スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TVタックル「外国人参政権問題」 張景子さん日本国憲法捏造?

TVタックル「外国人参政権問題」
張景子さん日本国憲法捏造



よかったら応援クリックお願いします。

ランキング用




■ビートたけしのTVタックルより「外国人参政権問題」

 予想はしていましたがまあ、「外国人参政権」賛成派は酷いですね。
議論になってないというか何と言いますか・・・。
特に張景子さん、日本国憲法を捏造するし・・・。
「外国人参政権」賛成派はどういう訳か憲法論でこの問題を議論しようとしない、いや、避けている。
そう思えるぐらいでした。

まあそれはそうでしょう。
日本国憲法15条1項は公務員の選定・罷免を「国民固有の権利」と明記しており。また、93条2項は「地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が、直接これを選挙する」と定めているのだからそれで議論したら外国人に参政権など認められる訳が無いのだから。

とりあえず起こせるところだけ書き起こしてみました。

※時間があれば画像も随時UPしていきます。

すみません注釈いれたら非常~に長くなりました・・・
ORZ。



2010年3月1日放送 21:00 ~ 21:54

ビートたけしのTVタックル

外国人地方参政権!!友愛国家のかたち 政府が今国会中の提出を検討しているというこの法案…賛否両論渦巻くこの難題の行方を通し国民が選択すべきニッポンのかたちを考える

外国人地方参政権!!友愛国家のかたち 政府が今国会中の提出を検討しているというこの法案…賛否両論渦巻くこの難題の行方を通して国民が選択すべき“ニッポンのかたち”を考える!! 賛成派と反対派がスタジオで激突
出演
レギュラー出演者:ビートたけし、阿川佐和子、大竹まこと ゲスト出演者:三宅久之、長島昭久、高市早苗、山際澄夫、小川敏夫、穀田恵二、金慶珠、張景子 ナビゲーター:江口ともみ






RIMG9036.jpg
「日本時間の今日午後。
17日間に渡り熱戦を繰り広げてきたバンクーバー・冬季オリンピックがその幕を閉じた。」

RIMG9037.jpg
「睡眠不足で応援した日本選手団の成績はともあれ」

RIMG9038.jpg
「今回のバンクーバー・オリンピックでは多くの競技でやたらと中国・韓国選手の活躍が目立ったという印象をお持ちのも多いのでは。」

RIMG9039.jpg
RIMG9040.jpg
RIMG9041.jpg
「やはり日本人としては何かにつけ気になるこの2つの隣国」

RIMG9042.jpg
「そして今、日本国内では国論を二分する大問題がこの二つの国を中心に起きている。」

RIMG9043.jpg
「永住外国人地方参政権問題である。」

RIMG9044.jpg
「ここ数年急増し続ける永住資格を持つ中国人と。」

RIMG9045.jpg
RIMG9046.jpg
「参政権問題の火付け役である永住資格を持つ在日韓国人・朝鮮人。」


RIMG9047.jpg
「去年の10月、鳩山総理は韓流ドラマ好きで知られる幸夫人を伴い訪韓。
総理就任後初の訪問国であった。」

RIMG9048.jpg
鳩山首相
「私どもは韓国の皆様方や韓国の文化が大好きでございます。」


RIMG9049.jpg
鳩山首相
「ほとんどの日本国民は」

RIMG9050.jpg
鳩山首相
「同じ気持ちを有しているのではないかと・・」


RIMG9051.jpg
「日韓併合から100年の今年
両国間の問題を解決しようという並々ならぬ決意らしい。」


RIMG9052.jpg
鳩山首相
「その問題の一つに」

RIMG9053.jpg
鳩山首相
「いわゆる在日の韓国の皆様方の地方参政権の問題もその中に入っている」


RIMG9054.jpg
「12月には小沢幹事長も韓国へ」


RIMG9055.jpg
「小沢さんは参政権問題について。
議員立法ではなく党議拘束のかかる政府案として今回の国会で成立させる見通し・・と語った。」


RIMG9056.jpg
「しかし、当初民主党の政策集には「外国人参政権の実現を急ぐ」と明記していたものの。」


RIMG9057.jpg
「党内には反対論も多く。
去年の衆議院選のマニフェストからは外した経緯がある。


RIMG9058.jpg
「ところが一方では。
在日韓国人の組織、在日本大韓民国民団


RIMG9059.jpg
「通称、民団の新年会の挨拶で。」


RIMG9060.jpg
「赤松農水大臣は
「衆院選での民主党支援に心から感謝を申し上げる」と述べた上で。」


RIMG9061.jpg
地方参政権法案の成立は民団への公約だと明言した。


RIMG9062.jpg
自民党衆議院議員
小池 百合子
「公約というのは 何なんですか?」


RIMG9063.jpg
自民党衆議院議員
小池 百合子
「永住外国人への地方参政権の法案成立は」


RIMG9064.jpg
自民党衆議院議員
小池 百合子
「民団への公約だったとおっしゃったと報道されております。」


RIMG9065.jpg
農林水産大臣
赤松 広隆
「私は、意識としては」


RIMG9066.jpg
農林水産大臣
赤松 広隆
「あの私自身の政治家としての・・信念であり約束であると・・個人としてですね。」


RIMG9067.jpg
農林水産大臣
赤松 広隆
「そういう思いだったことは時事だと思います。」


RIMG9068.jpg
自民党衆議院議員
小池 百合子
「亀井大臣 どうされます
お答え下さい」


RIMG9069.jpg
金融・郵政改革担当大臣
亀井 静香
「(法案が)提出をされておりませんので」

RIMG9070.jpg
金融・郵政改革担当大臣
亀井 静香
「仮定の問題について答えるわけにはまいりません」

RIMG9071.jpg
金融・郵政改革担当大臣
亀井 静香
「が」

RIMG9072.jpg
金融・郵政改革担当大臣
亀井 静香
「私の所属しております国民新党は」


RIMG9073.jpg
金融・郵政改革担当大臣
亀井 静香
「あの、付与することには反対でありますし」

RIMG9074.jpg
金融・郵政改革担当大臣
亀井 静香
「私としても反対であります。」


RIMG9075.jpg
自民党衆議院議員
小池 百合子
「お隣の松原仁先生も先ほどから深くうなずいておられるところでございます。」


RIMG9076.jpg
「物言えぬ民主党」


RIMG9077.jpg
「去年党内の反対でマニフェストから外されたこの法案だが。
今、民主党の反対派の先生達にそのパワーはあるのか?」


RIMG9078.jpg
「永住外国人参政権、友愛国家日本のかたちを問う。」


<オープニング>

RIMG9079.jpg
<「外国人参政権」反対派>


RIMG9080.jpg
政治評論家
三宅久之氏


RIMG9081.jpg
防衛大臣政務官
長島昭久氏


RIMG9082.jpg
自民党衆議院議員
高市早苗さん


RIMG9083.jpg
ジャーナリスト
山際澄夫氏




<「外国人参政権」賛成派>


RIMG9084.jpg
民主党参議院議員
小川敏夫氏


RIMG9085.jpg
共産党衆議院議員
穀田恵二氏


RIMG9086.jpg
東海大学准教授
金慶珠さん


RIMG9087.jpg
東アジア評論家
張景子さん


RIMG9088.jpg


RIMG9089.jpg
ビートたけし氏
「あの、ちょと・・前にさあ、あのお・・オーム真理教の問題ありましたよね。
住民票移してその地域をまあ乗っ取るて言ったら変だけどまあ・・町ぐるみ・・こう・・でしょ」


三宅氏
「熊本かどっか・・ありましたね」


たけし氏
「あの時・・には。
どういう法律で・・あの信仰の自由とか色々考えるとあれは・・なんだろう破防法とかそっちの方だったのかな?
な・・やっぱ潰したでしょあれ?」

RIMG9091.jpg
長島議員
「まわりの住民の人達がま、反対して・・」


たけし氏
「そうすると・・まあ」


RIMG9092.jpg
阿川さん
「地元の反対を受けて・・」


たけし氏
「危険が・・回りに影響があるというようなあれで・・。」


長島議員
「まわりの人にも居住のなんか・・あ・・あん」


RIMG9093.jpg
穀田議員
「あれはね、やっぱりねえ、ああいう何て言うのかなあ・・あの~荒唐無稽でねしかも住民に被害を与えるやり方がいいのかという住民の運動が起こるのですよ、そういう問題は必ず。
そう言う意味でも住民自治ってのはねやっぱりそういうところに力があるってところがねやはり日本の良さですよ。
・・を追い出していくとね、そこは見てとった方がいいんじゃないですか?」


RIMG9094.jpg
金慶珠さん
「じゃ、あと、オーム真理教の話と今日のテーマである「永住外国人の参政権の問題」とこれごっちゃ・・いっしょこちゃに・・」


RIMG9095.jpg
たけし氏
「一緒にはしていないんだけど、例えばその現象だけとらえればですよ、うらの問題関係なく・・
ぽっと入られたら・・どうするの?っていう。」


RIMG9096.jpg
金慶珠さん
「現象だけとらえるんじゃなくて、例えばそれが一種“妄想”みたいなもんでねえ。
例えば、その外国人に参政権を与えたら住民票一気に対馬に移すとか、それは・・やっぱりそのオーム真理教とやっぱり一緒に見る・・
あいつら危険だっていう・・在日はその永住外国人に・・」

(※感想:早速でました“妄想”の言葉。
自分の個人的感想ですがどうしてこう韓国の方は妄想という言葉の類の事を多用するのか?
そしてこの金慶珠さんこの番組を見た人なら分かると思いますが人の話を聞きません。
しかも完全にたけし氏が言いたいことを誤解しています。
それはこの番組の一番最後にあきらかになります。)




RIMG9097.jpg
長島議員
「いや、たけしさんが提起した問題は・・ようするに居住のね・・・」


たけし氏
「どういう反対の方法があるのかという・・・」

長島議員
「移転の自由があるからみんな、だからそれを制限する・・それを制限する法律は無いでしょ。」


穀田議員
「そんなこと無いですよ。」


長島議員
「何の法律で制限するの・」

穀田議員
「何、あれね・・」

RIMG9098.jpg
阿川さん
「お話は始まっておりますけども一応今日外国人参政権の問題を取り上げるに当たって」


RIMG9100.jpg
「賛成派と」


RIMG9099.jpg
「反対派に分かれて」


「座って頂いてます。」


-中略-


RIMG9101.jpg
永住外国人地方参政権

永住資格を持つ在留外国人に
地方選挙の投票権を付与する。


-中略-


RIMG9102.jpg
長島議員
「金さんに・・質問したいんだけど。
私は外国人に永住外国人に地方参政権を与えることに慎重ですよ。
だけど、これさっき説明があったように。
地方の選挙権だけだからいいじゃないかっていう議論なんですね。
何で被選挙権与えないんですか?
国政は駄目なんですか?
どうしてそこに線が引けるのか?
私はねえこれは非常に偽善的な議論だと思う。
最初はね、選挙権から始まって、私民団の人と話したら。
「いや、いずれは国政・・に、国政お願いしたい」
こう言ってましたよ。
それが人権を獲得してきたね人類の歴史からいったら自然でしょ。
だからここは国籍を取得しているか、いないかで線を引かざるを得ないんですよ。」



(※感想:一つ自分が民主党の外国人参政権反対派?といわれる人の言動で気になるところがあります。
それは何故か「外国人参政権」に明確に“反対”と言わず“慎重”と言うところです。
何故“慎重”と言うのでしょうか?
“反対”であれば何処までいっても“反対”であると感じますが。
“慎重”だとそのうち“賛成”もあるかも?
というふうに感じることができます。
これについてそう感じるのは自分だけでしょうか?)





RIMG9103.jpg
金慶珠さん
「いや、あのね。まず・・その・・今・・今例えば被選挙権を与えたらそれこそなし崩し的にそのうち国政選挙にまで参加してくるに決まってると。
要求してくるに決まってるっていう、その議論事態は・・全くその一部っていう・・。」


RIMG9104.jpg
長島議員
皆さんが仰っている、民団の方がそういうふうに仰っている。


金慶珠さん
「いやいやいや」


長島議員
民団の方がそういうふうにおっしゃっている。

RIMG9105.jpg
金慶珠さん
それは・・いや民団の人がいったい何をどれだけ代弁して言うんですか?


(※感想:金慶珠さん「民団の人がいったい何をどれだけ代弁して言うんですか?」
主に民団の人が参政権よこせって言っていたのでは?
民団の人の発言が関係無いと言うのなら参政権はいらないってことですか?)



<参考>

民団新聞
http://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?corner=2&page=1&subpage=3531


RIMG9106.jpg
阿川さん
張さんは実はあの帰化してらっしゃる。
つまり国籍的には日本人なんですよね。



RIMG9107.jpg
張景子さん
「はい、日本国籍を・・。
はい、取ってます。
この日本人かどうかは・・ちょっと・・あの微妙。
国籍・・に関する考え方をホントに違うんですよね中国の人達って。
あの中国で、皆さんご存じの華僑って言うんですけども、また海外に住んでいる人達、華人ても呼ぶんですね。
華僑というのは中国の国籍を持った人達が華僑。
で、華人っていうのは中国国籍じゃない・・その・・居住国の国籍を持っている・・。」


阿川さん
「大本は中国の人達だけど。」


RIMG9108.jpg
張景子さん
「そうです、なのにこの人達に対しても日本籍の中国人、あるいはアメリカ籍の中国人っていうような言い方をするんですよ。
なので非常にこう・・あの国籍にたいする考え方がこう緩いって言うか、あと中国人に対するこの包容っていうか、その範囲が凄く広いって言うのがありますね。
なので私に「あんた日本国籍を取ったから日本人」っていわれると私は“ドキッ”とするわけですよ。


(※感想:何て言うのか、この張景子さん何の為に日本国籍取ったの?と言いたいです。
張景子さんの話を聞くと日本人になりたいと感じているようにも思えないしどうにも便宜上で、参政権が欲しかったから?仕方なく取得したのであって心は今でも中国人で忠誠は中国共産党にあります。
そう感じるのですが・・・。
ちなみに同じく帰化された台湾の金美齢さんはこう言っておられます。)



<過去エントリー>
たかじん「外国人参政権2」特別永住者と一般永住者・日本国民とは
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-405.html


2010年1月24日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」より


RIMG8234.jpg

金さん
「ちょっと待ってください!
国籍の問題についてだったら私に聞いてください!
私はね、台湾人として50年日本にね、あの滞在してましたし・・ずっと居住してましたし『地方参政権ね欲しいと一度も思ったことありません』。
だけど私は・・あの日本の国籍を去年の9月取りました。
で・・今私はだからね投票権があります。
で、私の子供達も日本に生まれて日本に育って・・で、あの日本の国籍を卒業して・・あの就職して取りました。
だから今のねその出生主義にするのか血統主義にするのかっていう事はねこれはやっぱり国籍法をね『改正』・・・。


橋下知事
そうそうその議論をね


金さん
「だからね、そう、その議論をねちゃんとしなきゃいけない。

RIMG8235.jpg

村田氏
「結局その・・根本的に言うなら日本人とは何かちゅう話しなんだよ。
それはもちろん法律も大事ですよ法治国家だから、法律も大事ですけどやっぱりもっと哲学的で政治的な事含んでるんでね。
そういう事を含めてこの・・地方参政権の問題があるから。
やっぱある程度ね幅広い合意が出来るようにじっくりと時間をあけた議論というものをしないとね場合によったら“次の総選挙のね大きな争点として”それが戦われてもいいというぐらの大きな事なのでね・・・

RIMG8236.jpg

原口総務相
「だからね・・だから僕は、内閣で出してそして内閣で出せばですね・・党議拘束かかるわけだから・・・。
それで四の五の言わないで法律が通というようなやり方はよくないですねと・・。

RIMG8237.jpg

村田氏
民主党に対して言いたいのは、“こういう大事な時間をかけてやらないといけない事(永住外国人地方参政権法案)を”急ぐんじゃなくて。
もっとおたく達は急いで結論を出さないといけない事を早くやって!
というの。


(会場拍手)


-中略-


RIMG8241.jpg

金さん
「私もね、血統主義に実は反対なんです。
だけども哲学的な問題って村田先生仰ったけどね。
私の基準はね日本という国にロイヤリティーを・・ね
・・忠誠心をね持つ人が日本人になって欲しいという、これが私の結論。

RIMG8242.jpg

(会場拍手)



<引用終わり>

(※感想:どうでしょうか?
金美齢さんとこの張景子さんの発想の違い。
皆さんならどちらの方に日本人でいて欲しいですか?





RIMG9111.jpg
三宅氏
「あんたなんかはあれ何じゃないの?
あの何かあった時の残地調査で日本に置いてんじゃないの日本に。」


張景子さん
「え?」


三宅氏
「中国共産党がね残地調査としてね、日本に置いてんじゃないの?」


RIMG9112.jpg
張景子さん
「全然違う・・・。」


RIMG9113.jpg
穀田議員
「そういうさあ、あの荒唐無稽な話をさあ・・」

三宅氏
「荒唐無稽なことないよ。
日本国籍を・・日本に対する忠誠心が無いのはそうだよ。

RIMG9114.jpg
穀田議員
「三宅さん悪いけどね、それはスパイって意味ですよ。」


RIMG9115.jpg
三宅氏
「そうですよ。」

(※感想:三宅氏はぶっちゃけて言ってしまいましたが、張景子さんは中国共産党のスパイ説。
その疑惑は一連の張景子さんの過去の発言を知っている者にとっては当たり前?なのですが。
少なくとも今回の討論を聞いているとそう感じるところはあります。)




穀田議員
「あの~なんて言うのかな、普通の人々に対してさあ・・・。」


RIMG9116.jpg
三宅氏
「だってさあ日本国籍取って日本国に忠誠心をもどさないのはさあ・・


RIMG9117.jpg
穀田議員
じゃあ、あの帰化した人は皆スパイなの?

(※感想:共産党穀田議員、人の話はちゃんと聞きましょう。
三宅氏は「日本国籍取って日本国に忠誠心をもどさない(示さない?)のはさあ・・」のがスパイじゃないかと言っているだけです。
何も帰化した全ての外国人にスパイだと言っているわけではありません。
帰化し、ちゃんと日本に忠誠を誓った外国の方は先に挙げた金美齢さんや元鈴木宗男氏の私設秘書であったムルアカ氏などおられます。




RIMG9118.jpg
三宅氏
「いやいや、だから・・だから」


RIMG9119.jpg
穀田議員
「あなたそう言ったじゃないですか」

(※感想:すみませんもう一度書きます。
共産党穀田議員、人の話はちゃんと聞きましょう。)




三宅氏
彼(彼女:張景子さん)の場合は便宜主義で取ったって言うんだから。


穀田議員
「彼女でしょ」

三宅氏
「彼女(張景子さん)は便宜主義で取ったって言うんだから。
便宜主義で取ってもらっちゃ困るよそんなもん。」



RIMG9120.jpg
張景子さん
便宜主義でもいいじゃない。
・・・以下回りが議論して聞き取れず。」



RIMG9121.jpg
山際氏
議論の核心部分はやっぱり忠誠心なんです。
外国人と日本人の違いは、外国人は外国にですね忠誠を誓いですねそこで権利も義務も持ってるわけですよ。
いやそうでしょ、韓国・・あの中国だってそうでしょ。
中国の方だってですよ共産党のですね、共産党に忠誠心を誓ってるわけですよ。
だから外国人なんですよ。

例えば韓国だってそうでしょ、韓国だって民団の・・民団の綱領というのがあるんですよ。
民団のあの運営資金というのは7割から8割は韓国からもらって活動資金にしているんですよ。



RIMG9122.jpg
金慶珠さん
「ちがうよ!
まず第一に違うし、ちょっとあなた声大きいけど・・私が声を張り上げると・・大きいから・・ちょっと聞いてよ。
いい・・あのねえ・・それで言うと・・・。」

(※感想:こう言っては何ですが金慶珠さん、声が大きいと言ってますが自分には態度が大きいように感じます。)



RIMG9123.jpg
山際氏
「いやいやそうだよ。
そして、いや綱領はね・・その綱領は、綱領にこう書いてあるんです「韓国の憲法を守ると」こう書いてあるんです。
そこは大事なところなんです!



RIMG9124.jpg
金慶珠さん
「それで言うと、私みたいな人は何ですか、自分の国に、自分の生まれた国の(韓国)国籍に愛情を持って日本に来て日本に愛情を持って暮らしている私は何?スパイなわけ?

(※感想:やっぱり金慶珠さん、態度が大きい。
それと「愛情を持って暮らしている」と言っているが同じように韓国にも愛情を持っていると言っている。
もし日本と韓国が戦争でもするようなことになればどちらに着くのか?
ちなみに日本に帰化した外国人、先に挙げた鈴木宗男議員の元私設秘書のムルアカ氏は日本とコンゴ(ムルアカ氏の祖国)が戦争になればに日本側に着くと言っています。
ムルアカ

そして参政権が欲しければ「外国人参政権」反対派の方が言うように日本に忠誠を誓い帰化すればいいだけのこと。)



RIMG9125.jpg
山際氏
「あなたはしかし韓国人なんでしょ。
今韓国人、だったら帰化すれば、あなたが日本人になれば選挙権を与える。」


RIMG9126.jpg
穀田議員
帰化したらスパイ・・スパイなんだから。

(※感想:この共産党穀田議員もしつこい。
「帰化したらスパイ」何て誰も言ってません。
三宅氏が帰化しておいて“日本に忠誠を誓わない”のはスパイではないか?とは言っているが、帰化した全ての外国人がスパイなどとは言っていない。
外国人参政権賛成派は何故かこうした自分達に都合のいい解釈が続きます。)




山際氏
「いやいやスパイなんて言ってないよ。
何いてるんだよ。」

穀田議員
「同じじゃないか」

RIMG9127.jpg
三宅氏
「そう言うことも・・・あなたは分からないのか君は?」

(ここから双方言い合いで聞き取れず)

-中略-

-VTR開始-


RIMG9128.jpg
江口ともみさん
「長年議論が続いている外国人参政権
憲法が絡むこの問題
あなたは賛成?
それとも反対?」


RIMG9129.jpg
「憲法15条、ここに選挙権は国民固有の権利と規定されている。」


RIMG9130.jpg
「その解釈を巡り、「外国人参政権」の議論に火をつけることとなったのが
1995年の最高裁判決。」


RIMG9131.jpg
原告団長
金正圭氏
「投票は一生に1回は行ってみたいということです。」


RIMG9132.jpg
「1990年、大阪で在日韓国人達から
「地方選挙に限り永住権をもつ外国人に選挙権を付与しないのは憲法違反」
との訴訟が起きた。」


RIMG9133.jpg
「しかし、1995年に最高裁が
「参政権は国民主権に由来するもので
憲法上日本国籍を有する国民に限られる」
とし、これを棄却。



RIMG9134.jpg
原告団長
金正圭氏
「ところが
「解釈の仕方によってはまあ“棄却”ということですけど・・。」」


RIMG9135.jpg
原告団長
金正圭氏
「あの・・“勝訴”の意味合いも少しはあるのような気持ちになっておりますけど。」

(※感想:あの・・どう解釈しても“棄却”は“棄却”ですから。
詳しいことは後ほど書きますが参政権を認める判決であるならば“棄却”にはなりませんから。)




RIMG9136.jpg
「と、判決理由には影響しないあくまで傍論の
「法律をもって地方参政権を付与することは憲法上では禁止するものではない」
を受け、立法に問題があると解釈した。」


RIMG9137.jpg
「以降、1998年から現在までほぼ毎国会で議員立法で外国人参政権法案が提出されてきた。」

外国人参政権法案の提出回数

公明党 29回
民主党 15回
共産党 11回
保守党 10回
自由党  1回



(※印感想:今まで回数の多い公明党が政権にありながら「外国人参政権」法案が何故通らなかったかと言えば保守議員の多いい自民党が政権与党であったからで。
色々と政治腐敗もあったけれど事、この問題については自民党が政権与党であったことが日本国民には幸いでした。
しかし、現在、公明党に次ぐ提出回数の多い民主党が政権与党では最も大きな政党。
これが法案提出をすればどうなるか?
賢明な方であればお分かりになると思います。)




RIMG9138.jpg
「そして現在でもこの裁判の“傍論”が推進の論拠となっている。」


RIMG9139.jpg
鳩山首相
「平成7年の最高裁の判決」


RIMG9140.jpg
鳩山首相
「永住外国人に地方選挙権を付与することについてでありますけれども。」


RIMG9141.jpg
鳩山首相
憲法上においては(永住外国人地方参政権)禁止する・・されているものではないと


RIMG9142.jpg
鳩山首相
解するのが相当であるという結論が出ている。
と、述べられているわけで。」


RIMG9143.jpg
自民党衆議院議員
高市早苗
「あの、最高裁判決・・これは傍論をですね引いて、まあそれで憲法に違反していないとま、仰るのは」


RIMG9144.jpg
自民党衆議院議員
高市早苗
「とんでもない話しだと思いますし。」


RIMG9145.jpg
「現在この裁判の判決に加わった園部元判事は
傍論の部分は政治的な配慮があった」と明言している。」



RIMG9146.jpg
「果たして外国人への参政権の付与は憲法上認められるのであろうか?」

-VTR終了-


RIMG9147.jpg
阿川さん
「その大阪の判決というのが主文と傍論というのが出て。
どう素人が読んでみても相反する・・相反する内容に思うんですが。
憲法上国籍を・・日本国籍を持って無いと駄目だって言ってるのに。
憲法上大丈夫だって言っているっていう。



RIMG9148.jpg
長島議員
「これはあの・・憲法論から行けばえ・・最高裁判例として残るのは主文の部分です。
あと傍論で何を言おうが主文の部分だけが最高裁の判例として残るんです。」


阿川さん
「じゃあ何で傍論なんて出すんですか?」

RIMG9149.jpg
山際氏
「その・・数日前の産経新聞に出たんですが。
園部さんという裁判官が当事のね、この判決を出した裁判官の一人が。
「いや、それは政治的な配慮だったと。」
産経新聞のインタビューに答えて・・あの言ってるんですね。
そんなこと言う事自体はね、またくナンセンスな事だと僕は思いますよ。
裁判官が自分の判決を出しておいてですね、「それは政治的配慮だった」なんて・・。」



阿川さん
「後で言い訳をしていると」


RIMG9150.jpg
山際氏
「そう、言い訳をしたんですよ。
こんな・・これとんでもない判事だと思うけれども、しかしそういうふうに政治的な配慮をした言ってるんですね。」


阿川さん
「小川さんはどういうふうに?」


RIMG9151.jpg
民主党衆議院議員
小川敏夫氏
「憲法の構成そのものがですね、参政権を国民がその・・本来的に持っていると、ですから国民から参政権を奪う事は出来ないという風に絶対的なものであると思いますが。
しかし、それは、あの国民から奪う事ができないと言うことであって、その・・許される範囲であって・・え・・立法の裁量によって・・国民でないものに認めるって言うことも憲法上許されると。」

(※感想:何度も言いますが小川氏ら「外国人参政権」賛成派の根拠とされる部分は傍論であり法的には何ら意味をなしません。
また、「選挙権」を求めてのこの裁判の最高裁判決は“棄却”です。
“棄却”は“棄却”ですから。
詳しいことは後ほど書きますが参政権を認める判決であるならば“棄却”にはなりません。)



阿川さん
「例外があるって言うんですか?」


RIMG9152.jpg
高市議員
「あの・・その時の主文はそうじゃないですよ。
その時の主文はですね、外国人には及ばないと。
「その権利が及ばないと」いうことを・・・。」


RIMG9153.jpg
小川議員
それは法律が無いから・・認める法律が無いからそうなったわけで。
認める法律があればいいってことです。


(※感想:憲法違反であるのだから(参政権を)認める法律が無いのは当然でしょう。




RIMG9154.jpg
高市議員
「ねえ、あの主文って言うのはねその判決の結果を導くための法的な理由。
だから判例としての効力がありますけども。

傍論はその裁判官の意見が色々出たその意見の中でその判決の結論には関係のない部分・・ですから。



阿川さん
「でも、大事だから残したんでしょ?」

小川議員
「傍論というけれどね」

三宅氏
「傍論というのはね、何ら判決とは関係ない。」

(※感想:ここで過去に自分が調べたその問題の判決を以下に参照します。)


<参考資料>

定住外国人地方選挙権控訴
上告審判決

選挙人名簿不登録処分に対する異議の申出却下決定取消請求事件
最高裁判所 平成5年(行ツ)第163号
平成7年2月28日 第3小法廷判決
http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~suga/hanrei/3-3.html#shubun

<以下参照>

-前略-

■ 主 文


本件上告を棄却する

上告費用は上告人らの負担とする。

-中略-

主権が「日本国民」に存するものとする憲法前文及び1条の規定に照らせば、憲法の国民主権の原理における国民とは、日本国民すなわち我が国の国籍を有する者を意味することは明らかである。そうとすれば、公務員を選定罷免する権利を保障した憲法15条1項の規定は、権利の性質上日本国民のみをその対象とし、右規定による権利の保障は、我が国に在留する外国人には及ばないものと解するのが相当である。そして、地方自治について定める憲法第8章は、93条2項において、地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が直接これを選挙するものと規定しているのであるが、前記の国民主権の原理及びこれに基づく憲法15条1項の規定の趣旨に鑑み、地方公共団体が我が国の統治機構の不可欠の要素を成すものであることをも併せ考えると、憲法93条2項にいう「住民」とは、地方公共団体の区域内に住所を有する日本国民を意味するものと解するのが相当であり右規定は、我が国に在留する外国人に対して、地方公共団体の長、その議会の議員等の選挙の権利を保障したものということはできない。以上のように解すべきことは、当裁判所大法廷判決(最高裁昭和35年(オ)第579号同年12月14日判決・民集14巻14号3037頁、最高裁昭和50年(行ツ)第120号同53年10月4日判決・民集32巻7号1223頁)の趣旨に徴して明らかである。

※注記:まぎらわしいのは以下の一文

 ↓  ↓  ↓

[2] “このように、憲法93条2項は、我が国に在留する外国人に対して地方公共団体における選挙の権利を保障したものとはいえないが”、憲法第8章の地方自治に関する規定は、民主主義社会における地方自治の重要性に鑑み、住民の日常生活に密接な関連を有する公共的事務は、その地方の住民の意思に基づきその区域の地方公共団体が処理するという政治形態を憲法上の制度として保障しようとする趣旨に出たものと解されるから、我が国に在留する外国人のうちでも永住者等であってその居住する区域の地方公共団体と特段に緊密な関係を持つに至ったと認められるものについて、その意思を日常生活に密接な関連を有する地方公共団体の公共的事務の処理に反映させるべく、法律をもって、地方公共団体の長、その議会の議員等に対する選挙権を付与する措置を講ずることは、憲法上禁止されているものではないと解するのが相当である。しかしながら、右のような措置を講ずるか否かは、専ら国の立法政策にかかわる事柄であって、このような措置を講じないからといって違憲の問題を生ずるものではない。

(※注:このように、憲法93条2項は・・・に“”は自分が入れました)

<参照終わり>

問題なのは[2] から以下の文。

憲法93条2項は、我が国に在留する外国人に対して地方公共団体における選挙の権利を保障したものとはいえないが

となっているのに最終的には

地方公共団体の公共的事務の処理に反映させるべく、法律をもって、地方公共団体の長、その議会の議員等に対する選挙権を付与する措置を講ずることは、憲法上禁止されているものではないと解するのが相当である。

おそらくこれが問題の傍論部分だと思うのですが明らかにおかしいです。
前半の“権利を保障したものとはいえないが”を完全に反故にするかのような文章です。
さらに言えばその前の

憲法93条2項にいう「住民」とは、地方公共団体の区域内に住所を有する日本国民を意味するものと解するのが相当であり、右規定は、我が国に在留する外国人に対して、地方公共団体の長、その議会の議員等の選挙の権利を保障したものということはできない。以上のように解すべきことは、当裁判所大法廷判決(最高裁昭和35年(オ)第579号同年12月14日判決・民集14巻14号3037頁、最高裁昭和50年(行ツ)第120号同53年10月4日判決・民集32巻7号1223頁)の趣旨に徴して明らかである。

とは全く反対とも取れ

“我が国に在留する外国人に対して、地方公共団体の長、その議会の議員等の選挙の権利を保障したものということはできない。”

は何だったのかということになる。
明らかに問題をややこしくするために入れられたように自分には感じる。
しかも最終的には

[3] 以上検討したところによれば、地方公共団体の長及びその議会の議員の選挙の権利を日本国民たる住民に限るものとした地方自治法11条、18条、公職選挙法9条2項の各規定が憲法15条1項、93条2項に違反するものということはできず、その他本件各決定を維持すべきものとした原審の判断に憲法の右各規定の解釈の誤りがあるということもできない。所論は、地方自治法11条、18条、公職選挙法9条2項の各規定に憲法14条違反があり、そうでないとしても本件各決定を維持すべきものとした原審の判断に憲法14条及び右各法令の解釈の誤りがある旨の主張をもしているところ、右主張は、いずれも実質において憲法15条1項、93条2項の解釈の誤りをいうに帰するものであって、右主張に理由がないことは既に述べたとおりである。
[4] 以上によれば、所論の点に関する原審の判断は、正当として是認することができる。論旨は採用することができない。
[5] よって、行政事件訴訟法7条、民訴法401条、95条、89条、93条に従い、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり判決する。

(裁判長裁判官 可部恒雄  裁判官 園部逸夫  裁判官 大野正男  裁判官 千種秀夫  裁判官 尾崎行信)

となる・・・。
ちなみに第一審判決は以下の通り

<参考>

定住外国人地方選挙権控訴
第一審判決

選挙人名簿不登録処分に対する異議の申出却下決定取消請求事件
大阪地方裁判所 平成2年(行ウ)第69ないし第79号
平成5年6月29日 第7民事部判決
http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~suga/hanrei/3-1.html#shubun

-前略-

■ 主 文


一 原告らの請求をいずれも棄却する。

二 訴訟費用は、原告らの負担とする。

-中略-


(本案)
[8] 原告らは、地方公共団体に関する選挙について、選挙権を有するか。この点に関する双方の主張の要旨は次のとおりである。


-中略-

4 憲法上、地方公共団体についての選挙権を保障されている者
[30] 右2、3で述べたところからすると、日本国民、すなわち日本国籍を有する者については、憲法で、地方公共団体についての選挙権が保障されているということができるが
日本国籍を有しない定住外国人については、右権利を憲法が保障していると認めることはできない。

[31] 確かに、日本国民と同じようにその地域社会の重要な構成員として、これを維持発展させるのに大きな貢献をしてきたと自負している定住外国人にとって、国益を巡って諸外国と利害が対立する場合に、日本の国家意思を確定し、これに基づき諸外国との外交を直接担当しなければならない国政、すなわち政府レベルの政治への参加はともかくとして、その行政機能の内容も地域住民生活の福祉を図ることを直接の目的とするものが多く、また、国政のそれと比べると政治的色彩も薄い地方公共団体の政治・行政についてさえ、これに参加する機会が与えられていない現実は不当にすぎるとの意見が出てくるのも一面もっともなことと考えられないではない。しかし、すでに説示してきたとおり、少なくとも憲法上は右のような外国人に対しても右参政権は保障されていないといわざるを得ないし、また、仮に右の者に参政権を付与することが憲法に違反しないとの立場を採り得るとしても、これを付与するか否かは立法政策の問題にすぎないというべきである。

-中略-

7 原告らへの適用
[34] (書証番号略)、証人田駿の証言、原告金丁卯本人尋問の結果及び弁論の全趣旨を総合すると、(一)原告らの立場、生活実態は、前記第二の三(本案)1原告らの主張(一)「原告らの立場、生活実態」に記載のとおりであること、(二)原告ら在日韓国人は、地方自治体に対して要望書を提出するなどして、参政権を獲得する運動をしていることが認められる。しかし、右事実があるとしても、すでに述べたところから明らかなように、原告らは日本国籍を有しない以上、選挙権を有せず、原告らを選挙人名簿に登録しなかったことに違法な点はない。
(裁判長裁判官 福富昌昭 裁判官 森義之 裁判官 氏本厚司)

<参考終わり>

※まとめ

日本国憲法15条1項は公務員の選定・罷免を「国民固有の権利」と明記しており。また、93条2項は「地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が、直接これを選挙する」と定めています。
この「住民」の解釈をめぐっては議論がありましたが、平成7年の最高裁判決は「日本国民を意味するもの」と結論を下しました。つまり、外国人への参政権付与は憲法違反ということです。
参政権推進派は傍論の「参政権付与を講ずる措置は憲法上禁止されていない」を根拠に認められるとしているがそもそも傍論は法的拘束力がなく。
また「傍論」部分にも影響を与えた長尾教授が“参政権は違憲である”とし自説「部分的許容説」を撤回した事でもその根拠は崩れています。
そもそもこの定住外国人地方選挙権控訴「平成7年の最高裁判決」は『上告を棄却する。』となっており
理由の最後に『以上によれば、所論の点に関する原審の判断は、正当として是認することができる。』とあり上告を棄却しています。
ちなみに第一審の判決理由は原告らは日本国籍を有しない以上、選挙権を有せず、原告らを選挙人名簿に登録しなかったことに違法な点はない。となっています。
最高裁が参政権を認めていたらこの裁判の判決は棄却にはならないでしょう。

皆さんはどう思いますか?




RIMG9155.jpg
穀田議員
「・・論であるけれど妨げない。
国家がそういう・・国がですね日本がね処理しなさいって言ってるんですよ。」


RIMG9156.jpg
三宅氏
「傍論ってのは・・・関係無いんですよ全然。
判決とは全く関係無い。」


穀田議員
「いえいえ、その事に基づいて・・・」


張景子さん
「主文もようするに最高裁の憲法に対する解釈ですよね。」

RIMG9157.jpg
高市議員
「判決の結論を重視すべきなんですこれは。」


RIMG9158.jpg
張景子さん
「憲法にどう書かれているかをまず確認しなければ駄目だと思うんです。」


RIMG9159.jpg
高市議員
「だから憲法に書かれているのが“国民固有の権利”なんです。」

RIMG9160.jpg
張景子さん
「憲法にですよ、憲法でですよ・・・。」


RIMG9161.jpg
金慶珠さん
「憲法論的にどうかっていう問題は置いといて。」

(※感想:憲法についてどうかというテーマで議論してるのに
「憲法論的にどうかっていう問題は置いといて。」
これはないんじゃないでしょうか?)




-以降双方発言で聞き取れず-


RIMG9162.jpg
金慶珠さん
「95年にこの話が出た後に民主党も自民党もみんなその立法問題としてこれを進めて来たじゃないですか」

RIMG9163.jpg
長島議員
「いやいや、あのねえ・・ごめんなさい。
金先生・・金先生ね、あのね党がどうかと言わないで欲しいんですね。
あの民主党だって色んな人がいるんです。
小川さんから私まで。
ね、これは私の政治的良心に基づく問題なんです。
問題・・・領域なんです、ね。
これは国家統治の基本に関わる問題なんです。
党が結党の時にこういう約束をしましたとか、ようするに子供手当が1万3000円なのか2万6000円なのか、暫定税率を止めるか止めないのかそう言うレベルの話しじゃないんです。
国の成り立ちに関わる問題だから憲法論に戻って憲法に何が書いてあるかをしっかり読んで(解決?)する・・・。



-中略-


RIMG9164.jpg
金慶珠さん
「今、小沢さんとかは出そうとしているけれども、鳩山さんは・・まあぶれて・・ますよねえ。
民主党の中でこの問題に対して紳士な議論っていうのはやってるんですか?」


RIMG9165.jpg
長島議員
「あの、やりました。
一昨年から去年にかけてね。
岡田さんが長になって、賛否両論かなり侃々諤々やった・・・
やった結果纏まらなかったのでマニフェストには載せられなかったのです。



阿川さん
「はい、穀田さん。」


高市議員
「今ね、三宅先生がね・・三宅先生が」


穀田議員
「私が当たったから、ワンストップ。」

阿川さん
「宝くじじゃないんだからね。」


RIMG9166.jpg穀田議員
「宝くじじゃないんだから、当たったんだから待って。
あのね、憲法論で言うならね、それは法律にないことについては憲法違反だというそう言う意味を少なくとも今度のね95年の判決は言ってるんですよ。
だから、傍論でその事を言ったってのはね大事なことなんだって事なんだ。」


三宅氏
「そんなことはありませんよ」


穀田議員
「それが解釈なんですよ。」


三宅氏
「あなた憲法の読み方知らないの?」


RIMG9168.jpg
穀田議員
「あなたこそ知らないんじゃないですか?」


RIMG9167.jpg
三宅氏
「公務員を選定し、及びこれを罷免する事はこれは国民固有の権利である。
その国民とは日本国民であるというふうに最高裁は判断しているんですよ。」


(※感想:さっき上で参照した最高裁判決参照。
そしてここから張景子さんの暴走が始まります。


RIMG9169.jpg
張景子さん
違う・・ってます。
「国民とは、国籍保持者のみの事ではなく社会の構成員として日本の政治社会における政治決定に従わざるを得ないものをいう」
と書いてあります」



高市議員
「それ何処に書いてあるの?」

RIMG9171.jpg
三宅氏
「何処に書いてあるの?」

RIMG9170.jpg
張景子さん
「憲法!憲法の15条の1項に・・・。」


※この張景子さんの捏造憲法?
それらしきこと(似ている文章)は「日本における外国人参政権」のウィキペディアに書いてありました。

<以下参照>

日本における外国人参政権
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E5%8F%82%E6%94%BF%E6%A8%A9

国政かつ地方レベルで外国人の選挙権・被選挙権を認める説の論拠としては、次のようなものがある[99]。

-中略-

政治理念としての民主主義は、人民の自己統治であり、自己の政治決定に自己が従うということである。したがって、政治的決定に従う者は、当然、その決定に参加できる者でなければならない。「国民主権」の主権者は、民主主義の観点から言って、その政治社会における政治的決定に従わざるをえないすべての者である日本における政治的決定に従わざるをえない生活実態にある外国人には、参政権を保障すべきである。



<参照終わり>

 これは推定ですが恐らくは賛成派(中国共産党?)のマニュアル?か何かを勘違いして読み上げたか故意に言ったかその他の理由かは分かりませんが少なくとも日本国憲法第15条に張景子さんの言う事が書いてないのは事実です。
そもそも日本の憲法での国民の定義であるのに

「日本の政治社会における政治決定に従わざるを得ないものをいう」

なんてまるで圧政を受けている者にたいするような言い回しは常識的に考えてあり得ません。


<以下参照>

日本国憲法
http://www.houko.com/00/01/S21/000.HTM#s3

前 文

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動しわれらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。


第3章 国民の権利及び義務

第15条 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。
2 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。
3 公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。
4 すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。

第6章 司 法

第81条 最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である。


第8章 地方自治

第93条 地方公共団体には、法律の定めるところにより、その議事機関として議会を設置する。

2 地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が、直接これを選挙する。


第10章 最高法規

第98条 この憲法は、国の最高法規であつてその条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。

<参照終わり>



RIMG9172.jpg
三宅氏
「1項の何処に書いてある?
何を言ってるの?
そんなことは何処にも書いてありません。
ここに憲法あるけども。
それはあなたが作った憲法だよ。」



RIMG9173.jpg

(※感想:この時の張景子さんいったいどういう心境なのでしょうか?
本当に張さんが言う
「国民とは、国籍保持者のみの事ではなく社会の構成員として日本の政治社会における政治決定に従わざるを得ないものをいう」
が日本国憲法大15条1項だと思っていたのか?
それとも知らなかったのか?
それとも・・・。
どちらにしてもやってしまったなという感じです。)



RIMG9174.jpg


-CM-


RIMG9175.jpg
三宅氏
「あなたの言ったことはね偽造憲法だそりゃ。
何処にも書いてないよ・・・。」


RIMG9176.jpg
張景子さん
「解釈によってはいっぱいあるって事ですよ。」

三宅氏
「解釈なんてありませんよ。」


小川議員
「おおきな誤解があるんですけどね、あの~主文でね・・主文で・・こういようなやつをいう・・・。」

阿川さん
「はい。」


RIMG9177.jpg
小川議員
「主文というのはですね、求めてきた人があなたの判決は“棄却”ですよと言うのが主文なんですね。


RIMG9178.jpg
三宅氏
「そうですよ。」

RIMG9179.jpg
小川議員
“棄却”と言うのが主文なんでしてね。
これ主文じゃ無いんですよ。
主文を裏付ける中での理由に、まず初めにそう言うふうに書いてあって。
それに・・加わったっていう。
主文は“上告棄却”ですよ。



(※感想:小川議員の言うことは概ね正しいです。
上記で参照してる最高裁判決を見ていただければ分かると思います。
ただ、小川議員墓穴を掘ってます。
主文が“上告棄却”であるならば、ますます「外国人参政権」賛成派は根拠を失います。
何故ならば・・・
「選挙権」を求めてのこの裁判の最高裁判決は“上告棄却”です。
“棄却”は“棄却”ですから。
ちなみに第一審の判決理由は「原告らは日本国籍を有しない以上、選挙権を有せず、原告らを選挙人名簿に登録しなかったことに違法な点はない。」となっています。
最高裁が参政権を認めていたらこの裁判の判決は“上告棄却”にはならないでしょう。




RIMG9180.jpg
長島議員
「棄却と言うことは・・・先生。」


小川議員
「だから参政権を求めて来た人の・・・」

RIMG9181.jpg
長島議員
「だから参政権は駄目ですよっていう棄却でしょ?」

双方言い合って聞き取れず。

長島議員
「憲法上認められないから法律でないんですよ」


-VTR開始-



RIMG9183.jpg
「外国人参政権」


RIMG9184.jpg
「その対象とされている外国人は永住者と特別永住者」


RIMG9185.jpg
「永住者とは、資格を与えられる要件をクリアし。
法務大臣が許可した者である。」

<参考>

永住者(特例は除く)

●10年以上在留
●生計を営む資産または技能を有する
●永住が日本国の利益に合致する



(※感想:上記安易?簡易な要件でさらに法務大臣があの千葉景子・・・。
ORZ)




RIMG9186.jpg
「地方参政権を獲得するぞー!!」



RIMG9187.jpg
「そして参政権を特に積極的に要望しているのが特別永住者。」


RIMG9188.jpg
「特別永住者とはその殆どが戦前から日本に住んでいた
韓国籍・朝鮮籍の人達とその子孫である。」



RIMG9189.jpg
「だが、何故彼らは参政権を求めるようになったのであろうか?」



「特別永住者である大阪市立大学の朴一教授は」


RIMG9190.jpg
大阪市立大学教授
朴一
「え~韓国民団と言うのはですね。
1980年代半ば位からですね」


RIMG9191.jpg
大阪市立大学教授
朴一
「この参政権、地方自治への参画というのを一つのテーマとして求めてきたと。」


RIMG9192.jpg
大阪市立大学教授
朴一
「在日外国人にはさまざまな制度上の問題点があると」


大阪市立大学教授
朴一
「まあ、大きく言えば国籍条項の問題でありますとか」


大阪市立大学教授
朴一
「えーまあ、日本人による心の壁といいますか
そういうものがあってですね」

(※感想:在日特権が確かに問題はありますね。
在日特権は多く語られない、マスコミも報道しない。
例えば通名報道。
在日の人が犯罪を犯しても本名で報道されることはまれです。
だいたいが通名と呼ばれる日本人とあまり変わらない名前で報道されます。
そして税制面での優遇。)



<以下参照>

<過去エントリー>
たかじん「外国人参政権」今なおある特別永住者への「優遇措置」
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-329.html

2009年11月15日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」より

勝谷氏
「ある時期までは、戦後ある時期まではあきらかに特権があったんです。税金的にも税務署もお目こぼしをしたりとかですね様々なこれもこれハッキリ言わせてもらうけどあった。ついこないだまで三重県の一部では在日韓国人の永住者に税金の一部を免除していると、去年か一昨年報道されましたけどそう言うことがあった。だからメリットもあったんですよ。それはもうないんだから。」

(※ここからの中田元横浜市長の話は重要、何せつい最近まで市長だった方のお話ですから・・・)

RIMG5899.jpg
中田氏
「実はね、結構まだあります。」

勝谷氏
「市長、元市長がそんなことを・・・。」

RIMG5900.jpg
中田氏
「実はね、結構ね特別永住者の皆さんは福祉政策なんかはむしろ日本人よりも多いんですよ。それは明確にあるんですね。だから特別永住者というのはやはり戦前と戦後日本人から急になくされてしまった、日本国籍を剥奪されたという人たちにとっての制度なんであって、この子供達がまた特別永住者、その子供達がまた特別永住者という形でね、50年先も100年先も今のまんまだと特別永住者のまんまなんですよ。これは非常にやっぱり日本国内における戦後の精算ができてない話でありまして。しっかりと特別永住者はもう無条件に希望者すれば日本国籍を取れるようにすると、ちゃんとやらないと・・・。」
(※感想:『特別永住者はもう無条件に希望者すれば日本国籍を取れるようにすると』言うものには賛成できませんが前半部分の話は大変重要で未だに在日特権がある、優遇されている優遇措置があるということを元市長がTVで語ったのは大きいと思います。


<参照終わり>

それら特権がある上でさらに参政権をよこせというのですから何をいわんや。


RIMG9193.jpg
大阪市立大学教授
朴一
「権利擁護運動の一環として参政権運動が出てきたということなんです。」


RIMG9194.jpg
「権利擁護運動の一環」


RIMG9195.jpg
「しかし何故彼らは日本に永住する事になったのか?」


RIMG9196.jpg
「ちょうど100年前の1910年」


RIMG9197.jpg
「日韓併合により日本が韓国を併合統治していた時代」


RIMG9198.jpg
「朝鮮人は日本国籍となったため」


RIMG9199.jpg
「日本で働く朝鮮人が急増」


RIMG9200.jpg
RIMG9201.jpg
「終戦直前に日本に住んでいた朝鮮人は200万人にものぼるという。」


RIMG9202.jpg
「第2次世界大戦の終結」


RIMG9203.jpg
「朝鮮人は祖国に帰る者と日本にとどまる者に分かれ」


RIMG9204.jpg
「サンフランシスコ講和条約を経て日本国籍から離脱した後も」


RIMG9205.jpg
「日本にとどまった朝鮮人とその子孫に永住権が与えられたのである。」


RIMG9206.jpg
大阪市立大学教授
朴一
「私の場合は実は1918年に父親が日本にあの・・お祖父さんが日本に来てから」


大阪市立大学教授
朴一
「90年以上の滞日暦があるわけですよね」


RIMG9207.jpg
大阪市立大学教授
朴一
「植民地時代を経て様々な苦労をしてきたのを見るとですね。」


RIMG9208.jpg
大阪市立大学教授
朴一
「なかなか・・日本の国籍をとることについては大きな抵抗感をかんじます。」


RIMG9209.jpg
大阪市立大学教授
朴一
やっぱり日本で・・まあ違う国籍を持って生きていく道もあるんじゃないかと


大阪市立大学教授
朴一
「そん中で日本人との平等な政治的権利を獲得したいということがあるんですね。


(※感想:そこで何故祖国韓国へ帰るという選択肢が生まれないのかが不思議。
参政権は欲しい、だけど帰化は嫌、そして祖国韓国にも帰らない。
仮に韓国籍で日本に住むのは100歩譲っていいとしましょう?
ですがその上参政権までよこせとはわがまますぎます。
日本人と彼ら韓国人や他の外国人は区別されます。
これは差別でも何でもありません。

主権とは国民固有の権利であり参政権は国籍を取得しないと得られません。
これは多民族国家アメリカであっても
グリーンカード(永住権)は参政権がないが。
市民権(国籍)を取得すれば参政権が得られるのも同じです。





RIMG9210.jpg
「この特別永住者から始まった参政権の要求」


RIMG9211.jpg
「それに対して一部の国会議員からは」


RIMG9212.jpg
原口総務相
「かつて日本人であって そして日本に自分の意思と反して連れてこられて」


RIMG9213.jpg
原口総務相
「そしてその方々が地方参政権を持つ
特別永住外国人について参政権を持つ」


RIMG9214.jpg
原口総務相
「これは日本の国家として大事なことだと思ってます。」


RIMG9215.jpg
「と、戦時中に無理矢理連れて来たなどの贖罪の意味も込めて


RIMG9216.jpg
「特別永住者に参政権を与えるべきとの声は現在でも根強い」


RIMG9217.jpg
「しかし一方で、戦後に日本にとどまったおよそ61万人の朝鮮人の内
強制の意味がある徴用されたとする者は245人



RIMG9218.jpg
在留も自由意思によるものと外務相の当事の記録にある。
だがそれに対し。」


RIMG9219.jpg
大阪市立大学教授
朴一
「在日の全てが」



大阪市立大学教授
朴一
いわゆる強制連行(徴用)の犠牲者の末裔ではないというのが・・
実際のところではこう思うんですね。」

RIMG9220.jpg
大阪市立大学教授
朴一
「ただし、強制連行の末裔なんて一人もいないというのも全くのデタラメであると」


RIMG9221.jpg
大阪市立大学教授
朴一
「大体私の推計では留まったコリアンのうち」


RIMG9222.jpg
大阪市立大学教授
朴一
12~13%が(7~8万人)が強制連行の被害者であったんじゃないか

(※感想:大阪市立大学朴一教授の言っている数は“推計”でありちゃんと調べたものであるかも分かりません。
本人も言うように“推計”です。
外務相が調べた公的なものとは違います。
そしてこの「12~13%が(7~8万人)が強制連行の被害者」というのも南京事件での問題と同じで最初は大虐殺20万とか30万人と言っておいて(中共では未だこの数が増えている)それが根拠がないと分かると中虐殺・小虐殺など数を減らして言ったのと同じ事を彼らはしています。
また徴用は当事の日本国民総じてあったことであり当事日本国民であった朝鮮人の方々が多かれ少なかれ徴用があったのは当然です。
これを持って強制連行というのは筋違いだと思います。)




RIMG9223.jpg
「と、全ての特別永住者が徴用された者の末裔ではないと言うがその数には大きな開きがある」


RIMG9224.jpg
「さらに当事の警察庁の推計でおよそ5万~20万人の朝鮮人が


RIMG9225.jpg
終戦直後や朝鮮戦争の混乱を避けて日本に密入国したとも言われ



RIMG9226.jpg
RIMG9227.jpg
「その多くが特別永住者になったという説も」



RIMG9228.jpg
大阪市立大学教授
朴一
「密入国者っていったらデーター上の数値には残ってこないわけですよ、実際は」


RIMG9229.jpg
大阪市立大学教授
朴一
「自ら申告しない限り」


RIMG9230.jpg
大阪市立大学教授
朴一
「そう言う方は少数はいますけれどもそれはほんの一部であって」


RIMG9231.jpg
大阪市立大学教授
朴一
「それがあたかも多くの部分を占めていいるというのは間違った歴史解釈であると思います。」

(※感想:自分達の都合が悪い数字は少数で、都合のいい(被害者)数は多いという。
しかもその根拠はちゃんとしたデーターではなく推論と推計・・・。
そして自分達と違った歴史認識はデーターや根拠があろうと全て“間違った歴史解釈”
これで共通の歴史認識など出来るわけがありません。
しかも仮に1万歩譲ってそうだとしても参政権を渡す理由にはならない。




RIMG9232.jpg
「歴史解釈の大きなずれ」


RIMG9233.jpg
RIMG9234.jpg
「日韓併合から100年の今年
外国人参政権は果たして・・・。


<引用終わり>


時間が無くここまでしか出来ませんでしたが、後々時間が出来れば少し追加してみます。
ここまで自分の言いたいことは“感想”として間に入れておきました。
正直、こうなるだろうとは様相していましたが「外国人参政権」賛成派の方々は解釈が無理矢理過ぎるし、時には捏造?までしています。
日本人にとり全くメリットがないこの「外国人参政権」何故小沢氏が執拗に韓国で約束し民主党議員が韓国民団の新年会などで公約の如く発言したかそこの変の闇が明るみに出ればこの問題の解決に少しは役に立つのですが・・・。

皆さんはどう感じましたか?


※ 県民性マンガ ※


「うちのトコでは」

政治とは関係ないですが、たまたま本屋で見かけて買いました。
各県の県民性の特性?を上手く書いていると思います。
価格は少し高いですがその分厚く読み応えもあり個人的には大変面白かったと思います。
最後の「夢の架け橋」は泣けます。
また、HPでも4コマ漫画を掲載されています。
HPでの4コマ自分の漫画お薦めは「四国四兄弟」の中の「忠臣蔵外伝伊予之巻」・・・泣けます。

一度HPを御覧になってみては?

↓  ↓  ↓

四国四兄弟 書籍化のお知らせ


うちのトコでは





【追伸】

鳩山首相に対向して?
Twitter始めてみました。
いまいち使い方分かりませんがTwitterされている方がおられましたら宜しくお願いします。

Twitter

https://twitter.com/ginntokii




日本の、日本人のいい話
日本の心を伝える会




コメント欄・トラックバックをご利用される方は左のプロフィール下の【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】をご一読下さい。

<注意事項>

特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、口調が喧嘩腰、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもや
営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿など
管理人が不適切と判断した場合は基本的に削除します。
悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。
違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。



尚、コメントは全て拝読させて頂いておりますが、当方の仕事の都合等でお返事出来ない時がありますので平にご容赦下さい。



よかったら応援クリックお願いします。
↓  ↓  ↓
ランキング用

スポンサーサイト
国 旗
japa001m.gif
鎮守府訪問者数
閲覧者数: 現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
気象:天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

銀時

Author:銀時
リアルにおいて陸上自衛隊に入り現在予備自であるのになぜか
某ゲームにおいて某鎮守府提督に就任
自慢は現在のところ自艦隊から一隻も轟沈が出ていないこと。
日本とアニメと漫画をこよなく愛する
マダオ(まるでダメなオッサン)

基本政治関係を書いてますがたまにアニメや漫画
の絵?(最近はGIF)なんか書いたりしてます。

基本ぐだぐだなので
まったりと?いきたいので
宜しくお願いします!

好きなアニメ・漫画は

『銀魂』「信長協奏曲」「宇宙戦艦ヤマト2199」等…

旧「銀色の侍魂」管理人
ブログ名称変更に「艦これ」と「アルペジオ」のコラボイベントに感化されたとかされないとか・・・

※※※ ※※※ ※※※ 【twitter】
秘書官(さくや)
さくや(冬)
今日の運勢
鎮守府神社掲示板
鎮守府掲示板(リンク集)
Amazon 検索

民主党 外国人参政権 人権擁護法案 小沢 竹島 鳩山 夫婦別姓 長崎 拉致問題 人権侵害救済法案 主権 チベット 国連 人種差別撤廃委員会 青山繁晴 櫻井よしこ すぎやまこういち メディアパトロールジャパン 朝鮮学校 川上 恫喝 脱税 検察 日教組 個所付け 麻生 安倍 韓国 西村幸祐 子供手当 特捜部 石平 そらのおとしもの イカロス エリザベス 桂小太郎 志村新八 定春 ニンフ アストレア 戦艦 大和 御坂美琴 インデックス とある魔術の禁書目録 上条当麻 神楽 坂田銀時 張景子 三宅久之 TVタックル 参政権  MPJ 長島昭久 高市早苗 外国人住民基本法 銀魂 穀田恵二 小川敏夫 山際澄夫 自衛隊 

コメント欄等の注意事項
コメント欄・トラックバックをご利用される方はご一読下さい。 【コメント欄(投稿)等においての禁止事項】 (1)特定の個人を誹謗中傷する投稿とそれに類する投稿。 (2)特定の個人や特定の話題に対して、もしくは不特定の人、又は団体に根拠のない難癖をつける侮辱する、その他これに類する事、本筋とは関係のない話題を何度も書き込む、脈絡のない文章や意味のない文字の羅列を書き込む、その他、俗に「荒らし」行為、その場の空気を著しく乱すような投稿と認められるもの。 (3)営利目的の広告・求人・勧誘、その他アダルト関係等管理人が不適切と判断した投稿 (4)営利目的等でなくとも単なる広告や宣伝に終始する投稿   (集会や署名のお知らせ等はOKですが、複数スレに渡ってのマルチ等、目に余るものは削除対象です) (5)その他、管理人や特定の個人にとって不利益となる投稿   (自分または他人の住所、電話番号、家族構成等、個人情報に類する投稿) (6)宗教関係等(新興宗教等)それに類するものなど管理人が不適切と感じたものなど。 但し、日本神道や仏教等日本古来の文化伝統に息づくものは除外。 (これらの名を語る管理人が怪しいと感じたものは削除対象) (7)その他、管理人が不適切と判断する投稿 上記投稿と管理人が判断した場合は基本的に削除します。 悪質な(限度を超したもの、何度も繰り返す等)場合はコメント公表、IPアドレス・ホスト等の公開、アクセス制限等の強い対抗処置を取らせて頂きます。 違法行為その他不適切と判断するものについてはログや記事の控えと共に関係機関に連絡をすることがあります。
ランキング
アンケート
鎮守府司令部前掲示板
竹島も尖閣諸島も対馬も北方領土も日本列島とその他の島々も日本領!
軍艦旗
japa002m.gif
河野談話作成過程検証報告書
平成26年 官房長官記者会見 記者会見 首相官邸HP http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201406/20_p.html  首相官邸HP 河野談話の作成過程検証報告書(PDF) http://www.kantei.go.jp/jp/kakugikettei/2014/__icsFiles/afieldfile/2014/06/20/20140620houkokusho_2.pdf 外務省HP【英語版】 河野談話の作成過程検証報告書(PDF) http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000042169.pdf
竹島プロジェクト2016
竹島は間違いなく、日本の領土だ! 竹島プロジェクト2016 C2 「島根県 Web竹島問題研究所 かえれ島と海」へリンク。
< 参 考 > ぼやきくっくり 竹島プロジェクト2016 ブログ参加概要(推 奨): ブログやホームページに竹島の画像、イラスト、文字等を配置し、互いにリンクする。 島根県Web竹島問題研究所へのリンクをはり、2/22竹島の日のアピールに勤めます。
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
Amazon商品一覧
くまみこ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)  
くまみこ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)



ぎんぎつね 10 (ヤングジャンプコミックス) 
ぎんぎつね 10 (ヤングジャンプコミックス)



艦隊これくしょん ‐艦これ‐ side:金剛 (1) 限定版 (カドカワコミックス・エース) 
艦隊これくしょん ‐艦これ‐ side:金剛 (1) 限定版 (カドカワコミックス・エース)



銀魂―ぎんたま― 54 (ジャンプコミックス) 
銀魂―ぎんたま― 54 (ジャンプコミックス)



風雲児たち 幕末編 23 (SPコミックス) 
風雲児たち 幕末編 23 (SPコミックス)



Amazon商品一覧(2)
Amazon商品一覧(3)
ねんどろいどぷち 艦隊これくしょん -艦これ- 6個入りBOX 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいどぷち 艦これ (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済みトレーディング可動フィギュア 6個入りBOX) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 赤城 (ノンスケール ABSPVC 塗装済み可動フィギュア)02 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 赤城 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 加賀 (ノンスケール ABSPVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 加賀 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 金剛 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 金剛 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 比叡 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 比叡 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 榛名 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 榛名 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 霧島 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 霧島 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 熊野 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 熊野 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 鈴谷 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 鈴谷 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 北上 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 北上 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 大井 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 大井 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん ~艦これ~ ねんどろいど 島風 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん ~艦これ~ ねんどろいど 島風 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 天津風 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 天津風 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 伊401 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) 艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 伊401 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア) ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 大和 ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

日本を守ろう

民主党 外国人参政権 人権擁護法案 小沢 竹島 鳩山 夫婦別姓 長崎 拉致問題 人権侵害救済法案 主権 チベット 国連 人種差別撤廃委員会 青山繁晴 櫻井よしこ すぎやまこういち メディアパトロールジャパン 朝鮮学校 川上 恫喝 脱税 検察 日教組 個所付け 麻生 安倍 韓国 西村幸祐 子供手当 特捜部 石平 そらのおとしもの イカロス エリザベス 桂小太郎 志村新八 定春 ニンフ アストレア 戦艦 大和 御坂美琴 インデックス とある魔術の禁書目録 上条当麻 神楽 坂田銀時 張景子 三宅久之 TVタックル 参政権  MPJ 長島昭久 高市早苗 外国人住民基本法 銀魂 穀田恵二 小川敏夫 山際澄夫 自衛隊 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。