天皇はこの憲法に定める国事に関する行為を行い、国政に関する権能を有しない。

       ・
       ・
       ・
       ・
       ・


第2章 国防と安全保障

1:我が国の主権・領土・国益・国民の安全を保証するため陸・海・空その他の軍を設置する。

  附則1:我が国の陸・海・空その他の軍は軍法を制定し、刑法民法等の影響は受けない、軍に属する者は軍法に従いそれを犯したときは査問委員会及び軍法裁判所において審判を受ける。

  附則2:我が国の陸・海・空その他の軍は交戦規定を制定し交戦に際してはこれに従う。


2:日本国民は、祖国を防衛する権利及び義務を有する。

  附則1:国家のため、国民のため軍に属し戦争・紛争等により負傷せし者は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する、その命をもって国防等に寄与した者は靖国神社等における国家による慰霊の権利を有し、その遺族は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する。


3:日本の陸海空軍その他の戦力は、日本の領土・領海・領空その他日本の主権・国民・資源・権益を守る義務を有する。

  附則1:国家転覆・破壊活動・治安・秩序の破壊それに類する行為、他国による諜報・工作に加担すると司法が判断した者は守るべき国民から例外的に除外される。


4:日本国政府は外国及び国内の国家転覆・破壊勢力による諜報・工作などから我が国と国民を守るため情報防諜機関を設置し活用なければならない。

5:我が国及び国民に脅威をもたらすあらゆる戦争・紛争等における交戦権はこれを認める。

  附則1:国家間の戦争・紛争における政治的判断は内閣に委ねられ責任は内閣が負う、但し現場における緊急時の交戦権はこれを妨げない。

  附則2:我が国は世界諸国と平和と安定のため同盟国とともに、いかなる侵略行為、日本国とその友邦の自存・自衛を脅かす行為に対して戦う権利を有する。


6:領空・領海その他の侵犯及び、侵略行為、武力攻撃、テロ活動などのそれに類する緊急時における判断は交戦規定に従い各軍の現場の判断に委ねられる。

7:武力侵攻・国内紛争・テロ活動・大規模自然災害及び国会が緊急時と認めた場合、内閣は速やかに緊急事態宣言を発令し国家及び国民の安全を確保するため必要な最善の手段を取らねばならない。

8:この憲法に定められていない我が国の陸・海・空その他の軍の行動は交戦規定及び軍法に従い判断される。

  附則1:各軍の指揮は各軍の長が摂り、防衛相が統括し、最高指揮権は内閣総理大臣が有する。








戦争というとすぐにアレルギーを出す者が多いけど、自国を侵略者から守ることも戦争(祖国防衛戦争)
結局日本の防衛のためには憲法を変えて『交戦権を認めない限り』いくら軍備を増やしても根本的なところで足枷になる




★:注意とお願い★

 最近コメントをしていただけるのはありがたいのですが、コメントに名前を入れずに空欄でコメントされる方が多いです(ホストを確認すれば8割方は同一なのですが)
過去に何度かコメントしましたがコメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を(他人の振りをするのも含む)名乗る等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)




※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

コメント欄・トラックバックをご利用される方は左のプロフィール下の【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】をご一読下さい。

<注意事項>

特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、口調が喧嘩腰、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもや
営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿など
宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど
管理人が不適切と判断した場合は基本的に削除します。
コメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を名乗る(他人の振りをするのも含む)等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)
悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。
違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。



尚、コメントは全て拝読させて頂いておりますが、当方の仕事の都合等でお返事出来ない時がありますので平にご容赦下さい。

※:書き起こしについては誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので引用される場合はご注意を。

■ 追 記

民主党の深い闇


勢いで作った。印刷用PDFはこちら
拡散!菅直人・鳩山由紀夫 拉致容疑者親族周辺団体へ献金
菅首相と鳩山元首相、その他民主党議員と民主党の北朝鮮の拉致容疑者親族周辺団体への献金とつながり。
All sizes  被災地よりも韓国!野田氏、5.4兆円支援を韓国に約束!!  Flickr - Photo Sharing!
被災地よりも韓国!野田氏、5.4兆円支援を韓国に約束!!




祝!アニメ「銀魂」10月復活!
10月の再開を待ちつつ・・・


アルファポリスWeb漫画セレクション
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
長編 連載中 漫画:竿尾悟/原作:柳内たくみ

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり  第12回
http://www.alphapolis.co.jp/manga/view_manga_opening.php?manga_sele_id=138000030






さくや 02 小さくや 02 せりふ 小

ランキング用


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

尖閣緊迫 台湾船40隻が領海侵入、海保放水で対抗…シナの意を汲んだ馬政権の日台離間の計?それとも?【主張】尖閣と台湾漁船 中国を利する攻勢許すな…平和ボケした日本人はしっかりと尖閣での出来事を見るべきだ、今まさに日本の領土の危機である。中国であろうが台湾であろうが日本の領海に侵入し、日本の領土を侵略するものを排除するこの基本原則に変わりはない。すぎやまこういち 今の日本は「日本軍vs反日軍の内戦状態」…ネットでの言論では国を憂いた「日本軍」の方がやや優勢である。今後はこうしたネット世代の台頭が日本の政治を動かし、国を変える力となると感じている。


よかったら応援クリックお願いします。

ランキング用



女性自衛官  敬礼 3




 昨日、台湾の船約40隻が日本の尖閣諸島沖で領海に侵入するという事件が起こりました

漁船 2a はてるま型巡視船 24 bs2 - コピー (2)
中国の1000隻の漁船が来ると警戒していたら海洋監視船などの公船は現れたが、その1000隻は現れなかった
そして昨日、中国からではなく台湾から来た約40隻(50隻?)の漁船に10隻の巡視船が領海に侵入しようとしてきた
平和ボケした日本人はしっかりと尖閣での出来事を見るべきだ、今まさに日本の領土の危機である呑気に芸能ニュースやクイズ・バラエティ番組ばかり見ている場合じゃない・・・自分はそう思う。

<以下参照>

尖閣緊迫 台湾船40隻が領海侵入、海保放水で対抗
2012.09.25 MSN産経フォト
http://photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/2012/09/0925fisherboat/

 領海に侵入したうえ、海上保安庁の巡視船に放水する台湾の巡視船(下)=25日午前、沖縄県の尖閣諸島沖
領海に侵入したうえ、海上保安庁の巡視船に放水する台湾の巡視船(下)=25日午前、沖縄県の尖閣諸島沖

 尖閣諸島(沖縄県)周辺の日本の接続水域で25日午前、台湾漁船約50隻が、台湾の海岸巡防署の巡視船10隻とともに航行しているのが確認され、第11管区海上保安本部(那覇市)によると、午前7時40分から漁船約40隻と、巡視船8隻が相次いで領海に侵入した。尖閣国有化後、台湾船団による抗議活動や領海侵入は初めて。さらに台湾漁船約10隻も魚釣島に向け領海外を航行しており、海上保安庁で警戒を強めている。

 海保によると、25日午前6時ごろ、尖閣諸島・西南西の日本の接続水域周辺で約50隻の台湾漁船を巡視船が確認。「魚釣島の防衛を誓う」「生活のために漁業権を守る」などとする横断幕を掲げているという。

 海保は巡視船に装備された放水銃を使用し、漁船に向かって放水規制を実施。海保関係者は「漁民にけがを負わせるようなことはできないが、島への上陸を許すような事態だけは避けたい」と強調した。


沖縄県・尖閣諸島周辺の日本の領海に侵入した台湾の巡視船(上)をけん制する海上保安庁の巡視船)=25日午前
沖縄県・尖閣諸島周辺の日本の領海に侵入した台湾の巡視船(上)をけん制する海上保安庁の巡視船)=25日午前

沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領海で入り乱れる台湾船と海上保安庁の巡視船=25日午前
沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領海で入り乱れる台湾船と海上保安庁の巡視船=25日午前

沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領海で入り乱れる台湾船と海上保安庁の巡視船。後方は魚釣島=25日午前
沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領海で入り乱れる台湾船と海上保安庁の巡視船。後方は魚釣島=25日午前

 海上保安官に離島上での逮捕権を与える改正海上保安庁法が25日施行され、海保の警察権が、海上だけでなく離島の陸上にも拡大した。海保幹部は「改正法により、上陸した者がいても対処はできる」と話した。

 11管本部によると、台湾巡視船10隻も周辺を航行し、領海に入らないように警告する海上保安庁の巡視船に対し、「ここはわれわれの領海で正当な業務だ」などと中国語で応答したという。

 台湾巡視船「和星101」など計8隻と台湾漁船40隻は25日午前7時40分から同8時45分ごろにかけ、魚釣島西南西22キロの領海内に次々と侵入。11管本部の巡視船が電光掲示板などを使い、領海外に退去するように求めている。

 一方、尖閣周辺海域に展開を続ける中国公船は25日午前も、中国国家海洋局所属の海洋監視船「海監」4隻と農業省漁業局所属の漁業監視船「漁政」6隻の計10隻がとどまり続け、日本の接続水域への出入りを繰り返している。

               ◇

 沖縄県石垣市の尖閣諸島周辺の海に25日、台湾の船が大挙して押し寄せた。中国船に加え、台湾の漁船や巡視船による相次ぐ領海侵入。地元では困惑が広がった。一方、藤村修官房長官は、窓口機関である交流協会などを通じ、台湾側に抗議したと明らかにした。

 11管本部によると、午前6時、尖閣諸島沖には、約13キロの幅に漁船が散らばっていた。多くが台湾の旗を掲げ、魚釣島について「台湾のものだ」「防衛を誓う」と書かれた横断幕も。現場海域は波が高く操舵が難しい状況だが、漁船団は真っすぐ魚釣島の方角に向かった。

 藤村氏は25日午前の会見で、「良好な日台関係の中で解決すべきだというのが日本側の姿勢だ。冷静に対応したい」と強調したが、地元の不安は高まる一方だ。

 石垣市の漁業、比嘉康雅さん(55)は「普通は(多くの船が)一緒になって同じところで漁をやらない。意図的に領有権を主張するために来ているのは明らかだ」と指摘。石垣市の慶田城用武さん(69)は「エスカレートして、衝突などが起きなければいいが…」と話した。

 海保は巡視船に装備された放水銃を使用し、漁船に向かって放水規制を実施。海保関係者は「漁民にけがをさせるようなことはできないが、島への上陸を許すような事態だけは避けたい」と強調した。

 海上保安官に離島上での逮捕権を与える改正海上保安庁法が25日施行され、海保の警察権が、海上だけでなく離島の陸上にも拡大した。海保幹部は「改正法により、上陸した者がいても対処はできる」と話した。


               ◇

 尖閣諸島(沖縄県)沖の領海に侵入した台湾の漁船団は25日午前、針路を変え、領海外に退去した。11管本部によると、漁船約40隻は退去したが、台湾の巡視船の一部はまだ領海内にとどまっているという。

 ★ 各写真はクリックすると拡大します ★


沖縄県・尖閣諸島周辺の日本の領海に侵入した台湾漁船に放水する海上保安庁の巡視船(左下)。左上は台湾の巡視船=25日午前
沖縄県・尖閣諸島周辺の日本の領海に侵入した台湾漁船に放水する海上保安庁の巡視船(左下)。左上は台湾の巡視船=25日午前


<参照終わり>

普段台湾は親日的な国であり、先の震災において最も多くの義援金を日本に送ってくれたのはほかならない台湾である
また台湾の李登輝元総統「尖閣は日本の領土」というちゃんとした物の見方、発言のできる人物

李登輝氏「尖閣は日本の領土」…中国で改めて非難の声
サーチナ 2012/04/25(水) 10:42
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0425&f=politics_0425_010.shtml

 中国大陸では、「尖閣諸島は日本の領土」との持論をしばしば表明する台湾の李登輝元総統に対する批判・非難が高まった。台湾当局(中華民国政府)も尖閣諸島の領有権を主張しているが、李元総統は特に中国大陸を「中華帝国覇権主義の領土観」、「美人を見れば他人の妻でも自分の妻と主張するようなもの」などと批判している。石原慎太郎都知事が都による尖閣諸島購入を表明したことで、中国では同諸島に対する関心が改めて高まった。

-以下略-



しかし、馬英九政権に台湾がなって以降明らかにおかしくなりつつある
今回の台湾の漁船と巡視船・・明らかにどこかの国の手法を真似ているというか、どう考えても支那共産党に利する行為にしかなっていないように思う。
つまるところが日台離間・・離間計

離間計 - Wikipedia 

離間計(りかんのけい)は、対象の仲を裂くことで状況を打破する戦術。

敵対する親子・兄弟・君臣・同盟といった関係の弱点を密かに突いたり、結びつく要因(人・物・利害)を悟られないように利用したりして心理戦を仕掛けることで、対象となる関係を内部から崩し、漁夫の利を得ようとするものである。

反間計と混同されることがあるが、それぞれ異なる計略である。古今東西で用いられる。
使用例 小説『三国演義』ではたびたび登場する計略である。 後漢の司徒王允は美人計と併せること(連環計)で、董卓と呂布を仲違いさせるに成功、呂布を味方に引き入れ、董卓を討ち果たした。
劉備と呂布がいる徐州の攻略を目論む曹操に、荀彧は両者の仲を裂く方法として「二虎競食の計」、「駆虎呑狼の計」を献策している。
諸葛亮は征蜀の際、張魯のもとにいた馬超に李恢を派遣し、張魯との関係を絶たせた。また、南蛮平定の際には高定、雍闓、朱褒らに用いて仲を裂いた。さらに北伐に際して、魏の姜維と馬遵らに用いて、疑われた姜維を蜀軍に寝返らせた。

『三国志』において、賈詡は、馬超・韓遂の連合軍に苦戦する曹操に両者を仲違いさせることを進言し、馬超と韓遂を不和にさせ、連合軍を撃破することに成功した(潼関の戦い)。なお、『三国演義』において馬超は先述の通り、諸葛亮による離間計にもかかっている。
呉の丁奉は、晋の石苞に偽りの手紙を送ることで、武帝の信頼を失わせ失脚させた。
越の范蠡は、呉を支える伍子胥を亡き者にするため、彼の政敵であった伯嚭に賄賂工作で呉王夫差に讒言を吹きこませ、伍子胥を自害に追い込ませた。



絶えず権力闘争に明け暮れる中国本土の支那共産党の好きそうな計略だとは思わないだろうか?

ただ、これがシナ共産党の工作であろうと、そうでなかろうと、中国であろうが台湾であろうが日本の領海に侵入し、日本の領土を侵略するものを排除する
この基本原則に変わりはない、それだけは日本国民は認識すべきだと思う。


尖閣防衛 2j


<以下参照>

【主張】
尖閣と台湾漁船 中国を利する攻勢許すな
2012.9.26 03:08 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120926/plc12092603080005-n1.htm

 中国公船の出現が常態化している沖縄県・尖閣諸島周辺の海域に台湾の漁船群が押し寄せ、約40隻が海上保安庁に相当する海岸巡防署の巡視船12隻とともに一時日本領海に侵入した。

 一部漁船や巡視船は尖閣から約5・6キロまで接近した。台湾側の違法かつ無謀な行為であり、許されない。海上保安庁の巡視船が警告し、放水などで進路を変えさせたのは当然だ。

 台湾は日本の尖閣国有化を「不法占拠」(楊進添外交部長)と抗議する一方、馬英九総統が尖閣問題では中国側と連携しないとし一線を画す立場を表明している。

 だが、中国外務省は「台湾漁船群の行為は正当」とすばやく反応した。台湾公船が率いる漁船群の日本領海侵入は問題を複雑化させ、対日攻勢を強める中国を利することにもなる。

 台湾の尖閣領有の主張は中国と同様、国連機関の調査で付近の海底に大量の石油資源埋蔵の可能性が判明した昭和43年以降だ。法的、歴史的な根拠は全くない。

 ただ、台湾漁船側の主張には、耳を傾けざるを得ない側面もなくはない。尖閣周辺が台湾の伝統的漁場で、漁民の生活にかかわる問題である点だ。

 日中間の漁業協定では、中国が領有権を主張する尖閣諸島の日本領海外の海域に「暫定措置水域」を設け、双方は相手国の漁船に対して自国の法令を適用しない。これに対し、日台間には漁業協定がない。そのため、台湾漁船が日本の排他的経済水域(EEZ)内で操業すれば摘発され、台湾側は問題視してきた。

 領土と主権で日本は譲歩してはならない。漁業面での取り決めに再検討の余地があるならば、日台間で交渉を再開し、操業秩序の確立を含む解決を模索すべきだ。それが日台の切り離しを狙う中国の狙いを阻むことにもなる。

 2期目に入った馬総統は対中融和政策を維持しているが、安全保障に関しては日米同盟支持の立場だ。日本メディアに対し、「日米安保条約があってこそ台湾を含む東アジアが安定する」と強調したこともあった。この発言に矛盾しない自制を強く求めたい。

 日台間の往来者数は昨年約250万人に上り、今年はそれを大きく上回る勢いだ。これまでに積み上げてきた良好な関係を壊さない知恵が必要である。



<参照終わり>

今、日本の外の敵は誰が見ても中国・韓国(北朝鮮)ロシアだが

アジアの脅威 支那(中国)!2011

内なる敵は民主党に

民主党の支持関係団体

日本の左翼メディアである

今、その反日メディアと国思う者との戦いが国内で繰り広げられている・・・一体どれぐらいの日本国民がそのことを自覚しているだろうか?

<以下参照>

すぎやまこういち 今の日本は「日本軍vs反日軍の内戦状態」
2012.09.25 16:00 NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20120925_144970.html

 80歳以上限定のオピニオン企画「言わずに死ねるか!」は『週刊ポスト』の名物特集。今回は「ドラゴンクエストシリーズ」等の作曲家として知られるすぎやまこういち氏(81)が、中国・韓国との領土問題に対する政府の対応に苦言を呈する。氏によれば、今の日本は“内戦状態”にあるという。以下、氏の提言と分析である。

 * * *
 この夏、国中を騒がせた尖閣諸島や竹島を巡る中国・韓国との領土問題に関して、政府の対応には憤りを覚える。香港の活動家たちが尖閣諸島・魚釣島に不法上陸した事件では、彼らを逮捕したものの、結局は強制送還して穏便に済ませてしまった。

 こうした対応は世界の“常識”から外れている。どこの国でも領土を侵略されれば、とにかく取り戻しにいく。話し合いで聞かなければ軍事行動に出る。国際法では、領海侵犯され、警告に従わない場合の射撃は認められているからだ。

 例えば韓国政府は、領海侵犯した中国漁船に対して発砲を許可している。人口2万人に過ぎないパラオ共和国ですら、自国の軍隊を持っていないが、警察行動として、中国漁船を射撃して追い払おうとした。

 しかし日本では、海上保安庁による射撃は正当防衛や緊急避難に当たる場合を除いて、原則認められていない。国力はどういう角度から見ても日本の方が強いのに、パラオでもやることをやらないのは、本当に異常なことであると思う。

 国家が国家の体をなすためには、自国の安全保障が第一であることは論を俟たない。国防がきちんとなされ、国家の安全が保たれて初めて、我々国民の生活が成り立つのだ。然るに、最近、結党された「国民の生活が第一」という党名には、椅子から転げ落ちるほど驚いた。この政党の国防意識がどの程度のものか、推して知るべしだろう。

 なぜこんな状況になっているのか。その理由について私は、今の日本国内が「日本軍vs反日軍の内戦状態」にあるからだと考えている。

 一部のメディアを中心とした「反日工作」は、着実に進んでいる。例えば、公教育の場で愛国心を育てるため、国家斉唱・国旗掲揚を行なおうとすれば、思想信条の自由を盾に、自国を愛する行為に「右翼」のレッテルを貼り付け、否定的に報じる。

「脱原発」も同様である。有効な代替エネルギー案を示さずに、その運動だけを大きく取り上げる行為は、産業立国である我が国の国力を削ぐキャンペーンだ。それに日本には、他の国では見られない、自国を貶める「反日」の政治家がいる。それも与党・民主党内に少なくないのだから、嘆かわしい限りである。


 だが、一部の輩やメディアがいくら「反日」を洗脳しようとしても、希望の光はある。それは、若い世代が新聞を読まなくなったことだ。嘆く有識者は多いが、私は逆だと思う。

 新聞やテレビといった既成メディアでは、真の「愛国者」たらんと発言すれば、「軍国主義者」や「右翼」とレッテルを貼られ、攻撃の的にされるため、怖々しか発言できない。一方、ネットでの言論では国を憂いた「日本軍」の方がやや優勢である。今後はこうしたネット世代の台頭が日本の政治を動かし、国を変える力となると感じている。

●すぎやま・こういち/1931年、東京都生まれ。東京大学卒。『亜麻色の髪の乙女』『君だけに愛を』『学生街の喫茶店』など多数のヒット曲を手がける。ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズの全作曲も担当している

※週刊ポスト2012年10月5日号



<参照終わり>



日本の左翼メディアの代名詞、朝日新聞に毎日新聞・・・
普段反日的なことを書き連ね、時には根拠の曖昧なことを書いて国内外に向け反日を煽る
そのくせ中国韓国が失態をするとどういう訳か日本に対してたしなめるようなことを書く
自分はこういう奇麗事を吐いて他国に利する行為ばかりするメデイアを軽蔑する。


<以下参照>

社説:日中経済関係 より深め対立抑えよう
毎日新聞 2012年09月26日 02時31分
http://mainichi.jp/opinion/news/20120926k0000m070120000c2.html

 韓国も加えた日中韓の自由貿易協定(FTA)締結に向け、今こそ交渉を加速させることである。欧州統合の例をそのまま東アジアに持ち込むことは無理だとしても、モノの流れの自由化を手始めに、ヒト、カネの動きをもっと活発化させ、国境の壁をより低くすることだ。

 特に日本は、中国や韓国企業による投資をもっと積極的に受け入れるべきだろう。中国企業の対日投資額は日本企業による対中投資額の100分の1以下(11年)しかない。それでも中国企業進出の話が出ると「乗っ取られる」と過剰反応するきらいがある。日本のためにならない。

 一方、日本企業は今後予想される中国のさまざまな変化を念頭に、戦略を練り直す必要もありそうだ。

 中国国内では、反日とは別に、賃金や労働環境への不満を背景とした争議が増えている。高成長の持続、潤沢な安い労働力、といった従来の想定を修正する時にきている。中国一極集中ではなく、日本、極東ロシア、南アジアまで含めた広範な「アジア」の中で展開を考えていくことがより重要になろう。

 長期的な視野を持ち、新たな危機を封じこめる知恵と対話が日中に求められている。そのためにも、まず両国にしっかりとした基盤の政権が築かれなければならない。



<参照終わり>

 権力や社会の動向を監視し、警鐘を鳴らす木鐸の役目を果たすことがジャーナリズムの存在意義であるとマスコミ人は主張する。確かに徹頭徹尾、傍観者に徹し、自分達も含めてすべてを批判する報道姿勢を貫くならば、社会にとって有益であると認めることもできる。だが近年のマスコミは、何が良いことで何が悪いことかを自分勝手に判断してそれを大衆に押し付けようとしている。『批判』の範囲を超え、政治的な意図を含ませた偏向報道を行って、自分に都合が良いように国民の意識を誘導しようとする姿をあからさまにし始めたのだ。
 
-中略-

 つまり、マスコミがしていることは報道ではなく自分達にとって都合の良いムードを作り上げるための宣伝で、そしてその行動は不思議な事に日本を敵視し、批判する海外勢力や機関の活動とベクトルを一致させているのである。

(ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり -5冥門編- P358より)



民間防衛より

民間防衛 スイス政府編

P232~233より一部引用

引用開始。

外国の宣伝の力

 国民をして戦うことをあきらめさせれば、その抵抗を打ち破ることが出来る。
 軍は、飛行機、装甲車、訓練された軍隊を持っているが、こんなものはすべて役に立たないということを、一国の国民に納得させることができれば、火器の訓練を経ることなくして打ち破ることができる・・・。
 このことは、巧妙な宣伝の結果、可能となるのである。

 敗北主義-それは猫なで声で最も崇高な感情に訴える。-諸民族の間の協力、世界平和への献身、愛のある秩序の確立、相互扶助-
戦争、破壊、殺戮の恐怖・・・。
 そしてその結論は、時代遅れの軍事防衛は放棄しよう、ということになる。
 新聞は、崇高な人道的感情によって勇気づけられた記事を書き立てる。
 学校は、諸民族との間の友情を重んずべきことを教える。
 教会は、福音書の慈愛を説く。
 この宣伝は、最も尊ぶべき心の動きを利用して、最も陰険な意図のため役立たせる。

不意を打たれぬようにしよう

 このような敵の欺瞞行為をあばく必用がある。
 スイスは、征服の野心をいささかも抱いていない。何国をも攻撃しようとは思っていない。望んでいるのは平和である。
 しかしながら、世界の現状では、平和を守り続けるためには、また、他国に対する奉仕をしながら現在の状態を維持するためには、軍隊によって自国の安全を確保するほかないと、スイスは信ずる。

 近代兵器を備えた大国に立ち向かうことはわれわれにはできないという人々にたいして、われわれは、こう答えよう。-経験は、その逆を証明している、と。

引用終わり。



日本の未来・・・
自民党の総裁選、そして次の衆議院選で国民が誰を選ぶかで決まると思います。

自分は主張を聞く限り安倍晋三元首相推しである。






自分の国は自分で守ると言う強い意志を中国にも台湾に対しても見せなければならない

尖閣防衛 領土防衛 2

防人たちの日本防衛の任務達成と無事なる帰還を祈りたい。


尖閣諸島は日本固有の領土である!


尖閣諸島が中国領ではない5つの理由

http://youtu.be/05x4iciT_z8
『尖閣諸島が中国領でない5つの理由』

1. 国際法は、1971年まで日本の尖閣諸島の領有に一度も抗議を行わなかった中国の権原を認めない。

2. 尖閣諸島を発見したのは中国人ではなく琉球人である。

3. 中国が尖閣諸島を実効支配した歴史的事実は存在しない。

4. 林子平の『琉球三省並三十六島之図』(1786)は、当時の日本が尖閣諸島を中国領と認めた根拠にはならない。

5. 尖閣諸島がかつて中国領であった歴史的事実が存在しない以上、カイロ宣言は尖閣諸島と無関係である。


結論:中国による尖閣諸島の領有権の主張は、中国の帝国主義以外の何ものでもない。

英語版/English Version
http://www.youtube.com/watch?v=gnlr_OBN2uw

参考文献・サイト
外務省
http://www.mofa.go.jp/region/asia-pac...

尖閣諸島の領有権問題
http://senkakujapan.nobody.jp/

制作: WJFプロジェクト
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/




「国防動員法」「民事訴訟法第231条」日本国民の知らない中国の脅威!


自由と繁栄の弧
自由と繁栄の弧 オイルロード

中国の野望
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (3)



憲法改正or新憲法制定 平和憲法という名の非平和憲法の改正・破棄を

※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい



■憲法問題


 一応自分が考えた憲法改正案(2012年9月6日版)です
まだ全然出来上がってないし、素人考えなのですが、いろいろと現行憲法には不満や、現実に即してないところが有りつねづね憲法を変えなければと主張していた者としてどういうものがいいのかと、自分個人としてはこうしたものであったらいいなという思いで書いてみました。
現行憲法や自民党改憲案、スイス民間防衛などを参考にはしてますがそうしたものが微塵もないところもあったりします・・・。
おそらく9条教信者やサヨクなら卒倒の内容ですがこれぐらいはやらないといけないかなと思ったりもします、まあサヨクマスコミがこぞって反対してまずこのような憲法はできないでしょうけど・・・。
ちなみに第2章が○条となってないのは第1章がまだ完全に埋まってないからです。


憲法改正案 (2012年9月6日版)まだ途中~


(前文)

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首であるが、日本国の主権は天皇の名において日本国民に与えられる。
この憲法の制定にあたっては天皇より全件を与えられた日本国民の総意に基づく。


 日本国は長い歴史と伝統、文化を育み、偉大なる先人、偉人、英霊はもとより名も無き人々と、国家と国民の安寧と繁栄、五穀豊穣を日本の八百万の神々に祈ってきた天皇を中心とした国家として成り立ってきた
この日本国を守ることは今を生きる我々国民の総意であり、歴史を紡いできた先人たちとの約束である。この日本国を安定的かつ平和的に次の世代へこれを受け渡すのは今を生きるものとしての義務である。


 我々日本国民には日本国の主権者としての責任がある、時のあらゆる政の代表者、指導者を直接的にも間接的にも選ぶのは我々自身であり我が国の将来を決めるのはその時を生きる日本国民である、そのため我々日本国民は常に世界情勢、外交、安全保障、政治の流れに注意を払う努力を惜しむべきではない。

 日本国の独立・安全保障は、我々国民の国防意識と努力によって左右される、他国からの自由と独立は、我々の財産の中で最も尊いものであり、断じて、自ら努力することなく得られるものではない
自由と独立は、絶えず守らねばならない権利であり、事に望んでは言葉や文章だけの理想論ではなく、手に武器を持ち戦って、初めて得られるものである。我々日本国民はそれを認識し覚悟し、日本国に忠誠を誓い、我が国の自由と独立、国民の安全を脅かす者には断固戦うことを宣言する。



 日本国におけるあらゆる政は、国民の厳正な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の中から選ばれた国民の代表者が行使し、その福利は国民がこれを享受する。
日本国民より選ばれた国民の代表者は主権者たる国民のため、日本国の主権、国益、名誉、平和と繁栄、自由と安全を守ることを何よりも優先し、そのために責任をもって行動し、それに反すると国民が認めたときは速やかにこれを辞さなければならない、これは日本国民の代表者としての義務である。

 日本国民は歴史を紡いできた先人と、我らが子孫のために、歴史と文化を学び、常に人格を磨き、徳操をやしない、勉学に励み、心身を鍛え、社会秩序の維持を心がけ責任感を持って日本国民として世界に恥ずかしくない教養と行動力を身に付けなる努力を惜しむべきではない、そのためには教育の充実は重要でありこれに力を入れるのは日本国繁栄のため必要だが、そのためには他国または外国人、反社会的な勢力による教育への不当かつ反日的な、反社会的な介入は日本国民の総意としてこれを拒否する。

 日本国は日本国民により正当に選挙された国会における日本国民の代表者を通じて行動し、我々と我らの子孫のため、日本国と日本国民のため日本国の長い歴史と伝統、文化を守り、国内の安定、国防に励み、自由と繁栄、他国からの独立を保ち友好的な友邦との共存共栄を目指しこの憲法を制定する。



第1章 天皇

第1条

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首である。

 2:日本国民は天皇を尊重しこれを犯してはならない。

第2条

 皇位は世襲のものであって、皇室典範の定めるところにより男系男子がこれを継承する。

第3条

 宮内省を置き天皇及び皇室の諸業務の補佐及び庶務等に当たり、天皇及び皇室を守る。

 2:人事は皇族から選任し、その多くの職員は皇室関係者によって占められなければならない。

第4条

 国旗は日章旗とし、国歌は君が代とする。 

 2:日本国民は国旗及び国歌を尊重しなければならない。


第5条

 天皇はこの憲法に定める国事に関する行為を行い、国政に関する権能を有しない。

       ・
       ・
       ・
       ・
       ・


第2章 国防と安全保障

1:我が国の主権・領土・国益・国民の安全を保証するため陸・海・空その他の軍を設置する。

  附則1:我が国の陸・海・空その他の軍は軍法を制定し、刑法民法等の影響は受けない、軍に属する者は軍法に従いそれを犯したときは査問委員会及び軍法裁判所において審判を受ける。

  附則2:我が国の陸・海・空その他の軍は交戦規定を制定し交戦に際してはこれに従う。


2:日本国民は、祖国を防衛する権利及び義務を有する。

  附則1:国家のため、国民のため軍に属し戦争・紛争等により負傷せし者は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する、その命をもって国防等に寄与した者は靖国神社等における国家による慰霊の権利を有し、その遺族は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する。


3:日本の陸海空軍その他の戦力は、日本の領土・領海・領空その他日本の主権・国民・資源・権益を守る義務を有する。

  附則1:国家転覆・破壊活動・治安・秩序の破壊それに類する行為、他国による諜報・工作に加担すると司法が判断した者は守るべき国民から例外的に除外される。


4:日本国政府は外国及び国内の国家転覆・破壊勢力による諜報・工作などから我が国と国民を守るため情報防諜機関を設置し活用なければならない。

5:我が国及び国民に脅威をもたらすあらゆる戦争・紛争等における交戦権はこれを認める。

  附則1:国家間の戦争・紛争における政治的判断は内閣に委ねられ責任は内閣が負う、但し現場における緊急時の交戦権はこれを妨げない。

  附則2:我が国は世界諸国と平和と安定のため同盟国とともに、いかなる侵略行為、日本国とその友邦の自存・自衛を脅かす行為に対して戦う権利を有する。


6:領空・領海その他の侵犯及び、侵略行為、武力攻撃、テロ活動などのそれに類する緊急時における判断は交戦規定に従い各軍の現場の判断に委ねられる。

7:武力侵攻・国内紛争・テロ活動・大規模自然災害及び国会が緊急時と認めた場合、内閣は速やかに緊急事態宣言を発令し国家及び国民の安全を確保するため必要な最善の手段を取らねばならない。

8:この憲法に定められていない我が国の陸・海・空その他の軍の行動は交戦規定及び軍法に従い判断される。

  附則1:各軍の指揮は各軍の長が摂り、防衛相が統括し、最高指揮権は内閣総理大臣が有する。








戦争というとすぐにアレルギーを出す者が多いけど、自国を侵略者から守ることも戦争(祖国防衛戦争)
結局日本の防衛のためには憲法を変えて『交戦権を認めない限り』いくら軍備を増やしても根本的なところで足枷になる




★:注意とお願い★

 最近コメントをしていただけるのはありがたいのですが、コメントに名前を入れずに空欄でコメントされる方が多いです(ホストを確認すれば8割方は同一なのですが)
過去に何度かコメントしましたがコメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を(他人の振りをするのも含む)名乗る等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)




※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

コメント欄・トラックバックをご利用される方は左のプロフィール下の【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】をご一読下さい。

<注意事項>

特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、口調が喧嘩腰、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもや
営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿など
宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど
管理人が不適切と判断した場合は基本的に削除します。
コメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を名乗る(他人の振りをするのも含む)等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)
悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。
違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。



尚、コメントは全て拝読させて頂いておりますが、当方の仕事の都合等でお返事出来ない時がありますので平にご容赦下さい。

※:書き起こしについては誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので引用される場合はご注意を。

■ 追 記

民主党の深い闇


勢いで作った。印刷用PDFはこちら
拡散!菅直人・鳩山由紀夫 拉致容疑者親族周辺団体へ献金
菅首相と鳩山元首相、その他民主党議員と民主党の北朝鮮の拉致容疑者親族周辺団体への献金とつながり。
All sizes  被災地よりも韓国!野田氏、5.4兆円支援を韓国に約束!!  Flickr - Photo Sharing!
被災地よりも韓国!野田氏、5.4兆円支援を韓国に約束!!




祝!アニメ「銀魂」10月復活!
10月の再開を待ちつつ・・・


アルファポリスWeb漫画セレクション
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
長編 連載中 漫画:竿尾悟/原作:柳内たくみ

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり  第12回
http://www.alphapolis.co.jp/manga/view_manga_opening.php?manga_sele_id=138000030






さくや 07 セリフ付

ランキング用



テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

【主張】中国の尖閣攻勢 怯まずに対抗措置強めよ …戦後の竹島・尖閣における韓国や中国に対する日本外交の歴史を振り返ればいかに綺麗事の平和主義外交が無力であったかわかるはず。【尖閣国有化】中国 鳩山氏や真紀子氏ら招待 友好団体会長など15人 …日本より中国の媚中政治家を選挙で落とすことが我々日本国民にできる国防。【竹島・旭日旗】韓国が自衛艦寄港を拒否 26日からPSI訓練 日本側「極めて非礼」…米 最近の日韓関係に「韓国何してる」との思い強いと外交筋【先人達は偉大なり】今こそ「脱亜論」の精神が必要なのでは


よかったら応援クリックお願いします。

ランキング用



女性自衛官  敬礼 3




 昨日コメントくださった皆様、本当にありがとうございます。
なかなかコメントは出来ていませんが皆様の声が励みになります。
書き起こしの方は当面終了ということですが、ブログの更新はできれば続けていければと思いますがまだはっきりどうするかは決まってません。

さて、相変わらずやりたい放題の中国・韓国・・・
これも事実の未確認のままの宮沢談話・河野談話・村山談話・・これを見直し破棄しそして新たな談話を出すこともなく、そして民主党へ政権交代後、特に酷くなった事なかれ主義・弱腰外交によるものですが
もういい加減毅然たる態度で事実でないことは認めない、日本の領土は日本の領土、自分の国は自分たちで守る(法整備や防衛力の増強)という日本の主張をすべき時だと思う。


昨日のTVタックルを見ていても共産党の議員の発言などを聞いていたら相変わらず一体どこの国の政治家なのかわからない発言を繰り返していたが
戦争は外交の延長線上であり
軍事力を理解しないと外交もできないし
ましてや軍事力のない外交はほとんど無力・・・


それは戦後の竹島・尖閣における韓国や中国に対する日本外交の歴史を振り返ればいかに綺麗事の平和主義外交が無力であったかわかるはず・・・
対話の通じない相手もいる
脅しをかけてくる相手もいる

いい加減日本国民は気づくべきだ・・自分はそう思う。


尖閣防衛 2j


<以下参照>

【主張】
中国の尖閣攻勢 怯まずに対抗措置強めよ
2012.9.25 03:06 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120925/plc12092503070003-n1.htm

 中国の対日交流団体の「中日友好協会」が、27日に北京で予定されていた日中国交正常化40周年記念式典の「中止」を通告してきた。

 中国側は、日本政府による沖縄県・尖閣諸島の国有化を中止理由としている。数日前まで「予定通り」だったはずの式典の一方的中止通告は非礼と言うほかない。日本政府は揺さぶりに慌てる必要はあるまい。


 重要なことは、尖閣をめぐって中国側が繰り出す数々の対日攻勢を冷静に分析し、はね返すしたたかな姿勢を貫くことだ。

 尖閣周辺では連日のように中国公船が出現している。24日にも海洋監視船2隻と漁業監視船2隻が領海内に侵入した。

 中国公船は「中国領海における通常業務だ」などと主張し、接続水域内で操業中の中国や台湾の漁船を取り締まるなど「主権行使」を既成事実化する動きも目立つ。外務省はその都度抗議をしているが、中国側の侵犯は常態化している。日本が対抗措置をとらないことにつけ込んでいる。

 尖閣を管轄する第11管区海上保安本部(那覇市)を海上保安庁挙げて応援する態勢をとっているにしても、1000トン以上の大型巡視船が計51隻という現体制で十分に対応できるのか、詳細な点検が必要だ。

 海保の警察権を離島の陸上にも拡大する改正海上保安庁法が25日に施行される。しかし、武装した漁船が数百隻単位で襲来した場合は海保だけでは対応できない。

 軍事的威嚇もある。中国海軍が尖閣諸島の北方海域にフリゲート艦2隻を展開した。23日にはウクライナから購入し改修と試験航行を続けてきた中国初の空母の海軍への引き渡し式も行われた。

 日本政府はこうした露骨な中国の圧力に怯(ひる)まず、粛々と尖閣の守りを固めるべきだ。

 自衛隊法に基づく海上警備行動を想定するのはもちろん、領海侵犯した外国公船を強制的に排除するための法整備は最低限の準備である。

 陸上自衛隊と米海兵隊が米領グアム島で実施している離島防衛のための共同訓練は、米国が尖閣を「日米安保条約の適用範囲」と明言したこともあり、中国への大きな抑止力として評価できる。

 それでも、領土防衛について日本自身による毅然(きぜん)とした意思表明と具体的行動が先だ。



<参照終わり>

はてるま型巡視船 24 bs2 - コピー (2)

交渉のチャンネルを開いておくことは大事ではあるけれど、鳩山由紀夫元首相、田中真紀子元外相など媚中議員たち
今まで媚中外交はやってきたけど日本の国益、国土防衛のために何か役に立ったことがあっただろうか?

鳩山元首相に至っては過去に「日本列島は日本人だけの所有物じゃないんですから」とのたまう始末
普天間問題をこじらせ日米同名に亀裂を入れ、そのくせ首相辞任後も日本外交をかき混ぜているのが鳩山元首相
以下の記事をみるにこの緊張した状況下で中国が与し易しと考えている議員が誰なのか如実に分かる
どう考えても日本よりも中国の国益を考えて行動してんじゃないのかと思える政治家を選挙で落とすことも我々日本国民にできる国防ではないだろうか?


<以下参照>

【尖閣国有化】
中国 鳩山氏や真紀子氏ら招待 友好団体会長など15人
2012.9.24 22:39 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120924/stt12092422430013-n1.htm

 日中関係筋によると、在日中国大使館は24日、日中国交正常化40周年に合わせ、日中友好7団体の会長や鳩山由紀夫元首相、田中真紀子元外相ら約15人を中国に招待することを明らかにした。中国の要人が27日、北京で招待客と会談する意向という。

 中国側は23日、40周年を記念する今年のメーンイベントとして27日に計画されていた大規模な記念レセプションの中止を日本側に伝えたが、友好団体会長らとの小規模な会談だけは実施することにした。

 日中関係筋によると、中国大使館は24日、都内で招待客を招いた食事会を開催。「日中友好議員連盟」会長の高村正彦元外相や「日中友好協会」会長の加藤紘一自民党元幹事長らが出席。その場で中国側は7団体の会長のほかに、田中元外相ら「中国の友人」を招くと伝えたという。

 日本側と会談する中国要人が誰かは明らかにしていない。(共同)



<参照終わり>


自分の国は自分で守ると言う強い意志を中国に対して見せなければならない

尖閣防衛 領土防衛 2

防人たちの日本防衛の任務達成と無事なる帰還を祈りたい。

尖閣諸島は日本固有の領土である!


自由と繁栄の弧
自由と繁栄の弧 オイルロード

中国の野望
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (3)


あたご 16s - コピー

 さて、中国の次に来る反日国といえば韓国
昨日のタックルを見ていたらその韓国の領土教育への熱心さは見習うべきかもしれないがそのやり方は・内容は見習うべきじゃないなあ・・・というか気持ち悪かったというのが感想だろうか
特に、(根拠のない)竹島は韓国領だという主張・教育はしているのに国際司法裁判所に日本側が提訴しているのに韓国が断っていることを韓国の学生に質問すると
「政治的なことはよくわかりませんしそれぞれの国の立場もあると思います」
「法的な問題について私が意見を言えるたちばじゃありません」

と、なぜか答えをはぐらかして逃げていた・・
江川達也氏の言うように
「国際司法裁判所の問題は調べてないわけね?」
というのよくわかりやすかった
というか、都合の悪いことは教えてないか・論点すり替えて逃げる
さらにそこに韓国の場合は意味不明な根拠で居丈高な態度で日本に接する・・・
ほんといいかげんにしろと言いたい。


<以下参照>

韓国が自衛艦寄港を拒否 26日からPSI訓練 日本側「極めて非礼」
2012.9.25 01:48 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120925/kor12092502220000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120925/kor12092502220000-n2.htm

 【ソウル=黒田勝弘】韓国南部海域で近く実施される大量破壊兵器拡散防止構想(PSI)訓練の際、韓国が予定されていた日本の自衛艦の釜山港寄港を拒否したことが24日、分かった。日韓関係悪化に伴う国内的配慮とみられるが、日本側は「多国間訓練の主催国としてきわめて非礼」(ソウルの日本大使館筋)と不快感を隠していない。

 今回の訓練は日韓米豪の4カ国が参加し26、27日、釜山沖で行われる。

 日本からは海上自衛隊の護衛艦1隻とP3C哨戒機1機などが参加するが、韓国側は直前になって当初、予定にあった護衛艦の釜山寄港を断ってきた。

 関係筋によると、日本側は強く抗議したが、韓国側は「諸般の事情」を理由にOKせず一時は日本不参加の可能性もあった。結局、米国の取りなしで自衛艦の釜山寄港が必要ないよう訓練のシナリオを修正し、実施にこぎつけたという。

PSI訓練は核やミサイルなど大量破壊兵器拡散防止のため、疑惑船舶に対し空海一体で捜索、検挙、制圧の訓練を行うもの。韓国での実施は2010年に次いで2回目だが、前回は自衛艦の寄港は行われている。

 韓国軍は近年、竹島(韓国名・独島)について軍事的に「独島守護」を強調するなど反日世論を意識した動きが目立つ。またサッカーなどで日本の応援団の「旭日旗」を軍国主義復活と非難する声が多く、「旭日旗を艦旗にした自衛艦の寄港に過剰に敏感になったのでは」(同筋)との見方もある。



<参照終わり>

こんなことしてたらそりゃアメリカにだってお荷物扱いされるだろう・・・


<以下参照>

米 最近の日韓関係に「韓国何してる」との思い強いと外交筋
2012.09.24 16:00 NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20120924_144476.html

 韓国は今年に入って竹島について日本を挑発し、やりたい放題を続けてきた。その韓国にアメリカはいま、「一体何をやっているのか」と厳しい目を向けているという。以下、産気新聞ソウル駐在特別記者、黒田勝弘氏の解説だ。

 * * *
 韓国の「国防白書」は2年おきに発行される。2008年版では表紙にカラー写真で竹島周辺を遊弋(ゆうよく)する大型強襲揚陸艦「独島(ドクト)」の勇姿(?)が登場した。本文でも海軍艦隊による「独島防護訓練」の様子と、島上空を哨戒飛行する空軍のF16編隊の姿が紹介されている。

 まるで韓国軍の“仮想敵”は日本であるかのような雰囲気だった。典型的な大衆迎合のポピュリズムだ。「こんなに日本の方ばかり向いていて大丈夫かしら?」と心配だったが、案の定、2010年の3月と11月、北朝鮮の軍事挑発を受けひどい目に遭った。

 いずれもソウル北西の海の南北境界線付近だったが、白ニョン島(ペニョンド)沖で夜間パトロール中の哨戒艦が北の魚雷攻撃で撃沈され、さらに延坪島には白昼、ロケット砲と長距離砲が撃ち込まれ町が炎上している。

「それみたことか!」「韓国安保はいったいどこを向いていたのか?」と、韓国軍は内外から厳しい批判にさらされた。迂遠な「独島防護」に血道をあげる一方で、北からの奇襲攻撃にはまともに対抗もできない体たらくだったからだ。


 その結果か、2010年版の「国防白書」の表紙から「独島」は消えた。「主敵(韓国軍では仮想敵をそういっている)は日本などでなくやはり北朝鮮」――しこたま北朝鮮にやられてみて、韓国軍も正気を取り戻したかにみえた。

 これまでの慣例だとこの年末に2012年版が出る予定だが、さてどうなるか。どうも雲行きが怪しい。またぞろ「独島」が大きく登場しそうだ。李明博大統領の「史上初の独島訪問」とそれに対する日本の反発・対抗措置で、反日世論に「独島死守ムード」が高まっているからだ。

 韓国は1950年代初めから竹島占拠を続け、これまであらゆることをやってきた。何もなかった岩山の島に武装警備隊(警察)駐屯からヘリポート、砲台、レーダーサイト、埠頭など各種施設の建設、メディアや閣僚をはじめ要人の往来、各種イベントの開催……。

 今年は8月までにすでに14万人以上もの韓国国民が島を訪れている。これでもか、これでもかのやりたい放題を続けてきた。領土紛争ではいわば“挑発”の限りを尽くしてきた。あと残るは大統領上陸と軍隊(海兵隊)の派遣だけといわれてきた。今回、その一つの大統領上陸をやってしまったわけだが、実はもう一つの“海兵隊派遣”もついでにやろうとした。

 これまで定期的にやってきた「独島防護訓練」が9月7日に実施されたが、当初、軍は海兵隊上陸作戦演習を敢行しようとした。大型ヘリ2機で1個中隊、約100人を空から投入、仮想侵入者を制圧するという訓練だった。

 ところが直前になって大統領官邸の政治判断で海兵隊上陸演習だけは中止となった。大統領の竹島上陸以降、日本側での予想外の激高ぶりに驚き、これ以上の刺激は控えたというわけだ。

 韓国をためらわせた背景には、米国の“たしなめ”があったというのがソウル外交筋のもっぱらの観測だ。米韓連合軍体制で有事の作戦統制権を握っている米国は、軍事問題では韓国にモノいえる立場にある。

 米国には最近の日韓関係について「韓国はいったい何をやっているんだ! どこを向いているんだ!」との思いが強いという(ソウルの外交筋)。権力移行期ですべてが不透明な北朝鮮、軍事的膨張を続ける中国……米国にとって李明博大統領の“独島・愛国パフォーマンス”など、不要不急のまったく余計な行動というわけだ。

 哨戒艦撃沈・延坪島砲撃から2年。“懲りない韓国”がまたまた「独島・反日」で視野狭窄に陥っている。となると今度も北朝鮮に軍事挑発してもらうしかないか。


※SAPIO2012年10月3・10日号



<参照終わり>

こうして見ると、今こそ「脱亜論」の精神が必要なのではと思う。

福沢諭吉 「脱亜論」 (1885年3月16日 時事新報)

日本の不幸は中国と朝鮮だ。 この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、
もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、 日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。

情報がこれほど早く行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、
過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。
国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。
もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。

「東アジア共同体」の一員として その繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。
日本は、大陸や半島との関係を絶ち、 欧米と共に進まなければならない。 
ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。
この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。

悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。
私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである。



こうして見ると、先人達は偉大なり・・・

そう思うのは自分だけだろうか?




憲法改正or新憲法制定 平和憲法という名の非平和憲法の改正・破棄を

※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい



■憲法問題


 一応自分が考えた憲法改正案(2012年9月6日版)です
まだ全然出来上がってないし、素人考えなのですが、いろいろと現行憲法には不満や、現実に即してないところが有りつねづね憲法を変えなければと主張していた者としてどういうものがいいのかと、自分個人としてはこうしたものであったらいいなという思いで書いてみました。
現行憲法や自民党改憲案、スイス民間防衛などを参考にはしてますがそうしたものが微塵もないところもあったりします・・・。
おそらく9条教信者やサヨクなら卒倒の内容ですがこれぐらいはやらないといけないかなと思ったりもします、まあサヨクマスコミがこぞって反対してまずこのような憲法はできないでしょうけど・・・。
ちなみに第2章が○条となってないのは第1章がまだ完全に埋まってないからです。


憲法改正案 (2012年9月6日版)まだ途中~


(前文)

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首であるが、日本国の主権は天皇の名において日本国民に与えられる。
この憲法の制定にあたっては天皇より全件を与えられた日本国民の総意に基づく。


 日本国は長い歴史と伝統、文化を育み、偉大なる先人、偉人、英霊はもとより名も無き人々と、国家と国民の安寧と繁栄、五穀豊穣を日本の八百万の神々に祈ってきた天皇を中心とした国家として成り立ってきた
この日本国を守ることは今を生きる我々国民の総意であり、歴史を紡いできた先人たちとの約束である。この日本国を安定的かつ平和的に次の世代へこれを受け渡すのは今を生きるものとしての義務である。


 我々日本国民には日本国の主権者としての責任がある、時のあらゆる政の代表者、指導者を直接的にも間接的にも選ぶのは我々自身であり我が国の将来を決めるのはその時を生きる日本国民である、そのため我々日本国民は常に世界情勢、外交、安全保障、政治の流れに注意を払う努力を惜しむべきではない。

 日本国の独立・安全保障は、我々国民の国防意識と努力によって左右される、他国からの自由と独立は、我々の財産の中で最も尊いものであり、断じて、自ら努力することなく得られるものではない
自由と独立は、絶えず守らねばならない権利であり、事に望んでは言葉や文章だけの理想論ではなく、手に武器を持ち戦って、初めて得られるものである。我々日本国民はそれを認識し覚悟し、日本国に忠誠を誓い、我が国の自由と独立、国民の安全を脅かす者には断固戦うことを宣言する。



 日本国におけるあらゆる政は、国民の厳正な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の中から選ばれた国民の代表者が行使し、その福利は国民がこれを享受する。
日本国民より選ばれた国民の代表者は主権者たる国民のため、日本国の主権、国益、名誉、平和と繁栄、自由と安全を守ることを何よりも優先し、そのために責任をもって行動し、それに反すると国民が認めたときは速やかにこれを辞さなければならない、これは日本国民の代表者としての義務である。

 日本国民は歴史を紡いできた先人と、我らが子孫のために、歴史と文化を学び、常に人格を磨き、徳操をやしない、勉学に励み、心身を鍛え、社会秩序の維持を心がけ責任感を持って日本国民として世界に恥ずかしくない教養と行動力を身に付けなる努力を惜しむべきではない、そのためには教育の充実は重要でありこれに力を入れるのは日本国繁栄のため必要だが、そのためには他国または外国人、反社会的な勢力による教育への不当かつ反日的な、反社会的な介入は日本国民の総意としてこれを拒否する。

 日本国は日本国民により正当に選挙された国会における日本国民の代表者を通じて行動し、我々と我らの子孫のため、日本国と日本国民のため日本国の長い歴史と伝統、文化を守り、国内の安定、国防に励み、自由と繁栄、他国からの独立を保ち友好的な友邦との共存共栄を目指しこの憲法を制定する。



第1章 天皇

第1条

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首である。

 2:日本国民は天皇を尊重しこれを犯してはならない。

第2条

 皇位は世襲のものであって、皇室典範の定めるところにより男系男子がこれを継承する。

第3条

 宮内省を置き天皇及び皇室の諸業務の補佐及び庶務等に当たり、天皇及び皇室を守る。

 2:人事は皇族から選任し、その多くの職員は皇室関係者によって占められなければならない。

第4条

 国旗は日章旗とし、国歌は君が代とする。 

 2:日本国民は国旗及び国歌を尊重しなければならない。


第5条

 天皇はこの憲法に定める国事に関する行為を行い、国政に関する権能を有しない。

       ・
       ・
       ・
       ・
       ・


第2章 国防と安全保障

1:我が国の主権・領土・国益・国民の安全を保証するため陸・海・空その他の軍を設置する。

  附則1:我が国の陸・海・空その他の軍は軍法を制定し、刑法民法等の影響は受けない、軍に属する者は軍法に従いそれを犯したときは査問委員会及び軍法裁判所において審判を受ける。

  附則2:我が国の陸・海・空その他の軍は交戦規定を制定し交戦に際してはこれに従う。


2:日本国民は、祖国を防衛する権利及び義務を有する。

  附則1:国家のため、国民のため軍に属し戦争・紛争等により負傷せし者は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する、その命をもって国防等に寄与した者は靖国神社等における国家による慰霊の権利を有し、その遺族は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する。


3:日本の陸海空軍その他の戦力は、日本の領土・領海・領空その他日本の主権・国民・資源・権益を守る義務を有する。

  附則1:国家転覆・破壊活動・治安・秩序の破壊それに類する行為、他国による諜報・工作に加担すると司法が判断した者は守るべき国民から例外的に除外される。


4:日本国政府は外国及び国内の国家転覆・破壊勢力による諜報・工作などから我が国と国民を守るため情報防諜機関を設置し活用なければならない。

5:我が国及び国民に脅威をもたらすあらゆる戦争・紛争等における交戦権はこれを認める。

  附則1:国家間の戦争・紛争における政治的判断は内閣に委ねられ責任は内閣が負う、但し現場における緊急時の交戦権はこれを妨げない。

  附則2:我が国は世界諸国と平和と安定のため同盟国とともに、いかなる侵略行為、日本国とその友邦の自存・自衛を脅かす行為に対して戦う権利を有する。


6:領空・領海その他の侵犯及び、侵略行為、武力攻撃、テロ活動などのそれに類する緊急時における判断は交戦規定に従い各軍の現場の判断に委ねられる。

7:武力侵攻・国内紛争・テロ活動・大規模自然災害及び国会が緊急時と認めた場合、内閣は速やかに緊急事態宣言を発令し国家及び国民の安全を確保するため必要な最善の手段を取らねばならない。

8:この憲法に定められていない我が国の陸・海・空その他の軍の行動は交戦規定及び軍法に従い判断される。

  附則1:各軍の指揮は各軍の長が摂り、防衛相が統括し、最高指揮権は内閣総理大臣が有する。








戦争というとすぐにアレルギーを出す者が多いけど、自国を侵略者から守ることも戦争(祖国防衛戦争)
結局日本の防衛のためには憲法を変えて『交戦権を認めない限り』いくら軍備を増やしても根本的なところで足枷になる




★:注意とお願い★

 最近コメントをしていただけるのはありがたいのですが、コメントに名前を入れずに空欄でコメントされる方が多いです(ホストを確認すれば8割方は同一なのですが)
過去に何度かコメントしましたがコメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を(他人の振りをするのも含む)名乗る等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)




※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

コメント欄・トラックバックをご利用される方は左のプロフィール下の【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】をご一読下さい。

<注意事項>

特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、口調が喧嘩腰、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもや
営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿など
宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど
管理人が不適切と判断した場合は基本的に削除します。
コメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を名乗る(他人の振りをするのも含む)等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)
悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。
違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。



尚、コメントは全て拝読させて頂いておりますが、当方の仕事の都合等でお返事出来ない時がありますので平にご容赦下さい。

※:書き起こしについては誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので引用される場合はご注意を。

■ 追 記

民主党の深い闇


勢いで作った。印刷用PDFはこちら
拡散!菅直人・鳩山由紀夫 拉致容疑者親族周辺団体へ献金
菅首相と鳩山元首相、その他民主党議員と民主党の北朝鮮の拉致容疑者親族周辺団体への献金とつながり。
All sizes  被災地よりも韓国!野田氏、5.4兆円支援を韓国に約束!!  Flickr - Photo Sharing!
被災地よりも韓国!野田氏、5.4兆円支援を韓国に約束!!




祝!アニメ「銀魂」10月復活!
10月の再開を待ちつつ・・・


アルファポリスWeb漫画セレクション
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
長編 連載中 漫画:竿尾悟/原作:柳内たくみ

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり  第12回
http://www.alphapolis.co.jp/manga/view_manga_opening.php?manga_sele_id=138000030






さくや 07 セリフ付

ランキング用


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

たかじんのそこまで言って委員会「「総力スペシャル!90分すべて中国問題」 中国人よ、目を覚ませ!“矛盾"だらけの反日行動&日本人よ、目を覚ませ!このまま黙っていていいのか?」中国の暗黒の近現代史と日本の政治家たちが行ってきた事なかれ主義・弱腰外交そしてマスコミの誤報に自虐教育等々【動画と一部書き起こし】


よかったら応援クリックお願いします。

ランキング用



女性自衛官  敬礼 3



 今回は昨日2012年9月23日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」より

2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 00
今回は非常に中身の濃い内容だったと思います、パネラーの議論や出てくる情報もいいものがあったし聞くべきものがあった(田嶋さん除く)と思うけれど
特に良かったのは中国の暗黒の近現代史と日本の政治家たちが行ってきた事なかれ主義・弱腰外交そしてマスコミの誤報に自虐教育等々のVTR
非常によくわかりやすくまとめられていたと思います。
一応感想の部分も含めて(感想は間に少し入れてみました)気になったところを書き起こしてみました
非常に長いですけど平にご容赦・・・

■追 記

今回をもちまして当ブログでの書き起こしについてはいろいろと思うところもあり終了としたいと思います
まあぶっちゃけ書き起こしに使う時間と労力と気力が取りづらいというのが大きいのかもしれませんが・・・

ともき 小

今後の更新についても未定でとりあえず今週は続けますが来月はどうするのかは今週中に決めたいと思います。


<参考動画>


2012-9.23 たかじんのそこまで言って委員会-1 投稿者 kigurumiutyuujin


2012-9.23 たかじんのそこまで言って委員会-2 投稿者 kigurumiutyuujin


たかじんのそこまで言って委員会
2012年9月23日(日) 13時30分~15時00分 の放送内容

出演者
辛坊治郎 津川雅彦 田嶋陽子 飯島勲 加藤清隆 勝谷誠彦 宮崎哲弥 竹田恒泰 桂ざこば

ゲスト
石平(評論家) 一色正春(元海上保安官)

番組内容
「総力スペシャル!90分すべて中国問題」 中国人よ、目を覚ませ!“矛盾"だらけの反日行動&日本人よ、目を覚ませ!このまま黙っていていいのか? ▽今、中国人民に教えてあげたいこと ▽今、中国共産党指導部に指導しなければならいこと ▽今、日本に教えなければならいこと





2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 01
「日本政府が、沖縄尖閣諸島を国有化したことに」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 02
「中国政府は猛反発」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 03
「主権領土問題で中国政府・国民は
半歩たりとも絶対に譲歩しない」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 04
「温家宝首相のその言葉通り
中国政府は尖閣諸島の接続水域に多くの海洋監視船を送り」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 05
2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 06
「中国国民は各地で反日デモを引き起こし
日本人への暴行、日本車の破壊、日本料理店への襲撃
果ては日系スーパーでの略奪行為



2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 07
「中国政府は尖閣の国有化に対して
日本が独断専行を続けるなら
それによって生じる一切のツケは
日本側が責任を負うしかない

との声明を発表しているが」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 08
「これが、その日本のツケだとでも言うのだろうか?」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 09
「当委員会ではこれまで、尖閣諸島の領有権問題だけでなく


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 10
「東シナ海でのガス田開発」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 11
「南京大虐殺の有無や」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 12
「従軍慰安婦問題」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 13
「靖国参拝をめぐる歴史認識」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 14
「反日愛国教育」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 15
「軍拡・経済格差」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 16
「チベット・ウイグルなどの民族に対する人権弾圧等等・・・」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 17
「幾度となく中国問題を取り上げ
その徹底した批判姿勢から」



2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 18
「一部で反中番組と言われてきました」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 19
「しかし、番組開始以来ここまで日中関係がこじれたことはなく」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 20
「9月29日の日中国交正常化40周年を前に」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 21
「日中の政治、経済交流もどんどん延期、中止に追い込まれている中」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 22
「委員会がやらねば誰がやる
今回は90分まるごと中国問題」



2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 23
「題して・・日中国交正常化40周年記念
目を覚ませ中国人
自分たちのやっていることが分かっているのか?



2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 24
「目を覚ませ日本人
このまま黙っていていいのか?」



2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 25
「徹底討論
秋の中国祭り」


(※感想:嫌な祭りだ・・・)



<-OP終わり->


-中略-

2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 26
加藤清隆氏
「あのね、明治18年に福沢諭吉が脱亜論・・ていう論文を書く
亜は・・亜細亜(アジア)の亜ですね
それは、心は中国と要するに朝鮮なんですけども

日本の不幸は、中国と朝鮮半島という論文なんですね
それで、もう脱亜・・亜細亜(アジア)を出て先進国の欧米と付き合いましょうということを既に127年前に書いている。



福沢諭吉 「脱亜論」 (1885年3月16日 時事新報)

日本の不幸は中国と朝鮮だ。 この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、
もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、 日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。

情報がこれほど早く行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、
過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。
国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。
もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。

「東アジア共同体」の一員として その繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。
日本は、大陸や半島との関係を絶ち、 欧米と共に進まなければならない。 
ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。
この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。

悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。
私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである。




そして日本では報じられていない中国の反日デモでの残虐行為の一つを辛抱氏が語っていました
まさか罪のない秋田犬が虐殺されていようとは・・・




2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 27
辛坊治郎氏
「・・昨日・一昨日まで香港にいたんですよ・・
それで、地元の新聞見てて、帰ってきてこれ大きなニュースになっているだろうなと思って・・全く日本で報道されてなかったのが
あの秋田犬が殺されちゃったんですかわいそうに・・日本の犬だっつって・・酷い話でしょ
酷い話なんですよ・・それがね、だけど香港の新聞の一面に出ているんです写真入りで・・・


勝谷誠彦氏
「なんで持って帰ってこないの」

辛坊治郎氏
「写真撮って持って帰ったけどね・・」

2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 28
勝谷誠彦氏
「是非それ流して下さいよ」

辛坊治郎氏
「日本の・・だからね、ちょっと何がなんだかわかんないんです」

石平氏
「日本の秋田犬が・・香港で?」

2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 29
辛坊治郎氏
「日本の秋田犬を飼っている・・その秋田犬が殺されちゃったって」

2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 30
石平氏
「まあ・・そもそも香港人はね犬を食うんですね」

宮崎哲弥氏
「でも、それ世界的に報道されたら・・世界中の動物愛護の人たち・・・」

2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 31
勝谷誠彦氏
「それこそシーシェパードとかね、グリーンピースとかえらいことですよそりゃもう・・」

2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 32
竹田恒泰氏
「だいたいもう彼ら全然理性がないですから・・日本料理店というだけで襲撃するじゃないですか
中国にある日本料理店の7割以上はオーナーは韓国人らしいですよ
そんなんでね、だってあのサムソンだって中国人はあれ韓国の会社じゃなくて日本の会社だと思ってね・・富士山なんか使ってコマーシャルしてるから

それでサムソンがみんなボコボコにやられちゃって・・・もうなんでもいいんですよね。
だいたいあの日本車をね壊したとか言ってるけど、誰の持ち物かと・・中国人の持ち物じゃないですか・・あいつら頭悪いんじゃないかと思いますね。


※感想:秋田犬虐殺の話は日本人として腹が立つ
反日教育で日本人が嫌いだと表明するのはまだ百歩譲ってよしとしても
何の罪もない秋田犬を虐殺することに何の意味があるのか?


<これか?>

中國暴民殺秋田犬 江蕙嘆十聲
2012-9-19 自由電子報
http://www.libertytimes.com.tw/2012/new/sep/19/today-show2.htm?Slots=Show

江蕙非常愛狗,這幾天看新聞報導,竟然傳出有中國民眾因為反日本,不理智的將日本品種秋田犬給毆打至死,她忍不住在部落格發文「唉唉唉...嘆十聲」,難過的說:「狗兒,江阿姨在這給你念經了。」

傳言上海地區有民眾因釣魚台事件反日,一群民眾把秋田犬打死,江蕙看了報導心疼說:「干秋田狗兒啥事啊,就這樣把牠給殺了!這是怎麼了啊,牠招誰惹誰啦,大哭!」她另在部落格寫到:「秋田狗也被一群不理智的人給殺了,這種裂(劣)行惡跡,天啊!」

看到江蕙的文章,很多網友同感不捨,有人回應:「無知的暴民只會拿小動物開刀。」也有人氣憤說:「怎麼可以那麼殘忍?愛國總要有個幅度吧。」

(文/陳慧玲 圖/喜歡音樂)


中國暴民殺秋田犬 江蕙嘆十聲

これは韓国の反日デモで日本の国鳥たる雉を虐殺するのと同じで野蛮な行為にほかならない
普段日本でイルカがどうだ鯨がどうだと騒いでいるシーシェパードや動物愛護団体はこれこそ騒ぐべきではないのか?
まあシーシェパードなんかはただの反日テロ集団だし、守るのは海洋生物だけだとか言いそうだが・・・
中国にある日本料理店の7割以上はオーナーは韓国人・・・確かアメリカと肩の海外でも韓国人のまがい物の日本料理店があるという話を聞いたことがある
そして中国人のサムスン襲撃・・・普段日本になりすまして擦り寄ろうとするからこうなる
まあ自業自得・・・というか反日国のくせにこういう時だけ日本に紛れんなと言いたい


<参考>
『危機に瀕する日本』第1巻: 文化略奪と歴史歪曲に関する一考察
『危機に瀕する日本』第1巻  文化略奪と歴史歪曲に関する一考察



-中略-

2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 33
石平氏
「日本のマスコミは今まあ中国が・・日本に対して経済制作を加えるとかね、そういう・・騒ぎしてるんですけど
私から見ればそんなことできるはずがないんです、あの・・むしろ中国の経済も日本の経済が中国に依存している以上にね、日本の企業に依存してるんですよ。
あの雇用問題中国にとってね、失業問題命取りになるんですよ

もし日本の企業ね、明日でも全員引き上げたりすれば・・あの体制もたない・・・


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 34
竹田恒泰氏
「・・世界の中国に対する投資額が、昨年比で3%落ちてると、でも日本からの投資額が16%UPなんですよね
だから中国の経済がどんどん崩れ落ちようとしているのを日本が支えているっていう現状があるわけですね
だから本当に・・経済が冷え込んだらですね、もちろん日本もそれなりにマイナスあるでしょうけど、それ以上に中国の方が・・・


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 35
勝谷誠彦氏
「あのね、謎なのがね、なんであそこに進出すんの?って言いたいんです
20億1社で・・あれじゃないですか、被害を受けているでしょう?
でね、NHKで見てもお母さんたちが、北京のお母さんたちが子供を外で遊ばせられないと・・ねえ
で、福島のお母さんたちは子供を外で遊ばせられない・・っていうのはさんざん報道していてみんなね、放射能のことで・・・
ね、中国の場合は即座に殺されるわけかもしれないわけですよ

そんなんのもう人権問題で、よく組合が黙っているなあと思って・・連合何やってるんだと
あんなとこに労働者を置いとくなと、全員引き上げろと・・あんな国と付き合う必要はないっていえばいいじゃないですか


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 36
石平氏
「いや勝谷さんね、日本の企業がそれでね、中国に大量に進出してくことが・・一つが・・理由が、私は日本のマスコミにも責任あるんです
あのね、あの・・無闇にねなんか中国経済成長の神話はね・・あの吹聴するんです

あたかもね、(勝谷氏「さらに中国・・」)経済成長が永遠に成長していて、中国の市場永遠に大きくなる・・そういう神話を信じて出て行った人が多いと・・・。」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 37
宮崎哲弥氏
「ちょっと石平さん・・石平さんはほら経済がご専門だから・・(石平氏「いえいえまああ・・」)まああの伺いたいと思うんですけど
その・・かつてはね中国っていうのは世界の工場と・・言われて非常にこの低賃金で労働力をこの・・雇用できると・・確保できるのでいろんな日本のこの企業が行ったということがあったんですけど
既にもう賃金上がり始めてますよね、ホントはもっと違う国の方が東南アジアの国の方が良くなってる(田嶋さん「あの・・ベトナムとかいろいろ」)・・そうでしょ、そういうシフトっていうのは少なくとも日本のメディアでも報じているし、もう常識化しつつあるのに
何故未だにこう行くところがあるんですか?


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 38
石平氏
「いや、やっぱりね、みんなね中国市場の大きさね・・あのすごい多大な期待を寄せてるんですよね
工場としての中国はもう終了している事はみんな知っているんですけど、しかしその代わりにこれから中国の市場が大きくなれば・・中国市場に参入することによって・・


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 39
宮崎哲弥氏
「その市場っていうのは具体的に言うと、中国の・・(石平氏「購買力です」)購買力で、消費が増えて・・・そこが問題だと思いますね。

2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 40
石平氏
「しかし問題は・・・問題が、みんなわかってないのはね、中国の経済は決して消費の拡大で支えているんじゃなくて
あの要するに安い物作って外国に売ることによって支えているんです

これからね・・(宮崎氏「次その事を私が言いますけど・・」)これから賃金が上がってもね消費力は拡大しない
(宮崎氏「どんどんどんどん貯蓄しているだけなんですよ」)
どうしてかというと、どうしてかというとインフレですから・・・
(勝谷氏「不動産バブルだから」)
賃金がインフレに追いつかないという。


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 41
飯島勲氏
中国共産党に対する不信感っていうのはず~っと続いていた、その中でなぜ日本が2万6千社・・世界で・・の中で言っても相当な数・・比率が行っている理由は何かって
一つは鄧小平の南巡講話・・・ 
あっ、これは中国・・信用できるかなっつ感じ
その後・・さらに最後がWTOの加盟、これで世界中から企業が中国・・人件費とかいろんなん
ただ私は解せないのは、日本の企業、多分他の国もそうですが、あの・・所謂行政的な組織も、マスコミも、普通の職業の職域の企業も・・中国共産党から100人採用するつった場合、だいたい3分の1ぐらいは名簿を出されてる・・(勝谷氏「そうそうそうそう」)これ採らないと・・(勝谷氏「コネですよね」)あの仕事ができない・・進出できない
こういうことをやっててね、こういう反日デモってのは解せないね・・中国共産党。」



-中略-


■壮絶!暗黒の中国近代史!


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 42
「皆さんは中国共産党の歴史について知りたと思いませんか?」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 43
あんなむちゃくちゃなことをする国の政府の歴史など知りたくもない・・・
まあそうおっしゃらずに」


※感想:これ何回か指摘してますがパンダは中国の動物じゃなくてチベットの動物です
RIMG5184_20120924053722.jpg




2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 44
「今の中国が共産党の一党独裁であるからこそ
あんな騒動が起きていることは間違いないのですから」



2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 45
「人口13億人を抱える大国・・中国」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 46
「その中国を統治しているのが中国共産党で
党員数は8260万人



2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 47
「今年の秋、5年に1度の党大会が開かれ
現在の胡錦涛国家主席が引退



2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 48
後任に習近平氏が就任する予定になっていますが・・・」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 49
「この党大会は単なるセレモニーに過ぎず」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 50
「党の運営は党員から選ばれた中央委員会がおこない」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 51
「さらに上にある中央政治局が実権を握っていると言われています」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 52
2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 53
その中央政治局の委員は、わずか25人・・・
しかし、日常の方針を決定しているのはその中から選ばれた9人の常務委員



2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 54
「つまり・・たった9人の意思決定によって13億人の国民が動かされている


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 55
「それが今の中国の現状です」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 56
「この巨大組織、中国共産党が設立されたのは
1921年7月で」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 57
「当時の党員は全国でわずか50数人」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 58
「上海の住宅地の一角を借りて
第一回の党大会が開かれ」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 59
「代表12人が主席」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 60
「その1人が・・後に中国の指導者となる毛沢東でした」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 61
「1945年、日本が第二次世界大戦で敗北し
日本軍が中国大陸から引き上げると」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 62
「中国国内では蒋介石率いる国民党と
毛沢東率いる共産党が内戦に突入」



2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 63
「結果、共産党が勝利し
現在の中華人民共和国が建国されました」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 64
「中国が建国されると、直ちに反革命分子とされた70万人が公開処刑され


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 65
思想傾向が悪いと判断された人間は強制労働収容所送りに」

(※感想:こんな国に終戦後多くの日本兵はありもしない・やってもいない罪を認めれば許さる思想改造されているということが容易に想像に難くない
撫順戦犯管理所
中帰連(中国帰還者連絡会)

の存在と、そこで行われていたこと、そして戦後の言動を国民一人ひとりが調べるべきだと思う

中帰連・撫順戦犯管理所洗脳プロセス(南京関連)




2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 66
「建国後は指導者毛沢東によって国民が翻弄される事態が続くことに」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 67
「1958年、毛沢東は東西冷戦の中で」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 68
「アメリカに追いつこうとするソ連に習い」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 69
「イギリスに追いつけと大躍進政策を開始」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 70
「世界有数の鉄鋼生産を誇るイギリスに対抗するべく
鉄鋼の生産を拡大し、全国の農地で鉄鋼生産を義務付け」



2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 71
「その結果、農業生産が悪化
1959年には食糧不足による飢餓が始まり



2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 72
全国で4300万人~4600万人が餓死したと推定されています」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 73
「その責任を取って、毛沢東は国家主席の座を」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 74
「劉少奇に譲りましたが・・・」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 75
「1966年、学生達の間から湧き起こった体制批判を巧みに利用し」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 76
「造反・革命を奨励、毛沢東語録を振りかざした若者が革命を叫ぶ


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 77
「いわゆる文化大革命によって」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 78
「毛沢東は再び権威を取り戻し、権力闘争に勝利」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 79
「この文化大革命時代、中国の学校はほとんど全てが閉校となり


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 80
「当時の若者たちは殆ど修学の機会が与えられず
読み書きを覚えることなく成長した人も多く
その世代の人達は失われた世代とも呼ばれています」



2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 81
「権力を取り戻した毛沢東は都市部の学生たち2000万人を農村部に追いやり
実務派・知識人を一掃することに成功



2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 82
「1976年、毛沢東の死去で文化大革命は収束しましたが」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 83
「この間に、1000万人以上もの人民が処刑されたというデータも」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 84
「こうした暗黒時代を経て、新たに実権を握った鄧小平は」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 85
「発展した日本経済を見て、中国経済の立て直しを進め」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 86
「社会主義のイデオロギーにとらわれず資本主義経済を導入」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 87
政治が共産党経済は資本主義という
社会主義資本経済で中国は徐々に経済発展していくことに



2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 88
「しかし、経済が発展すると人々は政府や共産党による言論統制に不満を覚え
学生たちの間で民主化運動が始まり



2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 89
「1989年、学生たちが天安門広場に泊まり込み民主化を求める運動を行うと」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 90
「激怒した鄧小平が武力によってこれを弾圧


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 91
「いわゆる天安門事件による死者は約2000人に達したと言われています」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 92
「その後、中国政府は若者たちの民主化運動や政府批判を躱すため」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 93
「愛国教育・反日教育を徹底」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 94
「これまでも、国民の反日感情を巧みに利用して政権を維持してきました・・・しかし」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 95
今回の反日騒動はもはやデモなどと呼べるものではなく


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 96
愛国教育世代の若者による暴行・破壊・略奪


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 97
「これまで国民の強烈な義憤を理解できるとでもを容認してきた中国政府も」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 98
「ここへ来て反日デモを禁止し、完全阻止する方針を決めましたが


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99
これ以上デモが続けば貧富の差が拡大するなど市民の不満が政府に向かうことを恐れた胡錦涛指導部の判断とみられています」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99b
「いつまでも同じ手を使って政権維持を図ろうとする中国共産党・・・」

2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99c

<VTR終了>


-中略-


■日本の対応はこれでいいのでしょうか?!

2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99d
「中国各地で相次ぐ、日本企業や商店・一般法人への蛮行」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99e
「しかし日本政府はまるで自分たちで何とかしろと言わんばかりのほったらかし状態」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99f
「そもそも国家の義務とは
国民の生命と財産を守ること・・のはず」



2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99g
「その義務さえ果たさない日本政府の姿勢こそ」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99h
「まさに、長年にわたり日本の政治家たちが行ってきた
事なかれ主義・弱腰外交そのもの」



2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99h
「日本の政治家たちが行ってきた事なかれ主義・弱腰外交


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99i
「その発端は、1982年8月の宮沢談話


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99j
宮沢談話とは、当時日本政府は歴史教科書に書かれていた日本軍の侵略という記述を進出に書き換えたとして中国や韓国からの猛抗議を受けていました

(※感想:ここでの突っ込みどころは何故か韓国と同じく日本に併合されていた台湾、先の大戦で占領された東南アジアの国々などからは猛抗議が来ていないこと
そして、これはいわゆる慰安婦問題でも言えるが、反日を国是として政権を維持させ、朝日新聞や毎日新聞のようなサヨクマスコミが大好きな特亜(中国・韓国)が騒いでいるというところ



2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99k
「この抗議を受け、当時の宮沢喜一官房長官が
今後は(中国 韓国等)近隣諸国に配慮する・・・

と、発言したものです」



※感想:これが諸悪の根源宮沢談話(近隣諸国条項の本)
「今後は(中国 韓国等)近隣諸国に配慮する」となっているけれど・・・実際に配慮しているのは中国・韓国だけと言っても過言ではない





2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99l
ところがその記述を書き換えたという事実が全くなかったというのです


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99m
「実は、当時の文部省記者クラブ記者たちが嘘の情報を鵜呑みにして日本軍が河北に侵略とあった記述を進出に書き換えたと一斉に報じたのですが


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99n
これは完全な誤報で教科書は最初から進出とされていたのです


(※感想:これは慰安婦問題でも言えることだが、結局メディアが足引っ張っているというか問題の発端・・・
ええかげんにせいよと言いたい。

もしこの時期、今ほどネットの環境は整っていればあるいはこうした事態は多少は防げた可能性はあるかもしれない
少なくとも誤報だという真実の情報の拡散は出来たはず)




2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99o
「ところが、誤った報道を受け、中国・韓国の両政府が日本に猛抗議してきたのです


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99p
「この圧力に対し、当時の鈴木善幸内閣が困り果てた挙句


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99q
「中韓両政府をなだめるために
先の宮沢談話を発表したのです」



2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99r
「つまり、書き換えの事実はなかった・・・
にも関わらず中国韓国の顔色を伺い抗議に屈してしまったのです



2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99s
「以降、事あるごとに中国・韓国は歴史認識を外交カードに
反日を内政におけるガス抜きに利用するようになりました」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99t
「それなのに日本政府は宮沢談話を見直すどころか」

2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99u
「以降の政権でも踏襲」

2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99v
「その後も、正しい歴史認識をアピールすることもなく」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99w
「唯唯、中韓との軋轢を恐れ・・謝罪し続けてきたのです」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99x
「こうした日本政府の事なかれ主義
領土を巡る問題にも大きく影響してきました



2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99y
「2010年の尖閣沖漁船衝突事件での日本政府の対応を見ても明らかで」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99z
2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99za
「その積み重ねが日本固有の領土に対する中国韓国の横暴を招いていると指摘する声もあります」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99zb
「また、宮沢談話以降、日本の子供たちが学ぶ教科書は
中国や韓国を刺激しないような表現や文言に変更され続けてきました




2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99zc
「そのため、昨年までの教科書は竹島が日本固有の領土であるということさえ掲載していたものは僅かでしたが


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99zd
「ようやく今年になって竹島や尖閣諸島の現状を記す教科書が増えてきたのです


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99ze
「しかし、自虐史観に基づく反日的な記述が相変わらず残っているのも事実


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99zf
「大量虐殺があったとされる南京事件ですが」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99zg
「現在はその説も、全く根拠がないとの学説も」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99zh
「ところが、未だにいくつかの教科書では
南京大虐殺・死者20万人などと
記されているのです」


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99zi

2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99zj
「さらに、今年1月、富山で行われた日教組の全国集会では
南京戦で報道された日本軍の100人斬りを事実と断定して中学生に教えようということが報告されました」


(この時「えーっ」の声多数)


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99zk
百人斬りは当時の新聞が戦意高揚のために書いた歪曲記事であり
現在は歴史的事実して認められていません



2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99zl
日本人が日本人を虐げる
その恐ろしさについてこそ・・今の子供たちに教えなければならないのかもしれません。


(※感想:これは同感。)



2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99zm

<-VTR終了->


-中略-


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99zn
辛坊治郎氏
「あの当時って例えばま・・今と比べりゃまあ、例えば経済問題一つとったって中国の比重がず~っと低かった時代になぜあそこまであの時の政権は低姿勢だったのか?
どういう背景があったんですか?」

2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99zo
加藤清隆氏
「まあ宮沢内閣っていうか宏池会内閣はどうしても中国とか韓国・北朝鮮とかそいういうところに凄く弱い・・まさに自虐史観に基づいてる内閣なので宮沢総理も、申し訳ないけどその当時の官房長官の河野さんも、その時出された談話がことごとくですね、未確認のまま政府談話として出してしまったんですよ
これをサッサ取り消して今、安倍さんが言ってるように新しい談話を出して日本政府の正式な考えはこうですよと言えばいいんだけど・・間違ったまま踏襲されてきてるのが独り歩きして、あるいはその国連の部会であるとか、それからアメリカにおいても非難される元になってるんですね
これほとんど無実のものがほとんどなんですよ。



-中略-


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99zp
石平氏
「私はむしろ一番不思議に思ってますのは、例えばまあ・・さっき出たいろんな名前出たいろんな政治家達です
まあ具体名は僕はまあここは言わないですけど、要するに彼達はやってることからすればですよ
何かね・・日本の政治家で日本の国民の税金から給料をもらってねやっていることが日本の国益のためというよりも何か中国の国益のためにばっかりやってる

しかし問題は、そういう政治家は日本では健在である・・また選挙でまた選ばれる・・・それはどういうことですかね?


(※感想:この石平氏の意見にも同感・・・なんでこれほど売国政治家が選挙で当選してのうのうと政治家をやって日本の国益を損ねているのか・・・
よほど有権者に見る目がないのか、危機意識や国家観がないのか・・・
それともマスコミに踊らされてか・・・とにかく不思議ではある。)





2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99zq
宮崎哲弥氏
「それはね、日本の戦後の特殊性で
例えば先ほど教科書問題の時にも・・今から比べるとず~っとメディア全体が左より
この左よりの性質というのは、世界的な左とか、リベラルと違うんです

何が違うかというと、例えば韓国でね、非常に左・・反体制的な人、反体制的な人であったとしても、あるいはリベラル寄りの人だとしても愛国心ということではもう絶対負けないの
日本の左よりの人・・リベラル派の人というのはこの国の国益という事を中心に考えないことがリベラル派の象徴である・・
(勝谷氏「売国奴・・売国奴」
・・考えてる。


2012年9月23日 たかじんのそこまで言って委員会「秋の中国まつり!」 99zr
飯島勲氏
「左がかった発言するとあの人頭いいって勝手に思う国民が多かったの。」


<書きお越し終わり>


以上気になったところも含めて書き起こしてみましたがいかがだったでしょうか?

全ては最後の部分に集約されているようにも思いますが未だこの左がかった変な世界から抜け出せていない日本
安倍元総理の言う戦後レジームからの脱却がまだできていない証左でもあるのですが
とにもかくにも日教組のドンも居座る民主党政権をどうにかしないことには始まらない
日本の政治は前途多難ですが全く明るい未来がないわけではないと思うので一つ一つ問題をクリアにして日本本来のあるべき姿に立ち返り
中国韓国の言いがかりと横暴にちゃんと対処できる政権を早く作れるよう国民もちゃんと目を養うべきだと思う。

もう左より・リベラル政治家は日本には要らない!





自分の国は自分で守ると言う強い意志を中国に対して見せなければならない

尖閣防衛 領土防衛 2

防人たちの日本防衛の任務達成と無事なる帰還を祈りたい。


新報道2001 20120916 14

日本が今やるべきことは

アンカー 2012.08.22 19

尖閣諸島で日本がやるべきことは施設を建設して、自衛隊を駐留


尖閣諸島は日本固有の領土である!


尖閣諸島が中国領ではない5つの理由

http://youtu.be/05x4iciT_z8
『尖閣諸島が中国領でない5つの理由』

1. 国際法は、1971年まで日本の尖閣諸島の領有に一度も抗議を行わなかった中国の権原を認めない。

2. 尖閣諸島を発見したのは中国人ではなく琉球人である。

3. 中国が尖閣諸島を実効支配した歴史的事実は存在しない。

4. 林子平の『琉球三省並三十六島之図』(1786)は、当時の日本が尖閣諸島を中国領と認めた根拠にはならない。

5. 尖閣諸島がかつて中国領であった歴史的事実が存在しない以上、カイロ宣言は尖閣諸島と無関係である。


結論:中国による尖閣諸島の領有権の主張は、中国の帝国主義以外の何ものでもない。

英語版/English Version
http://www.youtube.com/watch?v=gnlr_OBN2uw

参考文献・サイト
外務省
http://www.mofa.go.jp/region/asia-pac...

尖閣諸島の領有権問題
http://senkakujapan.nobody.jp/

制作: WJFプロジェクト
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/




「国防動員法」「民事訴訟法第231条」日本国民の知らない中国の脅威!


自由と繁栄の弧
自由と繁栄の弧 オイルロード

中国の野望
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (3)



憲法改正or新憲法制定 平和憲法という名の非平和憲法の改正・破棄を

※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい



■憲法問題


 一応自分が考えた憲法改正案(2012年9月6日版)です
まだ全然出来上がってないし、素人考えなのですが、いろいろと現行憲法には不満や、現実に即してないところが有りつねづね憲法を変えなければと主張していた者としてどういうものがいいのかと、自分個人としてはこうしたものであったらいいなという思いで書いてみました。
現行憲法や自民党改憲案、スイス民間防衛などを参考にはしてますがそうしたものが微塵もないところもあったりします・・・。
おそらく9条教信者やサヨクなら卒倒の内容ですがこれぐらいはやらないといけないかなと思ったりもします、まあサヨクマスコミがこぞって反対してまずこのような憲法はできないでしょうけど・・・。
ちなみに第2章が○条となってないのは第1章がまだ完全に埋まってないからです。


憲法改正案 (2012年9月6日版)まだ途中~


(前文)

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首であるが、日本国の主権は天皇の名において日本国民に与えられる。
この憲法の制定にあたっては天皇より全件を与えられた日本国民の総意に基づく。


 日本国は長い歴史と伝統、文化を育み、偉大なる先人、偉人、英霊はもとより名も無き人々と、国家と国民の安寧と繁栄、五穀豊穣を日本の八百万の神々に祈ってきた天皇を中心とした国家として成り立ってきた
この日本国を守ることは今を生きる我々国民の総意であり、歴史を紡いできた先人たちとの約束である。この日本国を安定的かつ平和的に次の世代へこれを受け渡すのは今を生きるものとしての義務である。


 我々日本国民には日本国の主権者としての責任がある、時のあらゆる政の代表者、指導者を直接的にも間接的にも選ぶのは我々自身であり我が国の将来を決めるのはその時を生きる日本国民である、そのため我々日本国民は常に世界情勢、外交、安全保障、政治の流れに注意を払う努力を惜しむべきではない。

 日本国の独立・安全保障は、我々国民の国防意識と努力によって左右される、他国からの自由と独立は、我々の財産の中で最も尊いものであり、断じて、自ら努力することなく得られるものではない
自由と独立は、絶えず守らねばならない権利であり、事に望んでは言葉や文章だけの理想論ではなく、手に武器を持ち戦って、初めて得られるものである。我々日本国民はそれを認識し覚悟し、日本国に忠誠を誓い、我が国の自由と独立、国民の安全を脅かす者には断固戦うことを宣言する。



 日本国におけるあらゆる政は、国民の厳正な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の中から選ばれた国民の代表者が行使し、その福利は国民がこれを享受する。
日本国民より選ばれた国民の代表者は主権者たる国民のため、日本国の主権、国益、名誉、平和と繁栄、自由と安全を守ることを何よりも優先し、そのために責任をもって行動し、それに反すると国民が認めたときは速やかにこれを辞さなければならない、これは日本国民の代表者としての義務である。

 日本国民は歴史を紡いできた先人と、我らが子孫のために、歴史と文化を学び、常に人格を磨き、徳操をやしない、勉学に励み、心身を鍛え、社会秩序の維持を心がけ責任感を持って日本国民として世界に恥ずかしくない教養と行動力を身に付けなる努力を惜しむべきではない、そのためには教育の充実は重要でありこれに力を入れるのは日本国繁栄のため必要だが、そのためには他国または外国人、反社会的な勢力による教育への不当かつ反日的な、反社会的な介入は日本国民の総意としてこれを拒否する。

 日本国は日本国民により正当に選挙された国会における日本国民の代表者を通じて行動し、我々と我らの子孫のため、日本国と日本国民のため日本国の長い歴史と伝統、文化を守り、国内の安定、国防に励み、自由と繁栄、他国からの独立を保ち友好的な友邦との共存共栄を目指しこの憲法を制定する。



第1章 天皇

第1条

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首である。

 2:日本国民は天皇を尊重しこれを犯してはならない。

第2条

 皇位は世襲のものであって、皇室典範の定めるところにより男系男子がこれを継承する。

第3条

 宮内省を置き天皇及び皇室の諸業務の補佐及び庶務等に当たり、天皇及び皇室を守る。

 2:人事は皇族から選任し、その多くの職員は皇室関係者によって占められなければならない。

第4条

 国旗は日章旗とし、国歌は君が代とする。 

 2:日本国民は国旗及び国歌を尊重しなければならない。


第5条

 天皇はこの憲法に定める国事に関する行為を行い、国政に関する権能を有しない。

       ・
       ・
       ・
       ・
       ・


第2章 国防と安全保障

1:我が国の主権・領土・国益・国民の安全を保証するため陸・海・空その他の軍を設置する。

  附則1:我が国の陸・海・空その他の軍は軍法を制定し、刑法民法等の影響は受けない、軍に属する者は軍法に従いそれを犯したときは査問委員会及び軍法裁判所において審判を受ける。

  附則2:我が国の陸・海・空その他の軍は交戦規定を制定し交戦に際してはこれに従う。


2:日本国民は、祖国を防衛する権利及び義務を有する。

  附則1:国家のため、国民のため軍に属し戦争・紛争等により負傷せし者は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する、その命をもって国防等に寄与した者は靖国神社等における国家による慰霊の権利を有し、その遺族は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する。


3:日本の陸海空軍その他の戦力は、日本の領土・領海・領空その他日本の主権・国民・資源・権益を守る義務を有する。

  附則1:国家転覆・破壊活動・治安・秩序の破壊それに類する行為、他国による諜報・工作に加担すると司法が判断した者は守るべき国民から例外的に除外される。


4:日本国政府は外国及び国内の国家転覆・破壊勢力による諜報・工作などから我が国と国民を守るため情報防諜機関を設置し活用なければならない。

5:我が国及び国民に脅威をもたらすあらゆる戦争・紛争等における交戦権はこれを認める。

  附則1:国家間の戦争・紛争における政治的判断は内閣に委ねられ責任は内閣が負う、但し現場における緊急時の交戦権はこれを妨げない。

  附則2:我が国は世界諸国と平和と安定のため同盟国とともに、いかなる侵略行為、日本国とその友邦の自存・自衛を脅かす行為に対して戦う権利を有する。


6:領空・領海その他の侵犯及び、侵略行為、武力攻撃、テロ活動などのそれに類する緊急時における判断は交戦規定に従い各軍の現場の判断に委ねられる。

7:武力侵攻・国内紛争・テロ活動・大規模自然災害及び国会が緊急時と認めた場合、内閣は速やかに緊急事態宣言を発令し国家及び国民の安全を確保するため必要な最善の手段を取らねばならない。

8:この憲法に定められていない我が国の陸・海・空その他の軍の行動は交戦規定及び軍法に従い判断される。

  附則1:各軍の指揮は各軍の長が摂り、防衛相が統括し、最高指揮権は内閣総理大臣が有する。








戦争というとすぐにアレルギーを出す者が多いけど、自国を侵略者から守ることも戦争(祖国防衛戦争)
結局日本の防衛のためには憲法を変えて『交戦権を認めない限り』いくら軍備を増やしても根本的なところで足枷になる




★:注意とお願い★

 最近コメントをしていただけるのはありがたいのですが、コメントに名前を入れずに空欄でコメントされる方が多いです(ホストを確認すれば8割方は同一なのですが)
過去に何度かコメントしましたがコメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を(他人の振りをするのも含む)名乗る等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)




※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

コメント欄・トラックバックをご利用される方は左のプロフィール下の【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】をご一読下さい。

<注意事項>

特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、口調が喧嘩腰、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもや
営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿など
宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど
管理人が不適切と判断した場合は基本的に削除します。
コメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を名乗る(他人の振りをするのも含む)等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)
悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。
違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。



尚、コメントは全て拝読させて頂いておりますが、当方の仕事の都合等でお返事出来ない時がありますので平にご容赦下さい。

※:書き起こしについては誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので引用される場合はご注意を。

■ 追 記

民主党の深い闇


勢いで作った。印刷用PDFはこちら
拡散!菅直人・鳩山由紀夫 拉致容疑者親族周辺団体へ献金
菅首相と鳩山元首相、その他民主党議員と民主党の北朝鮮の拉致容疑者親族周辺団体への献金とつながり。
All sizes  被災地よりも韓国!野田氏、5.4兆円支援を韓国に約束!!  Flickr - Photo Sharing!
被災地よりも韓国!野田氏、5.4兆円支援を韓国に約束!!




祝!アニメ「銀魂」10月復活!
10月の再開を待ちつつ・・・


アルファポリスWeb漫画セレクション
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
長編 連載中 漫画:竿尾悟/原作:柳内たくみ

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり  第12回
http://www.alphapolis.co.jp/manga/view_manga_opening.php?manga_sele_id=138000030





さくや 07 セリフ付

ランキング用


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

野中広務氏、中国の尖閣番組で謝罪 「不幸な事件、大変申し訳ない」 …野中氏は尖閣国有化について「不幸な事件、大変申し訳ない」と謝罪しているが一体日本のどこに中国に対して日本が謝罪すべき点があるというのか?・・・反日日本人が跳梁跋扈して日本の名誉や国益を損なう現状を見ると国家侮辱罪かスパイ防止法の必要性をひしひしと感じる。【尖閣は日本領だ!】昨日放送のたかじんNOマネー


よかったら応援クリックお願いします。

ランキング用



女性自衛官  敬礼 3



 今までさんざん民主党政権・民主党の議員による売国政治・媚中弱腰外交を当ブログでも批判してきました
その中では特に外交関係を酷くしたといえば「ルーピィー」「辞めるのやめた」で公園などにいる鳩のイメージすら悪くし(鳩山元首相は鳩に謝るべき?)首相辞任後も未だにあっちこっち行っては無用な議員外交をして日本に悪影響を与えている鳩山由紀夫元首相
彼に匹敵するような外交上悪影響を与える日本人?はいないと思っていましたがまだいたようです

野中広務氏、日本人として中国人へ心から謝罪 01
元自民党議員の野中広務氏

まさに鳩山由紀夫元首相の如き人物がまだいようとは・・・しかも事もあろうに自民党政権下での元官房長官

野中氏いわく

「国のためにどうするか、国民のためにどうするか」という国家観、そして「そのために周辺国とどのように平和を守っていくか」という大局観を欠いていると批判し、「情けない、悲しい思いです」と嘆いた。



もう完全にブーメランじゃないか、まるで民主党の十八番を奪うぐらい完全に自身の発言の逆を行く売国謝罪をしている野中氏

「長い間戦争で多くの犠牲を残し、今なお傷跡が癒えていないその中国に対して、歴史を知らない若い人たちはそういうことを抜きにしてひとつの対等の国としてやっているんです。それは間違っています」



今なお傷が癒えてないのじゃなくて反日教育のおかげだろう
むしろ文化大革命の傷の方が直近で尚且つ酷いだろうに・・・

そもそも歴史問題と領土問題は別だろうに・・同列に語っている時点で間違いだ!

また、野中氏は尖閣国有化について「不幸な事件、大変申し訳ない」と謝罪しているが
一体日本のどこに中国に対して日本が謝罪すべき点があるというのか?

<以下参照>

野中広務氏、中国の尖閣番組で謝罪 「不幸な事件、大変申し訳ない」
2012/9/22 13:45 J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/2012/09/22147334.html?p=all

尖閣問題をめぐり日中の緊張が高まる中、元内閣官房長官の野中広務氏(86)が中国の国営テレビ局「中国中央電子台(CCTV)」の取材に応え、「こんな不幸な事件が起きたのは、まったく日本の人間として恥ずかしい。中国の皆さんに大変申し訳ない」と謝罪していたことが明らかになった。

野中氏は自民党幹事長などを歴任、2003年に政界を引退している。インタビューは2012年9月21日、「日本政府の不法な『尖閣購入』による中日関係亀裂 日本の元官房長官が中国にお詫び」との見出しで放映された。

「歴史を知らない若い人たち、間違ってます」

野中氏はまたインタビューの中で、現在の民主党政権、そしてかつて所属していた自民党に対して、「国のためにどうするか、国民のためにどうするか」という国家観、そして「そのために周辺国とどのように平和を守っていくか」という大局観を欠いていると批判し、「情けない、悲しい思いです」と嘆いた。日本側の歴史認識についても、

「長い間戦争で多くの犠牲を残し、今なお傷跡が癒えていないその中国に対して、歴史を知らない若い人たちはそういうことを抜きにしてひとつの対等の国としてやっているんです。それは間違っています」

と懸念を示した。

「日本政界の元老による理性ある声」と紹介

このインタビュー動画が掲載されているCCTVのウェブサイトでは野中氏を、「内閣官房長官を務めた日本政界の『元老』」と説明し、「日本政府による『尖閣購入』強行で中国関係が悪化し続ける中、日本側にも理性ある声がある」として、その「お詫び」を肯定的に紹介している。動画を見ると、野中氏が日本語で回答している内容を聞き取ることができ、字幕で意図的な意訳をしている、というわけではない。

中国の動画サイト「騰訊視頻」にも番組の動画は投稿されており、22日昼現在で再生数は140万回以上、また3000人以上が動画に「賛意」を表明する。もっともコメント欄には中国人ユーザーのものと見られる、

「釣魚島を我々に返して、それから謝罪するのが本当だろう」
「もし中国にもこういうことをする人がいたら、即売国奴扱いかな」

といった冷ややかな反応が目立った。日本のネット上でも、「勝手に何やってんだよww」「媚びてんなー」などと批判の声が多数を占めている。




<参考動画>

野中広務氏、日本人として中国人へ心から謝罪




自分は根っからの自民党支持者じゃないので悪いものは悪いと言いたい
民主党政治は確かにひどいけれどだからといって自民党政権時代に全く問題がなかったわけではない、特にあの河野談話を出した河野洋平が最たる存在

売国河野談話 01
売国河野談話 02
(この河野談話は早期に破棄すべき)

今回の野中氏は現職時代でないので日本政府としての公式な何かではないのがまだ不幸中の幸いだが
元官房長官たる人物が中国のテレビ局の取材で尖閣の一連の問題で「こんな不幸な事件が起きたのは、まったく日本の人間として恥ずかしい。中国の皆さんに大変申し訳ない」と謝罪・・・
また中国に誤ったメッセージを出してしまったことには変わりはなく

現に、CCTVのウェブサイトでは野中氏を、「内閣官房長官を務めた日本政界の『元老』」などと報じる始末
日本人からすれば『元老』どころか『老害』でしかないのに・・・

(2010年9月19日に放送された「たかじんのそこまで言って委員会」より)
RIMG1721.jpg
中田氏
「僕はテレビ見てる人もね
もう本当にね分かってもらいたいんだけれども
靖国の問題やらね、教科書の問題やら何やらとか次から次へと言われてくるけど
僕、今日ね、これが一番大事だと思うんだね

僕の答え
反日の日本人が多すぎだよ、日本の中に
すなわち日本の中でこういう議論をやっている限りはそれは中国からしてもね
韓国、今日は出す必要は無いかもしれないけど
他の国からしたら
いずれにしても他の国からしたら日本というのは付け入る・・
付け入るね・・余地のありすぎなの。





「(仮称)スパイ防止法の制定を求める会」さんより
http://mid.parfe.jp/kannyo/supaibousi/siryou/jiminnhouan/top.htm
国家秘密に係るスパイ行為等の防止に関する法律案 昭和60年自民党作成
国家秘密に係るスパイ行為等の防止に関する法律案
昭和60年自民党作成 

<参考資料>


国家秘密に係るスパイ行為等の防止に関する法律案 - Wikisource
http://ja.wikisource.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E7%A7%98%E5%AF%86%E3%81%AB%E4%BF%82%E3%82%8B%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%A4%E8%A1%8C%E7%82%BA%E7%AD%89%E3%81%AE%E9%98%B2%E6%AD%A2%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%B3%95%E5%BE%8B%E6%A1%88




反日日本人の存在は厄介だ・・・
この野中広務しもそうだが、民主党や社民党、など自民党の中にいるリベラル派と目される政治家すべての国籍を過去に遡って調べたくなるほどだ
こうした反日日本人が跳梁跋扈して日本の名誉や国益を損なう現状を見ると国家侮辱罪かスパイ防止法の必要性をひしひしと感じる。




■昨日のたかじんNOマネー

<参考動画>

2012年9月22日 たかじんNOマネー A



2012年9月22日 たかじんNOマネー B
http://youtu.be/0HKYmP5lFPY

2012年9月22日 たかじんNOマネー C
http://youtu.be/yau_BTnhZh4

2012年9月22日 たかじんNOマネー D[END]
http://youtu.be/XbYw0WFKGIA



2012年9月22日 たかじんNOマネー 00a
2012年9月22日 たかじんNOマネー 00b
2012年9月22日 たかじんNOマネー 00c
2012年9月22日 たかじんNOマネー 00d
2012年9月22日 たかじんNOマネー 00e


2012年9月22日 たかじんNOマネー 01
青山繁晴氏
「あの・・僕はこの尖閣問題、既に日本が勝ったと思っているから
つまり中国は民衆を暴動に導いたり色々やって・・嫌がらせやって何が目的かというと、とにかく国有化だけはやめてくれっていうことですから
だから日本は淡々とこのまま国有地にしてればいいんで、もうあの・・勝ってるんですよ
で、その後・・実は軍事衝突っていうか・・軍事衝突大げさにならなくてもね、あの堪さかなにかこう衝突があっても・・実は海上自衛隊の方が中国海軍より今のところは遥か上ですから
だから全体に勝ちなんで、従って中国は今後もああいうことを続けていけるとはとても思えないので・・・。


-中略-

2012年9月22日 たかじんNOマネー 02
桂ざこば氏
「ちょっと、ねえ僕青山さんに聞きたいんやけど
あれ東京都やったらどうなってます?また変わってますか話?

2012年9月22日 たかじんNOマネー 03
青山繁晴氏
「う・・ん、東京都だったら中国はこんなふうにすることも難しかったです
相手が自治体だと、それに国が立ち向かうってことできないから・・・

本来は東京がまず買ったほうがよかったですけどね。
で、もう一回言いますが実は勝ちなんですよ、だからこっちは慌てる事はないです、普通にしてればいいんです。


-中略-


2012年9月22日 たかじんNOマネー 04
八代英輝氏
僕はあの・・仕事の・・の方でね観光の仕事のサポートとかもするんですけど
観光へのダメージってやっぱり物凄いんです(須田氏「ただね・・・」)
もったいないのがね、その竹島の問題も尖閣の問題もね一人のね、政治家のスタンドプレーによってこうなってしまっているわけです
あの今まで脈々とね、民間で交流を続けてきたのがね全てこう・・マイナスになるのはね」

(※感想:政治家のスタンドプレー・・って誰のことなのかはっきり言ってないけれど、殆どが中韓の政治家に原因があると思うが
リベラルっぽい人は何かにつけて民間交流や友好っていう言葉を多用するけれど
その日本の民間人ほど不用意に中国や韓国の友好という言葉に乗せられて中韓にいいように利用されているものはない
とにかく国家観もなければ危機意識もない、当然カントリーリスク(チャイナリスク等)も考えずに相手国の友好という言葉と目先の利益につられてホイホイとついてく

その本来の危険性が今回明るみになっただけ、それをまた民間交流がどうのというのは自分にはナンセンスに映る
自分はやはりこれからは脱特亜で動くべきだと思う・・・官も民も。



2012年9月22日 たかじんNOマネー 05
岸博幸氏氏
「あえて言えば、そういう政治リスクがあるのを承知でやらないといけないわけでして
経済活動と政治を・・・」

八代英輝氏
「そうなんですね、そこが脆いところで・・・」


■追 記 2012年9月23日放送「新報道2001」

今回の放送を見た端的な感想は

2012年9月23日放送「新報道2001」 (16)
内政も外交も上辺だけでしか語らず絶えず民主党のことしか考えてないような白々しかった民主党代表選に比べれば

2012年9月23日放送「新報道2001」 (14)
2012年9月23日放送「新報道2001」 (15)

しっかりと議論してて良かったのではないだろうか?
(誰とは言わないが若干1名浮いていたような気がするが・・・)
後は野中氏のような元自民党や長老と呼ばれる議員やリベラル政治家の影響をどこまで脱し
真の保守政党として甦れるかが自民党の・・そして日本の将来を握る鍵になると思う。


それにしても内閣支持率・・まだ上がるか・・
というか29.8%も野田内閣支持?

2012年9月23日放送「新報道2001」 (17)
2012年9月23日放送「新報道2001」 (18)

対中外交も気をつけねばならないのに・・・


2012年9月23日放送「新報道2001」 (1)
2012年9月23日放送「新報道2001」 (2)
2012年9月23日放送「新報道2001」 (3)
2012年9月23日放送「新報道2001」 (4)
2012年9月23日放送「新報道2001」 (5)
2012年9月23日放送「新報道2001」 (6)
2012年9月23日放送「新報道2001」 (7)
2012年9月23日放送「新報道2001」 (8)
2012年9月23日放送「新報道2001」 (9)
2012年9月23日放送「新報道2001」 (10)
2012年9月23日放送「新報道2001」 (11)
2012年9月23日放送「新報道2001」 (12)
2012年9月23日放送「新報道2001」 (13)


(2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ!より)

2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (1)
「中国は南シナ海の殆どを自国の領土だと主張
その形から赤い舌とも呼ばれています」

2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (2)
「さらに中国はインド洋沿岸国に拠点港を確保
真珠の首飾りと呼ばれる戦略でインド洋の主権を狙っているとみられています。」



自分の国は自分で守ると言う強い意志を中国に対して見せなければならない

尖閣防衛 領土防衛 2

防人たちの日本防衛の任務達成と無事なる帰還を祈りたい。


新報道2001 20120916 14

日本が今やるべきことは

アンカー 2012.08.22 19

尖閣諸島で日本がやるべきことは施設を建設して、自衛隊を駐留


迫り来る中国による侵略の脅威

※この近未来ムービーはフィクションであり、実際のニュースではありません

尖閣紛争勃発! 近未来ムービー





尖閣諸島は日本固有の領土である!


尖閣諸島が中国領ではない5つの理由

http://youtu.be/05x4iciT_z8
『尖閣諸島が中国領でない5つの理由』

1. 国際法は、1971年まで日本の尖閣諸島の領有に一度も抗議を行わなかった中国の権原を認めない。

2. 尖閣諸島を発見したのは中国人ではなく琉球人である。

3. 中国が尖閣諸島を実効支配した歴史的事実は存在しない。

4. 林子平の『琉球三省並三十六島之図』(1786)は、当時の日本が尖閣諸島を中国領と認めた根拠にはならない。

5. 尖閣諸島がかつて中国領であった歴史的事実が存在しない以上、カイロ宣言は尖閣諸島と無関係である。


結論:中国による尖閣諸島の領有権の主張は、中国の帝国主義以外の何ものでもない。

英語版/English Version
http://www.youtube.com/watch?v=gnlr_OBN2uw

参考文献・サイト
外務省
http://www.mofa.go.jp/region/asia-pac...

尖閣諸島の領有権問題
http://senkakujapan.nobody.jp/

制作: WJFプロジェクト
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/




「国防動員法」「民事訴訟法第231条」日本国民の知らない中国の脅威!


自由と繁栄の弧
自由と繁栄の弧 オイルロード

中国の野望
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (3)



憲法改正or新憲法制定 平和憲法という名の非平和憲法の改正・破棄を

※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい



■憲法問題


 一応自分が考えた憲法改正案(2012年9月6日版)です
まだ全然出来上がってないし、素人考えなのですが、いろいろと現行憲法には不満や、現実に即してないところが有りつねづね憲法を変えなければと主張していた者としてどういうものがいいのかと、自分個人としてはこうしたものであったらいいなという思いで書いてみました。
現行憲法や自民党改憲案、スイス民間防衛などを参考にはしてますがそうしたものが微塵もないところもあったりします・・・。
おそらく9条教信者やサヨクなら卒倒の内容ですがこれぐらいはやらないといけないかなと思ったりもします、まあサヨクマスコミがこぞって反対してまずこのような憲法はできないでしょうけど・・・。
ちなみに第2章が○条となってないのは第1章がまだ完全に埋まってないからです。


憲法改正案 (2012年9月6日版)まだ途中~


(前文)

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首であるが、日本国の主権は天皇の名において日本国民に与えられる。
この憲法の制定にあたっては天皇より全件を与えられた日本国民の総意に基づく。


 日本国は長い歴史と伝統、文化を育み、偉大なる先人、偉人、英霊はもとより名も無き人々と、国家と国民の安寧と繁栄、五穀豊穣を日本の八百万の神々に祈ってきた天皇を中心とした国家として成り立ってきた
この日本国を守ることは今を生きる我々国民の総意であり、歴史を紡いできた先人たちとの約束である。この日本国を安定的かつ平和的に次の世代へこれを受け渡すのは今を生きるものとしての義務である。


 我々日本国民には日本国の主権者としての責任がある、時のあらゆる政の代表者、指導者を直接的にも間接的にも選ぶのは我々自身であり我が国の将来を決めるのはその時を生きる日本国民である、そのため我々日本国民は常に世界情勢、外交、安全保障、政治の流れに注意を払う努力を惜しむべきではない。

 日本国の独立・安全保障は、我々国民の国防意識と努力によって左右される、他国からの自由と独立は、我々の財産の中で最も尊いものであり、断じて、自ら努力することなく得られるものではない
自由と独立は、絶えず守らねばならない権利であり、事に望んでは言葉や文章だけの理想論ではなく、手に武器を持ち戦って、初めて得られるものである。我々日本国民はそれを認識し覚悟し、日本国に忠誠を誓い、我が国の自由と独立、国民の安全を脅かす者には断固戦うことを宣言する。



 日本国におけるあらゆる政は、国民の厳正な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の中から選ばれた国民の代表者が行使し、その福利は国民がこれを享受する。
日本国民より選ばれた国民の代表者は主権者たる国民のため、日本国の主権、国益、名誉、平和と繁栄、自由と安全を守ることを何よりも優先し、そのために責任をもって行動し、それに反すると国民が認めたときは速やかにこれを辞さなければならない、これは日本国民の代表者としての義務である。

 日本国民は歴史を紡いできた先人と、我らが子孫のために、歴史と文化を学び、常に人格を磨き、徳操をやしない、勉学に励み、心身を鍛え、社会秩序の維持を心がけ責任感を持って日本国民として世界に恥ずかしくない教養と行動力を身に付けなる努力を惜しむべきではない、そのためには教育の充実は重要でありこれに力を入れるのは日本国繁栄のため必要だが、そのためには他国または外国人、反社会的な勢力による教育への不当かつ反日的な、反社会的な介入は日本国民の総意としてこれを拒否する。

 日本国は日本国民により正当に選挙された国会における日本国民の代表者を通じて行動し、我々と我らの子孫のため、日本国と日本国民のため日本国の長い歴史と伝統、文化を守り、国内の安定、国防に励み、自由と繁栄、他国からの独立を保ち友好的な友邦との共存共栄を目指しこの憲法を制定する。



第1章 天皇

第1条

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首である。

 2:日本国民は天皇を尊重しこれを犯してはならない。

第2条

 皇位は世襲のものであって、皇室典範の定めるところにより男系男子がこれを継承する。

第3条

 宮内省を置き天皇及び皇室の諸業務の補佐及び庶務等に当たり、天皇及び皇室を守る。

 2:人事は皇族から選任し、その多くの職員は皇室関係者によって占められなければならない。

第4条

 国旗は日章旗とし、国歌は君が代とする。 

 2:日本国民は国旗及び国歌を尊重しなければならない。


第5条

 天皇はこの憲法に定める国事に関する行為を行い、国政に関する権能を有しない。

       ・
       ・
       ・
       ・
       ・


第2章 国防と安全保障

1:我が国の主権・領土・国益・国民の安全を保証するため陸・海・空その他の軍を設置する。

  附則1:我が国の陸・海・空その他の軍は軍法を制定し、刑法民法等の影響は受けない、軍に属する者は軍法に従いそれを犯したときは査問委員会及び軍法裁判所において審判を受ける。

  附則2:我が国の陸・海・空その他の軍は交戦規定を制定し交戦に際してはこれに従う。


2:日本国民は、祖国を防衛する権利及び義務を有する。

  附則1:国家のため、国民のため軍に属し戦争・紛争等により負傷せし者は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する、その命をもって国防等に寄与した者は靖国神社等における国家による慰霊の権利を有し、その遺族は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する。


3:日本の陸海空軍その他の戦力は、日本の領土・領海・領空その他日本の主権・国民・資源・権益を守る義務を有する。

  附則1:国家転覆・破壊活動・治安・秩序の破壊それに類する行為、他国による諜報・工作に加担すると司法が判断した者は守るべき国民から例外的に除外される。


4:日本国政府は外国及び国内の国家転覆・破壊勢力による諜報・工作などから我が国と国民を守るため情報防諜機関を設置し活用なければならない。

5:我が国及び国民に脅威をもたらすあらゆる戦争・紛争等における交戦権はこれを認める。

  附則1:国家間の戦争・紛争における政治的判断は内閣に委ねられ責任は内閣が負う、但し現場における緊急時の交戦権はこれを妨げない。

  附則2:我が国は世界諸国と平和と安定のため同盟国とともに、いかなる侵略行為、日本国とその友邦の自存・自衛を脅かす行為に対して戦う権利を有する。


6:領空・領海その他の侵犯及び、侵略行為、武力攻撃、テロ活動などのそれに類する緊急時における判断は交戦規定に従い各軍の現場の判断に委ねられる。

7:武力侵攻・国内紛争・テロ活動・大規模自然災害及び国会が緊急時と認めた場合、内閣は速やかに緊急事態宣言を発令し国家及び国民の安全を確保するため必要な最善の手段を取らねばならない。

8:この憲法に定められていない我が国の陸・海・空その他の軍の行動は交戦規定及び軍法に従い判断される。

  附則1:各軍の指揮は各軍の長が摂り、防衛相が統括し、最高指揮権は内閣総理大臣が有する。








戦争というとすぐにアレルギーを出す者が多いけど、自国を侵略者から守ることも戦争(祖国防衛戦争)
結局日本の防衛のためには憲法を変えて『交戦権を認めない限り』いくら軍備を増やしても根本的なところで足枷になる




★:注意とお願い★

 最近コメントをしていただけるのはありがたいのですが、コメントに名前を入れずに空欄でコメントされる方が多いです(ホストを確認すれば8割方は同一なのですが)
過去に何度かコメントしましたがコメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を(他人の振りをするのも含む)名乗る等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)




※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

コメント欄・トラックバックをご利用される方は左のプロフィール下の【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】をご一読下さい。

<注意事項>

特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、口調が喧嘩腰、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもや
営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿など
宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど
管理人が不適切と判断した場合は基本的に削除します。
コメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を名乗る(他人の振りをするのも含む)等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)
悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。
違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。



尚、コメントは全て拝読させて頂いておりますが、当方の仕事の都合等でお返事出来ない時がありますので平にご容赦下さい。

※:書き起こしについては誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので引用される場合はご注意を。

■ 追 記

民主党の深い闇


勢いで作った。印刷用PDFはこちら
拡散!菅直人・鳩山由紀夫 拉致容疑者親族周辺団体へ献金
菅首相と鳩山元首相、その他民主党議員と民主党の北朝鮮の拉致容疑者親族周辺団体への献金とつながり。
All sizes  被災地よりも韓国!野田氏、5.4兆円支援を韓国に約束!!  Flickr - Photo Sharing!
被災地よりも韓国!野田氏、5.4兆円支援を韓国に約束!!




祝!アニメ「銀魂」10月復活!
10月の再開を待ちつつ・・・


アルファポリスWeb漫画セレクション
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
長編 連載中 漫画:竿尾悟/原作:柳内たくみ

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり  第12回
http://www.alphapolis.co.jp/manga/view_manga_opening.php?manga_sele_id=138000030






さくや 07 セリフ付

ランキング用


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

野田代表再選 早期解散が最大の責務だ もはや「政治空白」は許されぬ …我々日本国民は、今回の代表選を民主党の政権与党としての最後の代表選とするべく次の選挙で粛々と国民の審判を与えるだけ。【尖閣防衛】沖縄・石垣島に出没する“怪しい輩”!外国人が尖閣めざす …次に危ないのは、日本で次期衆院選が始まったタイミングだ。事実上、政府不在のときを狙って、中国は駒を進めてくるだろう。日本政府は対応を熟慮し、尖閣を死守する準備を整えてほしい。【憲法9条より米軍】米 中国に“尖閣は日米安保内”と説明 …同盟過信は危険だが憲法9上よりあてになる米軍の存在。本当は自分の国は自分で守るのが一番大事!


よかったら応援クリックお願いします。

ランキング用



女性自衛官  敬礼 3




 世紀の茶番劇が終わった・・・民主党代表選、野田首相の再選
一体野田首相の何を見て賽銭になったのか自分にはよく分からないがよくよく候補者を見れば
韓国民団に選挙協力に感謝していた野田首相、韓国民団に外国人参政権を公約のごとく発言した赤松氏、同じく外参権推進・賛成の原口氏に鹿野氏

RIMG1613_20120922060611.jpg

絶えず韓国の影が見え隠れ・・・
民主党代表選その候補者見てるとホント当たりのない「くじ」みたいなもんだ・・・
誰がやっても皆同じ、この3年間の民主党政権の政治を見れば白々しいことこの上なし

いくら口で綺麗事を並べてもこの3年間の民主党政権の負の実績が

(2012年7月1日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」より )
たかじんのそこまで言って委員会 2012.07.01  00
たかじんのそこまで言って委員会 2012.07.01  01
たかじんのそこまで言って委員会 2012.07.01  02

たかじんのそこまで言って委員会 2012.07.01  14
たかじんのそこまで言って委員会 2012.07.01  15
たかじんのそこまで言って委員会 2012.07.01  16
たかじんのそこまで言って委員会 2012.07.01  17
たかじんのそこまで言って委員会 2012.07.01  18
たかじんのそこまで言って委員会 2012.07.01  19
たかじんのそこまで言って委員会 2012.07.01  20
たかじんのそこまで言って委員会 2012.07.01  21
たかじんのそこまで言って委員会 2012.07.01  22



マニフェストの子ども手当2万6千円・公務員人件費2割減・天下り撲滅・埋蔵金発掘等々どれかちゃんとやれたっけ?




【主張】
野田代表再選 早期解散が最大の責務だ もはや「政治空白」は許されぬ
2012.9.22 03:20 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120922/stt12092203200000-n1.htm

 野田佳彦首相は予想通りの圧勝で民主党代表に再選され、引き続き政権を担う。だが、代表選で最も問われるべきだった「この国をどうするのか」というビジョンを示すことはなかった。

 首相本人が力説する「決める政治」も、離党者を出さないことを優先させるため、影をひそめているのが現実だ。

 それどころか、「原発ゼロ」政策をめぐる迷走と破綻は国益を害している。もはや民主党政権の行き詰まりは明白であり、その存続そのものが政治空白を作っていると指摘せざるを得ない。

 ≪融和優先では国救えぬ≫

 野田首相に残された仕事は、赤字国債発行に必要な特例公債法案の成立など、必要最小限の課題を片付け、早急に国民の信を問うことだ。

 尖閣諸島をめぐる領土・主権の危機やデフレ脱却など、内外の懸案に迅速かつ的確に対処できる政権でなければ、日本は国家として立ち行かない。行き詰まった民主党政権が低空飛行を続けている余裕はない。

 今回の代表選には「決められる政治」の定着に向けて主要政策を明確に方向付け、決めたことは責任を持って推進する当たり前のことを民主党に根付かせることができるかどうかに大きな意味合いがあった。

 他に有力候補がなく、圧勝は当然とされていただけに、首相はここを転換点とすべきだった。だが、首相はもっぱら民主党による政権交代の意義を主張して再選への協力を求めた。

 臨時党大会の最後の呼びかけでも、ばらまき政策と批判された子ども手当や高校授業料無償化の意義を強調し、「引き続き民主党らしい改革を行う」と語った。党分裂を経て、さらに離党者が出かねない党内への配慮を最優先させたことに限界がある。

 残念なのは、首相が党内外の慎重論を抑えて関西電力大飯原発の再稼働を決断したにもかかわらず、「反原発」色を強く打ち出す菅直人前首相らの主張に歩み寄るように「原発ゼロ社会」を目指す姿勢に転じてしまったことだ。

 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)でも、党内の慎重論に配慮して「交渉参加に向けて関係国と協議に入る」との立場にとどまり、参加表明は見送った。

 さらに耳を疑うのは、社会保障と税の一体改革をめぐる3党合意で、首相が自民党の谷垣禎一総裁と公明党の山口那津男代表と交わした「近いうち」の衆院解散の約束について、見直しを示唆していることだ。

 消費税増税関連法はこの合意によって成立しており、解散をめぐる首相発言は「国民との約束」ともいえる。

 ≪集団的自衛権を認めよ≫

 首相は自民党などが通常国会終盤で問責決議に賛成したことを見直しの理由にしているが、解散を先送りしたい口実にすぎないのではないか。

 大幅な議席減を恐れ、できるだけ解散は遅らせたいというのが民主党の大勢だ。代表選で首相に投じられた大量の票にも、解散を先送りすることへの願望が込められているのだろう。

 決められない政治以上に問題なのは、政権としての正統性を失ってしまっていることだ。

 民主党マニフェストは何より、消費税増税を明記していない。無駄の削減で16・8兆円を生み出すとしたことなど、実現できない政策も多かった。政権を存続したいなら、新たなマニフェストを作り直して国民に信を問い、民意を確保することが筋である。

 圧勝した首相には、決断してもらいたいことがある。日米同盟深化に必要な集団的自衛権の行使の容認だ。首相は政府の諮問機関の提言を受けて検討する考えを示したこともある。自民党総裁選の候補者5人は、いずれも行使容認を主張している。首相はこの件で、新総裁と協議すべきだ。

 また首相は、尖閣諸島の国有化をめぐる中国との関係が悪化している点について、「大事なことは毅然(きぜん)として主張する」などと述べた。国有化後の統治強化策は大きな論点となっており、具体的に語る必要がある。

 首相は再選後の会見で、内閣改造や党人事に着手する意向を示した。しかし、政権継続の目的をはっきりさせないまま、党内融和のための人事にとどまるようでは難局は乗り切れない。




野田首相再選・・・我々日本国民は、今回の代表選を民主党の政権与党としての最後の代表選とするべく次の選挙で粛々と国民の審判を与えるだけ。


まあちょっと気になったのが・・・
ツイッターでこのようなツイートがあったのだけれど


nakamukaeえーっと、横路孝弘衆議院議長の名前が呼ばれたんですが・・・。中立であるべき衆議院議長が政党の代表選に投票するんです?自民党の副議長には投票権がなかったと思いますが・・・。 via Janetter
http://twitter.com/nakamukae/status/249014977904644096



<参考>

2011年1月10日放送ビートたけしのTVタックル 3時間スペシャル

RIMG3168.jpg
元参議議員
平野貞夫氏
「実はですね、立法府のことをね行政府の長が口を出しちゃいけませんよ。
これは三権分立の基本に犯してますよ。

そういう見識が無いということ。」



2011年1月16日放送のたかじんのそこまで言って委員会

RIMG3330.jpg
三宅氏
「ただね、私も・・・は今度の内閣でね、江田法務大臣(行政)(元参議院議長:立法)
私はね、民主党内閣がこんな不見識な内閣だっていう、まあ、不見識だと思ってたけどね。
それはね、三権の長がね、こっちの三権分立ですよ日本は。
行政、立法、司法がお互いに監視し合って民主主義を作ってるわけでしょ。
こっちの長をやった人間がこっちの移ってきて大臣やってね喜々としてるなんていうようなことは前代未聞ですよ。
日本憲政史上初めてだと。
それでね、かつてね、自民党もその宇野さんという人が女性スキャンダルで辞めた後にね、清潔な人を選ぼうということで
坂田道太さんという人を白羽の矢をたてたことがあるんです。
その時に彼はね、使いの者にね
自分が衆議院議長やった身だよと
君らは憲法知ってんのかと。
片一方の衆議院議長(立法)やったものが今度は総理(行政)にどうぞなんてこといけるかと
バカな話し持ってくるんじゃありませんって言って叱ったんです。

それが見識っていうもんですよ。
頼まれたって・・それを断るのが長たる者であってね
今度の民主党っていうのはどうんなんですか?
原口さん、あなたは松下政経塾でね、多少はその憲法とかね、日本の統治形態のあり方について学んだと思うんだけれども
こんなばかなことをね、やる総理大臣っちゅうのはね、本当に言語道断というか前代未聞でね
開いた口がふさがらないよ、私は。



権力分立 - Wikipedia
日本における権力分立

600px-Politics_Under_Constitution_of_Japan_03.png

これってどうなん?



 さて、民主党の政治家たちが自分たちの政治生命のためだけにしかやってるようにしか見えない政権与党としてはおそらく最後の代表選をしている頃
尖閣・石垣・沖縄において現場の海保職員や自衛隊がそれこそ命をかけて国を守っています。
そんな中、以下のような情報が・・韓国人やロシア人がこの時期尖閣にほど近い石垣や尖閣への漁船を探しているなんていうこと自体嫌な予感しかしないのだが・・・


<以下参照>

沖縄・石垣島に出没する“怪しい輩”!外国人が尖閣めざす
2012.09.21 ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120921/plt1209211549006-n1.htm

燃料補給後すぐに石垣港から出航する海上保安庁の巡視船「よなくに」。船体の汚れが、尖閣警戒の過酷さを物語っている(撮影・山本皓一氏)
燃料補給後すぐに石垣港から出航する海上保安庁の巡視船「よなくに」。船体の汚れが、尖閣警戒の過酷さを物語っている(撮影・山本皓一氏)

 沖縄県・尖閣諸島をめぐって、中国が接続水域周辺に漁業監視船や海洋監視船などを展開するなど、理不尽な挑発行為を続けている。日本側は第11管区海上保安本部を中心に、約50隻の巡視船や巡視艇が警戒に当たっている。尖閣に最も近い最前線の石垣島は現在どうなっているのか。フォトジャーナリストの山本皓一氏による緊急リポート。 

ジャーナリスト・山本皓一氏
 海上保安庁による、前代未聞の尖閣海域包囲作戦によって、中国船艇の領海侵犯はほぼ完璧に食い止めることができているようだ。中国漁船1000隻の尖閣突入は、中国共産党政府によるブラフだった。日本の反応を探るためのテストだと思う。一歩引けば二歩攻めてくるのが中国のやり方だ

 「日本の対応はこれまでと違った」と中国側は思っただろうが、私(山本)もそう感じた。海保はこれまでの鬱憤を吹き飛ばすように走り回った。係留地の石垣港では入れ代わり立ち代わり燃料補給のため、多くの海保艦が入港と出航を繰り返した。煤煙と油滓で汚れきった艦体がその健闘を物語っている。

 こうしたなか、石垣周辺では怪しい行動をする輩が出没している。

 20日夜、正体不明のロシア人4人を乗せた西表島の漁船が尖閣を目指して石垣島を出航した。中国人や韓国人が尖閣行きの漁船を探していると、知人の漁師も語っていた。韓国人は「報道」と称していたという。隣国諸国も大きく舵を切った日本の領土対策に関心を持っているのだろう。


 右翼団体とみられる数組も飛び込み上陸を狙っているらしい。ただ、いま尖閣上陸を敢行することは無意味だ。単なるパフォーマンスにすぎない。避難港建設や島の環境調査などの目的だけが上陸の意味を持つ。

 中国全土でデモを教唆した中国共産党政府は、テロに変わった事態に気づき慌てて中止した。ピタリと沈静化したところをみると、最初から政府の扇動であったことが明々白々だ。独裁政権は強権をもって人民をコントロールできる。怖い国だ。

 次に危ないのは、日本で次期衆院選が始まったタイミングだ。事実上、政府不在のときを狙って、中国は駒を進めてくるだろう。日本政府は対応を熟慮し、尖閣を死守する準備を整えてほしい。



<参照終わり>

上記の記事のとおりそう思える情報も少しずつ入ってきているのでその通りだと思う。

2012年9月21日 とくダネ! (1)
中国漁船1000隻の尖閣突入は、中国共産党政府によるブラフだった。日本の反応を探るためのテストだと思う。一歩引けば二歩攻めてくるのが中国のやり方だ。



2012年9月21日 とくダネ! (2)
中国全土でデモを教唆した中国共産党政府は、テロに変わった事態に気づき慌てて中止した。ピタリと沈静化したところをみると、最初から政府の扇動であったことが明々白々だ。独裁政権は強権をもって人民をコントロールできる。怖い国だ。



あとこの以下の部分も・・・確かにそう思う

右翼団体とみられる数組も飛び込み上陸を狙っているらしい。ただ、いま尖閣上陸を敢行することは無意味だ。単なるパフォーマンスにすぎない。避難港建設や島の環境調査などの目的だけが上陸の意味を持つ。



海上保安庁が厳重な警戒をしている尖閣に避難港建設や島の環境調査などの目的のない一般人が上陸する意味はない
むしろ海保にそのための対応に人員や船舶を割かねばならず尖閣防衛上の障害になるだけだと思う。

ここはプロ・専門家(海保・自衛隊)に任せるべきだと思う。



自分の国は自分で守ると言う強い意志を中国に対して見せなければならない

尖閣防衛 領土防衛 2

防人たちの日本防衛の任務達成と無事なる帰還を祈りたい。



もし日中が戦ったら…自衛隊が圧勝!専門家が徹底シミュレーション
2012.09.21 ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120921/plt1209211810009-n1.htm

海上自衛隊のイージス艦「きりしま」
 沖縄県・尖閣諸島の領有権をめぐって、中国が攻勢を強めている。尖閣周辺の接続水域に中国公船が出入りし、北方海域では海軍のフリゲート艦2隻が展開していることが判明した。中国共産党内では好戦的な軍部の対日強硬論が台頭し、武力衝突の危険が高まる。万が一、戦闘状態に突入するとどうなるのか。軍事のプロが、自衛隊と人民解放軍の戦力を徹底解剖。領海の最前線で繰り広げられる局地戦をシミュレーションした。

 「日中開戦」という最悪のシナリオが現実味を帯びてきた。

 日本政府による尖閣諸島国有化をきっかけに中国の圧力は日に日にエスカレート。19日には中国海軍のフリゲート艦2隻が尖閣の北方海域に姿を現した。これに対し、自衛隊は大型レーダーを搭載した空中警戒管制機(AWACS)を投入するなど警戒態勢を強化している。

 中国外務省の洪磊(こう・らい)報道官は20日の会見で、尖閣周辺での人民解放軍の活動について問われ、「中国側の釣魚島(日本名・魚釣島)問題に関する立場は十分に明確だ」と述べるにとどめたが、外交筋は「共産党内では『開戦やむなし』とする軍部の対日強硬論が台頭している」と指摘。軍事力をちらつかせ、日本に脅しをかけてきているのは明白だ。

 中国系香港紙の報道では、15日に北京で人民解放軍の将軍5人による座談会が開かれ、徐光裕少将が、「海上自衛隊が釣魚島の12カイリ(約22キロ)内に入るか、中国の民間船舶を攻撃すれば、断固として軍事行動を取る」と語ったという。他の4人も主戦論を展開し、中国内での好戦ムードは広がる。

 武力衝突という最悪の事態はどのようにして起きるのか。

 軍事評論家の世良光弘氏は「中国は漁民に紛れさせた軍の工作員を尖閣に上陸させる公算が大きい。工作員は、テロ対策や島しょへの上陸任務を行うため、1990年代に人民解放軍内に設けられた特殊部隊のえりすぐり。自衛隊はまず、彼らと戦闘を繰り広げることになる」と解説する。

 その最初の任務に当たるとみられるのが日本が誇る精鋭部隊。島しょ防衛・奪還を主な任務とする陸自の「西部方面普通科連隊」(長崎県佐世保市)と、米軍最強の海軍特殊部隊(ネイビーシールズ)を参考に創設された海自の「特別警備隊」(広島県江田島市)だ。

 「『西部方面普通科連隊』は、レンジャー部隊やパラシュート部隊の中から選んだエリート集団で、ヘリから降下しての制圧を得意とする。『特別警備隊』は、時速約50キロで航行可能な高速艇を備えており洋上戦闘に秀でる。暗視スコープも装備し、夜間作戦にも対応可能だ」
(世良氏)

 尖閣奪還を果たしても、中国がさらなる攻撃を仕掛け、そのまま本格的な戦闘に突き進む事態もあり得る。

 別表は、現時点での日中両国の戦力を比較したものだが、これを見る限りでは日本の戦力はいかにも心許ない。

日中戦力比較
 日本の総兵力が、陸自15万4000人と海自・空自の約7万人を合わせた約23万人(推定)なのに対し、中国はその10倍の約230万人。他の戦力でも見劣る。

 これで大丈夫なのか。

 「制空権と制海権を握れば問題ない。現在の中国の軍事力は自衛隊とは比較にもならない」

 こう断言するのは沖縄・南西諸島地域の領空を守る航空自衛隊南西航空混成団司令を務めた佐藤守・元空将。不測の事態が起これば、那覇基地に待機する約20機のF-15戦闘機が出撃する。

飛行訓練をする中国空軍戦闘機(共同)
 中国は、F-15と同じ「第4世代戦闘機」と呼ばれる最新鋭の主力戦闘機J-10(殲撃10型)が迎え撃つとみられるが、佐藤氏は「J-10はイスラエルの戦闘機をベースにして製造されたもので、所詮は他国の模倣品。故障、事故は多く、F-15ほどの性能は期待できない。それにパイロットの技能も数段劣る。空中戦で自衛隊が圧倒するはず」とみる。

 洋上での戦いでも自衛隊に分がある。

 人民解放軍は、中国版イージス艦の「蘭州」級駆逐艦を擁するが、性能は日本が所有するイージス艦とは雲泥の差がある。

 「自衛隊には、空中司令所ともいえるAWACSがある。半径約400キロ以上をカバーできる探知能力を備えており、人民解放軍の動きは手に取るようにわかる。情報戦でも優位に立てる」
(佐藤氏)

 たとえ中国が武力侵攻しても、尖閣を守るだけのポテンシャルはあるようだ。

 ただ、一時的な戦闘に勝利できても、その後の消耗戦に耐えられるかどうか。

 中国事情に詳しいジャーナリストの富坂聰氏は「一度の失敗で、中国が簡単にあきらめるはずがない。どちらかが疲弊するまで攻防が続く。ひとたび戦闘が起これば、外資が一斉に日中両国から資金を引き揚げるほか、中国の経済制裁で日本は大打撃を受ける。開戦は、両国にとって『終わりの始まり』となる」と危ぶむ。

 中国が一線を踏み越えた時、政府は難しい判断を迫られることになる。





日本の主権・領土の危機現場(海保や警察)は命を張っているのに、国民に責任を取るべき政府(政治家)が国防に命(政治生命)を張らないのである。

これほど理不尽なことがあるだろうか?
こんなことで日本の主権・領土や国民の安全が守られるわけがない

結局民主党政権を倒さない限りダメなのだ


たかじん 20120108  06
1.29委員会-4  19

もう民主党政権はいらない!

早期の解散総選挙と民主党政権打倒


20120109081648920_20120428062603.jpg

保守大同団結による国を守る為の新政権樹立を切に願う!





■憲法9条より米軍の存在


同盟過信は危険だが憲法9上よりあてになる米軍の存在
これで中国の尖閣へ対する野望阻止のある程度の抑止にはなると思う

本当は自分の国は自分で守るのが一番大事!



米 中国に“尖閣は日米安保内”と説明
9月21日 12時10分 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120921/k10015180901000.html

米 中国に“尖閣は日米安保内”と説明  00
 アメリカのパネッタ国防長官は、中国の次の最高指導者への就任が確実視されている習近平国家副主席に対して、沖縄県の尖閣諸島が日米安保条約の適用範囲内だと説明し、日本とのこれ以上の緊張を避けるよう促していたことが分かりました。

 これは、アメリカ国防総省の高官がNHKに対して明らかにしたものです。それによりますと、アメリカのパネッタ国防長官は、19日、訪問先の中国で習近平国家副主席と会談した際、尖閣諸島を巡る日中の対立について、「両国の話し合いによる平和的な解決を望む」としたうえで、

米 中国に“尖閣は日米安保内”と説明  01
尖閣諸島は日米安保条約の適用範囲内だと直接説明したということです。

米 中国に“尖閣は日米安保内”と説明  02
 そして、「アメリカは安全保障条約の責任がある」として、

米 中国に“尖閣は日米安保内”と説明  03
仮に軍事的な衝突に発展すれば、アメリカも関与せざるをえないという認識を伝えたということです。
 パネッタ長官は、中国の梁光烈国防相らにもこうした考えを伝えたということで、アメリカとしては、中国政府の指導部に日本に対する条約上の義務を直接説明することで、中国が挑発的な行動に出ないようくぎを刺すねらいがあったものとみられます。






F22に実弾装備 県内で初搭載飛行か
2012年9月21日 琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-197151-storytopic-3.html

米軍嘉手納飛行場で実弾を搭載するステルス戦闘機F22ラプター=20日、嘉手納町道の駅かでなから(金良孝矢撮影)
米軍嘉手納飛行場で実弾を搭載するステルス戦闘機F22ラプター=20日、嘉手納町道の駅かでなから(金良孝矢撮影)

 【嘉手納】米軍嘉手納飛行場で20日午後3時半ごろ、6カ月の予定で米軍嘉手納基地に配備されているステルス戦闘機F22Aラプター5機が千ポンド爆弾10発を搭載し離陸するのが確認された。19日にも爆弾を搭載し離陸するのが確認されている。F22が嘉手納に暫定配備された2007年以降、沖縄で実弾を搭載して飛行するのは初めてとみられる。
 20日午後に搭載した実弾は千ポンド(約453キロ)爆弾MK83ジェイダム。戦闘機からの操作なしに目標を攻撃できる誘導爆弾の一つ。各機に2発ずつ搭載されて離陸し、午後5時半ごろまでに帰還した。
 F22は爆弾を機体内部に格納することから、爆弾を投下したかは、着陸時に目視で確認できていない。
 F22は低酸素症に似た症状を訴える操縦士が相次いだため一時運用を停止した。操縦士が着用するベストの不具合が主な原因とされ、改善策を施したとして12年5月に飛行高度などを制限して運用を再開。7月末に嘉手納に12機が暫定配備された。




<参考>

F22 胴体下部 1
F22の胴体には3箇所、収納式のウェポンベイ(兵器庫)があるが

F22 胴体下部 2
おそらくはこの胴体下部の一番大きなウェポンベイに爆弾を搭載するテストを行っていたのだろう


F22.jpg
(画像は家にあった模型から)

というかどの航空機にどの兵装を搭載しているのかマスコミ(日本のサヨクメディア)に筒抜けだというところが最大の問題なのかもしれないが。

<2012年2月12日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」>
RIMG5151_20120213103501.jpg
井上氏
「あのね、田嶋さんね、例えばねこれ、政治家が今普天間問題なんかでも今必死になっていろんな議論やってます
だけども実はですね、米軍がすごい気にしていることっていうのは、実は普天間問題が行くか、行かないかということよりもですね
実はもう一つ大きな問題、今沖縄で抱えているんです

私も今、ずっとこれ取材をしてるんですけれども
あの・・・例えばですね嘉手納基地の外に「安保の見える丘」っていうところから、え・・米軍基地が丸見えになってたんで国道58号線越えにですね、ある施設を作りました
これ道の駅っていう施設を作りまして
、そこにいっとずらしたんですけども
今度はそこに双眼鏡があって、米軍基地丸見えなんですね
で、そこにですね、今度はあの群れを成しますいわゆる軍事航空・・・あの・・軍用機マニア
この軍用機マニアにですね、どうもその中国のスパイさん達が一日日当一万円を払って飛行機を撮らしていると
そうするとですね、野球選手の顔が撮れるぐらいの長だまの写真・・カメラですと、パイロットの顔まで写るらしいんです
で、航空機の細部まで全部写っていきます
そういう情報をですね、わずか一万円で情報を、その収集していると・・いうようなことだとか。

それから、先月、1月17日にはですね、なんと沖縄の不動産の会社がですね大挙して上海に行ってですね、セミナーを開いて
どうぞ・・沖縄の土地に投資しませんかと・・・

米軍基地もうかりますよと・・いうようなことを言ってるわけです。」




本当は日本の防衛は日本自身の手で全てまかなうことがベストなのだが

それが難しい現状では米軍は心強い味方であると思う
少なくとも何の役にも立たない憲法9条なるものよりは・・・

同盟を過信するわけには行かない・・海保・自衛隊には中国の野望をくじき、日本を守るため頑張って欲しい。



(2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ!より)

2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (1)
「中国は南シナ海の殆どを自国の領土だと主張
その形から赤い舌とも呼ばれています」

2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (2)
「さらに中国はインド洋沿岸国に拠点港を確保
真珠の首飾りと呼ばれる戦略でインド洋の主権を狙っているとみられています。」




新報道2001 20120916 14

日本が今やるべきことは

アンカー 2012.08.22 19

尖閣諸島で日本がやるべきことは施設を建設して、自衛隊を駐留


迫り来る中国による侵略の脅威

※この近未来ムービーはフィクションであり、実際のニュースではありません

尖閣紛争勃発! 近未来ムービー





尖閣諸島は日本固有の領土である!


尖閣諸島が中国領ではない5つの理由

http://youtu.be/05x4iciT_z8
『尖閣諸島が中国領でない5つの理由』

1. 国際法は、1971年まで日本の尖閣諸島の領有に一度も抗議を行わなかった中国の権原を認めない。

2. 尖閣諸島を発見したのは中国人ではなく琉球人である。

3. 中国が尖閣諸島を実効支配した歴史的事実は存在しない。

4. 林子平の『琉球三省並三十六島之図』(1786)は、当時の日本が尖閣諸島を中国領と認めた根拠にはならない。

5. 尖閣諸島がかつて中国領であった歴史的事実が存在しない以上、カイロ宣言は尖閣諸島と無関係である。


結論:中国による尖閣諸島の領有権の主張は、中国の帝国主義以外の何ものでもない。

英語版/English Version
http://www.youtube.com/watch?v=gnlr_OBN2uw

参考文献・サイト
外務省
http://www.mofa.go.jp/region/asia-pac...

尖閣諸島の領有権問題
http://senkakujapan.nobody.jp/

制作: WJFプロジェクト
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/




「国防動員法」「民事訴訟法第231条」日本国民の知らない中国の脅威!

7 minute Lesson on the History of PRC 7分でわかる中華人民共和国の歴史



■脱中国・チャイナリスク回避


中国で出回る“日本製品不買リスト”!標的はこの80社だ
2012.09.21 ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20120921/frn1209211129001-n1.htm

中国で不買を呼びかけられた主な日本企業・ブランド
中国で不買を呼びかけられた主な日本企業・ブランド

日本製品不買を訴える北京での反日デモ参加者(共同)
 反日ムードが高まる中国のネット上で、日本製品の不買を呼び掛ける動きが拡大している。巨大市場での日本企業の業績に深刻な影響が出かねず、中国頼みのリスクの大きさを痛感させる事態となっている。

 「抵制日貨」-。日本製品のボイコットを意味するスローガンが、中国の掲示板やブログで躍っている。そこには不買運動の対象となる出所不明の日本企業やブランド、商品名のリストが掲載され、拡散され続けている。

 こうした「不買リスト」は複数確認されているが、すでに存在しない企業名や日本以外の企業も含まれるなど相当に雑な作りだ。その中で主な日本企業やブランドをピックアップしたものが別表だ。

 リストに挙げられている日本企業の多くは「様子を当面見守るしかない」(ソニー)と身構える。

 資生堂の担当者は「化粧品は直接肌に付けるもので、ブランドへの信頼感、親近感が命。(不買の)兆しは感じないが、仮に今回のデモが不買運動につながれば、大きな影響が出かねない。中国の事務所がツイッターなどを随時チェックしている」と話した。

 日本製品買い控えの影響は出始めている。中国自動車工業協会によると8月の中国の乗用車販売は、日系メーカーが前年同月比2%減となる一方、ドイツや米国、韓国系はいずれも10%以上の伸びとなった。

 山東省青島で販売店が全焼し、18、19日は全ての組立工場が休業したホンダ。不買運動をあおるネットの書き込みでは、ホンダ車をやり玉に挙げる記述もみられる。中国での乗用車の受注は落ち込んでいるといい、ホンダ幹部は「(不買は)以前にもあったが、今回は長引きそうな点が違う」と懸念する。

 不買運動の背景にあるのは、中国が「世界の市場」となったことへの自信だ。日中が相互に経済的な対抗措置を繰り出した場合、日本の方が痛手は大きいとの見方が広がっており、ネットには「中国が1カ月不買をすれば日本企業数千社が倒産するだろう」などの過激な書き込みもあふれる。

 中国では10月上旬に国慶節(建国記念日)の大型連休を迎える。消費が盛り上がる時期だが、訪日旅行は減る見通し。電機大手は「中国人観光客が減れば、炊飯器やデジタルカメラ、雑貨などの売れ行きが落ちるだろう」と警戒している。

 米格付け会社ムーディーズは「反日デモの短期的な影響は限定的」とする一方、中長期的には「極端かつ想定外のシナリオでは、日本の製品にとって重要かつ成長している市場を失ったり、中国における生産能力の低下などの可能性がある」とも指摘する。日本企業にとっては“脱中国”も選択肢に含めたリスク回避策を準備する必要がありそうだ。





2012年6月24日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」より

たかじん0624 35
勝谷氏
「(前略)・・・
それでみなさん東アジアって言うけど、あれはあの・・
朝鮮半島とあの中国はあれ特別アジア・・特亜って言うんですあそこね
で、我々仲良くするのは海洋アジアと仲良くするんですよ・・それで包囲網を作る

辛抱氏
「あの・・やっぱり一番シンプルなのが宮嶋さんの
しょせん敵

たかじん0624 36



麻生総理が提唱していた「自由と繁栄の弧」をもとにして対特亜包囲網的な「新・大東亜共栄圏」とすべきだと思う。


自由と繁栄の弧
自由と繁栄の弧 オイルロード

中国の野望
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (3)



憲法改正or新憲法制定 平和憲法という名の非平和憲法の改正・破棄を

※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい



■憲法問題


 一応自分が考えた憲法改正案(2012年9月6日版)です
まだ全然出来上がってないし、素人考えなのですが、いろいろと現行憲法には不満や、現実に即してないところが有りつねづね憲法を変えなければと主張していた者としてどういうものがいいのかと、自分個人としてはこうしたものであったらいいなという思いで書いてみました。
現行憲法や自民党改憲案、スイス民間防衛などを参考にはしてますがそうしたものが微塵もないところもあったりします・・・。
おそらく9条教信者やサヨクなら卒倒の内容ですがこれぐらいはやらないといけないかなと思ったりもします、まあサヨクマスコミがこぞって反対してまずこのような憲法はできないでしょうけど・・・。
ちなみに第2章が○条となってないのは第1章がまだ完全に埋まってないからです。


憲法改正案 (2012年9月6日版)まだ途中~


(前文)

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首であるが、日本国の主権は天皇の名において日本国民に与えられる。
この憲法の制定にあたっては天皇より全件を与えられた日本国民の総意に基づく。


 日本国は長い歴史と伝統、文化を育み、偉大なる先人、偉人、英霊はもとより名も無き人々と、国家と国民の安寧と繁栄、五穀豊穣を日本の八百万の神々に祈ってきた天皇を中心とした国家として成り立ってきた
この日本国を守ることは今を生きる我々国民の総意であり、歴史を紡いできた先人たちとの約束である。この日本国を安定的かつ平和的に次の世代へこれを受け渡すのは今を生きるものとしての義務である。


 我々日本国民には日本国の主権者としての責任がある、時のあらゆる政の代表者、指導者を直接的にも間接的にも選ぶのは我々自身であり我が国の将来を決めるのはその時を生きる日本国民である、そのため我々日本国民は常に世界情勢、外交、安全保障、政治の流れに注意を払う努力を惜しむべきではない。

 日本国の独立・安全保障は、我々国民の国防意識と努力によって左右される、他国からの自由と独立は、我々の財産の中で最も尊いものであり、断じて、自ら努力することなく得られるものではない
自由と独立は、絶えず守らねばならない権利であり、事に望んでは言葉や文章だけの理想論ではなく、手に武器を持ち戦って、初めて得られるものである。我々日本国民はそれを認識し覚悟し、日本国に忠誠を誓い、我が国の自由と独立、国民の安全を脅かす者には断固戦うことを宣言する。



 日本国におけるあらゆる政は、国民の厳正な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の中から選ばれた国民の代表者が行使し、その福利は国民がこれを享受する。
日本国民より選ばれた国民の代表者は主権者たる国民のため、日本国の主権、国益、名誉、平和と繁栄、自由と安全を守ることを何よりも優先し、そのために責任をもって行動し、それに反すると国民が認めたときは速やかにこれを辞さなければならない、これは日本国民の代表者としての義務である。

 日本国民は歴史を紡いできた先人と、我らが子孫のために、歴史と文化を学び、常に人格を磨き、徳操をやしない、勉学に励み、心身を鍛え、社会秩序の維持を心がけ責任感を持って日本国民として世界に恥ずかしくない教養と行動力を身に付けなる努力を惜しむべきではない、そのためには教育の充実は重要でありこれに力を入れるのは日本国繁栄のため必要だが、そのためには他国または外国人、反社会的な勢力による教育への不当かつ反日的な、反社会的な介入は日本国民の総意としてこれを拒否する。

 日本国は日本国民により正当に選挙された国会における日本国民の代表者を通じて行動し、我々と我らの子孫のため、日本国と日本国民のため日本国の長い歴史と伝統、文化を守り、国内の安定、国防に励み、自由と繁栄、他国からの独立を保ち友好的な友邦との共存共栄を目指しこの憲法を制定する。



第1章 天皇

第1条

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首である。

 2:日本国民は天皇を尊重しこれを犯してはならない。

第2条

 皇位は世襲のものであって、皇室典範の定めるところにより男系男子がこれを継承する。

第3条

 宮内省を置き天皇及び皇室の諸業務の補佐及び庶務等に当たり、天皇及び皇室を守る。

 2:人事は皇族から選任し、その多くの職員は皇室関係者によって占められなければならない。

第4条

 国旗は日章旗とし、国歌は君が代とする。 

 2:日本国民は国旗及び国歌を尊重しなければならない。


第5条

 天皇はこの憲法に定める国事に関する行為を行い、国政に関する権能を有しない。

       ・
       ・
       ・
       ・
       ・


第2章 国防と安全保障

1:我が国の主権・領土・国益・国民の安全を保証するため陸・海・空その他の軍を設置する。

  附則1:我が国の陸・海・空その他の軍は軍法を制定し、刑法民法等の影響は受けない、軍に属する者は軍法に従いそれを犯したときは査問委員会及び軍法裁判所において審判を受ける。

  附則2:我が国の陸・海・空その他の軍は交戦規定を制定し交戦に際してはこれに従う。


2:日本国民は、祖国を防衛する権利及び義務を有する。

  附則1:国家のため、国民のため軍に属し戦争・紛争等により負傷せし者は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する、その命をもって国防等に寄与した者は靖国神社等における国家による慰霊の権利を有し、その遺族は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する。


3:日本の陸海空軍その他の戦力は、日本の領土・領海・領空その他日本の主権・国民・資源・権益を守る義務を有する。

  附則1:国家転覆・破壊活動・治安・秩序の破壊それに類する行為、他国による諜報・工作に加担すると司法が判断した者は守るべき国民から例外的に除外される。


4:日本国政府は外国及び国内の国家転覆・破壊勢力による諜報・工作などから我が国と国民を守るため情報防諜機関を設置し活用なければならない。

5:我が国及び国民に脅威をもたらすあらゆる戦争・紛争等における交戦権はこれを認める。

  附則1:国家間の戦争・紛争における政治的判断は内閣に委ねられ責任は内閣が負う、但し現場における緊急時の交戦権はこれを妨げない。

  附則2:我が国は世界諸国と平和と安定のため同盟国とともに、いかなる侵略行為、日本国とその友邦の自存・自衛を脅かす行為に対して戦う権利を有する。


6:領空・領海その他の侵犯及び、侵略行為、武力攻撃、テロ活動などのそれに類する緊急時における判断は交戦規定に従い各軍の現場の判断に委ねられる。

7:武力侵攻・国内紛争・テロ活動・大規模自然災害及び国会が緊急時と認めた場合、内閣は速やかに緊急事態宣言を発令し国家及び国民の安全を確保するため必要な最善の手段を取らねばならない。

8:この憲法に定められていない我が国の陸・海・空その他の軍の行動は交戦規定及び軍法に従い判断される。

  附則1:各軍の指揮は各軍の長が摂り、防衛相が統括し、最高指揮権は内閣総理大臣が有する。





PCでは↑のスクロールバーで見れるのですがスマホ等で見られないと思います
スマホ等でご覧の方にはお手数ですが以下の過去記事を参照してください

<参考過去記事>

【憲法問題】憲法改正私案 まだ途中~ 自分の国は自分で守ると言う強い意志と国家観を憲法に反映させることが重要ではないだろうか?
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-1672.html





戦争というとすぐにアレルギーを出す者が多いけど、自国を侵略者から守ることも戦争(祖国防衛戦争)
結局日本の防衛のためには憲法を変えて『交戦権を認めない限り』いくら軍備を増やしても根本的なところで足枷になる




★:注意とお願い★

 最近コメントをしていただけるのはありがたいのですが、コメントに名前を入れずに空欄でコメントされる方が多いです(ホストを確認すれば8割方は同一なのですが)
過去に何度かコメントしましたがコメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を(他人の振りをするのも含む)名乗る等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)




※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

コメント欄・トラックバックをご利用される方は左のプロフィール下の【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】をご一読下さい。

<注意事項>

特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、口調が喧嘩腰、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもや
営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿など
宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど
管理人が不適切と判断した場合は基本的に削除します。
コメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を名乗る(他人の振りをするのも含む)等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)
悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。
違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。



尚、コメントは全て拝読させて頂いておりますが、当方の仕事の都合等でお返事出来ない時がありますので平にご容赦下さい。

※:書き起こしについては誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので引用される場合はご注意を。

■ 追 記

民主党の深い闇


勢いで作った。印刷用PDFはこちら
拡散!菅直人・鳩山由紀夫 拉致容疑者親族周辺団体へ献金
菅首相と鳩山元首相、その他民主党議員と民主党の北朝鮮の拉致容疑者親族周辺団体への献金とつながり。
All sizes  被災地よりも韓国!野田氏、5.4兆円支援を韓国に約束!!  Flickr - Photo Sharing!
被災地よりも韓国!野田氏、5.4兆円支援を韓国に約束!!




祝!アニメ「銀魂」10月復活!
10月の再開を待ちつつ・・・


アルファポリスWeb漫画セレクション
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
長編 連載中 漫画:竿尾悟/原作:柳内たくみ

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり  第12回
http://www.alphapolis.co.jp/manga/view_manga_opening.php?manga_sele_id=138000030






さくや 07 セリフ付

ランキング用


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

【木曜アンカー】尖閣防衛・対中外交 …中国は様々な形で喧嘩を仕掛け必ず後で握手しようというサインを見せる…中国の言いなりの漁業協定・海洋資源協定等のテーブルに乗り国益・権益を損なってはならない!【一体どこの国の何のための政権】尖閣国有化直前 日中のやり取り判明…尖閣実効支配強化もせずに国有化、玄葉外相「石原知事による購入を阻む唯一の方法だ」


よかったら応援クリックお願いします。

ランキング用



女性自衛官  敬礼 3



 今回は昨日2012年9月20日放送放送のアンカーから

2012年9月20日 アンカー  01

尖閣と民主党代表選について報じていたところから少し紹介したいと思います。
結局すべての根本というか元凶は民主党政権
これを早期に打倒しない限り日本の国益も主権も危ない・・・
そういう結論に至ると思います。


<参考動画>

2012年9月20日 アンカー A

http://youtu.be/A4dAhFZMFlE

2012年9月20日 アンカー B

http://youtu.be/X2wD2hqxgrs

2012年9月20日 アンカー  01
2012年9月20日 アンカー  02
2012年9月20日 アンカー  03
2012年9月20日 アンカー  04
2012年9月20日 アンカー  05
2012年9月20日 アンカー  06
2012年9月20日 アンカー  07
2012年9月20日 アンカー  08
2012年9月20日 アンカー  09
2012年9月20日 アンカー  10
2012年9月20日 アンカー  11
2012年9月20日 アンカー  12
2012年9月20日 アンカー  13
2012年9月20日 アンカー  14
2012年9月20日 アンカー  15

2012年9月20日 アンカー  16
山本氏
「軍艦の尖閣派遣が現実味を帯びてきていると・・いう中で、ただ宮崎さん一方でその、暴動といいますか強硬なデモと・・これは収束しつつあるということですねえ」

宮崎氏
「ええ・・これも・・・本格的にね、あの・・中国政府が、北京政府が規制を強めたら・・たちどころに収束してしまう

山本氏
「ええ・・そうですね。」

2012年9月20日 アンカー  17
宮崎氏
「いうことで・・やはりこのデモ自体が一つのこの・・なんて言うのかなブラフだったのではないかというふうに
ブラフというかもう被害が出てますから単なるブラフじゃないですけど・・圧力だったのではないかという感じがしますね。


※感想:全てではないかもしれないが動員されたデモもあるようだ
こういった報道も・・・


【反日デモ】
「千円もらって参加」 中国、組織的に動員か 背後に当局の影
2012.9.20 07:51 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120920/chn12092007520006-n1.htm

北京の日本大使館前で、スローガンが記された紙を手に反日デモに参加する人たち=13日(共同)
北京の日本大使館前で、スローガンが記された紙を手に反日デモに参加する人たち=13日(共同)

 中国各地で発生、日系企業を襲撃するなど一部暴徒化した反日デモでは、多くの参加者が統一スローガンの書かれた横断幕を掲げ、「中国共産党万歳」と叫ぶ場面もしばしば見られた。中国政府は「日本は中国人民の声を直視せよ」(外務省)と主張するが、デモの背後には当局の影が見え隠れする。

 「100元(約1200円)をもらってデモに集まった人もいる」。福建省のデモに参加したという男性が打ち明けた。中国シンクタンク研究者は「全国のデモを支援する出資者がいるのは間違いない」と述べ、大規模デモが組織的に行われている可能性を指摘する。(共同)



※反日デモのみならず尖閣への出漁も!

尖閣出漁に「大金」補助、各125万円…中国
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120920-OYT1T01506.htm

 【石浦(中国浙江省)=関泰晴】沖縄県の尖閣諸島付近の海域に向け、多数の漁船が出航したとみられる浙江省石浦地区の漁港を20日、訪れた。

 港では、複数の船主が、地元の漁業規制当局から補助金の約束を得て船を送り出したと証言した。

 人口約15万人の石浦地区は大小1500隻余の漁船の基地だ。大部分の漁船が夏の休漁期間が終了した16日以降、沿岸や沖合の海域に出ており、漁港周辺は閑散としている。

 「釣魚島(尖閣諸島の中国名)に向かう漁船には、当局から10万元(約125万円)の補助金が出るぞ」

 波止場付近にある市場で、漁船5隻を持つ船主が明かした。同地区行政府の漁業監督部門が今月初旬、漁船100隻余に対し、尖閣海域に出航する許可を与え、石浦~尖閣付近の片道500キロを往復する燃料代に相当する現金10万元の支給を通知してきたというのだ。漁船乗組員の月給は3000元(約3万7500円)前後という同地区で、10万元は大金といえる。

(2012年9月21日08時12分 読売新聞)



(2012年9月21日放送 とくダネ!より)
2012年9月21日 とくダネ! (1)
2012年9月21日 とくダネ! (2)




山本氏
「これはだから、いわゆる官製デモであり、そういった統制の下で・・

2012年9月20日 アンカー  18
宮崎氏
「まあ少なくとも官製デモかどうか分からないけれども、中国・・当局が取り締まろう・・取り締まって鎮火させようとすればたちどころに出来ると・・いうことですね。
だからそういう状況になるまで、ある程度の状況になるまで、放置していたと・・いう可能性はこれは十分に考えられる・・この状況を見れば十分に考えられますねえ。

2012年9月20日 アンカー  19
山本氏
「ま、つまりコントロール下に置かれているということです、そうすると次の段階というか・・次はどういうふうに」

2012年9月20日 アンカー  20
宮崎氏
「一応そのね、今回これを鎮・・あの鎮火させたということは、次の段階どう出てくるかというと
う~ん、おそらくは、一定のまあ何ていうのかなあ、ただデモにしてもね、小康状態になっているだけで、一応この収まっているという状況ですからまた何時火がつくかわからないんですけれども
現状においては一応小康状態になって・・しばらくこの時間をおいてですね、中国政府はこの問題に関して二度とこのような不測の事態が起こらないように、日本政府に対して何らかの話し合いをやろうというふうに持ちかけてくる可能性が高いと思います。
例えば漁業協定をあの・・尖閣周辺の漁業協定を結ぶための交渉のテーブルというのを両方で作らないかとか・・
あるいは海洋資源に関する交渉のテーブルを作らないかというふうに持ちかけてくる可能性がある。


山本氏
「今、まあ日中漁業協定ありますけれどもまた新たに・・・

2012年9月20日 アンカー  21
宮崎氏
「さらにそれを一歩進めたものをやる必要があるんじゃないかと・・これには絶対乗ってはダメです!

山本氏
「それはどうしてでしょうか?」

2012年9月20日 アンカー  22
宮崎氏
「だって今、私たちは尖閣諸島に対して100%の権益を持ってるわけ、それをほんの僅かであったとしてもこれが・・このようなね、全体の文脈の中ですよ
このような無法な暴動・・略奪行為も含むようなものをこの・・このやったわけですよね、しかもフリゲート艦まで出してきて
このような脅しっていうものに屈してテーブルに最終的に乗せられて我が国の権益を少しでも失わされたとすれば・・全体状況として見れば、完全に負けになります。

向こう(中国)は勝ちですから、ゼロからげんい(現利?権利・権益?)を得たわけです
しかも、この問題というのが、領土を巡る問題が存在するということを日本政府に認めさせて・・それだけではなくて、実態的なげんい(現利?権利・権益?)も得た。



※感想:宮崎氏の懸念する動きと思われる事が既に・・・

<以下参照>

<尖閣問題>「日本は軍事的準備を整えた」との見方に「話し合いで解決を」―中国外交部
レコードチャイナ 配信日時:2012年9月20日 17時32分
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=64833&type=

 2012年9月19日、尖閣諸島(中国名・釣魚島)問題をめぐり、中国で「日本が軍事的な準備を整えた」との見方が広がっていることを受け、中国外交部の洪磊(ホン・レイ)報道官は定例記者会見で「日本政府は中国側の厳正な要求と中国人民の正義の叫び声を正視すべきだ」との見解を示した。20日付で新京報が伝えた。

 中国の漁業監視船や大量の中国漁船が尖閣諸島海域に進入した場合を想定し、日本側が「軍事的な準備」をすでに整えたとの見方が中国で広がっているほか、中国の軍関係者も「中国側は一歩進んだ措置をとる権利を留保している」と述べている。

 これに対し、洪報道官は「釣魚島および付属島しょ(尖閣諸島)は古来、中国固有の領土。中国の管轄海域であり、中国漁民の伝統漁場でもある。中国の漁業監視船や漁船が進入するのは正当で合理的な行為。われわれは一貫して日本側に対し、中国側の厳正な要求と中国人民の正義の叫び声を正視し、話し合いで解決するという軌道に戻すべきだと促している」と述べた。

 また、中国政府は反日デモに対する明確な禁止令を出すのかどうか、という質問には「昨今の反日デモは完全に日本側が釣魚島(尖閣諸島)の『購入』を宣言したことによるもの。中国政府は公民に対し、憲法と法律が許す範囲内で、冷静かつ理性的に、法にのっとり秩序正しく申し立てをするよう要求する」と答えた。(翻訳・編集/NN)




他人が、自分の欲しいものををっている時、強引に手を出して奪い損なえば、後で態度を改めて「分けてください」と頭を下げて頼んでも、貰えるはずがない。その常識をしっかりと理解させる。
そうすれば、これまでのことはあたかも無かったかのように、好意的な笑顔で友好ムードを演出しつつ握手の手を伸ばしてくるだろう。しかしこれに容易に乗ってはいけない。中国の対日外交の基本は、『握手をする時に、つま先を踏む』だ。外務省の官僚は、拳を振り上げてくる相手には断固として退かないが、握手する時につま先を踏まれると簡単に一歩退いてしまうという性格がある。
そこにつけ込まれているのだ、だから、中国は様々な形で喧嘩を仕掛けてくる。そして、必ず後で握手しようというサインを見せる。その時に飛びつかず、足を踏まれても痛いと言わずにじっと相手を睨みつける覚悟と根性が、対中政策上は必要なのである・・・・・。

(ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり -1接触編- P418より)





山本氏
「じゃあ・・テーブルに乗るなと
じゃあ・・どういう手がある?」

2012年9月20日 アンカー  23
宮崎氏
仮にそういう状況になればの話ですけど、なればですよ
ならなければそんなこと必要はありませんが、なれば私は・・「じゃあ分かった、領土問題というのがあるということを認めて共同で国際司法裁判所に提議しよう」と、そういうことをやるべきだと思います
とにかくあの・・テーブルに乗らないこと、この漁業交渉・・協定とか、そういうもののテーブル乗ってこの権益というものを、国益というものを損なわないようにするという事が重要なんですが
おそらく経済界などはこの状況に、え・・この恐れをなして、早くこの問題を、二度とこの・・こういう事態が起こらないように交渉すべきだというような圧力が強くなってくると思いますが
私はこの問題でずっと言ってますけどね、日本の経済界というのは本当に銭勘定しか考えないのかと
あの・・国益ということをね、真剣に考えないのかというふうに・・非常にこうなんというのかこの国の経済界の見識というか、何が重要で何があの・・どういう問題に優先順位をつけるのかという能力が非常に小さくなっているのではないかと
まあそれはねえTPPとか消費税増税とか見てれば分かることですけれども
国全体の経済の事というより、何か一企業・・一個人の銭勘定のことしか考えていないんじゃないかという気がしますね。


<書きお越し終わり>

本当に日本の経済界は酷いと思う(まあ一番ひどいのはマスコミと民主党なんだが)目先の利益で「日中友好」とのたまい中国への進出を煽り、目先の利益で消費増税TPP
ほんと目先の金勘定しか見ていない・・しかも今回の中国の反日の動きに全く懲りていないように見える
経済界はチャイナリスクというものをもっと真剣に考えるべきではないのか?


チャイナリスク - Wikipedia

チャイナリスクとは、中国(中華人民共和国)のかかえるカントリーリスクである。つまり、中国国内で外国企業が経済活動を行う際もしくは中国人を雇い入れる際のリスク(不確実性)、特にダウンサイドリスクだけを取り出したもの。



今一度日本人は『チャイナリスク』についてしっかり考え、同じく反日的な韓国共々脱・特亜中国・韓国・北朝鮮)』を考えるべきだ。
サヨクや似非平和主義者などの言う目先の利益、甘言に乗せられるな!


2012年9月18日ひるおび! (2)
2012年9月18日ひるおび! (3)
2012年9月18日ひるおび! (4)
2012年9月18日ひるおび! (5)
2012年9月18日ひるおび! (6)
2012年9月18日ひるおび! (7)
2012年9月18日ひるおび! (8)
2012年9月18日ひるおび! (9)





<以下参照>

緊迫増す尖閣…自衛官&P3Cも出動!不測の事態も
2012.09.18 ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120918/plt1209181810002-n1.htm

 日本政府による沖縄県・尖閣諸島国有化に抗議する中国の過激な反日運動が収まらない。対抗措置として中国の漁船計1000隻が尖閣に向かっているほか、満州事変の発端となった1931年の柳条湖事件から丸81年の18日、少なくとも71の都市で反日デモが広がった。防衛省ではP3C哨戒機が警戒を続け、自衛艦を尖閣に近い領域に向かわせるなど厳戒態勢を敷いている。 

■緊迫の尖閣

 押し寄せる大群、高まる緊張感-。東シナ海での休漁期間終了に伴い、浙江省や福建省などの中国漁船、計1000隻が18日か19日、尖閣諸島付近の海域に到着する。

 18日午前6時50分ごろ、尖閣諸島の魚釣島北北西約43キロの接続水域で、中国の漁業監視船「漁政35001」が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。政府は首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置し、海上保安庁は警戒を強めている。

 海保によると、中国の監視船に対し、領海に入らないよう警告したところ、尖閣諸島について「中国固有の領土だ」と中国語で応答。「われわれは正当な業務を実施している。あなたたちはこの海域を離れてください」とも話した。

 海保では、すでに複数の巡視船を尖閣周辺に配置し、警戒を強め、漁船が領海に侵入した場合は「退去を呼びかけ、応じなければ検挙するなど上陸を阻止する」(海保関係者)などの対策を取る。防衛省ではP3C哨戒機が周辺海域の警戒を続け、事態が海保の行使能力を超えた場合を踏まえ、自衛艦を尖閣に近い海域に移動させた。

 厳戒態勢を敷いてはいるが、大量の漁船が一度に尖閣周辺の日本領海に侵入する事態になると、海保の巡視船との衝突など不測の事態を招く恐れがあり、日中間の緊張が高まりそうだ。

 衝突を避けられても、「南シナ海でのベトナム、フィリピンの領有権問題でも中国は漁船を大量動員し、長期滞在させている」(同)だけに長期戦になる可能性がある。

 一方、18日午前9時半ごろ、日本人とみられる2人が尖閣諸島の魚釣島に上陸。乗ってきた小型船から海に飛び込んで泳ぎ着いたとみられ、海保が小型船を立ち入り検査した。沖縄県警などによると、2人は17日夜、石垣島を出港した鹿児島県の会社経営の男性らとみられるという。

■71都市でデモ

 満州事変の発端となった1931年の柳条湖事件から18日で丸81年。事件が起きた中国遼寧省瀋陽市では記念式典を開催した。

 瀋陽の日本総領事館近くで同日午前、2000人規模のデモが発生。北京の日本大使館前では5000人規模が集結、1人がバリケードを越え、大使館に突入しようとし、武装警察隊に阻止された。

 上海の日本総領事館周辺でも「日本を滅ぼし沖縄を取り戻せ」などと書かれたプラカードを掲げ、デモ隊1000人超がシュプレヒコールを繰り返した。

 中国外務省の洪磊(こう・らい)副報道局長が、反日デモで日系企業などが襲撃されたことに「責任は日本が負うべきだ」との姿勢を示したこともあって、ネットなど介して反日デモが呼び掛けられ、18日午前、71の都市で抗議活動が広がっている。

 こうした事態を受け、トヨタ自動車や家電量販大手のヤマダ電機、伊勢丹の各店舗などは18日、そろって臨時休業にした。北京や上海、山東省青島、広東省広州の日本人学校でも臨時休校を決め、安全確保のため駐在員を一時帰国させる日本企業が相次いでいる。

■悪質なデマ

 過激な動きに拍車をかけているのがデマだ。

 中国共産党機関紙、人民日報のサイト「人民網」は17日、中国沿岸部の浙江省温州市の一部地区で塩やコメなどを買いだめする動きが起きていると報じた。尖閣をめぐり戦争が起きるとの情報が流れたのが原因とみられるという。

 温州市当局は買いだめが起きていることを認めた上で「倉庫には全市民が2カ月使える量の塩が蓄えられている」として、これを信じてパニックにならないよう呼び掛けた。

 デマがデマを呼び、中国のネット上では「富士山観光に行った中国人旅行者が釣魚島の主権を主張した際に日本人に襲われ、死亡した」というデタラメの書き込みも出回っている。

■被害賠償の行方

 反日デモの標的となり、多数の日系企業やスーパーなどが破壊や略奪、放火の被害を受けた。莫大な被害が発生しているが、賠償問題はどうなるのか。

 松下電器産業(現パナソニック)の現地法人で、出向取締役として5年間勤務した高田拓氏は「事が起こってからでは、損害賠償を求める道はほぼない」といい、こう解説する。

 「戦争や暴動の場合、保険は適用されない。破壊・略奪などで捜査を求めようとしても、中国では捜査費用は企業負担となる。犯人が特定できても、とても賠償金を持っているとは思えない。『警備が問題だった』として公安当局を訴えようとしても、中国政府も裁判所も取り合わないだろう。こういう場合の安全保障として、資生堂などは北京市政府との合弁企業にしている。北京市政府は何があっても守る」

 その上で、こう語る。

 「日本企業は今後、中国のような極端な反日政策の国からは、撤退か縮小していくのではないか。ベトナムやインドネシアなど、代わりになる国はある」

 尖閣の領有権問題は日本企業に「脱中国」を意識させる大きな“事件”にもなりそうだ。
 



<参照終わり>

さて、引き続き昨日のアンカーについて、この後民主党の代表選での街頭演説・・そして聴衆からの罵声や非難の声を報じていましたが

2012年9月20日 アンカー  24
2012年9月20日 アンカー  25
2012年9月20日 アンカー  26
2012年9月20日 アンカー  27

ここでも自分たち民主党政権の失政を棚に上げてまさかの民主党の政治家の十八番「ジミンガー」

2012年9月20日 アンカー  28

2012年9月20日 アンカー  29


この時も宮崎氏が指摘していましたが

2012年9月20日 アンカー  31
繰り下げ閣議の前日に脱原発を閣議決定するとテレビ言っておいて閣議決定せずに
(人権団体からの票集め?)人気取りかなんなのかわからないけれど多方面から問題点や疑問・批判の声のある「人権委員会設置法案」を閣議決定する


一体何の政権だんだろうかと・・抗議していた人たちにちょっと共感すると言っていましたが
脱原発の是非(自分は安易な脱原発は反対)はともかくこの「人権委員会設置法案」閣議決定やのだ政権に対する批判の声
そしてこの政権は一体何の政権なんだという意見には大いに賛同できると思う。



NHKニュースで以下のような報道があるが

尖閣国有化直前 日中のやり取り判明  NHKニュース 9月20日 21時55分 05

尖閣の実効支配強化のためどころか、棚上げしてうやむやにしてやり過ごそうとする事なかれ主義で
あろうことか東京都の尖閣購入を阻止・・・しかもそれがかえって問題をややこしくしただけで尖閣防衛にほとんど寄与していない

2012年9月19日 アンカー 10
2012年9月5日 アンカー 24
アンカー 2012.08.22 09
アンカー 2012.08.22 10



本当にどこの国の何のための政権かわからない。


尖閣国有化直前 日中のやり取り判明
9月20日 21時55分 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120920/t10015169471000.html

尖閣国有化直前 日中のやり取り判明  NHKニュース 9月20日 21時55分 01
玄葉外務大臣が、沖縄県の尖閣諸島の国有化について、先に中国の楊外相と意見を交わした際、「東京都の石原知事による購入を阻む唯一の方法」などという表現も使って、中国側から理解を得ようとしていたことが分かりました。

尖閣国有化直前 日中のやり取り判明  NHKニュース 9月20日 21時55分 02
政府は、今月11日に沖縄県の尖閣諸島を国有化しました。
これに先立つ今月8日、ロシアのウラジオストクで開かれたAPEC=アジア太平洋経済協力会議の首脳会議の夕食会の場で、玄葉外務大臣は、中国の楊外相と短時間、ことばを交わしました。
尖閣国有化直前 日中のやり取り判明  NHKニュース 9月20日 21時55分 03
政府関係者によりますと、この中で玄葉大臣は「自分は日中関係は非常に大事だという考えで対応してきており、そのことだけはくれぐれも誤解のないように理解してほしい」と述べました。
そのうえで尖閣諸島の国有化について、「自分や野中広務元官房長官のように日中関係のことを真剣に考えている人はこの方法しかないと考えている
」と、中国との関係が深い政治家の名前を挙げたうえで、
尖閣国有化直前 日中のやり取り判明  NHKニュース 9月20日 21時55分 04
「日本政府による島の購入が、東京都の石原知事による購入を阻む唯一の方法だ」とも述べて、中国側の理解を得ようとしていたことが分かりました。
これに対し楊外相は、「いかなる形であれ、中国の領土主権を害する行為を中国政府は受け入れられない。中国は断固たる措置を取る。日本政府によるこのような行為は、一部の日本国民、特に右翼の関心に応えるために行っているものだ」などと繰り返し主張したということで、両者の溝は埋まらなかったということです。
この翌日には、野田総理大臣が中国の胡錦涛国家主席とおよそ15分間ことばを交わし、胡錦涛国家主席が「島の購入は、いかなる形であれ違法かつ無効であり、われわれは強く反対する。野田総理大臣には、大局的な観点から誤った決断をされないようにしていただきたい」と述べたのに対し、野田総理大臣は「尖閣諸島は歴史的にも国際法上もわが国固有の領土であり、われわれはこれを有効に支配している」と述べました。
19日夜、野田総理大臣は尖閣諸島の国有化に抗議する反日デモが中国各地で続いていることについて、「国有化するということを、再三、いろいろなルートを通じて中国側に説明してきた。一定の摩擦は起こるだろうとは考えていたが、想定を超えている」と述べています。
玄葉大臣と楊外相のやり取りからも、日本政府が、尖閣諸島の国有化について、事前に中国側の要人に対して直接説明することで理解を得ようとしたことがうかがえますが、当初の日本側の想定以上に中国側の反発は強いものになりました。





今、日本の外の敵は誰が見ても中国・韓国(北朝鮮)ロシアだが

アジアの脅威 支那(中国)!2011

内なる敵は民主党である。

民主党の支持関係団体

日本に仇なし、日本国民を苦しめてきた民主党政権

たかじん 20120108  06
(野田)(鳩山)(菅)

1.29委員会-4  19

もう民主党政権はいらない!

早期の解散総選挙と民主党政権打倒


20120109081648920_20120428062603.jpg

保守大同団結による国を守る為の新政権樹立を切に願う!



(2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ!より)

2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (1)
「中国は南シナ海の殆どを自国の領土だと主張
その形から赤い舌とも呼ばれています」


2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (2)
「さらに中国はインド洋沿岸国に拠点港を確保
真珠の首飾りと呼ばれる戦略でインド洋の主権を狙っているとみられています。」



自分の国は自分で守ると言う強い意志を中国に対して見せなければならない



尖閣防衛 領土防衛 2

防人たちの日本防衛の任務達成と無事なる帰還を祈りたい。


新報道2001 20120916 14

日本が今やるべきことは

アンカー 2012.08.22 19

尖閣諸島で日本がやるべきことは施設を建設して、自衛隊を駐留


迫り来る中国による侵略の脅威

※この近未来ムービーはフィクションであり、実際のニュースではありません

尖閣紛争勃発! 近未来ムービー





尖閣諸島は日本固有の領土である!


尖閣諸島が中国領ではない5つの理由

http://youtu.be/05x4iciT_z8
『尖閣諸島が中国領でない5つの理由』

1. 国際法は、1971年まで日本の尖閣諸島の領有に一度も抗議を行わなかった中国の権原を認めない。

2. 尖閣諸島を発見したのは中国人ではなく琉球人である。

3. 中国が尖閣諸島を実効支配した歴史的事実は存在しない。

4. 林子平の『琉球三省並三十六島之図』(1786)は、当時の日本が尖閣諸島を中国領と認めた根拠にはならない。

5. 尖閣諸島がかつて中国領であった歴史的事実が存在しない以上、カイロ宣言は尖閣諸島と無関係である。


結論:中国による尖閣諸島の領有権の主張は、中国の帝国主義以外の何ものでもない。

英語版/English Version
http://www.youtube.com/watch?v=gnlr_OBN2uw

参考文献・サイト
外務省
http://www.mofa.go.jp/region/asia-pac...

尖閣諸島の領有権問題
http://senkakujapan.nobody.jp/

制作: WJFプロジェクト
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/




「国防動員法」「民事訴訟法第231条」日本国民の知らない中国の脅威!

7 minute Lesson on the History of PRC 7分でわかる中華人民共和国の歴史



2012年6月24日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」より

たかじん0624 35
勝谷氏
「(前略)・・・
それでみなさん東アジアって言うけど、あれはあの・・
朝鮮半島とあの中国はあれ特別アジア・・特亜って言うんですあそこね
で、我々仲良くするのは海洋アジアと仲良くするんですよ・・それで包囲網を作る

辛抱氏
「あの・・やっぱり一番シンプルなのが宮嶋さんの
しょせん敵

たかじん0624 36



麻生総理が提唱していた「自由と繁栄の弧」をもとにして対特亜包囲網的な「新・大東亜共栄圏」とすべきだと思う。


自由と繁栄の弧
自由と繁栄の弧 オイルロード

中国の野望
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (3)


憲法改正or新憲法制定 平和憲法という名の非平和憲法の改正・破棄を

※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい



■憲法問題


 一応自分が考えた憲法改正案(2012年9月6日版)です
まだ全然出来上がってないし、素人考えなのですが、いろいろと現行憲法には不満や、現実に即してないところが有りつねづね憲法を変えなければと主張していた者としてどういうものがいいのかと、自分個人としてはこうしたものであったらいいなという思いで書いてみました。
現行憲法や自民党改憲案、スイス民間防衛などを参考にはしてますがそうしたものが微塵もないところもあったりします・・・。
おそらく9条教信者やサヨクなら卒倒の内容ですがこれぐらいはやらないといけないかなと思ったりもします、まあサヨクマスコミがこぞって反対してまずこのような憲法はできないでしょうけど・・・。
ちなみに第2章が○条となってないのは第1章がまだ完全に埋まってないからです。


憲法改正案 (2012年9月6日版)まだ途中~


(前文)

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首であるが、日本国の主権は天皇の名において日本国民に与えられる。
この憲法の制定にあたっては天皇より全件を与えられた日本国民の総意に基づく。


 日本国は長い歴史と伝統、文化を育み、偉大なる先人、偉人、英霊はもとより名も無き人々と、国家と国民の安寧と繁栄、五穀豊穣を日本の八百万の神々に祈ってきた天皇を中心とした国家として成り立ってきた
この日本国を守ることは今を生きる我々国民の総意であり、歴史を紡いできた先人たちとの約束である。この日本国を安定的かつ平和的に次の世代へこれを受け渡すのは今を生きるものとしての義務である。


 我々日本国民には日本国の主権者としての責任がある、時のあらゆる政の代表者、指導者を直接的にも間接的にも選ぶのは我々自身であり我が国の将来を決めるのはその時を生きる日本国民である、そのため我々日本国民は常に世界情勢、外交、安全保障、政治の流れに注意を払う努力を惜しむべきではない。

 日本国の独立・安全保障は、我々国民の国防意識と努力によって左右される、他国からの自由と独立は、我々の財産の中で最も尊いものであり、断じて、自ら努力することなく得られるものではない
自由と独立は、絶えず守らねばならない権利であり、事に望んでは言葉や文章だけの理想論ではなく、手に武器を持ち戦って、初めて得られるものである。我々日本国民はそれを認識し覚悟し、日本国に忠誠を誓い、我が国の自由と独立、国民の安全を脅かす者には断固戦うことを宣言する。



 日本国におけるあらゆる政は、国民の厳正な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の中から選ばれた国民の代表者が行使し、その福利は国民がこれを享受する。
日本国民より選ばれた国民の代表者は主権者たる国民のため、日本国の主権、国益、名誉、平和と繁栄、自由と安全を守ることを何よりも優先し、そのために責任をもって行動し、それに反すると国民が認めたときは速やかにこれを辞さなければならない、これは日本国民の代表者としての義務である。

 日本国民は歴史を紡いできた先人と、我らが子孫のために、歴史と文化を学び、常に人格を磨き、徳操をやしない、勉学に励み、心身を鍛え、社会秩序の維持を心がけ責任感を持って日本国民として世界に恥ずかしくない教養と行動力を身に付けなる努力を惜しむべきではない、そのためには教育の充実は重要でありこれに力を入れるのは日本国繁栄のため必要だが、そのためには他国または外国人、反社会的な勢力による教育への不当かつ反日的な、反社会的な介入は日本国民の総意としてこれを拒否する。

 日本国は日本国民により正当に選挙された国会における日本国民の代表者を通じて行動し、我々と我らの子孫のため、日本国と日本国民のため日本国の長い歴史と伝統、文化を守り、国内の安定、国防に励み、自由と繁栄、他国からの独立を保ち友好的な友邦との共存共栄を目指しこの憲法を制定する。



第1章 天皇

第1条

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首である。

 2:日本国民は天皇を尊重しこれを犯してはならない。

第2条

 皇位は世襲のものであって、皇室典範の定めるところにより男系男子がこれを継承する。

第3条

 宮内省を置き天皇及び皇室の諸業務の補佐及び庶務等に当たり、天皇及び皇室を守る。

 2:人事は皇族から選任し、その多くの職員は皇室関係者によって占められなければならない。

第4条

 国旗は日章旗とし、国歌は君が代とする。 

 2:日本国民は国旗及び国歌を尊重しなければならない。


第5条

 天皇はこの憲法に定める国事に関する行為を行い、国政に関する権能を有しない。

       ・
       ・
       ・
       ・
       ・


第2章 国防と安全保障

1:我が国の主権・領土・国益・国民の安全を保証するため陸・海・空その他の軍を設置する。

  附則1:我が国の陸・海・空その他の軍は軍法を制定し、刑法民法等の影響は受けない、軍に属する者は軍法に従いそれを犯したときは査問委員会及び軍法裁判所において審判を受ける。

  附則2:我が国の陸・海・空その他の軍は交戦規定を制定し交戦に際してはこれに従う。


2:日本国民は、祖国を防衛する権利及び義務を有する。

  附則1:国家のため、国民のため軍に属し戦争・紛争等により負傷せし者は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する、その命をもって国防等に寄与した者は靖国神社等における国家による慰霊の権利を有し、その遺族は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する。


3:日本の陸海空軍その他の戦力は、日本の領土・領海・領空その他日本の主権・国民・資源・権益を守る義務を有する。

  附則1:国家転覆・破壊活動・治安・秩序の破壊それに類する行為、他国による諜報・工作に加担すると司法が判断した者は守るべき国民から例外的に除外される。


4:日本国政府は外国及び国内の国家転覆・破壊勢力による諜報・工作などから我が国と国民を守るため情報防諜機関を設置し活用なければならない。

5:我が国及び国民に脅威をもたらすあらゆる戦争・紛争等における交戦権はこれを認める。

  附則1:国家間の戦争・紛争における政治的判断は内閣に委ねられ責任は内閣が負う、但し現場における緊急時の交戦権はこれを妨げない。

  附則2:我が国は世界諸国と平和と安定のため同盟国とともに、いかなる侵略行為、日本国とその友邦の自存・自衛を脅かす行為に対して戦う権利を有する。


6:領空・領海その他の侵犯及び、侵略行為、武力攻撃、テロ活動などのそれに類する緊急時における判断は交戦規定に従い各軍の現場の判断に委ねられる。

7:武力侵攻・国内紛争・テロ活動・大規模自然災害及び国会が緊急時と認めた場合、内閣は速やかに緊急事態宣言を発令し国家及び国民の安全を確保するため必要な最善の手段を取らねばならない。

8:この憲法に定められていない我が国の陸・海・空その他の軍の行動は交戦規定及び軍法に従い判断される。

  附則1:各軍の指揮は各軍の長が摂り、防衛相が統括し、最高指揮権は内閣総理大臣が有する。





PCでは↑のスクロールバーで見れるのですがスマホ等で見られないと思います
スマホ等でご覧の方にはお手数ですが以下の過去記事を参照してください

<参考過去記事>

【憲法問題】憲法改正私案 まだ途中~ 自分の国は自分で守ると言う強い意志と国家観を憲法に反映させることが重要ではないだろうか?
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-1672.html





戦争というとすぐにアレルギーを出す者が多いけど、自国を侵略者から守ることも戦争(祖国防衛戦争)
結局日本の防衛のためには憲法を変えて『交戦権を認めない限り』いくら軍備を増やしても根本的なところで足枷になる




★:注意とお願い★

 最近コメントをしていただけるのはありがたいのですが、コメントに名前を入れずに空欄でコメントされる方が多いです(ホストを確認すれば8割方は同一なのですが)
過去に何度かコメントしましたがコメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を(他人の振りをするのも含む)名乗る等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)




※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

コメント欄・トラックバックをご利用される方は左のプロフィール下の【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】をご一読下さい。

<注意事項>

特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、口調が喧嘩腰、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもや
営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿など
宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど
管理人が不適切と判断した場合は基本的に削除します。
コメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を名乗る(他人の振りをするのも含む)等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)
悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。
違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。



尚、コメントは全て拝読させて頂いておりますが、当方の仕事の都合等でお返事出来ない時がありますので平にご容赦下さい。

※:書き起こしについては誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので引用される場合はご注意を。

■ 追 記

民主党の深い闇


勢いで作った。印刷用PDFはこちら
拡散!菅直人・鳩山由紀夫 拉致容疑者親族周辺団体へ献金
菅首相と鳩山元首相、その他民主党議員と民主党の北朝鮮の拉致容疑者親族周辺団体への献金とつながり。
All sizes  被災地よりも韓国!野田氏、5.4兆円支援を韓国に約束!!  Flickr - Photo Sharing!
被災地よりも韓国!野田氏、5.4兆円支援を韓国に約束!!




祝!アニメ「銀魂」10月復活!
10月の再開を待ちつつ・・・


アルファポリスWeb漫画セレクション
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
長編 連載中 漫画:竿尾悟/原作:柳内たくみ

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり  第12回
http://www.alphapolis.co.jp/manga/view_manga_opening.php?manga_sele_id=138000030






さくや 07 セリフ付

ランキング用


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

【尖閣】尖閣危機 日本より切迫感…米国…世界の国は軍事力を背景にした無慈悲なパワーポリティクス(外交)で動く 【対中抑止】日中戦わば…膨大な犠牲で尖閣上陸した後、米軍に敗北=中国報道 尖閣死守へ自衛隊“最強部隊”が待機!その驚くべき能力 【現場が頑張っても政治家が…】中国の核の恫喝の場合も含めて民主党政権を打倒と根本的な解決にならない! 【脱・特亜で!】SAPIO 「新・大東亜共栄圏」で中国抜きの繁栄構想を提唱


よかったら応援クリックお願いします。

ランキング用



女性自衛官  敬礼 3



 中国における反日デモ・・とりあえずのピークは過ぎたようだけれども、未だ緊張状態にあるのが尖閣沖・・・

自国漁船立ち入り主権主張ねらいか NHK

この後尖閣の動静がどうなるのか今持って断言できる状態にはないとは思うけれどある程度の予想・予測は出来ると思う
特に日本自身の尖閣をどう守るのかという事ももんだだが、それと同時に重要なのがアメリカの動き
無論尖閣は日本領なので日本人自身が守るべきだし、そうあるべきだと自分は思う。
だが事、尖閣での緊張・・いわゆる外交は軍事力の強さによる影響を非常に受ける
つまり外交はパワーバランス(軍事力)によって決まると言っても過言ではない


たかじんNOマネー【動画と一部書き起こし】自衛隊・防衛を考える…自衛隊を縛る憲法と法律、戦後の日本人は平和を願い戦争を忌み嫌うがゆえに軍事を日常生活から排除…しかし世界の国は軍事力を背景にした無慈悲な外交で動いており軍事が分からなければ世界は見えない
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-1482.html


RIMG0164_20120414194746.jpg
だが、好むと好まざるに関わらず
世界の国は軍事力を背景にした
無慈悲なパワーポリティクス(外交)で動いており


RIMG0165_20120414194746.jpg
軍事が分からなければ
世界は見えない



そうなってくると当然米軍がどう動くかは非常に重要・・・
ということで以下の記事を紹介します。



【あめりかノート】
ワシントン駐在編集特別委員・古森義久
2012.9.20 03:11 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120920/amr12092003120000-n1.htm

 ■尖閣危機 日本より切迫感

 「中国は海洋紛争の関係諸国に対し好戦的な暴漢のようにふるまい、とくに日本に向かって官営メディアやブログが国内の反日感情をあおり、各都市で反日暴動まで起こしているが、米国はあくまで同盟国としての日本を支援します」

 日本側としては、ほっとさせられる言明だった。米国連邦議会の下院外交委員会がつい先週、開いた南シナ海などでの中国パワー拡張についての公聴会だった。その冒頭で委員長のイリアナ・ロスレイティネン議員が中国の南シナ海から西太平洋での行動を無法だと非難し、その軍事の攻撃や威嚇には米国海軍を使っても日本やフィリピンを守るとまで明言したのだ。


 オバマ政権の高官たちの「尖閣には日米安保条約が適用される」という無機質な言明にちょっと息を吹きこむと、こうなるのか。伝統的に同盟の絆を重視し、しかもいまは野党の共和党の議員だから、こうした日本擁護の強い言葉が出るのか。

 だがオバマ政権と同じ民主党の同外交委筆頭メンバーのハワード・バーマン議員からも意外に強い見解が表明された。

 「南シナ海などでの今回の緊迫は中国側が一方的に火をつけました。中国の領有権主張はいつも膨張的で根拠が不明確なのに、いままたさらに攻撃的、挑発的となった。オバマ政権は中国のアジア海域での覇権の拡張を許さないでしょう」

 中国側の反日の部分にも鋭い批判がぶつけられた。中国政府の人権弾圧を長年、糾弾してきた共和党のクリス・スミス議員の発言だった。

 「中国の独裁政権は反日をあおるために、インターネットの検索でも『拷問』というと、戦時の日本軍の残虐行動の事例だけが山のように出るようにしています。古い出来事を昨日のことのように提示し、自分たちの現在の拷問はすべて隠す。日本はこうした動きに真剣な懸念を抱くべきです」

 米国側はこの種の領有権紛争にはもちろん超党派で平和的な解決を求めるが、この公聴会は尖閣を含む中国がらみの海洋紛争をすでに軍事課題に近い位置づけをしていることが明白だった。ロスレイティネン委員長も冒頭の声明で「中国の西太平洋までもの覇権の追求のために海洋での軍事衝突の可能性が確実に高まってきました」と述べていたのだ。だから南シナ海、東シナ海での米軍の戦力強化もしきりに論じられた。

 その過程でロバート・ターナー(共和党)、ジェラルド・コナリー(民主党)、ブラッド・シャーマン(同)の3議員からはっきり日本の名をあげての「防衛費の増額」「米国との共同防衛の強化」そして「尖閣諸島の独自の防衛」の要請がなされた。

 証人として発言したトシ・ヨシハラ米海軍大学教授は「尖閣防衛の主責任は当然、日本にあり、万が一の中国の尖閣攻撃には日本が最初に自力で対処して、反撃しなければ、日米共同防衛も機能しないでしょう」と述べた。こうして最悪の事態の軍事衝突を想定して、その対処への能力の強化を語るのは、軍事の強固な備えがあれば、軍事攻撃が防げるという抑止の思考からだろう。

 こうした米国議会での尖閣に触れる議論は政権の公式言明よりはずっと米側全体の本音に近いだろう。その本音は尖閣紛争を日本側よりもはるかに深刻に、切迫した危機としてみているように思えるのだった。





ぶっちゃけ、尖閣を取られたら台湾防衛やアメリカのアジア戦略が崩れていくので尖閣防衛は日本以上に重要ではないのかと思うけれど


RIMG0673.jpg
別冊宝島
自衛隊は中国軍とこう戦う!
田母神俊雄の自衛隊VS中国軍 P34・35より



やはり問題は民主党野田政権・・・

鳩・菅同様あてにならない
というか下手をすると選挙において「ジミンガー」で責任転嫁しかねない。




さて、それでは日中で仮に戦闘が行われたら・・・
ということで(情報元はサーチナだが)見てみたい。




日中戦わば…膨大な犠牲で尖閣上陸した後、米軍に敗北=中国報道
2012/09/20(木) 12:53 サーチナ
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0920&f=politics_0920_012.shtml

 新華社系のニュースサイト「新華網」は20日、ロシアの軍事専門家による「中国が軍事的手段により尖閣諸島奪取を図った場合」の戦況シミュレーションを掲載した。中国は膨大な犠牲を出した上で尖閣諸島に上陸できるが、日米安保条約にもとづき出撃した米軍に敗れるという。同記事は、中国新聞社など中国の多メディアも転載した。


 まず、ロシア戦略技術分析センターのワシリー・カーシェン高級研究員の見方を掲載した。海上兵力について、数量の面で中国が日本を圧倒しているが、質の面では日本よりはるかに劣っている。

 中国側の潜水艦部隊は日本にとって一定の脅威になるが、日本の対潜水艦作戦能力は、極めてすぐれている。「経験、装備、戦術のどれをとっても、米軍より優れている」と認める米国の専門家もいる。中国の潜水艦部隊は訓練の回数も極めて不足している。

 ロシア地縁政治学院のカスダンディン・シフコフ第一副院長は、中国の海空軍能力を比較的高く評価した。まず、中国は数量の面で日本を圧倒している。島を奪取する目的があれば、中国は戦闘機400-500機を出動させる。ディーゼル潜水艦は20隻、原子力潜水艦は3隻までを動員できる。大陸から距離があるため、大量のミサイル艦を出動させる可能性もある。

 日本が動員できるのは、戦闘機など150機、ディーゼル潜水艦、護衛艦など5-10隻で、兵力は中国の3分の1程度にすぎない。ただし、中国空軍は旧型機が主体で、日本の戦闘機は能力面で決定的に優勢。中国は、早期空中警戒機も不足しており、日本側は制空権を確保できる。数と質の両面を考えれば、日中の戦力は拮抗しているという。

 カーシェン高級研究員は、戦闘が勃発すれば中国側は攻撃、日本側は防御に回ると指摘。重要なのは、中国は軽型を含めミサイル艦を大量に保有していることで、日本の艦隊に壊滅的打撃を与えることができる。したがって、日本側が中国軍による尖閣諸島上陸を阻止することは難しい。中国軍は日本の海空兵力に打撃を与える一方で、空挺(くうてい)部隊による尖閣上陸を試みることができる。

 ただし、「尖閣上陸作戦」を決行するとすれば、中国側は莫大な犠牲をはらうことになる。シフコフ第一副院長にょれば、中国空軍は戦闘機150機程度が撃墜され、日本側は航空機数十機が撃墜されると考えてよい。

 その後、米軍が日米安全保障条約にもとづき全面介入すれば、中国軍は撃退されることになる。米国が介入する可能性は極めて高く中国側は軍事行動にでることを控えるとみられる。日本に対しては、経済面での措置に出る可能性が高いという。(編集担当:如月隼人)




以下の記事はZAKZAKより


尖閣死守へ自衛隊“最強部隊”が待機!その驚くべき能力
2012.09.19 ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120919/plt1209191810009-n1.htm

沖縄・尖閣諸島魚釣島付近を航行する中国の海洋監視船「海監51」を海上自衛隊のP3C哨戒機が監視。中国の不遜な圧力に海自、海保とも全力で対応している
沖縄・尖閣諸島魚釣島付近を航行する中国の海洋監視船「海監51」を海上自衛隊のP3C哨戒機が監視。中国の不遜な圧力に海自、海保とも全力で対応している

 沖縄県・尖閣諸島の周辺海域で緊張状態が続いている。中国の漁業監視船「漁政」や、海洋監視船「海監」が18日、日本の接続水域に入り、うち「海監」3隻が日本領海に侵入したが、19日も中国漁船の大量襲来が懸念されている。こうしたなか、中国漁船が尖閣諸島に強行上陸して、漁民らが居座り、中国側が実効支配するという事態を阻止するため、海上保安庁だけでなく、自衛隊の最強部隊もひそかに待機していることが分かった。 

 「中国メディアは『漁船1000隻が尖閣に向かう』と報じていたが、私の中国の情報源は『(尖閣に行くとすれば)浙江省と福建省から100隻、香港から100隻だろう』と分析していた。海保も自衛隊も警戒態勢を敷いているのは間違いない」


 領土問題を徹底取材しているフォトジャーナリストの山本皓一氏は19日朝、尖閣に近い石垣島に向かう直前、那覇市内でこう語った。

 通常、沖縄近海の太平洋や東シナ海を管轄する第11管区海上保安本部には20隻程度の船艇が配備されている。今回、中国漁船や中国公船の領海侵犯や尖閣上陸を阻止するため、全国の海上保安本部からの応援を得て約50隻の巡視船・巡視艇で警戒に当たっている。

 19日午前、尖閣周辺の接続水域内を、中国の漁業監視船「漁政」2隻が航行しているのが確認された。18日には「漁政」2隻と海洋監視船「海監」10隻の計12隻が接続水域に入り、うち「海監」3隻が日本領海に侵入するなど、中国側の挑発行為は続いている。

 警戒に当たっている約50隻の海保船艇には、40ミリ機関砲を装備した高速高機能大型巡視船「あそ」や、海保の特殊部隊が乗船した巡視船2隻も含まれる。関係者は「警備レベルを上げている。退去命令に従わなければ、検挙する」と語る。

 中国は南シナ海で、ベトナムやフィリピンも領有権を主張している無人島や岩礁にまず漁民が乗り込み、最初は漁民の避難小屋を建て、そのうち海洋監視船を常駐させるなど、実効支配を広げている。

 これは、尖閣でも起こり得る事態だ。

 7月上旬、香港のテレビに出演した、中国人民解放軍の強硬派、羅援少将は「魚釣島付近に軍事演習地区およびミサイル試験発射地区を設けるべき。漁船には民兵や予備役を乗船させ、集団で操業すべきだ。魚釣島を航空兵の射的場にすべきだ」などと堂々と唱えている。


 このため、海保だけでなく、自衛隊も警戒態勢を敷いている。

 関係者によると、イージス艦や護衛艦など複数の艦船が尖閣近海で警戒しているうえ、哨戒機P3Cなどが空から東シナ海を監視している。

 加えて、島しょ防衛・奪還を主な任務とする陸上自衛隊「西部方面普通科連隊」(長崎県佐世保市)をはじめ、米軍最強の海軍特殊部隊(ネイビーシールズ)を参考に創設された海上自衛隊「特別警備隊」(広島県江田島市)も、万が一に備えて待機しているとされる。
 西部方面普通科連隊は先月末から今月26日まで、「島しょ防衛の能力向上」を目的として、沖縄に司令部を置く米第3海兵遠征軍と共同訓練を実施している。訓練場所は、沖縄から北マリアナ諸島のテニアン島までの海域と、グアム、テニアン島といい、練度は高い。


 特別警備隊は、能登半島沖不審船事件の教訓を基に設立された特殊部隊で、海上警備行動時における不審船の武装解除および無力化を主任務としている。「特別警備隊こそ、自衛隊最強部隊」という関係者もいる。

 自衛隊の精鋭部隊は、尖閣諸島を死守できるのか。

 先月中旬、尖閣・魚釣島の山頂付近にある断崖絶壁に日の丸を掲げた元海上自衛隊特別警備隊先任小隊長の伊藤祐靖(すけやす)氏は「西部方面普通科連隊は、尖閣に待機して、上陸してきた中国人を排除する能力がある。特別警備隊は、万が一、中国人に上陸されて居座られた場合、上陸して奪還する能力にたけている。陸上自衛隊の特殊部隊『特殊作戦群』(千葉県船橋市)も待機しているのではないか。ともかく、首相官邸が判断さえすれば、国民の期待に応えて十分尖閣を守れる」と語った。




P-3Cアップデート2.5 EMS翼端 第5航空隊(那覇)

ヘリコプター搭載型巡視船 PLH31しきしま

この上記の記事を読むと、通常兵器による戦闘においてはいざ戦闘が行われたとしても自衛隊や海保・米軍協力の下中国の野望を阻止できると思う。
ただ、問題なのが核による恫喝があった場合である。
その時は中国は国際的な信用を失うだろうがメンツにこだわる中国の場合ないとも言えない
中国による核を使った恫喝・・そんなことになれば少なくともサヨクメディアがしきりに何故か日本政府批判を繰り返し
自称平和市民団体なるものが脱原発デモの如き集団でこれまた何故か中国大使館ではなく日本政府の官邸を取り囲み抗議の声を上げるだろう・・いやその可能性がある。

もともと日本の主権や領土を守る気概のない民主党政権(おそらくは民主党でなくとも)その場合はほぼお手上げ状態になるのかもしれない
唯一方策があるとするなら国際世論に訴えて全世界規模的な核兵器による恫喝批判の世論を作り圧力を加えるか
それとも実は日本には核兵器があると(止まっている原発の核燃料で作った、もしくはアメリカもしくは第3国から購入・譲渡を受けたとハッタリでもいいから)宣言する
これぐらいしかないのではないだろうか?

どれも現実的には難しく核武装のない日本には不利なことに変わりはない。
この核のカードを中国に切らせない・・もしくは切る前に方を付ける(自衛隊の配置などで実効支配を決定づける)ことができるかどうかが問題なのかもしれない。

3.18委員会-3  03

非核三原則では日本は守れない!

RIMG5667.jpg

【田母神俊雄】8.6広島・三たびヒロシマの平和を疑う![桜H23/8/23]



もっとも、海上保安庁が頑張っても、自衛隊が支那海軍より強くても、通常戦だろうと核による恫喝があろうと、いざとなったら米軍による介入・・アメリカの核の傘があろうとも
結局今の野田民主党政権が折れてしまったら全てはご破産・・・

事勿れ主義に陥って何もしなければ現場だけ苦労して政治家が逃げて全てを奪われていく・・・


実際、この日本の主権・領土の危機現場(海保や警察)は命を張っているのに、国民に責任を取るべき政府(政治家)が命(政治生命)を張らないのである。

これほど理不尽なことがあるだろうか?
こんなことで日本の主権・領土や国民の安全が守られるわけがない


結局民主党政権を倒さない限りダメなのだ

1.29委員会-4  19

この時期、政治的空白はどうのと言って民主党政権を擁護する者もいるかもしれないが
状況はあの東日本大震災・福島第一原発事故の時と一緒・・・


2012年9月19日 アンカー 06

時の菅首相を筆頭に民主党政権、民主党議員たちは有効な手立ては何もしない
返って遅れるばかり


それどころか自分たちの政治生命の保身と事勿れ主義に走る始末



菅首相(在日韓国人からの違法献金)
フジテレビ系(FNN) 3月11日(金)12時7分配信

RIMG4587.jpg
RIMG4588.jpg
(週刊文春2011年4月14日号)



15分で振り返る政権交代後の2年3ヶ月

http://youtu.be/vMxl286K_8I
youtubeの制限である15分、ニコニコ動画非プレミアムの40MBに
政権交代後~現在に至るまでの出来事を
政治との関連性に重視を置いた上で、むりやり詰め込んでみました。
そのため、多くの動画が切り貼りされています。

ニコニコ動画 http://www.nicovideo.jp/watch/sm16550570
DL用 http://ll.la/Z9w(

【参考サイト】
wiki/口蹄疫
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A3%E8%B9%84%E7%96%AB
wiki/尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%96%E9%96%A3%E8%AB%B8%E5%B3%B6%E4%B8%AD%E5...
wiki/福島第一原子力発電所事故
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%8E%9F%E5...
wiki/福島第一原子力発電所事故の経緯
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%8E%9F%E5...

【参考動画】
麻生太郎首相 退任の日
http://www.youtube.com/watch?v=b7l6559Hqv0
麻生内閣総理大臣 記者会見 20090916
http://www.youtube.com/watch?v=LRHR_BvQNWs
鳩山首相国連演説(全文) 温室効果ガス25%削減 中期目標を表明
http://www.youtube.com/watch?v=KPXRXDf4jgM
20091112事業仕分けに賛否両論(文革発言0:27~)
http://www.youtube.com/watch?v=IfmI1aeiRgA
尖閣衝突ビデオ A
http://www.youtube.com/watch?v=PO3icKluj7o
尖閣諸島衝突抗議デモ4500人以上 2010年11月6日 Demonstration parade in Japan
http://www.youtube.com/watch?v=WGYyLXEM7Hc
元海上保安官、一色正春氏講演その1 Senkaku Japan
http://www.youtube.com/watch?v=enbk7z8xJlQ
南三陸町志津川高校から見た津波の様子 Tsunami attacking in Minami-Sanriku
http://www.youtube.com/watch?v=8vZR0Rq1Rfw
市原コスモ石油 「BLEVE」の様な大爆発2回目17:21
http://www.youtube.com/watch?v=dbQTflRNVJE
福島第一原発 爆発の瞬間 2011 03 12 1536頃発生
http://www.youtube.com/watch?v=1evoo8ab9kA
福島第一原発三号機爆発 【転載】
http://www.youtube.com/watch?v=OiZmLqWnjgc
2011.3.17福島第一原発3号機 自衛隊へソ放水開始
http://www.youtube.com/watch?v=0EQn5nIG_rw
原発での活動映像を初公開 東京消防庁
http://www.youtube.com/watch?v=MVqgYx2Tox0
東日本大震災 都知事、東京消防庁隊員らの活動たたえる
http://www.youtube.com/watch?v=J8stjJypbgI
三橋貴明 TPPの恐るべき真実 1/3
http://www.youtube.com/watch?v=Vp8Cbw_siGo
1/3【経済討論】亡国最終兵器 TPPの真実[桜H23/11/5]
http://www.youtube.com/watch?v=buBpYJO3Vro





2012年9月19日 アンカー 10
2012年9月5日 アンカー 24
アンカー 2012.08.22 09
アンカー 2012.08.22 10



今、日本の外の敵は誰が見ても中国・韓国(北朝鮮)ロシアだが

アジアの脅威 支那(中国)!2011

内なる敵は民主党である。

民主党の支持関係団体

日本に仇なし、日本国民を苦しめてきた民主党政権

たかじん 20120108  06
(野田)(鳩山)(菅)

1.29委員会-4  19

もう民主党政権はいらない!

早期の解散総選挙と民主党政権打倒


20120109081648920_20120428062603.jpg

保守大同団結による国を守る為の新政権樹立を切に願う!





 最後にこの記事を紹介・・・今だからこそ勘解るべき問題。
ただし、自分個人の意見問しては中国抜きではなく、特亜(中国・韓国・北朝鮮)抜きで


2012年6月24日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」より

たかじん0624 35
勝谷氏
「(前略)・・・
それでみなさん東アジアって言うけど、あれはあの・・
朝鮮半島とあの中国はあれ特別アジア・・特亜って言うんですあそこね
で、我々仲良くするのは海洋アジアと仲良くするんですよ・・それで包囲網を作る

辛抱氏
「あの・・やっぱり一番シンプルなのが宮嶋さんの
しょせん敵

たかじん0624 36



麻生総理が提唱していた「自由と繁栄の弧」をもとにして対特亜包囲網的な「新・大東亜共栄圏」とすべきだと思う。


自由と繁栄の弧
自由と繁栄の弧 オイルロード

中国の野望
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (3)


<以下参照>

SAPIO 「新・大東亜共栄圏」で中国抜きの繁栄構想を提唱
2012.09.20 07:00 NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20120920_144222.html

 国際情報誌・SAPIOが9月20日発売号で『「新・大東亜共栄圏」中国抜きの“アジア繁栄構想”を提唱する――』との大特集を打ち出した。その狙いは何か、以下は同誌の巻頭言だ。

 * * *
 本誌は敢えて「禁句」を提唱する。

 日本の戦後論壇では、日本を「アジアの盟主」と呼んだり、「アジアの共栄圏」を唱えたりすることはタブーとされてきた。もちろん、先の大戦の反省と贖罪のため、「忍び難きを忍」んで言葉を呑み込んできたからだ。

 その間、戦争の大義を勝者の論理で押し殺された恨みは深く国民に沈澱し、反動から「禁句」をことさら口にする論客ももちろんいたが、結果、世界と日本人にその思想の中核が理解されることは難しかった。だから「敢えて」なのである。

 いまアジアは大きな岐路に立っている。日本の敗戦という大きな断層があったにもかかわらず、過去100余年間、アジアの発展の先頭を走り続けてきたのは常に日本だった。いまや「日本、恐るるに足らず」と鼻息荒い中国や韓国も、戦中のインフラや教育の整備のみならず、戦後も敗戦国たる日本からの援助によって近代化を進めざるを得なかったのが実情なのだ。

 ところが、その中国、韓国の台頭によってアジアのパワーバランスは崩れた。時同じくして、日本が先進国、大国ゆえの変革の必要性に一歩早く迫られたことで、「我こそは新・アジアの盟主」と肩をいからせる国が、領土、経済、外交で幅を利かせ始めている。

 一方で、戦中に日本が開発に国家の命運を懸けた東南アジアは、ようやく高度経済成長期を迎えており、EUに次ぐ巨大経済連合の姿が見え始めた。文化圏、経済圏は少し異なるが、インドの急成長も周知の通りである。

 残念なことに、尖閣・竹島問題を見ても明らかなように、中国、韓国が歴史を捏造してまで日本を敵視する姿勢を続ける限り、日中韓の連携によるアジア共栄の道はなかなか難しい。が、それを「石の上にも三年」と待ち続ける時間は、日本の現状からも東南アジアの成長スピードから考えても、もはやない。

 この複雑な連立方程式の解こそ、今の時代に求められる「新・大東亜共栄圏」である。要らぬ批判を受けぬために銘記しておきたいが、これはいたずらに中韓を敵視するものではない。しかし、本来なら手を携えてアジアの発展に尽力すべき両国が、その道を好まぬなら、ひとまずそちらは時間がかかるものと覚悟し、まずは伴に歩める国々と先に進むしかあるまい。

 冒頭に引用した「玉音放送」の一節はあまりにも有名だが、同じ詔勅のなかで昭和天皇は、こうも述べている。

「米英二国に宣戦せる所以もまた実に帝国の自存と東亜の安定とを庶幾するに出て、他国の主権を排し、領土を侵すが如きは、固より朕が志にあらず」

 豊穣な自然と勤勉な人々、地政学的な要所を抱くアジアは、発展の後れゆえに先を行く国々に常に翻弄されてきた。先の大戦の大義が欧米列強からのアジアの自立自存にあったとすれば、現代はむしろ同じアジアにはびこる新・帝国主義からの自立自存が必要かもしれないことは悲しむべき皮肉だ。

 反論も大いに歓迎したい。今こそタブーを排し、「新・大東亜共栄圏」の在り方を論じる時だ。

※SAPIO2012年10月3・10日号




(2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ!より)

2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (1)
「中国は南シナ海の殆どを自国の領土だと主張
その形から赤い舌とも呼ばれています」

2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (2)
「さらに中国はインド洋沿岸国に拠点港を確保
真珠の首飾りと呼ばれる戦略でインド洋の主権を狙っているとみられています。」

2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (3)

2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (4)



自分の国は自分で守ると言う強い意志を中国に対して見せなければならない

(2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ!より)

2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (5)
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (6)
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (7)
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (8)
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (9)
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (10)
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (11)
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (12)
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (13)
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (14)
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (15)
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (16)



国民だけでなく日本国として国土を守る意思を!

尖閣防衛 領土防衛 2

防人たちの日本防衛の任務達成と無事なる帰還を祈りたい。


新報道2001 20120916 14

日本が今やるべきことは

アンカー 2012.08.22 19

尖閣諸島で日本がやるべきことは施設を建設して、自衛隊を駐留


迫り来る中国による侵略の脅威

※この近未来ムービーはフィクションであり、実際のニュースではありません

尖閣紛争勃発! 近未来ムービー





尖閣諸島は日本固有の領土である!


尖閣諸島が中国領ではない5つの理由

http://youtu.be/05x4iciT_z8
『尖閣諸島が中国領でない5つの理由』

1. 国際法は、1971年まで日本の尖閣諸島の領有に一度も抗議を行わなかった中国の権原を認めない。

2. 尖閣諸島を発見したのは中国人ではなく琉球人である。

3. 中国が尖閣諸島を実効支配した歴史的事実は存在しない。

4. 林子平の『琉球三省並三十六島之図』(1786)は、当時の日本が尖閣諸島を中国領と認めた根拠にはならない。

5. 尖閣諸島がかつて中国領であった歴史的事実が存在しない以上、カイロ宣言は尖閣諸島と無関係である。


結論:中国による尖閣諸島の領有権の主張は、中国の帝国主義以外の何ものでもない。

英語版/English Version
http://www.youtube.com/watch?v=gnlr_OBN2uw

参考文献・サイト
外務省
http://www.mofa.go.jp/region/asia-pac...

尖閣諸島の領有権問題
http://senkakujapan.nobody.jp/

制作: WJFプロジェクト
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/




「国防動員法」「民事訴訟法第231条」日本国民の知らない中国の脅威!

7 minute Lesson on the History of PRC 7分でわかる中華人民共和国の歴史




憲法改正or新憲法制定 平和憲法という名の非平和憲法の改正・破棄を

※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい



■憲法問題


 一応自分が考えた憲法改正案(2012年9月6日版)です
まだ全然出来上がってないし、素人考えなのですが、いろいろと現行憲法には不満や、現実に即してないところが有りつねづね憲法を変えなければと主張していた者としてどういうものがいいのかと、自分個人としてはこうしたものであったらいいなという思いで書いてみました。
現行憲法や自民党改憲案、スイス民間防衛などを参考にはしてますがそうしたものが微塵もないところもあったりします・・・。
おそらく9条教信者やサヨクなら卒倒の内容ですがこれぐらいはやらないといけないかなと思ったりもします、まあサヨクマスコミがこぞって反対してまずこのような憲法はできないでしょうけど・・・。
ちなみに第2章が○条となってないのは第1章がまだ完全に埋まってないからです。


憲法改正案 (2012年9月6日版)まだ途中~


(前文)

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首であるが、日本国の主権は天皇の名において日本国民に与えられる。
この憲法の制定にあたっては天皇より全件を与えられた日本国民の総意に基づく。


 日本国は長い歴史と伝統、文化を育み、偉大なる先人、偉人、英霊はもとより名も無き人々と、国家と国民の安寧と繁栄、五穀豊穣を日本の八百万の神々に祈ってきた天皇を中心とした国家として成り立ってきた
この日本国を守ることは今を生きる我々国民の総意であり、歴史を紡いできた先人たちとの約束である。この日本国を安定的かつ平和的に次の世代へこれを受け渡すのは今を生きるものとしての義務である。


 我々日本国民には日本国の主権者としての責任がある、時のあらゆる政の代表者、指導者を直接的にも間接的にも選ぶのは我々自身であり我が国の将来を決めるのはその時を生きる日本国民である、そのため我々日本国民は常に世界情勢、外交、安全保障、政治の流れに注意を払う努力を惜しむべきではない。

 日本国の独立・安全保障は、我々国民の国防意識と努力によって左右される、他国からの自由と独立は、我々の財産の中で最も尊いものであり、断じて、自ら努力することなく得られるものではない
自由と独立は、絶えず守らねばならない権利であり、事に望んでは言葉や文章だけの理想論ではなく、手に武器を持ち戦って、初めて得られるものである。我々日本国民はそれを認識し覚悟し、日本国に忠誠を誓い、我が国の自由と独立、国民の安全を脅かす者には断固戦うことを宣言する。



 日本国におけるあらゆる政は、国民の厳正な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の中から選ばれた国民の代表者が行使し、その福利は国民がこれを享受する。
日本国民より選ばれた国民の代表者は主権者たる国民のため、日本国の主権、国益、名誉、平和と繁栄、自由と安全を守ることを何よりも優先し、そのために責任をもって行動し、それに反すると国民が認めたときは速やかにこれを辞さなければならない、これは日本国民の代表者としての義務である。

 日本国民は歴史を紡いできた先人と、我らが子孫のために、歴史と文化を学び、常に人格を磨き、徳操をやしない、勉学に励み、心身を鍛え、社会秩序の維持を心がけ責任感を持って日本国民として世界に恥ずかしくない教養と行動力を身に付けなる努力を惜しむべきではない、そのためには教育の充実は重要でありこれに力を入れるのは日本国繁栄のため必要だが、そのためには他国または外国人、反社会的な勢力による教育への不当かつ反日的な、反社会的な介入は日本国民の総意としてこれを拒否する。

 日本国は日本国民により正当に選挙された国会における日本国民の代表者を通じて行動し、我々と我らの子孫のため、日本国と日本国民のため日本国の長い歴史と伝統、文化を守り、国内の安定、国防に励み、自由と繁栄、他国からの独立を保ち友好的な友邦との共存共栄を目指しこの憲法を制定する。



第1章 天皇

第1条

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首である。

 2:日本国民は天皇を尊重しこれを犯してはならない。

第2条

 皇位は世襲のものであって、皇室典範の定めるところにより男系男子がこれを継承する。

第3条

 宮内省を置き天皇及び皇室の諸業務の補佐及び庶務等に当たり、天皇及び皇室を守る。

 2:人事は皇族から選任し、その多くの職員は皇室関係者によって占められなければならない。

第4条

 国旗は日章旗とし、国歌は君が代とする。 

 2:日本国民は国旗及び国歌を尊重しなければならない。


第5条

 天皇はこの憲法に定める国事に関する行為を行い、国政に関する権能を有しない。

       ・
       ・
       ・
       ・
       ・


第2章 国防と安全保障

1:我が国の主権・領土・国益・国民の安全を保証するため陸・海・空その他の軍を設置する。

  附則1:我が国の陸・海・空その他の軍は軍法を制定し、刑法民法等の影響は受けない、軍に属する者は軍法に従いそれを犯したときは査問委員会及び軍法裁判所において審判を受ける。

  附則2:我が国の陸・海・空その他の軍は交戦規定を制定し交戦に際してはこれに従う。


2:日本国民は、祖国を防衛する権利及び義務を有する。

  附則1:国家のため、国民のため軍に属し戦争・紛争等により負傷せし者は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する、その命をもって国防等に寄与した者は靖国神社等における国家による慰霊の権利を有し、その遺族は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する。


3:日本の陸海空軍その他の戦力は、日本の領土・領海・領空その他日本の主権・国民・資源・権益を守る義務を有する。

  附則1:国家転覆・破壊活動・治安・秩序の破壊それに類する行為、他国による諜報・工作に加担すると司法が判断した者は守るべき国民から例外的に除外される。


4:日本国政府は外国及び国内の国家転覆・破壊勢力による諜報・工作などから我が国と国民を守るため情報防諜機関を設置し活用なければならない。

5:我が国及び国民に脅威をもたらすあらゆる戦争・紛争等における交戦権はこれを認める。

  附則1:国家間の戦争・紛争における政治的判断は内閣に委ねられ責任は内閣が負う、但し現場における緊急時の交戦権はこれを妨げない。

  附則2:我が国は世界諸国と平和と安定のため同盟国とともに、いかなる侵略行為、日本国とその友邦の自存・自衛を脅かす行為に対して戦う権利を有する。


6:領空・領海その他の侵犯及び、侵略行為、武力攻撃、テロ活動などのそれに類する緊急時における判断は交戦規定に従い各軍の現場の判断に委ねられる。

7:武力侵攻・国内紛争・テロ活動・大規模自然災害及び国会が緊急時と認めた場合、内閣は速やかに緊急事態宣言を発令し国家及び国民の安全を確保するため必要な最善の手段を取らねばならない。

8:この憲法に定められていない我が国の陸・海・空その他の軍の行動は交戦規定及び軍法に従い判断される。

  附則1:各軍の指揮は各軍の長が摂り、防衛相が統括し、最高指揮権は内閣総理大臣が有する。





PCでは↑のスクロールバーで見れるのですがスマホ等で見られないと思います
スマホ等でご覧の方にはお手数ですが以下の過去記事を参照してください

<参考過去記事>

【憲法問題】憲法改正私案 まだ途中~ 自分の国は自分で守ると言う強い意志と国家観を憲法に反映させることが重要ではないだろうか?
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-1672.html





戦争というとすぐにアレルギーを出す者が多いけど、自国を侵略者から守ることも戦争(祖国防衛戦争)
結局日本の防衛のためには憲法を変えて『交戦権を認めない限り』いくら軍備を増やしても根本的なところで足枷になる




★:注意とお願い★

 最近コメントをしていただけるのはありがたいのですが、コメントに名前を入れずに空欄でコメントされる方が多いです(ホストを確認すれば8割方は同一なのですが)
過去に何度かコメントしましたがコメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を(他人の振りをするのも含む)名乗る等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)




※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

コメント欄・トラックバックをご利用される方は左のプロフィール下の【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】をご一読下さい。

<注意事項>

特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、口調が喧嘩腰、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもや
営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿など
宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど
管理人が不適切と判断した場合は基本的に削除します。
コメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を名乗る(他人の振りをするのも含む)等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)
悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。
違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。



尚、コメントは全て拝読させて頂いておりますが、当方の仕事の都合等でお返事出来ない時がありますので平にご容赦下さい。

※:書き起こしについては誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので引用される場合はご注意を。

■ 追 記

民主党の深い闇


勢いで作った。印刷用PDFはこちら
拡散!菅直人・鳩山由紀夫 拉致容疑者親族周辺団体へ献金
菅首相と鳩山元首相、その他民主党議員と民主党の北朝鮮の拉致容疑者親族周辺団体への献金とつながり。
All sizes  被災地よりも韓国!野田氏、5.4兆円支援を韓国に約束!!  Flickr - Photo Sharing!
被災地よりも韓国!野田氏、5.4兆円支援を韓国に約束!!




祝!アニメ「銀魂」10月復活!
10月の再開を待ちつつ・・・


アルファポリスWeb漫画セレクション
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
長編 連載中 漫画:竿尾悟/原作:柳内たくみ

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり  第12回
http://www.alphapolis.co.jp/manga/view_manga_opening.php?manga_sele_id=138000030






さくや 07 セリフ付

ランキング用


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

中国海軍のフリゲート艦2隻、尖閣諸島の北北西約150km海域に展開 …魚釣島の北およそ230kmの海域で浙江省の漁船700隻余りが操業 【緊迫の尖閣:尖閣は日本領】自分の国は自分で守ると言う強い意志を中国に対して見せなければならない!2012年9月19日水曜アンカー拉致問題・ 朝銀公的資金投入は拉致密約?人権救済法案閣議決定


よかったら応援クリックお願いします。

ランキング用



女性自衛官  敬礼 3



 とうとう中国海軍の動きが尖閣周辺で確認されたようです

中国海軍のフリゲート艦2隻、尖閣諸島の北北西約150km海域に展開

これですぐに海上自衛隊と激突ということにはならないとは思うが、とうとう中国の軍艦の姿が尖閣国有化後初めて確認されたことになります。
ここで日本が引くようなことをすればなし崩し的に中国に日本の主権が奪われることになるので現場は非常に厳しいと思うけれど一歩も引くことなく断固として中国の侵略行為に対処して欲しい。

中国海軍のフリゲート艦2隻、尖閣諸島の北北西約150km海域に展開 2
ちなみに以下の報道によると未だ尖閣沖で姿を確認できていない大漁船団の一部なのか魚釣島の北およそ230kmの海域で浙江省の漁船700隻余りが操業しているようです。


<以下参照>

中国海軍のフリゲート艦2隻、尖閣諸島の北北西約150km海域に展開
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00231868.html

中国海軍のフリゲート艦2隻、尖閣諸島の北北西約150km海域に展開
中国海軍のフリゲート艦2隻が、尖閣諸島の北北西およそ150kmの海域に展開していることがわかった。尖閣国有化以降、周辺海域での中国海軍の動きが具体的に明らかになったのは、初めてとなる。

日本政府筋によると、中国海軍のフリゲート艦2隻は、19日夕方から尖閣諸島の北北西およそ150kmの位置にいて、夜の時点まで、同じ海域にずっととどまっていることを確認したという。
一方、中国の通信社「中国新聞」は19日、浙江省の海洋・農業局の情報として、「釣魚島(魚釣島)の北およそ230kmの海域で、浙江省の漁船700隻余りが操業している」と伝えた。
この操業海域は、尖閣諸島と浙江省のほぼ中間にあたるため、中国側が「釣魚島の海域」を意図的に広くとらえている可能性を指摘する声も上がっている。

(09/20 06:02)


<参照終わり>

00.jpg
01_20120917191528.jpg
02_20120917191528.jpg
03_20120917191700.jpg
05_20120917191659.jpg

(2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ!より)

2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (1)
「中国は南シナ海の殆どを自国の領土だと主張
その形から赤い舌とも呼ばれています」


2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (2)
「さらに中国はインド洋沿岸国に拠点港を確保
真珠の首飾りと呼ばれる戦略でインド洋の主権を狙っているとみられています。」

2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (3)

2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (4)



自分の国は自分で守ると言う強い意志を中国に対して見せなければならない

(2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ!より)

2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (5)
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (6)
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (7)
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (8)
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (9)
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (10)
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (11)
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (12)
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (13)
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (14)
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (15)
2012年9月20日みのもんたの朝ズバッ! (16)



国民だけでなく日本国として国土を守る意思を!

尖閣防衛 領土防衛 2

防人たちの日本防衛の任務達成と無事なる帰還を祈りたい。


新報道2001 20120916 14

日本が今やるべきことは

アンカー 2012.08.22 19

尖閣諸島で日本がやるべきことは施設を建設して、自衛隊を駐留


迫り来る中国による侵略の脅威

※この近未来ムービーはフィクションであり、実際のニュースではありません

尖閣紛争勃発! 近未来ムービー





尖閣諸島は日本固有の領土である!


尖閣諸島が中国領ではない5つの理由

http://youtu.be/05x4iciT_z8
『尖閣諸島が中国領でない5つの理由』

1. 国際法は、1971年まで日本の尖閣諸島の領有に一度も抗議を行わなかった中国の権原を認めない。

2. 尖閣諸島を発見したのは中国人ではなく琉球人である。

3. 中国が尖閣諸島を実効支配した歴史的事実は存在しない。

4. 林子平の『琉球三省並三十六島之図』(1786)は、当時の日本が尖閣諸島を中国領と認めた根拠にはならない。

5. 尖閣諸島がかつて中国領であった歴史的事実が存在しない以上、カイロ宣言は尖閣諸島と無関係である。


結論:中国による尖閣諸島の領有権の主張は、中国の帝国主義以外の何ものでもない。

英語版/English Version
http://www.youtube.com/watch?v=gnlr_OBN2uw

参考文献・サイト
外務省
http://www.mofa.go.jp/region/asia-pac...

尖閣諸島の領有権問題
http://senkakujapan.nobody.jp/

制作: WJFプロジェクト
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/




「国防動員法」「民事訴訟法第231条」日本国民の知らない中国の脅威!

7 minute Lesson on the History of PRC 7分でわかる中華人民共和国の歴史






昨日2012年9月19日放送のアンカー


2012年9月19日 水曜アンカー 投稿者 atrec

非常にショッキングな内容です。
拉致問題で小泉訪朝の時にこんなことが水面下で行われ

2012年9月19日 アンカー 00
2012年9月19日 アンカー 01
2012年9月19日 アンカー 02

そして朝銀信用組合の処理に1兆4000億円注入・・しかも拉致密約のために

2012年9月19日 アンカー 03
2012年9月19日 アンカー 04

まだ拉致問題にも交渉で触れられてないのに遺骨返還で金を要求する北朝鮮・・・非常に腹立たしい。

2012年9月19日 アンカー 05
2012年9月19日 アンカー 06
2012年9月19日 アンカー 07
2012年9月19日 アンカー 08
2012年9月19日 アンカー 09

ちょっと時間なくて詳しい書き起こしはできませんが、「ぼやきくっくり」さんがなされていますので詳しくはそちらを参照してください。
そして昨日も取り上げた「人権救済法案の閣議決定」について青山繁晴氏が解説していましたのでその部分を「ぼやきくっくり」さんの書き起こしより(画像は当方で用意)紹介したいと思います。


ぼやきくっくり
「アンカー」朝銀公的資金投入は拉致密約&人権救済法案閣議決定&尖閣反日暴動
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1255.html



2012年9月19日 アンカー 09
青山繁晴
「従って、これは、その、拉致問題の解決というものが、北朝鮮との国交正常化と関係するんであれば、その、人民が、北朝鮮の国民が実際に飢えなくてすむように、するための手当ってことが保証されたら、その、密約とか、すり替えじゃなくて、本当の意味の経済協力だったら、日本は身代金じゃなくて、経済援助することはもちろんあります。それは、あの、賠償とかっていう話と別問題です。もちろん身代金とかいうことと別問題です。で、そのためにはですね、私たちの敗戦後の歴史というものを、その、領土問題と共通することとして、もう一度僕ら自身、有権者が見直すことがまず先決じゃないでしょうか。例えばこの拉致被害者の写真見ていただくとですね、私たちは現在の憲法によって平和な国でいられた、日本は戦争に負けたあと、誰も戦争で死んでないということになっていますね。僕も学校でそう教わりましたよ。しかしこの間の情報収集の時に、僕はもうあえて最後のほうは聞いたのは、結局北朝鮮にとって拉致被害者というものはですね、もちろん被害者と考えてない、彼らは。犯人なのに被害者として考えてない上に、実は、人質とすら考えてなくて、いわば戦利品だと思ってるって、こういうことですか?って言ったら、ある政府高官が、この人はまさしく、実は一時期防衛庁に、庁の時代に出向してたことがある、今は違う場所にいますが、この人が言ったのはですね、そうですよ、これは、私たち日本人が知らなかったタイプの新しい戦争なんです。戦争だったんですよ。だから拉致事件じゃなくて本当は、新しい僕らの、知らなかったタイプの戦争が行われてたということだから、北朝鮮はそういう解釈をしてるんですということだったんですよ。だから、平和憲法で平和だったってのはたまたま僕らがそうだっただけで、この拉致被害者の方々、これは政府認定の方々で、それ以外にも特定失踪者って方も含めてたくさんいらっしゃるってことを考えたら、その敗戦の歴史を見直すことから領土問題に対しても私たちはフェアな目を持って、国民がそうであったらあんな作られた暴動に、心をかき乱されることもない。そしてその上でですね、こういう最中(さなか)に、領土や拉致問題のこの最中に、今の政権が何をしてるかってことを最後にお話しせざるを得ません。はい、出して下さい



2012年9月19日 アンカー 10
村西利恵
「人権救済法案がきょう(19日)、閣議決定されました」

2012年9月19日 アンカー 11
青山繁晴
「はい、もうされたんですが、これ、あの、今日の話と一体どういう関係があるんだろうかと思われる人もいるかもしれませんが、実はこれ自民党政権時代から出てて、だから民主党だけの問題じゃないんですが、自民党政権時代は人権擁護法案って言ってるんですけど、要するに共通してるのはですね、こういう法律ができたら、人権委員会ってものが新たにできて、それも、その、政府の干渉を受けない、いわゆる3条委員会って強力な権限を持ってて、これができるとですよ、例えば僕が今日話したこのことは、その、北朝鮮のイメージを傷つける、従って例えば在日朝鮮人の方々の人権に関わるかもしれないとなったらですね、実は警察と全く関係なく、その、礼状もないまま、僕の家とか、独立総合研究所、家宅捜索できて、好きな物を押収していける。しかもそれを決定する人権委員会は、外国人でも人権委員になれると、いう、この恐るべき法案をですね、今日、閣議決定しちゃったんですよ

岡安譲
「それ言論統制じゃないですか」

青山繁晴
「そう、もちろん。もう言論だけの話じゃない」

2012年9月19日 アンカー 12
山本浩之
「いや、もう、もっと上行きますね」

2012年9月19日 アンカー 13
青山繁晴
「はい。そして、あの、何で今日だったかというとですね、これ今日、松原仁さんという拉致問題担当大臣いないんですよ。で、彼は拉致問題担当大臣ていうだけじゃなくて、この人権救済法案、その前の人権擁護法案にも反対なんですよ。日本の閣議は、一人でも大臣が反対したら、閣議決定できないんですよ

2012年9月19日 アンカー 14
山本浩之
「いないっていうのは、海外に行ってらっしゃるってことですよね」

2012年9月19日 アンカー 15
青山繁晴
「そうです。海外出張中なんですよ。だからもう、バレバレで」

村西利恵
「わざとこの日にした?」

2012年9月19日 アンカー 16
青山繁晴
わざとこの日にやってるんですよ。で、それを内閣に説明求めたらね、つまり普通は火曜日・金曜日ですから。いや、事情があって今日に繰り下げになっただけですと言ってるんですが、それだったらね、松原仁さんが帰ってくるのを待ってから閣議決定するなら、あの、試みるならやりなさいよ。こんなアンフェアなことをしてる内閣っていうのは、大津のいじめ事件の校長や先生と、実は同じで、敗戦後の日本が生み出してきた怪物の、情けない怪物の大人たちであってこの人たちを、はっきり申しますが、打ち倒すってことが、日本再建だと僕は思います

山本浩之
「ありがとうございました」

(いったんCM。番組最後に)

山本浩之
「ま、今日の青山さんの話、非常に生々しい話でしたが」

青山繁晴
「うん、あのね、お聞きになった方に、その、カネ払ったら帰ってくるんだったら払えばいいんじゃないかっていう人もいらっしゃるでしょ?ところが、横田めぐみちゃんをはじめ、内情をよく知ってしまった被害者はカネ払っても帰ってこないんです。そこが、そこも大きな問題なんです」

山本浩之
「分かりました。どうもありがとうございました」

(5時台の番組終了)




人権侵害救済法案・人権委員会設置法案・人権救済機関法案


※人権侵害救済法案(人権委員会設置法案)とは


※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい



RIMG5205_20110823112636.jpg
「まあ、とりあえずですね三つあげました・・今日は。
政策インデックスが・・驚くべきことにですね日本を解体する3法案をつくりますよ・・・
つくることをむかえますよという事が盛り込まれているわけですね
一番目、選択的夫婦別姓です
二番目、永住外国人の地方参政権



RIMG5206_20110823112635.jpg
RIMG5207_20110823112830.jpg
渡辺氏
「あのね、この問題ちょっと言わせていただきたいんですけどね
この外国人参政権インデックスに書かれているけどどうなんだという話になって
閣議決定昨年の6月鳩山内閣が返事したやつはですね。
憲法のですね93条2項にはですね
「地方公共団体の住民が直接これを選挙するものと規定している」
そうするとで・・・この住民というのは何かという・・・
「地方公共団体の区域内に住所を有する日本国民を意味するものと解するのが相当」
これ最高裁の見解をそのまま伝えてます・・・あの使ってます
そしてあの・・
「すなわち我が国の国籍を有する者を意味することは明らかである。」
ということを受けてあの・・・こういうですね
「政府も同様に考えているところである。」」



勝谷氏
「だから無理じゃん」


RIMG5208_20110823112829.jpg
渡辺氏
「だから憲法の定義はこういうことだからわが政府も・・民主党政府もこう考えてますよと・・・」


(※感想:はい、ここで民主党渡辺議員は都合のいいところだけしか言ってません。
確かに渡辺議員の言うように鳩山政権下で以下のような答弁書が閣議決定されています。


質問主意書:参議院ホームページ
質問主意書(答弁書)
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/174/touh/t174077.htm

質問第七七号 質問主意書 答弁書


<以下参照>

第174回国会(常会)

答弁書

答弁書第七七号

内閣参質一七四第七七号
  平成二十二年六月四日

内閣総理大臣 鳩 山 由 紀 夫   


       参議院議長 江 田 五 月 殿
参議院議員山谷えり子君提出永住外国人への地方参政権付与に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。


--------------------------------------------------------------------------------

   参議院議員山谷えり子君提出永住外国人への地方参政権付与に関する質問に対する答弁書

一について

 憲法第十五条第一項及び第九十三条第二項の規定の趣旨については、最高裁判所平成七年二月二十八日判決において、「憲法一五条一項にいう公務員を選定罷免する権利の保障が我が国に在留する外国人に対しても及ぶものと解すべきか否かについて考えると、憲法の右規定は、国民主権の原理に基づき、公務員の終局的任免権が国民に存することを表明したものにほかならないところ、主権が「日本国民」に存するものとする憲法前文及び一条の規定に照らせば、憲法の国民主権の原理における国民とは、日本国民すなわち我が国の国籍を有する者を意味することは明らかである。そうとすれば、公務員を選定罷免する権利を保障した憲法一五条一項の規定は、権利の性質上日本国民のみをその対象とし、右規定による権利の保障は、我が国に在留する外国人には及ばないものと解するのが相当である。そして、地方自治について定める憲法第八章は、九三条二項において、地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が直接これを選挙するものと規定しているのであるが、前記の国民主権の原理及びこれに基づく憲法一五条一項の規定の趣旨に鑑み、地方公共団体が我が国の統治機構の不可欠の要素を成すものであることをも併せ考えると、憲法九三条二項にいう「住民」とは、地方公共団体の区域内に住所を有する日本国民を意味するものと解するのが相当であり右規定は、我が国に在留する外国人に対して、地方公共団体の長、その議会の議員等の選挙の権利を保障したものということはできない」と判示されており、政府も同様に考えているところである。

二から四までについて

 永住外国人への地方参政権の付与の問題については、我が国の制度の根幹にかかわる重要な問題であることから、我が国の国境付近に位置している対馬市や与那国町においては地理的な環境から住民に不安を与えるとの認識があるなど、地方公共団体においても多くの意見があることは政府としても十分に理解しており、こうした関係各方面の意見も十分に踏まえつつ対応する必要がある。 



しかし、その後菅政権に変わり、また180度違う閣議決定が仙谷氏(当時、内閣総理大臣臨時代理)の元閣議決定されています。
これを言わずして民主党が外国人参政権を出さないなどと言えるわけがない!
まさにペテン的説明だと言ってもいいのではないだろうか?)



参議院HPより
(上野通子議員の永住外国人への地方参政権付与に関する質問主意書への答弁書)
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/176/toup/t176054.pdf
上野通子議員の永住外国人への地方参政権付与に関する質問主意書への答弁書 菅政権(仙谷代理)

答弁書第五四号

内閣参質一七六第五四号

平成二十二年十月二十九日

内閣総理大臣臨時代理
国 務 大 臣 仙谷由人


参議院議長西岡武夫殿

参議院議員上野通子君提出永住外国人への地方参政権付与に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する

参議院議員上野通子君提出永住外国人への地方参政権付与に関する質問に対する答弁書

一及び二について

最高裁判所平成七年二月二十八日判決は、「憲法一五条一項にいう公務員を選定罷免する権利の保障が我が国に在留する外国人に対しても及ぶものと解すべきか否かについて考えると、 憲法の右規定は、 国民主権の原理に基づき、公務員の終局的任免権が国民に存することを表明したものにほかならないところ、主権が「日本国民」に存するものとする憲法前文及び一条の規定に照らせば、憲法の国民主権の原理における国民とは、日本国民すなわち我が国の国籍を有する者を意味することは明らかである。そうとすれば、公務員を選定罷免する権利を保障した憲法一五条一項の規定は、権利の性質上日本国民のみをその対象とし、右規定による権利の保障は、我が国に在留する外国人には及ばないものと解するのが相当である。
そして、地方自治について定める憲法第八章は、九三条二項において、地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が直接これを選挙するものと規定しているのであるが、前記の国民主権の原理及びこれに基づく憲法一五条一項の規定の趣旨に鑑み、地方公共団体が我が国の統治機構の不可欠の要素を成すものであることをも併せ考えると、憲法九三条二項にいう「住民」とは、地方公共団体の区域内に住所を有する日本国民を意味するものと解するのが相当であり、右規定は、我が国に在留する外国人に対して、地方公共団体の長、その議会の議員等の選挙の権利を保障したものとぃうことはできない
。(中略)このように、憲法九三条二項は、我が国に在留する外国人に対し.て地方公共団体における選挙の権利を保障したものとはいえないが、憲法第八章の地方自治に関する規定は民主主義社会における地方自治の重要性に鑑み、住民の日常生活に密接な関連を有する公共的事務は、その地方の住民の意思に基づきその区域の地方公共団体が処理するという政治形態を憲法上の制度として保障しようとする趣旨に出たものと解されるから、 我が国に在留する外国人のうちでも永住者等であってその居住する区域の地方公共団体と特段に緊密な関係を持つに至ったと認められるものについて、 その意思を日常生活に密接な関連を有する地方公共団体の公共的事務の処理に反映させるべく、法律をもって、地方公共団体の長、その議会の議員等に対する選挙権を付与する措置を講ずることは、憲法上禁止されているものではないと判示している
これは、一切の法律が憲法に適口するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である最高裁判所が示した考え方であると承知しており、政府としては最大限尊重しなければならないと考えているところである。

三.について

御指摘の「政策集インデックス二〇〇九」については、必ずしも政府の見解と矛.盾するものではないと考えるが、永住外国人に地方選挙権を付与することについては、我が国の制度の根幹にかかわる重要な問題であることから、 各党各会派において御議論いただくべき事柄と考えている。





須田氏
「だからその辺があいまいでごちゃごちゃごちゃごちゃしてきちんとした背骨が無いんですね。」


RIMG5209_20110823112828.jpg
渡辺氏
「だからこれ閣議決定ですので・・・」


(※感想:上記で引用したように渡辺氏のいう鳩山政権下での閣議決定の後に180度判断を変えた閣議決定がなされているのでこの渡辺氏の説明を聞いて民主党は外国人参政権出さないと思ったら大間違いです。)



RIMG5210_20110823112828.jpg
メア氏
「これは永住外国人が投票できるような、国籍取らなくても・・という意味ですか?」



須田氏
「そうです」


RIMG5211_20110823112827.jpg
メア氏
「それはおかしいんじゃないですか?」



須田氏
おかしいんです。
さあ、3番目です」



たけし氏
「おじきだんだんと・・・(聞き取れず)・
迫力がなくなってまいりました」


RIMG5212_20110823112827.jpg
須田氏
「ちょっとまきなおしていきましょう。
これ、人権侵害救済法案
最後の・・・
これが一番問題なんですよ。
私に言わせますとね、平成の治安維持法。
え・・・VTRにありますのでね、どういうことなのかVTRをどうぞ。」




RIMG5213_20110823113259.jpg
法務大臣
江田五月
「政権交代後、やはりなんとしても」


RIMG5214_20110823113259.jpg
法務大臣
江田五月
「新しい人権救済機関、これを作りたいということで」


RIMG5215_20110823113258.jpg
「今月2日、江田法務大臣は人権侵害救済法案の基本方針を発表」


「しかし」

RIMG5216_20110823113257.jpg
政治評論家
屋山太郎氏
「(人権)侵害されている人は
救済しようと思えばできるんだから今だって」


RIMG5217_20110823113257.jpg
政治評論家
屋山太郎氏
「それなのに何で新たに作るんだって
そこに意図を感じるんだよね」


「それは一体どういうことなのか?」

RIMG5218_20110823113256.jpg
「基本方針では法務省の外局に人権委員会を設置
国家公安委員会クラスの権限を持たせるという」


RIMG5219_20110823113450.jpg
「人権侵害の訴えがあると人権委員会は独自で調査
関係者の事情聴取
注意・勧告などを行うことになるという」


RIMG5220_20110823113449.jpg
「中央の人権委員会の元には
各都道府県には人権擁護委員がおり地方参政権を有する者が選ばれる。
民主党の永住外国人の地方参政権が通れば
在日外国人が人権擁護委員に選ばれる可能性も出てくる


RIMG5221_20110823113448.jpg
「2002年
実は、人権を守る為の擁護法案は小泉政権下でも提出されたことがある。」


RIMG5222_20110823113448.jpg
総理(当時)
小泉純一郎
「取材の在り方とかね
随分個人に迷惑かけている面もあるんじゃないですか」


RIMG5223_20110823113447.jpg
「この時は行き過ぎた取材やプライバシーの侵害などメディアにも規制が設けられていたが
最終的には廃案になった。



RIMG5224_20110823113802.jpg
「今回の法案ではメディア規制は設けず人権委員会による強制調査や罰則もなく
前回の人権擁護法案からは相当強制力が取り払われている。
しかし5年を目途に見直し条項を設けるとある


RIMG5225_20110823113802.jpg
「もしかして、法案通過のハードルを低くしておき

RIMG5226_20110823113801.jpg
小さく生んで大きく育てる作戦なのでは?

(※感想:もしかしなくても民主党ならそれをやりかねない。)



RIMG5227_20110823113801.jpg
「また、この法案の最大の問題点は
人権侵害の定義があいまいだということ」


RIMG5228_20110823113800.jpg
「つまり、いくらでも人権侵害の拡大解釈ができてしまうのだ

RIMG5229_20110823113759.jpg
「例えば三宅さんのこの発言も」

RIMG5230_20110823114214.jpg
三宅氏
「民主党はみんなポンスケだから」


RIMG5231_20110823114213.jpg
三宅氏
「誰が選んだって
ポンスケが出てくるんですね」


RIMG5232_20110823114213.jpg
「ポンスケ発言も人権侵害で訴えられてしまうのか?」

RIMG5233_20110823114212.jpg
政治評論家
屋山太郎
「結構ね僕なんかも言いたい放題言ってきたけど」


RIMG5234_20110823114211.jpg
政治評論家
屋山太郎
「言論について脅かす奴って結構いるんだよね」


RIMG5235_20110823114211.jpg
政治評論家
屋山太郎
「それが公然とそういうとこ(人権委員会に)
呼び出されてゴチャゴチャ言われたら」


RIMG5236_20110823114357.jpg
政治評論家
屋山太郎
「こいつ書くとうるさいなと思っちゃうんだよ」


RIMG5237_20110823114356.jpg
政治評論家
屋山太郎
「訴えるだけでも相当の制御になるんだよ
彼らにとってね」


RIMG5238_20110823114355.jpg
「下手をすると人権を盾にした
言論弾圧・・
にさえなりかねない法案なのでは?」


-VTR終了-


勝谷氏
「メアさんが信じがたいって」



阿川さん
「信じがたい・・・」


RIMG5239_20110823114355.jpg
メア氏
「これは・・何のためにやろうとしているか分からない
なんだか・・60年代の中国の大文化革命みたいな様子が・・・あるんでしょう」



須田氏
「ちょっと見てください」


RIMG5240_20110823114354.jpg
たけし氏
「こんなことにも・・・なるんではないかと。
北朝鮮の拉致は許せない!!
・・・人権侵害!!になっちゃう
8月15日総理は靖国参拝すべきだというと
中国の人が人権侵害!!」



阿川さん
「もうでもすでに言われてますよね」



RIMG5241_20110823114354.jpg
勝谷氏
「あのね、昔それはね、こういう制度が無くてもあったんです
つまり北朝鮮(朝鮮人民共和国)というのを書かなければ朝鮮総連が来たんです。
もう面倒くさいわけ
テレビ局なんか一番そうですよ
面倒くさいからもうそういうこと書かなくなる」



阿川さん
「事なかれ主義」



勝谷氏
「もう抑止力になっちゃってる」


RIMG5242_20110823114631.jpg
メア氏
本当に・・・言論の自由が無くなるでしょうこういう場合になると。


RIMG5243_20110823114630.jpg
渡辺氏
「これね、メアさんあの・・最初そもそもねパリ原則の・・・パリ原則の
国連の方からのですね、このいわゆるこの勧告を採択したことで
平成4年・・さっきの・・平成14年に小泉政権の時にですねこう出した。
これ何が問題だったかと・・マスメディア規制だけじゃなくて
人権侵害の差別の定義ってのは
不当な差別・虐待その他の人権を侵害する
ではその他とは何なんだと・・・いうこと自体あいまいなままですよここまできちゃってさ。
これ同じ、これをベースにしてまあ・・今出してますが
私は反対派ですけれども
これやったら本当、思想信条・言論のみならず思想信条まで全部もう縛られることになりますから」



須田氏
「だからね我々はこういう心配が何故出てくるのか?っていうことでね
ちょっと提案させて頂きたいと思うのですけども。」



たけし氏
「新代表は次期総選挙までに・・・」


RIMG5244_20110823114630.jpg
須田氏
「これを作ってくれと・・・いうことなんですよ
党の綱領をそもそも作りなさいよと。
何がその先ほどの政策なのか?
その綱領に合致しているのかしてないのか一目瞭然になるわけですよ。
これが無いから右行ったり左行ったりね・・・
インデックス作ってみたり
なんですか?マグナカルタ作ってみたり
よくわからないことをやってくるようになるわけですよ。
綱領を・・・」



たけし氏
「マグナカルタは間違えたね」



阿川さん
「数をそろえるためには致し方ない部分はいっぱいあるわけですか?」


RIMG5245_20110823114629.jpg
川内氏
「いえいえあの・・民主主義というのは激しい議論をすること自体が民主主義・・・
世の中の発展につながりますからね
あの・・党として何を目指すのかっていうのは徹底的に議論してそれは作るべきだと言う風に思います。
ただ・・綱領みたいな・・マグナ・・綱領と言っていいマグナカルタが実に我々にはあるということを申し上げたい。」


RIMG5246_20110823114629.jpg
三宅氏
「いや私もね・・・ようにその不敏にして知らなかったけども
綱領はないけどマグナカルタがあるってには今初めて聞いたよ。」



-CM-



<引用終わり>



PCでは↑のスクロールバーで見れるのですがスマホ等で見られないと思います
スマホ等でご覧の方にはお手数ですが以下の過去記事を参照してください

【動画と書き起こし】今回必見ビートたけしのTVタックル 「外国人参政権」「人権侵害救済法案」。
日本のメディアが隠す事、報じられないフジテレビ抗議デモ、海外では報じられるのに何故日本のメディアはダンマリ?
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-1099.html




人権委員会設置法案・人権救済機関法案に積極的だと言われる部落解放同盟
なにかと人権・差別・強制連行だなんだと「参政権をよこせ」「賠償せよ(金よこせ)」と言ってくる韓国人(在日韓国人)韓国民団支持母体に持つ民主党政権を政権与党の座から引きずり降ろさぬ限りこの問題の脅威はずっと続くだろう・・・


今、日本の外の敵は誰が見ても中国・韓国(北朝鮮)ロシアだが

アジアの脅威 支那(中国)!2011

内なる敵は民主党である。

民主党の支持関係団体

1.29委員会-4  19
20120109081648920_20120420132543.jpg

民主党政権は倒さねばならない!


【電脳News】人権侵害救済法案阻止!

http://www.youtube.com/watch?v=23UifZOyf3s&feature=share&list=PL6DCF19317EBCACE4
阻止には、
・この事実をできるだけ多くの人に周知させること
・法案についての反対意思表明(ネットなどの反対の署名、法務省­に反対の意見メール送付、政治家の事務所に電話など)
・掲示版やブログ等で反対意見の発信
・安易にメディアのプロパガンダにのせられないようにスイスの民­間防衛について熟知して、情報の真偽について自分なりの検証をし­、本当に信頼できる政党や政治家を世に­送り出すことでしょうか。

冗談抜きに最終手段は実力行使も考えなければならないくらい、そ­れほどの異常事態だとおもいます。

フジテレビは氷山の一角です。今日本で何が起きているのか。ボーッとしてたら気づきません。危機感を感じたあなたへ。もっと日本の現状をしろう。高岡さんは皆んなが思うこ­とを言っただけ。飼い犬になるか、立ち上がるかのどちらか。危険すぎます人権侵害法案。糞左翼駆逐。

<その他のよくわかる人権侵害救済法案 動画>
http://www.youtube.com/watch?v=zRlxrGNVjIs
http://www.youtube.com/watch?v=NU_CRQTYTCw
http://www.youtube.com/watch?v=ryMGIRJA9N4
http://www.youtube.com/watch?v=Pv06EBy69fc
http://www.youtube.com/watch?v=5h-TqJvlORg
などなど。






憲法改正or新憲法制定 平和憲法という名の非平和憲法の改正・破棄を

※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい



■憲法問題


 一応自分が考えた憲法改正案(2012年9月6日版)です
まだ全然出来上がってないし、素人考えなのですが、いろいろと現行憲法には不満や、現実に即してないところが有りつねづね憲法を変えなければと主張していた者としてどういうものがいいのかと、自分個人としてはこうしたものであったらいいなという思いで書いてみました。
現行憲法や自民党改憲案、スイス民間防衛などを参考にはしてますがそうしたものが微塵もないところもあったりします・・・。
おそらく9条教信者やサヨクなら卒倒の内容ですがこれぐらいはやらないといけないかなと思ったりもします、まあサヨクマスコミがこぞって反対してまずこのような憲法はできないでしょうけど・・・。
ちなみに第2章が○条となってないのは第1章がまだ完全に埋まってないからです。


憲法改正案 (2012年9月6日版)まだ途中~


(前文)

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首であるが、日本国の主権は天皇の名において日本国民に与えられる。
この憲法の制定にあたっては天皇より全件を与えられた日本国民の総意に基づく。


 日本国は長い歴史と伝統、文化を育み、偉大なる先人、偉人、英霊はもとより名も無き人々と、国家と国民の安寧と繁栄、五穀豊穣を日本の八百万の神々に祈ってきた天皇を中心とした国家として成り立ってきた
この日本国を守ることは今を生きる我々国民の総意であり、歴史を紡いできた先人たちとの約束である。この日本国を安定的かつ平和的に次の世代へこれを受け渡すのは今を生きるものとしての義務である。


 我々日本国民には日本国の主権者としての責任がある、時のあらゆる政の代表者、指導者を直接的にも間接的にも選ぶのは我々自身であり我が国の将来を決めるのはその時を生きる日本国民である、そのため我々日本国民は常に世界情勢、外交、安全保障、政治の流れに注意を払う努力を惜しむべきではない。

 日本国の独立・安全保障は、我々国民の国防意識と努力によって左右される、他国からの自由と独立は、我々の財産の中で最も尊いものであり、断じて、自ら努力することなく得られるものではない
自由と独立は、絶えず守らねばならない権利であり、事に望んでは言葉や文章だけの理想論ではなく、手に武器を持ち戦って、初めて得られるものである。我々日本国民はそれを認識し覚悟し、日本国に忠誠を誓い、我が国の自由と独立、国民の安全を脅かす者には断固戦うことを宣言する。



 日本国におけるあらゆる政は、国民の厳正な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の中から選ばれた国民の代表者が行使し、その福利は国民がこれを享受する。
日本国民より選ばれた国民の代表者は主権者たる国民のため、日本国の主権、国益、名誉、平和と繁栄、自由と安全を守ることを何よりも優先し、そのために責任をもって行動し、それに反すると国民が認めたときは速やかにこれを辞さなければならない、これは日本国民の代表者としての義務である。

 日本国民は歴史を紡いできた先人と、我らが子孫のために、歴史と文化を学び、常に人格を磨き、徳操をやしない、勉学に励み、心身を鍛え、社会秩序の維持を心がけ責任感を持って日本国民として世界に恥ずかしくない教養と行動力を身に付けなる努力を惜しむべきではない、そのためには教育の充実は重要でありこれに力を入れるのは日本国繁栄のため必要だが、そのためには他国または外国人、反社会的な勢力による教育への不当かつ反日的な、反社会的な介入は日本国民の総意としてこれを拒否する。

 日本国は日本国民により正当に選挙された国会における日本国民の代表者を通じて行動し、我々と我らの子孫のため、日本国と日本国民のため日本国の長い歴史と伝統、文化を守り、国内の安定、国防に励み、自由と繁栄、他国からの独立を保ち友好的な友邦との共存共栄を目指しこの憲法を制定する。



第1章 天皇

第1条

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首である。

 2:日本国民は天皇を尊重しこれを犯してはならない。

第2条

 皇位は世襲のものであって、皇室典範の定めるところにより男系男子がこれを継承する。

第3条

 宮内省を置き天皇及び皇室の諸業務の補佐及び庶務等に当たり、天皇及び皇室を守る。

 2:人事は皇族から選任し、その多くの職員は皇室関係者によって占められなければならない。

第4条

 国旗は日章旗とし、国歌は君が代とする。 

 2:日本国民は国旗及び国歌を尊重しなければならない。


第5条

 天皇はこの憲法に定める国事に関する行為を行い、国政に関する権能を有しない。

       ・
       ・
       ・
       ・
       ・


第2章 国防と安全保障

1:我が国の主権・領土・国益・国民の安全を保証するため陸・海・空その他の軍を設置する。

  附則1:我が国の陸・海・空その他の軍は軍法を制定し、刑法民法等の影響は受けない、軍に属する者は軍法に従いそれを犯したときは査問委員会及び軍法裁判所において審判を受ける。

  附則2:我が国の陸・海・空その他の軍は交戦規定を制定し交戦に際してはこれに従う。


2:日本国民は、祖国を防衛する権利及び義務を有する。

  附則1:国家のため、国民のため軍に属し戦争・紛争等により負傷せし者は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する、その命をもって国防等に寄与した者は靖国神社等における国家による慰霊の権利を有し、その遺族は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する。


3:日本の陸海空軍その他の戦力は、日本の領土・領海・領空その他日本の主権・国民・資源・権益を守る義務を有する。

  附則1:国家転覆・破壊活動・治安・秩序の破壊それに類する行為、他国による諜報・工作に加担すると司法が判断した者は守るべき国民から例外的に除外される。


4:日本国政府は外国及び国内の国家転覆・破壊勢力による諜報・工作などから我が国と国民を守るため情報防諜機関を設置し活用なければならない。

5:我が国及び国民に脅威をもたらすあらゆる戦争・紛争等における交戦権はこれを認める。

  附則1:国家間の戦争・紛争における政治的判断は内閣に委ねられ責任は内閣が負う、但し現場における緊急時の交戦権はこれを妨げない。

  附則2:我が国は世界諸国と平和と安定のため同盟国とともに、いかなる侵略行為、日本国とその友邦の自存・自衛を脅かす行為に対して戦う権利を有する。


6:領空・領海その他の侵犯及び、侵略行為、武力攻撃、テロ活動などのそれに類する緊急時における判断は交戦規定に従い各軍の現場の判断に委ねられる。

7:武力侵攻・国内紛争・テロ活動・大規模自然災害及び国会が緊急時と認めた場合、内閣は速やかに緊急事態宣言を発令し国家及び国民の安全を確保するため必要な最善の手段を取らねばならない。

8:この憲法に定められていない我が国の陸・海・空その他の軍の行動は交戦規定及び軍法に従い判断される。

  附則1:各軍の指揮は各軍の長が摂り、防衛相が統括し、最高指揮権は内閣総理大臣が有する。





PCでは↑のスクロールバーで見れるのですがスマホ等で見られないと思います
スマホ等でご覧の方にはお手数ですが以下の過去記事を参照してください

<参考過去記事>

【憲法問題】憲法改正私案 まだ途中~ 自分の国は自分で守ると言う強い意志と国家観を憲法に反映させることが重要ではないだろうか?
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-1672.html





戦争というとすぐにアレルギーを出す者が多いけど、自国を侵略者から守ることも戦争(祖国防衛戦争)
結局日本の防衛のためには憲法を変えて『交戦権を認めない限り』いくら軍備を増やしても根本的なところで足枷になる




★:注意とお願い★

 最近コメントをしていただけるのはありがたいのですが、コメントに名前を入れずに空欄でコメントされる方が多いです(ホストを確認すれば8割方は同一なのですが)
過去に何度かコメントしましたがコメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を(他人の振りをするのも含む)名乗る等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)




※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

コメント欄・トラックバックをご利用される方は左のプロフィール下の【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】をご一読下さい。

<注意事項>

特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、口調が喧嘩腰、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもや
営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿など
宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど
管理人が不適切と判断した場合は基本的に削除します。
コメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を名乗る(他人の振りをするのも含む)等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)
悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。
違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。



尚、コメントは全て拝読させて頂いておりますが、当方の仕事の都合等でお返事出来ない時がありますので平にご容赦下さい。

※:書き起こしについては誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので引用される場合はご注意を。

■ 追 記

民主党の深い闇


勢いで作った。印刷用PDFはこちら
拡散!菅直人・鳩山由紀夫 拉致容疑者親族周辺団体へ献金
菅首相と鳩山元首相、その他民主党議員と民主党の北朝鮮の拉致容疑者親族周辺団体への献金とつながり。
All sizes  被災地よりも韓国!野田氏、5.4兆円支援を韓国に約束!!  Flickr - Photo Sharing!
被災地よりも韓国!野田氏、5.4兆円支援を韓国に約束!!




祝!アニメ「銀魂」10月復活!
10月の再開を待ちつつ・・・


アルファポリスWeb漫画セレクション
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
長編 連載中 漫画:竿尾悟/原作:柳内たくみ

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり  第12回
http://www.alphapolis.co.jp/manga/view_manga_opening.php?manga_sele_id=138000030






さくや 07 セリフ付

ランキング用


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

人権救済法案を閣議決定 解散にらみ“実績作り” 人権団体へのアピール急ぐ …慎重派と言われている松原仁国家公安委員長の海外出張で不在の隙をついて・・・嘘マニフェストといいなんでこの民主党政権は虚と嘘が多いのか!対中・対韓外交の失敗も収まっていないのに保身のために悪法を閣議決定!やはり民主党政権は早期に打倒しなければならない!


よかったら応援クリックお願いします。

ランキング用



女性自衛官  敬礼 3




 野田政権やりやがった・・・

9.08NOマネーGOLD  25

閣議案件 首相官邸ホームページ
http://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/index.html


平成24年9月19日(水)繰下げ閣議案件

法律案

人権委員会設置法案 
(法務・財務省)

人権擁護委員法の一部を改正する法律案
(法務省)
平成24年9月19日(水)繰下げ閣議案件閣議案件  資料集  首相官邸ホームページ





 人権救済法案を閣議決定・・・また野田政権がその罪過を増やしました
韓国への甘やかし外交、東京都が購入しようとしていた尖閣を横取りして(中国に対する対策も尖閣防備も法整備も何もしてないのに)購入し国有化・・問題をかえってややこしくする
景気も良くなってないのに先の衆議院選のマニフェストにも載せなかった消費税増税法案を成立させとにかくろくなことをしてないのに
今度は人権救済法案を閣議決定・・しかも解散にらみ“実績作り”
消費増税は財務省に、尖閣国有化は外務省と元外相の岡田 克也氏の民主党代表選の協力を得るために(尖閣に施設を作らないと)手のひら返し保身に走ったけれど
今回も自身のための保身からか?
いくら批判が政府・民主党内でも強く、成立の見通しは立っていないからとは言え、こんな悪法をよく閣議決定したもんだ。
しかも慎重派と言われている松原仁国家公安委員長が海外出張のため不在の隙をついて・・・
あの民主党嘘マニフェストといい

たかじんのそこまで言って委員会 2012.07.01  01

なんでこの民主党政権は虚と嘘が多いのか!


<以下参照>

人権救済法案を閣議決定 解散にらみ“実績作り” 人権団体へのアピール急ぐ 
2012.9.19 11:17 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120919/plc12091911190018-n1.htm

 政府は19日、新たな人権侵害救済機関「人権委員会」を法務省の外局に新設する人権救済機関設置法案(人権救済法案)を閣議決定した。今秋の臨時国会への提出を目指す。ただ、同法案には「人権侵害の定義が曖昧で、拡大解釈により言論統制につながりかねない」との批判が政府・民主党内でも強く、成立の見通しは立っていない。

 藤村修官房長官は閣議後の記者会見で「政府として人権擁護の問題に積極的に取り組む姿勢を示す必要がある。次期国会提出を前提に、法案の内容を確認する閣議決定だ」と述べた。

 閣議決定に際し、慎重派の松原仁国家公安委員長は海外出張のため不在。野田佳彦首相側近も「慎重な閣僚がいないから(閣議決定しても)いいじゃないか」と言明するように、民主党のマニフェスト事項に加え、衆院解散・総選挙をにらみ、支持基盤である人権団体へのアピールを急いだ格好だ。

 新たな機関は、差別や虐待などの解決を目的にうたっており、政府から独立した権限を持つ「三条委員会」として設置。委員長や委員は国会の同意を得て首相が任命する。市町村に置く人権擁護委員には日本国籍の有無について規定がなく、地方参政権が付与されれば外国人でも就任できる。



<参照終わり>

思い起こせば民主党政権の政治家・・・特に民主党政権の歴代首相は皆保身に走っていたけれど

この野田首相も酷いもんです
この人権救済法案、普通に考えれば絶対に通してはならない法案だとわかるはず。


2012年9月8日放送の「たかじんNOマネー GOLD」より

9.08NOマネーGOLD  25
9.08NOマネーGOLD  26
9.08NOマネーGOLD  27
9.08NOマネーGOLD  39
9.08NOマネーGOLD  42
9.08NOマネーGOLD  44
9.08NOマネーGOLD  49
9.08NOマネーGOLD  50
9.08NOマネーGOLD  51


-VTR終了-

9.08NOマネーGOLD  52
青山氏
「このVTRだけ真剣にみんな見ましたね・・・」

9.08NOマネーGOLD  53
眞鍋さん
「最初よくわからないと思ったらすごくメッセージが込められていたっていう・・はい。」

須田氏
「シュールだしねえ」

眞鍋さん
「シュールですねえ」

9.08NOマネーGOLD  54
三橋氏
「これはその・・なんでしょう、外国てか何とか星人が人権擁護委員になってるけど・・私ね、やっぱり一番怖いのは日本人なんですよ
日本人で・・なります、日本人がまあ中心になるのだけど、それがねえ結局私は日本にとっての一番の問題だと・・思ってますね。」

眞鍋さん
「はい、ということで三橋さんが考案した作戦がこちらです」

9.08NOマネーGOLD  55
眞鍋さん
人権侵害救済法を国民が知るべき
そして日本は人権侵害が少ない国であるということ
え‥推進しているのは特定の人々・・だということをまあ皆さん知ってほしいという。

9.08NOマネーGOLD  56
三橋氏
「まず知ってほしいのがそのねえ・・このVTR非常に秀逸だと思ったのが、その人権侵害の定義を「人権を侵害すること」ってなってるんですよ法律で
だからそんなこと言われたら、なんでも有りになっちゃうんですよ
で、例えばその・・・拉致問題をやっている方がいてですよ、で、その方がまあその北朝鮮について批判しました・・まあどこでもいいんだけど批判しましたと
例えばそれを朝鮮籍の日本に住んでいる方が・・「私はあの人によって人権を侵害されたと」言うと通っちゃうんです
で、それによってその三条委員会という極めて強力な人権委員会というのがですね、裁判所の令状なしに家宅捜査できるんですよ・・・その「人権侵害をした」という・・訴えられた加害者と言われた人・・・


<参考>

人権救済法案を今国会提出へ、成立は不可能 民主党
2012.8.29 23:32 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120829/stt12082923340016-n1.htm

 民主党は29日、法務部門会議(座長・小川敏夫前法相)を開き、人権侵害救済機関「人権委員会」を法務省の外局に新設する人権救済機関設置法案(人権救済法案)を了承した。政府・民主党は法案の今国会中の提出を目指す。

 部門会議には25人程度の国会議員が出席。「人権侵害の範囲が明確にされていない」などの反対意見が出たが小川座長は「これ以上議論しても党内がまとまるような雰囲気ではない」として議論を打ち切った。

 9月8日の今国会会期末まで10日を切る中での成立は不可能にもかかわらず国会提出を急ぐのは「次期衆院選で人権団体の票を得るため」(反対派)とみられる。野田佳彦首相も23日の衆院予算委員会で、今国会中の提出に向け法案作業を急ぐ意向を表明していた。

 法案では、人権委は国家行政組織法3条に基づく独立性の高い「三条委員会」とし、当事者間の調停や仲裁のほか、深刻な人権侵害がある事案への勧告や刑事告発の権限が与えられる。人権委員は衆参両院の同意の上、首相が任命する。市町村に置かれる人権擁護委員について日本国籍の有無の規定がなく、外国人に参政権が付与されれば外国人も就任できるようになる。



<参照終わり>

眞鍋さん
「怖いですねそれは・・・」

三橋氏
「それって・・警察より(力)持ってるんですよね」

岸氏
「そこが一番怖いのね」

9.08NOマネーGOLD  57
三橋氏
とんでもない法律なんですよこれ、それをあの・・民主党は、民主党じゃない自民党からあったんだけど何回も何回も・・(大谷氏「・・の時名前違ったよね」)・・人権擁護委員会」

岸氏
「三橋さんこれ・・法律上は人権委員会の人選はどうなってましたっけ?」

9.08NOマネーGOLD  58
三橋氏
「えっともちろん国籍条項がない・・・
(岸氏「ない」)
だから外国人はもちろんなれる、人権員会に
(岸氏「だからそこ怖いよね」)
怖いんですよこれ。


大谷氏
「三橋さんに根本的なことを聞きたいのは人権救済侵害法とか・・救済法とか・・あの自民党政権の時も同じような・・」

三橋氏
「人権擁護法です・・擁護法」

9.08NOマネーGOLD  59
大谷氏
「で、怖いのは人権って何かという定義がこの国では確立されてない時にこういう法律を作ったら何を持って人権侵害なのかと・・いう定義が極めて曖昧ですよね。

9.08NOマネーGOLD  60
三橋氏
「だから「人権を侵害した」と言ったら人権侵害なんです、そうなっちゃうんですよ本当に。」

9.08NOマネーGOLD  61
大谷氏
「だからそこの定義をまずね、国の中で・・人が持ってる固有の権利って一体なんなんだと
例えば性別の問題もあるし・・日本の中に残念ながらまだ差別が残っているのも事実です
で、それに対してどういう形であったら侵害なのか・・そして人権何守んなきゃいけないのかと
それをまず論議しないうちにこういう法律を出すということは最大の問題。


9.08NOマネーGOLD  62
三橋氏
「凄いですよ・・でね、その人権・・前の擁護法案の時もそうなんだけど、そもそも国連の勧告に始まってるんですよ話が・・
でも国連は“公務員の人権侵害を何とかしなさい”と言ってるわけですよね
結構公務員って権力持っちゃってるから・・その対抗できない人がいるんじゃないかと
ところがいつの間にかそれが日本全国の人権侵害の話にすり替わっちゃったのこの法律
それで・・何回消えても、何回消えても出てくるんですよ・・本当に怖いですよこれ


岸氏
「だから三橋さんが上げている3番目の論点になるんだけど、それを推進したい人は誰なんですか?

9.08NOマネーGOLD  63
三橋氏
「これは・・例えば部落解放同盟の人であったりですよ、あるいはその・・韓国民団の人とかですね・・そういう何でしょう、そういうなんか特定の利権に基づいていいる方々が推進しているのは確かなんだけども
それが必ずその・・前の方に政治家が出てきて政治家がやるわけですよ・・今回民主党ね


民主党の支持関係団体

岸氏
「あえて言えばその場合も・・」

青山氏
「自由民主党の中にもいますよ」

9.08NOマネーGOLD  64
大谷氏
「だけど三橋さんね、その部落解放同盟とか、或いは朝鮮の総連とか民団とかです・・・
ただね、あのそれは利権集団だと決め付けるのはおかしいと思うんですよ
それと残念ながら日本の中に・・言われ続けていながらですね・・なくならない差別もある事も事実なんですよ
ね、だけどそれをこの法律で・・救済できるかどうかという問題であって・・それ差別は無いんだと、あるいはその特定の利権集団が言ってるんだと決め付けることは・・・。」


三橋氏
「決めつけてはいないですよ」

9.08NOマネーGOLD  65
青山氏
「いやまあ三橋さんも・・その日本は人権侵害が少ない国って言ってるんであって、無い国とは言ってない。」

9.08NOマネーGOLD  66
三橋氏
「無いわけじゃあない、当然ですね、そういう問題にあったらそれに対する法律・・を作るなり・・っていうか法律はあるんですよ殆ど
その法律で対処すればいいんだけど、その人権の定義を曖昧にしてウワーっとこう大きくしてですね、何万人もの人権委員会」の人が・・方々がその・・「人権侵害だ」って言われた人について家宅捜査するとかこれおかしいと。


9.08NOマネーGOLD  67
須田氏
「三橋さんが言われるようにね今、法務省・・所管官庁法務省ですね所管官庁法務省で
法務省に・・の中にこういうセクションもう既にあるんですよ、この・・人権問題について対応して、人権侵害があると法務省の方からから連絡があって
、それでそれにね‥人権侵害をしたと思した人をきちんと報告しなきゃならない・・報告義務を負ってる・・・それじゃあまだダメなんですかと?・・いうことなんですね。」


三橋氏
「まずそれですよね・・当然」

岸氏
「そう言う意味では法務省が・・」

大谷氏
「・・あるワケ?」

三橋氏
「ありますもんだって」

岸氏
「法務省のスタンスどうなの?」

9.08NOマネーGOLD  68
三橋氏
「法務省?推進・・・だから出てくるんですよドンドンドンドン・・・」

9.08NOマネーGOLD  69
大谷氏
「地域には人権擁護委員てかつてからずっと今も・・・」

三橋氏
「今もいますね、今もいます」

9.08NOマネーGOLD  70
眞鍋さん
「そんな怖い法律の割にあんまりそんな大きく・・・報じられないですね」

岸氏
「議論されないです」

9.08NOマネーGOLD  71
三橋氏
「それがね一番怖いんです・・・報道されないのが一番怖い」

9.08NOマネーGOLD  72
大谷氏
「そもそも人権の問題ってモノは根本的なことで、人の内面の問題であって、法律で縛って無くせるもんじゃあないと
「お前法律違反だよ」って言ったらってやめるもんじゃあない


三橋氏
「そういうことです、そういうことです」

9.08NOマネーGOLD  73
青山氏
「かおりちゃんこれ・・今回のこれ・・閣議決定の寸前まで行ってたんです。

眞鍋さん
「ああ・・あまりこれ知らなかったですね・・」

9.08NOマネーGOLD  74
大谷氏
「だからこれがもう、必ずゾンビのように・・・」

-CM-

いかがだったでしょうか?
時間がなく最初のVTRは必要ない寸劇部分は端折ってますが結構わかりやすい激だったと思います。
これ、朝の子供向けの戦隊ヒーローやウルトラマン系の何かで同じような構成シナリオでやればすぐに周知ができると思いますが・・・




人権侵害救済法案・人権委員会設置法案・人権救済機関法案


※人権侵害救済法案(人権委員会設置法案)とは


※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい



RIMG5205_20110823112636.jpg
「まあ、とりあえずですね三つあげました・・今日は。
政策インデックスが・・驚くべきことにですね日本を解体する3法案をつくりますよ・・・
つくることをむかえますよという事が盛り込まれているわけですね
一番目、選択的夫婦別姓です
二番目、永住外国人の地方参政権



RIMG5206_20110823112635.jpg
RIMG5207_20110823112830.jpg
渡辺氏
「あのね、この問題ちょっと言わせていただきたいんですけどね
この外国人参政権インデックスに書かれているけどどうなんだという話になって
閣議決定昨年の6月鳩山内閣が返事したやつはですね。
憲法のですね93条2項にはですね
「地方公共団体の住民が直接これを選挙するものと規定している」
そうするとで・・・この住民というのは何かという・・・
「地方公共団体の区域内に住所を有する日本国民を意味するものと解するのが相当」
これ最高裁の見解をそのまま伝えてます・・・あの使ってます
そしてあの・・
「すなわち我が国の国籍を有する者を意味することは明らかである。」
ということを受けてあの・・・こういうですね
「政府も同様に考えているところである。」」



勝谷氏
「だから無理じゃん」


RIMG5208_20110823112829.jpg
渡辺氏
「だから憲法の定義はこういうことだからわが政府も・・民主党政府もこう考えてますよと・・・」


(※感想:はい、ここで民主党渡辺議員は都合のいいところだけしか言ってません。
確かに渡辺議員の言うように鳩山政権下で以下のような答弁書が閣議決定されています。


質問主意書:参議院ホームページ
質問主意書(答弁書)
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/174/touh/t174077.htm

質問第七七号 質問主意書 答弁書


<以下参照>

第174回国会(常会)

答弁書

答弁書第七七号

内閣参質一七四第七七号
  平成二十二年六月四日

内閣総理大臣 鳩 山 由 紀 夫   


       参議院議長 江 田 五 月 殿
参議院議員山谷えり子君提出永住外国人への地方参政権付与に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。


--------------------------------------------------------------------------------

   参議院議員山谷えり子君提出永住外国人への地方参政権付与に関する質問に対する答弁書

一について

 憲法第十五条第一項及び第九十三条第二項の規定の趣旨については、最高裁判所平成七年二月二十八日判決において、「憲法一五条一項にいう公務員を選定罷免する権利の保障が我が国に在留する外国人に対しても及ぶものと解すべきか否かについて考えると、憲法の右規定は、国民主権の原理に基づき、公務員の終局的任免権が国民に存することを表明したものにほかならないところ、主権が「日本国民」に存するものとする憲法前文及び一条の規定に照らせば、憲法の国民主権の原理における国民とは、日本国民すなわち我が国の国籍を有する者を意味することは明らかである。そうとすれば、公務員を選定罷免する権利を保障した憲法一五条一項の規定は、権利の性質上日本国民のみをその対象とし、右規定による権利の保障は、我が国に在留する外国人には及ばないものと解するのが相当である。そして、地方自治について定める憲法第八章は、九三条二項において、地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が直接これを選挙するものと規定しているのであるが、前記の国民主権の原理及びこれに基づく憲法一五条一項の規定の趣旨に鑑み、地方公共団体が我が国の統治機構の不可欠の要素を成すものであることをも併せ考えると、憲法九三条二項にいう「住民」とは、地方公共団体の区域内に住所を有する日本国民を意味するものと解するのが相当であり右規定は、我が国に在留する外国人に対して、地方公共団体の長、その議会の議員等の選挙の権利を保障したものということはできない」と判示されており、政府も同様に考えているところである。

二から四までについて

 永住外国人への地方参政権の付与の問題については、我が国の制度の根幹にかかわる重要な問題であることから、我が国の国境付近に位置している対馬市や与那国町においては地理的な環境から住民に不安を与えるとの認識があるなど、地方公共団体においても多くの意見があることは政府としても十分に理解しており、こうした関係各方面の意見も十分に踏まえつつ対応する必要がある。 



しかし、その後菅政権に変わり、また180度違う閣議決定が仙谷氏(当時、内閣総理大臣臨時代理)の元閣議決定されています。
これを言わずして民主党が外国人参政権を出さないなどと言えるわけがない!
まさにペテン的説明だと言ってもいいのではないだろうか?)



参議院HPより
(上野通子議員の永住外国人への地方参政権付与に関する質問主意書への答弁書)
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/176/toup/t176054.pdf
上野通子議員の永住外国人への地方参政権付与に関する質問主意書への答弁書 菅政権(仙谷代理)

答弁書第五四号

内閣参質一七六第五四号

平成二十二年十月二十九日

内閣総理大臣臨時代理
国 務 大 臣 仙谷由人


参議院議長西岡武夫殿

参議院議員上野通子君提出永住外国人への地方参政権付与に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する

参議院議員上野通子君提出永住外国人への地方参政権付与に関する質問に対する答弁書

一及び二について

最高裁判所平成七年二月二十八日判決は、「憲法一五条一項にいう公務員を選定罷免する権利の保障が我が国に在留する外国人に対しても及ぶものと解すべきか否かについて考えると、 憲法の右規定は、 国民主権の原理に基づき、公務員の終局的任免権が国民に存することを表明したものにほかならないところ、主権が「日本国民」に存するものとする憲法前文及び一条の規定に照らせば、憲法の国民主権の原理における国民とは、日本国民すなわち我が国の国籍を有する者を意味することは明らかである。そうとすれば、公務員を選定罷免する権利を保障した憲法一五条一項の規定は、権利の性質上日本国民のみをその対象とし、右規定による権利の保障は、我が国に在留する外国人には及ばないものと解するのが相当である。
そして、地方自治について定める憲法第八章は、九三条二項において、地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が直接これを選挙するものと規定しているのであるが、前記の国民主権の原理及びこれに基づく憲法一五条一項の規定の趣旨に鑑み、地方公共団体が我が国の統治機構の不可欠の要素を成すものであることをも併せ考えると、憲法九三条二項にいう「住民」とは、地方公共団体の区域内に住所を有する日本国民を意味するものと解するのが相当であり、右規定は、我が国に在留する外国人に対して、地方公共団体の長、その議会の議員等の選挙の権利を保障したものとぃうことはできない
。(中略)このように、憲法九三条二項は、我が国に在留する外国人に対し.て地方公共団体における選挙の権利を保障したものとはいえないが、憲法第八章の地方自治に関する規定は民主主義社会における地方自治の重要性に鑑み、住民の日常生活に密接な関連を有する公共的事務は、その地方の住民の意思に基づきその区域の地方公共団体が処理するという政治形態を憲法上の制度として保障しようとする趣旨に出たものと解されるから、 我が国に在留する外国人のうちでも永住者等であってその居住する区域の地方公共団体と特段に緊密な関係を持つに至ったと認められるものについて、 その意思を日常生活に密接な関連を有する地方公共団体の公共的事務の処理に反映させるべく、法律をもって、地方公共団体の長、その議会の議員等に対する選挙権を付与する措置を講ずることは、憲法上禁止されているものではないと判示している
これは、一切の法律が憲法に適口するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である最高裁判所が示した考え方であると承知しており、政府としては最大限尊重しなければならないと考えているところである。

三.について

御指摘の「政策集インデックス二〇〇九」については、必ずしも政府の見解と矛.盾するものではないと考えるが、永住外国人に地方選挙権を付与することについては、我が国の制度の根幹にかかわる重要な問題であることから、 各党各会派において御議論いただくべき事柄と考えている。





須田氏
「だからその辺があいまいでごちゃごちゃごちゃごちゃしてきちんとした背骨が無いんですね。」


RIMG5209_20110823112828.jpg
渡辺氏
「だからこれ閣議決定ですので・・・」


(※感想:上記で引用したように渡辺氏のいう鳩山政権下での閣議決定の後に180度判断を変えた閣議決定がなされているのでこの渡辺氏の説明を聞いて民主党は外国人参政権出さないと思ったら大間違いです。)



RIMG5210_20110823112828.jpg
メア氏
「これは永住外国人が投票できるような、国籍取らなくても・・という意味ですか?」



須田氏
「そうです」


RIMG5211_20110823112827.jpg
メア氏
「それはおかしいんじゃないですか?」



須田氏
おかしいんです。
さあ、3番目です」



たけし氏
「おじきだんだんと・・・(聞き取れず)・
迫力がなくなってまいりました」


RIMG5212_20110823112827.jpg
須田氏
「ちょっとまきなおしていきましょう。
これ、人権侵害救済法案
最後の・・・
これが一番問題なんですよ。
私に言わせますとね、平成の治安維持法。
え・・・VTRにありますのでね、どういうことなのかVTRをどうぞ。」




RIMG5213_20110823113259.jpg
法務大臣
江田五月
「政権交代後、やはりなんとしても」


RIMG5214_20110823113259.jpg
法務大臣
江田五月
「新しい人権救済機関、これを作りたいということで」


RIMG5215_20110823113258.jpg
「今月2日、江田法務大臣は人権侵害救済法案の基本方針を発表」


「しかし」

RIMG5216_20110823113257.jpg
政治評論家
屋山太郎氏
「(人権)侵害されている人は
救済しようと思えばできるんだから今だって」


RIMG5217_20110823113257.jpg
政治評論家
屋山太郎氏
「それなのに何で新たに作るんだって
そこに意図を感じるんだよね」


「それは一体どういうことなのか?」

RIMG5218_20110823113256.jpg
「基本方針では法務省の外局に人権委員会を設置
国家公安委員会クラスの権限を持たせるという」


RIMG5219_20110823113450.jpg
「人権侵害の訴えがあると人権委員会は独自で調査
関係者の事情聴取
注意・勧告などを行うことになるという」


RIMG5220_20110823113449.jpg
「中央の人権委員会の元には
各都道府県には人権擁護委員がおり地方参政権を有する者が選ばれる。
民主党の永住外国人の地方参政権が通れば
在日外国人が人権擁護委員に選ばれる可能性も出てくる


RIMG5221_20110823113448.jpg
「2002年
実は、人権を守る為の擁護法案は小泉政権下でも提出されたことがある。」


RIMG5222_20110823113448.jpg
総理(当時)
小泉純一郎
「取材の在り方とかね
随分個人に迷惑かけている面もあるんじゃないですか」


RIMG5223_20110823113447.jpg
「この時は行き過ぎた取材やプライバシーの侵害などメディアにも規制が設けられていたが
最終的には廃案になった。



RIMG5224_20110823113802.jpg
「今回の法案ではメディア規制は設けず人権委員会による強制調査や罰則もなく
前回の人権擁護法案からは相当強制力が取り払われている。
しかし5年を目途に見直し条項を設けるとある


RIMG5225_20110823113802.jpg
「もしかして、法案通過のハードルを低くしておき

RIMG5226_20110823113801.jpg
小さく生んで大きく育てる作戦なのでは?

(※感想:もしかしなくても民主党ならそれをやりかねない。)



RIMG5227_20110823113801.jpg
「また、この法案の最大の問題点は
人権侵害の定義があいまいだということ」


RIMG5228_20110823113800.jpg
「つまり、いくらでも人権侵害の拡大解釈ができてしまうのだ

RIMG5229_20110823113759.jpg
「例えば三宅さんのこの発言も」

RIMG5230_20110823114214.jpg
三宅氏
「民主党はみんなポンスケだから」


RIMG5231_20110823114213.jpg
三宅氏
「誰が選んだって
ポンスケが出てくるんですね」


RIMG5232_20110823114213.jpg
「ポンスケ発言も人権侵害で訴えられてしまうのか?」

RIMG5233_20110823114212.jpg
政治評論家
屋山太郎
「結構ね僕なんかも言いたい放題言ってきたけど」


RIMG5234_20110823114211.jpg
政治評論家
屋山太郎
「言論について脅かす奴って結構いるんだよね」


RIMG5235_20110823114211.jpg
政治評論家
屋山太郎
「それが公然とそういうとこ(人権委員会に)
呼び出されてゴチャゴチャ言われたら」


RIMG5236_20110823114357.jpg
政治評論家
屋山太郎
「こいつ書くとうるさいなと思っちゃうんだよ」


RIMG5237_20110823114356.jpg
政治評論家
屋山太郎
「訴えるだけでも相当の制御になるんだよ
彼らにとってね」


RIMG5238_20110823114355.jpg
「下手をすると人権を盾にした
言論弾圧・・
にさえなりかねない法案なのでは?」


-VTR終了-


勝谷氏
「メアさんが信じがたいって」



阿川さん
「信じがたい・・・」


RIMG5239_20110823114355.jpg
メア氏
「これは・・何のためにやろうとしているか分からない
なんだか・・60年代の中国の大文化革命みたいな様子が・・・あるんでしょう」



須田氏
「ちょっと見てください」


RIMG5240_20110823114354.jpg
たけし氏
「こんなことにも・・・なるんではないかと。
北朝鮮の拉致は許せない!!
・・・人権侵害!!になっちゃう
8月15日総理は靖国参拝すべきだというと
中国の人が人権侵害!!」



阿川さん
「もうでもすでに言われてますよね」



RIMG5241_20110823114354.jpg
勝谷氏
「あのね、昔それはね、こういう制度が無くてもあったんです
つまり北朝鮮(朝鮮人民共和国)というのを書かなければ朝鮮総連が来たんです。
もう面倒くさいわけ
テレビ局なんか一番そうですよ
面倒くさいからもうそういうこと書かなくなる」



阿川さん
「事なかれ主義」



勝谷氏
「もう抑止力になっちゃってる」


RIMG5242_20110823114631.jpg
メア氏
本当に・・・言論の自由が無くなるでしょうこういう場合になると。


RIMG5243_20110823114630.jpg
渡辺氏
「これね、メアさんあの・・最初そもそもねパリ原則の・・・パリ原則の
国連の方からのですね、このいわゆるこの勧告を採択したことで
平成4年・・さっきの・・平成14年に小泉政権の時にですねこう出した。
これ何が問題だったかと・・マスメディア規制だけじゃなくて
人権侵害の差別の定義ってのは
不当な差別・虐待その他の人権を侵害する
ではその他とは何なんだと・・・いうこと自体あいまいなままですよここまできちゃってさ。
これ同じ、これをベースにしてまあ・・今出してますが
私は反対派ですけれども
これやったら本当、思想信条・言論のみならず思想信条まで全部もう縛られることになりますから」



須田氏
「だからね我々はこういう心配が何故出てくるのか?っていうことでね
ちょっと提案させて頂きたいと思うのですけども。」



たけし氏
「新代表は次期総選挙までに・・・」


RIMG5244_20110823114630.jpg
須田氏
「これを作ってくれと・・・いうことなんですよ
党の綱領をそもそも作りなさいよと。
何がその先ほどの政策なのか?
その綱領に合致しているのかしてないのか一目瞭然になるわけですよ。
これが無いから右行ったり左行ったりね・・・
インデックス作ってみたり
なんですか?マグナカルタ作ってみたり
よくわからないことをやってくるようになるわけですよ。
綱領を・・・」



たけし氏
「マグナカルタは間違えたね」



阿川さん
「数をそろえるためには致し方ない部分はいっぱいあるわけですか?」


RIMG5245_20110823114629.jpg
川内氏
「いえいえあの・・民主主義というのは激しい議論をすること自体が民主主義・・・
世の中の発展につながりますからね
あの・・党として何を目指すのかっていうのは徹底的に議論してそれは作るべきだと言う風に思います。
ただ・・綱領みたいな・・マグナ・・綱領と言っていいマグナカルタが実に我々にはあるということを申し上げたい。」


RIMG5246_20110823114629.jpg
三宅氏
「いや私もね・・・ようにその不敏にして知らなかったけども
綱領はないけどマグナカルタがあるってには今初めて聞いたよ。」



-CM-



<引用終わり>



PCでは↑のスクロールバーで見れるのですがスマホ等で見られないと思います
スマホ等でご覧の方にはお手数ですが以下の過去記事を参照してください

【動画と書き起こし】今回必見ビートたけしのTVタックル 「外国人参政権」「人権侵害救済法案」。
日本のメディアが隠す事、報じられないフジテレビ抗議デモ、海外では報じられるのに何故日本のメディアはダンマリ?
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-1099.html




人権委員会設置法案・人権救済機関法案に積極的だと言われる部落解放同盟
なにかと人権・差別・強制連行だなんだと「参政権をよこせ」「賠償せよ(金よこせ)」と言ってくる韓国人(在日韓国人)韓国民団支持母体に持つ民主党政権を政権与党の座から引きずり降ろさぬ限りこの問題の脅威はずっと続くだろう・・・


今、日本の外の敵は誰が見ても中国・韓国(北朝鮮)ロシアだが

アジアの脅威 支那(中国)!2011

内なる敵は民主党である。

民主党の支持関係団体

1.29委員会-4  19
20120109081648920_20120420132543.jpg

民主党政権は倒さねばならない!


【電脳News】人権侵害救済法案阻止!

http://www.youtube.com/watch?v=23UifZOyf3s&feature=share&list=PL6DCF19317EBCACE4
阻止には、
・この事実をできるだけ多くの人に周知させること
・法案についての反対意思表明(ネットなどの反対の署名、法務省­に反対の意見メール送付、政治家の事務所に電話など)
・掲示版やブログ等で反対意見の発信
・安易にメディアのプロパガンダにのせられないようにスイスの民­間防衛について熟知して、情報の真偽について自分なりの検証をし­、本当に信頼できる政党や政治家を世に­送り出すことでしょうか。

冗談抜きに最終手段は実力行使も考えなければならないくらい、そ­れほどの異常事態だとおもいます。

フジテレビは氷山の一角です。今日本で何が起きているのか。ボーッとしてたら気づきません。危機感を感じたあなたへ。もっと日本の現状をしろう。高岡さんは皆んなが思うこ­とを言っただけ。飼い犬になるか、立ち上がるかのどちらか。危険すぎます人権侵害法案。糞左翼駆逐。

<その他のよくわかる人権侵害救済法案 動画>
http://www.youtube.com/watch?v=zRlxrGNVjIs
http://www.youtube.com/watch?v=NU_CRQTYTCw
http://www.youtube.com/watch?v=ryMGIRJA9N4
http://www.youtube.com/watch?v=Pv06EBy69fc
http://www.youtube.com/watch?v=5h-TqJvlORg
などなど。







自分の国は自分で守ると言う強い意志を中国に対して見せなければならない

尖閣防衛 領土防衛 2

尖閣諸島は日本固有の領土である!


尖閣諸島が中国領ではない5つの理由

http://youtu.be/05x4iciT_z8
『尖閣諸島が中国領でない5つの理由』

1. 国際法は、1971年まで日本の尖閣諸島の領有に一度も抗議を行わなかった中国の権原を認めない。

2. 尖閣諸島を発見したのは中国人ではなく琉球人である。

3. 中国が尖閣諸島を実効支配した歴史的事実は存在しない。

4. 林子平の『琉球三省並三十六島之図』(1786)は、当時の日本が尖閣諸島を中国領と認めた根拠にはならない。

5. 尖閣諸島がかつて中国領であった歴史的事実が存在しない以上、カイロ宣言は尖閣諸島と無関係である。


結論:中国による尖閣諸島の領有権の主張は、中国の帝国主義以外の何ものでもない。

英語版/English Version
http://www.youtube.com/watch?v=gnlr_OBN2uw

参考文献・サイト
外務省
http://www.mofa.go.jp/region/asia-pac...

尖閣諸島の領有権問題
http://senkakujapan.nobody.jp/

制作: WJFプロジェクト
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/




「国防動員法」「民事訴訟法第231条」日本国民の知らない中国の脅威!



憲法改正or新憲法制定 平和憲法という名の非平和憲法の改正・破棄を

※記事を読むには右側のスクロールバーを動かして下さい



■憲法問題


 一応自分が考えた憲法改正案(2012年9月6日版)です
まだ全然出来上がってないし、素人考えなのですが、いろいろと現行憲法には不満や、現実に即してないところが有りつねづね憲法を変えなければと主張していた者としてどういうものがいいのかと、自分個人としてはこうしたものであったらいいなという思いで書いてみました。
現行憲法や自民党改憲案、スイス民間防衛などを参考にはしてますがそうしたものが微塵もないところもあったりします・・・。
おそらく9条教信者やサヨクなら卒倒の内容ですがこれぐらいはやらないといけないかなと思ったりもします、まあサヨクマスコミがこぞって反対してまずこのような憲法はできないでしょうけど・・・。
ちなみに第2章が○条となってないのは第1章がまだ完全に埋まってないからです。


憲法改正案 (2012年9月6日版)まだ途中~


(前文)

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首であるが、日本国の主権は天皇の名において日本国民に与えられる。
この憲法の制定にあたっては天皇より全件を与えられた日本国民の総意に基づく。


 日本国は長い歴史と伝統、文化を育み、偉大なる先人、偉人、英霊はもとより名も無き人々と、国家と国民の安寧と繁栄、五穀豊穣を日本の八百万の神々に祈ってきた天皇を中心とした国家として成り立ってきた
この日本国を守ることは今を生きる我々国民の総意であり、歴史を紡いできた先人たちとの約束である。この日本国を安定的かつ平和的に次の世代へこれを受け渡すのは今を生きるものとしての義務である。


 我々日本国民には日本国の主権者としての責任がある、時のあらゆる政の代表者、指導者を直接的にも間接的にも選ぶのは我々自身であり我が国の将来を決めるのはその時を生きる日本国民である、そのため我々日本国民は常に世界情勢、外交、安全保障、政治の流れに注意を払う努力を惜しむべきではない。

 日本国の独立・安全保障は、我々国民の国防意識と努力によって左右される、他国からの自由と独立は、我々の財産の中で最も尊いものであり、断じて、自ら努力することなく得られるものではない
自由と独立は、絶えず守らねばならない権利であり、事に望んでは言葉や文章だけの理想論ではなく、手に武器を持ち戦って、初めて得られるものである。我々日本国民はそれを認識し覚悟し、日本国に忠誠を誓い、我が国の自由と独立、国民の安全を脅かす者には断固戦うことを宣言する。



 日本国におけるあらゆる政は、国民の厳正な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の中から選ばれた国民の代表者が行使し、その福利は国民がこれを享受する。
日本国民より選ばれた国民の代表者は主権者たる国民のため、日本国の主権、国益、名誉、平和と繁栄、自由と安全を守ることを何よりも優先し、そのために責任をもって行動し、それに反すると国民が認めたときは速やかにこれを辞さなければならない、これは日本国民の代表者としての義務である。

 日本国民は歴史を紡いできた先人と、我らが子孫のために、歴史と文化を学び、常に人格を磨き、徳操をやしない、勉学に励み、心身を鍛え、社会秩序の維持を心がけ責任感を持って日本国民として世界に恥ずかしくない教養と行動力を身に付けなる努力を惜しむべきではない、そのためには教育の充実は重要でありこれに力を入れるのは日本国繁栄のため必要だが、そのためには他国または外国人、反社会的な勢力による教育への不当かつ反日的な、反社会的な介入は日本国民の総意としてこれを拒否する。

 日本国は日本国民により正当に選挙された国会における日本国民の代表者を通じて行動し、我々と我らの子孫のため、日本国と日本国民のため日本国の長い歴史と伝統、文化を守り、国内の安定、国防に励み、自由と繁栄、他国からの独立を保ち友好的な友邦との共存共栄を目指しこの憲法を制定する。



第1章 天皇

第1条

 天皇は国家統合の象徴であると同時に国家元首である。

 2:日本国民は天皇を尊重しこれを犯してはならない。

第2条

 皇位は世襲のものであって、皇室典範の定めるところにより男系男子がこれを継承する。

第3条

 宮内省を置き天皇及び皇室の諸業務の補佐及び庶務等に当たり、天皇及び皇室を守る。

 2:人事は皇族から選任し、その多くの職員は皇室関係者によって占められなければならない。

第4条

 国旗は日章旗とし、国歌は君が代とする。 

 2:日本国民は国旗及び国歌を尊重しなければならない。


第5条

 天皇はこの憲法に定める国事に関する行為を行い、国政に関する権能を有しない。

       ・
       ・
       ・
       ・
       ・


第2章 国防と安全保障

1:我が国の主権・領土・国益・国民の安全を保証するため陸・海・空その他の軍を設置する。

  附則1:我が国の陸・海・空その他の軍は軍法を制定し、刑法民法等の影響は受けない、軍に属する者は軍法に従いそれを犯したときは査問委員会及び軍法裁判所において審判を受ける。

  附則2:我が国の陸・海・空その他の軍は交戦規定を制定し交戦に際してはこれに従う。


2:日本国民は、祖国を防衛する権利及び義務を有する。

  附則1:国家のため、国民のため軍に属し戦争・紛争等により負傷せし者は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する、その命をもって国防等に寄与した者は靖国神社等における国家による慰霊の権利を有し、その遺族は諸法令に従い国による補償を受ける権利を有する。


3:日本の陸海空軍その他の戦力は、日本の領土・領海・領空その他日本の主権・国民・資源・権益を守る義務を有する。

  附則1:国家転覆・破壊活動・治安・秩序の破壊それに類する行為、他国による諜報・工作に加担すると司法が判断した者は守るべき国民から例外的に除外される。


4:日本国政府は外国及び国内の国家転覆・破壊勢力による諜報・工作などから我が国と国民を守るため情報防諜機関を設置し活用なければならない。

5:我が国及び国民に脅威をもたらすあらゆる戦争・紛争等における交戦権はこれを認める。

  附則1:国家間の戦争・紛争における政治的判断は内閣に委ねられ責任は内閣が負う、但し現場における緊急時の交戦権はこれを妨げない。

  附則2:我が国は世界諸国と平和と安定のため同盟国とともに、いかなる侵略行為、日本国とその友邦の自存・自衛を脅かす行為に対して戦う権利を有する。


6:領空・領海その他の侵犯及び、侵略行為、武力攻撃、テロ活動などのそれに類する緊急時における判断は交戦規定に従い各軍の現場の判断に委ねられる。

7:武力侵攻・国内紛争・テロ活動・大規模自然災害及び国会が緊急時と認めた場合、内閣は速やかに緊急事態宣言を発令し国家及び国民の安全を確保するため必要な最善の手段を取らねばならない。

8:この憲法に定められていない我が国の陸・海・空その他の軍の行動は交戦規定及び軍法に従い判断される。

  附則1:各軍の指揮は各軍の長が摂り、防衛相が統括し、最高指揮権は内閣総理大臣が有する。





PCでは↑のスクロールバーで見れるのですがスマホ等で見られないと思います
スマホ等でご覧の方にはお手数ですが以下の過去記事を参照してください

<参考過去記事>

【憲法問題】憲法改正私案 まだ途中~ 自分の国は自分で守ると言う強い意志と国家観を憲法に反映させることが重要ではないだろうか?
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-1672.html





戦争というとすぐにアレルギーを出す者が多いけど、自国を侵略者から守ることも戦争(祖国防衛戦争)
結局日本の防衛のためには憲法を変えて『交戦権を認めない限り』いくら軍備を増やしても根本的なところで足枷になる




★:注意とお願い★

 最近コメントをしていただけるのはありがたいのですが、コメントに名前を入れずに空欄でコメントされる方が多いです(ホストを確認すれば8割方は同一なのですが)
過去に何度かコメントしましたがコメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を(他人の振りをするのも含む)名乗る等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)




※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

コメント欄・トラックバックをご利用される方は左のプロフィール下の【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】をご一読下さい。

<注意事項>

特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、口調が喧嘩腰、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもや
営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿など
宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど
管理人が不適切と判断した場合は基本的に削除します。
コメントを入れられる場合は必ず名前(ペンネームやHNなど)を入れるようにお願いします。
名前を無記入で投稿されますと、管理人や他の方がお返事等をする際にかなり混乱します。
あまりにも無記入が続くようでしたらコメント削除・アクセス禁止等の措置を取る対象にさせていただくことがありますのでよろしくお願いします。
また、同一人物が複数の別の名前を名乗る(他人の振りをするのも含む)等は特別な理由のない限りご遠慮下さい(管理ページで簡単にバレます)
悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。
違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。



尚、コメントは全て拝読させて頂いておりますが、当方の仕事の都合等でお返事出来ない時がありますので平にご容赦下さい。

※:書き起こしについては誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので引用される場合はご注意を。

■ 追 記

民主党の深い闇


勢いで作った。印刷用PDFはこちら
拡散!菅直人・鳩山由紀夫 拉致容疑者親族周辺団体へ献金
菅首相と鳩山元首相、その他民主党議員と民主党の北朝鮮の拉致容疑者親族周辺団体への献金とつながり。
All sizes  被災地よりも韓国!野田氏、5.4兆円支援を韓国に約束!!  Flickr - Photo Sharing!
被災地よりも韓国!野田氏、5.4兆円支援を韓国に約束!!




祝!アニメ「銀魂」10月復活!
10月の再開を待ちつつ・・・


アルファポリスWeb漫画セレクション
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
長編 連載中 漫画:竿尾悟/原作:柳内たくみ

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり  第12回
http://www.alphapolis.co.jp/manga/view_manga_opening.php?manga_sele_id=138000030






さくや 07 セリフ付

ランキング用


テーマ : 売国法「人権擁護法案」、「地方参政権付与」から日本を守れ
ジャンル : 政治・経済

人権法案、19日に閣議決定へ 法務省外局で新救済機関…尖閣防衛も対中外交も何も解決してない中またもや国民の虚をつくように危険な法案が閣議決定へ!?【主張】中国漁船群 総力あげ尖閣防備固めよ【チャイナリスク・脱中国へ!】反日デモの中の信じられない出来事…中国のユニクロ「支持釣魚島是中国固有領土」中国のアウディ販売店、社員一同が笑顔で 「日本人虐殺」を宣言?


よかったら応援クリックお願いします。

ランキング用



女性自衛官  敬礼 3


人権侵害救済法案・人権委員会設置法案・人権救済機関法案


 尖閣沖で日本の主権・領土の危機が迫り、また中国国内で進出している邦人企業・在留邦人に危害を加えられたり危機が迫っている中
多くの国民がそれらに注視し、心配し、民主党政権の対応に不安と不満を感じる中・・またもや国民の虚をつくように危険な法案が閣議決定されようとしています。
この報道が事実ならとんでもないこと、これ・・例によってまたどこのメディア(テレビ)もほとんど報じないんだろうな

※追記:フジテレビは報じていたみたいだけれど・・
その危険性についてはあんまり深く掘り下げない内容。

政府、「人権委員会」設置を柱とする人権救済法案を閣議決定へ(12/09/19)

政府が19日、人権侵害を救済するための「人権委員会」の設置を柱とする人権救済法案を閣議決定することがわかった。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00231782.html



<以下参照>

人権法案、19日に閣議決定へ 法務省外局で新救済機関
2012/09/19 02:01 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201209/CN2012091801002222.html

 政府は18日、新たな人権救済機関「人権委員会」を法務省の外局として設置する法案を19日に閣議決定する方針を決めた。早ければ今秋の臨時国会への提出を目指す。ただ同法案に対しては与野党内に根強い反対論があり、成立は見通せない。

 新機関は、差別や虐待など人権侵害事案の解決を目的に設置。公正取引委員会と同様、政府から独立した権限を持つ「三条委員会」とした。委員長や委員は国会の同意を得て首相が任命する。調査は相手側の同意に基づく任意とし、拒否した場合の罰則などは設けていない。

 新機関の設置については自民党などから「人権侵害の定義があいまい」との反対論が出ている。



閣議案件 首相官邸ホームページ
http://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/index.html



※追記:野田政権やりやがった・・・

平成24年9月19日(水)繰下げ閣議案件

法律案

人権委員会設置法案 
(法務・財務省)

人権擁護委員法の一部を改正する法律案
(法務省)
平成24年9月19日(水)繰下げ閣議案件閣議案件  資料集  首相官邸ホームページ




<参考過去記事>

たかじんNOマネーGOLD「地球(日本)に迫りくる脅威。今、遠く銀河系の彼方から侵略者の魔の手が忍び寄ろうとしている。竹島を狙う「チゲ星人」 沖縄を狙う「マーボー星人」そして日本人の敵は、実は「日本人」?…」動画と一部書き起こし…内政外交のドタバタの隙に民主党政権が通そうとしていた超危険な人権侵害救済法案!
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-1663.html



【電脳News】人権侵害救済法案阻止!

http://www.youtube.com/watch?v=23UifZOyf3s&feature=share&list=PL6DCF19317EBCACE4
阻止には、
・この事実をできるだけ多くの人に周知させること
・法案についての反対意思表明(ネットなどの反対の署名、法務省­に反対の意見メール送付、政治家の事務所に電話など)
・掲示版やブログ等で反対意見の発信
・安易にメディアのプロパガンダにのせられないようにスイスの民­間防衛について熟知して、情報の真偽について自分なりの検証をし­、本当に信頼できる政党や政治家を世に­送り出すことでしょうか。

冗談抜きに最終手段は実力行使も考えなければならないくらい、そ­れほどの異常事態だとおもいます。

フジテレビは氷山の一角です。今日本で何が起きているのか。ボーッとしてたら気づきません。危機感を感じたあなたへ。もっと日本の現状をしろう。高岡さんは皆んなが思うこ­とを言っただけ。飼い犬になるか、立ち上がるかのどちらか。危険すぎます人権侵害法案。糞左翼駆逐。

<その他のよくわかる人権侵害救済法案 動画>
http://www.youtube.com/watch?v=zRlxrGNVjIs
http://www.youtube.com/watch?v=NU_CRQTYTCw
http://www.youtube.com/watch?v=ryMGIRJA9N4
http://www.youtube.com/watch?v=Pv06EBy69fc
http://www.youtube.com/watch?v=5h-TqJvlORg
などなど。




尖閣防衛も対中外交もなにも上手くいってないのにこうした日本国民に害をなす闇法案だけはサッサと進めようとする

日本に仇名す民主党政権、やはり早期に打倒すべきだ!




尖閣防衛 領土防衛 2

防人たちの日本防衛の任務達成と無事なる帰還を祈りたい。

2012年9月18日 ニュースウォチ9NHK

2012年9月19日 NHKニュース おはよう日本 (1)
2012年9月19日 NHKニュース おはよう日本 (2)
2012年9月19日 NHKニュース おはよう日本 (3)
2012年9月19日 NHKニュース おはよう日本 (4)
2012年9月19日 NHKニュース おはよう日本 (5)
2012年9月19日 NHKニュース おはよう日本 (6)
2012年9月19日 NHKニュース おはよう日本 (7)

 未だ尖閣沖に現れぬ中国大漁船団・・・
そして尖閣沖で挑発的行為を繰り返す10隻を超す中国の漁業監視船に海洋監視船(中国公船)
昨日、テレビなどの報道を見ていたら漁業監視船に海洋監視船(中国公船)は中国の漁船団が領海侵犯や上陸をして日本側に逮捕され中国の国内世論が沸騰しそれが反政府運動に向かうことを恐れ、中国漁船団の監視と統制のために現れていると解説していましたが
果たして今後どう出るか・・・
確かに漁業監視船に海洋監視船(中国公船)ならば日中両国が批准する国連海洋法条約では、公船への実力行使は禁じられており、領海外に退去を求める以外の対応が難しいため現状逮捕はできないという事からの挑発なのかもしれない。
こうしたことで中国漁船の挑発的行為をなだめる意図もあるのかもしれない・・ただし、跳ねっ返りや、前回尖閣に上陸した者たちが紛れ込んでいる可能性も否定できないので、どうなるかは予断を許さないことには変わりはないのかもしれないが・・・



<以下参照>

【主張】
中国漁船群 総力あげ尖閣防備固めよ
2012.9.19 03:21 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120919/plc12091903210010-n1.htm

 中国の漁船約千隻が尖閣諸島に向かって出港した。10隻を超す中国の漁業監視船と海洋監視船も接続水域に入っており、合流する可能性が強い。千隻もの漁船が殺到すれば前例のない事態だ。野田佳彦政権は総力を挙げて尖閣防備の態勢を固め、あらゆる事態に備えなければならない。

 尖閣諸島などを警備する第11管区海上保安本部(沖縄)には、千トン以上の巡視船が7隻しかない。しかも、5千トン以上の大型巡視船は大都市周辺に配備されているだけだ。他の保安本部から11管に巡視船を応援に回すなどして、万全の防備体制を敷くべきだ。

 海保だけで対応できない場合、自衛隊の出動が必要になる。野田首相は7月の衆院本会議で、日本の領土・領海での外国の不法行為には「必要に応じて自衛隊を用いることも含め、政府全体で毅然(きぜん)と対応する」と述べている。

 まず考えるべきは、自衛隊法82条に基づく海上警備行動である。海上での人命・財産保護や治安維持のために防衛相が命じるもので、平成11年3月の能登半島沖不審船事件や16年11月の中国原子力潜水艦による領海侵犯事件などに対し、計3度発令されている。

 より緊急事態を想定した治安出動(同78、81条)や防衛出動(同76条)はまだ発令されたことはないが、検討内容に含めておかねばならない。そのためには、尖閣の事態に対処する関係閣僚会議に森本敏防衛相が出席して意見を述べる必要がある。関係8省庁の協議にも防衛省が入っていないが、これもおかしい。


 海保と自衛隊の連携による堅い守りが、中国との一触即発の危機を回避する抑止力になる。

 来日したパネッタ米国防長官は玄葉光一郎外相との会談後の記者会見で、尖閣諸島が日米安保条約第5条の適用範囲との認識を示した。尖閣周辺での日米合同演習も有効な尖閣防護策である。

 昭和53年4月には、武装した100隻超の中国漁船群が尖閣沖に現れ、領海侵犯を繰り返した。

 海保の巡視船の増強と海上保安官の増員に加え、削減し続けてきた防衛予算の拡充が急務である。農林水産省の岩本司副大臣は違法操業などを取り締まる水産庁の漁業取締船を39隻から41隻に増やす方針を示した。

 オールジャパンで領土と海洋権益を守るべきときだ。
 



<参照終わり>



チャイナリスク - Wikipedia

チャイナリスクとは、中国(中華人民共和国)のかかえるカントリーリスクである。つまり、中国国内で外国企業が経済活動を行う際もしくは中国人を雇い入れる際のリスク(不確実性)、特にダウンサイドリスクだけを取り出したもの。



今一度日本人は『チャイナリスク』についてしっかり考え、同じく反日的な韓国共々脱・特亜中国・韓国・北朝鮮)』を考えるべきだ。
サヨクや似非平和主義者などの言う目先の利益、甘言に乗せられるな!


「国防動員法」「民事訴訟法第231条」日本国民の知らない中国の脅威!

2012年9月19日 NHKニュース おはよう日本 (8)
2012年9月19日 NHKニュース おはよう日本 (9)
2012年9月19日 NHKニュース おはよう日本 (10)
2012年9月19日 NHKニュース おはよう日本 (11)
2012年9月19日 NHKニュース おはよう日本 (12)
2012年9月19日 NHKニュース おはよう日本 (13)
2012年9月19日 NHKニュース おはよう日本 (14)
2012年9月19日 NHKニュース おはよう日本 (15)
2012年9月19日 NHKニュース おはよう日本 (16)


ユニクロ、イオンなど株価下げる 中国の「暴走デモ」、日本の流通・小売大手に痛手
2012/9/18 20:04 J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/2012/09/18146776.html?p=all

日本政府による尖閣諸島(沖縄県石垣市)の国有化に反発を強める中国では、満州事変の発端となった柳条湖事件から81年目を迎えた2012年9月18日も、北京市の日本大使館前をはじめ、上海市や瀋陽市など約50の都市で反日デモが繰り広げられた。

一連の反日デモでは参加者の一部が暴徒化。日系の百貨店や総合スーパー、コンビニエンスストア、日本料理店などではショーウインドウが割られ、陳列棚が倒されて商品が踏みにじられたり、略奪されたりして休業に追い込まれた。日本製品のボイコットが激化しているほか、東京株式市場では流通・小売業などの株価が軒並み下落した。

中国消費者向けに販路拡大の矢先・・・

日本国内での個人消費が低迷するなかで、中国は中間層の増加が著しく、市場が拡大している。なかでも日本の食文化やファッションは海外でも人気が高い。日本の流通・小売り大手は中国経済を取り込んでいくことを基本戦略と考え、多くが出店攻勢を仕掛けている。こうした「内需型産業」は中国に店舗を増やし、これから本格的に稼ごうとしているところだ。

「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングはファッションで最も先行し、中国国内に145か店、香港に16か店を構える(2012年8月末現在)。生産工場については、最近はもっと人件費が安い中国以外に移転しており、さらに生産規模を拡大する傾向にある。15年8月期には中国を含めた海外売上高比率を5割に高める計画だ。

その矢先に、尖閣問題が再燃。ユニクロも上海市などで店舗が破壊され、一部で休業を余儀なくされている。

上海市の「ユニクロ」では、破壊行為を回避しようとしたのか、ショーウインドウに「支持釣魚島是中国固有領土」の紙を貼り出された写真がインターネットに流れた。これは、逆に日本の消費者などから「売国奴」とネットで叩かれる事態になった。

ユニクロは、約40分後に貼り出された紙を撤去したとし、「本件は会社の指示によるものではなく、また他の店舗ではこのようなことが起きていない。大変遺憾で、二度と起こらないよう社内で徹底する」とのコメントを発表。火消しに追われた。

こうしたことから、9月18日の東京株式市場ではファーストリテイリングの株価は大きく値を下げ、終値は前週末比1310円安の1万7480円で引けた。下落率は6.97%にもなった。

事業の先行き懸念で「売り」先行

9月18日の東京株式市場ではほかにも流通・小売り大手の株価が大きく下げた。イオンの終値は25円安(2.79%減)の872円。一時は871円まで下がり年初来安値を更新した。イオンのスーパー「青島ジャスコ」の被害総額が2億元(約25億円)に達し、復旧に3か月かかるとの情報が響き、売られた。

セブン&アイHDは32円安(1.38%減)の2291円。テレビから店舗が大きく破壊される映像が流れた百貨店の平和堂も49円安(4.18%減)の1123円と大きく値を下げた。

流通・小売り大手はこの数年間、中国の消費者向けに商品をアレンジするなど、中国国内のニーズに対応した柔軟な運営で店舗数を急速に伸ばしてきた。しかし、「中国市場に魅力を感じていても、今回の衝突で中国へのリスクが小さくないと考える企業がないとはいえません。撤退はないでしょうが、インドネシアやベトナムに比重を高めるなど、海外戦略全体をいったん見直すことを迫られることになるでしょう」と、東レ経営研究所の永井知美・産業アナリストはみている。

一方、中国メディアなどは中国への経済的な依存度が高い日本にとって、中国に代わる存在はなく、「巨大な消費市場」である中国との関係を薄めることで、日本が今後も経済成長と繁栄を続けていくことは難しいと伝えている。中国としては、すでに「日本は中国に依存している」という経済への影響を積極的に伝えることで、日本に対して圧力をかける狙いがあるようだ。




脱中国こそ日本のこれから進むべき道ではないだろうか!

<以下参照>

緊迫増す尖閣…自衛官&P3Cも出動!不測の事態も
2012.09.18 ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120918/plt1209181810002-n1.htm

 日本政府による沖縄県・尖閣諸島国有化に抗議する中国の過激な反日運動が収まらない。対抗措置として中国の漁船計1000隻が尖閣に向かっているほか、満州事変の発端となった1931年の柳条湖事件から丸81年の18日、少なくとも71の都市で反日デモが広がった。防衛省ではP3C哨戒機が警戒を続け、自衛艦を尖閣に近い領域に向かわせるなど厳戒態勢を敷いている。 

■緊迫の尖閣

 押し寄せる大群、高まる緊張感-。東シナ海での休漁期間終了に伴い、浙江省や福建省などの中国漁船、計1000隻が18日か19日、尖閣諸島付近の海域に到着する。

 18日午前6時50分ごろ、尖閣諸島の魚釣島北北西約43キロの接続水域で、中国の漁業監視船「漁政35001」が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。政府は首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置し、海上保安庁は警戒を強めている。

 海保によると、中国の監視船に対し、領海に入らないよう警告したところ、尖閣諸島について「中国固有の領土だ」と中国語で応答。「われわれは正当な業務を実施している。あなたたちはこの海域を離れてください」とも話した。

 海保では、すでに複数の巡視船を尖閣周辺に配置し、警戒を強め、漁船が領海に侵入した場合は「退去を呼びかけ、応じなければ検挙するなど上陸を阻止する」(海保関係者)などの対策を取る。防衛省ではP3C哨戒機が周辺海域の警戒を続け、事態が海保の行使能力を超えた場合を踏まえ、自衛艦を尖閣に近い海域に移動させた。

 厳戒態勢を敷いてはいるが、大量の漁船が一度に尖閣周辺の日本領海に侵入する事態になると、海保の巡視船との衝突など不測の事態を招く恐れがあり、日中間の緊張が高まりそうだ。

 衝突を避けられても、「南シナ海でのベトナム、フィリピンの領有権問題でも中国は漁船を大量動員し、長期滞在させている」(同)だけに長期戦になる可能性がある。

 一方、18日午前9時半ごろ、日本人とみられる2人が尖閣諸島の魚釣島に上陸。乗ってきた小型船から海に飛び込んで泳ぎ着いたとみられ、